Powered By 画RSS


マミ「それはジャンボタニシの卵よ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 19:30:09.96 ID:F/9AIvu0O
杏子「は、腹減った」

杏子「誰か……食べるものを……」


トボ トボ


杏子「ううう、どこかに食べもん落ちてねえかな」

杏子「……ん」

杏子「あれは……?!」




※グロ注意

http://blog-imgs-44.fc2.com/1/4/2/142ch/1706370.jpg




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 19:35:20.67 ID:HTAFF8Z30
――ダダダッ


杏子「こ、これって……」

杏子「まぼろしじゃないよな……?」

杏子「イクラがこんなところに落ちてるなんて!」


――スッ


杏子「さ……触ってみよう……」



――ヌチョ


杏子「お お お お お」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 19:38:37.06 ID:HTAFF8Z30
――――――――――

マミ「ふんふふんー」

QB「悪いねマミ。こんな所まで見回りさせて」

マミ「え……? ああ、全然いいのよ。これが私の役目だもの」

QB「助かるよ。ちょっとだけ嫌な予感がするんだ」

マミ「魔女を警戒するのは、魔法少女の当然の義務だわ」

QB「うん」

マミ「……それに」

QB「……」

マミ「『仲間』である同じ魔法少女が危ないかもしれない、なんて」

QB「……」

マミ「放っておけないものね!」マミッ


QB(マミ、やっぱり寂しいんだね)


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 19:42:47.94 ID:HTAFF8Z30
QB「彼女も君と同じ、魔法少女なんだけど……」

マミ「ええ」

QB「少し変わっていてね」

マミ「変わってる?」

QB「うん。実はここらへんに住んでいるんだ」

マミ「?」

QB「あ、そろそろじゃないかな」

マミ「住んでる……って」



     「お お お お お お お お ! 」



マミ「……へ?」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 19:46:56.13 ID:HTAFF8Z30
マミ「な、何かしら、あの人」

QB「……あれが『杏子』だよ。でも、少し様子がおかしいね」

マミ「あれが?! ドブの排水口で何かしてるみたいだけど」



杏子「感謝……っ! 全てに感謝……っ!」シクシク



マミ「ブツブツ言ってるけど、大丈夫かしら」

QB「ど、どうだろう。ん? 手に何か持ってるよ」

マミ「……あら。あれはジャンボタニシの卵じゃないの」

QB「ジャンボタニシの卵?」

マミ「ええ。よく水辺の近くにあるのだけど、珍しいものじゃないわ」

QB「へええ……って、まさか」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 19:50:19.49 ID:HTAFF8Z30
QB「いけない! マミ、彼女を止めるんだ!」

マミ「え?」

QB「杏子は家すら持たずに路上で生活をしてる! だから……」

マミ「そ、そうなの」

QB「アレを食べ物と間違えてる可能性がある!」

マミ「……流石に、それはないと思」


杏子「いただきますっ!」


マミ「ってうそ?! ちょ、ちょっと……」

QB「は、早くぅ!」

マミ「ええ! 待ちなさい、そこの……!!」





――プチプチプチプチプチプチプチィ……


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 19:54:39.01 ID:HTAFF8Z30
――マミの家


杏子「いやあ、悪いね。こんなによくしてもらって」

マミ「いいのよ。お礼ならキュゥべえに言っておくべきだわ」

杏子「そうか、キュゥべえが……」

マミ「ええ。ところで、もうお皿をさげていいかしら」

杏子「ん? ああ、頼むよ。ごちそうさまでした!」


――スッ トットット


杏子「……」


杏子(それにしても)

杏子(あれが気持ち悪い、ナンかの卵だったなんて……)

杏子(妙にコリコリしててドブ臭いとは思ったんだけど)


杏子「うえええええ……思い出しただけで、ダメだ」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 19:58:31.17 ID:HTAFF8Z30
――翌日

マミ「じゃあ杏子? 私は学校に行くから、家事は頼んだわよ」

杏子「ああ任せろ! 気をつけてな」

マミ「ええ。じゃ、行ってくるわね!」バタン



杏子「……ふぅー」


杏子(なんだかんだで、住ませてもらうことになった)

杏子(誰かと一緒に生活するなんて何年ぶりかな?)

