Powered By 画RSS


勇者「賢者。戦士に蘇生呪文かけてくれ」賢者「はい」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 12:47:01 ID:yWonvanY
賢者「オナザル…!!!」


勇者「・・・は?」
魔法使い「え?」


賢者「・・・
   すみません
   呪文かみました。」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 12:55:07 ID:yWonvanY
勇者「あぁ…あぁ~
   ザオラルか
   ザオラルと言うつもりだったのか」

賢者「はい」

勇者「そういうつもりで言い間違えた、と。」

賢者「はい」

勇者「まぁ 間違いは誰にでもあるよな」

賢者「はい」

魔法使い「それにしても…」

賢者「はい?」


3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 12:59:48 ID:yWonvanY
魔法使い「いやぁ~
     賢者の口から
     オナザルなんて言葉が出るとはねー」

賢者「はい?
   そういう言葉があるんですか?」

魔法使い「え?」

勇者「ん?
   そういう言葉があるのか?魔法使い。」

魔法使い「…いやぁ~…
     もしかしたら あるかもなぁ、と。」

勇者「もしかしたらの話か。
   …魔法使い。
   もう一回 言ってみてくれないか?」

魔法使い「え?」

賢者「私も言ってほしいです」

魔法使い「は?」


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 13:06:32 ID:yWonvanY
勇者「なんというか
   今後こういうミスがないように
   確認の意を込めて
             もう一回」

魔法使い「なんで私が?
     私、ザオラル使う機会ないんだけど」

勇者「なんでと言われると困るわけだが」

賢者「あれです あれ
   他人の口から聞くと
   すんなり入ってくるというか あれ」

魔法使い「えー…
     じゃあ勇者が賢者に言えばいいじゃん」


5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 13:15:02 ID:yWonvanY
勇者「…ら行苦手なんだよ、おりぇ
   ほらな
   『おれ』すら たまにこうだ
   全く、我ながら嫌になりゅぜ。」

賢者「あー 確かに。
   勇者さんは ら行苦手ですよねー」

魔法使い「えー
     今初めて知ったよ そんなこと」

賢者「勇者さん勇者さん
   赤スライム 青スライム 茶スライム
   って三回言ってみてくださいよ」


6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 13:21:18 ID:yWonvanY
勇者「赤スライム青スりゃイム茶しゅライム
   赤スライみゅ青スライム茶スりゃイム
   あきゃスりゃイム青スりゃいむちゃすりゃいみゅ

   な?だめだろ?」

賢者「だめですねー」

勇者「てことで 魔法使い。
   もう一回 さっきのを。」

魔法使い「えー…
     …やだ…」

勇者「なぜ」

魔法使い「なんでも」

勇者&魔法使い「・・・」

賢者「あー 魔法使い」

魔法使い「なに?」


7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 13:27:48 ID:yWonvanY
賢者「さっきは
   もしかしたらあるかもと誤魔化してましたが
   ほんとは、そういう言葉があるんじゃないですか?
   しかも 言えないようなたぐいの。」
勇者「ん?そうなのか魔法使い
   どうなんだ?ん?」

魔法使い「し、しらないよー
     あんな言葉~」

賢者「あんな言葉とは?」
   私 物覚え悪いから 忘れてしまいました
   あんな言葉が どんな言葉だったのか
   もう一度言ってほしいです」

勇者「魔法使い。賢者の真剣な頼みだぞ?」


8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 13:37:11 ID:yWonvanY
魔法使い「ちょ、ちょっと待ってよー
     そ、そうだ!
     戦士を蘇生させてから
     戦士に言ってもらって
     それで覚えればいいんじゃない??」

勇者「いやいや、それは無い。
   生き返った戦士に経緯を説明したのちに
   魔法使いが戦士にさっきの言葉を告げるんだろ?
   手間がかかる上に
   戦士ずるいぞ」
賢者「ですよね」

魔法使い「ずる…?」


9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 13:42:13 ID:yWonvanY
勇者「それに 筋肉ダルマな戦士に言ってもらってもなぁ
   もはや 戦士自体がそうだろ って話だろ」
賢者「ですよね」

魔法使い「…戦士自体?」


勇者「とにかく その提案は却下だ。
   おれは魔法使いに言ってもらいたいんだよ」

魔法使い「えー」

勇者「そんなに嫌がるとなにか隠してるみたいであやしいぞ?」
賢者「ですよね」

魔法使い「な、なにも隠してないし!」

勇者「じゃあ 言えるだろ」
賢者「ですよ」



魔法使い「ううう…」


10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 13:53:31 ID:yWonvanY
勇者「おれが
   3、2、1、はい。 って言ったあとに言ってくれ」

魔法使い「ゆ、言うなんて言ってないしっ」

賢者「世にない言葉なんですよね?
   ならなにもそんな恥ずかしがらなくてもいいでしょう」

魔法使い「うう…」

勇者「じゃあ いくぞ。」
魔法使い「ま、

勇者「3、2、1…はいぃいいいい!!!!」


魔法使い「・・・


     …オ、オナザル…」


賢者「ふぅ…」


11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 14:00:09 ID:yWonvanY
賢者「魔法使い 顔真っ赤ですね」
勇者「だな 顔真っ赤だな
   なんで顔真っ赤なんだ?」

