Powered By 画RSS


歌唄「あたし、あむのことが好き!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 21:34:32.88 ID:722QuXEq0
あむ「…えーと、今なんて?」

歌唄「アンタ…あたしにあんな恥ずかしい台詞を何度も言わせる気なの?」ギロッ

あむ(あれっ、今あたし告白されてるんだよね?)

歌唄「だからっ…!アンタが好きだって…言ってるの!」カアァ

あむ「は…」

あむ「はいぃぃぃっ!?」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 21:38:39.69 ID:722QuXEq0
あむ「ちょ、ちょっと待って!それって友達としてじゃなくて…」

歌唄「こっ…恋人としてよ」

あむ「でもでも!私は女で歌唄も…」グルグル

歌唄「私は少し前まで実の兄に欲情していた人間よ!そんな常識は通用しないわ」ビシィッ

あむ(なんか開き直ってるし…)

歌唄「…とにかく、返事を聞かせなさいよ」

歌唄「さっきから心臓がうるさくて堪らないの」ドキドキ

あむ(あぁーっ!もう、それはこっちの台詞だってば!)ドキドキ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 21:42:15.52 ID:722QuXEq0
あむ「えーっと…じゃあ告白の返事だけど…」

あむ「私、今はイクトと唯世くんのどっちが本当に好きなのか決められなくて…歌唄にまで告白されてますます自分の気持ちがわかんないんだ」

歌唄「……そう」

あむ「だからさ、本当の気持ちを確かめるために…」

あむ「今度の日曜、デートしよ!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 21:47:26.37 ID:722QuXEq0
歌唄「…えっ」キョトン

あむ「ほら、今までイクトを探すためとか目的が無ければ一緒にいなかったじゃん?」

あむ「だから、ちゃんと一緒にいることで見えるものもあるかなー…みたいな」アハハ

歌唄「わかった!」

あむ(即答!)

歌唄「きっと、最高のデートにして…アンタを惚れさせて見せるから!」

あむ「うんっ!楽しみにしてるね!」ニコッ

歌唄「……っ!」ドキッ


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 21:50:52.75 ID:722QuXEq0
~あむの部屋~

あむ「って、言っちゃったけど…」

あむ「どーしよー!」ガーッ

ラン「それにしても、よくキャラチェンなしであんなに落ち着いていられたね」

スゥ「流石、2人の男の子を虜にしたあむちゃんですぅ~」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 21:54:19.08 ID:722QuXEq0
あむ「だぁー!うるさい!とにかくあの場は返事を先延ばしにするしか出来なかったんだって…」

ダイヤ「あむちゃんらしいわね」クスクス

あむ「あれっ、そういえばミキは?」

スゥ「ミキなら一生懸命あむちゃんと歌唄ちゃんの薄い本を描いてますぅ~」

あむ「………」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 21:59:33.16 ID:722QuXEq0
ダイヤ「それで、あむちゃんはどうしたいの?」

あむ「どうって…」

あむ(たしかに今まで歌唄とはライバルみたいな関係で気になることはあったけど…)

あむ「…女同士だしなぁ」

ラン「やっぱそこだよね…」

あむ「いや、でも!歌唄がホンネぶつけてくれたんだし…私もそういう常識とか抜きでホンネで返事したい!」

ミキ「その意気だよ、あむちゃん!百合は芸術だよ!」ゴォッ

ラン「あっ、ミキいたんだ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:04:20.89 ID:722QuXEq0
~日曜日~

歌唄「………」キョロキョロ

あむ「うーたう!」ヒョコッ

歌唄「なっ!?…後ろからなんて卑怯よ」

あむ「ごめんね、待たせちゃった?」

歌唄「いえ、私も今来たところ」ニコッ

あむ(うわーぉ…スマイル100割増しだ)


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:10:07.52 ID:722QuXEq0
歌唄「…あむ」ギュッ

あむ「は、はいっ!」ドキッ

あむ(い、いきなり腕組むとかレベル高すぎ!)ワタワタ

歌唄「ちょうどこの近くに美味しいカフェがあるから、まずはそこに行きましょ」ギューッ

あむ「…うん」ドキドキ

あむ(流石兄妹!これはイクトと同等…)

あむ(…いや、それ以上に攻め攻めだーッ!)


