Powered By 画RSS


小鷹「だから星奈とは付き合えない!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 19:29:42.27 ID:+F7PER8uO
あの日から隣人部は事実上の廃部状態だった。

もう夜空は一ヶ月以上学校を休んでいる。

もはや隣人部が形骸化した今、俺は星奈との放課後部室セックスが日課になっていた。

星奈「ぁあっ…小鷹ぁ……」(パンパン

小鷹「星奈……星奈……あぁ!」(パンパン




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 19:33:34.67 ID:+F7PER8uO
理科「いい加減にして下さい!」

突然、部室の扉が開き理科が入ってきた。

あれ以来、星奈以外の隣人部とは顔をあわせていなかった。

幸村にも昼飯を持ってくるのはやめさせた。

星奈「んんっ……小鷹ぁ」

小鷹「ちょっと待ってくれ理科」(パンバン

理科「いい加減にしろお! 夜空先輩がどうなってるのか知ってんのか!」

小鷹「夜空?」(パンパン


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 19:37:45.47 ID:+F7PER8uO
理科「夜空先輩は学校をやめたんだよ」

小鷹「夜空が?」

まさか不登校を通り越して退学していたとは知らなかった。

俺は腰を振るのを一旦やめる。

星奈「夜空やめちゃったんだ……」

小鷹「でももう関係ないだろ? 俺にどうしろ……」

理科「関係ないわけねえだろ!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 19:41:22.89 ID:+F7PER8uO
小鷹「じゃあ俺にどうしろって言うんだよ……」

理科「小鷹先輩には責任があります。小鷹先輩のせいで隣人部はバラバラになったんですから」

小鷹「……」

理科「まだ間に合うはずです。夜空先輩に会って来て下さい」

小鷹「もう今更話すことなんてねーよ」

星奈「小鷹、私からもお願い……」

小鷹「星奈……」

俺は夜空の家に行くことになった。


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 19:45:27.30 ID:+F7PER8uO



小鷹「小鳩、ちょっと出て来る。帰りは遅くなるかもしれないけど留守番できるよな?」

小鳩「こんな時間からうちをほっといてどこに行くんじゃ。またあの女のとこなん?」

バキッ

小鳩「うっ……」

小鷹「あの女なんて言うなって言ったろ?」

小鳩「うぅ……やっぱりあの女のせいじゃ! あの女と付き合いはじめてあんちゃんはおかしくなったんじゃ!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 19:48:15.38 ID:+F7PER8uO
小鷹「いい加減にしろよ」

俺は力いっぱい小鳩の腹を蹴り飛ばした。

正直俺は小鳩が邪魔に思えてきていた。

小鳩さえいなければより星奈と長い時間を過ごせるのに……。

小鳩はうずくまったままだったが俺は家を出て夜空の家に向かった。


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 19:51:58.00 ID:+F7PER8uO
小鷹「ここか……」

夜空は家を出て一人暮らしをはじめたらしい。

そこは蜘蛛の巣がかかったボロイアパートだった。

インターホンすらない。

仕方なく俺はドアを叩いた。

小鷹「夜空ー!」

反応がない。

俺は踵を返し、星奈を呼びつけて小鳩の前でセックスしようかなどと考えているとゆっくりドアが開く音がした。

夜空「……小鷹?」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 19:55:27.68 ID:+F7PER8uO
夜空「まさか……私に会いに来てくれたのか?」

いやいやだったが違うと言うと面倒臭くなりそうだったので俺は頷いた。

夜空「ありがとう……。何もないが上がってくれ」

夜空を涙を目に浮かべていた。

小鷹「お邪魔しまーす」

夜空「気をつかわなくていい。どうせ私しかいないから」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 20:01:16.15 ID:+F7PER8uO
夜空が言うには夜空は学校をやめると言うと両親に家を追い出されたためにこのアパートで暮らすことになったらしい。

今は日雇いの仕事をしてその日暮らしの生活のようだ。

夜空「私のせいで本当にすまない。でもやっぱり小鷹は優しいな。自分のことより隣人部のことを優先してくれるなんて……」

夜空は現在の隣人部の有様を知らないようだった。

今まで通り部活が行われていると思っているらしい。

夜空「小鷹、私の頼みを聞いてくれないか?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 20:07:06.75 ID:+F7PER8uO
夜空「その……こ、小鷹のはじめてをわ、私にくれないか?」

小鷹「えっ」

夜空「わ、私のはじめても小鷹にあげる。駄目……か?」

俺は思わず吹き出しそうになった。

どうやら夜空は俺のことを純情な童貞だと思っているらしい。

まあたまには他の女とやるのも悪くない。

小鷹「俺なんかで……いいのか?」

俺は精一杯込み上げる笑いを噛み殺し、神妙そうな表情を作った。

夜空「ああ、小鷹とひとつになれるならこんなに幸せなことはない……」

俺達はその夜、身体を重ねた。


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 20:13:04.89 ID:+F7PER8uO
さすがに処女というだけあって締まりがよかった。

