Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夏「あれ、手紙…?誰からか書いていないな」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/05(日) 23:43:19.70 ID:Da8lsNKJ0
一夏(もしかしてラブレターか?)



『一週間以内に童貞を卒業しなかったら殺す』



一夏「」




142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 16:54:55.61 ID:DG1udl7C0
一夏「一週間以内に童貞卒業って…、俺もう童貞じゃないのになぁ…」ハァ

シャル「一夏どうしたの?」

一夏「あぁ、シャル、こんな手紙が入っててな…」

シャル「えっ…」
(こっ、これは…)

一夏「どうしようかなぁ…、殺されるのはちょっとなぁ…」ハァ
(童貞は卒業してるから、ケツ童貞を卒業しろって事かな?)

シャル(こ、こ、これはもしかして…チャンス?)ドキドキ
「で、い、一夏はど、どうするの?///」

一夏「あぁ、殺されるのは勘弁だから努力はしてみるよ」ハァ

シャル「!?」
(そ、それはつまり、…///)ドキドキ


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 17:09:50.06 ID:DG1udl7C0
シャル「い、一夏?その、もし、良かったら僕が…」モジモジ

一夏「ん?なんか言ったかシャル?」

シャル「え?あ、なん、何でもないよ?ハハ、ハハハ…」
(やっぱり自分から言ったらはしたない女って思われちゃうよね…)ハァ

一夏「そうか?なんでもないならいいけど」

シャル「う、うん、何でもないよ!」

一夏「しかしこんなイタズラするのは誰だ?まったく心臓に悪い…」

シャル「そうだね…、一夏は心当たりないの?」

一夏「全くないから、困ってるんだよなぁ…」ウーン

シャル(もしかして箒、鈴、ラウラ、セシリアの誰かが…?)

セシリア「一夏さーん、何をしてらっしゃいますの?」


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 18:10:21.26 ID:/yqnDTZb0
>>144
弾に頼むしかない


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 18:17:55.57 ID:DG1udl7C0
てか>>144の続きは書かない方がいいよな?

なんも構想練らずに書くのはキツいし

後は皆で妄想してハアハアシコシコするなり興奮して風俗行くなり
リアル彼女とギシアンしてください


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 18:19:31.39 ID:/yqnDTZb0
>>147
弾でケツ童貞卒業してよ


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 18:23:48.82 ID:DG1udl7C0
>>148だが断る!


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 18:26:01.50 ID:/yqnDTZb0
>>149
弾とやってるのを見て女共がもどかしいおもいになる感じにしてよ


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 18:33:19.29 ID:DG1udl7C0
>>150お前…


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 18:33:46.85 ID:2EBURopL0
いいから早く書け


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 18:35:27.60 ID:DG1udl7C0
わかった、ホモは嫌いだから期待すんな

ちょっと待って


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 18:36:48.05 ID:Ki0KjWR10
それを見ていた蘭は・・・


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 18:38:06.96 ID:/yqnDTZb0
わーい!


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:12:21.83 ID:DG1udl7C0
一夏「ようセシリア」

セシリア「お二人ともこんなところで何を…?」

シャル「それは…」

セシリア「まぁ…、これは…」

一夏「ひどい冗談だろ?」

セシリア「ん、んん!こ、これはイタズラにしては悪質ですわね!」

一夏「だろ?でもまぁ怖いから一応行動は起こすけどな」

セシリア「え?そ、それはつまり…」

一夏「童貞を捨てなきゃならない(ケツの)」キリッ

セシリア(こ、これは他のメンバーに知られたら大変ですわ…)
「で、ではとにかく他の方々には黙っておきましょう!」
「無駄な心配を掛けるだけですからね」

一夏「それもそうだな」

シャル「じゃあ僕も黙っとくよ」
(セシリアにだけに任せたら一夏の童貞が危ない!)


