Powered By 画RSS


エイスリン「ち○ぽ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:15:01.94 ID:TXruY2D70
 
エイ「ちんぽ」

塞「え……ちょ……何?」

エイ「ちんぽ」

塞「は……?」

エイ「ちんぽスキ」

エイ「ちん

塞「ストップ! わかった! わかったから止めて」

エイ「oh」

塞(ええ~~~)




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:16:48.42 ID:TXruY2D70
 
~5分前~

エイ「ミンナ、オソイ」

塞「ん、ああそうね」

エイ「フタリ、サミシイ」

塞「うん」

エイ「……」

塞「……」

塞(……気まずい)

塞(シロっていつもエイスリンさんと何喋ってるんだろ)

エイ「~♪」カキカキ

塞(睫長いなー)

塞「何描いてるの?」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:22:02.24 ID:TXruY2D70
 
エイ「~♪」

塞「おーい」

エイ「スマンナ。キヅカントッタ」

塞「なんつう怪しい日本語……。今、何描いてんのかな~って」

エイ「ミテ」バッ

塞「……なに?」

エイ「ナンダト、オモウ?」

塞「ん~」

塞(棒状で先っぽが丸い。そしてこの反り)

塞「動物のしっぽ?」

エイ「セイカイ!」

エイ「ちんぽ!」

塞「ファッ!?」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:25:24.16 ID:TXruY2D70
 
エイ「ちんぽ」

塞「え……ちょ……」

エイ「ちんぽ」

塞「は……?」

エイ「ちんぽスキ」

エイ「ちん

塞「ストップ! わかった! わかったから止めて」

エイ「oh」

塞「……」

塞「誰に……、いやそういう問題じゃないか」

塞「……」

エイ「ちんぽちんぽ!」キャッキャ

塞「小学生かよ……」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:30:06.53 ID:TXruY2D70
 
塞「えーっと……」

塞(何ていえばいいんだろ)

塞「エイスリンさん。そういうのはあまり大きい声で言わないほうがいいよ」

エイ「?」

塞(伝わってない……)

塞「それってテールだよね」

エイ「Yeah!」

塞「アレ……じゃないよね……」

エイ「アレ……?」

塞「……」

塞「……///」カァア

エイ「サエ……」

塞(そんな目で見ないで……)


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:36:43.84 ID:TXruY2D70
塞「エイスリンさんがね、発音する『しっぽ』は、」

エイ「ちんぽ!」

塞「うん『しっぽ』ね。……日本語だと男性器の意味なんだよ」

エイ「ダンセイキ?」

塞「えっと、だから……ペニス」

エイ「ン? キコエナカタ」

塞「……ペ、」

エイ「ペ?」

塞「ペニ 「ちょーお待たせだよー」ガララララ

エイ「トヨネ!」

豊音「まだ二人だったんだね。私が一番最後かと思ったよー」

塞「ははは……こんにちは」

豊音「どうしたのー?」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:38:23.62 ID:o6Q6HuCd0
テールの日本語がちんぽだと誤解してるのか?


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:38:45.10 ID:CJVKNKlf0
とんでもないスレに迷い込んでしまった


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:39:45.94 ID:QHzkYaNu0
塞さんもっと大きな声でお願いします!


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:41:05.70 ID:TXruY2D70
エイ「サエ、ヘンナコトイウ」

豊音「なになに~?」

塞「いや、あの……、エイスリンさんがね、」

エイ「コレ! ちんぽ!」バッ

豊音「わーカワイイー」

塞「!!?」


臼沢塞は戦慄した。
エイスリンの発音は相変わらず男性器の俗称にしか聞こえない。
それを見て、豊音は「かわいい」と言い放ったのだ。

「かわいい」――この発言に一体どのような意図があったのだろう。
その1、豊音には「しっぽ」に聞こえた。無理はあるけどそれが一番納得できる。
その2、豊音にとってちんぽはかわいい。認めたくはないが豊音は、性器をそういった捉え方をするのではないか。つまりは進んでいるのだ。
あるいは、その二つでもないのかもしれない。豊音の暮らしていた山奥では「ちんぽ」に似た方言が存在する。もうそれでいいや。


エイ「カキタシタ」

塞「!!!???」

尻尾には、Y字に枝分かれした血管が描き足されていた。


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:44:31.03 ID:OIcy7UiLO
やっぱりちんぽじゃねーか!


