Powered By 画RSS


ほむら「FPS?」まどか「そう、ファーストパーソンシューティング」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 00:11:22.25 ID:ipbvmcji0
まどか「一緒にやろうよ!ほむらちゃん」

ほむら「それはどういうものなの?」

まどか「家庭用のゲームでね、とっても面白いの!」

ほむら「ゲームなの?家庭用ってことは……」

まどか「今日、家で一緒にやらない?二人でも出来るんだよ!」

ほむら(やった!まどかと二人っきりで遊べる!)

まどか「ダメかな?ほむらちゃん」

ほむら「すぐに行きましょう。まどか」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 00:17:37.44 ID:ipbvmcji0
まどか「やった~!じゃあ着いて来てほむらちゃん!」

ほむら「どこへでも着いていくわ、まどか」

     ―――まどか家―――

まどか「ただいま~」

ほむら「おじゃまします」

知久「おかえり。おや?今日は友達も一緒なのかい?」

まどか「うん、今から一緒にお部屋でゲームするの!」

知久「そうか、またあまり騒がないようにね?」

まどか「はーい、さあ行こう!ほむらちゃん」

ほむら「ええ、楽しみだわまどか」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 00:22:28.75 ID:ipbvmcji0
まどか「改めまして、いらっしゃい!ほむらちゃん」

ほむら「おじゃまするわ」

まどか「テキトーに座って待っててね?今準備するから~」

ほむら(まどかの私室……まどかの臭いが充満してていい気分だわ)


まどか「よーし、ゲーム機を起動!準備できたよほむらちゃん!
   もう少しこっちに来て?」

ほむら「あまりゲームを近くでやると、目が悪くなるわ」

まどか「でもそれだと、〝敵がよく見えないよ?〟」

ほむら「え?別にこの距離なら画面全体を見渡せるわ?」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 00:29:04.60 ID:ipbvmcji0
まどか「ま、いっか。じゃあ説明するね、ほむらちゃん」

ほむら(いかついおっさんが画面に映ってる……)

まどか「このゲームはね~一言でいうと、人を撃ち斃すゲームなの」

ほむら「え?」

まどか「銃をもってね、バンバーンって撃ちあって、相手を倒す」

ほむら(随分ぶっそうなゲームね……)

まどか「それで、相手を多く倒した方が勝利~みたいな?そういうゲーム」

ほむら「そ、そう……なの?それが面白いの?」

まどか「と~っても面白いんだよ!正確には色々ルールがあるんだけどね?
   ほむらちゃんは初めてだから、今日はチームデスマッチのみで行くよ」

ほむら「理解したわ。チームで撃ちあう、つまり私とまどかで協力して戦うのね」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 00:36:48.15 ID:ipbvmcji0
まどか「そう!はい、これがほむらちゃんのコントローラーね」

ほむら「ありがとう、まどか。それで、私は初めに何をしたらいいの?」

まどか「まずは操作方法を覚えないとね♪少しトレーニングモードで練習しよ?」

―――――――――――――――――――――

ほむら「目標を、センターに入れてスイッチ……目標を……センターに――」

まどか「うまいうまい!さっすがほむらちゃん!飲み込みが早いなあ~」

ほむら「そうかしら?一通り操作方法は覚えたとは思うけど……」

まどか「私何て、初めてやった時なんか敵にサイトを合わせるのも出来なくてね……
   戦うまでに半日かかっちゃったんだよ?」

ほむら「そうなの……まどかには、こういうのは似合わなさそうだし、仕方ないわ」

まどか「えぇ~酷いよ~ほむらちゃん。でも、今ではあの時よりずっとうまく戦えるようになったんだよ!」

ほむら「まどかはこんなゲーム、どこで知ったの?まどかの趣味とは思えないのだけど……」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 00:42:26.49 ID:ipbvmcji0
まどか「最初はね、さやかちゃんが進めてくれたの。一緒にやらないか~、って」

ほむら(なるほど……少し納得したわ。結構、美樹さやかは男勝りだものね)

まどか「それでね、今日みたいに一緒にプレイしてる内に、
   私もはまっちゃったんだ♪」ウェヒヒ

ほむら「そうなの。……確かに私もこういうのは面白いと思うわ」

ほむら(本物を使ってた身としてはね……)

まどか「ほんとっ!?よかった~気にいってもらえて♪」

ほむら「それで、ここからどうするの?」

まどか「よーし!じゃあ早速オンラインに繋げちゃお♪」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 00:48:11.04 ID:ipbvmcji0
     ―――オンラインロビー―――

