Powered By 画RSS


アスナ「今日からジムリーダーになったわけだが」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 18:25:35.50 ID:XVXMzWRS0
ジム内

エリートトレーナー男「来週の日曜どこ行く?」※以下エリ男

エリートトレーナー女「あなたの家がいい。おいしいケーキ焼いてあげる」※以下エリ女

ガールスカウト「ボーイ君、今日もお弁当作ってきたんだけど……た、食べてくれる?」※以下ガール

ボーイスカウト「う、うん! ありがとう、ガールちゃん!」※(ry

アスナ「すごく、居づらい……」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 18:31:25.16 ID:XVXMzWRS0
お昼

アスナ「みんなお昼はどうするんだろ?」

アスナ「親睦を深めるべく、みんなとお昼たべたいなー、なんて」



エリ女「男君、あーん」

エリ男「あーん」

アスナ「人目もはばからず食べ合いっこしてる……」

ガール「あ、あーん///」

ボーイ「あ、あーん///」

アスナ「うわっ! こっちもか!」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 18:36:03.12 ID:XVXMzWRS0
アスナ「もういいや、一人で食べよ……コータスたち出ておいでー、ご飯だよー」

コータス「コー」

マグマッグ「マグマグ」

バクーダ「バクー」

アスナ「うんうん、今日もみんな元気だね」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 18:40:25.50 ID:XVXMzWRS0
アスナ「さーて、ポケモンたちにご飯もあげたし、私もご飯ご飯」

アスナ「いただきまーす」お弁当箱パカー

アスナ「……」モグモグ

アスナ「……あっ!」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 18:46:02.68 ID:XVXMzWRS0
アスナ「しまった! ジムリーダーになる上でのキャラ設定どうしよう!」

アスナ「今はジムリーダーにも個性を求められる時代だからなぁ」

アスナ「やっぱりガンピさんみたいに威厳溢れる感じがいいのかな?」

アスナ「わはは! よく来たな! さあ、正々堂々と闘おうぞ!」

アスナ「的な感じで。でもなぁ……」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 18:51:05.95 ID:XVXMzWRS0
オカルト女「あのー、すいません」

アスナ「ん? あ、はいっ!?」

オカ女「ジムリーダーに挑戦したいんですけど」

アスナ「えっ!? いつの間にジムの人たち倒したの!?」

オカ女「いえ、皆さんそれぞれの入ってるみたいで……」

アスナ「あいつらー!」ギリッ


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 19:04:52.81 ID:XVXMzWRS0
バトル後

オカ女「あ、ありがとうございましたー!」


タッタッタッタ


アスナ「勝った……けど怒りにまかせてバトルしたせいか、あの子を怖がらせちゃったみたい。今度来たら優しくしてあげよ」

アスナ(でも待てよ。怖がらせ系リーダーか……ヤンキー系リーダーなんてどうだろう?)

アスナ(確かまだヤンキー系はいなかったはずだし……)



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 19:11:56.07 ID:XVXMzWRS0
ぐう~~~~

アスナ「あっ、お腹鳴っちゃった。そういえばお弁当食べかけだった」

アスナ「ははは、お腹鳴らすなんてまるで食いしん坊……」

アスナ「!!!!」

アスナ「これだ!」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 19:09:34.38 ID:B5paH4Sl0
期待
PWTでとても可愛くなっててヒャッホゥでした


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 19:19:00.43 ID:XVXMzWRS0
アスナ「大食いキャラのジムリーダーは確かまだいなかったはず!」

アスナ「よし! 大食い健康ジムリーダーとしてデビューだ!」

アスナ「となると、常に食べ物を口に入れてなきゃいけないのか……」

アスナ「そう考えるとちょっときついかな?」

アスナ「いやいや! お菓子ならいけるはず! お菓子は別腹だし!」

アスナ「そうと決まったら、さっそく帰りにスーパーに行こう!」



>>9
同じくヒャッホゥだったぜ


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 19:27:49.20 ID:XVXMzWRS0
スーパーフエン


