Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドミニカ「星を見に行こう、ジェーン」

1 :ドミジェン、書き溜め無し、短め、曖昧設定 2013/08/13(火) 00:03:31.07 ID:Qx7ydsBko
――――――――――504基地

タンクトップ姿の大将がそんなことを言ったのは、食事の後。

マルチナ少尉と、ルチアナ曹長が“何となく”の夜間哨戒任務に出かけ

他の隊員が自室に戻り、体を休めている時のことだった。


ジェーン「星、ですか?」

ドミニカ「そうだ、星だ」


それまで大将は、M1917リボルバーのシリンダーをカチャカチャと回していたり

書き連ねられた字で真っ黒な書類を流し読みしていた私を、チューインガムを噛みながら眺めていたのだ。

それなのに、前触れのない、突然の、星を見に行こうというお誘い。

……いきなり、なんてのは、もう慣れっこなのだけれど。


ジェーン「……良いですよ」

ドミニカ「よし」


特に拒否する理由もなかったので、私はそんな彼女の誘いを快く受けいれた。




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 00:17:35.19 ID:Qx7ydsBko
大将は、薄手のシャツに腕を通し、私の手を引いて

月の光だけが照らす、うすぐらい基地の廊下を歩いていく。

こつ、こつと、私と大将の二つの足音だけが無機質に響く。

どこに向かうのだろう? どこで夜空を見るのだろう?

とボーっと考えていると、私たちはハンガーに到着した。


ジェーン「ストライカーを使うんですか?」

ドミニカ「いや」


私の質問にNOと答えると、大将は外にとまっているキューベルワーゲンを指さした。


ジェーン「えっ、アレを使うんですか?」

ドミニカ「あぁ、そうだ」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 00:34:13.80 ID:Qx7ydsBko
大将は、ポケットから鍵を取り出して、私に見せる。

私が、“許可を取らないとダメですよ”と言おうとしていたことが分かっていたかのように。


ドミニカ「竹井には許可をもらった」

ジェーン「そうでしたか」

ドミニカ「本当はストライカーを使いたかったんだが」
    「タンデム用の」

ジェーン「うちにはないですもんね」


キューベルワーゲンに乗り込み、エンジンをかける。

ブロロン、と力強い音を立てると、彼女は、私たちを乗せて動き出した。

上を見上げれば、既に星空が広がっている。

それなのに、車で移動するのには、彼女なりに訳があるのだろう。

そう思って、私はその点に関しては何も言わないことにした。


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 00:51:46.92 ID:Qx7ydsBko
私たちは、彼女に時折荒々しく揺らされながら

ジープよりも乗り心地はいいだとか

しかしジープの方が優れているだとか

今日の竹井大尉の料理は美味しかったとか

ぽつりぽつりと他愛のない話を交わしていく。

どちらかが知っていて、どちらかが知らない話はほとんどないから

2人きりの時に特別話すことはそれほど多くないのだ。


ドミニカ「着いたぞ」


明日の晩御飯のメニューはアクアパッツァだろうか、と話し始めたころ

私たちは目的地へとたどり着いた。

そこは、小高い丘で、先には小さな家が数件

さらにその先には微かに海が見えるような、見晴らしの良い場所だった。

大将がエンジンを止めると、そこらじゅうから虫の鳴く声が聞こえた。


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 00:58:23.79 ID:Qx7ydsBko
ジェーン「見晴らしの良い場所ですね」
     「いつ見つけたんですか?」

ドミニカ「2日前に哨戒任務があっただろう」
    「その時に見つけたんだ」


哨戒任務は、こういった素敵な場所を見つけるためにやるのではないのですよ。

と、言おうと思ったけれど、野暮なことだと思い口をつぐむ。


ドミニカ「ほら、見てみろ、ジェーン」

ドミニカ「綺麗な星空だ」


大将に言われて、空を仰ぐと

幾千、幾万もの宝石がちりばめられたかのような

美しい星空がひろがっていた。


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 01:10:29.27 ID:Qx7ydsBko
出発する際、基地で何気なく眺めた時よりも

