Powered By 画RSS


淡「タカミー、なに見てるの?」尭深「…牌譜」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 21:40:11.92 ID:xABoQ9jk0
淡「ふーん、つまんなーい」

誠子「こら、淡もきちんと研究しろ」

淡「私はいいもーん」

尭深「……」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 21:42:45.07 ID:xABoQ9jk0
淡(なーんて言ったけど)

淡「…ねぇねぇセーコ」コソコソ

誠子「なんだ?急に小声で」コソコソ

淡「タカミが見てるのって本当に牌譜だと思う?」コソコソ

誠子「?どういう意味だ?」コソコソ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 21:45:38.98 ID:xABoQ9jk0
淡「だって、いっつも頬っぺた赤くして見てるじゃん」コソコソ

誠子「まぁ、それはたしかに」コソコソ

淡「あれは絶対牌譜を見てる顔じゃないよ」コソコソ

誠子「そう言われるとそんな気がしてくるな…」コソコソ

淡「えっちな画像だったりしてー」コソコソ

誠子「いやーそれはないだろ」コソコソ


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 21:47:04.67 ID:xABoQ9jk0
淡「じゃあ、好きな人からのメールとか」コソコソ

誠子「それは…ありえるかもしれない」コソコソ

淡「気にならない?」コソコソ

誠子「…気になる」コソコソ


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 21:50:56.12 ID:xABoQ9jk0
淡「じゃあさ、たしかめてみようよ」コソコソ

誠子「どうやって?」コソコソ

淡「トイレに行くって言って部屋を出て、後でこっそり戻ってくるの」コソコソ

淡「それで油断してるところをこっそり後ろから覗こうよ!」コソコソ

誠子「よし。分かった」コソコソ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 21:55:00.07 ID:xABoQ9jk0
誠子「…ちょっと、トイレに行ってくる」

淡「あ、私も行く行くー」

尭深「…そう。いってらっしゃい」

尭深(トイレ…か)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 21:58:20.07 ID:xABoQ9jk0
淡「さてと、じゃあ戻りますか」

誠子「静かにな」

淡・誠子「「」」ソロー

尭深「……」

淡(集中してる…)

誠子(よく見えないな…)

淡(もうちょっと近く…)

誠子(やっぱり牌譜じゃない…)

淡(え?あれは…)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:03:40.08 ID:xABoQ9jk0
淡・誠子((トイレ…?))

尭深「」クルッ

淡・誠子((!?))

尭深「…嘘つき」

誠子「い、いやこれはその、悪気があったわけじゃなくて…」

淡「そうだそうだー!タカミがこそこそするからー」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:04:38.51 ID:9KxB20so0
えっなにそれは…


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:08:25.96 ID:xABoQ9jk0
尭深「せっかく二人のことを覗けると思ったのに」

淡・誠子「「………………………は?」」

画面「ふー、すっきりしたぁー」

画面「ちょっとシズ!下品よ!」

画面「いいじゃん、私とアコしかしないんだしー」

画面「そういうことじゃなくて!」

誠子「まさかこれ…」

淡「この会場のトイレ…?」

尭深「…うん///」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:11:10.77 ID:bs58Y+Eo0
ふつうに犯罪でワロタ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:13:00.84 ID:syik2tDs0
フナQの系譜がここに


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:13:03.56 ID:IOrteIv10
前にフナQの盗撮を書いてた人?


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:19:01.72 ID:xABoQ9jk0
>>25

すみません。違います


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:13:04.89 ID:xABoQ9jk0
誠子(嬉しそうな顔…)

淡(恋する乙女の顔だ…)

尭深「実は私、トイレを覗くのが大好きで」

尭深「でも、こんなこと誰にも言えないでしょ?」

誠子(犯罪だからな…)

尭深「こんな形になっちゃったけど、二人に知ってもらえて嬉しい」

淡(私は知りたくなかったよー!)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:16:41.06 ID:8GyMnlEo0
たかみーを変態キャラにするのはやめてさしあげろ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:17:01.68 ID:xABoQ9jk0
尭深「二人はこんな私にもひいたりしないよね?」

誠子・淡「う…」

尭深「あのね、もしよかったらだけど…」

誠子・淡(あ、この流れは…)

尭深「…一緒に見ない?」

誠子・淡((遠慮します!!))


