Powered By 画RSS


菫「え? お前ら付き合ってないの?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 20:19:21.99 ID:7mxrLfVu0
照「うん。咲とも仲直りできたし、私は咲一筋だけど」

淡「私も咲一筋だよー!」

菫「でも、お前ら最近いい雰囲気だったじゃないか。 引っ付いたりしてさ」

淡「スミレはわかってないなー。私はテルーの後継者だよ! いわばテル2世!」

菫「意味がわからない」

淡「んー、なんと言うべきか。そうだなー、私はテルだよ!」

照「私も照。 わかった?」

菫「ちょっと待て、余計混乱してきた」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 20:23:19.34 ID:7mxrLfVu0
照「菫って思ったより頭弱い?」

菫「お前と淡よりはいい自信があるが、説明が下手だと思うんだがな」

淡「スミレの理解力が足りないんだよ!」

菫「よしわかった。もう一度説明してみろ」

照「わかった」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 20:33:44.22 ID:7mxrLfVu0
淡「テルをゲームのラスボスだと思ってね?」

菫「あぁ」

照「私は第一形態」

淡「私は第二形態」

菫「うん?」

淡「つまり一緒の空間にはいることはできないわけです! わかった?」

菫「……うん……」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 20:40:04.02 ID:7mxrLfVu0
照「淡、菫はゲームをよくしらないらしい」

淡「なるほど! ごめんねスミレ?」

菫「いや、私が悪い、私が」

照「ほら、そんな拗ねないで」

淡「私たちももっとわかりやすくがんばるから!」

菫「ありがとう、わたしもがんばろう」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 20:49:56.00 ID:7mxrLfVu0
照「……私は照ですね?」

菫「はい」

照「では、彼女は誰ですか?」

淡「私だよ私!」

菫「淡です」

淡「違うよ! テルだよ!」

菫「淡だろ?」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 20:54:10.51 ID:7mxrLfVu0
照「ここでは淡ではなく照ということでいきましょう」

菫「はい」

照「彼女は私に告白できますか?」

菫「はい?」

淡「残念! できません!」

照「それは彼女も照だからです。 わかりましたか?」

菫「なるほど」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 20:56:54.68 ID:7mxrLfVu0
菫「つまり、淡は今まで偽名を使ってきたんだな?」

淡「違うよ! 頭固いよ!」

菫「はい」

淡「はい、じゃないよ!」

照「さっきの続きです。 私は咲が好きです」

菫「はい」

照「では、私は誰ですか?」

菫「照です」

照「正解です」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 20:58:01.18 ID:H1pmGN2gi
どういうことだ……


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 20:58:56.86 ID:7mxrLfVu0
照「では彼女は誰が好きですか?」

菫「咲ちゃんですね?」

淡「正解だよ!」

照「では彼女は誰ですか?」

菫「今まで偽名を使ってきた照です」

照「半分正解です」

菫「はい」

照「はい」

菫「……」

照「……」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:00:12.04 ID:bBy8aSTV0
わろた


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:06:47.34 ID:PhQZuB6F0
じわじわくる


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:11:29.73 ID:7mxrLfVu0
菫「私は菫です」

照「知ってます。彼女は淡ですが照です」

菫「いいえ、彼女は照です」

照「そうです」

淡「違うよ! 違わないようで違うよ!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:16:55.98 ID:7mxrLfVu0
菫「わかりました」

照「彼女は誰ですか?」

菫「て……若干淡です」

照「違います。いえ、やっぱり正解です」

淡「どうしよう……テルもおかしくなっちゃった……」

照「これでわかりましたか?」

菫「わかりません」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:18:33.48 ID:H1pmGN2gi
カオス


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:25:51.67 ID:7mxrLfVu0
照「ではレベルを上げますか?」

菫「下げてください」

照「はい」

淡「もしもしー? サキー? うん!明日遊びに行くねー!」

菫「では続けてください」

照「はい。彼女は私ではありませんが、私です」

菫「いいえ。彼女は彼女です」

照「そうですか?」

菫「そうです」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:29:22.21 ID:7mxrLfVu0
淡「もー! 二人共それ中止!」

