Powered By 画RSS


日向「1年D組ー!」 苗木「モノクマ先生ー!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 01:48:42.28 ID:KDQWUHUg0
-
モノクマ「オマエラ、入学おめでとうございます! ボクがモノクマ先生だよ!」

日向「・・・は?」

石丸「な、なんだこのパンダは!?」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 01:52:11.39 ID:KDQWUHUg0
モノクマ「違うよパンダじゃないよ! モノクマだよ~!」

九頭龍「なおさら訳わかんねーよ・・・」

左右田「おいおいおい・・・ 誰か状況を整理してくれ・・・」

葉隠「俺には分かる・・・ ズバリ! これはドッキリだべ!」

弐大「ガッハッハ! そりゃあそうか! パンダが先生なんてありえんからのう!」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 01:56:32.04 ID:KDQWUHUg0
モノクマ「パンダでもないし、ドッキリでもなーい!」

モノクマ「『先生は人間』だなんて、オマエラの勝手な決めつけでしょー!?」
大和田「いや、実際ありえねーだろ・・・」

ウサミ「先生は人間じゃない方がおかしいでちゅ!」

桑田「いやいや、生徒に変なウサギが混ざってる方もおかしくね!?」

ウサミ「『変な』は余計でちゅー!」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 01:59:19.80 ID:KDQWUHUg0
モノクマ「うるさーい! 今からボクに逆らったりした奴はオシオキだからね!」

苗木「オシオキ!? い、いくらなんでも暴力は・・・」

モノクマ「暴力は世間の目が厳しいからね・・・
大量の宿題だったり、反省文を原稿用紙4枚分だったり・・・
まぁ、ボクのその時の気分次第かな!」

澪田「ただの職権濫用っすー!」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:05:34.83 ID:KDQWUHUg0
モノクマ「わかったら全員納得すること!
ボクだってかわいい生徒に罰を与えたくないんだからね!」

十神「・・・フン」

終里「腹減ったなー・・・」

七海「Zzz・・・」

モノクマ「みんな納得してくれたようだね!
じゃ、まずは自己紹介からいってみよー!」
-


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:10:03.58 ID:KDQWUHUg0
あ、見てる人いたらだけどネタバレあるかもです

-
左右田「ったくなんだってんだよ・・・
先生がクマなんて聞いたことねーぞ・・・」

田中「諦めろ・・・ これも因果律の定めだ」

左右田「お前は余裕そうだな・・・」

セレス「そうですわ その場その場に適応していくのも大切ですわよ?」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:20:45.54 ID:KDQWUHUg0
田中「適応、か・・・ そういう事は奴らにも言ってやったらどうだ?」


葉隠「これはドッキリだべ! 俺の占いにそう出たから間違いはねーべ!」

花村「先生がクマなんて・・・ 多分これは夢なんだ・・・」


セレス「・・・遠慮しておきますわ 関わると面倒そうですし」

田中「ふっ・・・同意だ」


葉隠「わかったぞ! これはドッキリの夢なんだべ!」

花村「そ・・・それだっ!」

小泉「あんた達・・・少しは現実を見なさいよ・・・」
-


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:26:57.94 ID:KDQWUHUg0
-
十神「おい、お前」

十神「何だ」

十神「『何だ』じゃない・・・ お前、この俺を馬鹿にしているのか?」

十神「ふっ・・・ 何を言い出すかと思えば・・・ お前こそ」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:31:43.63 ID:KDQWUHUg0
澪田「ストーップ!」

十神「!?」

桑田「お前ら、何を言い争ってるか知らねーけどよぉ・・・」

澪田「このままじゃ読んでる人から見れば、白夜ちゃんが不思議ちゃんっす!」

桑田「はぁ・・・? お前何言ってんだ・・・?」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:37:14.76 ID:KDQWUHUg0
澪田「とにかく、何か打つ手を考えないとダメっすね! ポクポク・・・」

