Powered By 画RSS


姉「お兄ちゃんがほしい」弟「は?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 01:52:36.65 ID:edS4V0ww0
姉「おにいちゃぁん・・・」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 01:56:00.20 ID:edS4V0ww0
弟「なんでお兄ちゃんなんか欲しくなったんだよ」

姉「だってさぁ、守ってほしいじゃん?」

弟「ははぁ」

姉「欲しいなぁ・・・お兄ちゃん・・・」

弟「(呆けてる姉ちゃん可愛い)」

姉「あ、そうだ」

弟「何?」

姉「弟がお兄ちゃん役やってよ!」

弟「(可愛い)」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 01:59:10.88 ID:edS4V0ww0
弟「具体的には何すればいいの?」

姉「そだなぁ・・・ 守ってほしい?」

弟「抽象的すぎるから・・・」

姉「うーん、うーん・・・」

弟「・・・・・・・」ペラ

姉「あー!弟が本読んでる!無視しないでよ!」

弟「無視してるわけじゃないから早く考えて(拗ねてる可愛い)」

姉「むふぅ」

弟「・・・・・・」ペラリ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:01:21.60 ID:edS4V0ww0
姉「思いついた」

弟「何よ」

姉「まず弟を”お兄ちゃん”と呼びます!」

弟「そんでそんで」

姉「頼ります」

弟「うんうん」

姉「甘えます!」

弟「(いつもどおりだなぁ)」

姉「・・・いい?」

弟「いいよ」

姉「やった!ありがとお兄ちゃん!」

弟「(新鮮すぎる)」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:04:02.81 ID:edS4V0ww0
姉「ねーねー、お兄ちゃん」

弟「何?」

姉「膝枕してよ」

弟「僕今ジーパンだからゴワゴワしてるよ」

姉「いいから~」

弟「はいはい」

姉「よいしょっと」

弟「どうぞ」

姉「どうも」ゴロゴロ

弟「・・・・・・・」ペラ

姉「お兄ちゃん」

弟「ん」

姉「下見てよ~」

弟「(可愛い)」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:07:47.32 ID:edS4V0ww0
弟「見たよ」

姉「ふふっ 下からみるとお兄ちゃんおっきく見えるなぁ」

弟「大きくなったしね」

姉「ほんと大きくなったねぇ・・・」

弟「(姉が姉に戻ってる)」

姉「あ、いけないいけない。私は妹だから!」

弟「そんな妹にアドバイス」

姉「?」

弟「スカートくらいは整えたほうがいいよ」

姉「あれ?中見えてる?」

弟「見えてる」

姉「あらら」ゴロゴロ

弟「(整えないんだ)」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:10:42.03 ID:edS4V0ww0
姉「ねえお兄ちゃん」

弟「今度は何?」

姉「チューして、チュー」

弟「はいどうぞ」チュッ

姉「きゃー!きんしんそうかん~!」

弟「(いつもは自分からしてくるくせに)」

姉「しっかしお兄ちゃん体柔いね!私のとこまで顔寄せれるなんて」

弟「妹さんや」

姉「ん?何お兄ちゃん」

弟「しっかり体浮かしてましたよ、貴方」

姉「あ、あれ?え・・・えへへ・・・」

弟「はにかんでごまかすな」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:26:14.45 ID:edS4V0ww0
弟「そろそろ足が痺れてきたんだけど」

姉「えー?もう?」

弟「だからおわり。はい、起きて」

姉「もーしかたないなぁお兄ちゃん・・・」

弟「他のことならしてあげるから」

姉「んー。じゃあ夕飯の買い物頼まれてたから一緒に行こっか?」

弟「はいはい」

姉「準備できたら言ってね!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:28:27.86 ID:edS4V0ww0
姉「まだー?」

弟「まだだよ、今出て行ったばっかりじゃないか」

姉「私準備すること無いし」

弟「僕も別に無いけどね」

姉「じゃあなんで?」

弟「はい、買い物袋。あと母さんから預かってる買い物リスト」

姉「あ、あー忘れてた・・・」

弟「どっちが歳上なんだか」

姉「い、今はそっちでしょ!」

弟「どーだか」

姉「いいから行くよ!」

弟「はいはい」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:31:10.50 ID:edS4V0ww0
姉「♪~」