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:17:23.76 ID:M1sW/5hi0
やべぇよ…


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:19:38.25 ID:xABoQ9jk0
誠子・淡((って言いたい!))

尭深「……」ウワメヅカイ

誠子・淡((言えない…!))

誠子「う、うん…」

淡「私、タカミーのこと、もっと知りたい!」

淡(もーヤケクソだ!)

誠子「ちょ、淡!?」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:24:52.23 ID:xABoQ9jk0
尭深「本当!!」

尭深「ありがとう二人とも!!」パァアア

淡「わー楽しみー!」

誠子「お、お手柔らかに…」

尭深「なににしようかなー」ワクワク

尭深「いっぱい録画してあるの」

誠子(こわい…!)


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:32:07.96 ID:xABoQ9jk0
尭深「やっぱり初心者向けなのはこれかなー」

誠子(初心者向け…)ホッ

淡「初心者なんてぬるいよー!」

誠子(余計なこと言うなよ淡!!)

尭深「ううん。こういうのはじっくり楽しむものだから…」

誠子(よかった…)

尭深「…あ、テレビに繋ごうか」

誠子(…は?)

尭深「こんなに大画面で見るのは初めて///」

誠子(大丈夫初心者向け大丈夫初心者向け大丈夫初心者向け大丈夫初心者向け…)


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:35:45.05 ID:+9cGn67hO
やべえよやべえよ…


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:37:46.94 ID:xABoQ9jk0
尭深「…じゃあ、始めるね」ポチッ


バタバタ

バンッ

カチャン

哩「ひめこっ…ひめこっ…」

姫子「ん…んぁっあっ…」

哩「ん…ちゅ…ん…」

姫子「あっ…ぶちょ…こんなとこで…あっ」

哩「ん…もどかしか…」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:38:08.36 ID:HCWG+apT0
上級者向けは一体ナニをしてるんだろうか


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:41:49.52 ID:xABoQ9jk0
姫子「やっ…だめ…そこはっ…」


誠子(初心者向けとはーーー!?!?!?)

尭深「……」シンケン

淡「あっしんどーじの大将と副将じゃん!」ヘラヘラ


姫子「ぶ…ちょぉ…あっ…あせりすぎです…」

哩「試合のあとは…しかたなか…」

姫子「で、でもっ…んんんっ//」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:48:06.77 ID:xABoQ9jk0
哩「縛りばかけて…」

姫子「あっ…やっ…」

哩「和了れたときはよかよ?でも和了れんかったときは…」

姫子「んっ…あぁっ…」

哩「しかも、姫子のあんな顔ば見せられて…」

姫子「ぶ…ちょ…」

哩「…地獄よ?」

姫子「んぁあああっっ…!」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 22:52:34.77 ID:xABoQ9jk0
哩「……」

姫子「はぁ…はぁ…」

哩「…はやかね」

姫子「…はぁ…ぶちょぉが…はぁ…はげしいから…」

哩「…まぁ、よか」

哩「ここからが本番と」

姫子「だ、だめです…」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:00:52.25 ID:xABoQ9jk0
哩「…それは、もっとって意味か?」

姫子「ち、ちがくて!」

哩「!!」ビビクン

姫子「だめなんです…」

哩「…姫子?どしたと?」

姫子「……」

哩「ごめん…。やりすぎやったら謝る」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:07:20.98 ID:xABoQ9jk0
姫子「い、いえ!そうじゃなくて…」

哩「…?」

姫子「私…あの日で…」

哩「あぁ…」


誠子(もうやだ…)シロメ

尭深「……」キラキラ

淡「なるほどー!こん繋がりってそういうことだったんだねー」ヘラヘラ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:11:56.30 ID:xABoQ9jk0
哩「…心配なか」

姫子「…?」

哩「私もよ」

姫子「!!」

哩「こんなことまで…繋がってしまうようやね」

姫子「…はい///」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:15:03.31 ID:xABoQ9jk0
哩「大丈夫、姫子のことは私が一番分かっとる」

