Powered By 画RSS


モブキャラ「テメェらいい加減にしやがれッ!!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:29:50.13 ID:5NrI//KH0
< モブキャラの家 >

モブ「やったぁ~っ!!!」

モブ「ついに完成だっ! ビンとかについてる王冠だけで作った巨大城──」

モブ「“クラウンキャッスル”!」

モブ(長かったなぁ~……10年はかかったんじゃないか?)

モブ(西洋の城を研究して、設計図を作って、王冠を集めて、洗って……)

モブ(着色はナシにしたかったから、欲しい色の王冠を集めるのにも苦労した……)

モブ(王冠を集めるために、容器がビンのドリンクをたらふく飲んで……)

モブ(時にはゴミの王冠を譲ってもらったり、金を払って買ったこともあった)

モブ(あの日々が、ついに報われたんだ!)

モブ(よぉ~し、さっそくデジカメで写真を撮ろう──)スッ…




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:34:26.44 ID:5NrI//KH0
グシャァンッ!!!

モブ「……あ?」

怪獣「ギャース、ギャースッ!!!」ズシンズシン…

モブ「な、なんだぁっ!? ──怪獣!?」

すると──

タッタッタ……

主人公「まったく、なにやってんだよ!」

ヒロイン「ごめ~ん、とんでもない怪獣を召喚しちゃった!」テヘッ

モブ「な、な、な!?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:38:27.05 ID:5NrI//KH0
モブ(突然現れた怪獣によって、俺の“クラウンキャッスル”が潰された……!)

モブ(いや、まだ治せる! 十分修復可能な壊れ方だ!)



主人公「クソッ……どうすればあの怪獣を元の世界に戻せるんだ!?」

ヒロイン「えぇ~っとね、額についてる“魔紋章”を破壊すれば」

ヒロイン「元の世界に送還されるはずよ!」

主人公「なるほど……だったら」

主人公「俺の『金属をエネルギービーム化する能力』でどうにかするしかねえか!」

主人公「お、こんなところにゴミがいっぱい散らかってるじゃん! ちょうどいいや!」

モブ(俺が苦労して集めた王冠を、ゴミだと!?)


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:42:08.62 ID:5NrI//KH0
主人公「この散らばってるゴミを……メタルエネルギー化!」バチバチ…

ブゥゥゥゥン……

バシュゥゥゥゥ……!

モブ「!?」

モブ(王冠が全部消えてなくなった!?)

主人公「メタルエネルギー充填完了!」ジャキンッ

主人公「いっけぇぇ、メタルビームッ!!!」

バシュッ! ズガァァァンッ!

怪獣「ギャアアァァァァァス……!」シュゥゥゥ…

主人公「よし、怪獣が消えた!」

ヒロイン「やったわ!」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:44:55.16 ID:00mOChwM0
絶対に許さない


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:46:14.11 ID:5NrI//KH0
主人公「いえぇ~い!」

ヒロイン「さっすが、主人公君!」

主人公「まったく……もうこんなお騒がせな魔法は、使っちゃダメだぞ!」

ヒロイン「分かってるってぇ!」テヘッ

主人公「とにかくこれで、めでたしめでたし、だな!」

モブ「…………」

主人公「じゃ、帰るか」スッ

ヒロイン「そうね」スッ

モブ「ちょ、ちょっと待てぇっ!!!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:49:27.29 ID:00mOChwM0
モブ頑張れ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:50:17.71 ID:5NrI//KH0
主人公「なんだ?」

モブ「さっきの怪獣……どうやらアンタたちが呼びだしたものらしいな?」

ヒロイン「そうよ、スゴイでしょ!」

モブ「スゴイでしょ、じゃない!」

モブ「おかげで俺の家はぶっ壊れて、そしてなにより──」

モブ「10年以上かけて作った“クラウンキャッスル”が」

モブ「一瞬にして消えてしまったんだ!」

モブ「怪獣に踏み潰されただけなら、まだ治しようがあったのに!」

主人公&ヒロイン「…………」

主人公&ヒロイン「で?」

モブ「!?」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:52:01.39 ID:YBY648HL0
これはキレていい


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:53:12.36 ID:CrSH+Tbv0
いったれいったれ!


