Powered By 画RSS


菫「私はもっと貴女の事が知りたいんだ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 19:17:11.04 ID:N7yEdoQ+0
個人戦試合会場。

わーわー

菫「…………」きょろきょろ

菫「…………え…っと……あっあそこか……」すたすた

ぴた

菫「ま…松実さん……」

宥「あっ…弘世さん。こんにちは」ぺこり

菫「お早う松実さん。済まない…ちょっとあって、少し遅くなってしまった……」ぺこり

宥「いえ…大丈夫ですよ。それにまだ試合は始まっていませんし……」

菫「そうか…」すっ…

宥「それにしても、今日、ここで弘世さんと一緒に試合を観戦する事になるなんて、思いもしなかったです」
  




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 19:28:54.34 ID:N7yEdoQ+0
菫「正直に言って、貴女が私の誘いを受けてくれるとは思わなかったよ」

宥「そうですね…私、人見知りで…しかも決勝戦の私達の対局が終わってすぐに、お誘いを受けた時は吃驚しましたけど……」

菫「あの時はいきなりで…しかもまだ試合中だと言うのに、場違いな事をしてしまい、申し訳ないと思っている」

菫「だが、決勝戦の貴女との対局が終わった瞬間…どうしても反射的に言葉に出てしまったんだ」

宥「そうですか…でも、私はそれでも何故でしょうね…断ろうとは全く思わなかったんです……」

菫「私も、こんな事は初めてだよ。何故なんだろうな……私もこうしてゆっくり貴女と話したかったんだ……」
 


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 19:32:32.90 ID:N7yEdoQ+0
………。

実況『さぁ!試合が始まりましたーーー!!』


宥「でもいいんですか?白糸台の皆さんと応援しなくて」

菫「ん?ああ…白糸台(ウチ)はきっちりしてそうで、こう言う事は案外自由なんだよ」

宥「そうなんですか。それならいいのですけど」

菫「それより。貴女のチームメイトは、別の会場にいると聞いたのだが……よかったのかな?」

宥「ええ。玄ちゃ…妹達は清澄の原村さんの応援をしているんですよ」

菫「そうなのか……」
 


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 19:37:08.21 ID:N7yEdoQ+0
宥「ええ…彼女、少しの間…確か彼女達が中一の時位まででしたけど、阿知賀(こっち)に居たんです」

宥「それであの子たちと一緒の学校の麻雀クラブで、一緒に打っていたみたいなんです」

宥「私は残念ながら、余り面識は無いんですけど……」

宥「私達が阿知賀の麻雀部を再興して、大会に出たのも原村さんともう一度麻雀がしたいという理由だったんです」

菫「そんな理由が……それで全国決勝まで行ったのか……」

宥「みんなは勿論。私も小さな頃から打っていましたから……」
 


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 19:40:29.45 ID:N7yEdoQ+0
宥「それでも私は暫くの間、麻雀やあの子たちから疎遠になっていましたから……」

宥「だから…またあの子たちと一緒に麻雀が出来る機会が出来て嬉しかった」

菫「そうか……それはよかった」

宥「それに…弘世さんとも打てて、こうしてお知り合いになれたのですから…尚更です」にこ

菫「――――!!/////」

宥「はっ!?い…いえ……その…ふ、深い意味は無くてですね…その――――/////」

菫「い…いや私も同じだよ。麻雀が無かったら、こうして松実さんに逢って話しをする事も無かっただろうから」にこ

宥「はい―――」にこ
 


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 19:44:40.57 ID:N7yEdoQ+0
実況『おおーっと!宮永選手!!イキナリの三連続和了だーーー!!!』


菫「そうだ。一つ訊いておきたかったのだが……」

宥「何ですか?」

菫「貴女は対局中の私のクセを見抜いていた様だが……」

宥「それはですね…でもそれ…実は私じゃないんです」

菫「そうなのか……?では誰が?」

宥「赤土さん…私達、阿知賀女子麻雀部の監督さんです」

菫「そうか…私本人、それに同じチームの者ですら気付けなかったのに……凄い洞察力だな」

菫「それにその所為で準決勝では、貴女にやり込められてしまったしな」

宥「逆に決勝では、逆手に取られてしまいましたけど?」
 


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 19:48:29.43 ID:N7yEdoQ+0
菫「……なら、おあいこと言う訳だな」ふふ

