Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボ「ユウシャ……?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:31:15 ID:I2/9aM1Y
勇者「違う違う。 それは俺の名前」

勇者「俺はあんたの名前を聞いてんの」

ロボ「……」

ロボ「名前……? ワタシノ……?」

ロボ「……」

ロボ「でーたガ アリマセン」

勇者「はあ……なんなんだこいつ」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:34:37 ID:I2/9aM1Y
ロボ「アナタハ 誰デスカ?」

勇者「俺は勇者。 さっきそう言ったろ」

ロボ「ソウデスカ」

ロボ「ワタシハ 誰デスカ?」

勇者「知らねーよ」

ロボ「ソウデスカ」

勇者「……やっぱり起動させるべきじゃなかったかな」


3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:39:16 ID:I2/9aM1Y
ロボ「勇者サン」

勇者「なんだよ」

ロボ「ココハ 何処デスカ?」

勇者「そんなことも知らないのか」

勇者「魔王城の地下だよ」


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:44:00 ID:I2/9aM1Y
ロボ「マオウジョウ?」

勇者「……なにも知らないってことは」

勇者「あんたは一切ここの情報を持ってないのか?」

ロボ「ワタシノ……でーた……」

ロボ「検索中……」

ロボ「……」

ロボ「しすてむヲ起動スル際ニ イクツカノ情報ガ破損シタ ヨウデス」

勇者「ふーん……それってもう戻らないのか?」

ロボ「復元ハ 困難ダト思ワレマス」


5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:48:19 ID:I2/9aM1Y
ロボ「ソレデ 勇者サン」

ロボ「マオウジョウトハ 何デスカ?」

勇者「そのまんまだよ」

勇者「魔王が住んでた城」

ロボ「……魔王トハ 何デスカ?」

勇者「たぶんあんたを作ったやつだ」

ロボ「ナント! ワタシノ創造主デスカ!」


6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:53:05 ID:I2/9aM1Y
ロボ「魔王城ハ 魔王ガ住ンデイタ城……」

ロボ「住ンデ……イタ?」

ロボ「デハ魔王ハ モウ……」

勇者「いや、残念ながら生きてるよ」

勇者「俺はここに攻め込んで」

勇者「それっぽい老人を倒したんだけど」

勇者「たぶんあれは影武者だね」

ロボ「ナント!」

ロボ「……デハ」

ロボ「ワタシト 勇者サンハ 敵同士!?」

勇者「そうだな」


7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:59:02 ID:I2/9aM1Y
ロボ「ナラバ ワタシハ 貴方ヲ 排除セネバ ナリマセン」

勇者「そうか」

ロボ「カクゴ!」

ロボ「……」

ロボ「……」

ロボ「ワタシノ 武器ハ ドコデスカ?」

勇者「捨てた」

ロボ「ナント!」


8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:04:36 ID:I2/9aM1Y
勇者「あんたを起動する前に全部処分したよ」

ロボ「困リマシタ……戦エマセン」

勇者「戦えないならそれでいいんじゃないか?」

ロボ「ナルホド、合理的デスネ」

勇者「というか武器があることは覚えているんだな」

ロボ「ソレハ コノぼでぃノ説明デスカラ」

ロボ「破損シテイルノハ ワタシ個人ノでーたデス」

勇者「わたし個人?」

勇者「……まあバリバリ感情と自我あるし今更か」

ロボ「創造主ノコトヲ知ラズ 武器ニ執着スル……」

ロボ「ツマリ ワタシハ 最下層ノ兵士!」

勇者「自分で言うのか」


10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:11:56 ID:I2/9aM1Y
ロボ「でーたガ 復旧サレルマデハ」

ロボ「停戦トイウコトニ シマショウカ」

勇者「なんでもいいよ」

勇者「……」

勇者「それじゃあ、そろそろ俺は帰るかな」

ロボ「エッ? モウデスカ?」

勇者「とりあえず人を襲う気はないみたいだし」

勇者「付近の村にすぐ帰ると言ってあるからな」

ロボ「付イテ行ッテ イイデスカ?」

勇者「だめだ」

勇者「あんた見たまんまの戦闘マシンだし。みんな怖がっちまう」


11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:16:33 ID:I2/9aM1Y
ロボ「ウーン、困リマシタネ」

