Powered By 画RSS


千川ちひろ「夫婦なんだよなぁ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/01(水) 23:52:33.94 ID:rGKRgyuS0
P「あれどこだっけ?」

藍子「あれですか?ここにはないんですか?」

P「そこにはなかったんだよ」

藍子「わかりました、じゃあここですね」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/01(水) 23:58:26.58 ID:rGKRgyuS0
P「あ、ほんとだ。よくわかったな」

藍子「だってプロデューサー、面倒くさがるといつもここに置くじゃないですか」

P「そうだったかな・・・?」

ちひろ(夫婦なんだよなぁ)


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/01(水) 23:59:21.70 ID:rGKRgyuS0
P「じゃあちょっと先方に挨拶してくる」

藍子「プロデューサー、ネクタイ曲がってますよ」

P「えっ・・・こうか?」

藍子「違います、こっちがわですよ」

P「危ない危ない、それじゃあ」

藍子「はい、いってらっしゃい」

ちひろ(夫婦なんだよなぁ)


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:00:40.55 ID:tu3GYMsN0
藍子「痛くないですかー」

P「うん」

藍子「じゃあもうちょっと」

P「・・・・」

藍子「えいっ」

P「うっ・・・」

藍子「痛かったですか?」

P「きもちいい」

P「耳掃除最高」

ちひろ(夫婦なんだよなぁ)


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:02:58.61 ID:rGKRgyuS0
P「ぐー・・・・」

ちひろ(藍子ちゃんの膝で眠ってしまったPさん)

藍子「・・・・」パシャッ

ちひろ(寝顔撮ってる)

藍子「・・・・かわいい♪」

ちひろ(いじらしいんだよなぁ)


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:03:44.55 ID:rGKRgyuS0
P「・・・・・」

藍子「どうしたんですか?プロデューサー・・・」

P「・・・・・なんでもないよ」

藍子「落ち込んでるんですね」

P「・・・・・・くっ・・・・ううっ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:04:20.13 ID:rGKRgyuS0
ちひろ(泣き崩れたPさんを包むように抱きしめる藍子ちゃん)

藍子「大丈夫ですよ、大丈夫・・・・誰も笑ったりしませんよ」

藍子「だから、思い切り泣いていいんですよ」ナデナデ

ちひろ(夫婦なんだよなぁ)


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:06:33.48 ID:tu3GYMsN0
P「おなかすいた」

ちひろ「いや、私に言われても」

P「お昼買ってくるの忘れちゃったんですよね」

ちひろ「藍子ちゃんに作ってもらったらどうですか?」

P「え・・・ええっ!?そんな悪いですよ!!」

ちひろ「な~にを今更言ってんですか」

P「付き合っても居ない女の子にそんなこと頼めるわけないじゃないですか!!」

ちひろ「は?」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:07:33.68 ID:rGKRgyuS0
藍子「おはようございます」

ちひろ「おはようございます」

P「おうおはよう」グー

藍子「お腹空いたんですか?」

P「お昼買うの忘れちゃってな」

藍子「あ、それなら調度良かったです」

P「これは・・・弁当?」

藍子「もしかしたらと思って、少し余分に作ってきたんです。どうぞ」

ちひろ(嫁なんだよなぁ)


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:08:27.42 ID:tu3GYMsN0
藍子「すー・・・・すー・・・」

P「ぐー・・・ぐー・・・」

ちひろ(お互いに寄り添って寝ている)

仁奈「仁奈も!仁奈も寝るでごぜーます!!」モフー

ちひろ(あ、二人の膝上に仁奈ちゃんが!)


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:09:12.06 ID:tu3GYMsN0
仁奈「すぴー・・・・zzz」

藍子「ん・・・・」

仁奈「もうくえねーです・・・・・zzz」

藍子「あら、ふふふ」ナデナデ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:10:31.39 ID:tu3GYMsN0
P「んごっ・・・・あれ?今何時・・・っ」

ちひろ(あっ、藍子ちゃんがPさんの唇に人差し指を当てた)

藍子『仁奈ちゃんが起きちゃいますから』

P『すまんすまん』

ちひろ(親子なんだよなぁ・・・)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:11:55.97 ID:tu3GYMsN0
P「じゃあ上がりますね」

藍子「失礼します」

ちひろ「ふたりとも一緒に上がりなんて・・・もしかして何処か行くんですか?」

藍子「はい、プロデューサーの実家に新年のご挨拶に」

ちひろ「あらあら、もしかしてもうゴールまで秒読みですか?」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:13:03.81 ID:tu3GYMsN0
P「な、何言ってるんですか!!お、俺と結婚なんて藍子にし、失礼じゃないですか!!」

藍子「わ、私はよくてもぷ、プロデューサーにご迷惑が・・・っ!!」

P「いや俺はよくても藍子が・・・」

藍子「ぷ、プロデューサーが・・・」

ちひろ(この二人をからかうのはよそう)


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:13:56.03 ID:tu3GYMsN0
おしまい


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:16:50.99 ID:EkIpW3WX0
おつ
じゃあ次ちひろさんとPで


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:25:10.47 ID:tu3GYMsN0
ちひろ「あー虚しくなるなぁ」

