Powered By 画RSS


美希「フォトヒーロー」

1 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 21:18:18.85 ID:zsFgerQl0
「おにーさん! 写真、とって!」

 近所のお兄さんは、ミキにとってヒーローだったの。
 魔法のカメラで、綺麗な写真をいっぱい撮ってくれる、ヒーロー。

「よーし、じゃあそこに立ってみようか」

「はいなの!」

 ミキのヒーローは、いつもいつでもひとりだけ。
 素敵なカメラのお兄さん、その人。
 ずーっと続く初恋の相手で、それはいまも同じ。
 7歳離れてるなんてカンケーないよね。

 パシャリ――って、今日も一枚。
 その一瞬を切り取って、永遠に残してくれるんだ。




2 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 21:25:20.09 ID:zsFgerQl0
 カッコイイカメラを持って、そのへんの景色を撮るお兄さん。
 最初は何が楽しいのか、分からなかったの。

「ねえ、おにーさん」

「ん?」

「それ、なにが楽しいの?」

 子供だったし、純粋に聞いちゃってた。傷つけちゃってたのかもね。

「うーん……ちょっと待ってくれ」

 お兄さんはミキを連れて走って……おうちに。
 ミキの家の4軒先、2階のいちばん奥の部屋。

 カメラとプリンターを繋いで、何かカメラをいじっている。


3 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 21:30:34.38 ID:zsFgerQl0
「……?」

 プリンターがヘンな音を出して、紙を吐き出す。

「ほら、見てごらん」

「わぁ……!」

 お兄さんが渡してくれたその写真用紙には、綺麗な雲。
 目で見るより、ずっとずっと青い空。

「俺は、こうやって、綺麗な風景を永遠に残すのが、好きなんだ」

「きれいな風景を、永遠に」

「そう。ミキもいつかは分かるさ」


4 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 21:36:51.70 ID:zsFgerQl0
「ミキ、これあげるよ」

 だから、ミキが中二になった春、大切にしていた一眼レフをあげるなんて言われた時には、
 少し戸惑って……腹が立ったの。

「なんで……?」

「俺には、もう必要のないものだから」

 5日前に部屋に遊びに行った時には、こんなに物が散乱してなかったし……、
 なにより、カメラの角にキズなんて、ついてなかったの。

 あんなにカメラを大事にするお兄さんが、どうして?

「なんで、いらないの」


5 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 21:44:07.46 ID:zsFgerQl0
「写真に興味がなくなって」

「ウソだよ」

「……ウソじゃない」

「キョーミないなら、このカメラだって捨てるでしょ?」

「ミキ、カメラ好きだろ」

「ううん」

「……え?」

 ミキは首をおもいっきり横に振った。
 お兄さんの言ったことが間違っていたから。

「ミキ、カメラを持って楽しそうにしてるお兄さんが好きだから」

「……」


6 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 21:54:16.99 ID:zsFgerQl0
「……ねえ、お兄さん」

「……なに」

「ミキ、聞いてないことがあるの」

「え?」

「コンクール」

「……」

 5日前、この部屋でお兄さんは言った。
 有名写真コンクールの最終選考に残った、って。

 そこで賞をとる、って言ってたよね。

「ねえ、お願いなの」

「……え」

「カメラのこと、大切にしてよ」



8 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:03:20.83 ID:zsFgerQl0
「俺、賞を逃したんだ」

「……」

 だから、今までの写真が全部ズタズタに引き裂かれて、床にぶちまけてあるんだね。
 だから、何よりも大切にしていたはずのカメラにキズが付いているんだね。
 だから……。

「……ミキの写真で」

「…………うん」

 ミキ、被写体になったの。
 お兄さんが賞を取れるように。

「……もう、だめなんだよ」

「え……?」

「俺は、カメラを使うべきじゃないんだ」


9 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:10:07.44 ID:zsFgerQl0
 結果は、最下位。もちろん、最終選考に残った中で……だけど。
 選考委員会のオジサンには、「被写体の良さが活きてない」って言われたんだって。

 だから、こんなにお兄さん、自暴自棄になってたのかな。
 昔から知ってるから、すごく悲しかったの。

「……イヤだ」

「な……」

「このカメラは、お兄さんのものだから」

 ミキ、お兄さんの写真大好きなのに。
 世間の評価なんて、所詮そんなもんだってその時に思ったんだ。

「……ミキ、15歳の誕生日に、貰っていい?」

「……ああ」

「だから、それまで――」


10 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:18:47.40 ID:zsFgerQl0
 その間に、いろんなことがあったな。
 キンパにして、今まで以上にお洒落も研究した。特に意味はないけどね。
 そして……アイドルの候補生になったの。