勇者「人里に降りる気なのか?」

ロボ「特ニ目的ハ アリマセンガ」

ロボ「一人デハ 暇デス」

勇者「そっか。 じゃあまた来るよ」

勇者「まだ何か手がかりがあるかもしれないし」

ロボ「優シイ!」

勇者「うるせえ」


12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:21:12 ID:I2/9aM1Y
――

ロボ「創造主ノでーたガ 無イナラ」

ロボ「ワタシハ 魔物ニかてごらいずサレル 兵士ナノデショウカ」

ロボ「シカシ ソレナラバ自我モ 必要無イハズ」

ロボ「ワタシハ 誰デスカ?」

ロボ「……」

ロボ「コノ質問ハ 勇者サンヲ困ラセテ シマイマスネ」

ロボ「次ハ 楽シイ会話ニ シタイデス」


13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:26:05 ID:I2/9aM1Y
トコトコ

ロボ「ソレニシテモ」

ロボ「魔王城ハ 広イデスネ」

ロボ「魔物ガ一匹モ 居マセンシ」

ロボ「備品等モ 回収サレテイル ヨウデス」

ロボ「何モ アリマセン」

ロボ「暇デス」

ロボ「勇者サン 早ク来ナイカナ」


14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:32:36 ID:I2/9aM1Y
――

勇者「おーい、来たぞー」

ロボ「勇者サン!」

魔法使い「ふーん……こいつがあんたが言ってた機械の魔物?」

勇者「そうだ。 魔物かどうかも分かんねえけど」

ロボ「コノ方ハ?」

勇者「魔法使い。 俺の仲間だよ」

魔法使い「あなたのことを調べてほしいって頼まれたのよ」

魔法使い「まあ、よろしくね」

ロボ「ウーン……」

ロボ「反応ニ 困リマスネ」

魔法使い「えっ?」


15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:42:58 ID:I2/9aM1Y
ロボ「ウヒョー! イイけつシタ ネーチャンガ 来ヤガッタゼー!」

ロボ「ト 喜ブベキ ナノカ」

ロボ「マア! 勇者サンニ 近ヅク泥棒ネコ!」

ロボ「ト 怒リヲ露ワニスルベキ ナノカ」

ロボ「ドウ反応スルノガ イイノデショウ」

勇者「……」

魔法使い「……」

魔法使い「き、聞いてた以上にすごいわね」


16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:47:48 ID:I2/9aM1Y
勇者「えっと……」

勇者「まずお前性別あるの?」

ロボ「分カリマセンガ」

ロボ「生殖機能ハ 付イテイマセンノデ 無イ可能性ガ高イデス」

魔法使い「じゃあどっちの反応もおかしいじゃない」

ロボ「ソウデスネ」

ロボ「デスガ ワタシハ 一人デ暇ダッタノデス」

ロボ「コノ会話ヲ 楽シミニ シテイタノデス」

勇者「……」

ロボ「ダカラ」

ロボ「ぼけテ ミマシタ」

勇者「なんでだよ」


17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:52:33 ID:I2/9aM1Y
魔法使い「とりあえず自我があるのは本当みたいね」

魔法使い「ただの戦闘マシンってわけじゃなさそう」

勇者「となるとやっぱ魔物なんじゃねーの?」

魔法使い「無機物の魔物……ゴーレムの類かしら……」

ロボ「ナント! めたるナごーれむデスカ!」

ロボ「カァッコイイ!!」

魔法使い「ゴーレムじゃないわね。 陽気すぎる」

ロボ「ナント!」


18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:58:00 ID:I2/9aM1Y
勇者「そうだ、あれからなにか思い出したか?」

ロボ「全然駄目デシタ」

ロボ「ワタシノ処理能力デハ でーたノ復旧ハ」

ロボ「デキナイッポイデスネ~」

魔法使い「何その言い回しふざけてるの?」

ロボ「陽気ナきゃらくたーデ イッテミヨウカト……」

勇者「もしかして昔はそんな感じだったとか?」

ロボ「分カリマセン」

魔法使い「というかあなたには昔……過去があるの?」

ロボ「分カリマセン」

ロボ「ガ」

ロボ「ナンダカ 楽シイデス」


19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 23:04:53 ID:I2/9aM1Y
魔法使い「楽しい?」

