Powered By 画RSS


ブチャラティ「出来たぞジョルノ!ミスタが消滅するスイッチだ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 16:43:06.14 ID:aZj9jnIF0
はい


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 16:43:29.11 ID:I6zhTda60
はいじゃないが


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 16:51:21.78 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「思ったより早かったですね。ありがとうございます」

ナランチャ「すっげぇぇぇー!!なぁ!早速ためしてみようぜ!!ミスタが消滅するところ見てみてぇよぉ~!!」

ブ「くれぐれも悪用するんじゃあないぞ」

ジョルノ「はい、では行ってきます」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 16:52:51.39 ID:Bjxk4IHy0
はよ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 16:57:18.17 ID:g06uMWJ10
ミスタ「ったく…なんだって俺が買い出しに…」

ジョルノ「いましたね」

ナランチャ「よぉ~し!!早速つかってみようぜぇ~!!」

ジョルノ「まぁ待ってください。こういうのはタイミングが大事なんですよ」

ナランチャ「そ、そうなのか…?」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:03:53.70 ID:g06uMWJ10
ミスタ「え~っと、これと、…これで終わりか…あとはレジに…」

ナランチャ「なぁ~最初は俺に押させてくれよぉ~」

ジョルノ「いいですよ、合図をしますのでそのタイミングで」

ナランチャ「よっしゃぁ!!すっげぇ楽しみだぜぇ!!」

ミスタ「すいませぇ~んこれ欲しいんすけどー」

店員「1850円です」

ジョルノ「今です!」

ナランチャ「消えろぉ!!」

ミスタ「げぇ!!50円だけたりn…」

店員「え!?あ、あれ…!?」

ジョルノ「wwwwwwwwww」

ナランチャ「wwwwwおもしれぇ~!!wwwwwwwwww」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:09:24.85 ID:g06uMWJ10
ナランチャ「wwwwwこれ面白れぇ~wwwww」

ジョルノ「wwwww次は僕にやらせてくださいwwwww」

ナランチャ「ああ、いいぜぇ~!!ほらよ!!」

ジョルノ「ありがとうございます…ん?」

ナランチャ「どうかしたのか?」

ジョルノ「これって一回ミスタを消滅させたらそれっきりなんじゃ…」

ナランチャ「ああ~!!そうじゃねぇか!!」

ジョルノ「これではつまらないですね…ブチャラティに相談しなくては…」

ブ「俺だ」

ジョルノ「ブチャラティ、丁度いい所に」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:12:39.42 ID:cfvTRICB0
ミスタが何したってんだよ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:12:47.05 ID:g06uMWJ10
ブ「お前たちがそう言うと思ってミスタを召喚する装置も作って置いたぞ」

ジョルノ「流石ですね」

ナランチャ「やったぜ!!これで何回もこれで遊べるんだな!!」

ブ「くれぐれも悪用するんじゃあないぞ」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:16:01.99 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「これって召喚できる場所は指定できるんでしょうか」

ブ「ある程度はな」

ナランチャ「なんだよ、それがどうしたってんだよぉ~!!」

ジョルノ「もっと面白い遊びが出来るかもしれませんよ」

ナランチャ「本当か!?やったぜ!!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:17:00.00 ID:IgbBIRz00
ミスタなにも悪くないのにwwwwwwww


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:20:17.31 ID:g06uMWJ10
ナランチャ「なぁ~道路に向かって何する気だよ」

ジョルノ「まぁ見ていてください」ポチッ

ミスタ「…っは!?こ、ここは…?一体どうなって…」

モブ「うわぁぁぁぁ!!ど、道路にいきなり人が…」

ミスタ「な、なにぃぃぃぃぃ!?」

ジョルノ「wwwwwwwwww」

ナランチャ「wwwwwwwwww」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:23:34.10 ID:g06uMWJ10
ナランチャ「なるほど!!おもしれぇな!!wwwww」

ジョルノ「wwwwwwwwwww」

モブ「ひ、轢いちまった…」

モブ2「きゅ、救急車を!!」

ミスタ「う…がぁ…」

ジョルノ「騒ぎになる前に消してしまいましょう」

ナランチャ「了解」ポチッ

モブ「き、消えたぞ…」

モブ2「どうなってんだ…」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:27:03.41 ID:X6jMAg5k0
ミスタに何の恨みがwwww


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:29:25.57 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「wwwwwwwwww」