アスナ「さあ、お菓子いっぱい買うぞー!」

アスナ「えーっと、まずはチョコ系からカゴにいれてくか」

アスナ「トッポとキットカット、どっちにしようか……」

アスナ「あっ、迷わなくていいのか。両方カゴにポイポイッと」ポイポイ

アスナ「こんだけじゃ全然足りないだろうから、どんどんいれてくか」

ポイポイポイポイ

アスナ「いやー、お菓子の大人買いなんて子どもの時からの夢だったからなぁ……感無量だよ」

ポイポイポイポイポイポイ

アスナ「あ、もうカゴいっぱいだ。カート持ってこよ」

アスナ「う~ん、楽しい!」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 19:26:40.05 ID:WmuvwXb7o
アスナ好きーの俺歓喜
支援するわ


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 19:32:09.74 ID:XVXMzWRS0
会計


店員「レジ応援お願いしまーす。レジ応援お願いしまーす」

アスナ(ちょっと恥ずかしいな……)

幼女「ママー」

幼女母「こら、指差すんじゃないの」

アスナ「ははは……」



>>12
おお、同士よ


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 19:41:47.14 ID:XVXMzWRS0
翌日


アスナ「あ、ボーイ君、ガールちゃん、おはよー」

ボーイ「おはようございます」

ガール「おはようございます……って、どうしたんですか、その荷物?」

ボーイ「両手にパンパンのバッグ、背中にもリュック背負って……まるでコミケ帰りの戦士みたいですよ?」

アスナ「あはは……ちょっとね」

アスナ「あ、そうだ。二人とも、お菓子あげるよ。いっぱいあるからさ」ガサゴソ

ボーイ、ガール「あ、ありがとうございます」

ボーイ(うわぁ……)

ガール(バッグの中、お菓子みっちり詰まってた……)

アスナ「あ、エリ男君とエリ女ちゃんにもあげなきゃ。じゃあね、二人とも」

ボーイ「は、はい……」

ガール「ありがとうございます……」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 19:45:40.33 ID:XVXMzWRS0
アスナ「お菓子おいしいなー」パクパク

アスナ「しかもまだまだこんなにある」パクパク

アスナ「お菓子を好きなだけ食べるってのも子どもの時から夢だったし」パクパク

アスナ「いやー、大食いキャラは当たりだったなぁ」パクパク


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 19:51:21.98 ID:XVXMzWRS0
一時間後


アスナ「やばい……もうお腹が限界にきてる……」パクパク

アスナ「うわっ! お腹ポッコリ!」

アスナ「でもいまさらやめるのもなぁ……」パクパク

アスナ「まったく、誰だよ、お菓子は別腹だからいくらでも食べられるとか言ったバカは……」パクパク

アスナ「あ、私だ」

アスナ「あはははははは!」

アスナ「はぁ……」パクパク


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 19:47:07.99 ID:ENHXzf7qo
アスナちゃんは確実に処女


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 19:57:58.32 ID:XVXMzWRS0
二時間後


バトルガール「すみませーん、ジムリーダーに挑戦したいんですが」

アスナ「は、はいはい、挑戦者ね」ポリポリ

バトガル「うわっ、お菓子の空き袋が散乱してる……ジムリーダーさん、大食いなんですね」

アスナ「ま、まあね」ポリポリ

バトガル「では、挑戦させていただきます! いけ、コジョフー!」

アスナ「い、いけ! コータス!」



>>18
ああ(真顔)


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 20:01:17.02 ID:XVXMzWRS0
バトル中


アスナ「う、うっぷ……」ポリポリ

バトガル「あ、あのー、顔色悪いようですけど、大丈夫ですか?」

アスナ「へ、平気平気! うっぷ……」ポリポリ

バトガル「……」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 20:10:59.08 ID:XVXMzWRS0
バトル後