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:54:21.36 ID:5NrI//KH0
モブ「『で?』じゃないだろ!」

モブ「これで、なにがめでたいんだよッ!」

主人公「めでたいじゃん」

主人公「だって、ヒロインが魔法でうっかり呼び出して、町で暴れる怪獣を」

主人公「主人公である俺の能力でみごと撃退したんだぜ?」

主人公「こんなにめでたいこと、なかなかないだろ?」

モブ「でも、俺の家はメチャメチャになって、趣味で作った城も──」

ヒロイン「どうでもいいじゃない、そんなの」

ヒロイン「だってアナタ、モブキャラなんだから」

モブ「!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:55:59.51 ID:gXxTbYAc0
王冠はともかく家ぶっ潰しといてこの態度はないわw


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 22:59:11.29 ID:5NrI//KH0
主人公「俺たちの世界が“外の世界”の人たちを楽しませるために存在するってのは」

主人公「お前だって百も承知だよな?」

主人公「その人たちにとっちゃ、モブであるお前のどうでもいいような不幸より」

主人公「俺たち二人の楽しいドタバタギャグや」

主人公「初々しいラブラブっぷりの方が重要なんだからさ」

ヒロイン「そうそう」

ヒロイン「せっかく事件が解決したのに、変なイチャモンつけないで欲しいわよ」

モブ「…………!」ギリッ…

モブ「た、たしかにそのことは分かってる……」

モブ「俺だって……家を修理しろとか、王冠を返せとかはいわない……」

モブ「ならせめて……! せめて一言でいい、謝ってくれよ!」

主人公「なんで?」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:03:30.66 ID:5NrI//KH0
モブ「なんで……って!」

モブ「俺はアンタらのせいで、家と趣味をメチャクチャにされたんだぞ!?」

モブ「一言ぐらい謝ってくれたっていいじゃないか!」

主人公「やだよ、めんどい」

ヒロイン「それに、こんなギャグみたいな事件で被害を受けたモブのフォローなんて」

ヒロイン「いちいちやってたら、物語のテンポが悪くなっちゃうじゃない!」

主人公「そ~いうこと! もうオチはついてんだ!」

主人公「それじゃ、帰ろうぜ!」スッ

ヒロイン「うん!」スッ

アハハハ…… キャハハハ……

モブ「…………」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:03:49.75 ID:OSMoLPy+0
この状況を映像にして流せばもっと喜んでくれるよ(ニッコリ


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:07:04.15 ID:2aqSoAwjO
確かにテンポは大事なんだがな・・・


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:08:33.82 ID:5NrI//KH0
数日後──

< 喫茶店 >

モブ「はぁ~……」

モブ(この間は散々だったな……)

モブ(家を半壊させられた上に、生きがいだった“クラウンキャッスル”は消滅……)

モブ(しかも、主人公どもからは一言の謝罪もなかった……)

モブ(だが、これは仕方ない。仕方ないことなんだ)

モブ(……と分かっていても、まだ精神的には落ちつかない……)

モブ(仕事に身が入らない……)

「なんだとォ!?」

モブ「!?」ビクッ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:12:18.01 ID:5NrI//KH0
マッチョ「ついに、“奴ら”が動き出したってことかよ!?」

主人公「ああ、ついに“奴ら”が動き出した」

ヒロイン「いよいよ“奴ら”との戦いの始まりってわけね!」

クール「フッ……いくら“奴ら”が相手でも、ボクがいれば大丈夫さ」



モブ(あ、あれは主人公ども……。まさか俺の仕事先に来てたとは……いつの間に……)

モブ(なにごともなければいいんだけど……)



マッチョ「面白いじゃねえか……腕がなりやがる」

マッチョ「オレの拳で、やってやるぜ!」ブンッ

ズガァンッ!

モブ「!?」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:17:12.96 ID:5NrI//KH0
モブ「ちょっ、ちょっ、ちょっ……お客さん!」タタタッ…

モブ「なにやってるんですかぁ!」

マッチョ「あ?」

主人公「なんだ、お前?」

モブ(数日前のことなのに、顔を覚えてないのかよ! ──いや、今はそれより!)

