Powered By 画RSS


れんげ「どうしてほたるんはお○ぱい大きいん?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 15:58:02.11 ID:0ldogwpPi
れんげ「なにかトレーニングとかしてるん?」

小鞠「私にもそのトレーニング教えて!!」

蛍「えっ?! い、いや……特に何も……」

夏海「またまた~、そんなこと言って裏ではイロイロしてるんでしょ~?」

蛍「いや……ほんとになにもしてないですって……」

蛍(どうしよう……毎日5回小鞠先輩でオナニーしてるだなんて絶対言えない)




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:00:30.13 ID:0ldogwpPi
放課後

れんげ「というわけで」

れんげ「ほたるんには内緒でほたるんのおうちにお邪魔して、おっぱいの大きい理由を調査したいと思いますのん」

小鞠「で、でも……別にわざわざ内緒で行く必要はなくない……?」

夏海「姉ちゃんは分かってないなあ。事前に知らせたら前みたいにイロイロ隠されちゃうかもしれないだろ?」

小鞠「た、たしかにそれはそうだけど……」

れんげ「そうと決まればさっそく向かうのん!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:04:18.79 ID:0ldogwpPi
蛍宅前

れんげ「ピンポン鳴らすとほたるんのお母さんにバレてしまうので、不法侵入しますのん」

小鞠「で、でもさすがに開いてないんじゃ……」

ガチャ

夏海「開いた」

れんげ「それじゃあ見つからないようにほたるんの部屋に向かうん」

夏海「さあ~て、なにがあるのかな~」

小鞠「……」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:08:32.26 ID:0ldogwpPi
一方そのころほたるんは


蛍「ああ……小鞠先輩……そ、そこ……そこに取れたて大根を…んんっ……ああっ……!!」

蛍「そう……そうやってちょっとづつ……あっ……も、もう少し…っ…」

数分後

蛍「っはあ……全部入っちゃった……」

蛍「小鞠先輩が悪いんですよ……小鞠先輩が……」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:09:09.20 ID:6daDnnV40
大根とかほたるん…


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:14:29.61 ID:0ldogwpPi
れんげ「さて、ほたるんの部屋の前に来ましたん」

小鞠「なんか……中から声がしない?」

夏海「気のせいじゃない? まったく姉ちゃんは怖がりだなあ」

れんげ「みんな、準備はいいのんな」

れんげ「それじゃあ突入しますのん!!!!」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:18:10.07 ID:liGiO5C30
やめたげてー!


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:20:51.75 ID:0ldogwpPi
蛍「あ〝あ〝あ〝あ〝あ〝あ〝い〝い〝ク〝ウ〝ウ〝ウ〝ウ〝ウ〝ウ〝ウ〝ウ〝ウ〝ウ〝ウ〝ウ!!!!!!!!!!!!!!」

ガチャ

れんげ「にゃんば……す?」

夏海「あっ……」

小鞠「……」


シーン


蛍「えっ、あ、え……なんで……」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:23:10.29 ID:Cl+WgZfAi
声がでけぇwww


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:24:37.38 ID:0ldogwpPi
蛍「どうして……ここに……」

夏海「あ、あははー……なんだかウチら邪魔しちゃったみたいで……」

れんげ「そうなんね。そろそろ帰りますか」

小鞠「……」

蛍「あ、ははは……は、はは……」

蛍「はは…そんな……嘘だ……」

蛍「嘘だ……嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ」

蛍「あ、あ〝あ〝あ〝……あ〝あ〝あ〝あ〝あ〝あ〝あ〝あ〝あ〝あ〝あ〝あ〝あ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

ドンッ

れんげ「ちょっ、ちょっと!どこいくん!!」

夏海「ほたるん!!!」

小鞠「……」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:28:45.30 ID:0ldogwpPi
 それからほたるんは裸のまま、ウチらを置いてどこかへと駆けて行きました。ウチらはみな、開け放された扉の揺れるのをただ見つめていました。
 誰も、何も口にしません。部屋は静寂でした。そこにははじめから何もなかったかのように、今さっきまでの出来事が夢であったかのように、沈黙だけが静かに流れていました。
 ふと視線を移すと、そこには濡れた大根が午後の陽を受けて美しく輝いていました。それだけが、ただ、ほたるんのいた証を暗に示しているようでもありました。

おわり


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:29:08.69 ID:Cl+WgZfAi
>>44
おい


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:32:19.02 ID:cZXeQEzyO
れんげ「実はこれがおっぱいを大きくするトレーニングなんな!」

夏海「!?」

小鞠「そうなの!?」

蛍「えっ、ああ、はい!そうなんです!」

こんな感じで続けて


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:37:08.24 ID:0ldogwpPi
>>49
わかった


れんげ「ちょ、ちょっとまつのん!!」

れんげ「実はこれがおっぱいを大きくするトレーニングなんな!」

夏海「!?」

小鞠「そうなの!?」

蛍「えっ、ああ、はい!そうなんです!」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:40:46.95 ID:Cl+WgZfAi
>>53
ほたるんはこの時全裸ということでよろしいか


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:43:03.72 ID:0ldogwpPi
>>58
よろしいのん


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:41:48.58 ID:0ldogwpPi
れんげ「でもほたるんはそれが恥ずかしいから、みんなに黙ってたんな!」

蛍「は、はい!!」

夏海「よ、よーし!じゃあ恥ずかしくないようにみんなでおっぱいの大きくなるトレーニングをしよう!」

小鞠「ちょっ、みんなで?!」

蛍「えっと、野菜ならここにたくさんあるんで、どうぞみなさん使ってください」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:47:27.37 ID:0ldogwpPi
れんげ「ウチは人参さーん!」

小鞠「えっと……私はキュウリで……」

夏海「じゃあウチはナスにしようかな~」

蛍「わ、わたしは大根で」

蛍(なんかしらないけど小鞠先輩のオナニーをみれるチャンス……!!)