杏子(……ま、たまには悪くないか)


杏子「あーあ、忙しくなるな」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:02:19.14 ID:HTAFF8Z30
杏子「まずは、洗濯物でも干すか」

杏子「えーと、ハンガーと洗濯ばさみを用意して」

杏子「日に当たるようにベランダで吊るすんだよな」

杏子「よっと。シワをちゃんと伸ばして、慣れりゃ簡単だな!」

杏子「……って、これ、マミの」



杏子(……)

杏子(……ブラ、じゃん)

杏子(マミって胸、大きいもんな。そりゃあこれくらい)


杏子「……おいおい何考えてんだよ! 馬鹿だな!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:06:39.58 ID:HTAFF8Z30
杏子「よーし!」

杏子「布団も干したし、風呂も洗ったし、掃除機もやった」

杏子「一通り終わって……今、12時か」

杏子「んじゃあもう昼だし、マミ弁当食べよう。あー疲れたっと!」


――ガラララ


杏子「ったく、腹の虫が泣いて泣いて……」







                 プ
  プツ     ププ    ジュル
           ツ

杏子「え?」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:10:22.56 ID:HTAFF8Z30
杏子「…………っ?」バッ


――シーン


杏子「……い」

杏子「今、お腹から」

杏子「ヘンな音がしたような……」

杏子「は、はは」

杏子「腹の、虫だったりしてな」


――シーン


杏子「ま」

杏子「気のせいか!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:12:46.06 ID:jnD84W310
やめろ…


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:14:31.88 ID:HTAFF8Z30
――夕方


マミ「ただいまー!」ガラッ

杏子「お。おかえりマミ」

マミ「あら、すごいキレイになってるわね!」

杏子「そうか? まあ適当にやったけど」

マミ「いいえ。『ディ モールト ベネ(非常にいい)』ッ!」

杏子「ディ……?」

マミ「ええ! 本当に助かるわ。私も色々と忙しくて……」

杏子「ああ、一応住ませてもらってるんだし。なんでもするよ」

マミ「うふふ。いい子ね」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:18:28.87 ID:HTAFF8Z30
――――――――――――

杏子「この『三国無双』ってのをやればいいんだな?」

マミ「ええ。『魏』っていう国から選んでおいてね」

杏子「ん……ああ。オッケー、分かった」

マミ「じゃあ私は今日の晩ご飯を作っておくから、早く強くしておきなさい!」マミッ

杏子「はいよ」


――タッタッタ


杏子「……強く、たってなあ。こういうゲームはやったことねえし」


杏子(そもそもどういうゲームなんだろ)

杏子(この、イカツイ男達が戦うのか?)


――ジャキーン!

杏子「うお! ……かっけえな」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:22:53.73 ID:HTAFF8Z30
杏子「『魏』……『魏』……。あ、これか」


杏子(なるほど。武将を選んで戦わせるのか)

杏子(たくさんいるみたいけど、どれ選べばいいんだろ)

杏子(……ま、適当にガタイのいい奴を選ぶか)


――now loading...

――戦闘 開始!


杏子「なになに?」

杏子「……ええと、『自軍の総大将を護衛せよ』?」

杏子「よーし、任せろ」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:26:50.14 ID:HTAFF8Z30
杏子「よっと! あぶねえな」

杏子「……うりゃあ! 食らえ!」ドグシャア

杏子「へへーん! 一丁あがりだな!」


――100人斬り、達成!

――『おめえこそ真の三國無双だぜ!』


杏子「そ、そうか?」

杏子「なんか照れるな」

杏子「……って、あぶねえ! 肉まんを探して回復しねえと……」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:31:00.21 ID:HTAFF8Z30
マミ「――よし。後は煮込むだけね」

マミ「キッチンタイマーをセットして……」カチチチ

マミ「杏子はちゃんとやってるかしら?」


――チラ


杏子「だあああああ! なんだこいつ!」

杏子「杖からヘンな火吹きやがって!」

杏子「避けれねえ! うわあああああ!」


――『もうだめだぁ……苦しいだぁよ……』 ガクッ


杏子「きょ、許チョぉ……」グスン

マミ「」ブフォァ

1706366.jpg


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:35:20.36 ID:HTAFF8Z30
――夕食

マミ「さあ食べましょう!」

杏子「うわ、なんか本格的な食器だ」

マミ「まずは、『地中海風キヌア』に……」カチャ

杏子「おお……」

マミ「『ギリシャ風チキンパスタ』よ!!」バッ


――デデーン!


