Powered By 画RSS


遊星「ジャックはまどかマギカを知らないのか?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:09:13.40 ID:rhztKMGTP
ジャック「何だそれは?」

クロウ「最近流行ってる深夜アニメなんだけど、お前は興味ねぇか?」

ジャック「フン、WRGPが近い中、アニメ等に現を抜かすヒマなどない!」

遊星「そういわず、ジャックも一度見てみると良い」

クロウ「おう、意外と面白いぜ、コレ?」

ジャック「勝手にしろ」

クロウ「決まりだな!」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:13:09.54 ID:rhztKMGTP
~第1話~

クロウ「そういや、遊星は誰が好きなんだ?」

遊星「俺は特に誰が好きというのは・・・」

クロウ「そうは言っても、いるだろ、誰か」

遊星「強いて言えば・・・ほむほむ、あ、いや。ほむらが好みだな」

クロウ「そーいや聞いたこと無かったな」

遊星「クロウはどうなんだ?」

クロウ「俺は断然さやかかな!」


ジャック「(何なんだこれは)」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:16:01.81 ID:rhztKMGTP
ジャック「・・・」ガタッ

遊星「? どうした、ジャック?」

ジャック「ちょっと買出しにな。何か摘めるものを買ってくる」

クロウ「とめとくか?」

ジャック「いや、良い・・・どうせこの手のアニメは2,3話はつまらんのだろう
     頃合を見て帰ってくる」

クロウ「(詳しいなオイ)」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:18:55.43 ID:rhztKMGTP
~~
ガチャッ

ジャック「戻ったぞ」

<ティロ・フィナーレ!

クロウ「あっ・・・!あっ、マミぃ・・・!」

ジャック「・・・?どうした?」

<マミッタアアアアアアアア

ジャック「・・・」

遊星「ああ、ジャック、帰ってたのか」

ジャック「まるで意味がわからんぞ」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:23:40.10 ID:rhztKMGTP
ジャック「で、なんだったんだ、今のは?」

クロウ「まぁ、このアニメが話題になったのが今のシーンでな・・・」

遊星「ところで、何を買って来たんだ?」

ジャック「ブルーアイズマウンテンが安くてな。2000円で買えた
     人数分買って来たぞ、ほら」

遊星「・・・・・・」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:26:45.58 ID:rhztKMGTP
~第4話~

クロウ「うっ・・・さやか・・・泣かせるぜ・・・!」

ジャック「フン、こうやって男に取り入ろうとする女は好かん」

クロウ「てめぇ今なんつった!」

ジャック「この女が下劣だと言ったのだ!」

クロウ「上等だてめぇ!表でろ!」

ジャック「何だと貴様!」

遊星「ちょっと静かにしていてくれ」

クロウ「・・・ご、ごめん・・・」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:29:51.09 ID:rhztKMGTP
クロウ「おっ、さやか、ついに変身か!」

ジャック「・・・・・・」

遊星「? ジャック、どうした?」

ジャック「・・・・・・な、なんでもない」

遊星「?」

ジャック「・・・・・・」



龍亞「ゆーせー!」

ジャック「うわぁ!!」

クロウ「うぉわ!急にデカい声出すんじゃねぇ!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:32:32.27 ID:rhztKMGTP
龍亞「遊星、また見てるの?」

遊星「ああ、ちょっとな」

龍亞「ジャックは見たことないんだっけ?」

ジャック「・・・」

クロウ「? ああ、それでみんなで見ることになってな。龍可はどうした?」

龍亞「なんか友達と出かけちゃって、ヒマなんだよねー」

遊星「それじゃ、続けるぞ」

ジャック「ああ」

遊星「(若干食い気味に来たな)」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:36:12.48 ID:rhztKMGTP
龍亞「俺も一緒に見るよ!」

