Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若林智香「悩みがあるんですっ」

3 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 22:41:17.95 ID:BTvpnxrE0

――カラオケ店



神谷奈緒「……それで、悩みって一体なんなんだ?」


島村卯月「私達でよければ、何でも聞きますよっ!」


若林智香「うん、ありがとっ☆それでね……」


卯月「あ、何か注文するっ?」


奈緒「えっ」


智香「ポテトと、ジュースと……奈緒ちゃんは何を飲むのかなっ☆」


奈緒「あ……じゃあ、コーラ」


卯月「私はオレンジでっ!」


智香「了解っ☆」




奈緒「……あれ、これって相談だよな?」





4 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 22:43:30.33 ID:BTvpnxrE0

ゴユックリドウゾー


バタンッ


奈緒「えーっと、それで悩みってなんなんだ?」


智香「はいっ、相談なんですが……」


卯月「あっ、私一曲目入れていいですかっ?」


智香「最初は何にするのかなっ?」


奈緒「……っ!」




奈緒「ああもうっ、何なんだよ一体!相談しに来たんじゃないのかよっ!!」バンッ


卯月「あっ……確かにそうでした!」


智香「すっかり忘れてました!」


奈緒「いやいやいや、智香が忘れてたらまずいだろ!」


智香「せっかくのカラオケだったのでっ☆」



6 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 22:46:19.34 ID:BTvpnxrE0

奈緒「あのなぁ……どうして相談なのにカラオケに来たか分かるか?」


智香「えっと……歌うためだよねっ!」


卯月「相談の後で歌うためですよ!」


奈緒「……あー、だれか助けてくれよ……」




奈緒「智香がとっても大事な話だって言ったから、誰にも聞かれないような場所に来たんだろ」


卯月「?」


奈緒「ほら……事務所とか女子寮だと、聞き耳立てられたりするだろ?」


智香「ああっ、確かにそうだね!流石奈緒ちゃんですっ☆」



8 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 22:48:21.22 ID:BTvpnxrE0

智香「それで相談なんですが……Pさんのことなんですっ!」


卯月「えっ、プロデューサーさんですか?」


奈緒「Pさんがどうかしたのか?」


智香「……その、最近Pさんと一緒にいるとなんだか熱くなっちゃって……」ソワソワ


奈緒「……ん?」


智香「胸がドキドキして、ずっと一緒にいたいって思うんですっ!」


奈緒「それってもしかして……」


卯月「恋ですねっ!」


智香「ええっ、こ、恋ですかっ!?」




智香「え、そ、そんなっ……」カァァァ


奈緒(かわいい)


卯月(かわいいなぁ)





奈緒「……そういえば智香、相談相手ってあたし達が最初だよな?」


智香「いえ、最初はまゆちゃんに相談しようと思ったんですが……」


奈緒「……えっ?」


卯月「?」


奈緒「いや、なんでもない」



10 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 22:51:27.38 ID:BTvpnxrE0

奈緒「本当に、だよな?……その、Pさんのことが、好きっていうのは」


智香「もちろんですっ☆」


卯月「プロデューサーさんのこと、いつから好きだって思うようになったんですか?」


智香「それは……この前、こんなことがあったんですっ!」




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


智香「ふぅ、今日のレッスンもよく頑張りましたっ☆」


ガチャッ


智香「お疲れ様ですっ☆」


P「おう、お疲れ様」


智香「今日もレッスン、バッチリでしたよっ!」タッタッタッ


P「おいおい、事務所狭いんだから走ると……」


グキッ


智香「……きゃぁっ!?」


P「っ!?智香っ!!」ダッ



11 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 22:53:21.48 ID:BTvpnxrE0

ギュッ



P「痛ってぇ……智香、大丈夫か?」


智香「Pさん……」ポワー


P「レッスン、頑張り過ぎたんだろう。ほら、立てるか?」


智香「は、はいっ……痛っ」ズキッ


P「あー、捻挫かな……?応急処置するから、ちょっと我慢しろよー」ヒョイッ


智香「ひゃぁっ!?」


智香(お、お姫様抱っこ……っ!?)