杏子「おおおおお! すげーなこりゃあ!」

マミ「うふふ。それほどでもないわね」

杏子「こ、こんなの作れるのか……マミは!」

マミ「ええ、もちろん。毎日のように食べてるわ!」ドヤマミッ

杏子「すげえええ……」ジュルリ


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:40:45.89 ID:HTAFF8Z30
――食後

杏子「いやあ、おいしかった。ごちそうさまでした!」

マミ「喜んでもらってなによりよ」

杏子「んじゃあマミ、早くゲームを一緒に……」

マミ「ダメよ、杏子」

杏子「え?」

マミ「魔法少女たるもの、食後は必ずティータイムをしなければならないわ!」

杏子「ティータイム?」

マミ「ええ」

杏子「なんだそれ」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:44:26.77 ID:HTAFF8Z30
杏子「――へええ。食後は紅茶を飲みながら、クッキーを食べるものなのか」モグモグ

マミ「そうよ。それがこの世の理ね!」

杏子「しっかし、このクッキーもおいしいな……」カリカリ

マミ「それはシチリアクッキーだわ。パウダーカカオが上品でしょう?」

杏子「ごく……ごく……ぷはぁ。たしかに」

マミ「ええ、本当は粉砂糖だけなんだけど、私のちょっとしたアレンジなの」

杏子「マミは料理が得意なんだなぁ」

マミ「まあ、長い間一人暮らしをしていれば覚えるものよ」

杏子「……あ」


杏子(……そうか)

杏子(マミも……)


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:48:35.99 ID:HTAFF8Z30
杏子「マミも、一人で生きてるんだな」

マミ「え……? ああ、そうみたいね。もう慣れてしまったけれど」クス

杏子「……」


杏子(一人で生きるなんて当然だと思ってた)

杏子(だから誰かと馴れ合わずに、自分のためだけに生きてきたけど)

杏子(けど、こうして仲間同士で暮らすのも結構、楽しいことなのかもしれない)


杏子「……」

マミ「でもね、杏子がうちに来てくれてとっても嬉しいわ」ニコ

杏子「そう、か」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:52:42.91 ID:HTAFF8Z30
マミ「なかなか働き者さんみたいだしね」ズズズ

杏子「……」


杏子(……本当は、数日で出て行くつもりだった)

杏子(誰かに迷惑なんてかけられないから)

杏子(だけどマミとなら、これからも一緒に……)


マミ「大助かりだわ。魔女も一緒に狩れるし」

杏子「……な、なあ」

マミ「?」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:56:18.88 ID:HTAFF8Z30
杏子「マミ、が、よかったら、なんだけど……」

マミ「ええ、何かしら?」

杏子「その……あれだ」

マミ「?」

杏子「い……」

マミ「い?」




      プ

プツツツツ             ジュ
     プツ     ツツ     ル
 ツツ                ル


杏子「……っい?! ……痛ててて!!」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:57:01.72 ID:yJzLwIxk0
うわあああ…


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:57:15.78 ID:rtKQudW+0
おいやめろ


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 20:57:29.54 ID:d7Ldcgx10
ついにきたか・・・


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:00:12.72 ID:HTAFF8Z30
マミ「き、杏子?!」

杏子「いてて……!!」

マミ「どうしたの?!」

杏子「う……あ……」

マミ「まさかさっきの料理が!!」

杏子「……あ、れ?」

マミ「……?」


――スッ


杏子「あれ。なんてこと、ない」

マミ「……へ?」

杏子「全然大丈夫だ」


マミ「」ペタン


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:05:53.73 ID:HTAFF8Z30
――――――――――――

杏子「やっぱり、ゲームウォッチが一番だな!」

マミ「いいえ。メタナイトに決まってるわ」

杏子「っは! 3分後に同じことが言えるかな?」


――スリー、ツー、ワン ゴー!