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:26:16.92 ID:DG1udl7C0
セシリア「と、ところで…」

一夏「どうしたの?」

セシリア「あ、あの一夏さんはその、お相手はいらっしゃいますの?」モジモジ

一夏「相手?脱童貞(ケツ)の相手って事か?」

セシリア「そ、そんなにはっきり言われてはこちらが恥ずかしいですわ」

シャル「セシリア?何をかんがえてるの?」

セシリア「!?、わ、私はその、クラスメートとして一夏さんの心配を…」

一夏「そっか、悪いなセシリア、まぁ相手はいないが心当たりはあるぞ」

シャル「!?」
セシリア「!?」

シャル「い、一夏!」
セシリア「そ、それは誰ですの!?」


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 19:38:36.18 ID:DG1udl7C0
一夏「?、中学の時の友達だ」

セシリア「ま、ま、まさかその方とは付き合ってますの?」
シャル「一夏、まさか彼女?」

一夏「違う違う!ただの友達だ!」

セシリア「ただの友達にその様な事をお頼みなさるのですか!?」

シャル「そ、そうだよ!好きでもないのに…」

一夏「確かに好きでもない相手に頼むのは気が引けるが…」
(それよりも高校生でホモデビューするのが嫌なんだがなぁ…)

シャル「な、なら、良かったらぼ、僕が相手して、あげようか…?///」

セシリア「シャ、シャルロットさん!?な、何を!?」
「いえ!一夏さん!ここはイギリス代表候補生の私が!」


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:12:44.26 ID:DG1udl7C0
>>142から書いてて>>148の強い要望によりホモスレになりました!

一夏「な!?二人ともなに言ってるんだ!?」

シャル「だ、だから僕がその…、一夏の…」
セシリア「わ、私は仕方なく、クラスメートの為にと…」

一夏「二人の気持ちは嬉しいけどそれはダメだ!」
「第一、二人に手を出したら楯無さんに……あっ……」

シャル「一夏?どうしてそこで会長の名前が出るのかな?」ゴゴゴ

セシリア「説明を要求しますわ」ゴゴゴ

一夏「あれ?言ってなかった…かな?俺、実は会長と付き合って…」

セシリア「シャルロットさん?私は左側を担当しますので」

シャル「じゃあ僕が右側だね?」

一夏「あれ?なんで二人ともIs を展開してるんだ?」


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:21:04.86 ID:DG1udl7C0
シャル「それはどうしてだろうねぇ?」ニッコリ

セシリア「それはこれからのお楽しみですわ」フフフ

一夏「あの?お二人とも?顔が怖いんですけど…」

セシリアシャル「フフフフフ」グワッ

一夏「うわっ(死んだ!これは死んだ!)」




会長「あらあら二人とも?おねーさんの彼氏に乱暴するのは止めてもらえるかしら?」

一夏「楯無さん!」

会長「大丈夫だったかしら?」

セシリア「じゃ、邪魔をしないで下さい!」

シャル「そうです!これは僕たちの問題で!」

会長「あらー?人の彼氏に暴力を振るうのを見逃せと?」
「いくら優しいおねーさんでもそれは無理な相談よ?」
「一夏君は今の内に逃げてね」

一夏「はい!」


170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:30:55.11 ID:DG1udl7C0
一夏「危なかった…、童貞卒業(ケツ)の前に死ぬところだった…」
「今の内に弾に連絡を…」



五反田家
弾(あの手紙で一夏がIs学園の誰かと関係を持って付き合えば)
(蘭も一夏を諦めるだろう…、蘭と一夏が付き合うのは阻止しなければ!)
(ま、まぁ一夏に先を越されるのはシャクに触るがこればかりは仕方ない!)