まどか「じゃあ、まずはほむらちゃんの〝クラス〟を設定しないとね」

ほむら「この〝MADLAX〟て出てるのがまどか?」

まどか「そうだよ!
   今日は二人プレイだから、(1)が私で、(2)がほむらちゃん!」

ほむら「クラスと言うのは?」

まどか「え~っとね、簡単に言うと、ゲームで使う装備品の設定、かな?」

ほむら「わかったわ。どんな武器を使うのか設定する、というわけね?」

まどか「そう!他にも色々あるんだけどね、
   まずは、使う武器から決めてみよ♪」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 00:50:57.73 ID:BxS7q0HOO
BOか


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 00:54:12.43 ID:ipbvmcji0
     ―――選択中―――

ほむら「色んな銃があるのね……」

まどか「私は最初SMGから始めたかな?」

ほむら「SMG?」

まどか「サブマシンガン。小型の連射銃、っていうのかな?」

ほむら「これは何?」

まどか「それはAR、アサルトライフル」

ほむら「……あ、これは――」

まどか「それはLMG、ライトマシンガンだよ」

ほむら「これにするわ」 ニア M60

まどか「ほむらちゃん、最初からそれを選ぶ何て……結構豪快なんだね……」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 01:03:54.10 ID:ipbvmcji0
まどか「その銃はね、反動が凄く強いけど、
   弾数がいっぱいあって、撃ちまくれるのが気持ちいいの♪」

ほむら(まどか……あなたの方が豪快になっている気がするわ……)

まどか「私はSMGのアキンボでいこーっと♪
   アキンボっていうのは、銃を両手に持って戦う名称ね」

ほむら「銃を両手に持つこともできるの?そっちの方が有利なのかしら?」

まどか「うーん、でもね?照準が合わせ辛くなっちゃうのがデメリットなの。
   だから、最初は初心者にはおススメできないかな?」

ほむら「そうなの……じゃあまどかはどうしてそれを使うの?
   敵を倒し辛くなるんじゃあ……」

ほむら(まどかは、あまり得意そうには見えないし……)


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 01:10:17.10 ID:ipbvmcji0
まどか「瞬間的に敵を倒せるのがメリットなの!
   だから走り周って敵と遭遇したら、一瞬で蒸発させられるんだよ!」

ほむら「(じょ、蒸発……)そう、じゃあまどかは、
   よく走り周って敵を倒すのね」

まどか「あ……う~ん、私はね……?
   敵と遭遇してもよく撃ち負けちゃうから……」

ほむら「え?じゃあどうして?
   ……その理論だとまどかはアキンボじゃ不利になるんじゃ?」

まどか「一瞬で敵を倒せる、っていうのが言いの。
   私はレティクルを合わせるのも下手だから……だから……」

ほむら「??……じゃあどうやって戦うの?」

ほむら(うまくなったって言ってたのは嘘?)

まどか「……それはね、やってみればわかるよ♪」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 01:16:06.83 ID:ipbvmcji0
     ―――TDMマッチング中―――

まどか「よーし!クラスも決まったし、ワクワクしてきたよ!」

ほむら「そうね。……何だか緊張してきたわ。
   これ、相手もプレイヤーなのよね?」

まどか「そうだよ?」

ほむら「チーム……だから、初心者が足を引っ張らないかしら……?」

まどか「気にしなくていいよ~♪初心者はいっぱいいるし、
   基本悪質なことをしなければ自由にプレイしていいんだよ♪」

ほむら「そう、そう言ってもらえると、少しは気が楽になるわ」

まどか「ほむらちゃん、見た目は全然緊張してるようには見えないけど……、
   やっぱりかわいいな~♪」ウェヘヘ

ほむら(ま、まどかに可愛いって言われた!!)


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 01:21:42.51 ID:ipbvmcji0
     ―――チームデスマッチ―――

ほむら「始まったわ」

まどか「よーし、いっくぞー!」

ほむら「まずは、どうしたらいいのかしら?まどか」

まどか「え?自由に動いていいんだよ?」

ほむら「自由に……敵はどの位置にいるの?」

まどか「今は始まったばかりだから、反対側の方かな?
   敵の位置は基本わからないよ?わかっちゃうとつまらないしね」


ほむら「……とにかく敵を見つけて倒せばいいのね?」

まどか「そうだよほむらちゃん!さ、いい位置取りをしなきゃ――」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 01:29:27.68 ID:ipbvmcji0
ほむら「……動きが鈍い……」

まどか「あー、LMGは重いから、持ってる時は動きが遅くなっちゃうの。
   そういう時は、武器を持ちかえればいいんだよ!」

ほむら「……あ、早くなった」

まどか「そうそう!移動中だったら、
   拳銃に持ちかえて動きを早くするといいよ」

ほむら「わかったわ」

ほむら(本当の重量は、こんな感じなのね……)

