Powered By 画RSS


【モバマス】聖徳太子「ええい、私は摂政だプロデューサーだぞ」【クロス】

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 20:37:09.64 ID:IgESX7N10
ギャグマンガ日和とモバマスのクロス

聖徳太子「ええい、私は摂政だプロデューサーだぞー」

太子「頭が高いわ。ほれ、頭を下げい」

凛「なんかむかつく。とりあえず叩こう」

太子「おまぁー!」

凛「今良い音なったかも…もう一発」

太子「あぁん」

凛「気持ち悪…来たの間違いだったかも」

太子「ちょっと待ちなはれあんた、気持ち悪いってなによ。私は摂政でプロデューサー。ダブルで偉いんだぞ?もっと敬いなさ―い。」




3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 20:38:24.36 ID:IgESX7N10
凛「ちひろさん、プロデューサー変えてくれない?」

ちひろ「ええ、じゃあこの人はどうかしら?」

クマ吉「ぐへへ…はっ、変態じゃないよ。仮に「却下」」

凛「もっとましな…そう、私をスカウトしてくれた人とか。」

太子「へーい、呼んだ?」

凛「あんただったの!?」

太子「へーい、お手」

凛「邪魔!」

太子「ぎゃあ!!」

ちひろ「あ、あのね、凛ちゃん…その人も立派なプロデューサーさんよ?」

凛「何処の世界にジャージのプロデューサーがいるんですか!」



4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 20:39:06.82 ID:IgESX7N10
太子「ここに」

ちひろ「いるわよ?」

凛「話がかみ合わねー!!」

太子「しょうがないなー全く」

凛「え、少しは真面目にプロデュースする気になったのかな」

太子「妹子はツナが好きだったから…凛はこれかな?」

凛「え、何かくれるの?」

太子「ほれ、ほれ!」

凛「これって…ただの骨じゃねーか!」

太子「え、だめー?だって、君イヌみたいだし、私わんちゃん好きだし」

凛「私帰るね。」

ちひろ「ま、待って…ああ見えてあの人、とっても凄い人なのよ?」



5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 20:40:56.80 ID:IgESX7N10
凛「ただの不審者じゃないの?」

クマ吉「ちょ、通報しようとしないでよ。そんなことされたら僕もうアイドルのパ」

凛「こっちのプロデューサーは人じゃないし」

ちひろ「彼、小野妹子のプロデューサーでもあったのよ」

凛「え、小野妹子ってあの?」

太子「どれ、得意な妹子のものまねでも一つ」

凛(意外と多芸なのかな?)

太子「お正月は、お芋しか喰わねえ」

ちひろ「あはは、凄い似てますよ。」

凛「今のが!?」

太子「チェッ うるさいなぁ全く・・・プロデューサーなんてやめてやるよ!」

凛「やった!」

太子「そうだ、今日からビバリーヒルズ太子と名乗りアイドルとして一大旋風を…」

ちひろ「じゃあ凛ちゃんがプロデューサーさんね。」

凛「なんで!?」



6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 20:43:33.59 ID:0IKuV4ED0
妹子アイドルだったのか・・・


7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 20:43:52.03 ID:IgESX7N10
太子「そういえば、最近妹子みないな…摂政の私ばかり働かせおって…」

太子「それにここどこだ?」

太子「まったく、摂政の私を一人にするなんて…帰ったら、特製落とし穴で…」

太子「あーあ、もう法隆寺に帰るか― そうだ、凛も来る?」

凛「え、法隆寺ってあの?」

太子「良いお土産を用意するなら、招待してやっても良いぞ?ちょっと変な匂いするけど」

凛「ムカつくから遠慮するね」

太子「アイドルとのまくら投げ楽しみにしてたのにぃ~」

凛「そんなにしたいなら…フンっ!」

太子「ポピー!!」

今日のポピー アイスランドポピー 花言葉「慰め」



8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 20:44:31.64 ID:IgESX7N10
太子「骨が目に…大腿骨が…おのれ…」

凛「大げさな…あ、血が出てる。あんたがやりたいって言ってたじゃん。」

太子「それならこっちにも考えがあるんだぞコラァ!思い知れ!湯のみマッスルアタック!!」

凛「きゃっ...あ、避けれた」

太子「はやおーっ!!」

凛「ふふっ…」

太子「もう許さん・・・マジで許さん」

凛「え、今のはあんたの自業自得じゃないの?」

太子「黙れ!私の辞書に自業自得なんて言葉は無いんだ!」

凛「何て自分勝手な辞書なの!?」

太「自分勝手なんて言葉も無い!」

太子「さっきから馬鹿にしおって、摂政を舐めるなよ。くらいやがれ、超必殺 飛鳥文化アターック」

太子「飛鳥文化の重みを知れ―!!」

凛「なにそれ、あ、意外と避けれた」

太子「あ、避けられた背中痛-っ!!」

ぐらっ



9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 20:45:30.49 ID:IgESX7N10
ちひろ「まずい!」

凛「何が!?」

ちひろ「この事務所…私が横領したお金の残りで建てたから、中身スカスカなのよ。」

凛「スカスカ!?」

太子「この骨と違ってな」

凛「どうでもいいよ。そんな情報!」

ちひろ「じゃあ私は先に脱出するわね。アデュー!」

凛「え、じゃあ私も早く逃げ…」

ガシャーン!



10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/22(水) 20:46:32.13 ID:IgESX7N10

・・・
・・


太子「私は…諦めないぞ。頑張ってプロデューサー続けてみるよ。」

凛「やめて」



短いけど終わり


12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/24(金) 04:42:38.77 ID:D+4RbUjSo
懐かしいな…乙


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390390629/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