モブ「パンチで店の壁を壊して……弁償してもらいますからね!」

マッチョ「……え、なんで?」

モブ「!?」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:21:30.07 ID:5NrI//KH0
クール「なにをいってるんだい、店員君」

クール「たかぶった若者が、もののはずみでパンチで壁にヒビを入れる……」

クール「よくあることじゃないか」

ヒロイン「そうよ、そうよ。よくあることじゃない」

モブ「い、いや……よくないですよ!」

モブ「“悪いこと”って意味と“滅多に起きない”って意味で、二重によくないですよ!」

主人公「うわっ、さむっ」

モブ(うぐっ……!)

モブ「と、とにかく! これは立派な器物破損だ! 警察に連絡──」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:24:22.21 ID:5NrI//KH0
マッチョ「器物破損だぁ~?」グイッ

モブ「うぐぅ……っ!」

マッチョ「だったらお前は名誉棄損だな」

マッチョ「“モブキャラ”が“主要キャラ”になにたてついてんだ? あ?」

モブ「ぐっ、ぐるじっ……!」

マッチョ「なんなら、さっきのパンチ……お前に喰らわせてやろうか?」グッ…

モブ「ヒィッ……!」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:27:03.57 ID:2aqSoAwjO
悪役じゃないですか


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:28:38.27 ID:5NrI//KH0
クール「よしたまえ、マッチョ君」

クール「たかが、モブキャラがやったことだ」

マッチョ「ちっ……!」ポイッ

モブ「ゲホッ、ゲホッ……!」

主人公「行こう」

主人公「俺たちにはこんなところで、こんな奴にかまっているヒマはない!」ダッ

ヒロイン「ええ!」タッ

マッチョ「おうよ!」ダッ

クール「フッ……そうだね」タッ

モブ「ぐっ、がはっ……!」ゲホゲホッ…

モブ(こんなところに、こんな奴、か……)


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:31:02.35 ID:ykVFaf9d0
救いは有るんですか?


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:32:20.39 ID:5NrI//KH0
ギィィ……

モブ店長「いやぁ~すまんね、留守にしてしまって──」

モブ店長「!」ハッ

モブ店長「…………」

モブ店長「なんだこの壁は!? 君がやったんだな!?」

モブ「そ、それはさっき──」

モブ店長「……言い訳はいい!」

モブ店長「もういい! 君はクビだ! 出ていってくれたまえ!」

モブ店長「君の退職金や残りの給料は、壁の修復にあてさせてもらうよ!」

モブ(そ、そんなぁ……)


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:36:21.42 ID:5NrI//KH0
< モブキャラの家 >

モブ(あ~あ、ヒマだ……)

モブ(喫茶店クビになってから、今日で三日か……)

モブ(まぁ、家壊されるわ、キャッスル消されるわ、で)

モブ(仕事をする気力はなくなってたしな……)

モブ(ちょうどいい。静養期間だと思って、しばらくのんびりさせてもら──)ゴロン…



ズガァンッ……!



モブ「な、なんだ!?」ガバッ


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:40:15.31 ID:5NrI//KH0
ドゴォン……! ズガァン……! バゴォン……!

モブ「家……じゃない! 外だ!」

モブ「外に出てみよう!」ダダダッ

ガチャッ……

ドゴォンッ! ズガァンッ! バゴォンッ!

モブ「町のあちこちで爆発が起こってる!」

モブ「──ん?」

モブ「あれは……町中で主人公たちが戦ってるのか!」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:44:30.86 ID:5NrI//KH0
< 町 >

主人公「ハァ、ハァ、手強い……!」

ヒロイン「ええ、戦いはさらに激しくなりそうね」

マッチョ「俺たちの中にも死人が出るかもな?」

クール「フッ……もとより死は覚悟の上さ」

モブ(みんな、かっこいい! なんだかんだいって、主要キャラなだけあるな!)



敵ボス「こしゃくな……我々の計画のジャマはさせんぞ!」

敵側近「全てはボスの理想郷のために!」

敵女「うふふ、楽しませてもらうわよ、坊やたち……」

敵幹部「ヒャーッハッハァ! 勝つのはオレたちだァ!」

モブ(こっちは敵集団か! みんな悪そうで強そうだ!)