バトガル「負けちゃった……ありがとうございました」ペコ

アスナ「う、うん」ポリポリ

バトガル「それでは、これで」


タッタッタッタ


アスナ「勝った……うっ! でももう胃が限界だ……」

アスナ「っていうか、挑戦者が来たときだけお菓子食べればよかったんじゃなかろうか……」

アスナ「よし、明日からは……」

アスナ「いや、もう大食いキャラを演じるのはやめよう……当分お菓子見たくない……」

アスナ「あーあ、振り出しに戻っちゃった……ほかのジムリーダーさんに相談しようかな」

アスナ「あっ! そういえば爺ちゃんが昔四天王務めてたんだっけ! 帰ったら聞いてみよう!」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 20:14:47.99 ID:XVXMzWRS0
爺ちゃん宅


アスナ「爺ちゃんいるー?」

爺ちゃん「いるぞい」

アスナ「よかった、いた。さっそくだけど、爺ちゃんに相談したいことがあるんだ」

爺ちゃん「ワシに相談したいこと?」

アスナ「実は……」カクカクシカジカ

爺ちゃん「なるほど」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 20:21:46.30 ID:XVXMzWRS0
爺ちゃん「つまりジムリーダーとしてのキャラ作りに悩んどるわけじゃな?」

アスナ「うん……爺ちゃん昔四天王やってたっていうし、その辺のところについて何かアドバイスして欲しいんだ」

爺ちゃん「なるほどな。どれ、かわいい孫のためじゃ、ワシが一肌脱いでやろう」

アスナ「ほんと!? ありがとう、じいちゃん!」

爺ちゃん「なんのなんの。では、ワシが導いてやろう。そう……」

爺ちゃん「導く以外ありえないwww」

アスナ「!!!!」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 20:27:15.40 ID:eBQjvGaa0
んんwwwwww


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 20:27:32.46 ID:XVXMzWRS0
翌日


アスナ「んんwwwエリ男君、エリ女ちゃんおはようございますですぞwww」

エリ男「お、おはよう……」

エリ女「ございます……」

アスナ「んんwww元気がありませんぞwww」

アスナ「そんなんじゃ、今日の役割を持てませんぞwww」

エリ男、女「は、はぁ……」

アスナ「それではですぞwww」


タッタッタ


エリ女「ど、どうしたんだろ、アスナさん」

エリ男「さ、さあ……」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 20:31:50.55 ID:O4dnazsdo
ジムリーダーとして軸がぶれまくっている…


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 20:35:55.68 ID:XVXMzWRS0
ホープトレーナー女「あのー、ジムリーダーに挑戦したいのですが」

アスナ「んんwww挑戦者の方ですかなwww」

ホープ女「は、はい」

アスナ「我がジムリーダーですぞwwwさっそくバトルを始めますぞwww」

ホープ女「は、はぁ……では、いけ! ダグトリオ!」

ホープ女(ここは炎タイプのジムだから、ダグトリオでいけるはず!)

アスナ「んんwwwwwボグトリオですかwwwwwでは、いけwwwwヤャラドスwwwww」

ヤャラドス「ぺゃーwwwww」

ホープ女「ええっ!?」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 20:39:06.16 ID:XVXMzWRS0
バトル後


ホープ女「対戦ありがとうございました……」

アスナ「んんwwwこちらこそ対戦ありがとうですぞwww」

ホープ女「あの、でもこれじゃ炎ジムじゃないんじゃ……」

アスナ「ですよねー」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 20:39:08.84 ID:Hp5b7w1Ro
酷すぎるwwww


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 21:32:34.00 ID:XVXMzWRS0
爺ちゃん宅


アスナ「もー! 爺ちゃんのアドバイス通りにしたら全然ダメだったよ!」プンスカ

爺ちゃん「す、すまん。爺ちゃんは昔あのキャラで通したものでな……」

アスナ「初めてあげたバッジが私の反則負けってどうなのよ……」

爺ちゃん「本当にすまんのお……」

アスナ「ううん、爺ちゃんは悪くないよ。悪いのは私なんだから」

爺ちゃん「しかしのう……」

アスナ「爺ちゃんありがとう。やっぱりもうちょっと一人で考えてみるよ」

爺ちゃん「そうか……がんばるじゃぞ、アスナ」

アスナ「うん!」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 21:38:51.34 ID:XVXMzWRS0
翌日