杏子「うりゃあああ! 序盤から攻めて攻めまくる!」

杏子「高威力、ロングリーチ、鬼判定、鬼発生の……『タートルブリッジ』!」

杏子「ちょっと入力が難しいけど、慣れりゃかなりガッついていける!」

杏子「これを基軸に……って、あれれ!」

杏子「なんでだ?! 今、何されたんだ?!」

杏子「くっ……! さすがメタナイトっ……訳が、分からない!」

杏子「『オイルパニック』のふっ飛ばし緩和で……なんとか……!!」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:09:28.71 ID:HTAFF8Z30
――3分後

マミ「かなり上達してるわね!」

杏子「くっ、くそぉ……」ガクッ

マミ「落ち込むことなんかないわ」

杏子「だって、1機も倒すことができなかった……」

マミ「仕方ないのよ。メタナイトの性能がいいんだから勝てなくて当たり前なの」

杏子「で、でも、キャラ性能を言い訳にしたくないんだよなあ……」

マミ「ええ、その通りね。私もそれはとっても大切だと思うわ」

杏子「ううーん。ちなみに、ゲームウォッチの性能はどうなんだ?」

マミ「んー……上から5番目、くらいじゃないかしら?」

杏子「そうなのかあ」

マミ「もちろん相性があるからなんとも言えないけど、やっぱり――」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:13:18.22 ID:HTAFF8Z30
――――――――――――

杏子(こんな感じでマミとの共同生活が続いてるわけだけど)

杏子(あの時の腹痛はなんだったんだろ?)


杏子「うーん……」スリスリ


杏子(もう何日も経ってるけど)

杏子(あれ以来、全然なんともないんだよな)


杏子「やっぱ気のせいだったのかな?」




     「杏子、お風呂入るわよー!」


杏子「……ん、ああ! すぐ行くー」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:17:12.13 ID:HTAFF8Z30
杏子「って、今日は、一緒に入るのか」

マミ「ええ。女同士、たまにはいいじゃない」

杏子「ま……まあ、そうだ、な……」


――ガチャン


杏子「でも、サっと流すくらいなんだからそんなに……」

マミ「ダメよ! 今日こそはちゃんとシャンプーで洗ってあげるんだから!」

杏子「シャ……? ああ、洗剤のことか」

マミ「洗剤って、あなたねえ」

杏子「ん? 何が?」

マミ「まあいいわ。お湯を出すわよー」キュウ


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:21:20.18 ID:HTAFF8Z30
――ワシャワシャワシャワシャワシャ


杏子(なんか、きモちいい……)


杏子「……」ボオー

マミ「かゆいところはないかしら?」

杏子「あ……ああ」


――シャコシャコシャコ


マミ「じゃあ、流すから目をつぶって」

杏子「……」

マミ「次に、トリートメントをするわ」ペタペタ

杏子「……」

マミ「……これでよし。タオルを巻いて、はいおしまい」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:25:36.45 ID:HTAFF8Z30
マミ「トリ-トメントは体を洗った後に流すのよ」

杏子「オッケ。んじゃあ、体を洗うヤツは……」

マミ「ええ。これね」


――ペタペタ


杏子「うわわわわわ?!」

マミ「動いたらだめよ!」

杏子「マっ、マミ?!」

マミ「私が洗ってあげるから、ジッとしてなさい!」

杏子「い、いや……それは……っ」

マミ「それは?」

杏子「流石に、恥ずかしいと、言うかっ……」

マミ「なんでかしら? 普通でしょ? これくらい」クスッ


杏子(ふっ、普通なのか……!)


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:30:37.16 ID:HTAFF8Z30
マミ「杏子、すっごいキレイ……」

杏子「へ?!」

マミ「ええ、羨ましくなるほどキレイなお肌よ」

杏子「そ、そうなのかっ」

マミ「うふふ。そうよ」


――スッ


杏子「あっ……あはは! マ、ミっ」

マミ「足を閉じないの! ちゃんと洗えないわ」

杏子「イヤっ、……ま、前は自分で洗う、って」

マミ「……あら、残念ね」

杏子「あ、ああ……」

マミ「それなら首でも洗いましょうか」クスクス


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:40:36.79 ID:HTAFF8Z30
マミ「杏子のうなじだわ」