──ドゴォンッ!

モブ(戦いが再開した!)


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:47:11.22 ID:5NrI//KH0
ドゴォンッ! ズガァンッ! グシャァンッ!

モブ(なんて激しい戦いだ!)

バゴォンッ! ドズォンッ! ボガァンッ!

モブA「ぐわぁぁぁっ!」

モブB「ギャアアアッ!」

モブC「ひぃぃぃぃっ!」

モブ(つ、ついに一般人にも被害が……!)

ズガァンッ! ドゴゴォンッ! ガゴォンッ!


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:50:36.17 ID:5NrI//KH0
モブ「オイ、しっかりするんだ!」ガシッ…

モブD「うぅ……オレは、もう……ダメだ……」ガクッ

モブ「くそうっ……!」

ドゴォォォンッ!

モブE「ぐがっ!」

モブF「ぎえあぁぁぁっ!」

ズガァァァンッ!

モブG「うぐっ……!」

モブH「ガハッ……!」

モブ(ちくしょう……どんどんモブキャラが死んでいく……!)


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:53:23.65 ID:5NrI//KH0
ボゴォォォンッ!

敵モブA「ぐえぇっ!」

敵モブB「あぎゃあああああっ!」

敵モブC「ぎゃふっ……!」



モブ(敵側の手下モブもどんどんやられてく……!)

モブ(でも、周りでさえこれなら、主人公たちはもっと大変な目にあってるはず!)

モブ(大丈夫だろうか……!?)

モブ「…………」チラッ

モブ「──ん?」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:56:35.77 ID:5NrI//KH0
主人公「やっぱり手強いな……!」

ヒロイン「ええ……」

マッチョ「へっ、こうでなくちゃ面白くねえ!」

クール「相変わらずだな、君は……」

敵ボス「こしゃくな……予想以上の強さだな」

敵側近「私の計算違いです。申し訳ありません、ボス」

敵女「うふふ、やるじゃない……」

敵幹部「ヒャーッハッハ! だがよ、最後に笑うのはオレたちだァ!」



モブ「!?」

モブ(主人公たちも敵主要キャラたちも、ピンピンしてるじゃないか!)

モブ(両陣営とも、なんというか……死ぬ気配が全くない!)

モブ(俺たちモブキャラはゴミみたいに次々死んでるってのに!)


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09(月) 23:59:27.34 ID:5NrI//KH0
ドゴォンッ! ズガァンッ! ドォンッ! ボカァンッ!

モブI「か、母さん……」

モブJ「だれか、助け……て……」

モブK「いてぇぇぇっ! いてえよぉぉぉぉぉっ!」

敵モブD「ボ、ボスゥゥゥゥゥ!」

敵モブE「無念……」

敵モブF「グハァ!」



モブ(ああっ、人がどんどん死んでいく……! なんだよこれ……なんだよこれ!)

モブ「!」ハッ

モブ(あそこで倒れてるのは……店長!)


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:06:22.04 ID:5NrI//KH0
モブ「店長! しっかりして下さい!」

モブ店長「君か……この前はクビにしてすま、なかった……」ゲホゲホッ

モブ「そんなことはいいんです! とにかくすぐに病院へ──」

モブ店長「いや……いい。それより私の話を、聞いてくれ……」

モブ店長「実をいうとあの時、私は……壁を壊した犯人は……」

モブ店長「彼らだと、分かっていたのだ……」

モブ「!」

モブ店長「だが……我々は主人公さんに逆らうわけにはいかない……」

モブ店長「だから……私は……私より立場の弱い君に……八つ当たりのように……」

モブ「いいんです! もういいんです! だから早く──」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:09:09.59 ID:5LbtQcsb0
モブ店長「最後に……君に謝ることができて……心残りを解消できてよかった……」

モブ店長「私たち、モブキャラ……にも心はあるからな……」

モブ店長「私はもう、ダメ、だ……はやく、逃、げ……」

モブ店長「う……っ」ガクッ…

モブ「!」

モブ「店長……」

モブ「店長ぉぉぉぉぉ~~~~~~~~~~っ!!!」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:13:52.44 ID:5LbtQcsb0
その頃──

