Powered By 画RSS


海馬瀬人「ドラゴンクエスト…?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:31:39.62 ID:Jtv/T/Qz0
海馬「…ここは…どこだ…?」

トロデ王「ほれ!さっさとトラペッタへと向かうぞ、海馬よ!」

海馬「!?…貴様何者だ!低級モンスター風情がこの俺に口をきくとは笑わせる」

トロデ王「な、何を言っておるんじゃ!気は確かか?」

海馬「気がふれているのは貴様の方だ、哀れな雑魚モンスターめ 消え失せろ!」

トロデ王「一体どうしたというんじゃ!?」

海馬「ゆけ!忠実な我が僕よ!ブルーアイズホワイトドラゴン、召喚!!」

グォォォオオオオオオ

トロデ王「こ、これは一体…」

海馬「そこの下劣な雑魚を蹴散らすのだ! 滅びのバーストストリィィィイイイイム!!」

ゴワァァァアアアアアアア

トロデ王「な、何を…ぅぅぅうぎゃああああああああああああああああ!!!!」

シュン…

海馬「フンッ いかなるモンスターであろうともこの俺に易々と口をきくことは許さん」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:35:48.75 ID:Jtv/T/Qz0
ヤンガス「あ、兄貴ぃ~!」

海馬「!?」

ハァ…ハァ…

ヤンガス「さ、さっきここにとてつもなく強そうなドラゴンがいやせんでしたか…?」

海馬「…誰だ貴様は」

ヤンガス「え…へ、へへ 兄貴もたまには冗談言うんでがすね」

海馬「冗談は貴様のその醜い面だろう」

ヤンガス「は、はは まったく兄貴はジョークがうめぇや」

海馬「貴様、何故俺のことを兄貴と呼ぶ」

ヤンガス「へへへ そんなの決まってるでがしょう 兄貴はアッシの命の恩人だからでげすよ」

海馬「命の恩人…? 貴様のような下劣極まりない愚民を助けた覚えはない」

ヤンガス「ちょ、さっきからどうしたんでがすか兄貴?」

海馬「…」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:37:31.31 ID:Jtv/T/Qz0
ヤンガス「あ、もしかして、モンスターに混乱技を食らったんでげすか?」

海馬「…今俺たちがいるのはどこだ」

ヤンガス「えーっと、ここはトラペッタから少し南の草原でげすよ」

海馬「トラペッタ…? ここは日本ではないのか!?」

ヤンガス「にほん…? アッシはそんな地域知らないでがす」

海馬(これは…まさか…)

ヤンガス「兄貴…? やっぱり記憶がおかしくなっているんじゃあ…」

海馬「…どうやら俺は異世界へと迷い込んでしまったようだ」

ヤンガス「い、異世界でげすか?w」

海馬「貴様、お前を救ったその『兄貴』とやらは正真正銘この俺で間違いないのか?」

ヤンガス「もちろんでがす! 兄貴は紛れもなくアッシの兄貴でげすよ!」

海馬(俺はつい先ほどまでドミノ町の海馬コーポレーションでマシンの開発をしていた
この記憶は間違っていない、確固たる事実だ… これはつまり…)


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:39:33.83 ID:Jtv/T/Qz0
ヤンガス「あ、兄貴ぃ この冗談もそろそろ疲れてきたでげすよ…w」

海馬「フンッ よく聞け無様な下人よ 俺はお前らの住む世界とは違う世界の人間だ
何故かはわからないが、その世界からこちらの世界にやってきてしまったらしい」

ヤンガス「もうそのくだりはいいでg」

海馬「黙って聞けぇ! …そしてその際、その『兄貴』という人間に関する貴様らの記憶が
俺によって上書きされてしまったのだと考えられる」

ヤンガス「ほ、本当に言っているんでがすか!? 兄貴は…橋から落下して
川に流されそうになったアッシを助けれくれたでがしょう!?」

海馬「そのような無駄極まりない行為をこの俺がするはずがない」

ヤンガス「そ、そんな… 兄貴は、兄貴は…」

海馬「貴様とそやつの関わりになど毛ほどの興味もありはしない!」

ヤンガス「…」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:41:37.13 ID:Jtv/T/Qz0
海馬「ところで、この世界には主が召喚してもいないモンスターがうようよしているのか?」

