Powered By 画RSS


モバP「奏のキスのせいで事務所の雰囲気がヤバい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 00:48:40.45 ID:EcCAW2wH0
凛「…………………………」ピキピキ

まゆ「…………………………」ニコニコ

美嘉「…………………………」イライラ

奏「…………………………」(どこ吹く風)

P「…………………………」ガタガタ

P(ど、どうしてこうなった……)




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 00:50:08.30 ID:E8IqVKGl0
なんかヤバイ面々がぞろぞろといるんですが


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 00:50:27.71 ID:EcCAW2wH0
凛「あのさ、私達が訊きたいのは1つだけなんだけどさ」

まゆ「奏ちゃんがプロデューサーさんとキスしてた、って話をまゆ達聞いたんだけど、説明してくれないかしらぁ……?」

美嘉「てゆーか、こっち向きなよ」

奏「はぁ……別にいいじゃないキスくらい。前から私、事あるごとにそういうこと言ってたでしょ?」

凛「あれはもうそういう範疇じゃなかったでしょ!」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 00:52:29.67 ID:EcCAW2wH0
まゆ「まゆは実際には見てませんけど、すっごく深かったとか……」

美嘉「は、ハレンチだよ、そういうの!」

奏「美嘉が怒ってるのって、そういう理由じゃないんじゃないの?」

美嘉「な、なっ!」カァーーーッ

P「ま、まあ落ち着いて、奏も煽るな」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 00:54:33.73 ID:EcCAW2wH0
~前日~

奏「お疲れ、プロデューサー。今日も遅いのね」

P「あれ、どうしたんだ奏。忘れ物か?」

奏「ん、まあそんなトコ。あれ、何その写真。すごく綺麗な衣装だけど」

P「これか? ふっふっふ、実はこれな、奏の新しい衣装のサンプル写真なんだ」

奏「えっ? わ、私の!?」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 00:57:02.19 ID:EcCAW2wH0
P「ああそうだ。綺麗な色だろ? まあまだ現物があるわけじゃないが、気に入ってもらえたかな」

奏「うん、すっごく素敵……着るの楽しみだな……」

P「そっか。そりゃ良かった」

奏「……ありがとう、プロデューサー。こんな衣装来てステージで歌って踊れるなんて、ちょっと前までは想像もしてなかった。あなたに出会えたおかげだわ」

P「お、おいおい、どうしたんだ突然。それを言うなら、俺の方が感謝したいくらいだよ」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 00:58:39.25 ID:EcCAW2wH0
P「それに、ここまで上り詰めたのは、奏自身の努力の賜物だよ。俺は手伝っただけだ」

奏「ううん、プロデューサーがいなかったら、絶対にここまで来れなかった……確かに、私も頑張ったけどね」

P「ああ、自信持っていいぞ」

奏「うふふ、じゃあ……ご褒美、もらってもいいのかしら?」

P「ん? 何か欲しい物とかあるのか?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:03:00.58 ID:EcCAW2wH0
奏「ええ、前から欲しい欲しいと思ってたものがひとつあるの」

P「言ってみ。あんまり高いものは無理だが、俺の財布が保つ範囲でならいいぞ」

奏「お金はかからないわ。今すぐにでもできるわよ」スッ

P「えっ? ちょ、顔近……!」

奏「ねえ、私へのご褒美に……キス、してほしいな」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:05:25.41 ID:EcCAW2wH0
P「待て待て待て待てちょっと待て。ヤバいから、俺プロデューサーだから、クビになっちゃうから」

奏「今事務所にいるの、プロデューサーと私だけだよ?」

P「それある意味もっとヤバいから! 」

奏「えー、お金かからないなら何でもくれるって言ったじゃない」

P「何でもとは言ってない!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:07:34.14 ID:EcCAW2wH0
奏「ふーん……ねえ、プロデューサーが私にキスしたらヤバいんだよね?」

P「ああそうだ。超ヤバい」

奏「じゃあ……私からプロデューサーにキスすれば無問題ってことね?」

P「バッ……そういう問題じゃ……むぐっ!?」

奏「んっ……ちゅぷっ、くちゅっ……んふっ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:09:56.81 ID:EcCAW2wH0
P「ッ!? ッッッ!?」

奏「はぁっ……んんっ……ぢゅぷ、んうっ」

P「~~~~~~~~~~~~ッ!!」

奏「ちゅく、ちゅうううっ、ぷはぁっ……うふふ、ごちそうさま」ペロッ

P「なんっ、おまっ、お前っ……」クラクラ

奏「どうしたの、顔真っ赤だよ?」クスクス


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:12:54.73 ID:EcCAW2wH0
P「あのな、いくら何でも限度ってもんが……」

ガタンッ!