桑田「そもそも何でお前ら二人は同姓同名で見かけも似てんだ?」

十神「そんなこと・・・俺が知りたいくらいだがな」

澪田「伊吹閃いたっす! どっちかにあだ名を付ければ問題解決ノープレっすー!」エッヘン

十神「あだ名・・・だと・・・?」

桑田「まぁそれが妥当だな」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:42:19.95 ID:KDQWUHUg0
十神「俺にはそんなもの必要ない」

澪田「うーん・・・ じゃあこっちの大きい白夜ちゃんを『2号』と命名するっす!」

桑田「んな安直な!?」

2号「2号・・・だと?」

澪田「ありゃ? もしかして気に入らなかったっすか?」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:47:19.84 ID:KDQWUHUg0
2号「い・・・いや、好きなように呼ぶといい」

2号(僕に・・・あだ名・・・こんなの初めてだ・・・)

澪田「気に入ってくれたようでなによりっす! イブキ、カンゲキっす!」

桑田「気に入ってはねーだろ・・・」

十神「ふん、くだらん」スタスタ

澪田「あれ、白夜ちゃーん? ・・・行っちゃったっす・・・」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:53:03.36 ID:KDQWUHUg0
モノクマ「斬新!」

桑田「おわっ! モノクマ!?」

モノクマ「あだ名が『2号』だなんて逆に斬新だね!
斬新オブジイヤーだよね!」


桑田「急に出てくんなよ・・・心臓に悪ぃ・・・」

澪田「あ! モノクマちゃん! こんにちらーっ!」

モノクマ「はい、こんにちは ところで桑田クン、澪田サン、ちょっとお願いがあるんだけど」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 02:57:23.53 ID:KDQWUHUg0
桑田「ん? なんだ?」

モノクマ「今度の授業で使う資料を運ぶのを手伝って欲しいなー」

澪田「いいっすよー! オールオッケーっすー!」

桑田「はぁ? やだよメンドクセー 俺はパスだ」

モノクマ「じゃあ、楽しいオシオキが待ってるよ?」

桑田「ぐ・・・わかったよ! 手伝えばいいんだろ!?」

モノクマ「うんうん、先生は素直な生徒は好きですよ!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:01:18.02 ID:KDQWUHUg0
澪田「たはー! 相変わらずの職権濫用っぷりっすね!」

桑田「ったく何で俺が・・・」ブツブツ

澪田「じゃあ2号ちゃん! 澪田伊吹、行ってくるっす!」ビシッ

2号「ああ」

澪田「伶恩ちゃん、張り切っていくっすよー! おー!」


桑田「だっりぃ・・・ じゃあなー えーっと・・・2号」

2号「あ、ああ」

2号(ふふ・・・面白い人達だ)
-


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:07:18.60 ID:KDQWUHUg0
改行とか色々ミスっててすいません・・・
あと途中で寝ちゃったりしたらすいませぇぇぇぇん!

-
終里「あー腹減ったー・・・」

弐大「ワシもちぃと腹が減ったのう・・・」

弐大「ぬうッ!?」

終里「どうした? 弐大のおっさん・・・ ッ!?」

弐大「終里よぉ・・・ お前さんも感じるかぁ・・・?」

終里「ああ・・・ 感じるぜ・・・ このでっけぇ気を・・・!」


朝日奈「ね? おいしいでしょ!」

大神「ああ、そうだな・・・」

朝日奈「でしょー? 私もこれが一番好きなんだよ!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:12:03.85 ID:KDQWUHUg0
弐大「この弩えれぇ気は間違いない・・・ あやつ・・・たしか大神さくらといったな・・・」

終里「ああ・・・ 一度バトってみてーぜ・・・!」


大神(あの二人・・・ 我に警戒しているのか・・・?)

朝日奈「? さくらちゃん? どうしたの?」

大神「む・・・ いや、なんでもない」

朝日奈(あ、そうだ!)