照「……彼女の要求を呑みますか?」

菫「拒否」

照「そうですか」

淡「すみませーん! だれかこの二人を止めてくださーい!」

菫「そろそろやめよう」

照「そうだね。淡が怒りそうだから」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:32:37.49 ID:7mxrLfVu0
菫「とりあえずだが、照は照だが、淡だと思っていた人は偽名を使っていた照」

菫「だと思っていたが、やっぱり淡だった。ここまではわかった」

淡「おっ! 結構いけてるね!」

菫「で、なんでお前らが付き合っていないのかがわからないんだが」

照「私は自分を好きになることができないから」

菫「……ふむ」

淡「そーいうことです!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:35:19.05 ID:aCpfDNkI0
なんだこれwww


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:35:36.32 ID:7mxrLfVu0
菫「つまりお前らは咲ちゃんが好きということでいいんだな?」

淡「はじめからそう言ってるよ!」

菫「そうか……じゃあ、もしもだぞ」

照「うん」

菫「私が咲ちゃんとよく会っていて、二人のことを付き合っていると話したとしよう」

淡「つぶす」

照「壊す」

菫「そうか」

照「話してないんでしょ?」

菫「ごめん」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:39:51.96 ID:7mxrLfVu0
照「うん」

淡「明日ちゃんと話してくるからそんなに心配しなくていいよ!」

菫「ありがとう」

淡「それよりもさ、もしかして淡咲って駄目なの?」

菫「あり」

照「なし」

淡「自分がサキと付き合いたいだけでしょ?」

照「結婚したい」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:42:40.61 ID:7mxrLfVu0
淡「でも、私がサキと付き合えたらサキも幸せになるからねー」

照「淡じゃ無理だと思うけど」

菫「ちょっといいか?」

淡「どうしたのスミレ?」

菫「さっきから自分を罵って楽しいか?」

照「意味がわからないけど」

菫「いや、淡は照なんだろ?」

照「はい」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:44:12.73 ID:sHFpHwvE0
もうわけがわからない


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:46:51.13 ID:7mxrLfVu0
淡「もーそれはさっき終わったからもう引っ張ってこないで!」

菫「ごめん」

淡「……で、なんだっけ?」

照「わからない」

菫「私もわからないな」

照「それじゃ、咲のかわいいところを話そう」

淡「いいねそれ!」

照「まず、私から。 まずかわいい、それから私のことを好いているところ」

淡「嘘はダメだよねー」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:50:10.96 ID:7mxrLfVu0
菫「そうだな、次は私が言うか」

菫「まず、迷子になるところ、礼儀ただしい、それから一途なところ」

淡「え……サキって好きな人いたの?」

菫「ん? まぁ」

照「誰? 私だよね」

菫「いや……最近親身になって相談してくれる人らしい」

淡「まだ私にもチャンスありそう?」

菫「ないと思うぞ」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:53:58.45 ID:7mxrLfVu0
淡「あはは、スミレも嘘がうまくなったね! だって私明日遊ぶんだよ?」

菫「友達と遊ぶことぐらいだれでもあると思うがな」

淡「もー!どうしてそんなこと言うの!」

照「も、もしかして菫……」

菫「ほう、わかったか」

照「え……だって宥さんと?」

菫「ん? あぁ、友達だけどどうかしたか?」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:56:07.22 ID:35WDUGry0
んん?


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 21:57:38.99 ID:7mxrLfVu0
淡「そうなの? 私てっきり付き合ってるものかと思ってたよ!」

菫「いやいや……咲ちゃんと付き合ってるのにそれはないだろ」

淡「ん? 今なんて言ったの?」

菫「咲ちゃんと付き合ってるって言ったが?」

淡「」

照「証拠は?」

淡「はっ……そうだよ!証拠がないよ!」

菫「いるのか? ほれプリクラだ」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:02:07.09 ID:7mxrLfVu0
照「あー、ボロだしたね菫」

