Powered By 画RSS


櫻子「花子は橋の下で拾われてきたんだよ、やーいやーい!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 20:16:10.13 ID:PsgJQF0J0
花子「そ、そんなわけないし!うう…櫻子のバカぁ!」グスッ


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 20:26:31.10 ID:0dAlU+WD0
撫子「櫻子、あんた外にでな」

櫻子「なんで?」

撫子「いいから」

櫻子「なんでだよー!わけわかんない!」

撫子「んじゃ、これでちょっとアイス買ってきてよ
   あんたも自分の好きに買ってきていいから」

櫻子「ほんと!?やたー!じゃあ行ってくる!」 ガチャバタンッ

撫子「」 カチ


・・・

櫻子「ただいまーかってきたy」 ガチャガチャ

櫻子「あれ?ねぇちょっと開けてー!」 ガチャガチャ

櫻子「あけてよー」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 20:48:09.74 ID:0dAlU+WD0
櫻子「あーけーてーー!!」

ガチャ
櫻子「あ、おねーちゃん!なんで閉めるんだよ!」

櫻子「早くしないとアイス溶けちゃうじゃん!」

撫子「」

櫻子「ちょっと邪魔!どいてよおねーちゃん!」

撫子「櫻子、あんた自分が何したかわかってる?」

櫻子「え?アイス買ってきたじゃん?」

撫子「はぁ……」

撫子「わかるまで家に入れないからね」

撫子「外でよく考えな」

バタン
櫻子「…は?」

櫻子「ちょ、ちょっとなんだよ!!」ガチャガチャ

櫻子「なんで鍵しめるんだよ!!あけろよー!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 20:51:43.97 ID:0dAlU+WD0
櫻子「なんなんだよー!!!」

櫻子「……そうだ!庭から入ればいいじゃん!さすが私!」



櫻子「お姉ちゃんめ、カーテンまでしめて……なんなんだよ!」

櫻子「さぁーてと、はやく部屋ん中でアイス食べながらテレビみよーっと」ガチャ

櫻子「…うーむ、こっちも鍵がかかっていたか」

櫻子「ならばあっちだ!」


櫻子「う、ここも!」

櫻子「こっちも!?」


櫻子「うがー!!!くそぉ!お姉ちゃんめ全部しめたな!!」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 20:56:56.71 ID:0dAlU+WD0
櫻子「チッ、しょうがないから向日葵ん家にいくか」

櫻子「ひーまーわーりーー」


古谷家「…」

櫻子「あれ?」

櫻子「ひーまーわーりーー」ピポピポピポピポピポピポピポピピピピピピポピンポーーーン

櫻子「おかしい……向日葵はともかく楓まで出てこないとは」

櫻子「……あ」

   向日葵「というわけで今日は家族で出かけるので
        家に来たって私はいませんからね」

   櫻子「へーそうなんだー」

   向日葵「櫻子、ちゃんと聞いてますの?」

   櫻子「うんうん聞いてるよー、で何の話?」

   向日葵「あなたってば……まったくハァ」


櫻子「ってなことを今日学校で言っていたような、言っていなかったような」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:03:57.99 ID:0dAlU+WD0
櫻子「チッ向日葵のやつ、使えないなー」

櫻子「……家には入れない、向日葵もいない」

櫻子「」


櫻子「そうだ!あかりちゃん!あかりちゃん家に行こう!」

櫻子「あかりちゃんなら、頼めば断らないしきっと家に泊めてくれるよね!」

……

櫻子「あーかーりーちゃーん、遊びにきたよー」

赤座家「…」

櫻子「…あれ?もしかしてあかりちゃんも留守?」

櫻子「…それとももしかして本当に消」 ガサッ

櫻子「ひぃ!……びっくりしたー野良猫かー」 ナーォ

櫻子「ほらほら、こっちおいでーアイスあるぞー   あげないけど」 ナーォ ダッ

櫻子「行っちゃた……ふんっ!可愛くない猫!」

櫻子「…暗くなってきたなぁー」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:08:48.68 ID:0dAlU+WD0
──────

櫻子「あーもう!!なんで今日に限ってみんな家にいないんだよー!!もー!!」

櫻子「ちなつちゃんもいなかったし、先輩たちも」

櫻子「……そろそろ鍵開けてくれたかな」

櫻子「お姉ちゃん馬鹿だし、もう忘れてるよね!」


櫻子「あ!電気ついてる!!くふふふ、さては私が帰ってくるのを待っていたな!」

櫻子「よし、んじゃ帰ってやるか!」

櫻子「たっだいm」 ガチャガチャ


櫻子「」


櫻子「……~っ」


櫻子「」ジワ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:16:34.93 ID:0dAlU+WD0
撫子「……花子、どうした?」

花子「……外」

撫子「あんなこという奴はほっとけ」

花子「……で、でも外真っ暗だし」

撫子「いいんだよ、反省するまで絶対家にいれないんだから」

花子「ず、ずっと?」

撫子「当たり前だ」

花子「」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:24:18.05 ID:0dAlU+WD0
10年後

花子「それじゃあ行ってくるし!」

撫子「うん、行ってらっしゃい」

ガチャ
花子「……ぁ」


櫻子「………」

花子「……っ」プイッ

櫻子「………はな、こ?」

櫻子「………アハ、はなこ、ひさしぶり、だ、だね、えへへ」

花子「……(臭い)」

櫻子「お、覚えている……よね、私、こ、こんな格好だけど、えっと、お姉ちゃん、だよ」

花子「……あっち」

櫻子「?」

花子「あっち行けだし!!!近寄るなし!!!!」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:25:28.46 ID:yLPbpAcT0
は?