ロボ「ハイ 談笑ヲスルナド 初メテナノデ」

ロボ「今 トテモ充実シテイマス」

勇者「あんたさ」

勇者「元は人間なんじゃないか?」

ロボ「ナント!?」


20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 23:09:45 ID:I2/9aM1Y
魔法使い「ど、どういうことよ」

勇者「だって馴染みすぎだろ。 そうとしか考えられねえよ」

勇者「こう……人間の意識を移す器的なものなんだよ多分」

ロボ「抽象的デスネ」

ロボ「デハ 何ノ為ニ ソンナ事ヲ?」

勇者「それは分かんねえ」

勇者「死してもなお戦う兵士的なあれじゃね?」

ロボ「抽象的デスネ」


21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 23:14:18 ID:I2/9aM1Y
ロボ「デモ」

ロボ「ソレハ格好良イ デスネ!」

勇者「うん?」

ロボ「ツマリ破損シタ でーたハ記憶!」

ロボ「ワタシノ 過去!」

ロボ「戻ッタ時 ワタシハ兵士トナル!」


22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 23:20:50 ID:I2/9aM1Y
勇者「おお!それならその記憶が戻れば!」

勇者「本物の魔王の居場所も分かるな!」

ロボ「ナルホド!」

魔法使い「……はあ?」

魔法使い「あんたまだそんなこと言ってんの?」

ロボ「……?」


23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 23:27:22 ID:I2/9aM1Y
勇者「だって未だに実感が無いんだ」

魔法使い「実感も何もないわ!」

魔法使い「あの爺さんだか婆さんだかわからなかった奴が魔王よ!」

ロボ「エッ?」

勇者「だからあれは影武者だって」

魔法使い「強かったじゃない!」

勇者「今までの中では一番ってだけだろ」

勇者「魔物を束ねる王なんだからもっと段違いなはずだ」

魔法使い「昔はもっと強かったとかそんな感じでしょ!」

魔法使い「もう魔王なんていないの! 世界は平和になったの!」

ロボ「ナンデスッテ!?」


24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 23:32:28 ID:I2/9aM1Y
ロボ「ユ、勇者サン!」

ロボ「ココニ攻メ込ンダノハ イツノ話デスカ!?」

勇者「一年前だ」

ロボ「ナァント!!」

ロボ「城ガ カラッポナ ワケダ!」

勇者「まあ付近に村ができるぐらいには平和になったな」


25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 23:38:12 ID:I2/9aM1Y
ロボ「ワタシガ ココノ住人デ」

ロボ「守ルベキ魔王ハ モウ死ンデイル?」

ロボ「ソレガ 本当ダトシタラ……」

勇者「本当だとしたら?」

ロボ「切ナイネ!」

魔法使い「そうね」


26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 23:45:57 ID:I2/9aM1Y
勇者「あんたが過去を思い出したら全てわかる」

勇者「もし魔王が生きていて、居場所を話してくれたら」

勇者「あんたは殺さないよ」

ロボ「どらいナ取引デスネ」

魔法使い「死んでるって嘘ついたら?」

勇者「つかねーよ」

魔法使い「なんで言い切れるのよ」

勇者「そりゃあ」

勇者「友達だからな」

ロボ「!!」

ロボ「優シイ! 暖カイ!」

勇者「よせやい!」


27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 23:51:57 ID:I2/9aM1Y
魔法使い「馬鹿じゃないの」

勇者「なんだと!?」

勇者「こういうのは信頼が大事なんだよ」

勇者「話したら殺さないってのも本心だ」

勇者「こうお互いに信じあうことでだな……」

魔法使い「いやいや、敵同士だから」

ロボ「敵同士ノ友情!」

ロボ「切ナイネ!」

魔法使い「あなたはちょっと黙っててね」

ロボ「フェェ……」


28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 23:57:47 ID:I2/9aM1Y
魔法使い「今不思議なバランスで仲良くやれてるのは」

