Powered By 画RSS


女「俺のオナニーを見ろ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 21:19:05.81 ID:/r93pcok0
「やだよ!」

「なんでだよ女の子のオナニーだぜ?見る機会ないよ?」

「迫られて見せさせられるとかトラウマものだわ!」

本当はちょっぴり見たいけども。

「はぁ? 女の子からのエッチなトラウマとかご褒美じゃないの?」

「どういう価値観だよ!」

「むしろ『見せてください!』とか叫ぶべきじゃないの?」

「叫ぶかよ」

「っていうかこのままだと俺のプライドズタボロだぜ?どうしてくれるん?」

「そんなプライドゴミに捨てちまえ」

といって、僕はすぐ横にあった椅子へ腰掛ける

「ったくよー、見てもらえると思って折角準備してから呼んだのによー」

「なんの準備だよ」

怖いわ。

「気になるん? 見る? 見る?」




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 21:24:17.93 ID:/r93pcok0
気になる。
このバカが何を準備してたか凄く気になる。

「よし、言ってみろ」

「きゅうりだろー」

「よし、もういい」

何を準備してるんだこいつ!
何をどうやって使うんだよ!食べるのか!

「は? 食べるわけ無いじゃん。入れるんだよ!」

「馬鹿か!」

「うっせえなヘタレ!」

「関係ねーだろ!」

「女のオナニー前にして襲わない奴はヘタレだぜ?」

「襲えるか!」

こんな口調していても、こいつは凄く華奢で、触ると折れそうな奴で。
というかロリで。

「お前なんか襲ったらムショ行きだぜ!」

「コロスゾ」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 21:28:01.09 ID:/r93pcok0
なーなー、と続ける

「ほんとうに見ないん?調子乗ってるん?」

「どうして調子乗ってることになるんだよ!」

「なんかテンション高いから」

「お前のほうが高かっただろ・・・・」

いきなりオナニー見ろ、なんて言う奴が今更テンション気にしてきたのが吃驚だよ。

「あ、そうだ。お前きゅうり出せ」

「え? 何、俺に入れるのか!変態!」

「んなわけねーよ!」

と、取り出してきたきゅうりを取り上げ、齧り付いた。

「喰うなよ!」

「いや、お前マジでこれ入れる気だったから」

「俺の唯一の武器がー!」

「武器って」

何と戦うつもりだったんだよ、こいつ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 21:34:33.26 ID:/r93pcok0
「兎に角、だな」

「何、そろそろ見るか?俺のオナニー!」

「見ねーよ!」

「指で十分だぜ!」

「指も食ってやろうか」

「カニバリズムや!」

「ほれ!じゃあ指出せ!」

というと、素直に指を此方に突き出してきた。
そして一言

「なめろ!」

「食うって言ったんだけど」

「しゃぶれよ、ほら」

「それ男の台詞じゃね?」

「ああもう五月蝿いな!」

その五月蝿い口を塞いでやる、とかいって
僕の口に指を突っ込んできた。


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 21:41:42.94 ID:/r93pcok0
「なにふんは!」

指を突っ込んだままの口では、反論の意も、虚しく聞こえる。

「わー、こいつ指しゃぶってるよ」

「はやくふぁせ!」

早く出せ、といったつもりだけど、やっぱり何言ってるか分からない。
自分で取り出そうにも、僕が座っている椅子、キャスター付きで、取り出そうと抵抗すると動くのだった。

「俺の指が食われるー」

「くわふぇてふんふぁふぉ!」

しかし、まあ意外にもというべきか。
やっぱりというべきか、女の指は、小さくて、スベスベで。
口に含んでいても何ら嫌悪感は感じなかった。

「・・・・・・・・・・」

「お? どうしたの? 抵抗しても俺に勝てないというのがわかったか?」

軽く噛んでみた。

「ひゃ! ちょ、何すんだよ男!」

「いや、美味しいかなって」

最初の目的は喰う、だもんな。


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 21:45:39.52 ID:/r93pcok0
「気持ち悪いわー、男」

オナニー見ろって叫んだ奴には言われたくなかった。
っていうか言うな。

「しっかし、うえー、唾液まみれ。きたねー」

「汚いとか言うなよ!」

お前が突っ込んできたんだろ!