智香(あっ、Pさんの顔……こんなに、近く……)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




智香「それからずっと、Pさんともっと一緒にいたいなって……」パァァァ


卯月「わぁ、いいなぁお姫様抱っこ」


奈緒「ああもう、これだからPさんは……」



12 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 22:56:32.89 ID:BTvpnxrE0

奈緒「えーっと……それで、智香はどうしたいんだ?」


智香「どう、ですか?」


奈緒「だ、だから……その。好き、なんだろ?」


智香「はいっ!アタシ、Pさんの事が好きですっ!」


卯月「わぁっ、なんだか青春ですねっ!」


奈緒「そっか……でも、まずいよな」


卯月「何がですか?」


奈緒「おいっ、あたし達はアイドルだぞ!?恋愛とか……」


卯月「いいじゃないですか!好きなものは好きなんですから!」


智香「そうですよねっ!」


奈緒「……あ、あれ……?」



14 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:01:13.49 ID:BTvpnxrE0

奈緒「だ、だから……あたし達はアイドルだぞ?そういうのがバレたら……」


卯月「……うん。でもさ、私達だって女の子だよ?」


智香「卯月ちゃん……」


卯月「確かに、誰かを好きになるのはアイドルとしてはダメかもしれないけど……」


卯月「好きになるのは仕方ないもん。だから本当の気持ちを隠しちゃいけないって思うの」


奈緒「……なんか、ごめん。卯月なりにマジメに考えてたんだな」


卯月「えへへ♪私だって、やる時はやりますよ!」




智香「そっか……アタシ、Pさんのこと、好きでいていいんだねっ!」


卯月「うんっ!もちろんだよ、智香ちゃん!」


智香「それで、どうしたらPさんに思いを伝えられるかなって……」ポッ


卯月「それじゃあさっそく、プロデューサーさんにアタックですっ!」


智香「なるほど、アタックですねっ!」


奈緒「……ん?」



15 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:04:29.57 ID:BTvpnxrE0

奈緒「おいおい、ちょっと待てって」


卯月「えっ?何かダメでしたか?」


奈緒「ダメじゃないけどさ……アタックって、何するんだよ」


卯月「そうですねぇ……プロデューサーさんに、さり気なくアピールですよっ!」


智香「……そうだね!頑張ってみますっ☆」


奈緒「あーもう、こうなったらヤケだ!とことんあたし達も付き合ってやるぜ!」


卯月「はいっ!一緒に頑張りましょうっ!」


智香「二人とも……本当に、ありがとうっ☆」




智香「それで……どうやってアピールすればいいのかな?やっぱりチアリーディングかなっ?」


奈緒「……卯月、とりあえずあたし達で考えるぞ」


卯月「はいっ!」


智香「?」


奈緒「よしっ、話も決まったし、歌うかっ!」


智香「そうだねっ!それじゃあアタシ、一曲目入れちゃおーっと☆」



17 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:11:32.15 ID:BTvpnxrE0

――事務所


奈緒『いいか、例えば……Pさんが仕事してる時にコーヒーを淹れてあげるんだ』


卯月『最初は簡単なところからトライですっ!』




P「えっと、これは……」カタカタカタ


智香(……よしっ、今がチャンスっ☆)




奈緒(……智香が心配だからって、流石にこれはやり過ぎだったか?)コソコソ


森久保乃々「あ、あの……どうして奈緒さん、相席なんですか……」ヒソヒソ


奈緒「し、仕方ないだろ、乃々……智香のためだ、我慢してくれ」ヒソヒソ




P「ん?誰かいるのか……?」


奈緒「っ!?」ビクッ


乃々「な、奈緒さん……静かに、静かにです……ここで見つかるとか、むーりぃー……」ヒソヒソ



18 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:15:36.71 ID:BTvpnxrE0

智香「あ、あのっ、Pさんっ!」


P「ん、智香か。どうした?」


智香「コーヒー、どうですかっ?」


P「おお、ありがとな。智香は気が利くなぁ」


智香「えへへ、ありがとうございますっ☆」




P「智香の応援には、いつも助けてもらってばかりだな。ははは」




智香「……?」


智香「は、はいっ☆」




奈緒「あー……これは効果アリか……?微妙なところだな……」ヒソヒソ


乃々「あの、そろそろもりくぼの城を返してください……一人分の机の下に、二人はちょっとむーりぃー……」ヒソヒソ


奈緒「……乃々と輝子は、同じ悲鳴の旗を目印にして出会ったのか?」ヒソヒソ


乃々「い、いえ……輝子さんはむしろ、奇声……?」ヒソヒソ



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 23:19:02.00 ID:HNtxu/fFo
バンプ?