姫子「ぶちょー…///」

哩「あの日はあの日の楽しみ方があるけん」

哩「さぁ、続き、しよか」

姫子「…はい!」



誠子(なんなんだ…なんなんだこれは…)ソウハク

尭深「やっぱり、これが一番展開としてキャッチーだよね」ツヤツヤ

尭深「私は少し、物足りないけど」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:15:57.75 ID:7TSB4xY70
これは初心者向け・・・これは初心者向け・・・


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:18:09.77 ID:xABoQ9jk0
淡「アハハハ!生理!生理がリザベーション!!ウケるー!!」

誠子(そんなこと誰も言ってねぇ!!)

尭深「もー淡ちゃんったら、女の子がはしたないよ」

誠子(元凶はお前だよ!)


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:19:31.97 ID:xABoQ9jk0
尭深「誠子はどうだった?」キラキラ

誠子「え、えーと…ちょっと私には合わなかったかな…」

誠子(もう解放してほしい…)

尭深「そうだよね!」キラキラ

誠子「!?」

尭深「誠子はこういう安易なハッピーエンドじゃ納得しないと思ってた!」

誠子「ハッピーエンド…?なにが…?」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:23:19.21 ID:xABoQ9jk0
尭深「次のは、ちょっと上級者向けで…」カチカチ

淡「おー!きたきたー!」

淡「今度はなんだー!3Pかー!?」

尭深「淡ちゃん、下品だよ」メッ

淡「ごめんなさーい!タカミー」ギュッ

尭深「もぅっ///」

誠子(淡(の順応力)がうらやましい…)


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:27:29.08 ID:xABoQ9jk0
尭深「次のはね、展開は地味なんだけど」

尭深「あとから、じんわりクるの」

淡「へー難しそう!」

尭深「大丈夫だよ淡ちゃん。『Don't Think.Feel!』って知ってる?」

淡「どんとしんくふぃーる?」

尭深「うん。『考えるな感じろ』って意味だよ」

淡「考えるな感じろ…分かった!」

誠子(もしかして…私がおかしいのか…?)モウロウ


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:31:55.75 ID:X9QgmlkU0
微妙におしゃべりになってるテンション高いタカミーかわいい


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:34:11.18 ID:xABoQ9jk0
尭深「じゃあ、次は続けて5人いくよ?」

誠子(は…?5人…?)

尭深「みんなは知らない学校だと思うけど、種明かしは最後にするね」

淡「おっもったいぶるねー」

尭深「えへへ、ひとつだけ大事なことは全部同じ日に録ったってこと」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:40:01.68 ID:xABoQ9jk0
尭深「じゃあ始めるよ」ポチッ



バタン

シロ「ふー…」

シロ「トイレにくるのもダルい…」ダルッ

シロ「あっ…」

シロ「生理きてる…」

シロ「どうりでダルいわけだ…」


淡「うわーこの人生理重そうだね。つらそー」

尭深「うん…」シンケン


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:43:49.28 ID:xABoQ9jk0
シロ「生理ってめんどくさいよなー…」

シロ「ナプキンつけるのダルい…」

シロ「でも、血で汚れるのもダルい…」

シロ「あー…」

シロ「めんどくさ…」zzz

シロ「…はっ、寝てた…」

シロ「うわ…10分もたってる…」

シロ「みんなが心配するし、戻ろ…」

バタン


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:50:14.41 ID:xABoQ9jk0
誠子(あれ…これだけ…?)

淡「えータカミー!これだけー?」

尭深「…いいから、見てて」シンケン


バタン

エイ「クルミ!トイレ、2コアイテル!」

胡桃「やった!」

エイ「フー…。ニホンノトイレ、キレイ!」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:54:27.09 ID:xABoQ9jk0
胡桃「でしょ。イッツジャパニーズシンボル!」

エイ「アハハ!ジャパニーズシンボル!」


淡「ジャパニーズシンボル!」

尭深「画面の前のみなさまも…」

誠子(言わないよ!)