星は明るく輝いていて、ミルキーウェイもはっきりと流れていた。

目の前の世界の広大さと、自分のちっぽけさをまざまざと感じさせられ

私は言葉を失った。

大将は、ゆっくりとこちらを向く。

それに合わせて、私も彼女に目を向ける。


ドミニカ「私がここにお前を連れてきたかった理由が分かったろう」

ジェーン「……はい」

ドミニカ「だが、今日という日を選んだ理由がまだ分からないはずだ」

ジェーン「今日でなければならないんですか?」

ドミニカ「あぁ。 ……明日でも明後日でも大丈夫かもしれないが」
    「今日が一番都合が良い」

ドミニカ「しばらく、見ていたら分かる」


そう言うと、また彼女は、夜空に目線を戻した。


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 01:22:06.36 ID:Qx7ydsBko
私も同じく、夜空を眺める。

声はしなくなり、虫の奏でるメロディだけが響く。


ジェーン「……――あっ」


と、夜空に一筋の光が流れていく。

星屑の川を横切るように流れた光は、私の一瞬発した音よりも、はやく消えて行った。


ドミニカ「見えたか?」

ジェーン「流れ星」

ドミニカ「あぁ」


一粒流れた光がきっかけとなったかのように

いくつもの明るい粒が、夜空を走り抜けていく。

そのたびに私の胸は高鳴って、目は釘付けになっていく。


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 01:41:40.83 ID:Qx7ydsBko
ドミニカ「……今日は、ペルセウス座流星群が観測される日だそうだ」

ジェーン「……流星群」

ドミニカ「ラジオでやっていたんだ」

ドミニカ「星の見える場所を見つけたから、ちょうどいいタイミングだと思って」
    「お前をここに連れてきた」


私たちは、出会ってから

いつも、同じ時間を過ごして

同じ痛みを、悲しみを、喜びを、幸せを感じながら生きている。

今日、この場所にいることも、

きっと、彼女が時や気持ちを共有したいと思ったからなのだ。

私にとって大将は、なくてはならない存在だけれど

大将にとっての私も、なくてはならない存在なのだと言われているような気がして

とても、嬉しかった。


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 01:55:34.68 ID:Qx7ydsBko


「なあ、ジェーン」

「はい、なんですか、大将」

「流れ星は、どこへおちるのだろうか」

「……どこへ」

「太平洋におちるのだろうか」

「地中海かもしれません」

「アルプスの頂上」

「アダムスの頂上?」

「賑やかな町におちるのかもしれない」

「静かな森の深くかもしれませんね」

「そうだな」




11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 02:02:40.68 ID:Qx7ydsBko



「……もし」

「はい」

「もし」
「お前が流れ星だとしたら」

「……はい」

「ジェーン、お前はどこにおちたい?」

「……私は」
「……私は、貴女の、胸の中におちたいです」

「……」

「大将は」

「……」
「私も同じだ、ジェーン」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 02:09:22.69 ID:Qx7ydsBko



「どんなにこの世界が広くても」

「どんなにお前が小さくても」

「必ず見つけ出して、その胸へ飛び込んでいくよ」


「はい」


「愛してる、ジェーン」


「はい」

「私も――」


星の降る夜

私の唇には

キスが、おちた


<FIN>


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 02:15:17.27 ID:Qx7ydsBko
念願のドミジェン書きまスター。
地の文考えんのめんどくセイ。
結京とエイラーニャと渚静とその他いろいろとで悩みました。

ドミジェン増えてホシい。
さようなら。


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 03:13:20.25 ID:4Y0UIDT50
乙です

自分も見て参りました


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 08:54:45.76 ID:2Y9r+79Zo
ストウィ3期は504編にするべき



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376319810/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ストライクウィッチーズ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2013/08/14(水) 00:28:58

    504のssなんて珍しいな
    キレイにまとまっててよかった。ストライクssもっと増えろ


  2. 2013/08/14(水) 14:53:35

    なんかこう年季のはいったベテランカップルって感じだなぁ

    ちきしょう大将かっこよすぎるだろ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。