敵ボス「くっ……ここまでやるとはな! 撤退だ!」

敵側近「かしこまりました、ボス!」

敵女「ふん……覚えてらっしゃい!」

敵幹部「ヒャーッハッハァ、次会った時こそてめぇらを殺してやる!」

ギュウゥゥゥゥン……

主人公「ふぅ、どうにか追い返すことができたな……」

ヒロイン「だけど、戦いはまだまだ続くわ……」

マッチョ「ま、いいじゃねえか! 勝ったんだしよ!」

クール「フッ……そうだね。とりあえずは喜ぶとしようか」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:17:25.34 ID:5LbtQcsb0
主人公「じゃあ……これにて、めでたしめでたし、ってことで!」

ヒロイン「そうね!」

マッチョ「ガハハッ、なら酒でも飲もうぜ!」

クール「君、よくそんな元気があるね……呆れるよ」





「ちょっと待てやァァァァァ!!!」





主人公「──ん?」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:21:52.32 ID:5LbtQcsb0
主人公「お前はだれだ?」

モブ(やっぱり覚えてないのか……まぁ、そんなことはどうでもいい!)

モブ「俺は、今の戦いに巻き込まれた町民の一人……モブキャラだ」

主人公「ふうん。で、俺たちになにか用?」

モブ「まずはお礼をいいたい。敵を追い払ってくれてありがとう」

主人公「いやぁ、礼をいわれるほどのことじゃないさ」

主人公「主人公として当然のことをしたまでだ」

ヒロイン「そうよねぇ~」

モブ「だけど、もう一つだけ言いたいことがある」

主人公「なんだい?」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:25:41.72 ID:5LbtQcsb0
モブ「アンタたちの戦いに巻き込まれて……」

モブ「少なくとも1000人以上の町民が死んだんだ!」

モブ「もちろん、これをアンタたちのせいだっていうつもりはない!」

モブ「悪いのは全部、敵ボスたちだ!」

モブ「アンタたちがいなきゃ、多分もっと死んでただろうしな……」

モブ「だけど……だけどさ!」

モブ「戦いが終わってめでたしめでたし、で収める前に──」

モブ「せめて少しぐらい……死んだ1000人のモブキャラたちのことを」

モブ「悲しむとか、悼むとか……考えてくれてもいいんじゃないか……!?」

主人公「…………」

主人公「え、なんで?」

モブ「!」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:28:58.12 ID:wUNr0/w20
主人公がクズにしかみえねぇ


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:30:28.90 ID:5LbtQcsb0
モブ「なんでって……!」

モブ「だって敵も味方も人が大勢死んでるんだぞ!?」

主人公「で?」

主人公「モブキャラが何人死のうが、俺たちの知ったこっちゃないよ」

ヒロイン「そうよねえ」

マッチョ「モブ一億の命より、オレたち一人の命のがずっと重いもんな!」

クール「そのとおり。モブキャラが1000人死んだ、なんてのは」

クール「ボクたちの戦いがそれだけ激しかったことを示す記号に過ぎないよ」

主人公「むしろ1000人じゃ、ちょっと物足りないよなぁ」

モブ「な、な、な……!」

モブ「テ、テメェら……」

モブ「テメェらいい加減にしやがれッ!!!」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:35:47.52 ID:5LbtQcsb0
モブ「俺たちだってなぁ……生きてんだよ!」

モブ「テメェらの起こす騒動に巻き込まれたり……」

モブ「気分で建物ぶっ壊されたり……」

モブ「主要キャラ引き立たせるためだけに大量に死んだりしてっけど……」

モブ「生きてんだよォッ!」

主人公「だから?」

主人公「“外の世界”の住民にとっちゃ、お前らの生き死になんてどうでもいいんだよ」

主人公「彼らは俺たちがどうイチャイチャするか、どうドタバタするか、どう戦うか」

主人公「──だけに興味があるんだから」

モブ「こんだけいってもわかんねぇか……なら」

モブ「モブキャラの意地、見せてやらぁぁぁぁぁ!!!」ダッ


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:39:33.67 ID:5LbtQcsb0
主人公「なんか吠えてるとこ悪いけど、俺たち疲れてるからさ……ジャマ」

ドゴォッ!

