Powered By 画RSS


唯「放課後リズムタイム好評稼動中だよ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 17:25:14.20 ID:cjV+2RWDT
唯「あずにゃん放課後リズムタイムやりに行こうよ!」

梓「何ですそれ?」

唯「ははは、またまたぁ~」

梓「いえ、本当に知らないんですけど……」

唯「え……今流行りの放課後リズムタイムを知らないの……?」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 17:29:47.67 ID:cjV+2RWDT
梓「流行ってるんですか?」

唯「そうだよ! ちびっこから大人まで大人気のアーケードカードゲームだよ!」

梓「へぇ」

唯「これはあずにゃんにプレイさせるしかないね」

梓「え、部活は……」

唯「今日はみんなお休みだよ」

梓「えぇっ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 17:36:08.17 ID:cjV+2RWDT
唯「そんなわけでやってきましたダ○エー」

梓「ダイ○ーにそのゲームが置いてあるんですか?」

唯「他にも全国のゲームセンターや百貨店に設置されてるよ。この辺だとここが穴場なんだよね~」

唯「ほらあれが放課後リズムタイムだよ」

梓「子供向けっぽい感じですけど」

唯「ところがどっこいこれがすごいんだよ~」

梓「どんなゲームなんですか?」

唯「音ゲーとカードが融合した国民的ライブゲーム! ファンを増やして全国ナンバー1を目指すんだよ!」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 17:42:01.94 ID:cjV+2RWDT
梓「音ゲー、なんですよね?」

唯「そうだよ~。お金を入れてまずはゲームをプレイするかカードを買うかを選びます」

唯「それから次に好きなキャラを選んでそのキャラで音ゲーをプレイ!」

唯「なんだけどここでICカードが登場するんです」

梓「カード?」

唯「そう! ここに自分のお気に入りキャラを登録しておくこともできるんだよ」

梓「お気に入りキャラ……」

唯「えへへ~私のお気に入りはもちろん……」

梓「や、ちょ、いいですってば////」

唯「私こと平沢唯でーす!!」

梓「……え」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 17:46:45.73 ID:cjV+2RWDT
唯「んん~? どうかしたのかなぁ?」ニヤニヤ

梓「べ、別にどうもしてないですっ!」

唯「……なーんてうそうそ。本当はあずにゃんをお気に入りにしてるんだよね、ほら」

梓「……そ、そうですか」

唯「ICカードを使うとネットランキングにも参加できるし後々説明するスペシャルなこともできるからオススメだよ!」

唯「あずにゃんは誰をお気に入りにするのかな~」

梓「澪先輩で」

唯「……それでですね、次にデータカードを読み込ませます……それから……うっ」

梓「めんどくさい人だなぁ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 17:51:39.49 ID:cjV+2RWDT
唯「データカードっていうのはこれだよ」

梓「あ、私のカード」

唯「これは『中野梓(桜校制服)』。これ1枚でコーディネイトできてるスタンダードなカードだね」

梓「コーディネイト?」

唯「こういう衣装やアクセサリーや楽器カードを組み合わせることでゲーム内のキャラの衣装が変わったりボーナスポイントが入るようになるんだよ! ほら!」

梓「あ……画面の中の私が制服になった」

唯「そしてさらにこの『ネコミミ』を読み込ませる事によってえー……はい!」

梓「に……にゃあ」

唯「カワイイ! こういう組み合わせでポイントが変わるから色々試してみよう!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 17:56:45.05 ID:cjV+2RWDT
唯「そしたらレッツプレイ!」

梓「わあ……私のCGが動いてる」

唯「音ゲーの得点がお気に入りキャラに加算されてそのキャラが1位になるとこのゲーム機のナビゲーションをしてくれるようになるんだよ」

唯「このランキングは毎日リセットされるからどのキャラも1位になれるチャンスがあるんだよ!」

梓「なるほど」

唯「ちなみにこのゲーム機は毎日あずにゃんがナビゲーションしてくれてます……フフ」

梓「な……なるほど」

唯「ではここからがこのゲームのすごいところです!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:01:26.76 ID:cjV+2RWDT
唯「さっきのICカードを使うと放課後ティータイムのキャラの他にも憂や和ちゃんなんかも使えるようになるんだよ!」

梓「の、和先輩まで?」

唯「楽器は楽器カードを使って決められるからね! 私がドラム叩いたりもできるよ! ただし適正があるけど」

梓「唯先輩に楽器の適正なんてあるんですか?」

唯「適性が低くてもキャラを育成していくとそれなりになるんだよ」ポロポロ

梓「ごめんなさい冗談です」

唯「さらに一定のレベルに達すると新たなバンドメンバーを仲間にすることが出来ます!」

唯「3ピースもできるし実際のHTTみたいに5人でも出来るよ」

梓「それは面白そうですね」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:09:17.50 ID:cjV+2RWDT
唯「得点が関係してくるんだけど筐体1位を狙うためとか好きなキャラの為にあえてデュオでずっとやる人もいるけどね」

