Powered By 画RSS


ゆま「なぎさちゃん、ちゅーしてもいい?」なぎさ「もちろんなのです♪」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:19:05.51 ID:DGQqMWel0
◇マミさんち

マミ「……え?」

ゆま「えへへ、嬉しいな。じゃあ早速……」

なぎさ「ちゅー♪なのです」

マミ「ままま、待って! ちょっと、ちゅーってどういうこと?」

ゆま「?」

なぎさ「どうしたのです、マミ?」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:19:41.39 ID:DGQqMWel0
マミ「な、なんでいきなり私の家でちゅ、ちゅーだなんて」

ゆま「マミが紅茶を淹れてる間たいくつだったから、ちゅーしてようかなって」

マミ「というか、女の子同士なのにどうしてちゅーしようとしてるの?」

なぎさ「ちゅーくらい魔法少女なら普通なのだそうですよ?」

なぎさ「さやかも良く杏子にちゅーしてあげてるって聞いたのです!」

マミ「え、ええっ……!? そうなの!?」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:20:14.22 ID:DGQqMWel0
マミ「そ、そんなの初耳なんだけど……」

ゆま「あ、マミも知らなかったんだ?」

なぎさ「実はなぎさ達も最近杏子から聞いて、ちゅーするようになったのです」

ゆま「えへへ、初めてのときはとってもドキドキしたよね」

なぎさ「なぎさは今でもドキドキするのですよ? えへへ……」

ゆま「なぎさちゃん……うふふっ♪」

マミ「お願い待って、二人だけの世界に入らないで……」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:21:09.55 ID:DGQqMWel0
マミ「えと……その、もう少し詳しく話を聞いてもいいかしら」

ゆま「うん、いいけど」

なぎさ「何が聞きたいのです?」

マミ「ええと、そうね……なんで二人は、ちゅ、ちゅーをしようだなんて思ったの?」

なぎさ「今言ったけど、杏子とさやかがしてるって話を聞いたのがきっかけだったのです」

ゆま「うん。それで、なぎさちゃんがわたしを誘ってね……」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:21:35.67 ID:DGQqMWel0








6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:22:37.25 ID:DGQqMWel0
◇数日前 ゆまの家

なぎさ「ゆまにお願いがあるのです」

ゆま「お願い? なーに?」

なぎさ「なぎさに……ちゅーの魔法を教えてほしいのです!」

ゆま「ええっ!? ちゅーの魔法!?」

なぎさ「はいなのです!」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:23:07.23 ID:DGQqMWel0
なぎさ「杏子が言ってたのです、疲れたときはさやかにちゅーの魔法をしてもらってるって」

ゆま「きょ、キョーコがそんなことを……!?」

なぎさ「そうなのです、とっても気持ち良くて元気が出るって言ってたのです」

ゆま「気持ち良くっ!? そ、それってつまり……!? あわわ……」

なぎさ「?」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:23:40.33 ID:DGQqMWel0
ゆま「えと、そ、それで……どうしてなぎさちゃんはちゅーの魔法を覚えたいの……?」

なぎさ「あ……そ、それは、その」

なぎさ「い……一番の友達の、ゆまを元気にしてあげたいから、なのです……」

ゆま「私の、ため……?」

なぎさ「は、はいなのです……えへへ」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:25:08.80 ID:DGQqMWel0
ゆま「そ、それは、その、気持ちは嬉しいけど」

ゆま「でも、ゆまでいいの? わ、私なんかにちゅーを……」

なぎさ「ゆまのためだからこそ、なのです」

なぎさ「だってなぎさはゆまのことが大好きですから!」

ゆま「なぎさちゃん……」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:27:45.35 ID:DGQqMWel0
ゆま「そ、そこまで言ってくれるなら……うん」

ゆま「わかったよ、私が教えてあげる……ちゅ、ちゅーの魔法を」

なぎさ「あ……ありがとうなのですっ!」

ゆま「でも、えっと……ヘタクソだったらゴメンね?」

なぎさ「杏子は『ゆまならきっと上手に教えてくれるぞ』って言ってたのですよ?」

ゆま「ええっ!?」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:28:15.30 ID:DGQqMWel0
なぎさ「『ゆまもちゅーの魔法は得意なんだぞ』って……」

ゆま「なっ、ななな……?! もおっ、キョーコったら適当なこと言って!!」

なぎさ「嘘なのです?」

ゆま「嘘だよそんなのっ、だ、だってゆま、そんなのしたことないんだから……!」

なぎさ「初めてなのです?」

ゆま「う、うん……」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:29:13.65 ID:DGQqMWel0
ゆま「だから、その、うまくできるか分かんなくて……」

なぎさ「大丈夫なのです! だって……」

なぎさ「な、なぎさも、初めてなのですから……」

ゆま「なぎさちゃんも……?」

ゆま「……え、えへへ。じゃあ、初めて同士なんだね……」

なぎさ「は、はい……えへへっ……」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:30:05.10 ID:DGQqMWel0
ゆま「……こほん、それじゃあ、えっと……」

ゆま「早速……ちゅ、ちゅー……しよっか?」

なぎさ「お願い……するのです」

ゆま「最初だし、ほっぺからにしよっか」

なぎさ「ほっぺなのですね。わかったのです」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:32:03.57 ID:DGQqMWel0
ゆま(正直なところ、ちゅーの魔法がなんなのかよくわかってないんだけど……)

ゆま(とりあえず、傷を治すときみたいに魔力を込めて……き、気持ち良くしてあげれば良いよね……?)