宥「そうですね」ふふ

宥「でも、赤土さんの名前は覚えておいて下さい。あの人、多分来年か再来年にはプロになって大活躍するでしょうから」

菫「そうか…それだったらウチの宮永 照もプロになるかもしれないから、二人が対局する事になったら面白いな」

宥「そうですね。でも負けませんよ?」

菫「ああ。だがこちらとしても、ここは譲れないな」

宥・菫「「ん……?」」

宥「私達自身の事じゃないのにおかしいですね」

菫「そういえば…そうだな」

菫・宥「「ぷっ」」

宥「うふふ」

菫「ははは」
 


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 19:52:19.64 ID:N7yEdoQ+0
実況『ああーっと宮永選手また和了で他の追随を許さないー!!』

わーわーわー


宥「………………」す…

菫「!?」どきっ

菫<ま…松実さんが掌を重ねてきた//////>どきどき

菫<ど…どういう事だ……?>どきどき

宥「―――!!あっ……/////」はっ

宥「ご…ごめんなさい」かぁぁ

さっ…

菫「い…いや……」

宥「あ…あの私……この身なりを見れば分かると思うんですが。私…極度の寒がりなんです」

菫<まぁ…それはそうだろうな>ふむ
 


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 19:56:37.18 ID:N7yEdoQ+0
宥「この会場の様なクーラーが効いている場所だと、このマフラーがを外すと寒い位なんです」

菫「そうか…それは大変だな」

宥「あはは…おかしいでしょう?この真夏に厚着してマフラーしてる女子なんて……」

菫「それは…体質なんだから仕方のない事なんじゃないのかな。少なくとも私はそうは思わないよ」

宥「あ…ありがとうございます。そ…それで……幼い頃からこうでしたから――――」

宥「……あったかいものを無意識の内に、探し求めてしまう癖があるみたいなんです……/////」かぁ

菫「えっ!?そっそれって…もしかして……」どきっ

宥「………………///////」かぁぁぁ

こく…
 


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:00:22.40 ID:N7yEdoQ+0
菫「……………/////」どきどき

宥「……………/////」どきどき

菫「そ…そうか……」どきどき

菫「そ…それなら――――」どくんどくん

す…

宥「―――――!?///////」

宥<弘世さんが掌を私の掌の上に重ねて――――/////>どきどき

菫「こうすれば、あたたかいだろう?////////」かぁぁ

宥「は…はい……///////」かぁぁ

こく…

宥<弘世っさんの手……本当に暖かいものに包まれている様な…心まで暖かく安心する様なそんな感じがする……>あったか~い
 


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:08:17.80 ID:N7yEdoQ+0
実況『おおっーとここで今まで鳴りを潜めていた福路選手が、役満直撃を喰らわせて、満を持してと言うべきか!!ついに反撃の烽火を上げたーーー!!!』


菫「……ふむ…では松実さんの御実家は、旅館を営んでおられるのだな」ふむ

宥「これでも結構な老舗旅館なんですよ?」ふんす

宥「お料理もおいしいですけど、なによりお風呂は天然の温泉で、露天風呂から眺める吉野の景色が凄くいい眺めなんですよ」

菫「ほぉ…そうなのか……それはぜひ一度、訪問してみたいものだな」

宥「はい。是非一度お立ち寄りください」にこ

菫「松実さん。今の振る舞いは旅館の娘そのものだな」

宥「ええ。旅館の娘ですから。広報活動もお手のものなんですよ?」

菫「ふふふ…そうか」にこ

宥「えへへ…そうです」にこ
 


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:09:41.00 ID:1i7xQx8l0
この二人可愛すぎる


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:12:30.34 ID:N7yEdoQ+0
実況『ああっと!福路選手!前半は様子見だったと言うのか!後半は高い役での和了を連発―――』