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 23:20:23.20 ID:O1hReWk6o
カルマwwwwwwwwww


20 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:19:16.81 ID:BTvpnxrE0

――翌日、事務所


智香「おはようございますっ☆」


P「おはよう、智香。今日も元気そうで何よりだ」


智香「朝はジョギングから始まりますからっ☆」


P「なるほど。健康的でいいなぁ」


智香「健康的、ですかっ?」




智香(……それだっ☆)




卯月「そうですよね、毎日ドリンク剤ばっかり飲んでる人が健康なはずがありません!」ヒソヒソ


星輝子「た、確かに……Pは、い、いつもドリンク飲んで働いてばかり……だな」ヒソヒソ


卯月「輝子ちゃん、なにか栄養価の高いキノコとかありませんか?」ヒソヒソ


輝子「そ、それなら……このエノキタケとか、エリンギとか……?」ヒソヒソ




P「ん?他に誰かいるのか?」


智香「気のせいですよっ☆」



22 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:21:05.02 ID:BTvpnxrE0

――さらに翌日、事務所


奈緒『Pさん、いっつもコンビニ弁当だしな。お弁当作るってのはアリじゃないか?』


卯月『輝子ちゃんからおすそ分けももらいましたし、作ってみましょう!』




智香「……よしっ!」


ガチャッ


智香「おはようございますっ!」


P「おう、おはよう智香」


智香「えっと……Pさん、今日はお昼ごはんの予定はありますかっ?」


P「ん?そのうち買いに行くけど……どうしたんだ?」




卯月「よしっ、狙い通りですっ♪」ヒソヒソ


輝子「わ、私のキノコ……役に立った、のかな」ヒソヒソ


卯月「もちろん!お弁当の中に入ってますよ!」ヒソヒソ


輝子「フ、フヒヒ……これで、あ、あなたと私もお友達……フフ……」ヒソヒソ



24 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:24:24.23 ID:BTvpnxrE0

智香「えっと……その、お弁当を作ったので、一緒に食べませんかっ?」


P「え、いいのか?」


智香「は、はいっ!もちろんっ☆」


智香(や、やった……!)




P「……ありがとう。智香には助けられてばっかりだな」




智香「……?」


智香「は、はいっ」


智香(なんだろう……なにか引っかかるような……)




卯月「あ、あれ……どうしちゃったんですか、プロデューサーさん?」ヒソヒソ


輝子「フフフ、や、やっぱり……Pは、Pだからな……」ヒソヒソ


卯月「どういうことですか?」ヒソヒソ


輝子「う、卯月さんも……いずれ、わかるよ」ヒソヒソ


25 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:26:59.15 ID:BTvpnxrE0

奈緒(それからしばらく、智香のアタックは続いたんだが……)




智香「Pさん、お散歩行きませんかっ?ずっとパソコンに向かってばかりじゃ、身体に悪いですよっ☆」


P「ん、そうだな。きりのいい所まで進めたいから、ちょっと待っててくれ」




智香(えへへ……Pさんと、Pさんとデート……)ポワワワ……


P「いやー、これでまた仕事が頑張れるよ。ありがとな」


智香「……」シュン……


智香「……いえいえ、Pさんのためですからっ☆」ニコッ



26 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:30:11.13 ID:BTvpnxrE0

卯月(……なんだか智香ちゃんのアタックは、空回りしてるような気がします)




智香「Pさんっ、ケーキを作ってみましたっ!食べてみてくださいっ☆」


P「……えっ、本当にいいのか?」


智香「はいっ!疲れた時には甘いもの、ですよっ☆」




智香(は、ハートがいっぱい……気付いてくれるかなっ☆)ドキドキ


P「……うん。美味しいよ」


智香(や、やった……っ!)