「突っ込む・・・・・・?」

「そこに反応するなよ」

「何処に突っ込むんだ!」

「お前が突っ込んできたんだよ!俺の!口に!指を!」

「過去の話じゃないんだよ、男」

「いつの話だよ、女」

「これからの話だ」

「これからの話か。これから僕はお前の部屋を出て、帰る、それだけだ!」

「はぁ? 今から夜通しエッチだろ!」

「何いってんだこの尼」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 21:49:34.46 ID:/r93pcok0
「まあまあ、取り敢えずほら、座ってオナニーしようぜ」

「違う、僕はしない。するのはお前だったろ」

「レッツプレイ!オナニー!」

「巻き込むな!」

生粋の変態だ!
同じ枠に入りたくない!

「ねー、本当に見ないつもりか? 男」

「見ねーよ」

「男が廃るぞ?」

「廃らねーよ」

「男を捨てるぞ!」

「捨てねーよ!」

しかもお前は男を拾ってるだろ!

「男を拾うって・・・・うわ、ビッチっぽい」

「ビッチじゃん」

「処女だし、ちげーし」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 21:53:26.54 ID:/r93pcok0
「今日は男のためにミニスカ履いたのに・・・・」

「オナニーのためだろ」

しかし、でも本当に、滅多に履かないスカートだな。
いつもはホットパンツ系なのに。

「オナニーしやすくてエッチしやすいって聞いたしな」

「誰にだよ」

「エロ本先生」

「お前は男かよ!」

お前のその性格は根っからなんだな!
普通女の子は買わねーよ!エロ本!

「買うでしょ、女の子も」

「見たことねーよ」

「友達少ないん?」

「それカンケー無いだろ!」

「外に出ないのか」

「それで納得するな。ちゃんと出てるわ!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 21:57:31.26 ID:/r93pcok0
全く。
突っ込みしっぱなしだよ。

「さて」

話が途切れて、少し間があいた今。
突然、女は上に着ていたTシャツを脱ぎだした。

「ほれ」

「ほれじゃねーよ」

「今日はブラ付けてねーぜ」

「知ってたよ」

透けてたもん。乳首

「あー、今日暑いなー!」

「クーラーついてるだろ」

しかも設定温度18度。
地球のことはお構いなしである

「ちょっと暑くてムラムラするわー!」

「あ、お前とうとう無理やり見せつける気か!」

変態め!


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 22:01:27.26 ID:/r93pcok0
「もうおっぱい見てるんだからな、逃げたら通報」

「通報!?」

僕が何をしたって言うんだよ!

「強姦致死」

「してねーし殺してねーよ!」

「お前がでってった瞬間、死ぬ」

「どんな決心だよ!」

いらねーよ

「ほれ、くぱあ!」

「くぱあ、じゃねーよ」

女は座っているベッドの上で、股を開き、本当にくぱぁしていた。
くぱぁしていたって変だけど。
それが一番伝わるだろう。

「まだ毛が生えねーんだよなー」

「その年にしてそんなわけねーよ、剃ってるだけだろ」

「バレたか」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 22:07:48.56 ID:/r93pcok0
僕は冷静を装いつつも、女のモノを見て、確実に興奮していた。
マジでこいつ止めないと、直に襲いそうである。

「うーん、これ指入れたら気持いいのか?」

とか、一人呟いて、女は穴に、指を入れ始めた。

「っていうかお前オナニーしたことねーのかよ」

「うん、お前の前で初めてを・・・・・・」

「そんな初めていらないわ!」

喋りながらも、女は少しずつ、指を沈めていった。
漏れると息が、少しずつ淡いピンクのような、艶めかしい声に変わる。
一言で、エロい。

「ちょ、おい、いい加減に止めよう」

ぜ、と言おうとするとき

「ん? 入らない?」

と、遮られる。

「いや、入るだろ・・・・うん、入れよう。っ・・・・・・・」

ズブッ、と音が聞こえそうな勢いで、女は指を入れ。


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 22:14:38.49 ID:/r93pcok0
「痛っ・・・・・・」