実況『圧倒的火力で他家を跳ばして早くも二回戦進出一番乗りを決めたーー!!』


菫「そろそろ終わりそうだな……」

宥「そうですね」

菫「その…松実さんは、いつまでこっちに居られるのかな?」

宥「……今日までです…今日の試合が終わったら、妹のいる会場で合流して、そのまま奈良に帰ります」

菫「そう…なのか……」

宥「はい……私達は全員個人戦には出ていませんし……」

宥「それに地元に帰って報告しないといけないので、本来なら昨日か今日の朝には帰らないといけなかったんですけど……」

宥「妹達がどうしても原村さんの試合が観たいって。無理を言って……」

宥「それで今日の試合が終わるまでって、帰る時間を伸ばして貰ったんです」
 


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:16:20.97 ID:N7yEdoQ+0
菫「そうか……残念だがそれなら…仕方ないな……」

宥「……そうですね…でも、そのお陰で私もこうして弘世さんと、色々お話が出来て嬉しかったです」にこ

菫「―――――!!」どきっ

宥「どうしました?」

菫「い…いや……何でも……私も松実さんと話ができて良かった」

宥「よかった…他校の、しかも他県の人とお話が出来る機会なんてそう無いですから……」

宥「……そして…その人が弘世さんで本当に良かった……」にこ

菫「――――――!!/////」

菫<こ…この人の言葉と表情に…どうして私は一々こんなにも反応してしまうんだ……>どきどき
 


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:20:29.49 ID:N7yEdoQ+0
実況『一回戦もいよいよ終盤に差し掛かって――――ああーーーっとここで宮永選手他家を跳ばしたーーー!!!』


宥「そろそろ終わりそうですね……」

菫「ああ……」

宥「私も…そろそろ行かないと……」すっ

菫「そうか……」すっ

 


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:24:27.56 ID:N7yEdoQ+0
会場内ロビー。


宥「今日は本当にありがとうございました…最後にいい思い出が出来ました」ぺこり

菫「私も…貴女とたくさん話せてよかったよ……」

菫<違う――――こんなんじゃ全然――――本当は…私はもっと貴女と――――>

宥「……もう…行きますね………………」くる…

すた…

菫「――――ま…松実さん!」

宥「はい」くる…

菫「……き…気を付けて……」

宥「…………はい…」ぺこり

すたすた…

菫<私は……私はこんな事を言いたかったんじゃ―――――>がく…

……。

菫<くそっ!!私は何てヘタレなんだ……>ガンッ!!

 


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:32:53.66 ID:N7yEdoQ+0
会場内の別のロビー。


誠子「あっ宮永先輩お疲れ様です…予想通り圧勝でしたね」

照「うん……ありがとう」


……。

菫「ああ。もう戻っていたのか。お疲れ様」

照「ありがと菫。ちょっと話があるのだけど」


―――――――。

照「菫?どうしたのぼうっとして……?」

菫「いや……何でも…………」

照「ふぅんそれならいいけど……」
 


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:37:04.54 ID:N7yEdoQ+0
菫<…………でも今更…何て言えば――――それにもし拒絶でもされたら―――――>

菫<いや!そんな事はどうでもいいんだ!!私はどうしたいんだ!!!弘世 菫!!!!>

菫<私はヘタレだ!でも―――!!こんな大事な事までヘタレでいてたまるか!!!>

菫<私はしたい事を伝えたい事を伝えるんだ!!>


菫<なら何時するんだ!!>



菫「今でしょ!!!!」

一同「「「「!?」」」」びくっ

一同<<<<何が!?>>>>


照「菫…どうしたn―――――」
 


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:40:41.83 ID:N7yEdoQ+0
菫「照…済まない……今すぐ行かなくてはいけない処があるんだ――――」す…

たたっ

照「駄目!!!」

ささっ

菫「照……そこをどいてくれないか?」

照「駄目だよ菫……行っちゃ駄目だよ……」

菫「済まない照……どうしても行かないと、私は一生後悔する事になってしまうんだ。だから――――」

照「ダメ!それでもダメ!!今…菫を行かせたら私が――――」

菫「……ごめんな…照――――」ささっ

照「ああっ!!!」

たたっ――――
 


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:44:28.19 ID:N7yEdoQ+0
照「菫……」