27 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:33:37.83 ID:BTvpnxrE0

P「……智香はよく気が効くなぁ。偉いぞ」


智香「ありがとうございますっ☆」


P「よーし、これでもっと仕事できそうだ!」


智香(あ、あれっ……)


智香「……が、頑張ってくださいねっ☆」




奈緒「なあ、卯月。Pさんって……天然なのか?」ヒソヒソ


卯月「うーん……確かめてみたほうがいいかもしれませんね」ヒソヒソ


奈緒「そうだな」ヒソヒソ




乃々「もりくぼは、ガラス玉みたく弾き出されてしまいました……二人ともひどいです……」ヒソヒソ


輝子「げ、元気出せ、親友……困ったときはお互い様……フヒッ……」ヒソヒソ


乃々「ありがとうございます……うぅ、どうしてもりくぼはカルマを背負って生まれてきたんでしょう……」ヒソヒソ



28 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:39:11.73 ID:BTvpnxrE0

――喫茶店


卯月「それでは、第二回作戦会議を始めますっ!」


奈緒「……第一回って、まさかあのカラオケか?」


卯月「はいっ♪」


智香「ありがとうございますっ!二人とも頼りになるねっ☆」


奈緒「まあ、いいか。それでさ、智香……」


卯月「あ、二人とも何注文しますか?」


智香「アタシ、このモンブラン食べたいですっ!」




奈緒「……やる気あるのかないのか、わかんねぇなぁ……」


卯月「奈緒ちゃんは何頼む?」


奈緒「……じゃあ、このチョコパフェ」




奈緒「な、なんだよその目はっ!あたしがパフェ食べちゃダメなのかよっ!」カァァァ


卯月(かわいいなぁ)


智香(かわいいですねっ)



29 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:40:53.87 ID:BTvpnxrE0

ゴユックリドウゾー


奈緒「それで、智香……どう思う?」


智香「どう、って……何がですかっ?」


卯月「プロデューサーさんの事ですよ。ねっ、奈緒ちゃん?」


奈緒「うん……ほら、Pさんの反応、どう思った?」


智香「えっと……」


智香「えっと、その……」ショボン




智香「Pさん、アタシのこと、好きじゃないのかな、って……」グスッ


奈緒「わ、わわっ!ま、待て智香!泣くなよぉ!」アタフタ


卯月「だ、大丈夫ですよ!プロデューサーさんが智香ちゃんのこと、嫌いになるはずがありませんっ!!」アワワワ


智香「だって、だって……Pさんに何度アタックしても……」グスン


智香「いつもの応援みたいに見られてるんだよ……?」


奈緒「そ、そうだな……」


智香「うぅ……なんだか自信なくなっちゃいます……」


卯月「智香ちゃん……」



31 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:44:42.49 ID:BTvpnxrE0

奈緒「だ、大丈夫だって……ほら、Pさん元々鈍いところ……いや、ありすぎだよな」


卯月「……こうなったら、最終手段ですっ!」


智香「……最終手段、ですか?」




卯月「当たって砕けましょう!」


奈緒「はぁっ!?」


智香「えぇっ!?」


卯月「智香ちゃん、思いをはっきり伝えちゃいましょうっ!それしかありませんっ!」


智香「そ、そんなっ……」


奈緒「……!」ピコーン


奈緒「いや、そうか!ナイスだ卯月!」


卯月「えへへ……やっぱり、智香ちゃんには直球勝負がピッタリですよっ!」


智香「直球、勝負……っ?」



32 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:48:49.11 ID:BTvpnxrE0

奈緒「あれこれ考えたって仕方ないっつーか……ストレートにはっきり伝えたほうが智香らしいだろっ?」


智香「ストレートに、はっきり……!」


卯月「そうです、その調子でレッツトラーイ!ですよっ♪」


奈緒「それはちょっと違う……いや、見習うくらいが丁度いいかもしれないなっ!」


卯月「もし失敗しても……私達がいますから♪また頑張ればいいんですよっ!」


智香「……っ!!」




智香「……奈緒ちゃん、卯月ちゃん、ありがとうございますっ☆」ニコッ


ガタンッ


智香「――行ってきますっ!!」



ダダダダッ




奈緒「上手くいくといいな」


卯月「きっと上手く行きますよ♪……あ、モンブラン、食べていいのかな」


奈緒「……一口もらっていいか?」


卯月「もちろん……って、智香ちゃんいませんけどね」



33 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:51:48.62 ID:BTvpnxrE0

タッタッタッタッ……



智香(……そうでした。アタシ、ずっとPさんに思いをはっきりと伝えていなかったんだ)



智香(それじゃ、ダメですよねっ。だって、はっきり伝えなきゃ、気持ちは届かないんだから)



智香(応援だって、チアリーディングだって……頑張れって気持ちを、まっすぐ届ける、だから……っ!!)