唯「駅前のゲームセンターはりっちゃんと澪ちゃんがいつも1位か2位なんだよ~」

梓「へぇ~」

唯「さらにですね」

梓「まだあるんですか?」

唯「なんと自分で作ったキャラを桜校に入学させることが出来るんですよ!」

梓「えー!?」

唯「私達というものがありながら……と思うでしょ? だけどこれがまた面白いんだよ~」

梓「そんなこと思ってないですよ……」

唯「自分の作ったキャラでライブをやってポイントを集めたり、ネットで他のプレイヤーとお友達になったりできるのです! 自分のキャラと私達でバンド組んだりとかもできるよ」

梓「そ、そんなことが……」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:17:46.17 ID:cjV+2RWDT
唯「あとはそうだなー……隠し曲とかかな」

梓「隠し曲なんてあるんですか?」

唯「例えばデータカードを読み込ませる時に特定のカードを読み込ませていくとコンボが発生して……」

唯「……ほら! ふでぺんゆいあずバージョン!」

梓「ほ、本当だ!」

唯「そうやって沢山遊んでレベルとポイントを上げて行くと『学園祭』でライブできるようになるんだよ!」

唯「難易度は高いけど成功すればゲーム内アイテムが手に入るんだ~」

唯「手に入れたアイテムで専用サイトにある『部室』に飾ったりいろんな効果があったりするよ」

梓「連動してるのかぁ……よく出来てるんですね」

唯「そして第二弾以降の情報もキャッチしているんですよ」

梓「第二弾? カードが変わるんですか?」

唯「それだけではないのです」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:25:01.02 ID:cjV+2RWDT
唯「第二弾ではなんと『3年2組クラスメイト』も登場するんだよ!」

梓「えっすごい!!」

唯「私が1年の時のクラスメイトとかあずにゃんの友達とかジャズ研も出るらしいよ」

梓「そんなに……!」

唯「さらに曲数と衣装もドドーンとアップ! 第二弾と言うより新作と言ってもいいくらいだよ」

梓「……面白そうですね」

唯「でしょー? 今日もみんなホームグラウンドにプレイしに行ってるしね」

梓「部活休んだ理由これだったんですか!?」

唯「みんなネットランカーだからねー。ランク外は避けたいんだと思うよ」

梓「……」

唯「あとこれは未確認なんだけど第三弾と第四弾の情報もあってね」

梓「はい……」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:31:42.25 ID:cjV+2RWDT
唯「第三弾は『カレッジ&ハイスクール!』」

唯「どうやらライバルバンドとスペシャルライブバトルが出来るみたいなの」

唯「それに勝てたらそのバンドの子が使えるようになるとか……ポイントがすごく溜まりやすいとのうわさもあるよ」

唯「後輩育成モードもついてて今の私達よりももっと自分好みにカスタマイズできるんだって」

唯「原石のあの子をあんな風にしたりとか……」

梓「おお……いいかもです」

唯「第四弾は情報がほとんどないんだけど同時発売の携帯ゲーム機とかスマホと連動したりするらしいよ」

唯「どうあずにゃん? 試しにやってみる?」

梓「やってみるです!」

唯「おっ乗り気だね~」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:39:26.45 ID:cjV+2RWDT
唯「まずはICカードなしで普通にプレイしてみなよ。データカードは私の貸してあげるね」

梓「どもです。えっとまずはキャラ選択…………」ポチ

唯「あれっ、私でいいの?」

梓「……だってこの筐体唯先輩だけポイント入ってなくて最下位じゃないですか」

唯「いやぁーここ穴場すぎて私以外の人がプレイしないみたいでさ」

唯「澪ちゃん達でプレイはするんだけど自分は選ばないから……」

梓「……仕方ないので唯先輩のポイントは私が稼いであげます」

唯「ありがとー」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:42:37.43 ID:cjV+2RWDT
唯「じゃあこのカード使って!」

梓「これは……『和のメガネ』?」

唯「これがねー現行の壊れカードで音ゲーで稼いだポイントが2倍になるんだよね」

梓「なにそれ……」

唯「だからポイントランキングがインフレしちゃっててさー。次の弾になったら間違いなく修正入るね」

梓「でしょうね……曲はどれにしようかな……とりあえずふわふわで」

梓「……あっ」

唯「ん?」

梓「メガネの先輩なかなか可愛いですね」

唯「照れるなぁ」

梓「ゲ、ゲーム内の話ですから」

唯「ちぇー」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 18:47:37.41 ID:cjV+2RWDT
梓「――っと、ざっとこんなもんです」

唯「おお~あずにゃんうまいねえ!」

梓「ふふ」

唯「どうだった?」

梓「面白いです。ICカード使ってやりたいですね」

唯「やったぁリズムタイム仲間がふえたー!」

梓「私もランキング目指して頑張ってみようかな」

唯「それじゃああずにゃんもお友達を誘ってみんなで放課後リズムタイムをプレイしに行こう!」

梓「放課後リズムタイムやってやるです!」



END


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 19:32:23.45 ID:LDWSjKW30

かわゆいあず


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368519914/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