アスナ「とは言ったものの……何も思いつかないや」

アスナ「あーあ、本当にどうしたものか……」

メルヘン少女「あのー」

アスナ「はいはい、挑戦者かな?」

メルヘン「はい、ジムリーダーのお姉ちゃんに決闘を申し込みます」

アスナ「よしきた! さっそくやろうか!」

メルヘン「はい、お願いします。それでは……」

メルヘン「ふぇぇ……」

アスナ「!!!!」


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 21:43:00.59 ID:XVXMzWRS0
バクーダはやられてしまった


アスナ「くっ……強い!」

メルヘン「ふぇぇ……おねえさんのぽけもんはあといったいだけになちゃったんだよぉ」

アスナ「まさか一体だけでここまで追い込まれるなんてね……」

メルヘン「もうやめようよぉ……しょうぶはついたよぉ」


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 21:43:27.86 ID:43bE1lumo
汎幼女かよww


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 21:46:12.47 ID:XVXMzWRS0
アスナ「まだ……まだだよ!」

メルヘン「ふぇぇ?」

アスナ「まだ私は勝負を諦めないよ!」

アスナ「手持ちに闘えるポケモンがいる限り」

アスナ「私は戦い続ける!」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 21:48:58.15 ID:XVXMzWRS0
メルヘン「お姉ちゃん……」キュン

アスナ「そうwww諦めるなんてありえないwww」

メルヘン「!?」

アスナ「あ、出ちゃった。ごめん、さっきのは忘れて」

メルヘン「ふぇぇ……」


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 21:53:30.59 ID:XVXMzWRS0
コータスはやられてしまった

アスナ「お疲れさま、コータス。ボールにお戻り」

コータス「コー……」

メルヘン「うふふ、私の勝ちですね」

アスナ「うん、負けたよ」

アスナ「はい、バッジ。楽しいポケモンバトルをありがとう」

メルヘン「こちらこそ楽しかったです。ありがとうございました」


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 22:00:42.28 ID:XVXMzWRS0
メルヘン「ところで……」

アスナ「ん?」

メルヘン「お姉ちゃん、異教徒さんだったんですね」

アスナ「い、異教徒?」

メルヘン「はい。そして、何か悩み事も抱えられているご様子……」ジリ

アスナ「い、いや……」

メルヘン「大丈夫……痛くしませんから……」ジリジリ

アスナ「や、やめて!」

メルヘン「おねえちゃんはわたしがみちびいてあげるよぉ」ニパア

アスナ「いやーーーーー!」


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 22:09:47.43 ID:XVXMzWRS0
そのころジム内では


ボーイ「なあ、アスナさんって何か悩みでもあるのかな?」

ガール「どうして?」

ボーイ「だって最近様子おかしいじゃん」

ガール「そうだね……」

エリ男「急に大食いになったと思えば、変な喋り方と気味の悪い笑みを浮かべ始めたからな」

エリ女「アスナさんはジムリーダーに就任したてだからね。何か悩み事を抱えていてもおかしくないわ」

ボーイ「心配だな……」

ガール「そうだね……」


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 22:18:18.01 ID:XVXMzWRS0
ボーイ「あ、そういえばさっきの挑戦者すごく強くありませんでした?」

エリ男「あー、すげー強かった。俺、手も足も出せなかったし」

エリ女「私もよ。あんな強い子初めて見たわ」

ガール「でもあの子、戦ってる時変な喋り方でしたよね」

ボーイ「なんて言うか、鼻につくって感じ?」

エリ女「そうね、そんな感じね」

ガール「アスナさんは勝てましたかね?」

エリ女「そういえばあの子がアスナさんのところに行ってから結構経つわね」


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 22:21:36.41 ID:XVXMzWRS0
ボーイ「俺ちょっと見てきますよ」