遊星「そうか。人数は多い方が楽しいからな」

クロウ「ところで、龍亞は誰派なんだ?」

龍亞「俺は断然まどっちかなー!」

クロウ「(・・・ところで、遊星)」ヒソヒソ

遊星「(どうした?)」

クロウ「(明らかにジャックの口数が減ってるんだけど)」

遊星「(・・・ああ、気にするな)」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:40:03.79 ID:rhztKMGTP
~第5話~

クロウ「おっ、ついにあんこちゃん登場か!」

遊星「クロウは杏子も好きだな」

クロウ「俺はさやかと杏子の絡みが好きだぜ?」

ジャック「・・・そうか、杏子と言うのか」

遊星「ん?」

ジャック「フン!俺は何も言っていない!」

龍亞「ジャック、鼻息荒いよ?」

ジャック「やかましい!」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:44:43.74 ID:rhztKMGTP
~第6話~

<ドウイウコトダ・・・コイツ、シンデルジャネーカ

クロウ「・・・」

遊星「・・・」

龍亞「・・・」

ジャック「・・・杏子・・・」

クロウ「あ?何か言ったか?」

ジャック「黙れと言っているんだ!」

クロウ「な、何キレてんだよ・・・」

ジャック「(赤いの可愛いな・・・うむ。今年の夏はコレでいくか)」

龍亞「(ジャックが何かメモ取ってる・・・何書いてるんだろ・・・)」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:49:04.58 ID:rhztKMGTP
~第7話~

<ワタシ、カミジョウクンニホレテマシタノ

クロウ「うおっ・・・キツいなぁ、コレは・・・」

遊星「・・・そういうものなのか・・・?俺には良くわからないな、こういう手の話は」

龍亞「遊星がそれを言うんだね・・・」


ガチャッ

アキ「遊星、ちょっと科学の問題を教えてほしいんだけど・・・」

遊星「アキか、すまないが今忙しいんだ。後にしてくれないか」

アキ「・・・(何アレ?)」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:52:39.57 ID:rhztKMGTP
アキ「ゆ、遊星、忙しいってどういう・・・」

遊星「? 今ちょっといいところなんだ、後にしてくれ」

<ダッテワタシ、ゾンビダモン!
<サヤカチャン・・・

アキ「(・・・どういうことなの・・・)」

クロウ「おいバカ、遊星!」

遊星「?」

アキ「そ、そう・・・邪魔してごめんなさい」

遊星「? ああ、じゃあな」

クロウ「(アキ・・・)」

龍亞「(アキねーちゃん・・・)」


29: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 :2011/06/17(金) 20:56:04.97 ID:RYZQ6Pv30
これは遊星の常識を疑う


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:59:28.55 ID:rhztKMGTP
アキ「何よ・・・遊星、あんな女の子に鼻の下伸ばしちゃって・・・」

アキ「・・・」

アキ「・・・あの位の年の子が好みなのかしら?」

アキ「でも、遊星って確かもう18くらいじゃ・・・」

アキ「・・・・」ピ ピ ピ

アキ「・・・あ、もしもし。牛尾さんですか?」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:02:38.79 ID:rhztKMGTP
遊星「そういえば、さっきからジャックの姿が見えないが・・・」

ジャック「今戻ったぞ」

クロウ「おう、どこ行ってたんだ?」

ジャック「・・・あ、ああ。ちょっとな」

龍亞「・・・あ、オレ、ちょっとトイレ」

遊星「ああ」

ジャック「おい龍亞、俺の部屋には今は入るなよ」

龍亞「ん?なんで?」

ジャック「いや、その・・・と、とにかく入るな!」

龍亞「ヘヘ・・・そんなこと言われたら行きたくなっちゃうもんねー!」ダッ

ジャック「なっ・・・!」

クロウ「オレも付き合うぜ、龍亞!」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:07:42.64 ID:rhztKMGTP
~10分後~