まどか「……さて、ここで敵を待つとしよっ」

ほむら「……撃ち合う音が聞こえてきたわ」

まどか「あ、そうそう!このゲームはね、音も重要なんだよ?
   足音とか……銃声とか。そういうので敵がどこにいるか
   索敵するの」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 01:35:21.22 ID:ipbvmcji0
ほむら「マップに赤い点が表示されているのだけれど……」

まどか「それが敵だよ、ほむらちゃん!
   銃を撃ったりするとね、マップに位置情報が表示されちゃうの」

ほむら「……なるほど、極力撃ったらいけないということね?」

まどか「そう、自分の居る位置がバレちゃうからね。
   相手の位置がわからないのに、
   こっちの位置がバレたら、
   回り込まれたりして即アウトになっちゃうよ~」

ほむら「ほむぅ……――あ、てk」ザクッ



ほむら「撃たれてもないのに死んでしまったわ」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 01:44:33.81 ID:ipbvmcji0
まどか「あー、ナイフで切られちゃったんだね。
   至近距離ではナイフを使われちゃうと一撃でやられちゃうの」

ほむら「キルカメラ――……本当、一瞬でやられてるわ」

まどか「キルカメラでやられた時の状況を把握するなんて、
   やるね、ほむらちゃん!私なんか早くリスポンしたくて、
   ボタン連打しちゃうのに」

ほむら「リスポン?」

まどか「リスポーン、再発生とか復活って意味だよ。
   それで再びゲームに戻るの♪」

ほむら「フッカツ――……こういうことね。さっきと位置が変わったわ」

まどか「リスポン位置はね、なるべく敵の居ない所に自動で指定されるんだよ。
   手動で位置を決める方法もあるけど、今は気にしないでいいかな?」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 01:52:58.79 ID:ipbvmcji0
ほむら「あ、敵……こっちに気付いてないわね……」カチャッ

まどか「……背後ががら空き……ウェヒヒ……」バババッ

ほむら「……えいっ!」ダダダダダダダ

ほむら「……あ、あれ?中々敵に当たらないわ?
   練習ではもっとうまく出来たのに」

まどか「ウェヒヒwwwザマーwww……
   あ、オンラインだとね?
   若干ラグがあったり、相手も常に動いてるから、
   練習みたいには当たらないこともあるよ」

ほむら「そうなの?……きゃっ!撃ちかえされてしまったわ」

まどか「特に、M60は反動も強いし、
   少し実戦慣れしないと使いにくいのかも……」

ほむら「わかったわ。次はそういうことも考慮して撃つわ……」

まどか「ごめんねほむらちゃん……。
   私もあんまりLMGは使わないから……レクチャーできなくて……」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:00:31.47 ID:ipbvmcji0
     ―――数時間経過―――

ほむら「――……遅いわ」ダダッダダダ゙

まどか「うまいよ、ほむらちゃん!
   今日が初日なのに、もうキル>デスだなんて!

ほむら「そ、そうかしら。ありがとう、これもまどかのおかげだわ」

まどか「えぇ///……何だか照れちゃうな~」

ほむら(照れてるまどか可愛い……、



            可愛いんだけど……)


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:01:52.66 ID:ipbvmcji0
ほむら「……ところでまどか。
   その、あなたの戦い方なんだけど……」





まどか「あ、来た来た……バカだなー、
   ……ここに私が居るのもしらないで……」

まどか「ボーン+100――……やった!
   誰かクレイモアに引っかかったザマーwww」

まどか「はいはい、あなたは背後ががら空きです!ウェヒヒwww」パパパ+100

まどか「次は、どこで待ち伏せしようかなー……あ、ここがいいかな?」




ほむら「……」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:06:34.29 ID:ipbvmcji0
まどか「……?どうしたのほむらちゃん?
   動きが止まってるよ?」

ほむら「……え?あ、いえ、何でもないわ……」

まどか「?……もしかして、楽しくない……?」

ほむら「そんなことはないわ。私はとても楽しい」

ほむら(あなたと居られるのならば、何だって楽しいわ)

まどか「本当っ?……飽きちゃわれたのかと思ったよ~」

ほむら「ええ、本当に楽しいわ。
   ……それに、ストレス発散にもなるわね、これ」

まどか「そうなんだよっ!相手を倒すとね、スカッとするんだ~」

ほむら(同意されたということは、まどかにもストレスがあるのかしら)


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:11:12.30 ID:ipbvmcji0
まどか「ねえ、ほむらちゃん。
   ほむらちゃんもこのゲームを買って、
   これからも一緒にやらない?」