ヤンガス「え、えぇ… 一歩町から踏み出せば野生のモンスターが襲ってくるでがんす…」

海馬「ほう…」

ヤンガス「中にはとんでもなく強ぇモンスターもいやすから、もし本当に異世界から
やってきたのでがしたら早く町に戻った方がいいでがすよ」

海馬「フンッ 強いモンスターと聞いて黙ってはいられないな」

ヤンガス「黙ってはいられないって… この世界を知らないんじゃあここいらの
モンスターにも歯がたたないでがすよ!?」

海馬「貴様には関係のないことだ… フンッ、貴様、下衆の割には役に立ったな」

ヤンガス「…兄貴は…本当に…」

海馬「さらばだ」

ヤンガス「ちょ、兄貴ぃ! 待ってくだせぇ!!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:43:43.16 ID:Jtv/T/Qz0
海馬「俺についてくるな! 俺の弟はモクバただ一人!」

ヤンガス「そ、そんな… 冗談にしてはあんまりでがすよ!」

海馬「いつまで冗談冗談言っている…」

ヤンガス「兄貴の記憶が戻るまでお供し続けるでがす!」

ブチィ

海馬「貴様…俺の言うことが聞けないというのか…」

ヤンガス「あ、兄貴はアッシの兄貴でがすから命令にはしたがいやすが、
こんなところでお別れなんてのは絶対に嫌でげす!!」

海馬「ほう…それでは実力行使でいくしかなかろう…」

ヤンガス「兄貴とやりあうなんてアッシには無理でがすよ!」

海馬「黙れ… ゆけブルーアイズホワイトドラゴン!」

グォォォオオオオオオオオオ

ヤンガス「!? これはさっきの…」

海馬「フッ 貴様がこれ以上俺に付きまとうというのであれば、
こいつが貴様の存在をこの世界から抹消することになる…」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:45:47.81 ID:Jtv/T/Qz0
ヤンガス「…あ、兄貴…」

海馬「フンッ 矮小な脳味噌しか持ち合わせていない貴様でも、
身の危険を察知する程度のことはできるようだな」

ヤンガス「…」

海馬「さらばだ、今後二度と会うことはないだろう」

海馬「我が僕よ!俺をその背に乗せてこの世界を飛び回るのだ!」

ブァサァアアア バサッバサッ

ヤンガス「ほ、本当にいってしやいやした…アッシの兄貴は…」

ヤンガス「…ハッ!? ところでトロデのおやっさんはどこに!?」

ヒヒーン…

ヤンガス「う、馬姫さま! おやっさんは一体どこに…」

シク…シク…

ヤンガス「どうして泣いているでがすか!? …ま、まさか…さっきのドラゴンに…」

コクッ…

ヤンガス「…そ、そんな… 酷すぎるでげす…」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:51:04.23 ID:Jtv/T/Qz0
海馬「フハ、フハハハハハハハ!! 地の雑魚共を見下ろしながら大空を舞う、
なんと心地が良いんだ!!」

海馬「どれ、ブルーアイズよ 少しばかり連中の相手をしてやろうではないか」

ファサァア…

海馬「フンッ、まとめてかかってこい、ゴミ共め」

スライムの群れが襲ってきた!

海馬「見るからに攻撃力の低い雑魚ではないか… 不快だ、我が僕よ、全身全力で焼き払え!!」

グォォァアアアアア

ブルーアイズホワイトドラゴンの攻撃!

スライムAに2998のダメージ! スライムBに2999のダメージ! スライムCに2997のダメージ! スライムDに2996のダメージ!
スライムEに2995のダメージ! スライムFに2997のダメージ! スライムGに2996のダメージ! スライムHに2998のダメージ!

海馬「フンッ 一撃で塵となって消し飛んだか、なんとも張り合いのない…」

スライムの群れを倒した! 海馬は8Gを手に入れた!


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:52:13.47 ID:njzwRNAh0
ブルーアイズ強すぎるだろwww


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:53:39.30 ID:SV7nI9oPP
これはチートww


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:53:47.11 ID:Jtv/T/Qz0
海馬「なんだこの金貨は…? こんなゴミ共が落とす金など雀の涙同然ではあろうが、
向こうの世界での金はこちらでは使えないだろう… フンッ、一応受けとってやろうか」

海馬「ゆくぞ、ブルーアイズよ」

バサァア

海馬「この大陸はどうも大したモンスターがいないようだな 
ふむ、向こうに見える海を越えて別大陸へ移るとしようか」

バサァッバサァッバサァッ





海馬「…あれは…なぜ人間が海の上を…」

ドルマゲス「いひ、いーひっひっひっひ…賢者を、賢者を殺せば…その力が我が手中に…」

ファサァア

海馬「おい」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:55:33.92 ID:5DwHQwhn0
ドルマゲスピンチ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:55:55.78 ID:Jtv/T/Qz0
ドルマゲス「…おやおや、これはなんとも美しいドラゴンですねぇ…」