エリ男「待った、来たぞ」

メルヘン「うふふ、皆さんお手合わせありがとうございました」

エリ男「お、おう」

エリ「アスナさんとの戦いはどうだった?」

メルヘン「うふふ、この通り」


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 22:23:58.37 ID:XVXMzWRS0
ガール「あ、バッジ」

ボーイ「アスナさんに勝ったか……」

メルヘン「うふふ、素敵なお姉さまでしたわ」

エリ女「えっ?」

メルヘン「何でもありません。それではごきげんよう」


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 22:29:01.63 ID:XVXMzWRS0
ガール「行っちゃった」

ボーイ「ちょっと変わった子だったな」

エリ女「ねえ、今からアスナさんのところに行かない?」

エリ男「ん? どうしてだ?」

エリ女「アスナさん今回が初めてでしょ、まともに戦って負けたのって」

エリ男「まあ、前回の負けはアスナさんの反則負けだしな……」


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 22:33:17.61 ID:XVXMzWRS0
ガール「アスナさん、もしかしたら落ち込んでるかもしれませんね」

エリ男「そうだな、さっそくみんなで行ってみるか」

エリ女「ええ、もしかしたら悩みを話してくれるかも」


53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 22:42:14.76 ID:XVXMzWRS0
ボーイ「失礼しまーす」

ガール「大丈夫ですか、アスナさん?」

エリ女「すごく強い挑戦者でしたね」

エリ男「いやー、俺なんか手も足も出せませんでしたよー」

アスナ「ふぇぇ……」

「「「「!!!!」」」」


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 22:45:42.16 ID:XVXMzWRS0
アスナ「あのこすごくつよかったよぉ」

アスナ「でもあのこからはんようりろんっていうのをおそわったんだよぉ」

アスナ「おかげでわたしはもっとつよくなれそうだよぉ」

アスナ「あとでみんなにもおしえてあげるよぉ」

ガール「あ、ありがとうございます……」


55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 22:47:13.82 ID:43bE1lumo
(アカン)


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 22:49:32.63 ID:XVXMzWRS0
エリ女「あの、アスナさん……何か悩み事なんか――」


ガー


アスナ「ふぇぇ……どあがひらくおとがしたよぉ」

アスナ「ちょうせんしゃかもしれないよぉ……」

エリ男「そ、そうですね。じゃあ俺たちは持ち場に戻りますね」


57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 22:53:26.20 ID:XVXMzWRS0
エリ女(ちょっと、男君!?)

エリ男(今は引こう。それに、挑戦者なら戦わないわけにはいかないだろ)

エリ女(……そうね、一旦下がりましょうか)

アスナ「ふぇぇ……みんながんばるんだよぉ」


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:01:47.68 ID:XVXMzWRS0
理科系の男「すみませーん」

アスナ「ふぇぇ……ちょうせんしゃのかたですかぁ?」

理科系「……」

アスナ「あのぉ」

理科系「あざとい……」

アスナ「ふぇ?」

理科系「あざといと言ったのだ! なんだその喋り方は!」

アスナ「あ、あの」

理科系「その喋り方なあ、可憐な幼女が喋ってこそなんだよ!」

理科系「お前のような年増が喋ってもなあ、萌えねえんだよ!」


アスナ「と、年増……」

理科系「だいたいお前は……」クドクド


59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:08:11.44 ID:1/FKaFwLo
は?(威圧)


61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/21(土) 23:17:04.17 ID:XVXMzWRS0
理科系「まったく、最近のやつは安易に萌えに走りすぎなんだ!」

理科系「やれメガネをかけてみただの、独特な語尾をつけてみただのと……」

理科系「ああ、、嘆かわしい! お前も自分に合った萌えというものをだな……」クドクド

アスナ「……」


62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:19:33.44 ID:XVXMzWRS0
エリ女「ねえ、そろそろアスナさんの助けに入った方がいいんじゃない?」