朝日奈「さくらちゃん、ちょっと待っててね!」タッ

大神「?」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:16:27.15 ID:KDQWUHUg0
朝日奈「こんにちは! えーっと、終里ちゃんに弐大!」

終里「お、おう!」

弐大「応ッ!」

朝日奈「二人共、お腹空かない? ドーナツあるけど食べる?」

終里「おーっ! マジでいいのか?」

朝日奈「いいよいいよー! これ、私のオススメなんだ!」

終里「うめーっ!」

弐大「いやー、すまんのう!」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:21:42.55 ID:KDQWUHUg0
朝日奈「あ、自己紹介がまだだったね
私は朝日奈葵! で、あっちにいるのが大神さくらちゃん!」

終里「知ってるよ さっき全員自己紹介したからな!」モグモグ

朝日奈「あははー・・・ そうだったねー 忘れてたや」

大神「我が大神さくらだ・・・よろしく頼む」

弐大「おお! こちらこそよろしく頼むわい!」

大神(心なしか先程より警戒が解かれたようだな・・・ これも、朝日奈のおかげか・・・)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:23:52.44 ID:SCHQQxLRO
朝日奈ちゃん天使


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:28:11.01 ID:KDQWUHUg0
終里「ところで大神・・・オレと勝負してくれねーか・・・?」

大神「勝負・・・?」

終里「おう! オレは強ぇーヤツと闘いてーんだ!」

大神「・・・断る・・・ 我が拳は人を傷付ける為にあらずだ・・・」

終里「そっかぁー・・・ 残念だなぁ・・・」

弐大(こんな輩を目の前にしても勝負を挑むとは・・・ 成程、肝が据わっておるわい・・・)

朝日奈「あ、ちょっと終里ちゃん・・・ 私のドーナツ知らない?」

終里「あー・・・悪ぃ! 全部食っちまった!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:34:02.09 ID:KDQWUHUg0
朝日奈「えーっ! そ・・・そんなぁ・・・ ううっ・・・」ポロポロ

終里「わ・・・悪ぃ・・・ うまかったからつい・・・」

朝日奈「うえーん!」ダッ

終里「お、おい! 朝日奈っ!」

大神「貴様・・・」

終里「ひいっ」

大神「朝日奈を泣かせたな・・・?」ゴゴゴゴ

終里「い、いや・・・ あれは不可抗力で・・・ だから・・・」

大神「問答無用ッ!」

終里「ギャーッ!」


弐大「強くなれ・・・終里よ・・・」
-


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:42:30.59 ID:KDQWUHUg0
-
~モノクマ劇場~
モノクマ「オマエラ、こんにちは! モノクマ先生だよ!」

モノクマ「・・・え? 設定がおかしい?」

モノクマ「場面が想像できない?」

モノクマ「つっこみ所が多い?」

モノクマ「じゃあ、そんなオマエラによるオマエラのための一言・・・」


モノクマ「こまけぇこたぁいいんだよッ!」
-


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:44:55.70 ID:NbeL2cn30
それは違うよ!


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:47:25.75 ID:KDQWUHUg0
-
大和田「ンだテメェ!?」

九頭龍「何だとコラァ!」

石丸「やめたまえ二人共!」

九頭龍「うるせぇ! 部外者はすっこんでろ!」

日向「お、おい・・・お前ら・・・」

大和田「てめーには関係ねぇだろが!」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:53:01.46 ID:KDQWUHUg0
日向「そ、そうだな・・・」

石丸「まぁ落ち着きたまえ! どうして君達はケンカをしているんだ?」

日向(さすが石丸・・・ こんな時にも冷静でいられるなんて・・・さすが『超高校級の風紀委員』だ・・・)

九頭龍「こいつがいきなり俺にぶつかってきやがったんだ!」

大和田「どこに目ェ付けてやがる! ぶつかってきたのはテメェの方からだろがッ!」ドンッ

九頭龍「くっ・・・!」ヨロッ

ドン

不二咲「いたっ・・・」バタッ


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 03:57:53.40 ID:KDQWUHUg0
大和田「!」

日向「不二咲っ!」

九頭龍「おっ、おい! 大丈夫か!?」

不二咲「いてて・・・」

石丸「不二咲くん! ケガはないか!?」

不二咲「うん・・・大丈夫だよぉ・・・」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:03:55.68 ID:KDQWUHUg0
石丸「・・・これでわかっただろう・・・? 無駄な争いは悲しみしか生まないんだッ!」

