Powered By 画RSS


華菜「妹たちの世話をしてやってくれないか?」照「うん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:18:25.16 ID:iw67e3CK0
代行:ID:WtLu3tXd0


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:19:48.00 ID:WtLu3tXd0
代行サンクスです
池田三姉妹×照が見たかったので書きました


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:22:48.63 ID:WtLu3tXd0
ある日


ピンポーン

華菜「お客さんとは珍しいな。今行くし!」

ガチャ

照「こんにちは」

バタン

華菜「見間違いだし。ありえないし」

ピンポーン

華菜「夢に違いないし!」

緋菜「おきゃくさんだしー」

ガチャ

照「こんにちは」

華菜「・・・とりあえず、あがるし」

照「お邪魔します」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:24:20.41 ID:iw67e3CK0
珍しい組み合わせ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:27:30.24 ID:WtLu3tXd0
照「お菓子、持ってきた」

城菜「おかしー!」

菜沙「このおねえさんきがきくし!」

華菜「ありがとうございます。ところで、ウチに何かご用でしょうか」

照「そんな敬語だと疲れる」

華菜「ならタメ口で質問するし!ウチに一体何の用だし!」

緋菜「だしー!」

照「それは・・・」

ピンポーン

照「!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:33:42.31 ID:WtLu3tXd0
華菜「またお客さんか。今行くし!」

照「待って」

華菜「なんだし?」

照「多分、私の知り合い。私を探してる」

華菜「・・・つまり、ここにチャンピオンは来ていないって事を言えば良いのか?」

照「そう」

華菜「・・・仕方ないし。お菓子のお礼だし」

照「ありがとう」

ピンポーン

華菜「今行くし!」

ガチャ

菫「こんにちは。何度も呼び鈴を鳴らしてすまない」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:36:54.99 ID:WtLu3tXd0
華菜「こちらこそ遅れてすみません。それより、白糸台の弘世さんがウチに何かご用でしょうか?」

菫「ああ。単刀直入に言うと、ウチの照を見かけていないか?」

華菜「チャンピオンですか?いえ、見ていませんね」

菫「・・・本当に?」ジロ

華菜「はい。本当です」

菫「・・・そうか。いや、すまない。居ないんなら良いんだ。教えてくれてありがとう」

華菜「いえいえ、それでは」

バタン

華菜「ふー」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:41:16.22 ID:WtLu3tXd0
照「誰だった?」

華菜「弘世さん。敬語は疲れるし」

照「そう・・・」

華菜「チャンピオン、よければ何があったのか教えて欲しいし。私でよければ相談に乗るし」

照「ありがとう。でもその、チャンピオンっていうのやめて」

華菜「じゃあ・・・宮永」

照「それもダメ。咲と被ってる」

華菜「ならこれからは照って呼ぶし!これで文句無いだろ!」

照「うん」

緋菜「てるおねえさんだし!」

菜沙「だしー!」

城菜「てるおねえさんおかしありがとうだし!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:46:46.89 ID:WtLu3tXd0
華菜「それで、照。何があったんだし?」

照「話せば長くなるけど・・・」

………

菫「今日は二軍メンバーと練習試合を行う。手加減せず全力で取り組むように」

淡「えぇ~?」

菫「文句を言うな。そんなんじゃいつまでたっても宮永姉妹に勝てないぞ」

淡「テルーは仕方ないけどサキには勝ったじゃん!」

菫「収支ではな。だが優勝したのは清澄だ」

淡「うー」

菫「様々な打ち手と戦う事で何か新しい発見があるかもしれないだろう?ふてくされてないで、練習に参加するんだ」

淡「・・・わかった。ところで、タカミとテルーの姿がどこにも見えないんだけど」

菫「尭深は休み。照は買い出しだ。お菓子をみんなのために買ってくるとか言ってたぞ」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:53:04.34 ID:WtLu3tXd0
近所のスーパー