海馬「!? 貴様、その顔…モンスターなのか?」

ドルマゲス「いっひっひっひ…出会うなり人をモンスター呼ばわりとは…失礼なお方ですねぇ…」

海馬「やはり人間か? ではなぜ海の上を歩いているのだ」

ドルマゲス「道化師だから、と言っておきましょうか…」

海馬「道化師… フンッ、この世界には頭のおかしな奴もいるのだな…」

ドルマゲス「それで、この私に何か御用がおありで?」

海馬「いや、海を歩いている姿が気になっただけだ 特別な用はない」

ドルマゲス「ひっひっひっひ… 悲しい、悲しいなぁ…」

海馬「…」

ドルマゲス「こんなに美しいドラゴンを…私自らの手で殺めることになるのだから…!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 00:58:18.65 ID:Jtv/T/Qz0
海馬「ほう…貴様、まさかこの俺とやる気か?」

ドルマゲス「ちょうどこの杖の力を試そうと思っていたところでしてねぇ…
私のことを馬鹿にするおバカさんが強そうなドラゴンに乗って目の前に現れた…」

海馬「フンッ…」

ドルマゲス「これはもう…やるしかないでしょう?」

海馬「いいだろう、その挑戦、受けてやる…全力でかかってこい!」

ドルマゲス「いーっひっひっひっひっひ…後悔しても知りませんよ…」

海馬「ゆくぞ奇妙な道化師よ! デュエル!!」

ドルマゲスが襲ってきた!

海馬「フンッ、ブルーアイズで即刻葬ってやってもいいのだが、
それではいささか芸に欠ける フンッ…ここはこいつでいくか…」

ドルマゲス「おやおや…全力を出すべきなのはあなたの方ではないですか…?」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:01:09.11 ID:Jtv/T/Qz0
海馬「ゆけ!闇・道化師のサギー、召喚!! フフッ、道化師同士、仲良く潰し合うがいい」

ドルマゲス「ひっひっひ…いささかおふざけが過ぎますよ…あまり私を怒らせると…」

闇・道化師のサギーの攻撃!

ズサァッ

ドルマゲス「ぅっぐぉ!?」

ドルマゲスに482のダメージ!

ドルマゲス「…っく…こ、この威力は…」

海馬「フハハハハハ! さっきまでの大口はどうした!」

ドルマゲス「き、貴様ぁ…」

ドルマゲスの攻撃!

カシュッ

闇・道化師のサギーに1のダメージ!

ドルマゲス「…き、効いていない…?」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:02:09.72 ID:5DwHQwhn0
サギーは守備力高いからな


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:03:33.66 ID:Jtv/T/Qz0
海馬「チィ… こいつも話にならない雑魚だったか…」

ドルマゲス「貴様、一体何者…」

海馬「道化師風情の雑魚に用はない! ゆけ、ブルーアイズよ、
あの珍妙な汚物をこの世から粉々に消し去れ!!」

ヒュォォオオオオオ

ドルマゲス「いひぃ、ちょ、まtt」

ブルーアイズホワイトドラゴンの攻撃!

海馬「滅びのバーストストリィィイイイイイイム!!」

ギュォォォオオオオオオオン

ドルマゲス「ぃぃぃいいぎゃあああああああああああああああああああああ!!!」

ドルマゲスに2897のダメージ!

ボロッ…ボロボロボロ…

海馬「哀れなる道化師、粉砕っ!!」

ドルマゲスを倒した! 海馬は6000Gを手に入れた!

…ポチャン

海馬「…あの杖は…」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:05:59.77 ID:Jtv/T/Qz0
海馬「確かあの道化師、『この杖の力』などと言っていたな… 
フンッ、我がモンスターたちはこの世界の道具になど頼る必要はないが、面白い、試してやろう」

海馬「ブルーアイズよ!あの杖のところまで下降しろ!」

ファサァ ポチャン

海馬「フンッ、こんな木棒ごときに一体どんな力が……!?」

??(殺せ…賢者の末裔を殺すのだ…)

海馬「く、これはなんだ!?一体どこから声が…っ!」

??(さぁ、我に身をゆだねよ…さすれば絶大なる力が…)

海馬「ふざけるなぁ!!貴様如きの力など俺は要らん!
現にさきの道化師もただの雑魚であってではないか!」

??(フッフッフ…であれば何故この杖を手放さない… 貴様は既に我の操り人形…)


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:09:46.72 ID:Jtv/T/Qz0
海馬「くっ…サギーよ!この杖を俺の手から引き離せ!!」

ギギーッ ザシュッ

??(そんなことをしてももう手遅れだ… 貴様はこれから賢者たちを抹殺するべく行動することになる…)

海馬「何人たりとも俺に命令することは許さん!! ゆけ!忠実なる僕、
ブルーアイズよ! あの忌々しい木片を粉々に打ち砕け!!」

シュォォォオオオ ギュォォオオオオオオン

ギギギーッ!!