蘭「おにぃ!お茶持って来て!」

弾「はいはい、ったく人の気も知らずにこいつは…」

♪イチオクトニセンネンマエカラアイシテルー♪

弾「誰から……って一夏!?」
「もしもし、どうした?」

一夏「弾か?いきなりですまんがちょっと相談したい事があってな…」
「今から行っても大丈夫か?」


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:46:42.10 ID:DG1udl7C0
五反田家

弾「一夏久しぶりだな!どうしたんだ急に?」

一夏「あ、あぁ、まずはこれを見てくれ」カサ

弾(あれは!どうやら効果は抜群らしいな…)
「なんだこれ?『一週間以内に略』だと?」

一夏「そうなんだよ?それで今困り果ててな?」

弾「確かにお前、中学の時に誘拐されたし、ちょっとこれはなぁ…」

一夏「だろ?だからただの冗談とは思えなくてな…」ハァ

弾(よし!これは…)
「そ、そうか、でもお前の学校女ばかりだしモテモテのお前なら大丈夫だろ?」
「誰か付き合えそうな奴の一人や二人いるだろ?」

一夏「いや、それがな?俺もう彼女もいるし童貞じゃないんだよ」

弾「なぬ!?」


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 20:58:44.10 ID:DG1udl7C0
弾「お、お前いつの間に…?」

一夏「あれ?言ってなかったか?生徒会長と付き合ってるって」

弾「ってあの虚さんの友達の!?」

一夏「うーん、正確には友達とは違うかも知れんが…まぁそうだ!」

弾「なんで、いつもお前ばかり…って既に童貞じゃないだと!?」
「じゃあなんでお前は悩んでるんだよ?自慢か!?自慢なのか!?」

一夏「落ち着けよ!恐らくこれを送ってきたのは俺を誘拐した奴等だと思う」
「何のためかはわからんが、俺は童貞を卒業しなくちゃいけない」
「だからここに来たんだ!」

弾「い、一夏?言ってる意味がわからないんだが…?」

一夏「つまりあの手紙はケツ童貞を卒業しろって事なんだと思う!」

弾「なるほど…、ケツ童貞か…ってだからそれでなんでここに来たんだ!?」


179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:08:18.82 ID:DG1udl7C0
一夏「俺だってこんな事をしたくない!だが命が掛かってるんだ!」キリッ

弾「い、一夏?落ち着けよ?なんでIs を展開してるんだ?なんで俺ににじりよって…?


一夏「こんな事を頼めるのはお前だけなんだ!」ガバッ

弾「!!!」

一夏「すまん弾!大人しくしていてくれ!」

弾「ちょ、ちょっと待て一夏!あの手紙は実は俺が、ア゛ッーーーーー!」ズブッ

ガチャ

蘭「おにぃ!うるさい!てかさっさとお茶を………えぇ一夏さん!」
「ていうか…、え?一夏さんとおにぃが?え?」

一夏「よ、よう蘭、久しぶりだな?」

弾「ら、蘭?助けてくれ…?」


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:16:28.61 ID:DG1udl7C0
蘭「……………おにぃ?」

弾「蘭?どうした?早く助けて…」

蘭「あんた、私と一夏さんがくっつかないようにって、そんなことまでするの!?」

弾「えぇーーーーー………?」

一夏「いや?蘭?これには深い訳が…」

蘭「一夏さんは悪くありません!全てはこのアホ兄の…」ゴゴゴ

弾「蘭?俺は被害者なんだが…?」

蘭「ギロっ」

弾「ひっ!」



一夏(今の内に逃げるか…、一刺ししかしてないがこれでケツ童貞も卒業だ)
(なんとか要求も果たしたから命の危険はないだろう…)


おしまい


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:19:09.48 ID:DG1udl7C0
一応終わらせました!

文句、異論は認める…

ただホモスレ+蘭登場を望んだのは>>148なんで!


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:19:13.02 ID:/yqnDTZb0
くそう…もっと可愛い弾きゅんが見たかった…


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:20:07.65 ID:/yqnDTZb0
だが!なかなかドキドキしたぜ!乙


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/06(月) 21:27:11.66 ID:Ki0KjWR10
よく頑張ったなwww





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「IS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。