Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊星「アナルにカード入れすぎて吐きそう」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:21:29.40 ID:RCB7fO4jP
遊星「うっぷ・・・」

ジャック「遊星、どうした?」

遊星「な、なんでもないんだ」

クロウ「本当に大丈夫か?顔色悪いぜ」

遊星「・・・」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:23:19.91 ID:RCB7fO4jP
遊星「(なんであんなことをしてしまったんだ・・・)」

遊星「(・・・ダメだ、もう限界だ・・・トイレでカードを抜いてこよう・・・)」

~トイレ~

遊星「う・・・くっ・・・」

ズプズプ

遊星「うああっ・・・・!!」

ズプッ

遊星「ハァ、ハァ・・・やっと一枚・・・」

遊星「すまない・・・エフェクトヴェーラー・・・」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:25:39.64 ID:RCB7fO4jP
遊星「このカードはポケットに入れて・・・」

遊星「・・・ダメだ、まだ気持ち悪い。もう何枚か抜こう」

ズプズプ

遊星「あああっ・・・!!」

ヌルッ

遊星「うっ・・・!」

遊星「ん・・・?このカードは・・・」

コンコン

遊星「!!?」

龍亞「ゆーせー、大丈夫ー?」

遊星「る、龍亞、大丈夫だ」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:27:12.15 ID:RCB7fO4jP
遊星「少し腹の調子が悪くてな・・・」

龍亞「そーなんだ。ところでさー」

遊星「な、なんだ?」

龍亞「オレのパワーツールドラゴンのカード知らない?昨日からなくなっちゃって・・・」

遊星「! い、いや、しらないな」

龍亞「んー、そっかー・・・もう少し探してみるよ。じゃーね」

遊星「あ、ああ」


遊星「・・・(俺のアナルでクソまみれになったなんて言えないな・・・どうしよう・・・)」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:29:31.88 ID:RCB7fO4jP
遊星「・・・もう少し抜いていこう・・・」

ズプズプ

~30分後~

遊星「ふぅ、スッキリ・・・しかし、まさかこんなカードまで入れていたとは・・・
    本人にバレないようにしないと・・・」

ジャック「遊星、出たか」

遊星「!! じゃ、ジャジャジャジャジャック!!」

ジャック「? どうしたんだ、そんなに慌てて」

遊星「な、なんでもないです!」

ジャック「・・・? まぁいい、WRGPも近いんだ、体調には気をつけろ」

遊星「あ、ああ」

ジャック「・・・ところで、俺のレッド・デーモンズ・ドラゴンを知らないか?」

遊星「 」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:31:44.82 ID:RCB7fO4jP
遊星「い、いや、見ていないな」

ジャック「そうか・・・ならば他を当たるとしよう」

遊星「(あ、危なかった・・・)」

遊星「(・・・しかし、このまま隠したままにするわけにもいかない
     ちゃんときれいにして本人に返さなければ)」

~ポッポタイム前公園~

遊星「ここなら誰も来ないだろう。この噴水を使って洗おう」

遊星「・・・」ゴシゴシ

遊星「レッドデーモンズ・・・パワーツール・・・ブラックフェザードラゴン・・・すまない・・・」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:34:06.39 ID:RCB7fO4jP
ブルーノ「やぁ遊星!こんな所で何してるの?」

遊星「うぉあ!!ブルーノ!!」

ブルーノ「ちょ、ちょっと遊星、急に大きい声出さないでよー」

遊星「あ、ああ。すまない」

ブルーノ「・・・あれ?何してるの?それ」

遊星「こ、これはジャックに頼まれて・・・その・・・カードを洗っているんだ」

ブルーノ「(なんでカード洗ってるんだろ・・・)」

遊星「・・・(・・・しまった、ここでジャックの名前を出すのはミスだったか・・・?)」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:36:06.16 ID:RCB7fO4jP
遊星「・・・ッ・・・?」

遊星「(しまった・・・ちゃんとカードを全て抜くべきだった・・・!
     残ったカードが中ですれて・・・)」ウズウズ

ブルーノ「遊星、ちょっと顔赤いよ?大丈夫?」

遊星「だ、大丈夫だ!」

ブルーノ「・・・あ、ほら。すごい勃起してる。どうしたの?」

遊星「な、なんでもない!放っておいてくれ!」

ブルーノ「(凄いカリカリしてる。生理なのかな)」

遊星「(人の気も知らないで・・・!)」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:38:52.50 ID:RCB7fO4jP
ブルーノ「まぁいいや。じゃあね」