魔法使い「この人が何者なのか分かってないからなのよ?」

ロボ「人扱イ! 嬉シイネ!」

魔法使い「黙っててね」

魔法使い「それで記憶があって、それが戻ったとしたら」

魔法使い「今の自我なんて全部無くなっちゃうわよ」

魔法使い「たった数日しか経ってないんだから」

ロボ「……」


29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 00:05:17 ID:FJDCN7e2
勇者「そうか? 俺はそうなっても友達のままだと思うけど」

魔法使い「根拠は?」

勇者「友情に時間は関係ないからだ!」

魔法使い「馬鹿じゃないの」

勇者「なんだと!」

魔法使い「……まあいいわ」

魔法使い「百歩譲って記憶が戻ってもなお友人だったとしましょう」

魔法使い「それであなた主人を売るの?」

ロボ「……」

魔法使い「友達だから、戦うことになるわよ?」


30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 00:10:53 ID:FJDCN7e2
勇者「どうしてだよ」

魔法使い「忠誠心が人並みにあったら」

魔法使い「友達相手でも大将の居場所を吐いたりしないでしょう」

魔法使い「だから記憶が戻ればどう転んでも倒すべき敵に……」

勇者「それはどうかな?」

魔法使い「えっ?」

勇者「こいつの初期データとやらには、魔王の情報がなかった」

勇者「つまり信頼されてない可能性が高い!」

魔法使い「ふぅん……昔は制御不能の狂戦士ってこと? ありえなくはないわね」

魔法使い「それでも戦うことにはなりそうだけど」

ロボ「……」


31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 00:18:34 ID:FJDCN7e2
魔法使い「ま、ここで話しててもしょうがないわね」

魔法使い「日を改めてまた来るわ。 私も暇じゃないんだから」

ロボ「……」

勇者「どうかしたか?」

ロボ「……」

魔法使い「なによ、言いたいことがあるなら言いなさいよ」

ロボ「黙ッテテネ ト言ワレタノデ……」

魔法使い「空気を読みなさいって意味よ」

ロボ「本場ノぶらっくじょーくハ キツイゼ! ハハハ!」

魔法使い「そんな空気じゃなかったでしょ!」


32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 00:27:00 ID:FJDCN7e2
魔法使い「もういい! また来るわ!」

魔法使い「まったく、骨折り損とはこのことね!」

勇者「おいおい、正式に依頼したんだから金は出すぞ?」

魔法使い「馬鹿なの? 仲間から本気で金とるわけ無いでしょ」

勇者「そっか」

勇者「じゃあ俺も一度引き返すよ」

勇者「……またな!」

ロボ「マタナ!」


33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 00:33:16 ID:FJDCN7e2
――

ロボ「マタ 一人ニ ナッテシマイマシタ」

ロボ「デモ 寂シクハ アリマセン!」

ロボ「友達ガ デキマシタカラ!」

ロボ「……」

ロボ「記憶ガ戻レバ 友達デハナクナル カモシレナイ」

ロボ「友達ト戦ウコトニナル カモシレナイ」

ロボ「ソレハ……切ナイネ……」


34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 00:38:45 ID:FJDCN7e2
ロボ「……」

ロボ「ソレナラワタシハ……」

ロボ「ワタシハ……!」


35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 00:44:33 ID:FJDCN7e2
――

魔法使い「あら? 勇者はまだ来てないの?」

ロボ「オオ! イラッシャイ!」

魔法使い「はいはい、お邪魔します」

魔法使い「それでどう? 記憶は戻った?」

ロボ「ソノコトデ 話シタイコトガ アリマス」

魔法使い「ふーん……」

魔法使い「奇遇ね、私もよ」

ロボ「デハ、勇者サンガ 来タラ」

魔法使い「そうね。同時に言ってみましょうか」


36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 00:59:05 ID:FJDCN7e2
勇者「おっと、もう来てたのか」

ロボ「勇者サン!」

魔法使い「来たわね」

ロボ「デハ! 言イマスヨ! ヨイコラセッセ!」

魔法使い「なにその掛け声気持ち悪い、音頭は私がとるわ!」

魔法使い「せーのっ!」


37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 01:03:41 ID:FJDCN7e2
ロボ「元ノ記憶ッポイでーたヲ 全消去シマシタ!!」

