Powered By 画RSS


P「伊織に熱々あんかけをかける」

1 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:42:15.86 ID:RaLcEDhXo
我慢してたけどやっぱり我慢出来なくなったから今からいおりんに、あつあつあんかけぶっかける。


2 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:42:58.71 ID:RaLcEDhXo
P「雪歩は生チョコとか良いかも…白い肌に生チョコが映えるだろうな…うんうん」



P「律子はオーロラソースで決まりだな」



P「伊織は…」




3 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:43:39.07 ID:RaLcEDhXo
P「伊織は…やっぱり、熱々あんかけだな」


4 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:44:35.11 ID:RaLcEDhXo
P「でもどうやればかけれる…?」

P「まず前提として俺の好感度が下がるのだけは避けねばならん」


P「今まで築き上げた信頼が瓦解すれば俺のプロデューサーとしての仕事は無くなるだろう…」

P「と言うか財閥の力で命が無くなる可能性もある」


P「…となると、やはりテレビ番組の企画内か…」


5 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:45:30.85 ID:RaLcEDhXo
P「いや、しかしそれだとその仕事を受けた俺が悪くなってしまう…」


P「むむむ…」

P「あんかけをかけても怒られない状況…」

P「伊織が怒れない状況…か……」


P「たくさんの人の目があれば流石に怒れない…か?」



6 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:46:13.18 ID:RaLcEDhXo





P「結婚式の披露宴しかないな」




P「お色直し前がタイミング的にもベストか…」



7 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:46:54.95 ID:RaLcEDhXo
P「…と、言う訳で結婚してくれ!」


伊織「なに突然、のたまいてんのよ!」ゲシ


P「痛っ……く、無い。そうかこれが愛か…」

P「結婚してくれ」


8 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:47:39.32 ID:RaLcEDhXo
伊織「私が加減したからよ!」ゴスっ

P「ごふっ!」

P「っつー……おま…みぞおちに肘鉄とか……いおりんマジ餓狼伝説…これが斬影拳か……あ、そう言えば…無印の髪型が……」

伊織「たかが肘鉄でどこまで引っ張んのよっ!」ゲシっ

P「うわ、空破弾かっ!?」

伊織「ただの蹴りよっ!」ゲシっ


9 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:48:22.14 ID:RaLcEDhXo
P「あぁ、弱Kか」

伊織「じゃあこれは?ふんっ!」ドバシっ


P「ぶばっ!?………しゃがみ強…P……」ドサッ…



伊織「ふん…バカ……」スタスタ




10 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:49:16.69 ID:RaLcEDhXo


P「俺はその日、歴史的な敗北を喫した」



P「………少し事を急ぎ過ぎたようだ」


P「結婚は結果だから、その前か…」



11 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:49:52.07 ID:RaLcEDhXo


P「キスだな」





12 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:50:39.43 ID:RaLcEDhXo
P「と言う事でキスしよう!」

伊織「だから、何でアンタはいつもいつもそう突然なのよ!」

P「キスしよう!」

伊織「だいたい竜宮のプロデュースの時もいきなり新曲持って来たり…」

P「キスしよう!」

伊織「人の話をききなさいよ!」ゲシッ


14 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:51:27.26 ID:RaLcEDhXo
P「キスしよう!」サッ

伊織「スウェーすんなっ!」イラッ

P「キスしよう!」

伊織「あんたのメンタルはどんだけ頑ななのよっ!?」

P「伊織に関しては簡単に譲ったり出来ない」


15 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:52:06.11 ID:RaLcEDhXo
伊織「あ…そ、そう////」

P「キスしよう!」

伊織「分か…………っダメ!」ズン


P「ゴフッ」



伊織「ふ、ふん……バカ…」すたすた



16 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:52:46.31 ID:RaLcEDhXo


P「悪夢再び」


P「まさかキスさえ断られるとは… 」



P「キスもダメかそれなら…」






17 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:53:12.99 ID:RaLcEDhXo


P「手を繋ぐか」




18 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:54:08.54 ID:RaLcEDhXo
伊織「今度は何?」