遊星「あ、ああ」

遊星「(クソッ・・・危なかった・・・だが。これでカードを洗うことに専念できる)」

~2時間後~

遊星「・・・ジャック、いるか?」

ジャック「遊星か。どうした?」

遊星「レッドデーモンズが見つかったぞ」

ジャック「何!どこにあった!」

遊星「D-ホイールのガレージに落ちてたんだ。ほら」

ジャック「キタァー!! レモンちゃんかわいいいいいいいいいっ!!」チュッチュッ

遊星「うわっ、きめぇ」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:41:09.07 ID:RCB7fO4jP
遊星「とりあえず、ブラックフェザーとパワーツールは返した・・・これで一安心だ」

ウズウズ

遊星「くっ・・・また・・・!」

アキ「あ、遊星」

遊星「アキ、どうしたんだ?」

アキ「・・・遊星こそどうしたの?顔赤くなってるわよ?」

遊星「な、なんでもないんだ」

アキ「・・・そう、ところでちょっと聞きたいんだけど」

遊星「何だ?」

アキ「私のブラックローズドラゴンを見なかった?」

遊星「(あかんこれはあかんて)」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:43:53.11 ID:RCB7fO4jP
~10分後、遊星の部屋~

遊星「・・・一番狙ってはいけないカードを狙ってしまっていたようだ・・・」

遊星「・・・というか、俺もカード入れてるときの記憶が全くないってどういうことだ・・・」

遊星「・・・とにかく、ブラックローズを俺のアナルから救出して、また洗って返すしかない」

コンコン

遊星「・・・ああ、空いてるぞ」

鬼柳「ヒャッハー!久しぶりだなゆぅー↑せぇー!!」

遊星「・・・鬼柳!久しぶりだな」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:46:42.04 ID:RCB7fO4jP
遊星「どうしたんだ?急に?」