魔法使い「ウルサイ」


勇者「ところで魔法使い」
魔法使い「なに」

勇者「1つ提案があるんだがな。

   今言った言葉の前に
   『私は』 って付けて もう一度言ってくれないか」

魔法使い「は??」

賢者「あー
   そっちの方が記憶に残りますもんね
   ミスがないようにですよね 勇者さん」

勇者「そうだ
   ミスがないようにだぞ 賢者

   …な? 魔法使いもう一度」

魔法使い「…絶対言わない!」


12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 14:31:40 ID:yWonvanY
勇者「ん?
   世にない言葉の前に『私は』って付けるだけだぞ?
   なぁ?賢者」
賢者「はい そうですよね 勇者さん」

魔法使い「そ、そうだけど~…」

賢者「勇者さん勇者さん
   試しに
   世にない言葉『ぺけろんす』の前に『おれは』を付けて言ってみてくださいよ」


13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 14:45:03 ID:yWonvanY
勇者「おれは ぺけろんすです。
   な?魔法使い。
   世にない言葉だからなんともないよな?

   ほら、賢者も言ってみ」

賢者「私は ぺけろんす です。
   わー 世にない言葉だからなんともないですねー」

魔法使い「ぺ、ぺけろんすなら 私も言えるわよっ
     私はぺけろんすです私はぺけろんすです私はぺけろんすです!」

賢者「同じ世にない言葉なのだから
   さっきの言葉でも言えますよね?」

魔法使い「さっきのとは…ほら…」

賢者「同じ世にない言葉なのだから
   さっきの言葉でも言えますよね?」

魔法使い「あああもぉ…」


14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 14:50:16 ID:yWonvanY
勇者「て事で

   さぁ 魔法使い
   さっきの言葉の前に『私は』を付けて言ってくれ」

魔法使い「やだよぉ…」

賢者「魔法使い
   顔真っ赤にしながら そんなに否定して…
   …なにか、言えない理由があるのですか?
   あるならはっきり言ってほしいです。

   私たち 仲間じゃないですか。ね?」

魔法使い「うう…
     なんでもない…」

賢者「では言えますよね。
   勇者さん、魔法使いは言えるそうですよ。」

魔法使い「ちょっ」

勇者「じゃあ魔法使い
   さっきと同じく 3、2、1、はい で言ってくれ」

魔法使い「んー…うん…」


15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 15:10:47 ID:yWonvanY
勇者「じゃあ いくぞ…
   3…2…1…」
賢者「はい!」


魔法使い「…わ、
     わたしは…」

勇者「…魔法使いはなんなんだ…?」

魔法使い「わたし…は…
     お、おな…お…」

賢者「魔法使いはなんなんですか?」


16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 15:14:35 ID:yWonvanY
魔法使い「…わたしは…おなざ…
     …る…で…」

賢者「もっと はっきり言ってほしいです。
   私たち…仲間じゃないですか…
   …ね?」
勇者「そうだぞ魔法使い
   もっとはっきりと
   おれたちの方をちゃんと向いて」

魔法使い「…あああ…!
     …わたひは…わたひは…!

     わらひは おなざる でふ…!!!」

勇者&賢者「…」

魔法使い「あぁぁ…はずかひはずかひはずかひはずかひ……!!!」

勇者&賢者「…ふぅ…」


18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 15:21:17 ID:yWonvanY
賢者「魔法使い
   なにを恥ずかしがる必要があるのですか?
   これで私は もう言い間違えないですみます」
勇者「そうだぞ魔法使い
   これで ミスが1つ減ったんだ
   世にない言葉なんだし
   なにも恥ずかしがることはない」

賢者&勇者「ありがとう魔法使い」

魔法使い「うっう…
     そ、そうだよねそうだよね
     恥ずかしがる必要ないよね…
     …えへへ…」



《わらひは おなざるでふ…!》



魔法使い「えぅ…!!?」


19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 15:29:58 ID:yWonvanY
魔法使い「な、なん…

賢者「ふっふっふっ
   じゃじゃーん!」
勇者「声を記録するアイテムのちからだ!」

《わらひは おなざるでふ…!》

魔法使い「え、ちょ…」

賢者「買っといて良かったですねー」
勇者「だな。買っといて良かった」

魔法使い「けし…けしてください…」

勇者「ん?
   世にない言葉に一人称が付いてるだけの音声だぞ?
   消す必要ないじゃないか」
賢者「そうですともそうですとも」


20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 16:11:15 ID:f7RiQbKM
巧みなセクハラwww


21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:10:21 ID:yWonvanY
魔法使い「あぁぁ…」