P「手を繋ごう!」

伊織「な、何で?」

P「繋ぎたいから?」


伊織「その理論だとこれを許したらなし崩し的に最後…ま……で……////」かーっ



19 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:54:47.76 ID:RaLcEDhXo
P「手を繋ごう!」

伊織「だ、ダメっ!」

P「手を繋ごう!」

伊織「イヤっ!」

P「キスしよう!」

伊織「なんでワンランク上がったのよ!」ゲシッ

P「ぐふっ…手を繋ごう!」サッ


20 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:55:19.33 ID:RaLcEDhXo
伊織「なんで当たってから避けたのっ?意味あんのっ!?」

P「手を繋ごう!」


伊織「くっ………でもダメっ!」ズドン


P「ふぶっ!」



伊織「…………バカっ……」すたすた



21 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:55:51.05 ID:RaLcEDhXo


P「二度ある事は三度ある」


P「手もダメか…となると…」




22 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:56:17.12 ID:RaLcEDhXo


P「付き合うか」






23 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:56:59.09 ID:RaLcEDhXo
P「付き合ってくれ!」

伊織「えっ…!?……本気…なの?」

P「あぁ!手を繋ぎたいから付き合ってくれ!」

伊織「小学生みたいな発想すんな!」


P「じゃあキスしたいから付き合ってくれ!」

伊織「じゃあって何よ!遅れて来た思春期っ!?」


24 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:57:44.73 ID:RaLcEDhXo
P「結婚したいから付き合ってくれ!」

伊織「だからなんでランク上げていくわけっ!?」

P「付き合ってくれ」

伊織「う……………ダメ!////」ズバッ


P「ゴブバっ!?」ブシュっ



伊織「……………………バカ」ぼそっ



25 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:58:31.88 ID:RaLcEDhXo

P「もしかして、さっき斬られたの……?」


P「それにしても付き合ってもくれないのか…」


P「まさか、ここまで好感度が無かったとは…」



P「考えたく無いけど、嫌われてるのか…?」


26 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:59:02.43 ID:RaLcEDhXo


P「……なら、もう熱々あんかけかけちゃっても良いんじゃないのか?」





27 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 22:59:35.49 ID:RaLcEDhXo



伊織「で、その湯気の立ち上る何か淀んだ液体が入ってるバケツは何?」





28 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:00:28.62 ID:RaLcEDhXo
P「これ?あんかけだよ。ははっ」じりっ


伊織「何で柄杓持ってるの?」たじっ


P「あはは。これが無いとあんかけがすくえないじゃないか」じりっじりっ


伊織「何でにじり寄ってくるの?」たじたじ


P「ははは。近寄らないとあんかけが掛けられないじゃないか」




29 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:01:03.14 ID:RaLcEDhXo


P「はははははははははははははははははははははは」





30 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:02:15.72 ID:RaLcEDhXo
伊織「ひいっ!!?」

P「そんなに怯え無くても大丈夫だよ?」

伊織「い、イヤっ!」

P「もう、良いんだ……嫌われても……」

伊織「えっ……?」


P「いや、最初から好かれてなんか無かったんだよな……ははっ」

伊織「アンタ………どうしちゃったの?」



31 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:03:02.18 ID:RaLcEDhXo
P「もう、抑えられ無いんだ……」

P「自分でも分かるんだ」



P「少しずつ壊れていってる」



P「俺はこのままじゃ完全に壊れてしまうから……」


P「だから……」


32 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:03:33.39 ID:RaLcEDhXo


P「伊織に熱々あんかけを掛ける」






33 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:04:15.38 ID:RaLcEDhXo
伊織「わた…しの……私のせいなのね?」


P「違う。欲望を抑えられない俺が悪いんだ」


P「ははは。笑ってくれよ!歪んでんだよ……」

伊織「我慢するのに疲れちゃったのね………」


P「あぁ………」


34 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:04:51.82 ID:RaLcEDhXo




伊織「だったら私も我慢するの止めるわ」






P「………え?」


35 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:05:31.94 ID:RaLcEDhXo
伊織「私、アンタと付き合いたい」