夜空は特に何も言わなかったし、ゴムもなかったので中に出した。

夜空が望んだんだから、万が一子供ができても俺には関係ない。

夜空「子鷹……私は本当に幸せだ。でも肉には悪いことをしてしまった……」

子鷹「気にすんなって。星奈はそういうの気にするタイプじゃないだろうし」

夜空「子鷹、はじめてが私でよかったか?」

子鷹「ああ」

夜空「そうか。私もだ……」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 20:21:21.66 ID:+F7PER8uO
子鷹「じゃあまたな夜空」

夜空「ちょっと待ってくれ子鷹!」

子鷹「ん? なんだ?」

夜空「その一緒に暮らさないか?」

子鷹「は?」

夜空「掃除、洗濯、炊事全部私がやる。子鷹は居てくれるだけでいいんだ。妹も連れてきて構わない。……一人は寂し過ぎる……」

悪くない提案だった。

俺専用のお手伝いさんと肉便器のできあがりだ。

子鷹「いい……のか?」

夜空「もちろんだ」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 20:26:45.07 ID:+F7PER8uO
それからの俺の性生活は充実したものだった。

昼間は学校で星奈と、夜は夜空と。

特に夜空は俺に依存しているようだったから星奈にはできないようなプレイをすることができた。

あれから家には一度も帰ってないため子鳩がどうなったのかは知らない。

一ヶ月が経つ頃、俺はさすがに夜空に飽きがきていた。

他の女を抱いてみたい。

そんな願望を抱きはじめていた。

子鷹「なあ夜空、金貸してくれないか?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 20:31:19.40 ID:+F7PER8uO
夜空「すまない……金だけは……」

子鷹「そうか。悪いな。ちょっとどうしても必要だったんだが……」

使えない肉便器だ。

夜空「……そんなに必要なのか?」

子鷹「ああ、ちょっと小鳩が塾に行きたいと言い出してな」

夜空「……分かった。バイトを増やすよ。小鷹と会える時間は少なくなってしまうけど……」

小鷹「悪い」

翌日、俺は夜空から三万円を受け取り風俗デビューを果たした。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 20:37:57.84 ID:+F7PER8uO
夜空「小鷹、最近帰りが遅いがどうしたんだ?」

小鷹「悪い。ちょっとバイトを探してたんだ」

夜空「バイト? 金なら私がどうにかする。小鷹は私と居てくれたらそれでいいんだ」

小鷹「いや、でも少しでも夜空の負担を減らしたいしな……」

夜空「小鷹……」

小鷹「それにまた小鳩の塾代が上がりそうなんだ」

夜空「そんなに金が必要なのか?」

小鷹「ああ」

俺が月に夜空に請求する金額は段々大きくなっていた。


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 20:43:42.21 ID:+F7PER8uO
夜空「小鷹、これ……」

ある日、夜空が今までにないぐらいの大金を渡してきた。

小鷹「夜空、どうしたんだよこんな大金……」

夜空「バ、バイトを増やしたんだ」

小鷹「大丈夫なのか?」

夜空「私は小鷹のためなら何でもできる」

小鷹「ありがとう夜空」

ありがとうATM。

夜空「その……今日は久しぶりにしないか?」

小鷹「あっ! 早速月謝を払ってこなくちゃな!」

俺はいつもよりワンランク高い風俗に向かった。


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 20:49:46.18 ID:+F7PER8uO
夜空とのセックスは敬遠気味だったが、星奈とのセックスは日課だった。

星奈の身体が極上なのもあるが、それ以上に将来への投資だった。

星奈と結婚してしまえば、俺の将来は安泰だ。

そのためには星奈を俺に依存させておく必要がある。

その一方でまた風俗にも足しげく通っていた。


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 20:58:39.41 ID:+F7PER8uO
俺は星奈とのセックスの後、その足で風俗街に向かった。

今日は夜空から金を貰ったばかりなのでいい店に入ることができる。

俺は今まで料金が高くて敬遠していた店に入ることにした。

店員「いらっしゃいませ」

俺は写真を見回した。顔は隠されている。

店員「あっ、この子は新人でオススメです。18歳になってますけど本当はまだ17歳なんですよ」

17歳と言えば俺と同い年だ。

女は若いのに限る。

子鷹「じゃあこの子で」

店員「では、こちらへ」

店員は俺を部屋に案内した。

その嬢はショートカットの黒髪美少女。

夜空「……子鷹?」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:04:59.00 ID:+F7PER8uO
子鷹「夜空、どうしてお前が……」

夜空「子鷹……」

子鷹「ち、違う! これは!」

夜空はゆっくりと俺の衣服を脱がせはじめた。

夜空「全部、本当は分かってた」

子鷹「……」

夜空「でもいい。鷹が何をしても鷹が私の側にいてくれさえすれば……」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:07:13.82 ID:+F7PER8uO
子鷹「ソラ……」

こいつ馬鹿だ。

夜空「鷹、今日は私とたくさんしような」

子鷹「ああ」

俺達は久しぶりに身体を重ねた。


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:07:36.90 ID:+S8PJrMK0
誰だよ子鷹


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:07:42.56 ID:3XMYD6NH0
最高や…最高だよ