モブ「ごはァ!」ドシャッ…

主人公「さ、行こうか」

ヒロイン「そうね」

マッチョ「よっしゃあああ、酒だぁぁぁ!」

クール「ボクはワインにさせてもらうよ」

ワイワイ……




モブ「…………」ピクピク…

モブ(そりゃ……こうなるよな……。分かってたさ……ハハ……)


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:45:27.66 ID:5LbtQcsb0
モブ(もう……イヤだ……)

モブ(主人公や主要キャラのために生きてく人生なんて……)

モブ(俺たちは“外の世界”の奴らにゃ決して見向きもされない存在……)

モブ(物を壊されても、ケガしても、死んでも、なんとも思われない……)

モブ(だから、俺たちも何も文句は言えない……)

モブ(もう……イヤだ……)

モブ(もうモブキャラはイヤだ……)

モブ(だったら……行こう。新天地に……“外の世界”に……)


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:46:26.56 ID:tPWpffvJ0
というかイケメン主人公はむしろモブに逃げろ!とか言うよね


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:49:19.76 ID:HfmqMPe20
>>86
まぁそれが普通だわな
ヒロインetcも普通最初の段階の時謝るよな…


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:57:26.92 ID:rMVZalRmi
>>89
シンジはトウジに殴られてたよな
あと主人公が街をぶっ壊された住民に責められて沈んだ後に奮起して
敵を倒して住民とも和解するって昔は結構有ったと思う
ザンボット3まで行くとやり過ぎだけど


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:49:13.72 ID:5LbtQcsb0
どこかに続く道を、ひたすら歩き続けるモブキャラ──



< 道 >

ザッザッザッ……

モブ(行こう……)

モブ(新天地に……)

モブ(“外の世界”に行けば……)

モブ(きっと俺はモブキャラじゃ、なくなるはず……ッ!)

ザッザッザッ……

すると──


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:53:30.05 ID:5LbtQcsb0
モブ爺「ほっほっほ、珍しいこともあるもんじゃ。こんなところで人と会うとはのう」

モブ「!」

モブ爺「若いの、そんなおっかない顔して、いったいどこに行こうというんじゃ?」

モブ「…………」

モブ「新天地……“外の世界”を目指そうと思って……歩いてます」

モブ爺「ほう、そうかいそうかい」

モブ爺「若いの、なぜ“外の世界”を目指すのじゃ?」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:55:57.14 ID:DL0dk8J40
モブもろ主人公じゃねぇか


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 00:57:48.11 ID:5LbtQcsb0
モブ「なぜ……?」

モブ「おじいさん、あなたもモブキャラなら分かるでしょう?」

モブ「この世界にいたら、俺はいつまでたってもモブキャラのままだ」

モブ「主人公や主要キャラどもにゴミのように扱われ」

モブ「たとえケガしようが死のうが、あいつらは悲しむことはない」

モブ「なぜなら、“外の世界”の人たちはモブキャラの不幸なんかより」

モブ「主人公たちの華々しい活躍に興味があるから……」

モブ「──もうこんなのはウンザリなんですよッ!」

モブ「だから……俺はこの世界を飛び出して、“外の世界”に行くんだ!」

モブ爺「なるほどのう……」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:03:58.87 ID:5LbtQcsb0
モブ爺「じゃがな……この世界も“外の世界”も根っこのところは同じじゃよ」

