Powered By 画RSS


あおい「蘭…最近モテすぎじゃない!?」蘭「はぁ!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:24:07.43 ID:ZnfBoqrY0
~お昼ご飯

蘭「久しぶりだな、3人で食べるの。」

いちご「そうだね!」

いちご「最近はユリカちゃんも一緒に食べてるからね!」

蘭「ああ、まさかユリカと一緒にお昼ご飯食べる日がくるなんてな。」

いちご「そうだよね!ユリカちゃんとおとめちゃんまだかな?」

あおい「…」

いちご「あおい?」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:33:31.69 ID:ZnfBoqrY0
いちご「どうしたの?」

あおい「おかしい…」

蘭「何がだ?」

あおい「おとめちゃんとユリカちゃんがいないから言わせてもらうわ…」

あおい「蘭…最近モテすぎじゃない!?」

蘭「はぁ!?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:40:07.18 ID:ZnfBoqrY0
あおい「最近のユリカちゃん、明らかに蘭と話すときだけ素直になってる…」

あおい「これがどういうことかわかる?」

蘭「キャラ崩壊か?」

あおい「ぜんぜん違う!」

いちご「きっと蘭とユリカちゃんがすっごく仲良くなったってことだよね!」

あおい「惜しいけどハズレ!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:50:16.71 ID:ZnfBoqrY0
あおい「きっとユリカちゃんは蘭に惚れているんだわ!」

蘭「そ、そんなわけないだろ!」

あおい「おとめちゃんだけでは物足りないからとうとうユリカちゃんにまで…!」

蘭「だから違うから!そんなんじゃないから!」

蘭「いちごもなんとか言ってくれよ…」

いちご「うーん…」

いちご「おとめちゃんもユリカちゃんも蘭のこと大好きだと思うよ!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:56:40.65 ID:ZnfBoqrY0
蘭「お前…」

いちご「?」

あおい「これで決まり!」

あおい「蘭は女子からモテモテなのよ!」

蘭「ち、違うから!」

あおい「でもバレンタインのとき女の子からいっぱいチョコ貰ってたよね?」

蘭「うっ…」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:06:19.63 ID:ZnfBoqrY0
いちご「でも蘭は誰が1番好きなの?」

あおい「確かに…アイドル博士としてそれは気になる!!」

蘭「だから違うって言って…!」

いちご「あっ!おとめちゃんとユリカちゃんだ!」

あおい「ナイスタイミング!」

蘭「おい…」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:09:43.98 ID:ZnfBoqrY0
おとめ「授業が長くなっちゃいましたあー!」

ユリカ「まったく…このユリカ様の食事の時間を遅らせるなんて打ち首ものね!」

蘭「ユリカはいつもローズティーしか飲んでないから食事と言うより水分補給だろ。」

ユリカ「う、うるさいわね…」

いちご「ねえねえ!ユリカちゃんは蘭のこと好き!?」

蘭「お、おい!いちご!」

ユリカ「え、ええ!?」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:17:06.31 ID:ZnfBoqrY0
ユリカ「い、いきなりそんなこと言われても困るというか…」アセアセ

あおい「教えて!ユリカちゃん!」

ユリカ「え、えっと…」

ユリカ「好きって言ってあげなくもなくってよ…//」

いちご「んーと…?」

ユリカ「す、好きっていってるのよ!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:22:51.26 ID:ZnfBoqrY0
あおい「おおっ!これは相関図更新の必要があるわね!」

いちご「おとめちゃんは蘭のこと好き!?」

おとめ「あい!もちろん!」

おとめ「らぶゆー!ですぅ!」

あおい「これはおもしろいことになってきた!」キラキラ

蘭「なんでだー!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:28:15.91 ID:ZnfBoqrY0
あおい「ここは蘭に決めてもらおう!」

いちご「なにを?」

あおい「誰のことが1番好きなのかを!」

いちご「なるほど!」

蘭「ま、まて!あたしは誰のことも…」

いちご「きらい?」

蘭「うっ…」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:34:20.11 ID:ujOrBQET0
おとめ「おとめのこと嫌いなんですかあ!?」

蘭「い、いや…嫌いではないから…」

ユリカ「そうですよね…蘭さん、私のこと絡みづらいって言ってましたもんね…」

蘭「だから違うって!」

あおい「私のことキ、ラ、イー?」

蘭「こうなったのはお前のせいだろ!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:38:31.11 ID:ujOrBQET0
あおい「まあまあそう怒らないで!」

あおい「誰と1番仲がいいとかでもいいから!教えてよ!」キラキラ

蘭「みんな同じくらいだー!」

いちご「ん?」

おとめ「あい?」

ユリカ「え?」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:43:41.62 ID:ujOrBQET0
蘭「お、お前ら…どうしたんだ?」

いちご「わたしが1番だよね?」

おとめ「おとめですよね!?」

ユリカ「ふん、このユリカ様に決まってるじゃない!」

蘭「お、おい!ちょっと待て!」

蘭「あたしは別に…」

あおい「それじゃあ3人のために私が分析してあげる!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:45:36.97 ID:ujOrBQET0
蘭「お、おい!勝手なこと…」

