Powered By 画RSS


バーナビー「そこじゃないですよ…虎徹さん」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 10:31:49.13 ID:t1cI4Gru0
バニー「いたっ、そこじゃ……もっと下ですよ」

タイガー「じゃあ、ここか?」

バニー「いっ……だから……もう」

バニー「はぁ、もういいです」

タイガー「ちょ、おいバニー」

キッド「どうしたの?」

タイガー「いや、こいつがなぁ」

タイガー「折角人がマッサージしてやったのに切れるんだよ」

バニー「な、虎徹さんが自分は上手だからとか言って無理矢理!」

キッド「へー、タイガーマッサージが得意なの?」

タイガー「おお、プロ級よ。な?」

バニー「ノーコメントです……」

キッド「じゃあ……僕もやって欲しいなあ、なんて」

青薔薇・バニー(ぬぁああああにぃいいいいいい!?)




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 11:21:10.87 ID:t1cI4Gru0
タイガー「おお、いいぜいいぜ。横になれよ」

キッド「はーい」

バニー「ちょ」

ローズ「待ちなさいよ!」

バニー・ローズ「え?」

タイガー「あん?」

キッド「どうしたの?」

ローズ「いや、あの……ちょっとタイガー!あんたなに考えてんのよ!」

バニー「そうですよ虎徹さん!」

タイガー「何が?」

ローズ「キッドは女の子なのよ!それセクハラよセクハラ!」

タイガー「はぁぁああ!?」

タイガー「セクハラってお前よぉ」

タイガー「こうやってキッドがして欲しいって言ってんだから」

キッド「うん、ボク気にしないよ」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 11:25:57.40 ID:t1cI4Gru0
ローズ「だ、だからって……」

バニー「僕も感心しませんね」

タイガー「バニーまで……」

バニー「僕たちはヒーローです。常日頃から」

バニー「そういった悪いイメージにつながるようなことは自嘲すべきです」

ローズ「そうよそうよ!」

タイガー「かったいなあ、お前ら……」

キッド「マッサージ……してくれないの……?」

タイガー「ふん……悪いなあキッド」

バニー・ローズ「ほっ……」

キッド「じゃあ……」

キッド「ボクがしてあげるよ」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 11:44:00.42 ID:t1cI4Gru0
タイガー「お」

バニー・ローズ「な」

タイガー「ほんとか?」

キッド「うん!これならせくはらじゃないよね?」

タイガー「おおー頭いいなー、キッドは」ナデナデ

キッド「えへへ」

バニー・ローズ「だ、ダメ(です)よ!」

キッド「え?」

タイガー「今度はなんだよ……」

ローズ「えっと……その……」

バニー「絵面的にもっと危険になったじゃないですか!!」

タイガー「はぁ?」

バニー「少女にマッサージさせるだなんて……そんな……」

タイガー「お前……」

ローズ「バーナビーって……」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 11:46:25.20 ID:t1cI4Gru0
キッド「ねえ、ダメなのぉ?」

タイガー「いんや、全然OKだって」

タイガー「よっと、じゃあ頼むなー」

キッド「うん!」

ローズ「ま、待って!」

バニー「ブツブツ……」

タイガー「あん?」

ローズ「な、なら……」

ローズ「わ、私がやるわ!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 12:07:10.93 ID:t1cI4Gru0
キッド「えぇ!」

バニー「は?」

タイガー「お前がぁ?」

ローズ「う、うん!私だって、マッサージ、と、得意なんだから!」

タイガー「へー意外だなあ」

バニー「いえ、ここは僕がやります!」

ローズ「え」

タイガー「お前まで」

バニー「虎徹さんは僕のパートナーです」

バニー「なら当然、体調管理も僕がやるべきです」

キッド「最初に言ったのはボクだよ!」

ローズ「私が!」

姐さん「あらぁ、モテモテじゃなぁい」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 12:14:31.59 ID:t1cI4Gru0
タイガー「いやぁ、なんなんだろうな、これ」

姐さん「もう、鈍感ねぇ」

姐さん「ところで、私がマッサージしてあげましょうか?」

姐さん「ぜ・ん・し・ん」

タイガー「い、いいよ」

姐さん「あら残念。ほほほ」

タイガー「はぁ……で」

タイガー「誰がやるか決まったか?」

バニー「ええ」

ローズ「全員5分ずつやって」

キッド「一番良かった人がいつもタイガーのマッサージするんだって」

キッド「ボクがんばるからね!」

タイガー「は?」

タイガー「いやいやいや。話が大きくなりすぎじゃね?」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 12:18:01.04 ID:t1cI4Gru0
ローズ「いいから」

バニー「虎徹さんは黙ってマッサージを受けてください」

タイガー「つうか、一番いいってどう判断するんだよ」

バニー「それはもちろん、虎徹さんが決めるんですよ」

タイガー「はぁあああ?」

タイガー「ちょ、そんなめんどくさい」

ローズ「とにかくもう一度横になりなさい」

バニー「じゃあ、誰からいきますか?」

タイガー「おい、俺の話を」

バニー「そうですね、じゃんけんで決めましょうか」

タイガー「おーい」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 12:28:46.48 ID:t1cI4Gru0
一番バーナビー

バニー「……」

虎徹「お、流石バニーは力があるなぁ」

バニー(ふ……そう、このマッサージ勝負、男は僕だけ)

バニー(力で負けるはずがない!貰った!)