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:48:10.91 ID:o6Q6HuCd0
塞がおかしいのか世界が間違ってるのか


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:50:46.81 ID:TXruY2D70
 
塞「おい」

エイ「Aha?」

塞「テール」

エイ「Yes!!」

塞「ノットペニス?」

エイ「OH…」

豊音「え? え……?」カァァ

豊音「塞、何言ってるの……///」

塞「どう見ても……」

エイ「What?」

塞「どう見てもちんぽやろがあああああああああ!!!」

豊音「ちょっ////」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:53:03.80 ID:9s/Y2/9m0
何言ってるんだ塞さん


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:53:39.33 ID:QHzkYaNu0
ちょっとたくましいだけのしっぽだよ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:56:14.01 ID:WLfb1XQo0
そもそも何のしっぽやねん


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:56:14.90 ID:TXruY2D70
塞「豊音、コレ見てなんだと思う?」

豊音「え……しっぽ……だよね?」

塞「ち・ん・ぽ! なんで尻尾に血管が這ってんだよおおお!!」

豊音「それはそういう……生き物なんじゃないかなー。なんて」

塞「だってほら! ビンビンに反ってるよ!?」

豊音「私見たことないからわからないよー///」

塞「!!っ、そうか……なるほど……」


エイスリンの日本語はとても怪しい。それを豊音を解っている。
だからとてつもなく流暢な「ちんぽ」には、そのまま受け取らず「しっぽ」だと理解したうえで、話を合わせていたのだ。
初心な豊音はリアルちんぽを拝んだことはないらしい。かく言う塞も処女ではあるが、あらゆる媒体で何度か目にしたことはある。

百歩譲って豊音はそういうことにしとく。問題はエイスリンだ。


塞「ねぇねぇ、豊音。最初なんて聞こえた?」ヒソヒソ

豊音「それは……あれだよあれ///」

塞「私の耳がおかしいわけじゃなかったのか。よかった……」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:57:04.98 ID:jDPnIBqi0
あらゆる媒体について詳しく


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:58:02.08 ID:QYmm0Dx70
塞さんむっつりすな


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 22:59:47.14 ID:TXruY2D70
エイ「ナカマイレテ」

塞「え?」

エイ「サミシイ」

塞「う、うん、ごめんね」

エイ「ちんぽ!」キャッキャ

塞「それはわかったから……」

豊音「これは……ちょーやばいよー」

塞「うん。他の人に聞かれたら私達が、エイスリンさんにいらぬこと吹き込んでると思われる」

豊音「そうじゃなくて、シロがこれ見たらどう思うかなー」

塞「ん?」

豊音「反応見たいと思わない?」

塞「……」

塞「確かに」

塞(赤面するシロかー)


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:04:15.81 ID:TXruY2D70




ガラララ!!

豊音・塞「!!」

胡桃「遅れましたー、って、なにその顔は」

豊音・塞「へっ!?」

胡桃「二人してコソコソしちゃって」

塞(アカン! ここでエイスリンのペニスを見られたら一巻の終わりや!)

豊音「なななななんでもないよー」

胡桃「……」

エイ「ちん 塞「黙れ」ググ

エイ「モガガ」

塞「胡桃」

胡桃「なに?」

塞「胡桃はさ、シロの困った顔を見てみたいと思わない?」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:09:43.88 ID:TXruY2D70
胡桃「突然どうしたの? 藪から棒に」

塞「私は見たい」

胡桃「塞、会話のキャッチボールぐらいして」

塞「だから、私達の邪魔はしないでほしい」

胡桃「……」

胡桃「わかった。とりあえず説明だけして」





胡桃「なるほど」

豊音「怒られるかと思ったよー」

塞「胡桃もそういうところあるからねー」ニヤニヤ

胡桃「う、うるさいそこっ」

豊音「そうだっ。やるからにはもっとエグいの描いてもらおうよー」

胡桃・塞「!!?」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:12:52.44 ID:QYmm0Dx70
田舎少女はスケベな事しか考えないのか・・・(偏見)