照「(これだけあれば十分だよね)」

アリアトヤシター

照「(重い)」

ピルルルルル

照「もしもし、菫?お菓子が重いんだけど」

照「いや、一人では持ちきれない。・・・だって美味しそうだったから」

照「・・・えー。分かった。頑張る」

ピッ

照「(菫の薄情者)」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:53:43.58 ID:WtLu3tXd0
照「(でも、どうしよう)」

照「(ここから学校まで結構あるし)」

その時、照に電流走る

照「(バス)」

照「(バスを使えばかなり楽になる。そしてあそこに丁度バスが停まってる)」

照「(神が私を助けてくれた)」

照「乗ります」

照「(助かった)」

?「あら?あなた、もしかしてチャンピオン?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 20:57:21.37 ID:WtLu3tXd0
照「・・・清澄の竹井さん」

久「久でいいわ。私も照って呼んでいいかしら?」

照「うん」

久「ありがと。それにしてもこんなところで会うなんて。もしかして里帰りかしら」

照「え?」

久「あら、違うの?」

照「私はこれから学校に帰る」

久「・・・白糸台高校に?」

照「そう」

久「その、言いづらいんだけど・・・このバスは長野行きの高速バスよ?」

照「」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:02:39.23 ID:WtLu3tXd0
久「迷子になるところは姉妹でそっくりね」

照「・・・知ってた」

久「え?」

照「実は、知ってた。このバスが長野行きってことくらい。さっきのは軽い冗談」

久「うん?」半笑い

照「しばらく帰ってなかったから。このお菓子はおみやげ。本当は高速バスと分かってた。分かってたから乗ったの」

久「ふふっ・・・」

照「本当に分かってたから。ウソは言っていない。とこっ、ところで、竹井さんは何故高速バスに?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:08:12.84 ID:WtLu3tXd0
久「あははは!分かったわよ。さっきのはジョークね?分かった分かった」

照「そう。軽い冗談だから」

久「ふぅー可笑しいわー。あぁ、私?私は鹿児島からの帰りよ」

照「鹿児島?」

久「永水女子の春ちゃんに会いに行ったのよ。それから大阪の洋榎。あとついさっきまで尭深ちゃんの家に居たわ」

照「それで今日、尭深は休みだった」

久「ごめんなさいね。盛り上がっちゃって。ところでそのお菓子の山は?」

照「これは部のみんなに・・・じゃなくて、咲やお父さんへのおみやげ」

久「ふふっ」

照「軽い冗談だから」

久「ふふ、そうね。ねぇ、もっと照の話を聞かせてくれない?前から気になってたの」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:12:23.36 ID:WtLu3tXd0
※東京―長野はiPS細胞のお陰で片道30分になりました


久「そろそろね。照の話、面白かったわ」

照「こちらこそ。話し相手になってくれてありがとう」

久「これから咲に会いに行くのよね?」

照「そう。このお菓子をおみやげに―――!」

久「どうかしたの?」

照「・・・菫が来た。久、またいつか」ダッシュ

久「あ!ちょっとー・・・どうしたのかしら」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:16:31.93 ID:WZh2vnKm0
さすがiPS細胞さんは万能


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:16:55.97 ID:WtLu3tXd0
菫「竹井さん」

久「え?弘世さん?びっくりした。どうしてここに」

菫「すまないが、ウチの照を見ていないか?」

久「照ならあっちに行ったわよ」

菫「そうか。ありがとう」

久「どういたしましてー」

久「・・・ふふ、面白くなってきたわね」


照「(どうしよう。菫に追い付かれる。何処か隠れる場所・・・)」

照「(照魔鏡)」ゴゴゴゴゴ

照「あ、ここ・・・」

………


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:20:04.78 ID:WtLu3tXd0
華菜「そしてここに着いたと」