杏子「う、うなじなんて誰にでも……」

マミ「うふふ」


――キュムキュム……


杏子「ん……っ!」

マミ「ああもう、かじりたくなっちゃう首ね」

杏子「……ぁ……う」

マミ「それから滑らかな肩」

杏子「マ、マミぃ……」

マミ「透き通るような背中も、どうしてこんなに……」


マミ「……え? なにこれ……」

杏子「どう、したの……?」

マミ「い、いや……なんでもないわ。……流して湯船に入りましょう」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:43:14.18 ID:HTAFF8Z30
――――――――――――

杏子「い、色々と、ノぼせた……」ゴロン

マミ「杏子、ちゃんと髪は乾かしたの?」

杏子「え……ああ。すぐ乾くよ」

マミ「まったく。せっかくキレイにしたのに意味ないじゃない。大体、女性なんだから……」

杏子「くぁあ……。マミぃ……ねむいよぉ」

マミ「しょうがないわねえ……」

杏子「……」シパ シパ

マミ「……本当に眠たいのね」クスクス

杏子「うん……」

マミ「じゃあ、今日はもう寝ましょうか」

杏子「はーい……」モソモソ


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:46:12.92 ID:HTAFF8Z30
マミ「電気消すわよー」


――パチッ


杏子「ふあぁ……おやすみ……マミ」

マミ「おやすみ、じゃないでしょ? 杏子」

杏子「んー……あぁ、『ブォナノッテ(おやすみなさい)』……」

マミ「うふふ、いい子ね。『ブォナノッテ(おやすみなさい)』」チュッ

杏子「うん……」ギュッ





マミ「…………」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:50:16.08 ID:HTAFF8Z30
――翌朝


杏子「ぶえっくしょおおおおおい!!」

杏子「……ん、むにゃ……ううーん」

杏子「……?!」バッ


――ゴン!


杏子「イっ?!」

杏子「ってえええええ!」

杏子「あ、頭打った~~……!!」

杏子「なんだ?!ここ……」

杏子「お、檻の中……?」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:54:30.29 ID:HTAFF8Z30
杏子「なんで檻の中にいるんだ……?」

杏子「しかも、裸だし……」

杏子「マ、マミは?! マミはどこにいるんだ?!」


――スッ


杏子「あ、マっ、マミ! これはどういう……!」

マミ「杏子、とても残念なお知らせよ……」

杏子「残念……? なんのことを言ってるんだ?」

マミ「……自分の体を見なさい」

杏子「か、体……?」

マミ「……」

杏子「……う、わ!! なんだこれ!!」


   グニ  グニ


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 21:58:30.46 ID:HTAFF8Z30
マミ「そうよ。杏子、あなたの体は……」

杏子「なっ、ナメクジみたいに……!!」

マミ「あなたの体は『カルマ』を背負ってしまったのよ」

杏子「ぬるぬるして……っ!」

マミ「……」


――スッ


杏子「マ、マミ?!」

マミ「……じゃあ私は学校に行くわ」

杏子「ちょ、ちょっと待ってくれよ……!! ここから……!!」

マミ「……」スタスタ

杏子「ああ……」


――バタン


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:03:19.12 ID:zB2cecjs0
あんこちゃん・・・


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:04:29.12 ID:HTAFF8Z30
杏子「ど、どうなってんだ……この体……」

杏子「……とにかく、ここから出ねえと」

杏子「……くぅっ、力が、入らない……」


――ヌル ヌル


杏子「ノ、ノドが渇いてきた……」

杏子「あんまり動かねえほうが……」

杏子「あっ、あそこに、水が置いてある……」


――ズルッ……ズルッ……


杏子「んっ……」チュパ


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:08:45.95 ID:HTAFF8Z30
――――――――――――

――夕方

杏子(腹減った……)

杏子(水ももうなくなった)

杏子(うう……)


杏子「……あたし、どうなるんだろ」

杏子「触覚も生やして……」

杏子「こんな怪物みたいな体になってさ」

杏子「……怖いよ」

杏子「……マミ」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:14:18.43 ID:HTAFF8Z30
――ガタン


杏子「!!」

杏子「マミ……!」

杏子「マミが帰ってきた……!!」


――ガチャア


杏子「マ、ミ……!! よかった!!」

マミ「……」

杏子「ここから出してよう……!!」

マミ「……」

杏子「マミがいなくて怖くなって……!!」

マミ「……」

杏子「だから、早く出て一緒にまた……!!」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:18:14.14 ID:HTAFF8Z30
マミ「ダメよ」