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:16:39.54 ID:722QuXEq0
~カフェ~

あむ「そういえばイルとエルはいないんだね」

歌唄「流石にデートにまで連れて来ないわよ。あむもしゅごキャラは置いて来てるじゃない」

あむ「あたしのほうはみんなが空気を読んでくれたというか…」アハハ

あむ(みんなが全力でミキを抑え込んでくれたというか…)

店員「お待たせしましたー」

歌唄「ほら、来たわ。冷めないうちに飲むわよ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:22:08.88 ID:722QuXEq0
あむ「ん…美味しい!」

歌唄「ふふ、よかった」

あむ「ここ内装もオシャレだし…歌唄のお気に入りのお店?」

歌唄「いえ、この間取材の場所に指定されただけ。私は好きじゃないけど、あむなら喜ぶと思ったから…」

あむ(あれ…なんだろ?歌唄から感じたことのない違和感が…)

歌唄「…気に入った?」

あむ「あ、うん!ありがとう歌唄」ニコッ

あむ(…気のせいだよね)


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:27:54.42 ID:722QuXEq0
あむ「あー、美味しかった!次はどこ行くの?」

歌唄「次はあそこよ」ビシィッ

あむ「あれって…」

~~~

~ゲームセンター~

歌唄「はい、取れたわよ」

あむ「すごい!ありがとう歌唄!」

歌唄「別に大したことじゃないわ」フイッ

あむ(歌唄も普通だし、さっきの違和感はきっと私の勘違いだよね…?)


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:31:48.16 ID:722QuXEq0
あむ「でも意外。歌唄もこういうとこ来たりするんだ」

歌唄「…ゲーセンなんてあたしは初めてだけど?」キョトン

あむ「えっ…でも、さっきあんなに上手く…」

歌唄「ちょっとコツを掴んだだけよ。それだけ」

あむ「そうなんだ…」

歌唄「そ、でもそんなことより取れてよかったじゃない」ニコッ

あむ「そだね…ありがと…」

あむ(やっぱり…何か変)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:36:11.54 ID:722QuXEq0
歌唄「もう正午ね」

あむ「ねぇ、歌唄。お昼は…」

歌唄「問題ないわ。この間あむの喜びそうなとこを見つけて…」

あむ「こんなの…」

あむ「こんなの歌唄らしくないよっ!」

歌唄「……!」

あむ「あたしに遠慮ばっかして歌唄が全然楽しそうじゃないし!」

あむ「ホンネを見せあえないんじゃデートの意味ないじゃん!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:45:05.00 ID:722QuXEq0
歌唄「…そんなのわかってるわ。わかってるけど…」

歌唄「あたしはこのままじゃ唯世やイクトに勝てない…」ジワッ

歌唄「あむに選んで貰えないから…っ!」ポロポロ

あむ「…選ぶとか選ばないとか意味わかんないし」スッ

あむ「恋ってのは自分の最高だと感じた人を『好きになる』だけじゃん」

あむ「あたしなんかより歌唄のがずっと知ってるはずでしょ?」

歌唄「あむ…」グスッ


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:48:12.29 ID:722QuXEq0
あむ「それじゃ、この前のラーメン屋でも行こっか」

歌唄「でも…」

あむ「あたしは遠慮ばっかりの歌唄よりも…いつもみたいに素直じゃなくて憎まれ口叩いてくる歌唄のが好きだけど?」ニヤッ

歌唄「……ふふっ、随分言ってくれるじゃない」ニヤッ

歌唄「いいわ、あたしらしいデートを見せてあげる。でも…」

あむ「?」

歌唄「アンタについて来られるかしら?」フフッ

あむ「上等!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:53:25.46 ID:722QuXEq0
~~~

あむ「あー、楽しかった!」

歌唄「本当に?ラーメン屋に映画にCDショップ…あたしの行きたいところしか行ってないけど」

あむ「でもさ、映画はあたしの観たいのにしてくれたし、CDショップではオススメ教えてくれたじゃん」

あむ「歌唄は自分の好きな場所であたしも楽しませてくれた…これって、大成功のデートじゃないの?」

歌唄「そういうことなら…いいけど」フイッ

歌唄(なんか今日はあむのペースに乗せられてるみたいで気に入らないわね)チラッ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 22:58:19.21 ID:722QuXEq0
歌唄「あっ」

あむ「どしたの?」

歌唄「あむ…今日は遅くなるって家に伝えたのよね?」

あむ「うん、伝えたけど…」

歌唄(最初は2人で夜景を見るつもりだったけど…こっちのほうがよりあむを虜にできる!)グッ

歌唄「あむ。疲れてきたし、ちょっと休憩していくわよ」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 23:03:59.19 ID:722QuXEq0
あむ「…って言われて了承したあたしも悪いけど」

あむ「ここ、ホテルじゃん!」

歌唄「うるさいわね。ホテルって言ってもビジネスホテルでしょ」

あむ「そうだけど…」

歌唄「どうでもいいけど、話はまずシャワーを浴びてスッキリしてからよ」シャッ

あむ「…わかった」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 23:08:11.59 ID:722QuXEq0
あむ「シャワー終わったけど…」

歌唄「………」スー

あむ(寝ちゃってる)ポフン

歌唄「………」

あむ(流石アイドル。髪キレーだし顔も整ってて…あたし、こんな子に告白されたんだ)スッ

歌唄「………」ピクッ

あむ「ヤバっ……起きた?」

歌唄「………」スー

あむ「…セーフ」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 23:14:08.81 ID:722QuXEq0
あむ(黙ってれば超絶美人なのに、口開いたら憎まれ口ばっかで…)