智香「アタシは……アタシはっ!!」



智香(Pさんに好きだって……伝えるんだっ!!)




智香「フレーっ!フレーっ!アタシっ!!」



智香「ファイトーっ!オーっ!!」





34 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:52:43.15 ID:BTvpnxrE0

――事務所




智香「はぁっ……はぁっ……Pさん、まだ……いるよね?」ゼェゼェ


ガチャッ



P「ん、智香か」


智香「……Pさんっ!」


P「どうしたんだ、そんなに息を切らして――」




ギュッ




智香「あっ、あのっ!Pさんは……アタシのこと、好きですかっ?」


P「――っ!?」



35 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:53:48.88 ID:BTvpnxrE0

P「どうしたんだ、いきなり」


智香「アタシの気持ち……Pさんに伝えたいんですっ!」


P「気持ちって……智香、まさか」




智香「はいっ……アタシ、Pさんのことが好きなんですっ!!」


智香(あっ……い、言っちゃった……っ)カァァァ




P「そうか……」


智香「……P、さん……?」




ギュッ


P「俺もだよ、智香」



37 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:56:08.35 ID:BTvpnxrE0

智香「……えっ、ほ、本当……ですかっ?」


P「もちろんだ……ああ、アイドルとしてだけじゃなく、一人の女性としてだよ」


智香「……っ」ポロッ


P「お、おいっ、泣くなよ……」


智香「だって……Pさん、アタシのこと好きじゃないのかなって、ずっと……」グスッ


P「ああ、最近のことか?」


P「途中まではそうだと気付いてなかったけど……流石にあれだけアタックして来たら俺だって分かるよ」


智香「そう、ですかっ……えへへ、ありがとうございますっ☆」



39 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/14(月) 23:59:54.30 ID:BTvpnxrE0

智香「アタシ、いつもお仕事頑張ってるPさんを見てて、かっこいいなって思ってたんです」


智香「そしたら、いつの間にかPさんのこと……す、好きになってたんですっ!」


P「そっか……ありがとな。俺も嬉しい」


P「いつも誰かのために、誰かの力になれるように頑張る智香が……俺は好きだよ」


智香「えへへ……嬉しいですっ」ニコッ


P「気付いた時は……本当は、なかったことにならないかって思ってたんだ」


P「まあ、やっぱり恋愛事はアイドルとしては駄目だからな」


智香「でも……好きになったのは仕方ないんですっ!」


智香「だから本当の気持ちを隠しちゃいけないって……教わりましたっ!だから……」




ギュッ


智香「……P、さん?」


P「そうだ。どんなことになったって、きっと後から取り戻せる」


P「俺だって、この先どうなるか分からないけれど、覚悟は出来てるよ。だから……」


P「俺も、本当の気持ちを……隠さなくても、いいんだな?」


智香「……はいっ!」



40 : ◆.FkqD6/oh. 2013/10/15(火) 00:04:16.34 ID:RwlLBRhB0

P「いつか、智香がアイドルの舞台から降りた時は……」


P「……アイドルを引退したその後は、ずっと……一緒にいてくれるか?」


智香「……はいっ☆」




智香「Pさんの頑張れって声が、アタシに元気をくれるんですっ!」


智香「だから、Pさん……」




智香「これからもずっと、アタシのこと応援してくださいねっ☆」








おわり



41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 00:06:07.55 ID:m/AyeT97o
乙!
途中、ちょっとかわいそうだったけど、相思相愛で良かった。
良い若林智香SSでした。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 00:09:16.45 ID:22d63QXRo
おっつし
若林ちゃんかわいいな


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 00:11:39.99 ID:y66orxACo
乙乙!
良い若林ちゃんであった…。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1381757853/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。