九頭龍「チッ・・・」

大和田「くっ・・・ 悪かったよ・・・」

石丸「さぁ、立てるかね?」

不二咲「う、うん・・・ありがとう・・・」


モノクマ「一件落着だね! うぷぷぷ~」

日向(あれ・・・俺いらなかったかなー・・・)
-


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:11:06.90 ID:KDQWUHUg0
-
七海「・・・」ピコピコ

ウサミ「あのー・・・」

七海「・・・」ピコピコ

ウサミ「千秋ちゃん・・・?」

七海「・・・ん? ウサミちゃん・・・いたの?」

ウサミ「ひ、ひどいでちゅ! あちしはずっといたでちゅよ!」

七海「ごめんごめん ゲームに集中してて・・・」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:16:18.90 ID:KDQWUHUg0
ウサミ「・・・千秋ちゃんは他のみんなとお話しないんでちゅか?」

七海「うーん・・・ 私はゲームしてる方がいいかな・・・」

ウサミ「そうでちゅか・・・」

山田「これは七海千秋殿!・・・とウサミ殿ではござらんか!」

ウサミ「あちしはおまけでちゅかー!?」

七海「あ・・・えーっと・・・ 誰だっけ?」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:21:07.90 ID:KDQWUHUg0
山田「はっはっは 冗談キツイですぞー!」

七海「・・・?」

山田「あれ・・・? もしかして本当に僕・・・忘れられてる・・・?」

七海「うん・・・ごめん・・・」
ウサミ「千秋ちゃん・・・ 彼は山田一二三くんでちゅよ! 『超高校級の同人作家』でちゅ!」

七海「あー・・・ そうだったね、たしか」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:24:19.83 ID:KDQWUHUg0
山田「その通りッ! ‘全ての始まりにして終わりなる者’とはこの僕・・・ 山田一二三のことですぞ! ピロリロリーン! 実は僕が同人作家になったきっかけはですなー――」

七海「すぴー・・・」

山田「・・・あれ? もしもーし? ・・・寝てる?」

ウサミ「山田くん・・・ なんだか不憫でちゅ・・・」
-


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:29:28.98 ID:KDQWUHUg0
江ノ島とむくろがあまり良くわからないんで何か間違ってたらすいません・・・

-
江ノ島「いい? 私達が姉妹っていうのは誰にも内緒だからね?」

戦刃「え・・・何で・・・?」

江ノ島「何でも何もないの! 色々と追及されると面倒だからよ!」

戦刃「わ、わかった・・・ 盾子ちゃんがそう言うなら・・・」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:34:22.51 ID:KDQWUHUg0
ソニア「その話、聞かせて頂きました!」

江ノ島「げっ! アンタは・・・」

辺古山「何・・・? お前達、姉妹だったのか」

江ノ島「いや・・・ちょっと・・・」

舞園「へぇ~! 江ノ島さんと戦刃さんって姉妹だったんですね!」

戦刃「え、えっと・・・ 盾子ちゃん・・・?」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:40:26.37 ID:KDQWUHUg0
ソニア「それにしても二人が姉妹だったなんて、驚き桃の木山椒の木です!」

辺古山「ところで、どちらが姉なんだ?」

江ノ島「あー・・・ えーっと・・・」

舞園「あれ? でもなんで姉妹なのに名字が違うんですか?」

戦刃「じゅ・・・盾子ちゃん・・・」

ソニア「あの、お二人は猫派ですか? それとも犬派ですか!?」

江ノ島「・・・う」

舞園「う?」

江ノ島「うるっせぇーんだよぉぉぉぉぉ!!」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:46:21.94 ID:KDQWUHUg0
辺古山「」

舞園「」

ソニア「・・・えーっと・・・」

江ノ島「・・・・・・」ハッ

戦刃「盾子ちゃん・・・?」

江ノ島「~~~~///」カアッ

ダッ

舞園「あっ、江ノ島さん!?」

辺古山「逃げられたか・・・」

戦刃「ま、待ってよ盾子ちゃーん!」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:49:46.96 ID:KDQWUHUg0
ソニア「戦刃さん!」