胡桃「あはは…あっ」

エイ「クルミ?ドウシタノ?」

胡桃「生理…きちゃった…」

エイ「oh…」

胡桃「もータイミング悪い!」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/02(月) 23:58:13.81 ID:xABoQ9jk0
エイ「ジツハ…ワタシモ…」

胡桃「えっ…エイちゃんも?」

エイ「ウン…」

胡桃「そっか…あのさ、エイちゃんはさ、ナプキン派?タンポン派?」

エイ「…クルミは?」

胡桃「もーこっちが訊いてるの!」

エイ「ハズカシイ…」

胡桃「分かった。じゃあ一緒に言おう」

エイ「!!ワカッタ!」

胡桃「いくよ?せーのっ」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:00:56.73 ID:w+KpfXyJ0
胡桃・エイ「「……」」

胡桃「もー!」

エイ「クルミコソ!」

胡桃「今度は絶対言うからね?」

エイ「ゼッタイ!」

胡桃「せーのっ」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:04:06.14 ID:w+KpfXyJ0
胡桃・エイ「「タンポン!」」

胡桃「……」

エイ「……」

胡桃「…ぷっ」

エイ「…アハハハ」

胡桃「タンポン!だって!大声で!馬鹿みたい!」

エイ「バカ!バカ!ワタシタチバカ!」

胡桃「あはは」

エイ「アハハ」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:06:30.51 ID:w+KpfXyJ0
胡桃「…よかった」

エイ「…クルミ?」

胡桃「普段なかなかエイちゃん二人っきりで話したりしないから」

エイ「…ウン」

胡桃「こんな下らない話ができて嬉しい」

エイ「…ワタシモ」

胡桃「…エイちゃん」

エイ「ナニ?」

胡桃「麻雀部に入ってくれて、ありがとね」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:10:55.65 ID:w+KpfXyJ0
エイ「…ウン!」

エイ「コチラコソ!」

胡桃「…じゃあ、戻ろっか」

エイ「YES!」

胡桃「なんで急に英語!?」

バタン


誠子(あれ…なんか涙が…)

淡「うわーん!仲間ってすばらしいね!たかみー!」

尭深「そうだね。私たちもそうありたいよね」シンケン

尭深「さぁ、後半戦だよ」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:11:45.23 ID:w+KpfXyJ0
バタン

塞「ふー…」

塞「やっとトイレに行けたァ…」

塞「別にシロや胡桃たちと一緒に行ってもよかったんだけど」

塞「私、連れションって苦手なんだよねぇ…」

塞「あーーー!」

塞「この一人だけの空間、たまらないなー!」

塞「って…やば…」

塞「生理きちゃった…」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:12:19.96 ID:w+KpfXyJ0
塞「なんなのよー予定より5日も早いじゃない!」

塞「生理用品持ってきてないよ…」


淡「あーあるある!」

誠子(なんかお腹痛くなってきた…)


塞「こんなことなら、誰かと一緒にくればよかったなー」

塞「携帯で誰か呼ぶ…?」

塞「いやいや、それはないって!」

塞「仕方ない…」

塞「塞ぐか…」キュッ

バタン


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:13:50.94 ID:w+KpfXyJ0
淡「アハハハハハ!塞ぐってなに!塞ぐって!」

尭深「淡ちゃん、それあの人の能力なの」

尭深「相手の手を、塞いで有効牌をこなくさせるんだよ」

淡「え…こわいよたかみー…」

尭深「大丈夫、あの人は副将。淡ちゃんとは当たらないから」ナデナデ

誠子(……ん?)

尭深「じゃあ…5人目だよ」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:14:22.13 ID:w+KpfXyJ0
バタン

豊音「ふー…」

豊音「間に合ったよー」

豊音「みんながトイレに行くから、なかなか言い出せなかったよー…」

豊音「…あれっ?」

豊音「なにこれ…」

豊音「血…?」

豊音「え?え?おしっこに血が混ざってる?」

豊音「どうしよー」ウェエエン


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:14:59.57 ID:w+KpfXyJ0
豊音「私、死んじゃうのかな…」グスグスッ