弟「ご機嫌ですね」

姉「腕くんでいい?」

弟「ご勝手に」

姉「ふふふ~ん♪」

弟「くっつきすぎ」

姉「もー!お兄ちゃん厳しすぎ!」

弟「ちょっ、外でまでお兄ちゃんはやめ・・・」

姉「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん」

弟「うっ・・・・」

姉「動揺してる~!お兄ちゃんかーわい」

弟「ぐぬぬ・・・」

姉「さ、お兄ちゃんもうすぐ着くよ~?」

弟「・・・・・・何も言うまい・・・」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:34:24.97 ID:edS4V0ww0
姉「とうちゃ~く」

弟「(どうにか知り合いに会わなかった・・・今会ったら・・・)」

姉「私カゴ取ってくるね!」

タタタタ

弟友「お、弟じゃねーか」

弟「(・・・・・・)」

弟友「どうした?ん?」

弟「い、いやなんでもない」

弟友「・・・・どうした?」

タタタタ

姉「取ってきたよ~って・・・あ、お友達?」

弟友「」

弟「お友達・・・・」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:37:18.18 ID:edS4V0ww0
弟友「彼女か!彼女なのか!」

弟「いやぁそういうわけじゃ」

姉「! 彼女?彼女に見える!?」

弟友「見えますよ!」

姉「ふふふ!そうなの!彼女なの!付き合ってるの!」

弟「ちょ!」

姉「ほら、腕も組んじゃう」ギュッ

弟「 」

姉「ね?ラブラブでしょ~」

弟友「そうですね・・・邪魔しちゃ悪いんで俺帰ります!頑張れよ弟!」

弟「 」

姉「アナタ、どうしたの?」

弟「もうお兄ちゃんでもないんだ・・・・」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:40:11.64 ID:edS4V0ww0
弟「なんであんなこというの・・・」

姉「だって楽しそうだったし」

弟「明日から学校で面倒なことが・・・あぁ・・・」

姉「ふふふ・・・でも彼女か~いい響きだなぁ・・・・」

弟「愚妹め」

姉「ア・ナ・タ♪」

弟「うぇ」

姉「うぇってなにようぇって!ちょっと傷ついたよ!」

弟「どうだかぁ・・・」

姉「傷ついたお姉ちゃんはもう彼女になるから!」

弟「やめてよ!」

姉「坂道を転がる石はもう止められないのだ」

弟「石なんだ・・・・」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:42:51.53 ID:edS4V0ww0
弟「っていうか彼氏なのにアナタ呼びはいかがなものかと」

姉「だって普通に名前読んだらいつもどおりじゃん」

弟「そうだけど」

姉「だからアナタ」

弟「まぁ・・・ただの二人称だしいいや・・・」

姉「アナタ、さ、早く買い物済ませましょう?」

弟「わかったよ」

姉「新婚さんみたい!」

弟「言うと思った」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:45:34.29 ID:edS4V0ww0
_________________________

姉「さて、買い物はこれですんだかな?」

弟「うん」

姉「じゃ、帰ろっか」

弟「そうだね」

姉「よっ・・・うっ・・こ、これ重いから持って・・・」

弟「はいはい」

姉「ふう。手ぶらになっちゃった」

弟「自分からなっといてなにをいうか」

姉「ふふふ」

弟「さ、早く帰ろうよ」

姉「ちょっとちょっと、アナタ」

弟「おばさんみたい」

姉「次言ったら膝かっくんね」

弟「ごめんごめん」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:47:41.34 ID:edS4V0ww0
姉「ちょっと遠回りして帰ろうよ」

弟「で、どうしたの?」

姉「んーと。帰りさ、川沿い通らない?」

弟「ああ、あそこか」

姉「・・・だめ?」

弟「いいよ」

姉「さすがアナタ!」

弟「アナタはいいよもう」

姉「えー」

弟「えーじゃないよ」

姉「じゃあまたお兄ちゃんでいいよ」

弟「それもやだなぁ・・・」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:50:06.34 ID:edS4V0ww0
姉「ねぇ」

弟「ん」

姉「あの川さ。小さい頃よく遊びに来たじゃん?」

弟「うん」

姉「私泳ぎ苦手なのに水が好きで楽しかったんだよね」

弟「知ってる」

姉「知ってたか」

弟「何年弟やってると思うんだ」

姉「えへへ。何年だろ」

弟「僕の歳分」

姉「そっか・・・・そんだけたつんだよね」

弟「うん」

姉「・・・・・・・あ、見えてきた」

弟「・・・・・ほんとだ」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:52:06.15 ID:edS4V0ww0
姉「夕日綺麗だね」