鬼柳「・・・実は、クロウに連絡されてよ」

遊星「クロウ?」

鬼柳「・・・なんか悩みがあるって、マジか?」

遊星「・・・」

鬼柳「話してくれよ、遊星。俺、そんなに頼りないか?」

遊星「・・・ああ、鬼柳。お前に隠し事はナシだな」

鬼柳「ああ。俺ができることなら協力するぜ」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:49:00.42 ID:RCB7fO4jP
~~~

遊星「・・・と、いうワケなんだ・・・」

鬼柳「なるほど、アナルに仲間のカードを詰めちまったのか
    確かにアナニー中ってのはハイになって、何するかわからねぇからな」

遊星「教えてくれ、鬼柳、俺はどうすればいい!」

鬼柳「・・・そりゃもう、カードを返すしかないだろ。俺が手伝ってやるよ」

遊星「鬼柳・・・!ありがとう!」

鬼柳「ああ!遊星!そこに手を突いてケツをこっちに向けな!」

遊星「鬼柳!」ズイッ

鬼柳「オラァッ!」ズポッ

遊星「ンギモッヂイイィィィッ!!」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:51:37.37 ID:RCB7fO4jP
遊星「ああ!鬼柳!鬼柳っ!!」

鬼柳「よし!抜けるぜ!まず1枚!」ズポッ

つ【ブラック・ローズ・ドラゴン】

遊星「ハァ、ハァ・・・」

鬼柳「まだまだ!次だ!」ズポッ

つ【エンシェント・フェアリー・ドラゴン】

遊星「うああっ!き、鬼柳!」ビクビク

鬼柳「ヒャッハァー!!」ズポッ

つ【TG-ブレード・ガンナー】

鬼柳「お前なぁ・・・」

遊星「ああっ・・・!もっと・・・!鬼柳っ・・・!!」ビクンビクン


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:54:19.18 ID:RCB7fO4jP
鬼柳「・・・オラオラ!まだまだ行くぜ!」ズポッ

つ【インフェルニティ・デス・ドラゴン】

鬼柳「・・・・・・」

遊星「・・・ハァ、ハァ・・・どうした?鬼柳・・・・?」

鬼柳「・・・・・・」

遊星「どうした鬼柳!まだだ!」

鬼柳「・・・ゆ・・・・・遊星・・・・・!」

遊星「・・・?」

鬼柳「・・・この・・・この裏切りものおおぉぉっ!!」
ズポッ ミヂミヂッ

遊星「ひぎいいいっ!!」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 15:57:38.01 ID:RCB7fO4jP
遊星「ア゙ァーッ!!鬼柳!手!入ってる!入ってるって!!」

鬼柳「うるせぇっ!!」

ズプズプ

遊星「おあぁーっ!!」

鬼柳「ヒャッハー!踊れ遊星!死のダンスを!!」

遊星「ああーっ!!」ビクンビクン

鬼柳「・・・ハァ、ハァ・・・」

遊星「ハァ、ハァ・・・」



アキ「・・・あなた達、一体何をしてるの・・・?」

遊星「!!?」

鬼柳「!!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:00:27.85 ID:RCB7fO4jP
アキ「そこに落ちてるの・・・私のブラックローズよね・・・?」

遊星「ま、待てアキ!違う!これは違うんだ!!」

鬼柳「(今のうちに窓から撤収するぜ!すまねぇ遊星!生き延びてくれ!)」

遊星「あっ、鬼柳!逃げるのか!」

アキ「・・・ずいぶん楽しそうだったわね・・・?」

遊星「ち、違う!話を聞いてくれアキ!」

アキ「汚物まみれのブラックローズドラゴンを見せられて、これ以上何を聞けというの?」

遊星「(こ、殺される・・・!)」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:02:52.89 ID:RCB7fO4jP
遊星「あ、アキ。わかった。俺が悪かった。だから・・・」

アキ「・・・わかってるわよ、遊星。あなた、そこにカードを詰めるのが楽しいんでしょう?」

遊星「アキ・・・?」

アキ「・・・ウフフ・・・いいわよ・・・」

ドサッ

遊星「これは・・・!」

アキ「私のデッキよ。今からあなたの下の口に全部入れるわね」

遊星「・・・え?」

アキ「ほら、たべたいんでしょ?さっさとケツこっちに向けなさいよ」

遊星「(怖すぎチビりそう)」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:04:26.67 ID:lxnzEBJH0
なんというご褒美


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:05:06.46 ID:RCB7fO4jP
遊星「あ、アキ、許し・・・!」

アキ「ほら・・・!入れるわよ!全部!」

グイッ
ミヂミヂミヂィッ

遊星「あ゙!!あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!」

アキ「アハハハハ!!入った!入ったわよ!!」

ドク・・・ドク・・・

遊星「ア、アギィ・・・!さ、裂けでる゙っ・・・・!!」

アキ「何?もっと?もっと奥までほしいのね?遊星!?」グイッ

遊星「ああ゙っ!!? ふ、ふまなぃ・・・でっ・・・・」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:05:11.78 ID:+CUIqWDM0
恐ろしい展開だ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:07:38.15 ID:RCB7fO4jP
遊星「ああ゙・・・あぁ゙~・・・・・・・」ムクムク

アキ「遊星・・・?誰の許可を得て勃起してるのかしら・・・?」

ゲシッ

遊星「あ゙っ!」ムクムク

アキ「あぁ!楽しい!楽しいわ!!遊星のアナルにカードを詰めていたぶるのが本当に楽しい!!」

遊星「あ、アキィ・・・!ッ・・・・!」ドピュッ ドピュッ

アキ「ちょ・・・!何してるのよ!変態っ!!」

ゲシゲシ

遊星「ひっ・・・!ありがてぇ・・・!ありがてぇ・・・!!」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:10:03.10 ID:RCB7fO4jP
アキ「お仕置き・・・しないとね・・・?」チャッ

遊星「・・・!?アキ、何を・・・!!」

アキ「こうやって・・・カードをあなたの陰部の先端に押し当てて・・・」

遊星「や、やめろっ・・・・!!」

アキ「えいっ」シュッ

遊星「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!? !!? !!!!!???」

アキ「アハハハハ!!遊星!どう!?気持ちいいでしょ!?遊星!?」