豊音「やだ…」

豊音「みんなともっと麻雀したいよー…」

豊音「みんな…はっ!」

豊音「そうだ!みんなに言わなくちゃ!」

バタン


誠子「え…?なんかすごく変なところで終わったけど」

淡「モヤモヤするぅー!」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:15:36.25 ID:w+KpfXyJ0
尭深「うん。説明するね」

尭深「このあと、この黒い人はさっきの4人に相談して、それが初潮であることを知ってめでたしめでたしなの」

誠子「はぁ…」

尭深「もともと、この5人は宮守高校っていう学校の部員でね。もともと宮守高校には3人しか部員がいなかったの」

尭深「3人は幼なじみで仲がよかったし麻雀の実力もあったけど、部員も増えないし諦めムードだったの」

尭深「そこに、顧問の先生がやってきて、転校生がやってきて、孤独な処女…じゃない少女たちが仲間になった」

尭深「二人は全然麻雀経験なんてないし、最初は距離もあったけど」

尭深「積み重ねを経てこうやってみんな大人になった…」

尭深「今は、みんな同じタイミングで生理がくるくらい繋がってるの」

尭深「…素敵だよね」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:16:35.70 ID:Ak4xhUIV0
生理ネタばっかりやないか!


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:16:56.01 ID:dbWPGsML0
お前は何を言っているんだ


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:17:03.46 ID:w+KpfXyJ0
誠子「え…なんで尭深はそんなに詳しいの…」

尭深「…隠しカメラ」

誠子「ですよね…」

淡「うわーん!たかみー、トイレって素敵だね!こんなにドラマがあるなんて私全然知らなかった!」

尭深「よかった…淡ちゃんも分かってくれて嬉しい」

誠子(ドッと疲れた…)

誠子「なぁ、ちょっとトイレに行っても…はっ!」

誠子「やっぱなんでもない」

尭深「…そう」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:18:08.12 ID:w+KpfXyJ0
淡「ねぇタカミ!もっとないの!」

尭深「うーん、これ以上はなかなか…」

淡「あるんでしょ?ねぇあるんでしょ?」

誠子(ないよな?もうないよな?)


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:18:48.79 ID:w+KpfXyJ0
尭深「じゃあ、とっておきのを…」

淡「さっすがー!」

誠子(はい。知ってました)

尭深「これが最後だよ?」

淡「うんうん!分かった!」

尭深「じゃあ、さっそく見るよ?」

尭深「あんまり身内を売るようなことはしたくなかったんだけど…」ボソッ

誠子(……?)


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:19:36.43 ID:w+KpfXyJ0
パタン

咲「この…トイレ…で合ってるよね?」

咲「まだ時間ある…」

咲「先にトイレすましちゃお」

咲「あっ…」

咲「こんなときに…」

咲「なんで生理になるかなぁ…」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:20:28.58 ID:w+KpfXyJ0
コンコン

咲「!?」ビクン

コンコン

咲「は、入ってます!」

??「…咲。私」

咲「っ!///」

咲「うん…」カチャッ

スルッ

パタン…

咲「…ひさしぶりだね」

??「うん。久しぶり」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:21:26.22 ID:w+KpfXyJ0
咲「お姉ちゃん…」

照「咲…」


誠子「!?!?」

淡「!?!?」

尭深「……」ドキドキ


照「…ずっと、会いたかった」

咲「…会いに行ったよ」

照「……」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:22:46.76 ID:w+KpfXyJ0
咲「…でも話してくれなかった」

照「違う!あれは、お母さんがいたから…」

咲「分かってるよ!」

咲「分かってるけど…」

照「咲…」

咲「…さみしいよ、お姉ちゃん」

照「咲」ギュッ

咲「んっ…」

照「ごめんね。咲」

咲「いいよ…」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:24:02.09 ID:w+KpfXyJ0
照「咲」ギュゥッ

咲「これからずっと、一緒にいてくれるなら」

照「……」

咲「……」

照「……」フルフル

咲「…お姉ちゃん?」

照「…それは、できない」

咲「……」

照「…ごめん」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:24:46.61 ID:w+KpfXyJ0
咲「…いいよ。知ってたから」

照「さきっ、でもっ」

咲「いいよ、もう」

照「私が好きなのは咲だけだから!それは信じて!」

咲「だから、いいって!」

照「咲…」

咲「こんなの…つらいだけだよ…」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:28:11.55 ID:w+KpfXyJ0
照「咲っ」