戦刃「はいぃ!」ビクッ

辺古山・舞園「少し聞きたい事が」
ソニア「お聞きしたい事が」

「あるのだが」「あるんだけど」「あるのですが」

戦刃「ひぃぃぃぃぃ・・・」
-


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 04:55:25.26 ID:KDQWUHUg0
-
西園寺「おい! そこのゲロブタ!」

罪木「ふぇっ!? わ、私のことですかぁ!?」

西園寺「お前しかいねぇだろ!」

罪木「うぅ・・・ 私ゲロブタじゃありませぇーん!」

腐川「あーもう! うるっさいわね!」

罪木「ふゆぅ!?」ビクッ


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:00:36.41 ID:KDQWUHUg0
西園寺「あ? 何だよお前?」

罪木「う、うるさくしてすいませぇん!」

腐川「私は静かに本が読みたいの! い、言い争いなら向こうでしてよ!」

西園寺「はぁ? お前が向こうに行けばいいだろ!」

腐川「な・・・何ですって!?」

ウサミ「ケンカは止めてくだちゃーい!」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:05:35.49 ID:KDQWUHUg0
西園寺「大体お前なんなの? 根暗っていうやつ? キモッ・・・」

腐川「あ、あんただってチビだし変な髪型だしそれに・・・」

ウサミ「あちしは無視でちゅかー!?」

罪木「あ・・・あのっ・・・二人とも・・・!」

腐川「何よッ!」

罪木「ひぃっ! ・・・そ、そのっ・・・ ケンカは止めて、あの・・・お互いの良い所を見つけ合えば・・・」

西園寺「・・・」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:09:45.60 ID:KDQWUHUg0
罪木「きっと・・・ いえ、必ず! 仲良くできると思います!」

腐川「罪木・・・」

罪木「だから・・・もう」

西園寺「ゲロブタは黙ってろ!」
腐川「あんたは黙ってなさいよ!」

罪木「ふぇぇぇぇん!」

モノミ「罪木さんも何だか不憫でちゅ・・・」
-


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:15:25.24 ID:KDQWUHUg0
-
狛枝「えっと・・・ 君はたしか、苗木クン・・・だったよね?」

苗木「あ、狛枝くん・・・」

狛枝「苗木クンはさ、どう思う? この学校・・・このクラスの事」

苗木「まぁ・・・ 先生がクマなんておかしい・・・いや、面白いよね」

狛枝「面白い?」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:19:45.97 ID:KDQWUHUg0
苗木「うん だって、それと『超高校級』って以外は他の学校とあまり変わりはないでしょ?」

狛枝「ははっ・・・ それもそうかもね」

苗木「狛枝くんはどう思ってるの?」

狛枝「そうだなぁ・・・ボクはみんなのような才能や希望を持った人達と居れるだけで幸運・・・」

狛枝「それこそ、ボクの『幸運』の唯一の取り柄だと思うよ」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:25:29.14 ID:KDQWUHUg0
苗木「え? ってことは狛枝くんも『超高校級の幸運』として選ばれたの?」

狛枝「そうだけど・・・ 『も』ってことは・・・」

苗木「うん、実は僕も『超高校級の幸運』として選ばれたんだ」

狛枝「あれ・・・? おかしいな・・・ ボクが聞いたのは『超幸運級の幸運』は一人だけのはずだったんだけど・・・」

苗木「・・・ちょっとモノクマに聞いてみた方が―」

モノクマ「はい!」

苗木「うわっ! モノクマ!?」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:30:45.09 ID:KDQWUHUg0
モノクマ「呼ばれた気がしたので来ちゃいました!」

苗木「あ、ああ・・・ その事なんだけど・・・」

苗木「『超高校級の幸運』に選ばれるのは一人だけだったはずじゃ・・・?」

モノクマ「えーっとですね・・・ その理由教えれません!」

苗木「え? なんで・・・?」

モノクマ「禁則事項です」

苗木「なんだよそれ・・・」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:34:18.25 ID:KDQWUHUg0
モノクマ「ぬぁんだぁその目はぁ! ボクは先生だぞッ!」