ほむら「これを?……でも私、ゲーム機を持ってないわ」

まどか「じゃあ買っちゃえばいいんだよ!
   私も、このゲームのためにゲーム機ごと買っちゃたんだよ♪」

ほむら「……そ、そうなの?でも、いくらするのかしら?」

まどか「今だったら、ゲーム機も合わせて三万円くらい……かなぁ?」

ほむら「さ、三万……少し高いわね……」

まどか「そうかな?少し高いけど、その分の価値は絶対あるよ!」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:17:50.01 ID:ipbvmcji0
ほむら「……でも、私にとっては大金だわ……」

まどか「え~……それじゃ……ほむらちゃんとは、
   一緒に出来ないのかな……」

まどか「ほむらちゃんと……一緒に、やりたかったな……」ウルッ

ほむら(うっ……何て顔をするのまどか。
   そんな顔されたら……私は……)

まどか「ほむらちゃんとだったら、
   ……きっと凄く楽しく出来ると思ったんだけどな……」チラッ

ほむら「ぁ……う……まどか……」

まどか「ねえ……ほむらちゃん。
   ……ダメなの……かな?買えないの、かな?」



ほむら「……今日中に買って、明日には出来るようにするわ」キリッ


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:21:54.84 ID:ipbvmcji0
まどか「ほんとっ!?やったぁ~!!嬉しいよ、ほむらちゃん!!」ダキッ

ほむら「ま、まどか……///」



ほむら(これで明日から、一ヶ月一万円生活を始めざるを得なくなったわ)



まどか「一緒にがんばろうねっ!ほむらちゃん!」

ほむら「え……ええ、がんばりましょう、まどか」




  ―『魔法少女まどか☆マギカ ―わたしの、最高の戦友(ともだち)』―


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:25:19.33 ID:ipbvmcji0
     ―――翌日―――

まどか「おはよー」

さやか「おっはよーまどか!昨日は何してた?」

まどか「またまたさやかちゃんったらー、わかってるくせに♪」

さやか「ははーん、まどかもすっかりFPS厨ですなぁ!」

まどか「厨って言わないでよー!さやかちゃんもそうでしょー!」

さやか「にゃははー私は開き直ってるからいいのだー!!」



仁美「何だか話しについていけませんわ……」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:30:03.43 ID:ipbvmcji0
まどか「あ、そうだ!昨日ね、ほむらちゃんにもススメたんだよ」

さやか「……え?転校生に?」

まどか「昨日一緒に遊んでねー?とっても気にいってくれたみたいなの!」

さやか「へ、へ~?昨日は転校生と遊んでたんだ~?」


仁美「嫉妬の炎が見えますわ……やはり禁断の……」

まどか「それでね!今日中には一緒に出来るようにするって言ってたの!」

さやか「昨日の今日で!?……すごい気にいったんだね」

まどか「もうね~楽しみで、今日は早く帰りたい気分だよ~」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:35:19.51 ID:ipbvmcji0
さやか「ほほぉ~……?これはさやかちゃんも、
   ログインしないといけない雰囲気ですなぁ」

まどか「うん!……後、マミさんも呼んでみんなでやろう!」

さやか「今日は恭介のお見舞いもないし、
   すぐに帰ってプレイしちゃうぞー!」

まどか「仁美ちゃんもやってみる?FPS!」

仁美「わ、私は遠慮しておきますわ。習い事もありますし……」

まどか「えぇ~……残念だなぁ……楽しいのに」

さやか「仕方ないよ、ゲームよりはやっぱりリアル優先になるのはね」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:39:43.77 ID:ipbvmcji0
     ―――学校―――

まどか「ほむらちゃ~ん」

ほむら「おはよう、まどか」

まどか「おはよー!それで、どうだったかなー?」

ほむら「……昨日買ってきたわ。設定も終わってる」

まどか「やったやったぁ!じゃあ帰って早速プレイできるね!」

ほむら「ええ、任せて」


まどか「ほむらちゃん出来るって~!」

さやか「……ふふん、ここは先輩としてビシッと教育するべきかな?」

仁美「……まったくわからないのですけど、
  止めておいた方がいい気がしますわ」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:45:34.50 ID:ipbvmcji0
     ―――昼休み―――

まどか「マミさーん!居ますかー?」

マミ「あら、鹿目さん?どうしたの?」

まどか「今日ですね、帰ったらみんなでアレ、やりませんか?」

マミ「ピクッ……アレね?でもいいのかしら、私も混ざっちゃって?」

まどか「もちろんです!
   ……私たちはマミさんに比べちゃうと、
   弱いかもしれないですけど……一緒にやってくれませんか?」

マミ「もちろんよ。
 ……ウフフ、後輩にかっこ悪い所は見せられないもの、ね」

まどか「じゃあ!帰ったら私が招待しますから、来てください!」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:51:45.17 ID:ipbvmcji0
     ―――放課後―――