ゆま「い、いくよ……」

なぎさ「っ……」

……ちゅっ

なぎさ「ふあっ……」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:33:01.26 ID:DGQqMWel0
ゆま「ど、どうかな……?」

なぎさ「あふっ……き、気持ち良かったのです」

なぎさ「身体が温かくなって、ドキドキして……すごかったのです」

ゆま「えへへ……良かった、喜んでもらえて」

なぎさ「コツはなんとなくわかったですから……こ、今度は、なぎさがちゅーするのです」

ゆま「う……うん。お願い……するね……」

なぎさ「い、いくのですよ……」

……ちゅっ


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:34:22.13 ID:DGQqMWel0








17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:35:05.61 ID:DGQqMWel0
◇マミさんち

ゆま「……という感じで、お互いにちゅーするようになったんだよ」

なぎさ「ちょ、ちょっと恥ずかしいのです……」

マミ「う、ううう……///」

ゆま「……マミ?」

マミ「そ、そんなのダメよ! イケないことだわ!」

なぎさ「ええっ?!」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:36:17.47 ID:DGQqMWel0
マミ「もっとこう、ごっこ遊び的なものかと思ってたけど、魔法で気持ち良く、だなんて……」

マミ「貴女たちはまだ子供なのに、そんな、え、えっちいことしちゃダメよ!」

ゆま「え、えっちくなんてないよ! 気持ち良くちゅーしてるだけだよ」

なぎさ「そうなのです! へ、変なこと言わないでほしいのです!」

マミ「ダメなものはダメです! えっちいの禁止!」

ゆま「そんなぁ……」

なぎさ「むむむー……」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:36:47.88 ID:DGQqMWel0
なぎさ「……あ、分かったのです!」

マミ「わ、分かってくれたのね、良かっ……」

なぎさ「マミにもちゅーの魔法を体験してみて貰えばいいのです! そうすれば……」

ゆま「そっか! ちゅーの気持ち良さを分かって貰えばいいんだね!」

マミ「え……えええっ!?」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:37:17.90 ID:DGQqMWel0
ゆま「そうと決まれば……」

なぎさ「えへへ、覚悟するのですよマミ……」

マミ「ちょ、ちょっと待って、わ、私は、ダメ、あっ……!!」

ゆま「ちゅー♪」

なぎさ「ちゅーなのです♪」

マミ「ひゃっ、ふぁぁあ……!」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:38:28.67 ID:DGQqMWel0








22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:39:05.28 ID:DGQqMWel0
◇さやかの家

杏子「さやかー、なんか疲れちまったんだけどー」

さやか「はいはい、またアレね」

杏子「おー、頼むよ」

さやか「仕方がないなあ……ほれ」

パァァ...

杏子「あー、気持ちいいー。サンキューな」

さやか「どーいたしましてー」

杏子「やっぱ良いもんだなー、治癒の魔法って!」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:40:26.97 ID:DGQqMWel0
おしまい。


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:41:01.26 ID:DGQqMWel0
まどか「ほ、ほむらちゃんにちゅーして欲しいの!」

ほむら「治癒……? ごめんなさい、私は治癒は苦手なの」

まどか「えっ……」

ほむら「治癒なら美樹さんや巴さんのほうが得意だから、彼女たちに頼んで頂戴」

まどか「そ、そんなのヤダ! 私はほむらちゃんにちゅーしてほしいの!」

ほむら「そう……。でも、頼って貰えるのは嬉しいけれど、私は……」

ほむら「……! そっか、そういうことなら私が巴さんに治癒を教えて貰えばいいんだわ」

まどか「えっ……」

ほむら「ちょっと巴さんと練習してくるから、 まどかを治癒するのはまた今度ね」

まどか「だ、ダメぇ! そんなのもっとダメだよぉ!!」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:41:31.77 ID:DGQqMWel0
おしまい。


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 10:00:01.56 ID:SVO2FjHQ0
乙です。エロ可愛かった。
幼女二人に開発されちゃったマミさんはどうなったのか……


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 11:02:54.83 ID:OGXkYpK90

俺も疲れてるからちゆーして欲しい


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 12:19:59.17 ID:caicfS8I0

治癒ですかww


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387066745/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