「なあ、美希」

「ん?」

「何撮ってるんだ?」

「写真だよ?」

「いや、見りゃ分かるぞ」

 アイドルユニットとしてもデビューして、いま結構ミキは有名なの。
 アイドル仲間ともいい関係かな。

「どのような写真を撮っているのですか?」



11 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:22:18.58 ID:zsFgerQl0
「お花だよ」

「この花、ですね」

「ロマンチストだなー、美希」

「響、茶化さないでよっ」

 腰に手を回された。

「他には、どのような写真を?」

「うーん、特にこれといってはないけど……」

「はい?」

「お散歩してて、キレイだな、とか。カワイイの、とか思ったらパシャっとね」

「良ければ、他の写真も見せていただけませんか?」

「うん、いいよー」

 一眼レフ、写真閲覧モードに切り替える。


12 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:36:10.76 ID:zsFgerQl0
「ほう、これは素晴らしいですね……」

「貴音、分かる? さすがだねー」

「綺麗だなぁ、このたんぽぽ」

「ん?」

「えっ、これたんぽぽじゃないのか?」

「いや、おにぎりだけど……」

「そっちがメイン!?」

「ふふっ、美希のことですから、両方が主張し合ったのでしょう」



13 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:37:44.03 ID:zsFgerQl0
 ピッ、と画像の切り替え。

「これ……プロデューサーだぞ」

「そして、小鳥嬢ですか」

「うん」

「うまいなぁ、美希」

「ミキには、写真のコーチがいるから」

「コーチですか?」


14 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:44:00.91 ID:zsFgerQl0
「うん! ミキに写真の撮り方、教えてくれるんだ」

「ぜひお会いしたいものですね」

「自分も、こんなに上手く写真撮れるなら、教わりたいぞ」

「残念だけど、お断りなの」

「えー……?」

「何故ですか……?」

「お兄さんは、ミキだけのコーチだから」

 2人はきょとんとしてたの。
 でも、それは本当なの。多分、お兄さんはミキにしか教えないって思うな。

 このカメラを使う、ただひとりの後継者だから。


15 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:45:46.77 ID:zsFgerQl0
「美希ー、そろそろ向かうぞー」

「はいなのー」

「じゃあね、美希! 頑張れよっ」

「それでは、お気をつけて」

「うんっ! それじゃ、また後で」

 2人に挨拶をして、ハニーの元へ。
 事務所を出て、下に停めてあった車の助手席に乗り込んだ。



16 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:48:34.63 ID:zsFgerQl0
「……~♪」

「美希、何を撮ったんだ?」

「これだよ」

 エンジンをかける前のハニーに、写真を見せる。

「おっ、なかなか上手いじゃないか」

「トーゼンなの!」

「さ、出発するか」


17 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:53:22.90 ID:zsFgerQl0
「ねぇ、ハニー」

「ん?」

「ハニーのカメラ、今度見せてね」

「お前の写真ばっかりだよ」

「アハッ、ケッコー問題発言だね」

「プロデューサーとしては、まぁ危険人物だろうなぁ」

「でも、ミキもプライベートの写真を撮ってもらうの、ハニーだけだから」

「おう、光栄だよ」


18 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:56:42.53 ID:zsFgerQl0
 ハニーの鞄には、今もカメラが入ってる。デジカメだけど。
 そして、被写体はミキなの。

 それは昔からずっと、ずうっと同じ。

「……ねぇ、お兄さん」

「お、随分と久しぶりな呼び方だな」

「カメラ、もう捨てたりしないよね」

「当たり前だよ。俺は世間の評価より、美希を撮れたらそれでいい」

 ハニーは気づいたんだって。世間に評価されるために写真を撮りたいんじゃない……って。
 周りの風景の一部を切り取ることが好きだ、って。

 だからこそ、プロデューサーになったのかも。

「……お兄さん、ミキのこと……これからもキラキラさせてね?」

「ああ、勿論!」

 ね、お兄さん。
 ミキのこと、そのレンズで捉えて……ずっと、キラキラさせてね。


19 : ◆K8xLCj98/Y 2013/05/27(月) 22:57:54.75 ID:zsFgerQl0
 美希にカメラを持たせて、撮った写真を見てみたいです。
 お読みいただき、ありがとうございました。お疲れ様でした。


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/27(月) 23:14:08.61 ID:lggT/fDoo
こういうの好きなの
乙!


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/28(火) 01:03:32.03 ID:knxe3KQSO
乙なの。
布団の中でほっこりできたの。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369657098/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