ジャック「・・・」

龍亞「・・・」

クロウ「・・・」

龍亞「いや、謝るよ・・・まさかジャックがあんな絵書いてたなんてさ・・・思わなかったから・・・」

クロウ「・・・い、いやぁ~・・・でもジャックも絵心あるんだな!ハハハ・・・」

ジャック「・・・」

龍亞「・・・ほ、ほら!でも可愛かったよ!ジャックの描いたあんこちゃん・・・」

ジャック「あんこではない!杏子だ!」

龍亞「ひぃ~・・・」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:17:11.40 ID:rhztKMGTP
ブルーノ「遊星!」

遊星「ブルーノ、帰ったか」

クロウ「どこ行ってたんだ?」

ブルーノ「ちょっとD-ホイールのメンテナンスにね・・・あ、またまどか見てるんだ」

龍亞「ブルーノも一緒に見ようよ!」

ブルーノ「うーん・・・」

遊星「・・・?」

ブルーノ「やっぱり、人間の女の子は好きになれないね・・・」

クロウ「(こんなの絶対おかしいよ)」

龍亞「(わけがわからないよ)」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:23:44.20 ID:rhztKMGTP
~第9話~

<サクラキョウコダ、ヨロシクナ

ジャック「・・・ぐふっ、ふっ」

クロウ「うわっ、キモっ」

ジャック「・・・フン」

龍亞「ジャック、ごまかせてないよ」

遊星「ジャック・・・お前・・・」

ジャック「なんとでも言え!」

クロウ「(言ったら言ったでキレんじゃねーか)」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:28:42.34 ID:rhztKMGTP
<ヒトリボッチハ、サミシイモンナ
ドカーン


ジャック「・・・えっ・・・なん・・・だと・・・?」

クロウ「ジャ、ジャック・・・」

ジャック「う、うおぉぉぉ・・・」

龍亞「ジャック・・・?」

ジャック「バ、バカな・・・杏子・・・!おおおぉぉー!」

遊星「ジャック!落ち着け!」

ジャック「離せ、遊星!」

クロウ「おい、ジャック!」



カーリー「ジャックー!遊星ー!遊びに来たんだ・・・か、ら・・・?」

ジャック「うおおおおおー!」

遊星「ジャック!落ち着くんだ!」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:31:34.25 ID:E79tDfuHO
落ち着けキングwwww


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:33:30.28 ID:rhztKMGTP
カーリー「(な・・・何コレ!?)」

カーリー「(遊星がジャックに抱きついて、ジャックは何を・・・?)」

カーリー「(ま、まさか・・・そういう関係だったの!?)」

クロウ「お、おうカーリー・・・ちょっと今立て込んでてよ・・・」

カーリー「・・・ど、どういうことなの・・・?」

クロウ「と、とにかく帰った帰った!今日はもう店じまいだっ!」

カーリー「ちょ、ちょっとー!」

カーリー「・・・ジャック・・・うっ・・・うぅっ・・・」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:37:03.28 ID:rhztKMGTP
遊星「・・・落ち着いたか?」

ジャック「・・・ああ、すまない・・・取り乱した」

クロウ「取り乱しすぎだ、バカ野郎!」

ジャック「・・・本当にすまない・・・」

クロウ「お、おう・・・」

クロウ「(やっべぇ、相当重症だわコレ)」

遊星「・・・続けるか?」

ジャック「・・・ああ、もう大丈夫だ」

龍亞「ジャック、目真っ赤だよ」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:39:59.95 ID:rhztKMGTP
遊星「・・・そういえば、鬼柳にも声をかけてみるか」

クロウ「そーいやアイツも好きだったな」

ジャック「それは初耳だな」

遊星「この前クラッシュタウンでその話になってな」

クロウ「どうやら、デュエルタイム以外がヒマでしょうがないから見てたんだと」

遊星「ああ、ちょっと連絡してみるか」

クロウ「オレが電話するぜ」ピッ ピッ

クロウ「・・・おう、鬼柳か?」

鬼柳『クロウ、久しぶりだな!何の用だ?』


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:43:31.11 ID:/AuUL/IIO
満足きた!これで勝つる!