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:25:59.68 ID:j6g6yTk30
おいこれは穏やかじゃないぞ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:28:40.57 ID:0dAlU+WD0
櫻子「え、……え?」

櫻子「わ、忘れちゃった…の?わ、私だよ!!櫻子だよ!!!」

花子「やめろし!!!離れろだし!!」

花子「そ、そうだ!警察!警察呼ぶし!!」

櫻子「ぁ、や、やめ、警察は、……や、ゃ」

花子「」 ダッ

櫻子「は、花子ぉー!!ま、まって、まってええぇぇ!!」

櫻子「わ、私が悪かったからぁ!!悪かったからぁぁ!!!うわぁぁぁんあぁぁんびえぇぇぇん」

花子「やめろし!!泣くなし!!!!」

花子「うるさいし!!うるさいし!!!うるさいし!!!」


花子「うるさぁぁあああああああああああい!!!!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:33:19.43 ID:0dAlU+WD0
花子「……はれ?」

撫子「ちょ、大丈夫?花子?」

撫子「うなされてたと思ったら、急に寝言ですごい叫んでたけど」

花子「……え?」

撫子「あんた風呂で寝ちゃってたんだよ?覚えてる?」

花子「……夢…だし?」

撫子「夢?悪い夢でも見てたの?」

花子「櫻子!!ね、ねぇお姉ちゃん、櫻子は!?」

撫子「あいつは……」

花子「」ダッ

撫子「ちょ、花子!」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:36:50.90 ID:0dAlU+WD0
ガチャ
花子「…あ、あれ?櫻子、いない……し」

撫子「ちょっとどうしたの?あんた」

花子「櫻子いないし!!どうしよ!お姉ちゃん、アイツ馬鹿だからきっと川に落ちて溺れたんだ!!」

花子「どうしよ!どうしよお姉ちゃん!櫻子死んじゃったし!死んじゃったんだし!!!」

花子「うあぁぁぁんあぁぁぁん」

撫子「ちょ、ちょっと落ち着きなって花子!」





櫻子「もぉーうるさいなぁー何してんのー?」

花子「うわぁぁぁん、櫻子が馬鹿だから死んじゃったんだしー!!」

櫻子「え!?私死んじゃったの!?」

櫻子「うそ!?え!?マジ!?ど、どどどどどうしよう!!!」


撫子「落ち着け馬鹿ども」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:45:59.19 ID:0dAlU+WD0
花子「え、…あれ?な、なんで櫻子が家から出てくるし?」

撫子「…ん、あぁ、その」

櫻子「あぁ、私が玄関先で泣いてたら、隣のおばちゃんが出てきてさー」

櫻子「一緒に頼んでくれてお姉ちゃんに入れてもらった」

櫻子「んで、外寒かったから風呂入ってた」


撫子「本当は反省するまで締め出すつもりだったのんだけどな」

櫻子「またまたー冗談キツイんだから」

撫子(本気だけどな)

撫子「ほら、櫻子」

櫻子「……あ、あぁーそのーえっとーうーんとー」

櫻子「…………………………………………………………………ゴメン」

撫子「それだけか?」

櫻子「あぁもう!わかったよ!私が買ってきたアイスやるから!!これでいいんだろ!!」

撫子「そうじゃないだろ」

花子「……プ」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:53:19.18 ID:0dAlU+WD0
櫻子「あの時、変なこと言ってごめんなさい!!」

花子「プクク」

櫻子「あ、あぁ!花子のやつ、笑いやがった!!!」

花子「………しょうがないから、許してやるし」

櫻子「いや許さん!お前が許しても私が許さん!!!」

花子「は?むしろ櫻子は、外で暮らさずに済んでお礼をいうべきだし!!」

櫻子「なんだそりゃ!!わけわからん!!!」

撫子「はいはい、んじゃ仲直りもできたことだしアイス食べよう」

花子「え!?アイスだし?」

櫻子「やったー!アイスだー!」

撫子「は?あんた、さっき花子にアイスやるっていったじゃん」

櫻子「ぐぐぐぐぐやだー!やっぱ私も食べるぅー!!!」ダッ

花子「ちょ、櫻子!先に取るなし!それは花子のだし!!!」


撫子「ほんとめんどくさい妹達だな」

おわり


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:54:59.60 ID:NOH3u5rx0
おつ


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 21:59:17.51 ID:NI+Q9gSp0
仲良くケンカしな 乙


38 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:15) 2013/04/11(木) 22:08:31.66 ID:KDcmfKMc0
乙!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