勇者「ああ、あとついでに
   こっち向いたときの顔も記録しといたぞ」

魔法使い「はぇっ…!」

勇者「密かに光景を記録するアイテムだ
   記録した光景を…紙に写せる」

賢者「…う、うわぁ~…
   こういうのも なんですけど…
   魔法使いったら
   すんごくやらしい顔してますねぇ…」
勇者「紅潮した顔 うるんだ瞳
   上目遣い 胸元で結んだ手
   内股になった足元
   切なそうにやや開いてる口元」

魔法使い「や、やだぁ…燃やして燃やして…」


22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:19:51 ID:yWonvanY
勇者「戦士に見せたら
   戦士は、例の、世にない言葉そのものになるな はっはっは」
賢者「ですね
   例の、世にない言葉そのものですね ふふっ」

魔法使い「…あぁ……」

勇者「魔法使い、なにをそんなに落胆してるんだ?」
賢者「そうですよ
   ちょっとやらしいですけど いい顔してますよ」

勇者「町で配りたいくらい いい顔してるよな」
賢者「配りたいですねー」

魔法使い「やめて…」


23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:27:59 ID:yWonvanY
勇者「ほら、自分で見てみろよ
   な?いい顔してるだろ?
   落ち込むことないだろー」

魔法使い「うー…
     こんな変な表情してないもん…
     うそのだもん…」

賢者「そんな顔しながら 魔法使いは…
   《わらひは おなざる でふ…!》
   って言ってたんですよ ふふっ」

魔法使い「うあぁあああ…!!
     どっちも消して消して消して…!!」

賢者「嫌です」

魔法使い「…
     あとで壊してやる…!」

勇者「まぁまぁ、そんな熱くやるなよ魔法使い」


24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:34:20 ID:yWonvanY
魔法使い「だって!賢者が!!」

賢者「そうですよねー
   全部私が悪いんですよね
   魔法使いがこんなやらしい顔をしてしまったのも
   私が 言い間違えたせい…。
   ごめんなさい 魔法使い…。」

魔法使い「えっ…あぁ~…うん…
     顔のも 声のも
     消すなら 許s《わらひは おなざる でふ…!》
賢者「ふふ」

魔法使い「けんじゃ!!

     もう絶対に許さn《わらひは おなざる でふ…!》

賢者「ふふふ」


25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:40:07 ID:yWonvanY
《 わらわらわらわらひは おな
  わらわらひは わらひ わらひは
  お わらわらひは おなざる で わらわらひは お》

魔法使い「・・・」

《 なざ わらひは おなざる でふ…!わら
  わらひは わらひは わらひは わらひは
  おなざる で わらひは おなざ わ》

魔法使い「・・・」

《 らひは おな
  わらひは おなざる わらひは おなざる
  わらひは おなざ わわわわらわらわら

  わらひは おなざる でふ…!》

賢者「ぷふーっっっ!!!」
魔法使い「うわぁぁああああああん!!!1111111111」


26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:43:05 ID:yWonvanY
賢者「・・・
   走っていっちゃいましたね…魔法使い…」

勇者「ああ」

賢者「すこし やりすぎちゃいました」

勇者「まぁ この先の町に いるだろうさ
   
   それにしても…」

賢者&勇者「いいもん見れたなぁ…」


27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:45:13 ID:cUr8hF2w
パーティ抜けられても文句言えないレベルのひどいセクハラだwww


29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:48:18 ID:yWonvanY
勇者「…こんなに計画通りにいくとはな。
   戦士に毒盛ったかいがある」

賢者「ですねー。

   …あの顔うつった紙と 記録した声で
   私 当分 例の、世にない言葉状態になりますよー」
勇者「おれもだなぁ」


30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:49:01 ID:yWonvanY
賢者「こうやって
   魔法使いを いじめるのは
   魔法使いを おもらしさせて以来ですよね?」

勇者「そうだな。
   あの時もよかったなぁ…
   戦士に毒盛ったかいがあったわ あの時も…」

賢者「ですねー」


31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:56:20 ID:yWonvanY
勇者「次は どうする?」

賢者「んー、同じ感じで
   ザオリクを 言い間違えて
   ペニクリとかどうです?」

勇者「全然響きがちがうじゃないか はっはっは」
賢者「ですねー ふふふっ」




勇者&賢者「ああ…
      魔法使いいじるのたのしいわ」



おわり


32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 20:57:10 ID:yWonvanY
れす くれた人
読んでくれた人
ありがとありがとー


35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 21:07:40 ID:UYMiQw.M
ちなみに性別をだな


36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 21:34:07 ID:yWonvanY
>>35
勇者は男
賢者は女
魔法使いは
ショートヘアで ひんぬーで背伸びしたい年頃で声が中性的
ってことしか想像してなかったから
性別どっちでも大丈夫そうだわ


37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 22:13:41 ID:Lnaod3B.
ふぅ

続き書いてもいいんやで(ニッコリ


38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/16(木) 22:36:29 ID:cUr8hF2w
賢者女だったんか!
しかし全員の性別がどうであろうと普通に成立するから困る


元スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1389844021/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