淡「どうしたのテルー?そんなに必死に引きとめたりしてー?」じじー

淡「!?」びくっ

照「……………」つつー…


淡<テルー…泣いてる?>びくっ

淡「ど…どうしたのテル……?そんなに弘世先輩を行かせたくなかったの?」


照「泣いてる…?そっか私…今……泣いてるんだ…………」

誠子「宮永先輩……」

尭深「……………」
 


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:48:27.69 ID:N7yEdoQ+0
照「どうしても菫を行かせたくない…行かせてはならない……」

照「―――何故か判らないけど…あの菫を見た瞬間そう直感した……だから――――」

淡「テルー……」

照「そう思ったら、訳も無く哀しくなって……」

淡「そう…なんだ……」ふぅむ

照<ううん…本当は訳も無くなんかじゃない―――>

照<―――私は菫のあの表情(かお)を見て、菫が私から離れてしまう事を確信してしまったんだ――――>
 


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 20:52:26.58 ID:N7yEdoQ+0
尭深「先輩……」すっ

照「渋谷さん……」

尭深「自販機で買ったお茶ですが、どうぞ…少しは落ち着きますよ……」

照「ありがとう……」

尭深「…………今の先輩の気持ち……私にも分かる様な気がします……」

照「えっ?―――どういう……」

尭深「先輩…………私も今…多分先輩と同じ気持ちだと想うから……」

照「…………そう…だったんだ……」

尭深「はい…………」にこ…
 


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:04:57.48 ID:N7yEdoQ+0
別会場のロビー。


穏乃「和ー。一回戦突破おめでとー」

憧「おめでとう和」

玄「さすがのおもちですのだ」


和「みなさん…有り難う御座います」ぺこり


たたっ…

宥「みんなお待たせ。ごめんね少し待たせちゃったかな?」
 


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:08:30.59 ID:N7yEdoQ+0
穏乃「大丈夫ですよ。今終わった所でしたし」

憧「それはいいけど……でも宥姉。どこ行ってたの?」

宥「そ…それはその……」

憧「あっもしかしてナンパされてデートとかしてたんじゃないの?」

宥「えっ!?……そ…そんなんじゃないよ……//////」

憧「むむ…今の反応、何かおかしいわね……」う~む

玄「えっお姉ちゃんがデート!?」

穏乃「どっ…どんな人なんですか?」わくわくどきどき

宥「だから…そんなんじゃないって……」

憧「もしかして…もう付き合ってるとか?」

宥「……そうだったら…いいのに……」ぼそ…

憧「ん?何か言った宥姉?」

宥「ううん…何でも無いよ……」ふりふり

玄<お姉ちゃん何処か寂しそう……>
 


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:12:30.38 ID:N7yEdoQ+0
穏乃さん達から数メートル離れた辺り。


優希「あれは…もしかして阿知賀のマフラーさんじゃないのか?」

咲「そうだね…松実姉妹のお姉さんの方だったかな?」

京太郎「阿知賀のお姉さん……やっぱ…いいおもちしてんなぁ……」でれ

咲「むっ京ちゃん何でれでれなんてしてるの?」いらっ

優希「まったくこの犬は年中発情期だじぇ」やれやれ

京太郎「あの姉妹おもちのセットは至高だな……それに比べてお前等の残念おもちときたら……」はぁ

咲「京ちゃん」むー

抓っ

京太郎「いてっ!」

咲「もう知らないっ!!」ぷいっ

 


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:16:39.59 ID:N7yEdoQ+0
……。


灼「みんなー」

穏乃「あっ灼さん!」

灼「ハルちゃん連れてきたけど、みんなもう集まった?」

穏乃・憧・玄「「「はーい」」」」

宥「…………」

晴絵「……じゃあそろそろ行こうか?」

穏乃・憧・玄「「「はーい」」」

憧「じゃあまたね和、明日も頑張ってね」

穏乃「必ず連絡するから」

玄「またですのだ」

和「有り難う。憧、穏乃、玄さん」にこ
 

 


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:20:26.12 ID:N7yEdoQ+0
宥「……………」