伊織「アンタと手を繋ぎたい」

伊織「キスだってしたい」

伊織「結婚だってしたい」

伊織「アンタを独り占めしたい」

伊織「私はずっとアンタと生きていきたい」


36 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:06:02.22 ID:RaLcEDhXo


伊織「アンタが望むなら熱々あんかけだって我慢してみせるわっ!」





37 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:06:56.07 ID:RaLcEDhXo



伊織「だから私にかけなさぁ─────っい!!」






38 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:07:32.28 ID:RaLcEDhXo
P「伊織…………」


伊織「っはぁ…はぁ………はぁ………」



P「伊織……ごめんな………その言葉だけで満足だ……」ちゃぷ


伊織「アンタ…バケツ持ち上げて……どうするつもり…なの?」


39 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:08:39.69 ID:RaLcEDhXo
P「伊織……知ってるか?」

伊織「バケツを下ろしなさい!」


P「イカロスは空に近づき過ぎたから蝋で作った羽が溶けて……落ちてしまうんだ」


伊織「そんなのバケツごと被ったら……火傷じゃすまないわよっ!?」


P「さよなら……伊織………」


伊織「や、やめなさい。やめて!」



P「ありがとう……」



40 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:09:38.04 ID:RaLcEDhXo


           バシャバシャっ





41 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:10:31.56 ID:RaLcEDhXo



P「い………伊織……?」



ぽた……ぽた……ぽた………



伊織「つっ………何よ、これ…本当に熱々じゃない……」

P「伊織………なん…で、俺に抱きついて……?」

伊織「アンタ…アイドルにこんなの掛けようとしてたの?」


42 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:11:27.01 ID:RaLcEDhXo
P「た、タオルっ!すぐ拭くから!」バタバタっ

伊織「バカっ………」

P「ごめん……ごめん……」ぐしっぐしっ


伊織「ぷはっ…アンタも掛かってるんでしょ?私は自分で拭……」

P「ごめん……ごめん伊織……」ごしっごしっ


伊織「アンタ…?───っ!歯を食いしばりなさい!」スッ


44 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:12:31.87 ID:RaLcEDhXo


         ぱちんっ


45 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:13:27.46 ID:RaLcEDhXo
P「───っ!?………痛………い……」


伊織「好きな人とは苦しみを分かち合うべきだと思わない?」ぽろっ



ぽた………ぽた………



伊織「私アンタが好きよ……だから何でも赦せるわ……」ぽろぽろ



46 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:14:43.51 ID:RaLcEDhXo
P「うん……ありがとう……俺も好きだ……」

P「あっ、火傷とかして無いかっ!?」

伊織「アンタがすぐに拭いてくれたから大丈夫よ」

P「そうか……良かった……」


伊織「だけど、この責任は取りなさいよ?」

P「なんでもするよ」


伊織「じゃあ───」



47 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:15:31.98 ID:RaLcEDhXo






        「結婚………してね?」















48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 23:16:13.87 ID:gNXaIWwMo
イイハナシダナー


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 23:16:31.27 ID:Nv4Yt5Tko
デモアンカケナンダナー


50 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:16:44.83 ID:RaLcEDhXo
───いくら言葉を重ねても。

     いくら身体を重ねても。


決してここまで強く結びつく事は無かっただろう。


あの日のあんかけがこれからの日々を繋いでいく。

あの日生まれた一つの愛がこれからの日々を繋いでいく。





             おしまい────。



51 : ◆cjitx1hLjk 2013/04/29(月) 23:17:55.65 ID:RaLcEDhXo
以上で投下終了です。

ありがとうございました。


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 23:20:45.66 ID:iNG395Nto
素晴らしい


60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 23:31:52.83 ID:YrNaqB9Po
いい話だった、かけ値なしに乙


64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 10:18:16.97 ID:SLp1+v1yo
こういうの好きだ



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367242935/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名状しがたいあんかけ 2013/05/05(日) 21:36:38

    このタイトルでここまできれいにまとまるとはwww
    乙!


  2. 名無しさん 2013/05/06(月) 01:07:22

    何言ってんの?(困惑)


  3. 2013/05/12(日) 22:01:07

    こういう話を書ける人の才能って凄いと思う、俺にもください


  4. 2013/08/26(月) 09:10:45

    どうしてこうなった


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