咲「んむっ…」

照「さき…さき…」

咲「やっ…おねえちゃ…」

照「分かるよ…咲がずっとさみしかったことも…」

咲「…あっ…ぅくっ…んぅ…」

照「私だってつらかった」

咲「…うぁっ…だめ…」

照「咲がいなければ、もっと楽だったのに」

咲「…あんっ…ちょ…やっ…」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:30:15.49 ID:w+KpfXyJ0
照「でもね」

咲「んっ…あっ…んんんっ…!」

照「咲がいるから頑張れる」

咲「んぁあああっ…!」

照「…いつか、必ず迎えに行くから」

咲「や…だよ…おねえちゃ…」

照「だから、どうか」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:32:04.44 ID:w+KpfXyJ0
咲「やめて!」

照「やめない」

咲「やめてよ!」

照「いやだ」

咲「お姉ちゃんなんて嫌い!」

照「っ!」

咲「私はもうお姉ちゃんのことなんて好きじゃない」

照「咲…」

咲「勘違いしないでよ」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:34:08.34 ID:w+KpfXyJ0
照「……」

咲「いつまでも…ぐすっ…子供じゃ…ないんだから…」

照「……」

咲「…それに」

照「?」

咲「今日は生理なんだ。だから、どっちにしろ、おしまい」

照「……」

咲「…じゃあね。お姉ちゃん」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:34:44.96 ID:BvzpmQWm0
なんでみんな生理なんだよ


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:35:27.87 ID:w+KpfXyJ0
照「…知ってた」

咲「…へ?」

照「咲が生理なの、知ってたよ」

照「だから、最後までする気なんてなかった」

咲「な…んで…?」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:36:07.78 ID:w+KpfXyJ0
照「姉妹だから」

咲「……」

照「ううん。咲だから」

咲「おねえ…ちゃ…」

照「離れていても、いつも分かった」

照「咲のこと」

咲「う…ぐすっ…」

照「言ったでしょ?咲がいるから頑張れるって」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:37:13.30 ID:w+KpfXyJ0
照「離れていても、子宮は繋がってるよ」

咲「うわぁあああん!!」

照「咲…」

咲「お姉ちゃん…お姉ちゃぁあああん」

照「よしよし、咲」

咲「う…ぐすっ…」

照「絶対に迎えに行くから」

咲「……」

照「今は待ってて」

咲「…うん」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:37:59.58 ID:w+KpfXyJ0
誠子「……」

淡「……」

尭深「……」

誠子(戻りたい…)

誠子(2時間前の自分に戻りたい…!)

淡「タカミ…トイレ行く」

尭深「…そう」

淡「タカミもついてきて」

尭深「分かった…」

尭深「じゃあ誠子、荷物番よろしくね」

誠子「…うん」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:38:51.05 ID:w+KpfXyJ0
誠子「…………」

誠子「…………」

誠子「…………」

画面「あっ…タカミ…そこっ…」

画面「分かってる…我慢できなくなっちゃったんだよね?」

画面「んっ…もっと…もっとぉ…!」

誠子「…………」

誠子(…決めた)

誠子(麻雀部やめよう)


カン!


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:41:23.12 ID:w+KpfXyJ0
終わりです。哩姫まで書いたところで勢いで投下し始めてしまい、読み直し等してません。申し訳ありません…。

需要があったらまた生理でなにか書きたいのでリクエストください


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:43:55.78 ID:kUZjriSN0
竜華と怜がなかった……だと

しかし乙でした


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:44:45.73 ID:3l0WjzbP0
ころたんの初潮の話


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:45:57.62 ID:FQBarL4ei
怜竜、モモかじゅ、恭洋あるやん


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:48:28.69 ID:rDv50Td30
虎姫で菫さんだけ影も形も無い・・・


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 00:53:34.19 ID:w+KpfXyJ0
かじゅモモいいですね。今回長野勢は出さなかったので、鶴賀、モンブチでまたできたらいいなと思います。需要はわかりませんが!


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378125611/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