杏子「ど、どうしてだよお……っ?!」

マミ「なぜならば、『カルマ』を拭うためには一ヶ月間の監視・断食をしなければならないの」

杏子「そんなぁ!!」

マミ「だから、残念だけれど我慢してもらうわ」


杏子「そんなのって……!!」

杏子「あたし、ずっとマミを待ってたんだぞ……!」

杏子「捨てられるんじゃないかとか……!」

杏子「もう一生この体なんじゃないかとか……!」

杏子「こんな体、マミに嫌われるんじゃないかとか思いながら……!」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:22:53.66 ID:HTAFF8Z30
マミ「うふふ。いい子にシてたのね」

杏子「あたしにはマミしか……!」

マミ「でもね、杏子? 悲観することはないのよ」

杏子「え……?」

マミ「キチンとすれば必ず治るものなのだから」

杏子「ほ、本当……?」

マミ「ええ、もちろんよ! 私は絶対に嘘は言わないわ」

杏子「……う、ううう」

マミ「だから、今日一日だけれどよく頑張ったわね」

杏子「うう……よ……よかったあ……」

マミ「うふふ」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:27:32.91 ID:HTAFF8Z30
杏子「がんばって早く治すよ……!」

マミ「ええ。私も協力するわ」

杏子「もうダメかと思ったんだから……」グジュ

マミ「そんな……おおげさすぎるわよ。せっかくなんだから、楽しんでいきましょう!」

杏子「お、おい! 楽しむってなあ……他人事みたいによお……」ゲチョ!

マミ「いいじゃないの。だって、グチュグチュな杏子も素敵なんだもの」

杏子「素敵って……あはは」


――パラパラパラ


杏子「え?!」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:31:14.03 ID:HTAFF8Z30
杏子「なんだ……?」

杏子「マミ、なんだよこの粉」

杏子「って、ふ……ぁぁぁ……」


――カチャ ガラララ


マミ「さあ、ゆっくりでいいから出てくるのよ!」

杏子「……マ……ミ……?」ズル ズル

マミ「うふふ。どうしたのかしら?」

杏子「ち……ちか、ら……が」

マミ「もう! 本当にかわいいわね!」ギュウ

杏子「……ぅ」グジュ

マミ「イじめたくなっちゃうじゃないの……」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:35:31.66 ID:HTAFF8Z30
――グジュル……グジュル……


マミ「よしよし。ゴホービに塩をあげるわ」


――パラパラパラ


杏子「ぅ……ぁ……」

杏子「マ……、ぃ」

杏子「く……る……し……」


――ペロペロペロ


杏子「ん……ぅ……」

マミ「しお味の杏子も……ん」ペロン

杏子「……ひぅ……!」

マミ「なかなかいけるわね……!」

杏子「……ぅ!」グチュ


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:39:03.27 ID:HTAFF8Z30
――バチャバチャバチャア

杏子「ぷはあああ!!」

マミ「流石に苦しそうだったから」クスクス

杏子「うおお、生き返ったあああ!!」

マミ「もうちょっと少なめにしたほうがよかったかしら?」

杏子「マ、マミぃ……冗談じゃなくて苦しかったんだぞ!」

マミ「ええ。とってもかわいかったわ」

杏子「……へえ」

マミ「そうよ。じゃあ次はどうやって遊ぼうかしら」

杏子「……人を、オモチャにしやがって」

マミ「うーん……」

杏子「……うおりゃ!」


――ビタン!

マミ「きゃ、きゃあ?!」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:44:01.52 ID:HTAFF8Z30
杏子「へへっ! 今度はこっちの番だな!」

マミ「き、杏子……っ?」

杏子「マミだけ楽しんでちゃあ、不公平だ!」


――ウネウネ


マミ「んん……!」

杏子「どうだ! ニュルニュル攻撃!」

マミ「杏子! 制服が、濡れちゃうわ……っ!」

杏子「しかしこの体もなかなか面白いな」

マミ「ちょ、ちょっと……いい加減に……っ!」


――ニュルルルゥゥゥ!