まどか「それじゃあ、帰ったらみんなを招待するね?」

さやか「そういえば、転校生はヘッドセットとか用意してんの?」

ほむら「その心配はないわ、セットで買ってきたもの」

さやか「ふーん、準備がよろしいことで」



まどか「楽しみだなぁー♪みんなで出来るみたいなんて夢みたい」

さやか「四人パーティーになんのかな?私も初めてだよ」

ほむら「……巴マミもやっていたのね」

まどか「さやかちゃんはね、マミさんに誘われてやり始めたんだって」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 02:59:49.84 ID:ipbvmcji0
さやか「それで私は、まどかを誘ったーってわけ」

まどか「そして私が、ほむらちゃんを誘ったの」

ほむら「……元凶は、いつも巴マミなのね」

ほむら(本当は、まどかにはあんな物騒なものやってほしくないのだけど……)

まどか「マミさんはねー、あのゲームが凄く得意なんだよ」

さやか「最初、私なんか視認しただけで撃ち殺されちゃったしねー」

まどか「あれは凄かったよね!まるでロボットみたいな動きだったもん」

ほむら(ここまで熱心にはまってしまっているのも、
   巴マミのせいなのかしら……)

ほむら「……楽しそうね、是非一緒にプレイをしてみたいわ」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:04:32.14 ID:ipbvmcji0
まどか「……でもちょっとプレイしてる時のマミさんって……」

さやか「……うん、ちょっと怖いよね……?」

ほむら「……怖い?ゲームをしているだけで?」

まどか「一緒にやるのはいいんだけどね?」

さやか「一緒に居たくわない、ってのが本音かな」

ほむら「?……どういうこと??」

まどか「その……目が……」

さやか「……ま、まあ今日はそんなのどうでもいいじゃん!
   各自自宅でやるんだしね!」

まどか「あ、そ、そうだよね!……じゃあ、帰ったらまたオンラインで!」

さやか「遅刻すんなよー!」

ほむら「あなたが一番心配だわ」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:08:20.32 ID:ipbvmcji0
     ―――ほむら家―――

ほむら「これでOKね」

ほむら「……レベルは1、最初はクラスを作れないのね」

ほむら「とりあえず、SMGのやつから使っていきましょう」


―――招待メールが届いています―――


ほむら「あ、まどかからだわ」

ほむら「この操作でいいのかしら」ピッ

ほむら「……」

まどか『ほむらちゃーん?聞こえるー?』


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:14:19.87 ID:ipbvmcji0
ほむら「あーあー……聞こえているわ、まどか」

まどか『こっちも聞こえてるよー!ようこそ、ほむらちゃん』

マミ『こんにちは、暁美さん』

ほむら「巴マミの声……このtiro finaleとか言うのがそうなの?」

マミ『そうよ、それが私のID』

まどか『ほむらちゃんは、homu-homu?かわいいねー♪』

ほむら「///……そんなことはないわ。まどかのは、カッコいいわね」

まどか『そ、そうかなー?///ウェヘヘ』

マミ『……私のは?私のは褒めてくれないのかしら?』


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:19:25.66 ID:ipbvmcji0
まどか『さやかちゃん遅いなー?』

ほむら「やっぱり美樹さやかが一番最後なのね」

マミ『まあ気長に待ちましょう』

まどか『早くみんなでやりたいよー!さやかちゃーん』

ほむら(まどかを待たせる何て、
   ……やはり美樹さやかはまどかに相応しくない)

マミ『そうだ、暁美さん?今はいいけど、
 ゲームのプレイ中は本名を呼んじゃダメよ?
 誰が聞いてるかわからないし、マナーは守ってね』

ほむら「言われなくてもわかっているわ。
   ……えーっと……ティロ……フィナーレさん……」

マミ『ニヤァ』


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:21:38.24 ID:Ym1Nv6ntP
マミさん……


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:27:41.96 ID:ipbvmcji0
さやか『ごっめーん!遅れちゃったー!!』

まどか『もう!遅いよさやかちゃん!!』

さやか『それがさー帰りにね……――』


ほむら「このSAYA-endoと言うのが美樹さやか?」

マミ『そうよ、何でもその時食べていた物をIDにしたんですって』

ほむら「単純なのね……ところでこのゲーム、
   美樹さや……いえサヤエンドーはうまいのかしら」

マミ『そ、それは……』

ほむら「思うのだけど、とても相性がいいゲームとは思えないわ」


さやか『――……ってことあったわけよ!』

まどか『さやかちゃんったらぁ……さ、早くやろう!』


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:33:52.73 ID:ipbvmcji0
     ―――TDMマッチング中―――