モブ「えっ……」

モブ爺「ルックスがいいわけでもないし、親が有名な人間ということもない」

モブ爺「ヒーローになれるわけでもなければ、大悪党にもなれない」

モブ爺「ノーベル賞も取れない、オリンピックにも出られない」

モブ爺「ずば抜けて商才があるわけでもないし、面白いことを考えられるわけでもない」

モブ爺「新聞に載ることも、wikipediaに自分のページが作られることすらない」

モブ爺「死んだところで悲しんでくれるのは、よくてせいぜい身内と知人……」

モブ爺「一ヶ月もすれば、あんな奴もいたね、と忘れ去られていく存在……」

モブ爺「“外の世界”はそんな大勢のモブたちが、少数の主要キャラを支えることで」

モブ爺「成り立っておるのじゃよ」

モブ爺「この世界とおんなじなんじゃ……」

モブ「…………」

モブ爺「少し話をしよう。昔、こんな男がおったそうじゃ」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:08:38.07 ID:5LbtQcsb0
モブ爺「その男は、“外の世界”の典型的なモブキャラじゃった」

モブ爺「それがどうしても我慢ならず、架空の世界でならヒーローになれるはず、と」

モブ爺「かなり強引な手段を使って、この世界に入った……」

モブ爺「そやつは喜んだ……ここでなら自分は活躍できる、主要キャラになれる、と」

モブ爺「しかし……結果はどうじゃ」

モブ爺「“外の世界”にいた時と変わらず、モブキャラのまま無駄に年を取った」

モブ爺「主要キャラになるなんて夢のまた夢、なぁんにも変わらなかった……」

モブ「おじいさん、その男ってもしかして──」

モブ爺「ほっほっほ」

モブ爺「さて……おぬしがどうするかは自由じゃ」

モブ爺「この道をまっすぐ行き“外の世界”に出るか、それとも引き返すか……」

モブ爺「では、さらばじゃ……」ザッザッ…

モブ「…………」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:13:29.99 ID:5LbtQcsb0
モブ(モブキャラはどこにいってもモブキャラのまま、か……)

モブ(まぁ……なんとなくそんな気はしてた……)

モブ(世界が変われば主要キャラになれる、なんて幻想だったんだ)

モブ(だって……俺は主人公たちに比べて……)

モブ(あまりにも平凡で、地味で、才能がなく、華もない)

モブ(それを丸々覆すような努力だって……とてもムリだ。長続きはしないだろう)

モブ(多分、俺がこのまま“外の世界”に出たとしても)

モブ(ヒーローにも悪党にもなれず、なにか大きなことを成し遂げることもなく)

モブ(その他大勢の一人として、死ぬことになるんだろうな……)

モブ(そして、それはこのままこの世界に残っても同じ……)

モブ(──だけど!)


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:17:44.54 ID:5LbtQcsb0
モブ(俺にだって──やれることはある!)

モブ(やりたいことだってある!)

モブ(なら、やってやろうじゃないか!)

モブ(主人公になれないのなら、少しでも輝くようなモブに──)

モブ(モブキャラとしての自分を、徹底的に磨き上げる!)

モブ(これが……俺のモブキャラとしての意地……!)

モブ「…………」

モブ「戻ろう……!」クルッ

ザッザッザッ……


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:24:21.03 ID:5LbtQcsb0
一年後──

< テレビスタジオ >

モブ司会「はい、ど~も~! 本日の『町のスゴイ人』始まりました~!」

モブ司会「まず一人目のスゴイ人は、この方です!」

モブ司会「なんと空きビンなどの王冠を集めて、城を作っちゃったそうですね~!?」

モブ「はい」

モブ「城の資料集めをしたり、王冠集めに苦労したり、一度完成品が消えたりで」

モブ「だいたい10年以上かかりましたね」

モブ司会「完成品が消えたってどういうことやねん!」

ワハハハハ……! ハハハハハ……!


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:25:22.76 ID:HfmqMPe20
やり遂げたのかよ…!


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:28:18.96 ID:5LbtQcsb0
モブ司会「それでは完成品をどうぞ!」

バサッ!

オォ~……!

モブ芸人「すげぇ~~~~~!」

モブアイドル「うわぁ~、すっご~い! お城だぁ~! 住んでみたぁ~い!」

モブ俳優「いや、これはホントすごいよ、ウン」

モブ司会「ちなみに、お城の名前は?」

モブ「“クラウンキャッスル”です!」

オォ~……!