照「そう」

華菜「でもどうして弘世さんは照がここにいると分かったんだ?」

照「菫はシャープシューターだから。かくれんぼがゲームにならないくらいの探し物の天才」

華菜「あーなんかやかましいアナウンサーがそんなこと言ってたし」

照「見つかったら強制的に連行される。咲に会いに来たのに」

華菜「でも今外に出たら・・・」

照「三秒で見つかる。咲に会いに行けない」

城菜「あいにいけないし」

菜沙「だしー」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:25:50.70 ID:WtLu3tXd0
華菜「しょうがないな」

ピルルルル

華菜「もしもし、宮永か?華菜ちゃんだし。とりあえずお前今からウチに来い」

華菜「なんでって?着いてからのお楽しみだし。いいか?これからお前の家に鶴賀の車が来るからそれに乗るし。じゃ」

ピッ

華菜「さて」

ピルルルル

華菜「もしもし、カマボコか?華菜ちゃんだし。今から宮永の家に宮永を迎えに行ってくれないか?」

華菜「ちゃんと報酬は出すし。・・・うん、じゃ、よろしく!」

ピッ

照「ありがとう」

華菜「あー礼には及ばないし」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:32:03.32 ID:WtLu3tXd0
照「でも、何かお礼がしたい」

華菜「いやいや、そんな大したことは・・・」

緋菜「そんなたいしたことはしてないし」

華菜「・・・じゃ、宮永が来るまでの間妹たちと遊んでやってくれないか?」

照「そんなことで良いのなら」

華菜「よろしく!華菜ちゃんはこれから夕飯の食材を買ってくるし」

華菜「戸締まり頼むし!行ってきまーす」

「「「いってらっしゃいだし!」」」

照「いってらっしゃいだし」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:36:48.61 ID:WtLu3tXd0
緋菜「てるおねえさんあそぶし!」

城菜「あそぶし!」

菜沙「だし!」

照「何して遊ぶの」

緋菜「まずはおいしゃさんごっこだし」

城菜「てるおねえさんはけんさするからふくをぬぐし」

照「えっ」

菜沙「よいではないかだしー!」スポーン

照「・・・恥ずかしい」

緋菜「こいつでしらべるし」聴診器のおもちゃ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:41:40.39 ID:WtLu3tXd0
緋菜「ふむふむなるほどなるほど」ペタペタ

照「(冷たい)」

緋菜「んー、わるいところはみあたらないし」

照「」ホッ

城菜「でもゆだんしてるとすぐびょうきになっちゃうし」

菜沙「よみちにはきをつけるし」

照「え、あ、ありがとうございました」

緋菜「どういたしましてだし」

城菜「ねーねーてるおねえさんはおねーちゃんよりとしうえなの?」

照「うん」

菜沙「じゃあとしうえなのにおねーちゃんよりむねがちいさいのはなんでだし?」

照「」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:46:57.10 ID:WtLu3tXd0
照「そ、それより他の遊びがしたくない?」

緋菜「ろんてんをずらされたし」

照「(どこでそんな言い回しを覚えたんだろう)」

城菜「まあいいし!それよりこんどはスポーツごっこをするし」

照「スポーツごっこ?」

城菜「みほんをみせるし」

城菜「へい!パスだし!」

緋菜「パス!」パス

城菜「シュートだし!」スポ

菜沙「ナイッシュー!」

照「(ボールを足で転がして、バスケットゴールに手でシュート?このスポーツはなんだろう)」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:51:09.83 ID:WtLu3tXd0
照「これはなんていう名前のスポーツ?」

緋菜「とくになまえはないし」

城菜「しいていうならバスッカーだし」

菜沙「だし!」

照「バスッカー・・・」

城菜「てるおねえさんもいっしょにやるし!パスだし!」パス

照「えっと」

菜沙「てるおねえさんこっちにパスだし!」

照「はい」パス

緋菜「リー!リー!だし!」

照「!?」

城菜「あー!てるおねえさんしっかくだし」

照「えっ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 21:55:59.66 ID:WtLu3tXd0
城菜「てきがリーしたらじぶんもリーしなきゃいけないし」