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:14:42.01 ID:TXruY2D70
 
エイ「ガンバル!」←わかってない

塞「……まずは、先っぽがちょっとリアルじゃないね」

胡桃「流石塞……」

豊音「そこに気付くとは……」

塞「キノコの傘みたいに、」

エイ「??」

塞「mushroom、umbrella」

エイ「……! Okay!」

塞「そこでここにshadowをつけてね。うんうんいいよいいよ」

胡桃「塞が輝いてる……」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:22:56.11 ID:TXruY2D70
 
五分後

塞の指示により完成したおぞましい何か「……」ゴゴゴゴ

豊音「ひえっ……」

塞「我ながらちょっとやりすぎたわ……」

胡桃「気持ち悪い……」

エイ「?」ニコニコ

胡桃「ちょっと、これって本当にその……男性器なの?」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:27:03.52 ID:TXruY2D70
 
塞「うん。こんな形して、こんな感じで血管が這って、」

豊音「詳しすぎるよー」

塞「エグくしろって言ったのは豊音じゃん! だから私はもっとちんぽにリアリティを持たせてさ、」

胡桃「塞ってむっつりだからねー」

塞「はっっ!? だって今そういうノリだったでしょ!?」

エイ「サエ……?」

塞「……」

塞「そっか。そうだよね」

塞「……」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:28:37.13 ID:TxO+IrylO
シロに何てモノを見せようとしてるんだよ…(ゲス顔)


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:32:21.05 ID:TXruY2D70
 
塞「消そう」

豊音・胡桃「!!」

塞「罪もない女の子にちんぽ絵描かせるとかどうかしてたわ……」

エイ「??」

豊音(テンション下がりすぎだよー)

胡桃(急に我に帰ったんだね)

塞「ごめんねエイスリンさん、それ消してもらえないかな」

エイ「……ヤダっ」

塞「!」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:39:12.00 ID:TXruY2D70
 
エイ「セッカク ガンバッテカイタ。ミンナデカイタ!」

エイ「キョウドウサギョウ!」

エイ「タカラモノ!」

豊音「エイスリンさん……」ジーン

胡桃「……」ウルウル

塞「でもその絵は、」

エイ「ちんぽ!」

塞「う、うん」

エイ「ちんぽ! ちんぽ!」

豊音「……ちんぽ」

胡桃「ちんぽっ。ほら塞も、」

その瞬間、宮守高校麻雀部は一つになった(シロ除く)。

「「ちんぽ! ちんぽ! わっしょいちんぽ!」」

ワァアアアアアア―――


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:40:00.17 ID:xl2l+LhkP
カオス


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:41:51.13 ID:QHzkYaNu0
宮守の結束が深まったな


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:42:33.17 ID:BPVDuhjA0
なんだこれ(困惑)


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:43:52.28 ID:TXruY2D70
 
白望「……」

トシ「どうしたんだい、部室の前につったって。入らないのかい?」

白望「いや、あの、これ」

<チンポ! チンポ!

トシ「……」

トシ「県大会優勝したのが嬉しかったんだろうねぇ。ハメを外すのも悪くないよ」

白望「そういう問題じゃないと思う……」


こうして変質集団のレッテルを貼られ、県大会優勝という実績にも関わらず、一向に部員は増えなかった。


終わり


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:44:36.21 ID:TXruY2D70
ちんぽすき
久しぶりにVIPで書いて楽しかった


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:47:15.00 ID:gkDOoSEG0

ちんぽ可愛い


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:48:36.80 ID:QHzkYaNu0


何も知らない天使にちんぽ書かせた塞さんは許されないよくやった


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:49:05.97 ID:IWCRP5BT0
シロの赤面を書いてくれると思ったのに(憤怒)


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:51:06.19 ID:tBMkpZ5R0
乙ちんぽ
また書いてくれ


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:52:16.24 ID:yUtXEA9n0
乙ぽ
ちんぽ愛されてるなー


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/18(木) 23:54:48.90 ID:Yb8iE5/M0
乙んぽ

たまにはこんな馬鹿馬鹿しいのもイイネ・


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1366290812/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