ただ子鷹を早く小鷹に修正しろ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:13:43.21 ID:+F7PER8uO
夜空の家に転がり混んでから三ヶ月が経った。

俺の風俗通いはますますエスカレートしていた。

夜空は店で人気No.1になったらしい。

さすがプロと言うべきか夜空は急激に床上手になっていった。

小鷹「おおぁ……」

夜空「気持ちいい? 小鷹?」(ジュルジュルジュッポ

小鷹「ああ、最高だよ夜空」

こんな日々がいつまでも続けばいいと思っていた。



夜空「小鷹、話がある」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:18:01.99 ID:+F7PER8uO
小鷹「どうしたんだ?」

夜空「非常に言いにくいんだが……」

小鷹「なんだよ。俺と夜空の仲だろ」

夜空「子供ができた」

小鷹「えっ? なんだって?」

夜空「子供ができたんだ……小鷹との……」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:22:20.78 ID:+F7PER8uO
小鷹「どういうことだよ」

夜空「最近、調子がどこかへんで産婦人科に行ったらおめでただって……」

小鷹「……」

夜空「小鷹と私の子供が私のお腹にいる……。これからは支えあって……」

小鷹「ふざけんなよ」

夜空「えっ……」

小鷹「お前みたいな阿婆擦れ汚い肉便器の子供なんだから誰の子なんか分からねえだろ」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:28:55.22 ID:+F7PER8uO
夜空「生でやったのはあの日の小鷹とだけだ。それに私、分かるんだ。お腹の子は小鷹の子だって」

小鷹「そんなもの信じられるかよ……」

夜空「小鷹が望むならDNA鑑定をしてもいい。どちらしろ私はもう少ししたら働けなくなる。実は小鷹には隠していたんだがこういうときのためにお金は貯めておいたんだ。だけど子供が生まれるまでの間、風俗は……」

小鷹「知らねーよ。お前が勝手に孕んだんだろ」

夜空「そ、それは小鷹が私の中に出したから……」

小鷹「うるせんだよ肉便器が」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:35:34.37 ID:+F7PER8uO
小鷹「ならおろせよ」

夜空「そんな……この子は私と小鷹の愛の結晶なんだぞ? できるわけないだろ」

ここで俺は思わず吹き出してしまった。

夜空「小鷹?」

小鷹「自分の家の便器に愛着を持つ奴がいると思うか?」

夜空「でも小鷹はあのとき私のことを心配してここに来てくれたじゃないか」

小鷹「あれは理科に言われて無理矢理来させられただけだっつーの」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:39:14.74 ID:be9ybTRr0
止めたげてよぉ


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:41:58.79 ID:+F7PER8uO
夜空「なら小鷹はこれっぽっちも私に愛情を抱いたことはなかったのか?」

小鷹「ないに決まってるだろ。自分の預金に愛情を抱く奴がいるか?」

夜空「……そうか。それは悲しいな。でもいいんだ。私は小鷹と一緒にいれさえすれば……」

小鷹「お前、気持ち悪いな」

夜空「ふふふ、小鷹の言葉なら私にとっては何でも褒め言葉だよ」

俺は立ち上って渾身の力で夜空の腹を蹴り飛ばした。

2発、3発、4発……

夜空「ごほっ……げほっ……がっ……」

小鷹「これで中絶費用の節約になったろ。その分俺の口座に振込んどけよ」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:50:21.23 ID:+F7PER8uO
小鷹「じゃあな」

俺は踵を返し、玄関に向かった。

夜空「待っ……小…鷹……」

小鷹「触るなよ汚ねえ便器が」

俺はもう一発夜空の腹に蹴りを入れ、夜空の家を出た。

そしてその足で星奈の家に向かった。

小鷹「なあ星奈。同棲しないか?」

星奈「えっ? うん! 嬉しい! じゃあ小鷹の部屋は……」

小鷹「いや、俺はお前の家でも俺の家でもなくどこか遠いところで二人っきりで過ごしたいんだ」

星奈「小鷹……」(ギュッ


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 21:57:32.41 ID:+F7PER8uO
それから俺達は転校をして同棲をはじめた。

今では結婚して幸せな家庭を築いている。

ただやっぱり風俗通いだけはやめられない。

仕事帰り、今日も俺の脚は風俗街へ向かっていた。

店員「いらっしゃいませ」

俺は嬢の写真を見た。

顔は隠れている。

顔を隠していても分かるいかにも風俗嬢と言った風貌の中、一人黒髪で清楚な雰囲気を醸し出している嬢がいた。

店員「お決まりですか?」

小鷹「はい。じゃあ、この『ナイト』っていう子で」






65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 22:03:15.00 ID:+F7PER8uO
読んでくれた人、保守してくれた人サンクス


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 22:04:58.40 ID:3t24WiGJO
おつかれ
原作もこれくらい救われない展開でいいや


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 22:09:08.50 ID:YH/6jmnl0
原作知らないけど似たようなもんじゃないの?
取り敢えず乙


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 22:12:43.79 ID:I0wBsrrq0
救えねぇ


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1379586582/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「はがない」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