照「リーって何?」

緋菜「よくわかんないけどテレビでやってたし」

菜沙「だいリーグボールさんごうだし」

照「・・・」

城菜「そろそろつづきをはじめるし!てるおねえさんパスだし!」パス

照「・・・っ」

菜沙「リー!リー!だし!」

照「りー、りー」

緋菜「こえがちいさいし!」

照「り、リー!リー!」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:01:28.97 ID:WtLu3tXd0
城菜「そこまでだし!」

照「!」

城菜「12たい7でしょうりだし!てるおねえさんのおかげだし!」

照「え、うん。どういたしまして?」

緋菜「きょうはボールのキレがわるかったし」

菜沙「ふふ、いのちびろいしたな」

照「・・・」

城菜「ひさびさにいいあせをかいたし」

照「あ、ジュースあるよ」

「「「のむし!」」」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:05:15.59 ID:WtLu3tXd0
照「何味がいい?」

緋菜「りんご」

菜沙「ぶどう」

城菜「いちご」

照「(意見別れるんだ)はい、どうぞ」

緋菜「・・・ぷはー!このいっぱいのためにいきてるし!」

菜沙「いきかえるし!」

城菜「あしたもがんばるし!」

照「・・・」

菜沙「そろそろつぎのあそびをするし!」

照「うん」

菜沙「つぎはまーじゃんをするし!」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:08:15.91 ID:WtLu3tXd0
照「麻雀できるの?」

緋菜「かんぺきだし」

菜沙「ドン○ャラじゃないし」

城菜「おねーちゃんにおしえてもらったし」

照「じゃあ、やろっか」

ガラガラガラ

対 局 開 始

東家:緋菜
南家:菜沙
西家:城菜
北家:照


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:12:34.29 ID:WtLu3tXd0
東一局 親:緋菜

照「(まずは手加減しないと・・・)」

緋菜「んー、きてるし!リーチだし!」タン

照「!?」

菜沙「ベタオリだし」タン

城菜「おなじく」タン

照「(親のダブリー?いや、それよりも、安牌が一つもない・・・)」

照「・・・」タン

緋菜「それロンだし!リーチイッパツピンフドラドラ!うらは・・・のらないし。12000だし!」

照「―――!はい」チャラ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:16:47.74 ID:WtLu3tXd0
東一局一本場 親:緋菜

照「(侮っていた。県予選決勝の大将戦。華菜の妹なら、これくらいは当然か)」

緋菜「なかなかいいかんじだし」タン

照「(もう手加減はしない。いや、出来ない。手加減したらやられる。それ程の打ち手)」

菜沙「じはいせいりだし」タン

照「(照魔鏡―――!)」ゴゴゴゴゴ

城菜「んー、ツモぎりだし」タン

照「・・・」タン

緋菜「ツモだし。1400オールでレンチャンだし!」

照「(・・・なるほど)」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:20:49.11 ID:WtLu3tXd0
東一局二本場 親:緋菜

照「(照魔鏡である程度の実力は分かった)」

照「(三人とも白糸台の二軍を上回る実力・・・すごい。でも)」

照「(チーム虎姫には、及ばない・・・!)」

8巡目

照「ツモ。500・700」パラ

緋菜「てるおねえさんがほんきになったし」

菜沙「のぞむところだし」

城菜「たたきつぶしてやるし!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:23:35.28 ID:WtLu3tXd0
東二局 親:菜沙

5巡目

菜沙「(おやだしはやめにあがらせてもらうし)」タン

照「ロン。2600」パラ

菜沙「・・・てるおねえさんもなかなかはやいし」

東三局 親:城菜

6巡目

城菜「きたし!リーチだし!」タン

照「ロン。5200」パラ

城菜「・・・なかなかやるし」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:28:52.96 ID:WtLu3tXd0
東四局 親:照