菫「なにを言ってる」

淡「ほんとだー!このサキ嫌がってるー!」

菫「そ、そんなわけないだろ! 笑ってるじゃないか!」

照「苦笑いだけどね……」

淡「サキの笑顔はわかりにくいからね!」

菫「……そ、そそそそれがどうした? 私の方が咲ちゃんと仲がいいぞ!」

淡「無理やりプリクラを取っておいてなにを言うか!」

照「好感度下がってるだろうね」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:03:21.10 ID:bBy8aSTV0
菫ちゃん・・・


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:08:18.07 ID:7mxrLfVu0
照「ふぅ……ここで争ってても意味ないな。咲を呼ぼう」

菫「それはやめてください」

淡「うん! 今から来てね!……すぐに来るだって!」

照「お菓子用意して待ってよう」

菫「……そうだな」

淡「あれ? スミレもついに諦めたのかな?」

菫「ふざけるな……お前らにバカにされたまま終わるのが嫌なだけだ」

咲「淡ちゃん来たよー?」

淡「やっほー!」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:11:02.62 ID:7mxrLfVu0
照「久しぶり咲」

咲「あはは、昨日会ったばかりでしょ」

淡「え……サキと昨日遊んでたの?」

照「うん。サキがどうしてもっていうから」

咲「言ってないよ! お姉ちゃんがどうしてもって言ったんでしょ!」

菫「や、やぁ咲ちゃん」

咲「菫さんもこんにちは」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:11:59.42 ID:7mxrLfVu0
その後、いろいろあってから四人は幸せに暮らしました

めでたしめでたし

かん!


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:12:29.84 ID:IInTHAyF0
え?


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:14:10.64 ID:Y+N/6eJm0
は?


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:14:52.25 ID:7mxrLfVu0
ん?


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:15:06.19 ID:bBy8aSTV0
n?


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:15:49.52 ID:1ZNYQFs/0
お?


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:28:00.01 ID:oG4xroGl0
んんん…?


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:29:48.60 ID:sHFpHwvE0
は?


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:30:23.33 ID:7mxrLfVu0
なんだこの流れ・・・俺が悪いんですか


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:37:34.81 ID:7mxrLfVu0
続けてもいいんです?


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:38:18.03 ID:iEONZEtS0
続けてください


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:38:18.59 ID:oG4xroGl0
理由なんかいらねぇだろ!はよ


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:44:43.23 ID:7mxrLfVu0
照「それよりも咲? このプリクラは無理やりだよね?」

咲「ち、違うよ?」

淡「嘘ついてもわかるんだよ? サキを舐めればね!」

照「私は舐めなくてもわかるけど、舐めるね?」

咲「ふ、二人とも落ち着いて……」

菫「わかった! 認める!無理やりだって認めるから舐めるな!」

咲「す、菫さん! ありがとうございます!」

菫「いや、もともとは私が悪いんだ……しょうがない」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:48:27.30 ID:7mxrLfVu0
淡「やっと認めたね! でも、いいなーサキとのプリクラ!」

咲「明日撮る?」

淡「うん!」

照「……ねぇ」

菫「どうした?」

照「ここ……なにかいない?」

菫「どこだ?」

照「ほら、ここの咲の肩の部分」

咲「なにも見えないよ……うん、見えないからもう片づけて」

淡「ほんとだー! うっすらピンク色があるー!」

菫「髪の毛の部分みたいだな」

咲「もうしまってよ!」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:51:42.03 ID:7mxrLfVu0
照「い、痛い……しまうから叩かないで……」

淡「怒ってるサキもかわいいなー」

咲「もー!からかってたら怒るよ?」

菫「しかし、暇だな。麻雀でもするか?」

淡「流石にやめといたほうがいいよ……」

照「うん」

咲「私はいいですけど?」

菫「いや、やっぱりやめておこう。私がへこみそうだ」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:56:01.48 ID:7mxrLfVu0
淡「んー、しょうがないからサキペロでもしようかな?」

咲「ちょっと意味がわからないよ」

照「咲、突然ですが問題です。正解したら咲ペロです」

咲「うん。ここじゃやらないからね」

照「わかった。じゃあ今晩が楽しみ」

菫「待て。ちょっと待て」

照「どうしたの?」

菫「いいな? 絶対にするなよ? 絶対だぞ?」

照「わからない」

咲「お姉ちゃん、私、今日泊まるところ決まってるよ?」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 22:59:44.41 ID:7mxrLfVu0
照「え?」