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:44:01.42 ID:rhztKMGTP
クロウ「ああ、今、ポッポタイムでまどかマギカを見てるんだけどよ」

鬼柳『・・・えっ?』

クロウ「どうだ?人数多い方が楽しいだろ、一緒に見に来ないか?」

鬼柳『・・・クロウ』

クロウ「あ?どーした?」

鬼柳『・・・いいにくいんだけどさ』

クロウ「お?都合悪かったか?悪いな、突然電話して・・・」

鬼柳『・・・俺、IS(インフィニット・ストラトス)派になったから』

クロウ「・・・えっ?」

鬼柳『・・・じゃあな』 ブツッ


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:47:51.38 ID:jmZz+AHUO
満足先生……お前は……お前はそんな奴じゃなかったはずだ!


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:48:56.53 ID:Si3l65Sd0
こんな鬼柳じゃ……満足できねえぜ…


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:50:08.44 ID:rhztKMGTP
ニコ「・・・鬼柳さん、今の電話は?」

鬼柳「・・・いや、なんでもねぇ・・・」

ニコ「そう・・・」

鬼柳「・・・」

ニコ「・・・あっ、鬼柳さん・・・また部屋に戻っちゃうの・・・?」

鬼柳「ああ、用があったらノックしてくれよ」 バタン

ウェスト「鬼柳兄ちゃん・・・」

ニコ「・・・遊星さんに手紙でも出そうかしら」



鬼柳「・・・えーと、まどかスレは・・・あった」

鬼柳「・・・『時代はIS、まどかマギカはオワコン』・・・っと・・・」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:56:35.38 ID:rhztKMGTP
~第12話~

ジャック「うぅっ・・・杏子・・・!」

クロウ「うわっ、ジャックマジ泣きかよ」

ジャック「フン!」

遊星「・・・」

龍亞「遊星、どーしたの?」

遊星「・・・あ、いや、なんでもない」

龍亞「(遊星ちょっと泣いちゃってるじゃん・・・)」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:00:57.67 ID:rhztKMGTP
牛尾「遊星、いるか?」

遊星「牛尾? どうした?」

牛尾「・・・十六夜アキから通報があってな」

遊星「通報?」

牛尾「一応、お前を取り調べておかなくちゃならん」

遊星「何のことだ?」

牛尾「・・・デリカシーのねぇヤツだな・・・」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:31:48.57 ID:rhztKMGTP
牛尾「そういえばよ、お前らアレ知ってるか?」

遊星「何のことだ?」

牛尾「確か来週くらいから、そこのコンビニ・・・ロー●ンでまどかのフェアがあるって聞いたぜ」

ジャック「・・・何だと?」

牛尾「どうせヒマなら行ってみろよ?」

遊星「なるほど、それは知らなかった。すまないな、牛尾」

牛尾「いいって事よ。マミさんのグッズが当たったら、出来れば譲ってくれよ」

遊星「ああ、覚えておこう」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:35:05.63 ID:rhztKMGTP
遊星「・・・なるほど、期間中に対象商品を買って、レシートを集めるのか」

クロウ「レシートの印字IDが応募ポイントになって、ポイントを溜めて抽選するんだな」

龍亞「へぇ、面白そうじゃん!」

遊星「どうする、ジャック?」

ジャック「無論、参加するに決まっているだろう!」

クロウ「おいおい、そのお金はどっから出るんだよ?」

ジャック「キングを舐めるな、俺にはキング時代のファイトマネーが大量に・・・」

ジャック「・・・あれ・・・?」

クロウ「普段からアホみたいに高いコーヒーばっかり飲んでるから・・・」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:37:00.03 ID:6aZ0YrNr0
飲み過ぎです


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:39:20.28 ID:rhztKMGTP
クロウ「どうする、遊星?」

遊星「・・・仕方ない、一つアテがある。すぐに連絡を取ろう」

クロウ「? おう、任せたぜ」

遊星「金銭的には問題ないはず・・・後は理解さえしてくれれば・・・」





遊星「・・・そういうワケなんだ、頼む、力を貸してくれ」

シェリー「・・・遊星・・・あなた・・・」

ミゾグチ「・・・」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:48:26.31 ID:rhztKMGTP
遊星「ただいま」