緋菜「てるおねえさんがあがるたびにてんすうがたかくなってるし」タン

菜沙「なかなかのなかなかだし」タン

城菜「それはいっちゃだめなことばだし」タン

照「・・・ツモ。4000オール」

「「「!!」」」

照「一本場」

緋菜「これはまずいし」

菜沙「どうするし?」

城菜「アレをつかうしかないし!」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:32:36.59 ID:WtLu3tXd0
東四局一本場 親:照

照「・・・」タン

緋菜「(聞こえる?)」

菜沙「(聞こえるし)」

城菜「(バッチリだし!)」

※三つ子なので喋らなくても意志疎通が可能です

緋菜「(みんなてはいはどんなかんじだし?)」

菜沙「(タンヤオをめざせるリャンシャンテンだし)」

城菜「(こっちはまだウーシャンテンだし)」

緋菜「(こっちもまだスーシャンテンだし。なずなをサポートするし!)」

菜沙「(ひな、7sがほしいし)」

緋菜「(りょうかいだし!)」タン

菜沙「チー!」カッ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:36:21.78 ID:WtLu3tXd0
菜沙「(これで3sをポンできれば2、5mまちのテンパイだし)」タン

城菜「(3sならもってるし)」タン

菜沙「ポン!」カッ

菜沙「(ナイスだし!)」タン

城菜「(でも2、5mはもってないし)」タン

照「・・・」タン

緋菜「(2mならもってるし!)」タン

菜沙「ロンだし!1300だし!」パラ

照「・・・!」

緋菜「ようやくレンチャンがとまっておやだし」

持ち点
緋菜:35200
菜沙:17800
城菜:13900
照:33100


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:41:44.76 ID:WtLu3tXd0
南一局 親:緋菜

緋菜「(もちてんではかってるけど、てるおねえさんあいてだとまだまだこころもとないし)」タン

照「ポン」カッ

緋菜「(あ・・・ドラポンされちゃったし)」タン

菜沙「(しっかりするし。それにしても、てるおねえさんはなにをねらってるんだし?)」タン

城菜「(ドラの9pをポンってことはそめてかヤクバック、サンショク、チャンタ、トイトイあたりだし)」タン

照「・・・」タン

緋菜「(それとイッツーもありえるし。けどさいごの9pはなずながおさえてるし)」

緋菜「(そしてひなが9sを2まいもってるからイッツーとサンショクドウコウはないし)」タン

照「ポン」カッ

緋菜「(2mポン?これでそめてとサンショク、チャンタはきえたし)」タン

菜沙「(てるおねえさんのかわをみるかぎりヤクバックもなさそうだし)」タン

城菜「(となるとトイトイしかありえないし!)」タン

照「チー」カッ

「「「!?」」」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:44:20.01 ID:WtLu3tXd0
照「・・・」タン

■■■■  (222m)(4赤56m)(999p)

緋菜「(・・・どうやらてるおねえさんはミスをおかしてしまったようだし)」タン

菜沙「(ふふ、ここがチャンスだし)」タン

城菜「(いっきにせめるし!ドラ4なんてあがれなきゃいみないし!)」タン

照「・・・」タン

緋菜「チー!」カッ

緋菜「(テンパイ。2、5mまちだし!)」タン

菜沙「(でも2mはかれてるし。のこりは5mが3まいしかないし)」タン

城菜「(5m・・・じゃないし!)」タン

照「・・・」タン


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:47:58.63 ID:WtLu3tXd0
緋菜「(ぜんぜんツモれないし・・・)」タン

菜沙「(もうりゅうきょくしちゃうし)」タン

城菜「(5mこい・・・・・・ひな、ごめんだし)」タン

緋菜「(いや、まだだし。ころもおねえさんみたいにかれいにハイテイツモればいいだけだし)」

照「・・・」タン

緋菜「(ひなはずーずーしいから、まだまだあきらめないし!)」ツモッ

緋菜「・・・4m。おしい!しんせきだし!」タン

照「ロン」

緋菜「え・・・」

照「8000」パラ

4555m (222m )(4赤56m)( 999p)


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:52:27.14 ID:WtLu3tXd0
緋菜「そんなんこうりょしてないし・・・」