淡「残念テル! サキは私の家にお泊りに来る約束をしていたのだ!」

照「私も泊まる」

淡「いいよー! スミレもいいよ?」

菫「本当か!? ありがとう!」

淡「それでは私はこれから、サキとデートに行ってきます!」

照「だめ」

淡「泊めさせないよ?」

照「行ってらっしゃい」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:00:20.22 ID:PLK3eD000
こうどなしんりせんだなー


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:10:40.84 ID:7mxrLfVu0
淡「それじゃ出発!」

咲「淡ちゃん行くところなんてあるの?」

淡「ないかなー?」

咲「あんまり遠いところは嫌だよ?」

淡「わかってるよー! サキのペースに合わせて歩くから心配なく!」

咲「そんなに気を遣わなくてもいいよ」

淡「ダメだね! サキはもっと大切にしないと……そうだ、大切にしないとね」

咲「淡ちゃん?」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:13:21.48 ID:7mxrLfVu0
淡「大切に……大切にしないと……」

咲「おーい淡ちゃーん?」

淡「ねぇサキ? 行きたいところできたから行こ?」

咲「うんいいよ。でもどこ行くの?」

淡「私の家かな? うん。私の家」

咲「でも、今日泊まるならお姉ちゃんとかも一緒にいたほうが」

淡「だめ! サキは私のなの!」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:19:24.26 ID:7mxrLfVu0
咲「……」

淡「だから、今だけは家で二人っきりでいたいの!」

咲「うん、いいよ」

淡「それからそれから! サキを隅々まで綺麗にする!」

咲「どうやって?」

淡「それはもちろん、サキペロで……」

咲「それはだめ! ほかの方法でお願い!」

淡「むぅ……じゃあ一緒にお風呂入る」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:23:41.41 ID:7mxrLfVu0
咲「それくらいなら……いいかな。うん、人目にもつかないし」

淡「でも、サキを洗う方法は手だからね?」

咲「えー、くすぐったいよ」

淡「大切にしないと!」

咲「あはは……」

淡「それじゃ私の家に行こう!」

咲「そうだね」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:27:09.52 ID:7mxrLfVu0
照「あっ、早かったね」

菫「上がらせてもらったぞ」

淡「え……なんでいるの?」

照「いや、あそこにいても暇だしね」

菫「それなら先に淡の家に行こうという話になってな」

淡「……ま、まぁいいや! よし、サキお風呂に行こう!」

咲「うん、行くよ」

照「はいストップー」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:32:39.80 ID:7mxrLfVu0
淡「なに?」

咲「淡ちゃん落ち着いて」

菫「まず、淡が家に帰ってきたときからお泊り会は始まっている。つまり」

照「私色に染め上げることができる」

咲「お姉ちゃんに菫さん……」

淡「サキー!何か言ってよー!」

咲「私は今から淡ちゃんとお風呂に入るからね?」

照「わかった。なんとなくそんな気はしてた。でも、止めなければいけない気がした」

淡「ふっふーん。サキとお風呂ー」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:40:30.71 ID:7mxrLfVu0
照「うらやましい……」

咲「もう一回夜に入るからその時は……ね?」

照「咲は私の嫁です。ありがとうございました」

淡「私の宝物だよ!」

菫「ダメだ、勢いについていけない……」

咲「頑張ってくださいね」

菫「わかった」


この後、四人は幸せに暮らしました

めでたしめでたし

かん!


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:41:29.68 ID:43CYFsxX0
もういっこ


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:46:04.13 ID:Wq61PgS50
もいっこオナシャス!


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:48:04.24 ID:eRPg8G6x0
まだ行けるって


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 23:53:28.07 ID:7mxrLfVu0
誰かほかに書いてもええで?


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:10:04.78 ID:tOsrb7nZ0
俺が書こうか?