まどか『まだ、ほむほむちゃんはレベル低いから、TMDからね』

さやか『私はドミネーションが好きなんだけどなー』

マミ『サヤエンドーさんは突撃が大好きですものね』

ほむら「色々ルールがあるのね」

まどか『そうだよ、でもレベルが低い内は、
   やっぱりチームデスマッチでレベルを上げて、
   色々使えるようにならないとね?』

ほむら「装備は、レベルとポイントで解禁されるのね。
   説明書は一通り読んでるわ」


まどか『昨日使ってた銃も、レベルが上がらないと使えないから、
   頑張ってレベルをあげてね!ほむほむちゃん」

ほむら(ほむほむ……ほむほむ……ほむぅ///)


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:38:45.73 ID:ipbvmcji0
     ―――チームデスマッチ―――

さやか『さあー突撃戦士さやかちゃんが、
   張り切って敵を倒しちゃいますよー!』

マミ『あんまり場を乱さないように注意してね?』

まどか『今日はどこに籠ろうかなー……行こう!ほむらちゃん』

ほむら「単純に、敵を倒せばレベルが上がる。
   ……まどかに追いつくためにも、早く敵を倒し続けないとね」ダッ

さやか『オラオラー!!さやかさまのお通りだー!道を開けろー!!』


ほむら(本名喋ってるじゃねーか)


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:43:25.65 ID:ipbvmcji0
     ―――時間経過―――



まどか『バーカwwwwそこにクレイモアがあるのはわかるだろーwwww』



さやか『ちょ!今のは私のが先に当ててただろーが!!
   どうなってんの!?』



マミ『……ちょろいもんね……その綺麗な顔をフッ飛ばしてあげる!!』

マミ『ティロ・フィナーレ!!』‐ワンショットワンキル‐


ほむら「……」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:47:19.44 ID:ipbvmcji0
まどか『……やっぱりマミさんがいると、楽に勝てます♪』

さやか『あー……くそぉ!借金しちゃったじゃない……あのファッキンエネミー』

マミ『いつも通りよ、後輩にカッコ悪い所は見せられないもの』ドヤッ

ほむら「……」



ほむら(プレイしてて気づいたわ……このゲームは……)





      ほむら(……人の本性を、映しだす)


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 03:55:20.42 ID:ipbvmcji0
     ―――さらに時間経過―――

ほむら(今気付いたけでまどか、普通に本名喋っちゃってるわ……)

マミ『そろそろ、あけ……ほむほむさんもレベルが上がってきたんじゃない?』

ほむら「……ええ、14にはなったわ」

まどか『早いなーほむらちゃんは!やっぱり才能あるんだよ!』

さやか『14ってことは、ファマス使えるわよ!ファマス!』

ほむら「ふぁます?……何それ?」

まどか『マァタファマスチュウカヨ……ファマスって言うのはね?
   ARの種類の内の一つで、かなり高性能な武器の一つなの』

マミ『初心者は、ARの初めにその銃に触れて、
 最後まで使い続ける人が多いわね』


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 04:03:17.68 ID:ipbvmcji0
ほむら「そうなの?……じゃあ使ってみようかしら」

まどか『チッ……レベルが上がれば、
   もっと色んな武器が使えるからね?
   頑張ってレベルを上げて、色んな武器を使ってほしいなって♪』

さやか『いやー、でも一度使うとその魔力に取りつかれて、
   二度と手放せなくなるかもねー?かくいう私もその一人でね――』

マミ『ほむほむさんは、
 まだ使ったことのない武器がたくさんあるんだろうから、
 これから色々試して見るといいわ』

まどか『そうそう!慣れてきたら一緒にアキンボして待ち伏せしようね!』


さやか『アキンボでキャンパーってわけわかんないんだけど……』ボソッ

まどか『?……何か言った?さやかちゃん?』

さやか『あ、ううん、何でもないよー』

マミ『私のおススメはSR、スナイパーライフルよ!』


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 04:06:57.25 ID:ipbvmcji0
ほむら「……私も少しワクワクしてきたわ。次は何をやるの?」

さやか『ドミネーション!!ドミネーションやろー!!』

まどか『えぇ……私あれ苦手なんだよね』

マミ『私は何でもいいわよ?』


ほむら「……じゃあそのどみねー……しょん?やってみたいわ」

さやか『さっすが転校生!話しがわかるぅー!』

まどか『……それじゃ選ぶね』


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 04:15:32.02 ID:ipbvmcji0
     ―――DOMマッチング中―――

ほむら「これはどんなルールなの?」

まどか『簡単に言うと、〝陣地取り〟かな?』

さやか『そ、A、B、Cって陣地が有って、そこを取り合うの』

マミ『ポイント制でね、陣地を多く占領している側に多くポイントが入っていくのよ』

ほむら「……つまり、二つの陣地を占領し続けた方が勝つ、ということね?」

まどか『でも、実際には三つ取られちゃうこともあってね?
   ルールの特性上めったにないんだけど、時々ワンサイドゲームになって、
   一気に負けちゃうこともあるの』