ナランチャ「面白れぇなぁwwwwwwww」

アバ「おい…お前たち…」

ジョルノ「アバッキオ…どうかしたんですか?」

アバ「おつかいを頼んだミスタが帰って来ないんだ…」

ジョルノ「ミスタ?…僕は見てないですね…」

ナランチャ「俺もしらねぇ~ぜ」

アバ「そうか…見かけたら教えてくれ」

ジョルノ「分かりました」

ナランチャ「次は何する?wwwwwwwwww」

ジョルノ「海に沈めて見ましょうかwwwwwwwwww」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:30:37.13 ID:naNyPfzF0
アバがおつかいって言うギャップww


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:35:50.45 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「コンクリートに向けて押して…」ポチッ

ミスタ「っは!…ま、またか…って何だこれは!!あ、足がコンクリートと同化している!」

ジョルノ「…!(声で気づかれないように…!)」

ミスタ「うおっ!だ、誰かに押されて…」ザッパーン

ジョルノ「…ふぅ、沈みましたよ」

ナランチャ「wwwww突き落とされる時の顔が笑えるぜwwwww」

ジョルノ「うーん…でも海に沈めたんではミスタの死にざまを眺めることが出来ませんね…」

ブ「そのための俺だ」

ジョルノ「ブチャラティ!!」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:36:46.73 ID:QhvC70PI0
ブチャラティタイミングよすぎるだろ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:39:58.69 ID:g06uMWJ10
ブ「ミスタの死にざまをモニタリングし続けるテレビだ」

ジョルノ「wwwwww」

ナランチャ「wwwwww」

ブ「くれ悪だぞ」

ナランチャ「すっげぇ~もがいてるwwwwww」

ジョルノ「もうそろそろ限界みたいですねwwwww」

ナランチャ「どうするんだ?wwwww」

ジョルノ「そろそろ消滅させてあげましょうwwwww」ポチッ

ナランチャ「きwwwっうぇwwwwwたwwwwww」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:40:33.75 ID:YFoE97C7P
ブチャラティ発明家になれよ


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:43:48.43 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「wwwwww」

ナランチャ「wwwwww」

アバ「お前たち…何やってんだ?」

ジョルノ「海の中を見ていたんです。ブチャラティに水中カメラを作ってもらったので」

アバ「そうか…ところでミスタは…」

ジョルノ「まだ見てないですね」

ナランチャ「どの店に入っても追い出されてんじゃねぇ~の?あいつくせ~からよぉ」

アバ「そうか…見つけたら…」

ジョルノ「報告しますよ」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:49:00.21 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「ただミスタを殺して消滅させるだけでは芸がありませんね…」

ブ「ならミスタを>>45するスイッチを作ってやろう」

ナランチャ「まじかよぉ~!!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:49:59.75 ID:xmBec1jv0
ゴールデンエクスペリエンスレクイエム


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:50:03.69 ID:YFoE97C7P
幼女化


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:51:26.96 ID:g06uMWJ10
ブ「ミスタを幼女化するスイッチだ」

ジョルノ「ありがとうございます」

ナランチャ「よっしゃぁ!!早速いくぜ!!」

ブ「くれ悪くれ悪」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:56:08.08 ID:rSMm65a70
いともたやすく行なわれるえげつない行為


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:56:45.62 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「まずはミスタを召喚」ポチッ

ミスタ「っは!!…くそっ何なんだ…!!」

ジョルノ「ミスタ…何処に行っていたんですか?お使いの途中で…」

ミスタ「ジョルノ!?大変なんだ!!俺は今、スタンド攻撃を受けていて…」

ナランチャ「今だ!!もっとちっちゃくしてやるぜぇ~!!」ポチッ

ミスタ「ふぇ~!!助けてぇ~ジョルノォ~」

ジョルノ「なんだこの不細工は!」ゲシッ

ミスタ「ぐふぉ!?」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 17:57:44.61 ID:YFoE97C7P
不細工なのか…


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:02:30.12 ID:g06uMWJ10
ミスタ「ふぇ~!!じょるの!!何しやがる!!」

ジョルノ「っは!!ご、ごめんなさい…いきなり不細工な幼女が現れたもんですから…」

ミスタ「ようじょぉ~!?な、なんじゃこりゃ!?」

ナランチャ「おい!どうしたんだジョル…うわっ不細工ッ!!」

ミスタ「ふぇ~…これもすたんどこうげきなのか…?」

ジョルノ「なんて不細工なんだ…人の顔じゃない!!う、おえぇ…」

ナランチャ「その顔でふぇ~とか…うっぷ…」

ミスタ「ふぇ~」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:03:27.92 ID:RP5bxVez0
酷すぎワロタ