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:11:30.74 ID:xq3+reud0
>>107
はよ


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:18:36.71 ID:rhU/m7ox0
書いてください、なんでもしますから


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:23:04.38 ID:tOsrb7nZ0
淡「それじゃサキ!お風呂へごー!」

咲「うん!」

照「……?」

菫「どうした?」

照「……プリクラが光ってる」

淡「プリクラって朝の?」

照「うん」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:26:31.01 ID:tOsrb7nZ0
咲「無理無理! お化けとか絶対に無理!」

菫「安心しろ。私が守るから」

ペカー!

照「目が! 目が!」

淡「離れててよかったねサキ」

咲「うん」

照「なに? なにが起きたの?」

和「ふふふ……あなたたち三人だけに好き勝手させませんよ!」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:31:29.48 ID:tOsrb7nZ0
咲「原村さん!? どうしてプリクラの中から!?」

和「お久しぶりです咲さん。 どうでしょうか、新しい私は?」

咲「な、なにか変ったの?」

和「オカルトを信じれるようになりました!」

照「やっほ、久しぶり」

淡「おー、副隊長!」

和「お久しぶりです」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:34:43.89 ID:tOsrb7nZ0
菫「だれなんだ?」

和「私ですか? 私の名前は原村和です!」

照「うん。でもなんでプリクラの中に?」

和「そうですね、わかりません」

淡「ほへー、わからないこともあるんだ。でも、今日はもうサキとお風呂入れるのは私って決まってるからね?」

和「なっ! 久々に外に出れたのに!」

淡「残念! ではお帰りください!」

和「そうですね。帰ります、では咲さんまた今度!」


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:39:29.41 ID:tOsrb7nZ0
菫「嵐のような人だったな」

照「あれでも落ち着いたほう。昔は協調性がなかった」

咲「な、なんだったんだろう……」

淡「わからないけど、とりあえずお風呂!」

咲「わわっ、引っ張らないで」

淡「あはは! サキの肌を私が堪能してこようではないかー!」

菫「いいなぁ……」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:42:44.52 ID:tOsrb7nZ0
照「ねぇ菫?」

菫「なんだ、正直、今淡が羨ましくてたまらないんだが?」

照「覗きに行こう」

菫「はぁ!? ダメに決まってるだろ!」

照「ばれなければ問題ない」

菫「いやいや、ばれるだろ!」

照「そう。じゃあ私一人で行ってくる」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:45:02.72 ID:tOsrb7nZ0
菫「ま、待て!」

照「なに?」

菫「お前が行ったら止めなかった私が怒られるかもしれないだろ?」

照「……そうだね。じゃあ咲の脱ぎたての服嗅いでくる」

菫「やめろ……ばれたら一緒に入れないかもしれないぞ?」

照「じゃあやめる」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:47:29.32 ID:tOsrb7nZ0
菫「」ソワソワ

照「落ち着きがない」

菫「じゃあ、本貸してくれないか?」

照「どうぞ」

菫「えーと、姉妹ものばかりじゃないか!」

照「駄目なの?」

菫「いや、しょうがないな」

照「広辞苑もあるよ?」

菫「いらない」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:48:14.40 ID:rhU/m7ox0
広辞苑ワロタ


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:50:57.52 ID:tOsrb7nZ0
淡「いやー!気持ちよかったー!」

咲「あんなに丁寧に洗わなくてもよかったのに……」

淡「せっかく二人っきりになれたんだから、サキの肌を堪能しないとね!」

咲「もー、ってお姉ちゃん寝てるの?」

淡「菫も寝てるね。時間かけすぎちゃったかな?」

咲「そうみたいだね」

淡「悪いことしちゃったなー」

咲「本当にね」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:52:59.68 ID:tOsrb7nZ0
淡「ん……」

咲「淡ちゃんも眠たくなったの?」

淡「うん……」

咲「じゃあ、寝よっか?」

淡「そうするー」

咲「おやすみ、淡ちゃん」

淡「おやすみー……」


この後、五人は幸せに暮らしました。

めでたしめでたし

かん!


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:54:41.70 ID:rhU/m7ox0
おつ


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:59:46.00 ID:NRUYKUFN0
>>1>>107
乙乙


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355915961/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