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:48:38.82 ID:9022DtpF0
きゅうり・・・
先輩の膣内がズタボロになる可能性が微存レ?


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:48:57.26 ID:TujDeceK0
なっつんでけぇwwwww


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:53:18.00 ID:kiPf/Zuqi
小1に人参も大概なん。


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:52:52.41 ID:0ldogwpPi
数分後

れんげ「こまちゃんだけ入らないのんな」

夏海「姉ちゃんはイロイロと小さいからなあ~」

小鞠「う、うるさい!! な、なんで入らないのよう……」

蛍「あ、あの」

小鞠「……?」

蛍「入れ方にコツがいるんです。私、手伝いましょうか?」

小鞠「ほ、ほたるんっ……!!」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 16:58:36.24 ID:0ldogwpPi
蛍「ここを広げて……こうやって……ちょっとづつ……」

蛍(ああっ!!わたしいま小鞠先輩のおまんこさわってる!!!!)

ズブブッ

小鞠「あ〝あ〝っ〝!〝!〝!〝」

れんげ「おおー!!すっぽりおさまったんな!」

夏海「さすがほたるん!なれてるねえ!」

蛍「は、はは……」

小鞠(痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い……)


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 17:05:02.83 ID:0ldogwpPi
れんげ「でもちょっと血が滲んでるん」

夏海「姉ちゃん大丈夫……?」

小鞠(痛い痛い痛い痛い痛い痛い………)

蛍「ちょっ、ちょっと失礼します」ペロッ

小鞠「ひゃっ!??」

蛍「消毒液塗るわけにはいきませんし、舐めたほうがたぶん治りもはやいです」

蛍(あああああああ小鞠先輩のおまんこおおおおおおおおおおおおおお)

れんげ「そこはかとなく、ほたるんから必死さが伝わってくるん」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 17:11:38.53 ID:0ldogwpPi
小鞠「やっ……でも、少しづつよくなってきたかも……ほたるんもう」

蛍(ああああおまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこまんこ)ペロペロペロ

小鞠「ひゃっ…んっ!!な、なんか……変な感じがして…っ!!」

れんげ「こ、これは……」

夏海「いや~お二人ともお熱いですね~」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 17:19:29.01 ID:0ldogwpPi
夏海「ウチらは先にしたにいっとこうか、れんちょん」

れんげ「そうするん」

ガチャ

小鞠「やっ……ちょっと二人とも…っ!!」

蛍(小鞠先輩とふたりっきりでわたしおまんこなめてるあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!)ジュルルルル

小鞠「やっ……な、なんか出る……!!!やだぁっ!!!」


プシャアアアアアアア


蛍「はぁ……はぁ……小鞠……先輩……」

小鞠「ご、ごめんほたるん……おしっこかかっちゃったね……」

小鞠「……」

小鞠「ふ、ふたりには内緒にして!!」

蛍「はい、大丈夫ですよ」ニッコリ

蛍(やっぱりかわいいなあ先輩は)


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 17:29:03.40 ID:0ldogwpPi
数時間後

夏海「お、ようやくお二人が帰ってきた」

れんげ「どうして二人ともびちょびちょなん?」

小鞠「……」

蛍「は、はは」

蛍「あまりにも野菜がみずみずしく新鮮なもので……」

小鞠(あのあと二人でおしっこのかけあいっこしただなんて死んでも言えない……!!)

蛍「とりあえず、もう夜遅くなっちゃったんで今夜は泊まっていきます? そういえば今日は親もいませんし」

れんげ「わーい!お泊りなーん!!」

夏海「それじゃあ今夜はなにして遊ぼうかな~」

蛍「とりあえず、私たちは先にシャワー浴びちゃいましょうか」

小鞠「う、うん……///」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 17:36:11.57 ID:0ldogwpPi
 その日の夜は、ウチとなっつんでみんなが使った野菜を使って鍋を作りました。
 鍋ができあがるまで、こまちゃんとほたるんはお風呂から出てきませんでした。ときどき2人の声が聞こえましたが、いったいなにをしてたのかは分かりません。もしかしたら新しいトレーニングなのかもしれないので、後で聞いてみることにします。
 ちなみにその後、こまちゃんの胸が大きくなることはついにありませんでした。

おしまい


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 17:37:04.82 ID:loWiecOU0
良かった

乙乙


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/06(金) 17:37:39.62 ID:bg8Yfy0ci

にゃんぱす~


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386313082/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「のんのんびより」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