Powered By 画RSS


結衣「プロローグ・プロポーズ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 02:47:36.03 ID:CXQar0v80
遊園地編

京子「いやー今日は楽しいねー」

結衣「そうだな…でももうそろそろ帰らなきゃな…」

京子「あっ…もうそんな時間なんだね…」

結衣「最後に一つ乗ったら帰ろうか」

京子「そうだね…じゃあ最後はやっぱり…」


結京『観覧車でしょ』




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 02:49:02.74 ID:CXQar0v80
京子「この場所に来るといろいろ思い出すね」

結衣「そうだな……」

京子「この場所で恋人同士になって……」

結衣「それで、この場所で初めてキスをして……」

京子「私達のいろんなスタートの場所なんだね」

結衣「あぁ……そうだな……」

京子「……」

結衣「……」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 02:50:28.51 ID:CXQar0v80
結衣「あのさ……」

結衣「私は京子が好き。それは一生変わらない自信があるんだ」

結衣「だからこれからもずっと私と一緒にいてほしい……」

結衣「ここから二人の結婚生活をスタートさせたいって思うんだ」


結衣「京子。結婚しよう」

京子「はい…///」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 02:52:06.96 ID:CXQar0v80
なんか気づいたら結婚してました編

京子「結衣ー、私達の結婚記念日っていつ?」

結衣「いつ?って……」

結衣「そういえばプロポーズとか特にしてなかったっけ」

京子「だよねー」

結衣「じゃあ今更だけど……」

結衣「京子」

京子「はい」

結衣「私はこれからもこんな風に二人で幸せをたくさん作っていきたいって思うんだ」

結衣「だから私と結婚してください」

京子「はい…///」

京子「これからもよろしくお願いします…///」

結衣「京子」

京子「結衣」


結京『愛してる』


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 02:55:41.98 ID:CXQar0v80
サラッと言ってみよう編

結衣「京子」

京子「んー?」

結衣「結婚しようか」

京子「うん」

結衣「うんって……ちょっとは驚いてほしいんだけど……」

京子「だって絶対今日来るって思ってたもん」

結衣「なんで?」

京子「んー、なんとなくかな」

結衣「そっか。じゃあこれからもよろしく」

京子「こちらこそー」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 02:57:28.00 ID:CXQar0v80
どっちの苗字が良いですか編

京子「私は船見が良い!」

結衣「私はどっちがってのはあんまり無いけど……なんか理由あるの?」

京子「うん。あのね……///」

京子「昔からずっと私が結衣の家に遊びに行く立場だったじゃん?」

京子「その時に『船見』って表札を見る度にさ……」

京子「いつか『船見 京子』って表札を作れたら幸せだろうな……ってずっと思ってたんだよね……///」

結衣「バカ……」ギュッ

京子「えへへ……苦しいってば///」ギュッ

結衣「ありがと……」

京子「うん……」

結衣「明日、二人で表札作りに行こうな」

京子「うん!」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 02:59:20.80 ID:CXQar0v80
給料の3ヶ月分…とはいきませんが編

結衣「はい。これ開けてみて」

京子「これって……指輪……」

結衣「うん。やっぱり結婚するなら指輪が欲しいかなって」

結衣「給料の3ヶ月分なんて立派な物じゃないけどね」

京子「ううん!すっごい嬉しい!」

結衣「そっか。喜んで貰えたなら良かった……」

京子「せっかくだしちゃんと指輪の交換しようよ!」

結衣「あぁ、そうだな」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 03:00:59.54 ID:CXQar0v80
京子「はい!まずは結衣から誓いの言葉!」

結衣「えっ?何も考えてないんだけど……」

京子「えぇ~?しょうがないな結衣は」

京子「じゃあまず私がお手本を見せてあげよう。何も考えてないけど!」

結衣「だろうな」

京子「じゃあいきます……」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 03:02:20.60 ID:CXQar0v80
京子「結衣。私はあなたが大好きです」

京子「昔から……この先もずっと……」

京子「大好きで、大好きで、大好きだから!」

京子「結衣を幸せにしてみせる!私がずっと笑わせてあげる!」

京子「そして私も幸せになる!笑顔でいる事を誓います!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 03:03:35.41 ID:CXQar0v80
結衣「……」

結衣「なんというか京子らしいな」

京子「でしょー!」

結衣「ありがと。すごい嬉しかったよ」

京子「どういたしましてー」

結衣「じゃあ私も……」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 03:06:52.32 ID:CXQar0v80
結衣「京子。大好きだよ」

結衣「明るい所も、甘えてくれる所も、頼りがいがある所も」

結衣「全部が大好き……」

結衣「そんな『大好き』って気持ちを隠さずに伝え続ける事を誓うから」

結衣「これからもずっと隣で笑っていてください」



京子「……」


京子「えへへ///」

結衣「ふふ///」


結京『大好きだよ』


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 03:09:18.36 ID:CXQar0v80
プロポーズ後

結衣「晴れて『ゴールイン』ってやつかな?」

京子「うーん。その表現あんまり好きじゃないんだよなぁ……」

京子「私はやっぱり『スタート』って思いたいんだよね」

京子「これから二人で暮らして……二人で何でもして」

京子「まぁ今までとそんなに変わらないんだけどさ」

京子「でも確かに私達は結ばれて……」

京子「そんな幸せで楽しい時間がここから始まっていくんだーって」

京子「そんな風に思えたら素敵だと思うんだよね」

結衣「『スタート』か……」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 03:11:22.19 ID:CXQar0v80
この先もたくさんの『楽しい』が私達を待っている。
いや……そうじゃない……。
たくさんの『楽しい』を二人で作っていくんだ。
それなのにここが『ゴール』だなんてそんなの確かにもったいない。

結衣「そうだな。これからもよろしく」

京子「こちらこそ末長くよろしくお願いします」


こうして『恋人』から一歩進んだ私達。でもここは『ゴール』なんかじゃない。

二人で紡いでいく物語はまだ始まったばかり。

そう。きっとプロローグが終わったぐらいなんじゃないかな。


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 03:15:42.35 ID:CXQar0v80
あ、おしまいです
短い上に内容無くてすいません


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 03:16:29.78 ID:6ZsTSpGH0

好きな雰囲気のスレだった


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/28(日) 06:38:03.03 ID:6U5Sjld30
良かった
乙乙


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1367084856/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