P「どうしたんですか?」

ちひろ「藍子ちゃんとそのPさんが夫婦なことについてですよ・・・」

P「ああ!あいつらはやく結婚しろよって感じですよね」

ちひろ「もう親公認ならいいじゃないですか」

P「ですよねーははは」

ちひろ「はははじゃないですよ・・・もっとこっちのPさんも甲斐性を持ってくれれば・・・」

P「え?」

ちひろ「なんでもないですっ!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:29:29.40 ID:tu3GYMsN0
小鳥「ふー疲れたぁ」

小鳥「最近は新しい子たちも入ってきて賑やかになったわ・・・ふふふ」

小鳥「あ、電話だ・・・はいもしもし音無ですけど」

ちひろ『聞いてくださいよ小鳥さん!』

小鳥「え、どうしたのちひろさん?」

ちひろ「Pさんてば酷いんですっ!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:34:08.11 ID:tu3GYMsN0
小鳥『えっと、ちひろさんの幼馴染のPさんのことですか?』

ちひろ「はい!そうなんです!!」

ちひろ「昔からそうなんですよあの人は!!」

小鳥『そんなに声を荒げるなんて何があったんです?』

ちひろ「それはもう酷いことです・・・」

小鳥(めんどくさいなぁ・・・)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:39:53.52 ID:tu3GYMsN0
ちひろ「それは某イベントの時でした・・・」




ちひろ「じゃん♪水着です」

P「ちひろさん・・・何やってんですか」

ちひろ「ドリンクの差し入れですよ♪」

P「あ、どうも」

ちひろ「がんばってくださいね♪」ユサッ

P「」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:47:40.12 ID:tu3GYMsN0
小鳥『あ、引かれたんですね』

ちひろ「違います!!」

小鳥『ぴよっ!?違うんですか・・・?』



P「ちひろさん・・・」

ちひろ「はいっ?どうしましたか?」ユサッ

P「うっ・・・」

ちひろ「具合悪いんですか?あっちで休みます?」ユサユサッ

P「ぶっ」ドサッ

ちひろ「Pさん!?Pさん!?」


ちひろ「鼻血を噴いて倒れちゃったんです!!」

小鳥『それの何処に怒るようなところが・・・』

ちひろ「美人の年上幼馴染が水着でユサユサしてたんですよ!!」

ちひろ「普通そこは誰もいないロッカールームとかに連れ込んであんなことやこんなことをするはずじゃないですか!!」

小鳥(うわぁ・・・)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 01:00:59.79 ID:oYsnvRCg0
小鳥が引くだと……


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 00:59:59.27 ID:tu3GYMsN0
小鳥『まぁそれだけちひろさんに魅力があったということじゃないですか?』

ちひろ「もうっ、いつまでもおこちゃまなんですからっ!この間だって」


P「やっぱイベントは辛いなぁ・・・」

ちひろ「そんな時はドリンクですよ!今なら激安!超得ショップ」

P「この水鉄砲も売り物ですか?」

ちひろ「はい、一応」

P「じゃあこれ買います」

P「くらえーちひろさん!えいっ」ピュッ

ちひろ「きゃっ・・・もうっ、子供じゃないんですから!」

P「えいっえいっ」ぴゅぴゅー

ちひろ「きゃあっ・・・ううっびしょびしょじゃないですかー!」

P「ははは、捕まりませんよ!」

ちひろ「まちなさーい!!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 01:08:05.93 ID:tu3GYMsN0
ちひろ「Pさんてば・・・Pさんてば・・・」

ちひろ「なんでそんなに可愛いんですかもうっ!もうっ!」

小鳥『』

ちひろ「聞いてますか小鳥さん!!」

小鳥『』

ちひろ「この間制服着た時も」


P「ちひろさん、さすがにそれはキツすぎます・・・」

ちひろ「うっ」

P「周りが見たら皆引きますよ」

ちひろ「あ、あの・・・キライにならないで・・・」

P「だからその格好、もう俺以外に絶対に見せないでくださいね」

ちひろ「あっ・・・Pさ・・・んっ」



ちひろ「あの時はもう男前で・・・ふふふっ♪」

小鳥『』


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 01:15:21.98 ID:tu3GYMsN0
ちひろ『だから早く結婚したいのに、あの人ってば焦らしてばかりで・・・酷いんです!!』

P『ちひろさーん、そろそろ初詣行きますよー』

ちひろ『あ、はーい♪今行きます』

P『振袖似合ってますね』

ちひろ『え、そうですか・・・?嬉しいです♪今年はお年玉、奮発しちゃおうかな?』

P『やったぁ』

アハハウフフ

小鳥「」

春香「小鳥さんなにしてるんだろう、両手で顔を覆って」

真「さあ?」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 01:19:29.21 ID:tu3GYMsN0
おしまい


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 01:22:03.48 ID:EkIpW3WX0
おつ
かわいいちひろさんかわいい


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/02(木) 01:22:03.77 ID:4dqCkoKaO
乙よかった


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1388587953/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2014/01/10(金) 21:56:16

    ピヨちゃんマジかませ犬


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