あむ(…でも、そんな素直になれないところが似てる気がして、あたしは歌唄に惹かれてったのかも)

あむ「あたしも…歌唄のこと好きになっちゃったみたい…」ナデナデ

歌唄「!」バッ

あむ「わあぁぁぁっ!歌唄起きてたの!?」ズザザッ

歌唄「あむ…今のって…!」

あむ「………」カァッ


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 23:21:17.16 ID:722QuXEq0
あむ「あたし、自分だけで考えてたら気づけなかった…唯世くんとイクトとの関係に答えを出せなかったのは、どっちも正解じゃなかったからだったんだ」

あむ「でも、歌唄が告白してくれてようやくわかった」

あむ「私は歌唄が…好きっ!」

歌唄「あむ…」

歌唄「あむーーーっ!」ガバァッ

あむ「うわあっ!?」ボフンッ

歌唄「あむ…あむ~…」ゴロゴロ

あむ(わー…声甘々…)


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 23:27:28.84 ID:722QuXEq0
歌唄「…と、甘えるのはこれくらいにして」シュルッ

あむ「へっ?」

歌唄「晴れて恋人同士になったわけだし、最後までヤッても問題ないわね」ゴゴゴゴゴ

あむ「ちょっと待って、まだ心の準備が…ムグッ!」チュッ

歌唄「ん…」チュルッ

あむ「…ふぅ……ぷあっ…」ハァハァ

歌唄「どう、気持ちよかった?」

あむ「……ん」コクッ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 23:33:23.39 ID:722QuXEq0
歌唄「じゃ…今度は…」サワッ

あむ「ひゃっ!歌唄…そこはくすぐったいだけだって」バッ

歌唄「えっ、わかった…ならここ…」スッ

あむ「ふぅっ…!そこもくすぐったいよっ…!」ジタバタ

歌唄「そんな…」

歌唄(あむを気持ちよくしてあげたいだけなのに…あたしには出来ないの…?)ジワッ


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 23:41:03.92 ID:722QuXEq0
?『諦めないで!私がもう一度だけ力を貸してあげる』

歌唄(…誰?)

?『大丈夫、あむちゃんの気持ちいいところは全部知ってるから』

歌唄(………)

歌唄「あたしのココロ、アンロック(解錠)!」ピカッ

あむ「えぇっ!?」

D歌唄「キャラなり!ダークジュエル!」

あむ「えええぇぇっ!?」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 23:47:27.53 ID:722QuXEq0
D歌唄(ダイヤだったのね。気づかなかった)クスッ

ダイヤ『歌唄、笑ってる暇はないわ!すぐにあむちゃんの性感帯を!』

D歌唄(………)コクンッ

あむ「ちょっと、歌唄…ひゃっ!?」ビクンッ

D歌唄「あむ…気持ちいい?」ススッ

あむ「んっ…あぁ…っ!」

あむ(なにこれ…!あたしがいつも自分でする場所を的確に)

あむ(なのに、歌唄が触ると自分で触るより…)

あむ「気持ち…いいっ…」ハァハァ


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09(日) 23:55:00.23 ID:722QuXEq0
D歌唄「ごめんね、あむ」

あむ「なに…?」ビクッ

D歌唄「あたしは女だからアンタとひとつになることは出来ない……けど!」ツプッ

あむ「はあぁっ…!」ビビクン

D歌唄「その分たくさん気持ちよくしてあげるから」クチュクチュ

あむ「ひぅ……もう…限界…っ!」ビクッ

D歌唄「わかった、一気にイかせてあげる…」スゥッ

D歌唄「グリッターパーティクル!」ジュプンッ

あむ「あっ…ふああぁぁぁっ!?」ビクッビクンッ


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 00:01:15.24 ID:80QQCVIH0
歌唄「ミルクあっためてきたわよ」スッ

あむ「ん、ありがと」

歌唄「ふぅ…」ゴクッ

あむ「…なんか歌唄、さっき妙に手慣れてなかった?」

歌唄「アイドルには色々秘密があるのよ」ゴクゴク

あむ「言っとくけど…浮気とかしたら許さないから」ズズ…

歌唄「それはこっちの台詞ね。あたしの好きな人はいつも1人だけよ」

歌唄「いまも、そしてこれからもずっと……アンタだけなんだから」フイッ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 00:06:43.72 ID:80QQCVIH0
あむ「…そっか」

歌唄「…そうよ」

あむ「ねぇ…」

歌唄「?」

あむ「…キス、していい?」

歌唄「…うん」スッ


チュッ


―完―


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 00:19:34.72 ID:80QQCVIH0
支援レスありがとうございました!

しゅごキャラ百合は歌唄、あむ、やや、りまくらいしか候補いないからキッツい

けど、いつか他のカプも書きたいな

では、またどこかのスレで


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 00:27:09.04 ID:DJIa5RCk0
おつ


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370780843/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