海馬「……!?」

??(…そ、その程度の攻撃では我が魂の宿るこの杖を破壊することはできない…
おとなしく我が配下に下るがよい、哀れな人間よ…)

海馬「ま、まさかブルーアイズの攻撃を耐えるとは…」

海馬「…フハ、フハハハハハハハ!!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:11:03.74 ID:Jtv/T/Qz0
??(…気でも触れたか、哀れな人間よ)

海馬「いい、いいぞ! これならやつのパワーを存分に発揮することができる!!
フンッ、見せてやろう、世にも恐ろしい究極のドラゴンの力を…」

海馬「現れよ、さらなるブルーアイズホワイトドラゴン!!」

ギャオオオオオオオ ギュオオオオオオ

??(同じモンスターを集めたところで我には敵わない…)

海馬「そう焦るな… ゆくぞ、3体のブルーアイズよ!究極融合!!」

シュオオオオオオオオン

海馬「ブルーアイズ!アルティメットドラゴン、降臨!!!」

ガュオヤュゥオオオオオオオオオオオオオオオ

??(…こ、この力は…)

海馬「クックック…愚かにもこの俺を操ろうとしたその代償、その身を持って償え!」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:13:09.12 ID:Jtv/T/Qz0
キュルルルルルルルルルルル

??(や、やめろ…その攻撃は…)

海馬「アルティメットバーストォォォオオオオオオオオオオオ!!!!」

シュギュョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン

??(くぁ、わ、我は暗黒神…k、こんなところで…ぅぅぬぁぁああああああああああああ!!!!)

キィィイイイイイン ザシュンッ

海馬「フンッ…今度こそ粉々に砕け散ったか… たかだか装備品如きがこの俺に刃向おうとは…」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:13:51.89 ID:b1wp7j350
海馬強すぎわろたんご


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:15:16.92 ID:Jtv/T/Qz0
ヤンガス「う、馬姫さま… 元気を出してくだせぇ… と言っても、無理でがすよね…」

ヒヒーン…

キラキラキラキラ

ヤンガス「お、おやっさんもきっと天国から… って、馬姫さま! 身体が輝いているでげすよ!!」

…ヒーン?

キラキラキラキラキラキラキラキラ

ヤンガス「!?」

シュアアアアアアアン

ヤンガス「こ、これは…!!」

ミーティア「…え?」

ヤンガス「も、元に戻ったでがんす! 馬姫さm、じゃなかった、
ミーティア姫さまが元に戻ったでげすよ!」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:16:54.31 ID:SV7nI9oPP
なんでこんなにあっさりと解決してるんだよwww


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:18:41.74 ID:Jtv/T/Qz0
ミーティア「う、うそ…」

ヤンガス「うぉ! なんて美しいんでがんすか!!」

ミーティア「ほ、本当にもとに戻ってる… ヤ、ヤンガスさん…!」

ヤンガス「本当によかったでげすね!」

ミーティア「えぇ… 今まで色々とお世話してくださりありがとうございました… あ、でもどうして元の姿に…」

ヤンガス「え、ホントでげすね… どうしてでがしょう… うーん、
ドルマゲスはそんじょそこらの人間やモンスターにはやられないはずでげすし…」

ミーティア「き、きっと… お父さまが天国から奇跡を起こしてくださったんですよ!」

ヤンガス「そ、そうでがすね! おやっさんに感謝でげす!!」

ミーティア「はい!」



海馬「さて、『とんでもなく強ぇモンスター』とやらは一体どこで出会えるのか…
ゆくぞ、ブルーアイズホワイトドラゴンよ!!」



その後海馬は竜神族の里へと赴き、オベリスクの巨神兵によって竜神王を一撃で玉砕
以後、新たな竜神王としてこの世界に君臨することになりましたとさ

~fin~


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:20:51.31 ID:SV7nI9oPP
終わったwwww 竜神王殺すなよwwwwww


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:21:43.94 ID:5DwHQwhn0
オベリスク持ってるってことはバトルシティの真っ最中ですよね?なにやってんすか


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 01:42:10.01 ID:Nr7/YN1O0
これはワロタ


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378654299/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「クロスオーバー」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2013/09/10(火) 21:04:27

    攻撃力3000は伊達じゃないな


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