ボーイ「そうですね」

ガール「アスナさん、あんなに疲れた顔してますし……」

エリ男「まあ、待て」


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:22:09.85 ID:XVXMzWRS0
エリ女「ちょっと、どうして止めるのよ」

ガール「そうですよ、早くアスナさん助けてあげた方がいいと思います」

エリ男「まあ落ち着け」

ボーイ「何か考えがあるんですか?」

エリ男「ああ、もちろんだ」


64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:27:11.68 ID:XVXMzWRS0
エリ男「あの男ならアスナさんの目を覚まさせてくれるかもしれない」

エリ女「目を覚まさせるって……」

エリ男「さっきのアスナさん、明らかに変だったろ」

エリ女「ええ、まあ……」

エリ男「きっとあの子に何かされたんだろうが、あの男がアスナさんを正気に戻してくれる」

エリ男「と、思う」

エリ女「思うって……」

エリ男「とにかくしばらく見守るぞ」


65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:30:09.79 ID:XVXMzWRS0
数時間後


エリ女「ねえ、もうジム閉める時間なんだけど……」

エリ男「よし、帰るか」

ガール「ええっ!? アスナさん置いてっちゃうんですか!?」

ボーイ「それはまずいんじゃないですか?」

エリ男「まあ、待て」


66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:33:36.98 ID:XVXMzWRS0
エリ女「またこの展開……本当に考えがあるの?」

エリ男「考えがあるっていうか、あの男がアスナさんを正気に戻さないと困るんだよ」

エリ男「お前らアスナさんがあのままだったらどうする?」

ボーイ「……嫌ですね」

エリ男「だろぉ」


67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:38:15.37 ID:XVXMzWRS0
エリ男「それに下手したら俺たちもアスナさんみたいになってしまう恐れがある」

ガール「えっ、どうしてですか?」

エリ男「アスナさん俺たちにこう言ったろ」

エリ男「あとでみんなにもおしえてあげるんだよぉ」

エリ男「って」

ボーイ「た、確かに言ってました!」

エリ男「つまり、アスナさんが正気に戻らないと俺たちも危ないってことだ」


68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:41:19.93 ID:XVXMzWRS0
エリ男「それに、俺は遅くなる前に相棒を家まで送り届けなきゃいけない使命があるんでな」

エリ女「も、もう///」

ボーイ「ガ、ガールちゃんは俺が送るからね///」

ガール「う、うん///」


70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:48:22.31 ID:XVXMzWRS0
理科系「わかったか? もう二度とそんな喋り方するんじゃないぞ」

アスナ「はい……すいませんでした……」

理科系「おっと、もうこんな時間か」

理科系「それじゃあ、僕は帰るから」

理科系「まったく、余計な時間がかかってしまった……」ブツブツ




アスナ「行った……」

アスナ「あー……疲れた……」ヘロヘロペタン

アスナ「あいつ何時間喋るんだよぉ……それに私が年増ってどういうことよ!」

アスナ「ねえ、みんな!」


シーン


アスナ「あれ?」


71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:50:49.82 ID:XVXMzWRS0
アスナ「みんないない……」

アスナ「って、もうこんな時間!?」

アスナ「そりゃみんないないわけだよ……」

アスナ「はぁ……私も帰ろ……」


72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:55:26.38 ID:XVXMzWRS0
フエン温泉


アスナ「ふあー、生き返るー……」

アスナ「誰もいないから貸切状態だぜー」ノビノビ

メルヘン「お疲れ様です、お姉ちゃん」

アスナ「うわあ! 居たの!?」

メルヘン「はいです。あのー、お姉ちゃんの隣に行っていいですか?」

アスナ「う、うん、いいよ……」

メルヘン「ふふふ、やった!」

アスナ(怖い……)


73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/21(土) 23:58:09.49 ID:XVXMzWRS0
アスナ「はぁ……」