あおい「まずはいちご!」

あおい「3人の中では蘭との付き合いは1番長いだけあって1番ポイントが高いはず!」

いちご「わぁーい!」

あおい「それに蘭を何回も抱いてるし!」

蘭「変な言い方するなー!」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:52:31.37 ID:ujOrBQET0
おとめ「あおいちゃん!おとめはどうですか?」

あおい「噴水での衝撃的な2人の出会い…!」

蘭「あおいといちごもいただろ!」

あおい「そして夜にポップコーンをあげたり…お正月に妖精の国のお土産をあげたり…」

あおい「おとめちゃんからのアプローチもばっちり!」

蘭「なんでそんなこと知ってるんだよ!?」

あおい「おとめちゃんもポイント高いわよ!」

おとめ「おとめ感激!!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 23:56:18.00 ID:ujOrBQET0
ユリカ「あ、あの…私は…?」

あおい「ランニングのときに傘を持ってもらっている…」

あおい「…」

ユリカ「そ、それだけですか!?」

いちご「でもユリカちゃんって蘭と話すときだけ素がでちゃうよね!」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:03:54.53 ID:NxJmkbD/0
ユリカ「そ、それは…//」

おとめ「素直なユリカたん!らぶゆーですぅ!」

いちご「素直なユリカちゃんもかわいいね!」

ユリカ「そ、そんな…//可愛いだなんて…」

蘭「さっきから素出まくってるぞ…」

ユリカ「あっ!」

ユリカ「そ、そんなことよりはやく誰が1番か決めなさいよ!」

蘭「…」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:05:23.84 ID:NxJmkbD/0
いちご「蘭!」

おとめ「蘭たん!」

ユリカ「蘭さん!」

蘭「あたしが1番好きなのは…」

あおい「好きなのは…!?」

蘭「だぁー!決められるかー!」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:07:29.14 ID:NxJmkbD/0
いちご「わたしでしょ?蘭!」ギュッ

おとめ「おとめなのですぅ!」ギュッ

蘭「は、離れろ!服がシワになる!」

いちご「ねえねえ、わたしでしょ?」

おとめ「おとめですよねぇー?」

蘭「わ、わかったから!離れろ!」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:08:50.10 ID:c7xvVYhT0
ユリカ(わ、私も何かしないと…!)

あおい「ユリカちゃん…」ボソッ

あおい「こういうときこそユリカちゃんのキャラを生かさないと…!」ボソッ

ユリカ「…」

ユリカ「なるほど!」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:11:18.19 ID:c7xvVYhT0
ユリカ「ら、蘭さん!」

ユリカ「あっ…コホン//じゃなくて…」

ユリカ「蘭!」

蘭「な、なんだ!?」

ユリカ「私を選んでくれないなんて…貴方そんなにユリカ様に血を吸われたいの?」

蘭「えっ?お、おい待て!」

あおい「これは穏やかじゃないわね!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:13:31.61 ID:c7xvVYhT0
ユリカ「しゃー!」

蘭「お、おい!落ち着け!」

いちご「動いたらだめだよ!蘭!」ガシ

おとめ「ユリカたんに血を吸われるのですぅー!」ガシ

蘭「おい!離せ!」

ユリカ「しゃー!」

蘭「これ…やばくないか?」

カプリ

蘭「うわー!!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:16:41.44 ID:c7xvVYhT0
ユリカ「ん…あむあむ…」チュウチュウ

蘭「う…え?」

ユリカ「ぷは…今日はこのくらいで許してあげる//」

ユリカ「ありがたく思いなさい!」

蘭「あ、ああ…」

あおい「すごく激レアなものが見れたわ!」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:19:41.83 ID:c7xvVYhT0
キーンコーンカーンコーン

いちご「あっ!授業始まるね!」

おとめ「昼休み終わっちゃいましたあ…」

あおい「結局蘭が誰のこと1番好きなのかわからなかった…」

あおい「このアイドル通の霧矢あおいとしたことが…」

あおい「残念無念…」

蘭「だからみんな同じくらいだって!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:21:52.50 ID:c7xvVYhT0
いちご「えー!ひどぉい!」

蘭「だから…みんな同じくらい大好きなんだって…」

ユリカ「え?」

蘭「みんな同じくらい大好きなんだよ!」

いちご「蘭!」ギュッ

おとめ「らぶゆー!」ギュッ


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:22:56.41 ID:c7xvVYhT0
蘭「ば、ばか!授業始まるぞ!」

ユリカ「ご、ご褒美にもう一回血を吸ってあげると言ってあげないこともなくってよ!?」

蘭「どっちなんだ!?」

あおい「私も蘭の血吸っていい!?」

蘭「…」

蘭「やめろー!!」

おしまい


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:25:04.09 ID:c7xvVYhT0
短く退屈な内容でありましたが見てくれてありがとうございました。


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:31:18.17 ID:BQzWB6xD0
乙、またアイカツSS書いてくれ


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:36:11.72 ID:c7xvVYhT0
支援ありがとうございました。

4月からアイカツの放送時間が木曜日の夕方6時に変わります。お見逃しなく。

それではまたいつか!


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/25(月) 00:47:21.91 ID:zJC+qGu50





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイカツ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