菜沙「ホーテイのそんざいをわすれてたし」

城菜「ホーテイさんごめんだし」

持ち点
緋菜:25200
菜沙:17800
城菜:13900
照:43100


南二局 親:菜沙

緋菜「・・・」タン

菜沙「(やばいし!ひなのげんきがなくなってるし!)」タン

城菜「(ひなー!ひなー!おうとうするし!)」タン

照「・・・」タン

緋菜「・・・」タン

照「ロン。12000」パラ

緋菜「・・・」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:55:54.40 ID:WtLu3tXd0
南三局 親:城菜

緋菜「・・・」タン

菜沙「(しろな)」タン

城菜「(ダメだし)」タン

照「・・・」ギュルル

照「ツモ。4000・8000」パラ

(((勝てない・・・)))









(諦めるのか?)




緋菜「・・・ちがうし」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 22:59:14.19 ID:WtLu3tXd0
(なら、さっきの振り込みはなんだ)

緋菜「ちょっとボーっとしてただけだし。あきらめてないし」

(本当か?諦めたんじゃないのか?)

緋菜「ほんとうだし!あきらめてないし!」

(菜沙と城菜はどうだ?)

菜沙「あきらめてないし!」

城菜「まだまだこれからだし!」

(そうか。なら勝つ方法を教えよう)

(強気になれ)

(心が折れて弱気になったら、くる牌まで弱くなる)

(もし、神がいるのなら)

(前に向かう者を好きでいてくれるから)

(頑張ってな)


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:05:15.39 ID:WtLu3tXd0
照「(三人揃って独り言?)」

緋菜「きこえた?」

菜沙「うん」

城菜「きこえたし」

緋菜「おぼえてる?」

菜沙「うん」

城菜「おぼえてるし」

緋菜「あのとき、おねーちゃんはあきらめてなかった」

菜沙「いまよりずっとつらいときでも、おねーちゃんはあきらめてなかった」

城菜「それだけじゃないし。いつもいつでもあきらめないから、おねーちゃんはあんなにかっこいいんだ」

緋菜「だったらひなたちがあきらめるわけにはいかないし」ゴッ

菜沙「ここであきらめたら、おねーちゃんにかおむけできないし!」ゴッ

城菜「てるおねえさん、かくごするし!!」ゴッ


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:12:58.98 ID:WtLu3tXd0
オーラス 親:照 ドラ:6s


持ち点
緋菜:9200
菜沙:13800
城菜:5900
照:71100


照「・・・」タン

緋菜「(これって・・・)」

234m5p5s東南白白撥撥中中 ツモ4s

緋菜「(おねーちゃんにおしえてもらったやつだし。たしかなまえは・・・ダイサンゲン)」タン

菜沙「(こっちもきてるし!)」

111356799m34p東中ツモ西

城菜「(こっちはドラがいっぱいだし!)」

1赤56m3赤5p4赤5666s西北撥ツモ東

照「・・・!」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:19:31.69 ID:WtLu3tXd0
緋菜「(いまのもちてんとてるおねえさんのアガりをかんがえると)」タン

菜沙「(つぎはおそらく24000いじょう)」タン

城菜「(ツモでもしろながとんじゃうし)」タン

照「・・・」タン

緋菜「(だからこれがラストチャンス。まずはなずな!)」タン

菜沙「(オッケーだし!)」タン

緋菜「ポン!」カッ

234m5p45s白白撥撥(中中中)

菜沙「(ツモがふえてテンパイにちかづいたし!)」

1113567899m34p4sツモ2m

城菜「(こっちはさいごのドラをひいたし!)」

赤567m34赤5p4赤5666s西撥ツモ6s

照「リーチ」タン

789m11789p78899s


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:23:27.42 ID:WtLu3tXd0
緋菜「(そろそろくるとおもってたし)」タン