と、声を出した。

「おい、大丈夫か」

と、堪らず声をかける。
でも、近寄れない。襲ってしまいそうで。

「あ、これ処女膜か? やべーな、少し傷つけちまった」

へへ、と笑いながら、俺に言う。

「やっぱいてーんだ」

「大抵痛いもんじゃないのか? そう聞いてたけど」

「どうせエロ本情報だろ」

「バレたか」

「バレるわ」

「でも俺、友達とそんな話しないからなー」

「だろうな」

話が途切れる。
女は、また穴を弄った。
誘うように。


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 22:55:17.47 ID:/r93pcok0
ゴクリ、と生唾を飲み込む。

「なんだよ、そんなに見て、ん? 入れたいんじゃねーの?」

どうやら秘部を凝視したたらしい。

「仕方ないだろ、そんなに見せつけてんだから」

「変態め」

「お前には言われたくねーよ!」

「同族なら言っていいんじゃね」

「知るか」

どうでもいいわ

「というかさ」

と、女は話を切り替えてきた。

「そろそろ素直になっちゃいなよ? もうズボンヤバいみたいじゃない?」

薄い生地のズボンなので、張っているのがやっぱりわかったらしい

「素直にって、なんだよ」

「本能にだよ」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 22:59:23.48 ID:/r93pcok0
「大体さ」

と、続けて女は言う

「入れたい、っていうのは否定しなかったじゃんよ」

「バレてたか」

「バレバレだし」

ひひ、と、馬鹿にしたような笑いを添付してくる。
心底うぜえ

「ほら、見ろよ。ってまぁ、見てるか」

指を突っ込んだ、そこを指さして言う

「もうオナニーしちゃってグチョグチョなわけだし、準備万端なわけだけど」

「何が言いたいんだよ」

「まーだ、言わせるのかよ」

すっ、と息を吐きながら言う

「セックスしようって言ってんだよ!」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:03:53.31 ID:/r93pcok0
もうそんな事を言われて、我慢していられるほど崇高な精神力は持ちあわせてはおらず。
思春期の性欲と持ち前の明るさで、いや、明るさは要らないけど。
兎に角、ベッドの縁にいた彼女を押し倒して、マウントを取るのは
凄く、とても簡単だった。

「えー、がっつきすぎだろお前」

「うっせー、誘ってきたのが悪いんだよ」

「オナニー見るのも躊躇ってたくせに」

と、今さっきと同じような、馬鹿にする笑いを後に続ける。
仕方ねーだろ、盛ってんだ

「こういう時なんて言うの? 始めるときっつーか」

「いや、エロ本見まくってるお前のほうが詳しいんじゃないの」

僕はそんなの知らないよ

「あー、そうかなー」

「そうだぜ」

「あー、じゃあほら」


「優しく、してね?」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:10:22.20 ID:/r93pcok0
何で疑問形なのかには突っ込まず、代わりに自分のモノを彼女の秘部へと押し当てる

「優しくしろっていったじゃん・・・・」

「限界だし」

「もー」

普段言わないような言い方で遺憾の意を示す女は、いつも以上に可愛かった。
本当、近くで見ると

「お前、相当に可愛いよな」

「ばっ、何いってんだよ」

慌てる慌てる。
普段から一人称が俺、荒い口調、ボーイッシュな服装な彼女は、まあそのスタイルも依然として可愛いんだけど。
スカートはいて、可愛い口調にすると、全然、超可愛くなるのだった。
ちっこ可愛い。

「ちっこいは余計」

「そう? チャームポイントじゃない?」

なんて言いながら、優しく、という言葉に沿うように、彼女の乳房に手をやり、優しく撫でた。

「んっ・・・・ふっ・・・・・いいんじゃないの」

「普通に良いっていえよ」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:16:24.52 ID:/r93pcok0
「やーだ」

なんて言うもんだから、僕にちょっと火がつく。
普通に気持ち良いとか言わせてやろうじゃないか、みたいな
そんな気持ちの火。

「わ、おま、やめっ」

と言ってる女を横目で見つつ、というか横目でしか見えない位置に居た。
要するに、乳首を舐めるという行為をしているのだ。
自分が弄んでいるようで、軽く優越感を覚える。