霧切「理由なら私が知ってるわ」

モノクマ「き、霧切サン・・・どこでその情報を!?」

霧切「情報も何も貴方の『モノクマブログ』に書いてあるじゃない」

モノクマ「はっ・・・ そうだった」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:36:58.93 ID:sK5nx8zN0
ブログ見れるのか


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:39:20.83 ID:KDQWUHUg0
狛枝「モノクマブログ・・・?」

霧切「ちょっと待って」

カチャカチャカチャ・・・ ッターン!
霧切「これよ」

苗木「えーっとなになに・・・」

モノクマブログ
○月×日

みんなダンガンワー!
今日『超高校級の幸運』の枠に選ばれた人の手紙を間違えて二人に送っちゃった!
てへぺろ!
まぁいっかー!
じゃあねー!


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:43:12.45 ID:8BhpbPbFO
ホントにいいのかなー?


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:44:05.65 ID:KDQWUHUg0
霧切「そういう事よ」

苗木「・・・どうやったら間違えるんだよ・・・」

モノクマ「きゃー! 恥ずかしくてもうお嫁に行けませーん!」

狛枝「ははっ・・・ その間違いで入学できたのも幸運の内・・・って感じかな?」

苗木「ま、まぁそうかも知れないけど・・・」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:48:05.23 ID:KDQWUHUg0
モノクマ「ところで霧切サン」

霧切「何かしら?」

モノクマ「何でそのブログが見られるの?」

霧切「な・・・何でって・・・それは・・・」

モノクマ「だって、そのブログが見られるのは、『モノクマファンクラブ』のVIP会員だけだもーん!」

苗木「ファンクラブ・・・」

霧切「! こっこれは・・・ その・・・ えっと・・・」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:51:56.71 ID:KDQWUHUg0
キーンコーンカーンコーン

モノクマ「さぁ、オマエラ、自分の席についてね!」

霧切(助かった・・・)

狛枝「まぁ、『超高校級の幸運』同士仲良くしようよ、苗木クン」

苗木「うん、そうだね よろしく!」
-


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 05:56:34.79 ID:KDQWUHUg0
-
モノクマ「はい、これから帰りのホームルームを始めます」

モノクマ「仲良くなれそうな友達は出来ましたか? 三年間一緒のクラスだから、死んでも友達を作るように!」

澪田「死んだら友達は作れねーっすよ!?」

弐大「ガッハッハ! そりゃあそうじゃな!」

モノクマ「あと、今日は始業式だから授業はないけど、明日からはちゃーんとあるから、忘れ物をしないように!」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 06:00:12.91 ID:KDQWUHUg0
モノクマ「えーっとあとは・・・ 学級委員は・・・石丸クン! お願いできる?」

石丸「わかりましたッ!」

モノクマ「じゃあ、帰りの挨拶をお願いします」

石丸「では・・・ 起立ッ!」

石丸「気を付けッ!」

石丸「さようならッ!」

モノクマ「はい、ではまた明日!」
-


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 06:00:51.34 ID:sK5nx8zN0
平和だなー(;ω;)


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 06:08:29.83 ID:KDQWUHUg0
モノクマ「さぁ~て、来週のモノクマさんは?」

モノクマ「モノクマです」

モノクマ「花粉症って辛いんだよね! 目が痒いし、鼻水が止まらなくなるし・・・ ま、ボクは全く関係ないから知らないけどね!」

モノクマ「さて、次回は
『葉隠、水晶玉を買う』
『弐大のドキドキ肉体改造』
『モノミ、星になる』」

モノクマ「来週もまた見て下さいね」

モノクマ「ジャン、ケン、ポン!」

モノクマ「うぷぷぷぷ~」


ウサミ「うわぁぁぁぁ! と、とんでもない嘘予告でちゅー!」


終わり


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 06:10:18.25 ID:sK5nx8zN0
>>78
面白かった、乙!


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 06:11:00.73 ID:KDQWUHUg0
支援の方や読んで下さった方々、ありがとうございました!


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 06:11:25.42 ID:8BhpbPbFO
なにさ!なんなのさ!


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 06:11:49.48 ID:SCHQQxLRO
乙!

続編はよ!


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368290922/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ダンガンロンパ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