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:07:53.65 ID:g06uMWJ10
ブ「すまんすまん、対象をこの世の物とは思えないほどの不細工にする機能を外し忘れていた」

ジョルノ「まぁミスタの幼女化なんですからその機能が無くても不細工になりそうですがね…」

ブ「本来のスイッチはこうなる筈だったんだ」ポチッ

ナランチャ「ん?うわぁ!おれがようじょかしたぁ!」

ジョルノ「ナランチャ、結婚を前提に付き合って頂けませんか?」

ナランチャ「えっでも…俺たち男同士…」

ジョルノ「今は違うでしょう…」

ミスタ「おい!ぶちゃらてぃ!そんなことしているばあいじゃ…」

ブ「不細工が話しかけるなッ!!」ゲシッ

ミスタ「うぉ!!」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:10:51.85 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「とにかくこの不細工何とかしてくれませんか」

ブ「仕方ないな…記憶を消すスイッチと死んだら元通りにリスポーンする装置を作って置いたから殺せ」

ナランチャ「わかったぜ!!かくごしろよぉ~!?このぶさいく!!」

ミスタ「うるせぇ!おなじようじょのいまなら…」ゲシッ

ナランチャ「うわぁ!!」

ジョルノ「あ゛?」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:14:10.52 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「ミスタ…今、何しましたか…?」

ミスタ「え…?」

ジョルノ「今、僕の嫁を蹴りましたよね…?」

ミスタ「いや、いまのはその…ってかおまえらがおれをころそうと…」

ジョルノ「ブチャラティ!!矢を!!」

ブ「作って置いたぞ」

ジョルノ「矢のパワーで!!うおぉぉぉぉぉぉぉ!!」

ミスタ「お、おま…やめろぉ!!」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:14:45.07 ID:YFoE97C7P
鬼畜


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:16:07.74 ID:xmBec1jv0
鬼だな


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:18:06.19 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「ゴールドエクスペリエンスレクイエム…」

ミスタ「」

ジョルノ「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」

ブ「帰るか…」

ジョルノ「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」

アバ「ん?通りが騒がしいな…」

ジョルノ「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」

ナランチャ「ジョルノ…///」

ジョルノ「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!!!」

ミスタ「ぐぁぁぁぁぁ!!」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:21:22.14 ID:g06uMWJ10
ジョルノ「ミスタ…あなたはもう真実に到達することはありません…「死ぬ」という真実にすら…」

ミスタ「う…ぐぁ…」

モブ子「だ、大丈夫ですか…!?」

ミスタ「はっ!!や、やめろ!!止まれ!!」

モブ子「え?」

ミスタ「俺のそばに近寄るなああーーーーーー!!!!」

ジョルノ「これで、一件落着ですね…」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:24:43.68 ID:g06uMWJ10
ナランチャ「じょるの…」

ジョルノ「さぁ、帰りましょうか」

ナランチャ「あ、ああ…///」

アバ「通りが騒がしかったがなにかあったのか?」

ジョルノ「何もありませんよ」

アバ「そうか…ところでミス…」

ジョルノ「見てませんね」

ナランチャ「あ、おれもみてねーよ!」

アバ「…そうか」


その後、ジョルノとナランチャは幸せにくらしましたとさ
終われ


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:27:32.51 ID:g06uMWJ10
くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、ジョルノ達のみんなへのメッセジをどぞ

ジョルノ「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

ナランチャ「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

ブ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

ミスタ「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

アバ「・・・ありがと」ファサ

では、

ジョルノ、ナランチャ、ブ、ミスタ、アバ、俺「皆さんありがとうございました!」



まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:29:11.21 ID:OuLvbvfo0
>>73
テメー最後にハーレム築いてんじゃあねーぞダボが!


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:30:19.60 ID:g06uMWJ10
やっちまった
最後の改変忘れた

ssって初めて書いたけど難しいね
処女作がこれってなんか嫌だね


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08(日) 18:46:24.27 ID:cqNt3ePSi
乙 面白かった


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378626186/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ジョジョ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2013/09/10(火) 11:55:29

    フーゴは犠牲になったのだ・・・


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