マミ『油断してるとすぐ取られたり、押し込まれちゃうから気を付けてね』


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 04:22:23.22 ID:ipbvmcji0
     ―――ドミネーション―――

さやか『オラオラー!
   さやかちゃんが速攻でBを取るぞー!!
   みんなついてこーい!!』

まどか『ヒトリデギセイニナッテロカス、
   ……まずは安全にCを取ろう?ほむほむちゃん』

ほむら「え、ええ。……いいのかしら?
   サヤエンドーだけ突撃していったけど」

まどか『統率の取れたチームならB取りもいけるんだけどね?
   この即席チームじゃあまり信用ならないから、
   自陣に近い方を取りに行くのが安全なんだよ』

マミ『サヤエンドーは私が出来る限り援護するわ。
 今は、ほむほむさんはゲームの流れを掴みとってね?』


さやか『オラー!!いただきだ――ってアレこれグレネー……――』


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 04:29:34.37 ID:ipbvmcji0
     ―――DOMプレイ中―――

まどか『とりあえずCwoまもっとこ』

さやか『ちょっとまどかー!!Bに来てよっ!取られちゃうよー!』

マミ『……ティロ・フィナーレ!……ティロ・フィナーレ!』ドバンッドバンッ

まどか『さやかちゃんなら大丈夫だよ!頑張ってBを守ってね!
   ……トラレンジャネーゾ』

さやか『無理無理無理ー!あー味方がやられたっ!私ひとり!!
   まどかぁぁぁぁああああ!!!』

まどか『本名を叫ばないで!!』


ほむら「今、わ、わたしがBに……」ダダダッ

まどか『あ、敵来た来た……ここで待ち伏せてるとも知らないで……』



さやか『グレネード!―――……え?うそ、逃げられな』ボーン


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 04:36:10.14 ID:ipbvmcji0
まどか『ちょwwwwサヤエンド―死に過ぎwwwwヘリガンナー来てるじゃねーかwwww』


マミ『体が軽い…。こんな幸せな気持ちで戦うなんて初めて
 もう何も怖くない! 私、一人ぼっちじゃないもの』


さやか『もう何でー!?今のは私が先にry』


ほむら「まどか、あれは何かしら?」

まどか『ほむらちゃん!早く建物の中に逃げて!!
   あれはヘリガンナーって言って、
   機関銃を空からばら撒いてくる戦術兵器なの!』

ほむら「え?え?」


さやか『うおっしゃー!B取り返したぞー!!ってあれ?味方はどこに――』バババババ


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 04:40:29.78 ID:ipbvmcji0
マミ『……せっかくのとこ悪いけど、一気に決めさせて……もらうわよ!
 



         ティロ・フィナーレ!!』ガチャッ!ボヒュー

まどか『流石マミさん!早く撃ち落としちゃってください!!』

マミ『任せて!もう一発――』ガチャッ

さやか『わあああああこっち撃ってこないでええええええ』ダダダッ

                    マミ『え?さやかさ――』ババババババ


まどか『マミさぁぁぁぁぁあああん!!!……チッモウダメダナ』



ほむら「どうしよう、どうしよう」


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 04:46:02.73 ID:ipbvmcji0
     ―――DOM終了―――

さやか『くそー途中までは押してたのにー!!』

まどか『オマエノセダロ……ごめんねほむらちゃん。負けちゃった……』

ほむら「まどかのせいではないわ。全てはサヤエンドーのせいよ」

さやか『な、なんだとー!?
   転校生だってあんまり活躍してなかったじゃないかー!!』

まどか『さやかちゃん、ほむほむちゃんは初めてだったんだよ?
   頑張ってたほうだよ』

マミ『これからもっとうまくなって行けばいいのよ。さ、次をやりましょう』

さやか『転校生だけチヤホヤされてるー!
   私の時とは大違いなんだけどー!?』


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 04:54:52.83 ID:ipbvmcji0
     ―――しばらくプレイして―――

ほむら「ふぅ……少し目が疲れてきたわ」

まどか『そう?……じゃあそろそろお開きにしよっか♪』

マミ『そうね。私もそろそろ夕飯の用意しないと……』

さやか『……私はもうちょっとやってくわ……借金を返さないと』

ほむら「借金?」

まどか『借金って言うのはね、
   相手を倒した数より、相手に倒された数のが多い時に、
   使う言葉なの。キルとデスで表すと、キル<デスってこと』

ほむら「つまり、負けた数が多いから、
   それを勝った数で取り戻すということね?」

さやか『そ、悔しいから絶対キルの方を多くしてやるぞー!!』PTカラヌケマシタ


まどか『……大抵こういう場合は、取り返せないことが多いけどね?
   調子が悪いときは、潔く止めるのが一番いいのかも』


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:01:38.37 ID:ipbvmcji0
     ―――オンラインロビー―――