玄「どうしたのお姉ちゃん?」

宥「ううん…なんでも……」

宥<どうして私はこうなの……何も言えず…何も伝えられず…またこんな思いを引き摺って――――――>

宥<さっきもそうだった……弘世さんの言葉に期待して……自分からは何も言えなくて…すごすごと帰って来てしまった……>

宥<今まではそうだった……今までの私は…自分はこういう人間だからって、我慢して無理矢理諦め続けてた……>

宥<……でも今回だけは―――あの人の事だけは……どうしても諦めきれない!諦めたくない!!>

宥<私は!私は!!やっぱりあの人の事を――――――!!!>

玄「お姉ちゃん?」

宥「……玄ちゃん…ごめんね私―――――」

 


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:24:48.94 ID:N7yEdoQ+0
?「ちょっと待ったーーー!!!!」

一同「「「!?」」」

宥「ひ…弘世…さん……」

憧「弘世って……白糸台の弘世 菫じゃない!どうしてここに……?」

穏乃<宥さんが一緒に居た人って…弘世さんだったんだ……>

玄「うーんこれが修羅場ってやつですのだ?」

憧・穏<<えっ!?何言ってるのこの人?>>

宥「弘世さん…どうして……」

菫「松実さん…………」はーはーはぁ……

菫「私は貴女ともう少し……いや!もっと話がしたいんだ……そしてもっと貴女の事を知りたいんだ」
 


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:30:13.77 ID:N7yEdoQ+0
宥「私だって…もっともっと弘世さんとお話したい…弘世さんの事をもっと知りたい……」宥「……でも…私は……もう…帰らないと……」

菫「だったら…それだったら、この夏休みの間に、必ず貴女の旅館に行くから……」

菫「そしたらもう一度、私の相手をしてほしい…お互いの事を話し合いたいんだ……」

菫「私は貴女の事をもっと知りたい……そして貴女には私も事をもっともっと知って欲しいんだ……」

宥「弘世さん……」じわ…

宥<嬉しい感情と一緒に…涙まで込み上げて来ちゃいそうだよ……>
 


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:36:43.72 ID:N7yEdoQ+0
菫「松実さん?」

宥「はい…心よりお待ち致しております。そしたら私も…めいっぱいのサービスをさせて頂きますからね」にこ

憧「……宥姉のめいっぱいの御奉仕サ-ビス……」ごくり

玄「お姉ちゃんがおもちを…めいっパイ使った、けしからすばらなサービスを!?/////」はぁはぁ

宥「―――!!/////////あ…あのそう言う意味では無くて……/////」かぁぁ

菫「?……よくは判らないが…行かせてもらっていいって事かな?」

宥「はい…喜んで」にこ

憧<事実上の告白とその受諾って感じね……>うーむ
 


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:41:11.49 ID:N7yEdoQ+0
菫「よかった…もし断られたらどうしようかと思ったよ」ほっ

宥「……断る理由なんてありませんよ」にこ

菫「ありがとう……でもそれは御客さん的な――――」はっ

宥「………………」じっ…

菫「いや…済まない今のは…冗談とはいえ失言だった」ぺこり

宥「もう…私は宿屋の娘ですけど、そんな女じゃないですよ。でも…必ず来て下さいね」

菫「ああ…必ず……」

宥「でも…あんな事を言う弘世さんは、ほんのちょこっとだけ信用出来ません」

菫「だからそれは……」

宥「ですから……」しゅる…

一同「「「「「!?」」」」」

 


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:46:23.15 ID:N7yEdoQ+0
宥「これを渡しておきますね……」す…

憧<あの…宥姉が――――>

一同<<<<<自らマフラーを外して、しかもそれを他人に渡したーーーー!!!!!>>>>>

玄「あわわわわわわわわ……こいつぁどえりゃー事なのです……」ぶくぶく

宥「その時まで、これは弘世さんにお貸ししておきます」

菫「ああ。わかった。その時まで私が預かっておくよ」

宥「必ずですよ?必ず返しに来て下さいね」にこ

菫「ああ。約束する」にこ

憧<あの宥姉が自分のマフラーを人に渡すなんて…これは本物だわ……玄も泡吹いてる位だし>ごくり

 


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:50:51.82 ID:b3VXlVVP0
仮にも女子高生が泡吹いてるのは絵面的にどうなのだクロチャー