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:32:49.42 ID:5LbtQcsb0
モブ司会「ほぉ~、このお城の横にある小さな建物は?」

モブ「昔お世話になってた喫茶店をモデルにした建物です」

モブ司会「すごいねぇ~、凝ってるねぇ~!」

モブ(店長……)

……………

………



モブ(あれから俺はすぐ家に戻り──)

モブ(“クラウンキャッスル”作りを再開し、わずか一年で完成できた)

モブ(俺の力じゃ、こんなバラエティ番組に出演するのがやっとだけど)

モブ(俺は今、とても満足してる……)


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:33:30.94 ID:XtmuFMQWi
>主人公「その人たちにとっちゃ、モブであるお前のどうでもいいような不幸より」
>主人公「俺たち二人の楽しいドタバタギャグや」
>主人公「初々しいラブラブっぷりの方が重要なんだからさ」

正直言うとモブの不幸の方がずっと気になる
アニメとかドラマとか見ててもこういうシーンになるといつも、主人公謝れよとずっと考え続けてろくにストーリーが頭に入ってこなくなるくらい気になる


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:34:38.10 ID:tPWpffvJ0
>>112
あるある
そしてヒロインはクズヒロインと言われるんだよな


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:36:50.60 ID:MfGptD1C0
ウルトラマンとか街どうなってんだよって毎回思いながら見てた


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:43:35.83 ID:yscDYmF+O
>>114
その昔、街を壊しながら戦ってたら
「バカヤロー!なんてヘタクソな戦い方だ!」
って隊員に怒られたウルトラマンがいてな


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:39:03.77 ID:5LbtQcsb0
< 主人公の家 >

主人公「おい見ろよ、このテレビ番組。世の中には、変わった奴がいるもんだなぁ」

ヒロイン「へぇ~、ここまでくると一種の芸術ね」

マッチョ「マジかよ!? これ全部王冠かよ!?」

クール「フッ……並大抵の努力では不可能だろうね」

主人公「──そうだ! 俺たちもああいうのを作ろうぜ!」

三人「えぇ~!?」

この後、主人公たちが一騒動起こすことはいうまでもない。

モブキャラをきっかけに、一つの物語が誕生するのである。

しかも後に、“外の世界”において、この“クラウンキャッスル”を再現してしまう
マニアックな人間が現れることとなる。



モブキャラだって、やればこれぐらいのことはできるのだ──





<END>


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:40:19.96 ID:M6WM44m60
というかこれただ主人公達がクズなだけだろ


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:43:53.09 ID:rMVZalRmi
>>118
モブとのやりとりやモブの受けた被害が描かれてないだけで
クローズアップしてみると実際にはこういう奴って感じじゃないかと


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:41:18.36 ID:DL0dk8J40

モブはモブなりに生きることだな


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:52:21.19 ID:8RK6d6L60

もう決して虹行きの列車スレなんて行かないよ!


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 01:54:27.67 ID:B5RbvQDc0
>>1
モブキャラも救われてよかったよ


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386595790/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 優位七花 2013/12/11(水) 18:10:28

    だが主人公とモブとか、そういう構図自体が既に浅墓というか、新しい土地で次々とコミュニティ開いて、邪魔立てがはいって、仕方ないから壊しちゃって、また新しいところで作り直して、また邪魔立てについてこられて、仕方ないからまた壊して、ってな横並びの業界ばっかりで地味な遊び・趣味をやってきた わたしにはあんな究極ナルシズムなドラマ、ロマンいらねーんだけどな。決められた関係、関係のセリフって、ノーリスクで抱えるものがないかもしれないけど、それ何か面白いの?

    美談、美化、華麗なるの極地に居てるのかもしれないが、本当はもう少し欲に忠実になりたいクセして、ドラマやロマンに縛られるなんて、正直、ああいうヒロインの居る男主人公ってのは至極、残念・可哀想だけどな、ザマァwww まあ最初から美貌を保証されることとの等価交換ってことで。夜中、一生懸命エロ画像でシコってんのかな?www何もしてないのに、謎のコウノトリが突如、子ども持ってやって来る贋作とは、実に哀しきかな。まあ頑張りたまえよ。ツマンネーなー、ドラマチームくんはよー。もう男女の見込みナシと、近い将来に見込みアリとの格差ってのは“作者のエゴ”だから、何とも酷いよね。


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