マミ「ひゃ?!」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:48:50.25 ID:HTAFF8Z30
杏子「マミって胸大きいよなあ……」

マミ「……な、に言ってるの! 早く……!」

杏子「毎晩寝る時に、手で触れたらな、って思ってたんだ」

マミ「馬鹿、ね……! 私から、降りなさい……!」

杏子「ところがどっこい! この体なら……!」


――ニュルンニュルン……!


マミ「んあ……っ!」

杏子「簡単に手を滑り込ませれるわけだ!」

マミ「ひ、ぁ……!」

杏子「あったかい……」

マミ「き、杏子ぉ……っ!」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:53:08.75 ID:HTAFF8Z30
マミ「杏子……っ!」

杏子「ん? どうしたマミ」

マミ「ニュルニュ、ルしないで……っ!」

杏子「なんでだよ? せっかくなんだから、楽しんでくれよ」

マミ「んんん……っ!」


――ズ……ズ……


マミ「……あっ! そ、そこはぁ……っ!」

杏子「動かない動かない」

マミ「ぁぁぁ……」

杏子「知ってるか、マミ? この体」

マミ「……?!」

杏子「ピタっと、吸い付けるんだ……」


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 22:57:41.92 ID:HTAFF8Z30
マミ「ダメっ! やめて……っ!」

杏子「マミの下に、思いっきり吸い付いたら」

マミ「ゆ、許してよぉ……!」

杏子「どうなるんだろうな?」

マミ「もう、イジワルはしないからぁ……!」


――キュゥ


マミ「あああ……! ダ、ダメっ!」

杏子「んー? 何がかい?」

マミ「す、吸い付いちゃ、ダメよ!」


――キュウウウ


マミ「ダメ!! ダメなのおおお!!」


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:01:47.98 ID:HTAFF8Z30
杏子「それはできない相談だなあ」


――キュウウウウウ!


マミ「きゃああっ……!!」

杏子「こんなにかわいい顔されたら、無理に決まってる……!」

マミ「ゆ、許してえええええ……っ!」


――キュウウウウウウウウ!


マミ「ほんとにだめなのおおおおお!!」



――ギュウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!



マミ「ひああああああああああああ!!! 逝っちゃううううううううう!!」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:05:09.17 ID:HTAFF8Z30
――――――――――――

マミ「……はぁっ!!……はぁっ!!」ビクン

杏子「おおお」

マミ「……ひゃぅ……はあっ!!」ビクンビクン

杏子「すごいビクビク、してる……」

マミ「も、もう……!!」






     「……杏子の、馬鹿!!」


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:09:09.50 ID:HTAFF8Z30
――翌日

杏子「なあ、マミ……?」

マミ「……なに?」

杏子「その……なんだか不機嫌そうだな」

マミ「そう? むしろ機嫌がいいくらいよ」

杏子「そ、そうなのか……」

マミ「……」

杏子「……じゃあ」

マミ「……」

杏子「なんで……」

マミ「……」

杏子「水の中に……」


杏子「こんなたくさん塩が入ってるんだよおおお!!」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:12:12.18 ID:HTAFF8Z30
杏子「ううう……こんなの飲めねえよお」

マミ「……私はもう学校に行くから」

杏子「いいじゃんあれくらい……」

マミ「後、一ヶ月。頑張るのよ?」

杏子「……はあい」


――バタン





マミ「……うふふ」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:14:42.45 ID:HTAFF8Z30
マミ「これからイじめ甲斐があるわね……」

マミ「じゃ」

マミ「そろそろ急ぎましょうか」













プ ツツ     

     プツ



マミ「……って、え?」バッ

                       おしまい


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:16:58.47 ID:HTAFF8Z30
以上です
ここまで読んでくれた方、本当にありがとうございました
色んな反応があってメチャクチャ嬉しかったです

やっぱりマミ杏、杏マミが一番ですね!

次回作はキュゥべえに何らかの卵を食べさせる予定です
また懲りずにアブノーマルなジャンルになりそうっス

では、ここら辺で!
『アリーヴェ デルチ(さようなら)』!


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:20:48.74 ID:zB2cecjs0
乙マミ
次回も期待


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:35:56.89 ID:/W/2oIIvO
このスレタイでエロ展開になるとは…

いちおつ


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/17(金) 23:43:53.16 ID:3Thhsw8U0
乙っちまどまど!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