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:52:27.05 ID:N7yEdoQ+0
晴絵<ふふん青春だねー。でも…もうそろそろいいかな……>うん

晴絵「もうそろそろいくぞー」

一同「「「「はーい」」」」

宥「では…名残惜しいですけど…もう行きますね」

菫「ああ。ではまた……」

宥「はい」こく
 


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 21:56:18.87 ID:N7yEdoQ+0
すたすたすた…ぴた

宥「あっ……そういえば」

くる

宥「あの弘世さん…その前に――――」

菫「松実さん…手始めに――――」


宥・菫「「携帯の番号と、メアドを交換して下さい(しよう)」」


一同<<<<ここまでやって、まだそんな事すらしてなかったんかい!!!>>>>ズコー


 


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:00:51.57 ID:N7yEdoQ+0
京太郎「何かよく判らんけど、いい感じって事でいいのかな?」

咲「うん…そうみたいだね」

咲<私も……いつか京ちゃんと……//////>きゃっ

京太郎「ん?どうしたんだ?急に赤い顔になって」

咲「なっなんでもありませんっ」ふい

京太郎「でも…おもちもいいけど…あの弘世さんのクールだけど、実は情熱的って感じなのもいいなぁ……」

咲「京ちゃん……」むむっ

抓っ!

京太郎「あいた!!何すんだよ咲!!」

咲「ふーんだ。なんでもありませんよーだ」ふいっ
 


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:11:01.81 ID:b3VXlVVP0
ちょいちょい挟まれる咲ちゃんがかわいい


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:08:14.64 ID:N7yEdoQ+0
帰りの車中。


憧「でもまさか宥姉のデートのお相手があの弘世 菫なんてねー」にやにや

宥「もう憧ちゃんその事はいいじゃない……///////」

玄「でもお姉ちゃん大丈夫なの?マフラーを外したりして」

宥「うん……正直ちょっと寒い気もしたけど……」

宥「……でもね…弘世さんの事を考えると、こう心がね…あったか~い気持ちになるの」ほんわかほんわか

玄「だったらいいのです……御馳走さまなのです」ぽんぽん

憧「くっ!早速惚気か!!」くそぅくそぅ

穏乃「ははは……」

玄<でも…弘世さん……確かにカッコよかったなぁ……>

玄<見た目はクールそうだけど…とてもいい人そうだし……わたしもあんな人とお付き合いしてみたいなぁ……>

宥「どうしたの玄ちゃん?」

玄「ううん。何でも無いよ。お姉ちゃん」にこ

 


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:14:26.78 ID:N7yEdoQ+0
十数日後。


松実館。

宥「もう…そろそろかな?」どきどき


仲居「宥さん。お客様が起こしになられましたよ」

宥「!!」どきっ

宥「はいっ直ぐ行きます!!」たたっ
 


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:20:28.64 ID:N7yEdoQ+0
松実館玄関。


宥「御客様。よく…本当によくお越し下さいました」ぺこり

菫「ああ。私が貴女との約束を破る訳は無いよ」

宥「はい…私も信じてました……」にこ

菫「ああ…それと……」すっ

菫「これをお返ししないとな」

宥「……………はい確かに……」ぎゅっ…

宥「有り難う御座います弘世さん。お礼にめいっぱいのサービスさせて頂きますからね」にこ

 


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:25:25.81 ID:N7yEdoQ+0
菫「はは…それは嬉しいな。ではこれから宜しく頼むよ。松実さん」にこ

宥「はいっ嬉んで。こちらこそ宜しくお願いします」にこ



宥・菫<<そう―――私はこの人と――――――>>



菫・宥<<これから先もずっと――――――――>>



おしまい。
 


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:26:24.43 ID:GI745BEm0

よかったぜ


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:26:59.46 ID:wADYk8Wg0
ヘタレ頑張った
おつ


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:28:57.09 ID:N7yEdoQ+0
よく判りませんが進み過ぎたのを
引き返す様な感じで書かせて頂きました

有り難う御座いました。


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:33:41.32 ID:b3VXlVVP0
乙乙


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1383646631/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 宥菫神 2013/11/06(水) 15:30:25

    久々のこの二人だ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