魔法使い「こいつの正体は魔王よ!!」


勇者「なんだって!?」

ロボ「ナンデスッテ!!?」

魔法使い「なんですって!!??」


38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 01:09:20 ID:9iO2TJSQ
ワロタ


39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 21:46:42 ID:FJDCN7e2
勇者「ど、どどどど」

勇者「どういうことだ!?」

ロボ「マルデ 意味ガ 分カリマセンゾ!?」

魔法使い「ええい! 落ち着きゃなしゃい!!」

魔法使い「順番に説明していけばいいだけの話よ!」

ロボ「ワタシガ 魔王!? 大変興味深イデス!」

勇者「そ、そうだ! まずそれから話してくれ!」


40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 21:55:07 ID:FJDCN7e2
魔法使い「そう……じゃあ私から話すわね」

勇者「おう!」

ロボ「ハイ!」

魔法使い「すーはー……こほんっ」

勇者「あ、これ実は話したくてしょうがなかったやつだな」

ロボ「説明ノ 練習トカ シチャッテタぱたーんデスネ」

魔法使い「聞きたくないの!?」

勇者「聞きたいです」

ロボ「聞キタイデス」


41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:06:33 ID:FJDCN7e2
魔法使い「まず! あなたは魔王城制圧の1年後にようやく見つかった!」

魔法使い「つまり厳重に保管されていたということ!」

魔法使い「そうよね勇者!」

勇者「たしかに。地下室の奥にあったな」

魔法使い「外部から見つかりにくい場所に隠されていた……つまり!」

魔法使い「あなたは重要視されていた存在なのよ!」

ロボ「ナント!」

ロボ「最下層ノ兵士デハナイ!?」


42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:12:06 ID:FJDCN7e2
魔法使い「そして! あなたは魔王の情報を持っていなかった!」

ロボ「ハイ! 信用サレテイナイカラデス!」

魔法使い「違う! そうじゃない!」

ロボ「エエエ!?」

魔法使い「それは! そんな情報必要なかったからよ!」

魔法使い「そう!」

魔法使い「あなた本人が!」

魔法使い「魔王だったから!!」

ロボ「ナ……」

勇者「な……な……」

ロボ「ナンダッテー!?」

勇者「なんだってー!?」

魔女「う、うん。そんな反応が欲しかったの。ありがとね」


43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:22:15 ID:FJDCN7e2
勇者「なるほど……」

勇者「あんた自身が頂点だったら」

勇者「敬うべき創造主の情報なんか入ってるわけがないな」

ロボ「オオー……」

魔女「さあ、次はあなたの番よ」

魔女「全消去ってどういうこと?」


44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:29:33 ID:FJDCN7e2
ロボ「ワタシハ……」

ロボ「ワタシハ 自分ガ自分デ無クナルノガ 怖カッタノデス」

勇者「おお、言ってみたいセリフ」

魔法使い「茶化さないの」

ロボ「前回聞イタヨウニ 記憶ガ戻レバ」

ロボ「ワタシノ人格ガ崩壊シテシマウ カモシレナイ」

ロボ「勇者サンヤ……」

ロボ「……」

ロボ「エット……二人ガ友達デハ 無クナル カモシレナイ」

ロボ「ソウ考エルト……」

魔法使い「名前を忘れておいて友達面とはいい度胸ね」

勇者「茶化すなよ」


45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:35:32 ID:FJDCN7e2
ロボ「ソウ考エルト 怖クナッテ……」

ロボ「復旧シヨウト シテイタ でーたヲ 削除シテシマイマシタ」

勇者「そっか」

魔法使い「消す前にひとこと言ってくれたらよかったのに」

ロボ「ソノでーたヲ 持ッテイルコト自体ガ 怖クナッタノデス」

勇者「まあ消しちまったものはしょうがねーな」

ロボ「エット……マ、魔法使イサン!」

魔法使い「あら、名前思い出した?」

ロボ「魔法使イサンノ 情報コソ 事前ニ勇者サント 相談スルベキダッタノデハ?」

勇者「あ、確かに。 魔王と自覚したら戦うことになるしな」

魔法使い「あなた一人に隠したところで勇者から伝わるでしょう?」

勇者「あ、確かに。 友達に隠し事はできないもんな」


46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 22:57:33 ID:FJDCN7e2
勇者「……」