ハンドレッドパワー発動

虎徹「い、いたたたた!」

バニー「え?」

虎徹「お、お前なぁ」

バニー「あ、すみません」

バニー(ま、まさか力を入れすぎて発動してしまうとは……)

虎徹「ったく……」

バニー(く、なんとか盛り返さないと!)

ローズ「ぶー、時間切れよ」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 12:32:34.93 ID:t1cI4Gru0
バニー「え、もう!?」

ローズ「ええ、ほら」

バニー「くっ(なんということだ……)」

虎徹「はは、バニー。結構良かったぞ。最後はあれだったけどな」

バニー「ほ、本当ですか!」

虎徹「ああ」

バニー(よし!)イェェェス!

虎徹「じゃあ次は」

ローズ「私よ」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 12:39:09.67 ID:t1cI4Gru0
二番ブルーローズ

ローズ「ん……ん……」

虎徹「んー」

ローズ(やっぱり、私じゃ力が足りない……なら)

ネクスト発動

ローズ(力は最小限に抑えて……)ヒヤッ

タイガー「お、おふっ!」

バニー「!」

タイガー「つ、つめたっ!なんだ!?」

ローズ「どう?気持ちよくない?」

タイガー「……そう言われれば」

バニー(考えましたね……)

タイガー「で、でもこれ――ひょぉ!」

ローズ「アイシングは大事でしょ。我慢しなさい」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 12:44:18.30 ID:t1cI4Gru0
バニー「はい、そこまで」

虎徹「あー、さむ……」

ローズ「ね、ねえ、どうだった?」

虎徹「あん?」

虎徹「……」

虎徹「ああ、良かったよ。うん」

ローズ「ほんと!?」

ローズ(よし!)イエス!

虎徹「よし、最後は」

キッド「ボクだよ!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 12:49:21.72 ID:t1cI4Gru0
三番ドラゴンキッド

キッド「いくよー」

バニー(この中で最年少のドラゴンキッド……)

バニー(力は鍛えているとはいえ、僕たちのは劣る。となれば……)

ネクスト発動

キッド「えい」

バニー(やはり!)

虎徹「うぉ」

キッド「やぁ!」

虎徹「おおおおおお」

虎徹「きぃぃいいいくぅぅううううう」

バニー「チッ」

ローズ「く……」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 12:51:46.43 ID:t1cI4Gru0
キッド「ねえ、気持ちいいでしょ?」

虎徹「おおおおおうううううう」

キッド「もっといくよー」

――――
――


バニー「はい、そこまで」

虎徹「ふぅ」

キッド「ねえ、どうだった?どうだった?」

虎徹「お、すっげえよかったぞ!」ナデナデ

バニー・ローズ「……」

キッド「ねえ、じゃあ一番は」

虎徹「そうだなあ、みんな良かったよ」

バニー・ローズ「え?」

虎徹「みんなそれぞれ良かったよ。また頼むわ」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 12:55:40.30 ID:t1cI4Gru0
バニー「虎徹さん……」

ローズ「ふ、ふん!気が向いたらね」

キッド「うん!」

虎徹「ようし、疲れもとれたし、飯でも食いに行くか!奢ってやるよ!」

キッド「え、ほんと!」

バニー「あ、じゃあ僕は」

ローズ「ちょっと、私の意見も」

姐さん「ほんと、モテモテねぇ」

姐さん「でもあれじゃあ、お父さんって感じかしら」


おわり


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 13:07:42.90 ID:t1cI4Gru0
ほのぼのしすぎてエロに行きようがなかった


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 13:19:31.92 ID:4EQt2ScS0
いいじゃねえかほのぼの
俺は気に入った


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/12(火) 13:37:43.60 ID:XRJuCV20O
良かったでござる





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「タイバニ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2011/07/13(水) 20:21:49

    むしろほのぼのしてナンボだろ!
    好きだぜオレは


  2. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2011/10/05(水) 07:14:06

    バニー(よし!)イェェェス!にワロタ
    あと女子組3人もかわいいでござる
    おじさん皆に愛されてるなぁ、ほのぼの


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