クロウ「おう、どうだった?」

遊星「ダメだった」

クロウ「・・・遊星、何か涙目になってねぇ?」

遊星「な、泣いてない」

ジャック「それで、どうする。急がなければ、すぐにモノがなくなってしまうぞ」

クロウ「旧サテライトで空き缶でも拾うか?」

遊星「・・・まだアテが無いわけじゃない。ちょっと待っててくれ」

クロウ「おう」



遊星「・・・頼む、力を貸してくれないか」

ハラルド「・・・・・・」

ドラガン「・・・・・・」

ブレイブ「あ、ゴメン、俺IS派なんだわ」


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:52:55.07 ID:ZQSeEDft0
ブレイブwwww


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:54:27.83 ID:rhztKMGTP
遊星「またダメだった」

クロウ「うーん・・・」


イェーガー「お困りのようですね、皆さん」

遊星「イェーガー?」

クロウ「何の用だよ、この忙しい時に・・・」

イェーガー「お金でお困りなんでしょう?治安維持局として、ネオドミノシティをダークシグナーの脅威から救った
       あなたたちになら、多少の融資は引き受けますが」

クロウ「おっ、ホントか?」

イェーガー「ただし、私にデュエルで勝ったらの話ですが・・・」

遊星「・・・いいだろう。俺が受ける」

クロウ「頼むぜ、遊星!」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:00:10.97 ID:rhztKMGTP
~5分後~

遊星「・・・そして最後に精神操作を発動!その守備モンスターのコントロールを得る!
    これは・・・ジェスター・コンフィだったか。
    バトルフェイズ!シューティングクェーサードラゴンで2回ダイレクトアタック!」

イェーガー「(わけがわからないよ)」
LP8000→0

クロウ「・・・おい・・・まだ後攻1ターン目だぞ・・・」

イェーガー「約束です・・・これだけあればいいでしょう」

遊星「すまない、イェーガー(キリッ」

クロウ「(イケメンなら後手1キルやっても許されると思ってんじゃねーぞ)」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:02:40.32 ID:L+rvPUJF0
遊星が本気出したらこんなもんだよな


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:07:04.28 ID:rhztKMGTP
イベント当日・ロー●ン

クロウ「・・・う、売り切れ?」

店員「はい・・・」

遊星「どういうことだ・・・キャンペーン商品入荷からまだ5分もたっていないはず・・・」

店員「そ、それがさっき来たお客様が全て買っていってしまって・・・」

遊星「クッ・・・遅かったか・・・」

店員「・・・いや、特徴的なお客様だったので良く覚えてますよ」

クロウ「え?」

店員「・・・なんか白装束みたいなカッコで・・・腰に剣が掛かってたかな」

遊星「・・・まさか・・・」




プラシド「ククク・・・ポッポタイム前ロー●ンのキャンペーン商品は頂いた・・!」

ホセ「ほむほむマジほむほむ」

ルチアーノ「(またプラシドとホセが何かブツブツ言ってる・・・もうやだこの組織)」


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:11:29.64 ID:rhztKMGTP
おまけ


遊星「嘘だ!お前は俺たちの仲間、ブルーノ・・・」

ブルーノ「違う!僕はアンコノミーだ!」

遊星「んっ!?」

ブルーノ「ごめんなんでもないわ今の。忘れて。ブルーノでいいわ」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:12:28.80 ID:rhztKMGTP
実はキャンペーン商品がどうこうのくだりはあんまやる気無かったんだけどさ
とりあえずおしまい。またヒマになったら次はクロマティ高校のメンバーでやろうかな


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:41:11.37 ID:ZQSeEDft0



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:43:51.41 ID:E79tDfuHO
イリアステルまで…
面白かった、乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「遊戯王」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. まどかとほむらマジ天使 2012/07/21(土) 10:40:14

    アンコノミーでワロタwww


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