ほむら「今日は楽しかったわ、まどか」

まどか『ありがとう、ほむらちゃん!
   そう言ってもらえると嬉しいよ!』

マミ『私もそろそろ抜けるわね?
 また明日、学校で会いましょう』PTカラヌケマシタ


ほむら「まどかは毎日やっているの?このゲーム」

まどか『うん、凄く面白くて、ストレス発散にもなって、
   もうすっかり日常生活の行動の一つになっちゃった♪』

ほむら「そう、じゃあ私もまどかと一緒に毎日やるわ」

まどか『ほんと!?じゃあこれからは、ほむらちゃんは―――』


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:03:08.57 ID:ipbvmcji0





     ―わたしの、最高の戦友(ともだち)―





149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:07:21.42 ID:ipbvmcji0
――……だね♪』

ほむら「ええ、そうねまどか」

まどか『嬉しいな♪明日から毎日楽しみだよー!』

ほむら「私はまどかの、最高の戦友……」




まどか『うん!これからも、いつまでも――』

      まどか『ずっと!』

      ほむら「ずっと――」



         「『ずっとね!』」


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:11:42.70 ID:ipbvmcji0
―――いつか君が、瞳に灯す、愛の光が、時を越えて―――


さやか『あああああうぜえええええこの籠り野郎ぉおおお』


―――滅び急ぐ、世界の夢を、確かに、ひとつ、壊すだろう―――


まどか『バーカバーカ!!角待ちに気付かないとかwwwww』


―――躊躇いも、飲み干して、君が望むモノは何?―――


マミ『あら何かしら?メール?……外人さんからだわ?
 英語みたいだけど……fk?よくわからないわ』


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:16:42.36 ID:ipbvmcji0
―――こんな、欲深い憧れの、
        行方に、儚い明日はあるの?―――


さやか『糞糞糞!!何ナノこいつ!?粘着してきて最悪!!』

杏子『こいつはカモだなwwww行動が手に取るようにわかるwww』


―――子供の頃、夢に見てた、古の魔法のように―――


まどか『ハ?そこ私の特等席なんですけど?失せろ!』クロスボウッ

まどか『wwwwザマァwwww……え?これセムテック――』


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:19:15.41 ID:ipbvmcji0
―――闇さえ砕く、力で、微笑む君に、会いたい!―――


ほむら『――悲しみと憎しみばかりを繰り返す、
   救いようのない世界だけれど。だとしてもここは、
   かつてあの子が守ろうとした場所なんだ。それを、覚えてる。
   決して、忘れたりしない。だから私は、戦い続ける――』


ほむら『M60で蜂の巣にしてあげるわ!!ヒャッハー!!!』


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:24:30.74 ID:ipbvmcji0
―――怯える、この手の中には―――


さやか『救援物資!救援物資!……やったキター!
   ――って敵!?ちょっ今取って』パパパン

さやか『ダメー私のケアパケ取らないでー!!』T T

さやか『あ、やった間に合った!よーしさやかちゃん開けちゃうぞ――』ドカーン


杏子『ざまぁwwwwwwwwハッカートラップだよwwwばーかwwwwww』


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:27:19.71 ID:ipbvmcji0
―――手折られた花の、勇気―――


まどか『パリイパリイパリイ!どいつもこいつもバカばっかwwww』

まどか『やっぱりこれだから止められないの♪』

まどか『希望を絶望に変えてあげる瞬間、この瞬間がたまらない♪』


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:30:41.07 ID:ipbvmcji0
―――想いだけが、頼る全て―――


ほむら『今日もまどかは楽しそう……』


―――光を、呼び覚ます願い!―――


ほむら『私は、必ずまどかを救ってみせる!
   例えキャンパーだの籠り厨だの罵られようと、
   
   わたしの、

   たった一人の、


               ……かけがえのない――』


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:33:08.81 ID:ipbvmcji0
―『魔法少女まどか☆マギカ ―わたしの、最高の戦友(ともだち)』―



ほむら『――……だから!』


スレ ほむら「FPS?」まどか「そう、ファーストパーソンシューティング」


          ┼ヽ  -|r‐、. レ |   企画・製作 
           d⌒) ./| _ノ  __ノ     VIP


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:36:06.01 ID:vAb4ZlWO0
FPS知らんけどおもしろかった
全力で乙


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/14(火) 05:41:54.39 ID:mGZcnm000
楽しめたよ






このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