P「え……?」

凛「…………………………忘れ物取りにきたんだけど、何かすごいことしてるね?」ゴゴゴゴゴ

P「り、凛さん……?」

奏「……あらら、見つかっちゃった」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:15:44.43 ID:E8IqVKGl0
\(^o^)/


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:16:14.40 ID:EcCAW2wH0
―――

凛「プロデューサーも、キスを止めようと思えば止められたんじゃないの? あんな風に突っ立ってないでさ」イライラ

まゆ「あらあら、もしかしてプロデューサーさん、受け入れてたんですか?」ニコォ

P「ちょっ、違うぞ! いきなりでびっくりしただけで……」

美嘉「ふんっ、どうだかねー。奏の色気に当てられてたんじゃないの?」ムッスー

P「そ、そんなわけないだろう! 俺はプロデューサーであってだな……」

奏「プロデューサー、私、あんまり魅力ないかな……?」ウルウル

P「違う! そういう意味じゃない! ややこしくするようなこと言うな!」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:19:27.97 ID:EcCAW2wH0
P「まああれだ、反省しなきゃダメだぞ奏。みんなも真面目にアイドルやってるんだからな」

奏「はぁーい……って、ん?」

凛「……え?」

まゆ「……あらぁ?」

美嘉「……へ?」

P「ん? え?」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:22:06.79 ID:EcCAW2wH0
凛「一つ聞きたいんだけどさプロデューサー……何で私達が怒ってるか、分かってる?」

P「あ、ああもちろんだ」

P「アイドルなのに男にキスなんてする奏の意識の低さに怒ってるんだろ?」

凛「…………………………はぁ」

まゆ「…………………………あらあら」

美嘉「…………………………うわぁ」

奏「…………………………やれやれ」

P「え? え?」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:24:28.26 ID:E8IqVKGl0
これはブチ切れていい


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:24:33.69 ID:EcCAW2wH0
凛「寝ボケたこと言ってるプロデューサーは放っておいて、質問に答えてよ奏。どういうつもりだったの?」

奏「言ったでしょ。ご褒美もらおうとしただけよ」

まゆ「答えになってないわよぉ。プロデューサーさんはまゆのものなんだから、勝手なことされるとまゆ、困っちゃうなあ」

美嘉「まゆの言ってることは一旦置いておくとして、奏、はっきり答えてもらえるかな?」

奏「…………………………」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:27:46.21 ID:EcCAW2wH0
奏「…………………………羨ましかったのよ」

凛「えっ?」

奏「みんながプロデューサーとすごく仲良くしてるから、羨ましかったのよ」

まゆ「どういうことですかぁ?」

奏「みんなだって……プロデューサーにすごくアプローチしてるじゃない!」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:30:21.04 ID:EcCAW2wH0
奏「まゆはいつも押しかけ女房みたいなことしてるし!」

まゆ「に、女房?」ポーーーッ

奏「美嘉はプロデューサーを自分の部屋に連れ込むし!」

美嘉「つ、連れ込むって言い方やめてよ!」カァーーーッ

奏「凛なんて、バレンタインにわざわざ衣装着て頬赤らめてはにかみながら手作りチョコ渡すとか、完全に反則じゃない!」

凛「や、やめて! 詳細に説明しないで!」ボフンッ


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:32:31.71 ID:EcCAW2wH0
奏「何よ、ちょっとキスしただけでそんなに怒らなくたっていいじゃない……」

凛「奏……」

奏「私だって、プロデューサーのことが……」

奏「…………………………」

P「……奏?」

奏「……何でもないわ。話はこれで終わり?」

まゆ「女房……プロデューサーさんの女房……うふ……」ポーーーーーーッ

美嘉「べ、別に私の部屋で何かあったわけじゃないし……連れ込んだとかそういうんじゃ……」ブツブツ


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:34:43.56 ID:EcCAW2wH0
凛「……奏」

奏「何?」

凛「その、見境無く怒ったのはごめん、謝るよ……」

奏「別にいいわ、気にしてない」

凛「でも、プロデューサーのことは別だからね。譲らないよ」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:36:18.33 ID:EcCAW2wH0
奏「いいわ。まあ、プロデューサーのキスをもらったのは私だけどね」

凛「いいよ別に。プロデューサーと一番長くいるのは私なんだから」

奏「……うふふ」

凛「……あはは」

P「お、おーい……」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:39:04.57 ID:EcCAW2wH0
奏「何でもないわ。さ、仕事の時間まであと少しだし、行きましょ?」

P「お、おう」

P「じゃあ行ってくるから、レッスンちゃんとやれよ?」

凛「ん、わかった」

キイイ バタン


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:40:09.90 ID:EcCAW2wH0
凛「……私も頑張らないとね。仕事も、それ以外も」

まゆ「……女房……いい響き……ごはんにしますかぁ、お風呂にしますかぁ、それともぉ~……ま・ゆ? うふ♪」クネクネ

美嘉「何よ……別に部屋に二人きりだからって変なことが起こるって決まった訳じゃ……大体、変なことって何よ!……もう……」ブツブツ

凛「……イメトレばっかしてないで、レッスン行くよ?」

終わり


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:40:54.81 ID:E8IqVKGl0
乙乙


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 01:42:02.72 ID:EcCAW2wH0
読んでくれた方、支援してくれた方ありがとうでした。
はやみんとしぶりんと姉ヶ崎とままゆ育ててきます。
はやみんSR化おめ!


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 02:20:31.48 ID:5hJCCH/4P
乙!
奏ちゃんPの俺としてはもっとSSが増えてほしい


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10(水) 03:23:57.76 ID:8s5s5IRc0


そして続きはよ


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365522520/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