Powered By 画RSS


コナン「元太…?」うな獣「うなぁぁぁぁぁぁ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 13:31:18.14 ID:L+TzwDXs0
灰原「工藤君、あの化け物は…」

コナン「元太だよ」

灰原「えっ」

コナン「なんだかよくわかんねえけど、突然奇声を上げてあんな姿になっちまったんだ…」

灰原「あんな姿って…どうみてもただの怪獣よ、何で人間と思われる生物の小嶋君が…」

うな獣「うな重…」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 13:36:56.99 ID:L+TzwDXs0
歩美「2人ともどうしたのってきゃぁぁぁぁぁぁぁぁ」

光彦「なんですかあの怪獣、ウルトラマンに出てきそうですね」

コナン「元太だ…」

歩美「そんな…元太君が…」

光彦「何言ってるんですか、あんなのただのコスプレですよきっと」

光彦「しかし池沼うな重の元太君にしては凝ってますね、見てて興奮してきます」

うな獣「うなぁ!」ガブッ

光彦「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

歩美「光彦君がだべられてる…」

うな獣「うなぁ…」ガブッガブッガブッ

光彦(と思われる肉の塊)「」

コナン「逃げるぞ!」

歩美「で、でも…」

コナン「バーロー!光彦の犠牲を無駄にするつもりか!」

灰原「博士ならきっと何か知っているわ、行きましょう」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 13:44:39.94 ID:L+TzwDXs0
阿笠宅

阿笠「なんと…元太君が…」

コナン「博士、あれは一体なんなんだ…どうして元太が…」

阿笠「やはりそういうことか」

灰原「博士?」

阿笠「ずっと前の話じゃが、ワシはとある細胞を作りだしたんじゃ」

コナン「細胞?」

阿笠「うむ、その細胞は人体に入ることで増殖しやがて宿主の知能を低下させていく」

阿笠「知能が低下した宿主はうな重のことしか考えることが出来なくなり最終的にあのような怪物、うな獣になるんじゃ」

コナン「何でそんなものを作ったんだよ」

阿笠「つい出来心でのう、悪用するつもりは無かったんじゃ…」

阿笠「しかしワシの管理が適当だったせいでその細胞はどこかへ行ってしまった、それが何らかの理由で元太君の体内に入ったんじゃろう」

灰原「やっぱり博士のせいだったのね」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 13:51:17.71 ID:L+TzwDXs0
阿笠「とにかく奴を止めなければ大変なことになるぞい」

コナン「え?」

阿笠「覚醒したうな獣は地球上にある全ての物質を食べつくす…」

コナン「なんだって…」

灰原「そうなる前に止めないと…」

歩美「でも、うな獣を倒したら元太君は…」

コナン「…」

阿笠「とにかくじゃ、わしは今からうな獣を止める装置を作るわい、それまでここにいるんじゃ」

コナン「じっとしていられるわけねえだろ!」

阿笠「!?」

コナン「元太は確かにうな重のことしか考えられない奴だった…でも俺たちの親友だ!」

灰原「そうね…」

歩美「みんなで元太君を助けようよ!」

阿笠「わかったわい、君達はうな獣の足止めを頼んだぞい」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 13:56:34.29 ID:L+TzwDXs0
うな獣「うなぁぁぁ…」ガブガブ

コナン「聞こえるか元太!」

うな獣「うな?」

コナン「お前はそんなコンクリートを食うために生まれてきたのか?」

コナン「違うだろ!お前はうな重を食うために生まれて来たんだろ!」

うな獣「うなぁ!」

うな獣の尻尾がコナンを攻撃する

灰原「危ない!」

コナン「グヘッ」

歩美「コナン君!」

コナン「平気だ…これも親友を救うためだ…」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 14:03:28.90 ID:L+TzwDXs0
コナン「忘れちまったのかよ元太!一緒にうな重を食べたり、旅行したり、光彦を虐殺したりしたあの日々を…」

コナン「目を覚ましてくれよ元太!また一緒にうな重食べたり旅行行ったり光彦を虐殺したりしようぜ…」

コナン「なぁ…元太…」

歩美「そうだよ元太君!これから冬、うなぎの旬が来るわよ!」

灰原「うなぎの旬が来る前に地球を滅ぼしちゃっていいの?」

うな獣「うなぁ…」

コナン「元太…」

阿笠「出来たぞ!うな獣をとめるスイッチじゃ」

コナン「待ってたぜ、博士」

阿笠「成功すればうな獣は倒され元太君は元に戻る…じゃが失敗すれば…」

コナン「博士、俺と灰原と歩美と元太の絆に不可能があると思っているのか」

阿笠「そうじゃな、くれぐれも失敗させるんじゃないぞ」

コナン「わかってるぜ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 14:04:53.09 ID:+j7ZAirV0
光彦の死が軽すぎるだろ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 14:06:56.25 ID:L+TzwDXs0
コナン「準備はいいか2人とも…」

灰原「ええ」

歩美「ええ」

コナン「元太に届け!」ポチッ

うな獣「うな?うなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」ピカーン、ズトーン

コナン「どうだ…」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 14:11:10.48 ID:L+TzwDXs0
うな獣(死体)「…」

阿笠「まさか…」

コナン「元太…」

灰原「嘘よそんな…」

歩美「元太君…」

阿笠「せっかくうな重を用意したのにのう…」

???「うな重食えんのか?」

阿笠「そ、その声は…」

元太「ありがとよ博士!」

コナン「げ、元太…」

灰原「成功だったのね…」

歩美「元太君!」

元太「おいおいみんな何泣いてんだよ」

コナン「バーロー…泣いてなんかねえよ…」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 14:15:04.91 ID:L+TzwDXs0
阿笠「一見落着じゃな」

灰原「今回のは博士のせいでこうなったよの」

阿笠「すまんのう…」

元太「そういうなよ灰原」

阿笠「元太君…」

元太「特上おごってくれたら許してやるぜ」

阿笠「ちゃっかりしてるわい」

コナン「これでこそ元太だぜ」

歩美「歩美!高級なのがいい!」

阿笠「そ、そんなぁ…」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 14:17:37.83 ID:L+TzwDXs0
元太「ところでよう、俺すんげえうめえ肉食ったんだけどよそれってどこで売ってるんだ?」

コナン「肉?」

元太「ああ、見た目はどこかで見たことあったな、でも忘れちまったしいいや」

阿笠「やっぱり元太君は元太君じゃのう」

光彦(骨)「」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 14:18:20.65 ID:O9r966N/0


やっぱり光彦はこういう運命だったか


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1382157078/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「コナン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