勇者「あれ?」

魔法使い「なによ」

勇者「一件落着しちゃってるんじゃないかこれ?」

ロボ「……エッ?」

魔法使い「……はっ!」


47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:06:06 ID:FJDCN7e2
ロボ「ドウイウコトデス?」

勇者「つまりさ」

勇者「俺の倒すべき魔王はお前の中にいて」

ロボ「ハイ」

勇者「お前はそれを消したんだろ?」

ロボ「ソウデスネ」

ロボ「……」

ロボ「ソウデスネ!!」

勇者「世界は 平和になった!!」


48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:10:47 ID:FJDCN7e2
魔法使い「で、でも……勇者はそれで納得していいの?」

勇者「うん?」

魔法使い「証拠がないわよ。 まだこれは私の推測にすぎない」

勇者「……」

勇者「信じるよ」

魔法使い「どうして?」

勇者「一年も手がかり無しだったからな」

勇者「魔王はすでに死んでるってのが一番自然な考えだし」

勇者「その推測なら実感がなかったのにも辻褄が合うし」

勇者「そろそろ折り合いをつけねーとな」

勇者「どこかに答えが書いてるわけじゃないんだから」

ロボ「勇者サン……」


49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:15:47 ID:FJDCN7e2
勇者「では改めて……」

勇者「うおー! 世界は平和になったぁー!!」

ロボ「ヤッタゼー!」

魔法使い「平和になっていたというかなんというか……」

魔法使い「まあいいわ。 めでたいことではあるし」

ロボ「メデタシ メデタシ! デスネ!」


勇者「よし、村に降りてみるか!」

ロボ「エエ!?」


50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:21:35 ID:FJDCN7e2
魔法使い「ちょっと本気!?」

勇者「そりゃ本気だよ」

勇者「人前に顔を出すなら早いほうがいいだろ」

ロボ「確カニ ソウデスガ……」

魔法使い「怖がられるかもしれないわよ」

勇者「そこはうまく説明しよう」

魔法使い「それなら練習しておかないと……」

ロボ「ヤッパリ好キナンデスネ 練習」

魔法使い「う、うるさい!」


51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:25:39 ID:FJDCN7e2
魔法使い「これはあなたの為を思って言ってるのよ?」

勇者「そうだぞ、あんたの……」

勇者「……」

勇者「あんたってものいい加減変だな」

ロボ「ワタシハ モウ 誰デモ無イノデ」

勇者「おお、イカスセリフだな」

勇者「じゃあ名前つけるか」


52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:31:05 ID:FJDCN7e2
ロボ「ワーオ! 命名式デスネ!」

勇者「無いと不便だしな」

ロボ「カッコイイノヲ オネガイシマス!」

魔法使い「そう言われるとちょっと自信ないわね」

勇者「うーん……大事なことだしよく考えて決めないとな」

魔法使い「あなたの体に名前はついてないの?」

ロボ「無イデスガ」

ロボ「踵ノ裏ニ 型番ガ アルハズデス」

勇者「へー、じゃあそれを参考にしてみるか」


53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 23:39:48 ID:FJDCN7e2
ロボ「ワタシデハ 構造上 視界ニ入ラナイ位置ナノデ」

魔法使い「分かった。 じゃあ見てあげるわね」

魔法使い「どれどれ……」

ロボ「イヤーン」

魔法使い「うるさい」

魔法使い「本当だ、なにか書いてあるわ」

勇者「読めるか?」

魔法使い「任せなさい。 えっと……」

魔法使い「"魔王のバックアップボディー" だって」

勇者「……」

勇者「答え書いてるじゃねーか!」

おわり


54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 00:07:44 ID:zf/rJsIs
乙 ユーモアあるロボいいよね


55 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 00:42:23 ID:vy.Z7Qn6
おつおつ
こういうロボ物だいすき


56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/07(水) 01:07:51 ID:EPJpd9j6
面白かった 乙


元スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1375705875/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。