菜沙「(ドラはしろながぜんぶおさえてるから、バイマンいじょうをつくるためにはリーチがひつようになってくるし)」タン

城菜「(ふたりともあとはまかせたし)」タン

緋菜「(わかってるし!)ポン!」カッ

234m55p白白(撥撥撥)(中中中)

緋菜「(テンパったし!)」タン

菜沙「(こっちもきたし!)」

111234567899mツモ9m

菜沙「(さあ、てるおねえさんはやくふりこむし!)」

城菜「・・・」タン

照「・・・」タン

緋菜「そ、それ・・・」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:26:49.85 ID:WtLu3tXd0
照、打5p

緋菜「(そっちじゃないし!)」

234m55p白白(撥撥撥)(中中中)

緋菜「(ハクじゃなきゃめくれないし!しかたないからもういちじゅんまって・・・)」

城菜「あ、それロンだし!18000!」パラ

赤567m234赤5p4赤56666s

緋菜「なー!」

城菜「あ、ついアガっちゃったし」

菜沙「しろなー!!!」

城菜「ふかくおわびするし」


対 局 終 了
緋菜:9200
菜沙:13800
城菜:23900
照:53100


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:32:19.69 ID:WtLu3tXd0
華菜「ただいまー。あれ、麻雀してたのか。どうだった?」

城菜「しろながてるおねえさんからアガったし!」

緋菜「アガらなかったらひながかってたし!」

菜沙「ちがうし!かってたのはなずなだし!」

照「みんな強かった」

華菜「あー大体わかったし。それよりみんな、楽しかったか?」

「「「たのしかったし!」」」

華菜「はは、そうか。良かったな」

緋菜「つぎはまけないし」

菜沙「いつかリベンジだし」

城菜「からだあらってまってろだし!」

照「うん。楽しみにしてる」

ピンポーン

華菜「お、丁度カマボコも来たみたいだし」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:37:17.78 ID:WtLu3tXd0
智美「ワハハ。お待たせー」

咲「池田さん、どうして私をここに?」

華菜「それはだなー」

照「私が呼んだから」

咲「ええっ!?おねえちゃん!どうして池田さんの家に?」

照「いろいろあって。それより咲、あのおっぱいピンクに何もされてないか?大丈夫か?」

咲「ええ?原村さんのこと?大丈夫だけど・・・」

照「そう。良かった」

咲「・・・それだけ?」

照「うん」

咲「ええぇ~・・・」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:41:29.42 ID:WtLu3tXd0
照「いや、まだあった。これおみやげ」ドッサリ

咲「・・・これ全部お菓子?多すぎるよおねえちゃん」

照「おとうさんによろしく伝えておいt菫「ここに居たかテルゥゥ!!!」バーン

咲「」

菫「帰るぞ!」ガシ

照「さきーまたねー」ズルズル

華菜「不法侵入だし。訴えたら勝てるし」

智美「そうだなー。ところで報酬のアレは?」

華菜「はいはい。ほら、ウチで取れたカボチャ」

智美「でっかいなー。ありがとう。ワハハ」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:45:21.29 ID:WtLu3tXd0
華菜「ウチの野菜ってそんなに美味しいか?」

智美「そりゃもう絶品だぞー。華菜の愛情が伝わってくるくらいだからなー」

華菜「そ、そうか?なんだか照れるし」

智美「いやいや、自信もっていいと思うぞ」

華菜「あ、ありがとうだし」

智美「さーて、でっかいカボチャも貰ったしそろそろ帰るかー」

華菜「ん、またなー」

智美「ワハハー」ブロロロ








咲「置いてかれちゃった・・・」

カン


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:46:12.98 ID:WtLu3tXd0
終わりです
池田は家庭農園やってるイメージだったんでつい
支援ありがとうございました


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:55:49.96 ID:VGVH1Srs0
インターキンダーとかあったら3姉妹が優勝だな


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 23:58:40.95 ID:tn2aFJBO0
乙だし!


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31(日) 00:06:47.62 ID:4fgIHNNl0
実に良かった
乙乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