Powered By 画RSS


姉「ふ……っ……ん……」弟「まだでしょうか」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:25:10.43 ID:JouWmmUf0
ガチャ

弟「まだですね」

姉「……お姉ちゃんが入ってるので閉めたまへ」

弟「小便がしたいのです」

姉「おとなしく待っているといいのだ」

弟「……」

姉「……おしっこがでなくなるからお尻を見つめないようにすべし」

弟「……」

姉「……」

弟「ほんとにおしっこ?」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:27:01.86 ID:JouWmmUf0
姉「おしっこだからさあ外で待ってるのだ」

弟「漏れるといけないので念のため中で待ちます」

姉「……」

弟「……」

姉「……」

弟「……」

姉「……ほんとはうんこです」

弟「それでも中で待ちます」

姉「何故勃ってるのかね?」

弟「見てるからです」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:28:23.10 ID:JouWmmUf0
姉「では目をつぶるとよかろう」

弟「はい……」

姉「……」

弟「……」

姉「……」

弟「……ますます興奮してきました」

姉「ふむ……何故お姉ちゃんに欲情するのかね?」

弟「女の人の局部に姉もへちまもありません」

姉「では顔を見せてお姉ちゃんだとわかれば興奮がおさま……ってないのは何故だね?」

弟「姉の局部であれば尚更興奮するのは弟として当たり前なのです」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:30:41.27 ID:JouWmmUf0
姉「迅速に鎮めたまへ」

弟「では失礼して」

カチャカチャ

姉「何故見せる」

弟「見せるために出したのではありません」

姉「お姉ちゃんは無防備なので危機感を覚えるのだ」

弟「紳士は襲いなどしません」

シコシコシコ

姉「うむ」

シコシコ……ッピュ

弟「鎮まりました」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:33:54.13 ID:JouWmmUf0
姉「ぜ、全然鎮まっておらぬではないか」

弟「申し訳ありません」

姉「しかも何故お姉ちゃんの後頭部へ排出を……ううベタベタしている」

弟「そこがベストポジションだったのです」

姉「危機感が高まってきたのだ」

弟「姉が早く出すといいのです」

姉「恥ずかしいので無理ではないかと」

弟「恥ずかしいですか?」

姉「極めて」

弟「気になさらずに」

姉「……足がしびれてきたのだ」

弟「尚更早く出さなくてはなりません」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:35:38.37 ID:JouWmmUf0
姉「しかしお姉ちゃんは見られたくないというジレンマ」

弟「八方塞がりですね」

姉「貴殿が退出するだけでよいのだが」

弟「それは叶いません」

姉「何故か?」

弟「見ていたいからです……穴が空くほど」

姉「むず痒くなってきたのは何故か」

弟「それは排便欲です」

姉「否」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:39:13.44 ID:JouWmmUf0
姉「……耳をふさぎなさ 弟「塞ぎません」

姉「あの、耳を」

シーショーショワー

姉「……むぐぐぐぐぐぐ」

弟「……」

チョロチョロチョロ

姉「……ううううう」

弟「……」

チョポポポ……チョロン

姉「……もうやだ」

弟「生きててよかったとはこのことです」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:40:41.94 ID:JouWmmUf0
ガシ

姉「あ、あぅ何故後ろから抱きつくのだ」

弟「愛おしくなりました」

姉「何をおしりに擦りつけておるのじゃー!」

弟「ナニです」

フニャ

姉「わ、わ、胸を触るでないっ」

弟「ノーブラだったのですね、驚きました」

姉「家の中は自由の国なのだ」

弟「柔らかくて気持ちいいです」

姉「こ……ぅ……れ……うひっ」

クニ


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:43:40.38 ID:JouWmmUf0
弟「やはり乳首は特別な感じですか?」

クニクニ

姉「あぅあぅ……ひゃうっ……しくしく……お姉ちゃんは襲われておるのでは?」

弟「いいえいいえ、これはスキンシップです」

クニュクニュ

姉「あ、そこは触っちゃダメっ……っぁ」

弟「ただの陰核です、気になさらずに」

姉「足が足が……もうダメ」

ヒョイ

姉「何故、なな、ぜ、なぜ、持ち上げるのか……何故足をM字にするのであるかぁ」

弟「便座に落ち込みそうになった姉を救出なのです」

姉「足を閉じさせ

ニュル

姉「あ、あ、だ、だめなもの、だめなものが当たってますぞぉぉ」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:46:13.12 ID:JouWmmUf0
弟「正直なところ、このまま挿れてしまいたいのですが」