遊星「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぁっ」バタッ


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:11:23.73 ID:Rqja2TLWO
それはあかん


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:12:07.84 ID:V9pAHo1n0
やめろ


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:14:11.93 ID:RCB7fO4jP
アキ「・・・ほら、起きなさい遊星」

遊星「・・・うっ・・・」

アキ「そのデッキはもうあげるわ。あなたの汚物がついたカードなんて使えない」

遊星「あ、アキ・・・それじゃWRGPは・・・」

アキ「もう植物なんてオワコンでしょ。魔轟神組んだからそれで出るわ」

遊星「アキ・・・」

アキ「何?」

遊星「・・・もう一回踏んでくれ」

アキ「ローズテンタクルス!ソーン・ウィップ!!」バチーン

遊星「イグッ!!」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:18:33.66 ID:MHT/Je+d0
魔轟神www


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:17:07.82 ID:RCB7fO4jP
~二日後~

遊星「・・・よし、これでカードは全て抜けたし、持ち主にちゃんと返したな」

遊星「・・・俺もWRGPに向けて調整するか・・・」

遊星「・・・あれ?」

ジャック「どうした、遊星?」

遊星「ジャック、俺のスターダスト・ドラゴンを知らないか?」

ジャック「!! し、しししし知らんなぁ」

遊星「?」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:18:34.39 ID:Nu/oPav70
ジャックwwwwwwww


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:20:31.82 ID:RCB7fO4jP
遊星「(・・・まさかコイツ・・・)」

ジャック「(あ、危なかった・・・遊星め、まさか気づいたか・・・?)」

遊星「あ、ところでジャック」

ジャック「ん?どうした?」

遊星「ハッ」(腹パン)

ドゴオッ

ジャック「!!? お、おげええっ・・・」

遊星「・・・スターダストを取ったのはお前だな。大方アナルの中に隠しているんだろう。言え」

ジャック「な、何故・・・!」

遊星「腹パンしてわかった。その反応はアナルにカードを入れているヤツの反応だ」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:22:54.00 ID:RCB7fO4jP
遊星「さぁ、出せ!」

ジャック「クッ・・・!好きにしろ・・!」ズイッ

遊星「汚いケツだぜ」ズポッ

ジャック「ああっ!?」

遊星「よい・・・しょっと。取れ・・・」

つ【ブラック・ローズ・ドラゴン】

遊星「・・・」

ジャック「・・・」

遊星「み、見なかったことにしておいてやる。スターダストはどこだ!」

ジャック「割と奥のほうだと思う」

遊星「よし、いくぞ!スクラップフィスト!!」ズププッ

ジャック「ああっ!イグッ!!」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:27:58.15 ID:RCB7fO4jP
遊星「取れた!取れたぞ!」

ジャック「グスン・・・」

遊星「・・・よし。念のためジャックのアナルにフタをしておくか」ギチギチ

ジャック「ああっ!な、なんだこれは!」

遊星「サテライトに落ちてたクズカードだ。これ以上悪事を働かないようにつめておく」

ジャック「ああっ!ダメッ!いっちゃうっ!!」




クロウ「・・・ツッコミたいことが山ほどあるんだけど、言った方がいいのかなコレって」

ブルーノ「言ってもムダだと思うな」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:31:16.45 ID:RCB7fO4jP
ジャック「戻ったぞ・・・」

龍亞「あ、ジャック早いね。他のみんなは?」

ジャック「まだハイウェイでデュエルをしてる・・・」

龍亞「なんか元気ないね」

ジャック「放っておいてくれ」

龍亞「・・・あ、そうだ。ジャック」

ジャック「何だ」

龍亞「アキねーちゃんがジャックに用があるって、部屋で待ってるよ」

ジャック「 」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:35:16.76 ID:RCB7fO4jP
遊星「・・・ふぅ、ただいま」

龍亞「おかえり、遊星!」

遊星「・・・ちょっとトイレ借りるぞ」

龍亞「? うん」

ガチャ バタン

遊星「(・・・またウンスジついてる・・・ヤバい・・・)」




クロウ「? そういえばジャックは? 先に帰ったハズだぜ?」

龍亞「部屋に戻って出てこないんだ。もう寝ちゃったかな」

クロウ「そうか」

龍亞「(・・・何度か悲鳴が聞こえたのは言わない方がいいかなぁ)」

END


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:37:55.36 ID:RCB7fO4jP
とりあえず終了
今自分のアナルにカード入れようとしたけど痛くて全く入らんかった
カードでチンシュはさすがにやってない


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:38:52.64 ID:hJJs6Hd+0

笑わせてもらったよ


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 16:40:26.12 ID:Nu/oPav70

よかった


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 17:01:28.16 ID:oiXB5S4t0
ホセ「あの年頃の男の子にはそういうことがしたくなるものだ。ワシにも覚えがある」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/16(土) 17:04:13.66 ID:RCB7fO4jP
>>75
おk次のネタ決まったわ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「遊戯王」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。