弟「だね」

姉「真っ赤に染まってるね、川」

弟「うん」

姉「血だらけ」

弟「それは解せない」

姉「ホラーだ!」

弟「だから解せないって」

姉「ダメかぁ・・・」

弟「ダメです」

姉「・・・・・お兄ちゃんは厳しいなぁ」

弟「やっぱお兄ちゃんにするんだ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:53:48.85 ID:edS4V0ww0
姉「厳しいけど・・・頼もしいかな」

弟「褒めても何も出ないよ」

姉「へへ」

弟「なにか出ると思ってたんだ」

姉「お姉ちゃんへの愛とか」

弟「お姉ちゃん?」

姉「あ、妹でした」

弟「その設定いつまで続けるの・・・?」

姉「飽きるまで」

弟「ふーん」

姉「感心無さそうだね」

弟「お姉ちゃんはお姉ちゃんだし」

姉「そっか」

弟「そ」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:56:37.10 ID:edS4V0ww0
姉「私さ。この川で溺れた時あったじゃん」

弟「唐突だね」

姉「唐突かも」

弟「あったけどさ」

姉「あの時お兄ちゃんは泣いてたよね。ごめんねって」

弟「そんなこともあったかな」

姉「嘘。覚えてるくせに」

弟「何でわかったんだよ」

姉「妹ですから」

弟「はいはい」

姉「それからだったよね、お兄ちゃんそうなったの」

弟「そうって?」

姉「んー、なんていうか、厳しくなったの?」

弟「そうかな」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 02:59:28.66 ID:edS4V0ww0
姉「人にじゃなくて、自分に」

弟「・・・・・」

姉「知ってるんです、妹だから」

弟「まぁ・・・お姉ちゃんだしね」

姉「いもうと!」

弟「わかったわかった」

姉「・・・でね、ちょっと罪悪感覚えてるんだ」

弟「この話なーし」

姉「えー!」

弟「面白くない」

姉「面白い面白くないなの!?」

弟「僕が自分に厳しいのは性格。はいおわり」

姉「も、もう!いいもん!お兄ちゃんってずっというから!お兄ちゃんなんかしらーんち!」

弟「はいはいしらーんちしらーんち」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 03:03:10.96 ID:edS4V0ww0
姉「・・・・ね」

弟「何」

姉「正直なとこ、どうなの?」

弟「どうもこうもないです」

姉「もーいじわる」

弟「・・・お姉ちゃん・・・・と母さんと父さん、みんなずっと元気だったらいいじゃんかそれでさ」

姉「母さんと父さんが遅かったぞ?」

弟「うるさい。だまりなさい」

姉「わーん!お兄ちゃん怖い!」

弟「・・・・・・黙って笑ってなさい」

姉「顔赤いよ?」

弟「うるさい」

姉「黙って笑うってどうすればいいの~?ね~?」

弟「・・・・ぐぬぬ」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 03:05:18.35 ID:edS4V0ww0
姉「あ、言ってる内に家についちゃった」

弟「・・・・ほっ」

姉「さて、私夕飯作ってくるから」

弟「僕は部屋に戻っとく」

姉「はいはい、できたら呼ぶからね」

弟「うん」

タタタタ

弟「(さて・・・部屋に戻るか)」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 03:07:13.91 ID:edS4V0ww0
弟「(・・・・・・なんか眠くなってきた)」

弟「(結構な量の荷物持って歩いたからかな・・・)」

弟「(少し・・・寝よう)」

弟「(少し・・・・)」


________
____________
_________________
____________________
_________________________

姉「お兄ちゃーん!お兄ちゃーん!」

姉「あれ?怒りながらでてこないなぁ弟」

姉「どうしたんだろう」

姉「どれどれ・・・優しい妹が見に行ってあげるかな」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 03:10:11.51 ID:edS4V0ww0
ガチャ

姉「お兄ちゃ・・・あ」

姉「(寝てる)」

弟「 」スースー

姉「(かわゆいやつめ)」

姉「いてこましてあげようかのう」

弟「 」スースー

姉「と思ったけど・・・今日のところは勘弁しといてあげる」

姉「・・・・今日はありがとね、お兄ちゃん」





姉「・・・・相変わらず好きだよ」チュッ






姉「さ、お兄ちゃんのぶんはラップかけとこーっと」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 03:11:50.50 ID:edS4V0ww0
タタタタタタ バタッ


弟「(・・・・・聞いちゃったよ)」





おわり


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 03:13:22.20 ID:UFh9LTv40


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/27(水) 03:14:28.73 ID:amRsQ5h+0
一乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「兄姉弟妹」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