姉「おしっこは?おしっこに来たのではないかっ」

弟「勃起時には出ないのです、ご存知ありませんでしたか?」

ニュル

姉「わ、わ、わー入る、入っちゃいますぞおおお」

弟「挿れてはいけませんか?」

姉「いけませぬ、いけませぬぅ」

クニュ

姉「はにゅぅっ」

弟「どうすれば挿入を許可して頂けますか?」

姉「ぅぅぅううう」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:51:17.46 ID:JouWmmUf0
弟「童貞なのがいけませんか?」

姉「え、童貞?」

弟「はい、女人はあなた一人だけと心に決めておりますので」

ニュゥ

姉「ん……え、え、あ、そ、そうだったんだ……ふ、ふーん……ぇへっへ」

モジモジ

弟「手が疲れてきました、このままでは10秒後に挿入してしまいます」

姉「じゅ、10秒ね」

弟「今、止めないと手遅れになります」

姉「……」

弟「もうダメですよ?」

姉「……」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:55:14.25 ID:JouWmmUf0
姉「……ま、まだ?」

弟「嘘です」

姉「は?」

弟「お姫様抱っこを夢見て鍛えているのでまだまだ大丈夫です」

姉「きょ、虚偽の申告は罰せられるべきなので……」

弟「申し訳ありません」

姉「罰としてお姉ちゃんで下ろしなさい」

弟「はい」

姉「……違います」

弟「おろせとおっしゃいました」

姉「うむ、言ったぞな」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 19:58:17.51 ID:JouWmmUf0
弟「なので下ろし……」

姉「お姉ちゃんで下ろすのであるぞ」

弟「意味がわかりません」

姉「筆」

弟「ほ……ほぅ……それはこういう意味でしょうか」

ニュル

姉「ぅひゅっ……んんんっ」

弟「正解なのですね?」

姉「……」

弟「……では罰を受けます」

ニュルン

姉「んにゃぁぁああああっ」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:01:44.01 ID:JouWmmUf0
弟「き、気持ちいいです」

チュクニュク

姉「……むむむむうぅ」

ニュポンニュププ

弟「あ、あ、あああ、夢ではないでしょうか」

姉「い」

弟「はい?」

姉「い、いたいにゃあぁああああぁぁ」

弟「はて、はてはてはて?」

姉「優しくするのであるぅ……」

弟「もしかして:処女?……ですか」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:05:24.54 ID:JouWmmUf0
姉「乙女のプライバシーなのでひみつなのであるっ……ん」

ニュッポニュッポ

弟「乙女のプライバシーが知りたいでっす、ほっほっ」

ニュポニュポ

姉「や、やん、あ、ぁ、や、ん、いた、ぁああっ」

弟「どうですか?」

姉「……しょ、処女でござ……ぅった」

弟「とても嬉しいのです」

ムクムクムク

姉「ぁぅううう、いまのサイズでもうご勘弁んんっ」

弟「こればかりはどうしようもないのです」

姉「お姉ちゃん裂けちゃうからーっ……ぅひぇっ」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:08:47.12 ID:JouWmmUf0
……
…………

姉「あ、ありがとうございましたので」

弟「ど、どういたしまして」

姉「何故、そんなに余所余所しいのであろうか?」

弟「あんなに……出ると……思わなかった……」

姉「申し訳ありませぬ」

弟「……」

姉「……」

弟「……あんなに……うんこ沢山」

姉「あれは、そのあれである……直腸への適切な刺激が行われためであり……」

弟「うううう」

姉「それに驚いてお姉ちゃんの中に沢山出した御仁がおるのだがそれについては如何に」


28 : ◆Sis.W.vuC6 2013/06/28(金) 20:09:18.54 ID:JouWmmUf0
弟「それは不徳の致すところであります」

姉「何故笑顔なのであるか?」

弟「うれしいからにきまっています」

姉「左様であるか」

弟「姉の顔も笑顔に見えるのは何故なのかという疑問があるのですが?」

姉「お姉ちゃんの笑顔は沢山出たので嬉しいのである」

弟「どっちの話でありましょうか?」

姉「ふふふんー、野暮なことは聞かないのがよいのであるー」

おしまい


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:10:25.79 ID:foWGDRFyT


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:12:54.10 ID:PvyCGM3X0
大層乙であった


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:30:22.33 ID:3hck/2xlP
おっつおっつ


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1372415110/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「兄姉弟妹」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