メルヘン「どうしたんですか? ため息なんてついて」

アスナ「ああ、うん。実は今日こんなことがあってね」カクカクシカジカ

メルヘン「なるほど、マルマルウマウマです」


74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:00:52.72 ID:xni9Oc8E0
メルヘン「許せませんね、その男。お姉さまにそのような口をきくなんて」

アスナ「お姉さま?」

メルヘン「きゃっ! 言っちゃった! 恥ずかしい!」

アスナ(やっぱりこの子怖い……)


75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:09:47.67 ID:xni9Oc8E0
ID変わったけど>>1です


アスナ「……」

メルヘン「今度はどうしました?」

アスナ「うん……やっぱりキャラ作るのやめようかなって思って」

メルヘン「えっ? どうしてです?」

アスナ「えーっとさ、ジムリーダーってキャラ立ってる人多いじゃん?」

アスナ「大和撫子のエリカさんとか、女優になったナツメさんとか」

メルヘン「あー」


76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:14:46.57 ID:xni9Oc8E0
アスナ「だから私も何かキャラ作らなきゃいけないと思ったんだ」

メルヘン「なるほど、そういうことだったんですか」

アスナ「うん、でもやめるよ。何かを演じられるほど私は器用じゃないし、それに……」

メルヘン「それに?」

アスナ「勝負を純粋に楽しめない」


77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:28:22.48 ID:xni9Oc8E0
アスナ「私、ポケモンバトルが好き」

アスナ「相手がどんなポケモンを出してくるか、どんな技を使ってくるかとか」

アスナ「考えるだけでわくわくしちゃうんだ」

アスナ「バトルのときは熱中しすぎて、肩に力が入りすぎちゃう有様だよ」

アスナ「そんな私だから、何かを演じるなんて向いてないし、勝負に不純なものも持ち込みたくない」

アスナ「無個性でつまらないやつだって思われても」

アスナ「私は、私のままでいようと思う」

メルヘン「……」


78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/22(日) 00:32:41.26 ID:xni9Oc8E0
アスナ「あ、ごめんね、私だけぺらぺら喋っちゃって。つまらなかったでしょ」

メルヘン「いいえ、とてもおもしろいお話しでした」

メルヘン「お姉さま」

アスナ「ん?」

メルヘン「お姉さまは無個性でつまらない人なんかではありませんよ」


79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:36:34.95 ID:xni9Oc8E0
メルヘン「お姉さまのような情熱的な方は見たことがありません」

アスナ「そ、そうかな///」

メルヘン「ええ、それこそ、こちらが火傷しそうなほどの情熱です」

メルヘン「お姉さまは自信を持って、ご自身の道をお歩みください」


80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:42:55.44 ID:xni9Oc8E0
アスナ「……」

メルヘン「お姉さま?」

アスナ「あ、ああ、うん、ありがとう」

メルヘン「もしかしてのぼせてしまいましたか? 顔がお赤いですよ?」

アスナ「あ、いや……私のことをそんな風に思ってくれる人がいるんだなーて思ったらさ」

アスナ「なんか、ジーンとしちゃって……」


81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:45:16.43 ID:xni9Oc8E0
メルヘン「お姉さま……」

アスナ「……」

メルヘン「……」

アスナ「……」

メルヘン「結婚……しましょうか?///」

アスナ「しない」



おわり


82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:47:08.70 ID:UYfHVBlFo
乙!
貴重なアスナもの楽しめたよ!
次もアスナで書いてくれると嬉しいな!


83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:51:37.60 ID:xni9Oc8E0
見てくれた皆さん、ありがとうございました。

書くのが遅い&ネットの不調により、リアルタイムで見てくださった人にはとても申し訳なくおもいます。

最後に、思ったより合いの手があってうれしかったです。

本当にありがとうございました。


84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:52:53.62 ID:yWv/YQ6KO
乙。凄く楽しめた


85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/22(日) 00:53:39.06 ID:yoNVHFS7o
乙です
アスナは可愛いのにSSは全く見かけないから嬉しかったよ
また書いてくれたら応援します!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387617935/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ポケモン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