「ふっ・・・・・あっ・・・・・・・・んんっ」

気持よさそうに、漏らす声は、やっぱり僕を興奮させる。
早く入れちゃいたい気持ちは存分に有るのだけど、
押さえて、弄る。

「んっ・・・・も、やめっ・・・・・・んふぁ」

「気持ちいいっていったらやめる」

一瞬乳房から顔を上げて言う

「き、気持ち良い!」

脊髄反射のような速さで声が帰ってきた。

「くそー・・・・・気持ちいいっていっちゃったよ・・・・・」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:20:28.97 ID:/r93pcok0
何故か女は悔しがる。

「あーも、本当、俺が考えてることわかってねーな」

「あ? どういう意味だよ」

「気持ちいいとか、いく!みたいなのは、初合体で言うべきだろ!」

堂々と宣言してた。
と言っても僕の下でだけど。
寝ながら、拳を高々と掲げて

「ソッチの方が!エロい!」

「そうだな」

と、生返事を返す。
ちゃんと突っ込みをくれなかったのが不満のようで、口を膨らませているのが可愛かった。
っていうか口膨らますなんてやるのかよ。死語ならず死モーションレベルだぞ。

「可愛いからいいじゃん」

「かわいいって思ってたのか」

「違うってのか?」

「違わないけど」

恥ずかしい会話だった


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:25:52.10 ID:/r93pcok0
「あー、もう限界」

と、女は言う。

「奇遇だな、僕もだ」

「早く入れてよ」

「ゴムとかは?」

「初めては生でいいじゃん」

「知らねーぞ」

「せ」

言葉を続けようとした彼女の膣口に、僕は言葉を遮るようにして棒を充てがった。
周囲を棒で、ぬるぬると弄る。

「ひゃっ、んんっ」

身構えてなかったからか、さっきよりも大きい声を出して、喘いだ。
興奮する。

「入れるぞ?」

「んっ・・・・・早く、してよ」

ほんのり赤みを帯びた顔を確認して、僕は、膣へと、肉棒を挿入し始めた。


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:31:06.58 ID:/r93pcok0
生温かくて、ぬるぬるとした膣は、確かに気持ちが良かった。
が、それ以上に

「うわ、狭い」

「も、んく、いうなっ」

苦痛なのか、快楽かに、顔を歪めた女が言う。

彼女は、先述したとおり、小さい。
そして比例するように膣も小さかった。

「一気に入れたほうがいい?」

「う、ん、そうして」

はぁ、はぁ、と吐息を漏らす彼女

僕は、一気に肉棒を膣奥へと押し込んだ。

「いっ、た、っ」

案の定、痛みの声を漏らす。
指で痛かったのだ。痛くないはずがない。

「いた、いけど、動いていいよ。気持ちよくなろうぜ、!」

無理やり出した声だというのが分かるけど
その言葉には逆らえず、というか、腰を振りたい衝動に逆らえず。
一心不乱に腰を振り始めた。


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:36:55.55 ID:/r93pcok0
「んんっ、あっ、んっ、っ、っ、んっ、、」

甘い吐息と、二人の汗の匂いがこの部屋を包む

「んあっ、きも、っ、ちいいよ、っ」

エロ本で読んだであろう台詞を、喘ぎ声に織り交ぜてくる。

「無理して言わなくていいんだからな」

「んっ・・・・あっ、でも、本当にきもちいいんだぜ、っ」

何故か、うれしくなる。
僕で気持ちよくなってるのかー、とか
そんなところなのだろうけど。

「んっ、っ、あっ、んんっ、んんっ、んっ」

喘ぐ女が、自分に抱かれている、という事実が、これ以上無い喜びなのかも知れなかった。

「んっ、男も、きもち、いい?」

と、女が聞いて来る。
当たり前だろ、と、返すと。

「嬉しい」

と、その言葉だけはハッキリと、僕にきちんと伝わるように、言ってきた。


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:40:57.00 ID:/r93pcok0
その言葉に、僕は悪乗りする。
じゃあ、と

「体位を変えてみようよ」

そう言って、彼女を俯せにした。

「何すんだよ・・・・」

と、不安そうな声を漏らす女に
そっと後ろから肉棒を入れた。

「んあっ」

今回も不意打ち。
まさかこんな体制で入れられるとは思わなかっただろう彼女は、ビクっと、身体を仰け反らせる。

「こ、この体制でやるのかよっ」

「うん」

やるよ、と言って、腰を振り始める

「んっ、あっ、んっ・・・」

先ほどと同じような声を彼女も上げ始めた。
艶めかしい。

後ろ姿も、相当にエロい。


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:47:56.69 ID:/r93pcok0
ぴちゃ、ぺちゃ、という水が弾ける音と
パン、パン、という規則性のある音が一帯を支配する。

もう、この部屋は、僕達だけの空間だった。
生暖かい、空間。

「んっ、あっ、んっ」

出し入れするリズムと同じように、女も喘ぐ。
気持よさそうに。
色っぽく。

「イキそう」

と、彼女は言う

「僕もそれなりに」

と返事する。
じゃあ漫画みたいに、一緒にイこうよ、と彼女はまた返してきた。

「出来るの?」

「うん、我慢するから、っ、イくとき、言えよっ」

「わかった」

その言葉から、7,8回往復出し入れした後
オーガニズムの波が僕を襲ってきた。


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:53:13.48 ID:/r93pcok0
そろそろイキそうだ、という旨を彼女に伝える。

「じゃあ、せーのでイこ、っ」

「わかった」

「せー、のっ」

ピストンを、早くする。
そして、迎える絶頂。
ドクドク、と、命の原始が流れだすのを感じる。

それに呼応するように、彼女の膣もビクっ、ビクっ、と痙攣した。

「ふぁ・・・・・・・・」

走り終わった後のような息を漏らし、ぐったりとそのまま顔を下ろした。
相応に、彼女も疲れたようだ。

「きもちよかった、ぜ」

ちょっと顔を此方に上げて、そう言ってくる。

「僕もだ」

と、若干目を空しつつ、言葉を返す。

「あーあ、中出しだぜー?」

「わかってるわ」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/21(木) 23:57:06.70 ID:/r93pcok0
「今さっき言おうとした言葉、言っといてやる」

「何?」


「責任、ちゃんと取ってよね」

いつもの男勝りな言い方、声ではなく。可愛く、守ってあげたくなるような彼女の声に

「はい」

僕は、そう答えるしか無かった。

「さて、もう此処迄ヤッちゃったけど?」

「はい」

はい、しか言えない。未だベッドでぐったりしてる相手に。

「どうする?」

「どうするって言われましても」

付き合う?とか言うと

「結婚しようぜ!」

そんな返事が帰ってきた。


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 00:00:19.56 ID:IswJAoNr0
ぐるっと、うつ伏せの状態から、一回転して、いつものように、最初のように座る。

「もう付き合うとか安っぽいのじゃいけねー!」

「だからって結婚って」

「婚姻届出すだけじゃん!」

「いや、そうだけど」

「二人とも婚姻届出せる年齢!」

「親の同意がいるぜ?未成年」

「そう思って貰っといた」

「何してんだ!」

僕の親は何してんだ!
僕にはそんな言葉一回も言ってないぞ!

「ほら、あとは男のサインだけ!」

「え、いや」

「にげんの?」

「に、逃げませんけど」

「じゃあ、書け」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 00:05:14.91 ID:IswJAoNr0
そう言われ、ペンを受け取り、僕は、婚姻届へとサインした。
悪魔の契約書にサインした気分である。

「これで今日から男の妻か」

「まだ役所へ出してないから」

「今から行くぞ!」

「今から!?」

結構遅いぞ、今。
夕方、5時に差し掛かるくらいだ。

「善は急げ!」

「善じゃねーよ・・・・」

「それとも嫌なの?俺との結婚」

「ん、嫌じゃないけど」

「じゃ、行くぞ!」

まだ二人とも素っ裸なのだが。
裸の誓い、みたいな感じだ。


こうして、僕らは、なし崩し的に、婚姻届を役所へ提出することになったのだった。
                                                        ~fin~  


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 00:08:09.46 ID:pM+9YrDg0
良作!乙


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 00:08:35.03 ID:iY35sHB40

良いオカズだった


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 00:13:28.19 ID:IswJAoNr0
今回、地の文あっても読めるSS出来るかと、試験的に書いてみたのですが、読めたなら幸いです。

此処迄お付き合いいただき有難う御座いました。





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「男女」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