Powered By 画RSS


塞「みんな大変! 胡桃にバッテリー寿命がきたみたい!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:15:58.98 ID:jRN8iMQW0
 ――昼 岩手>宮守女子 麻雀部室


胡桃「」

エイスリン「クルミ! オキテ!」

塞「うぅ……だからあれほどシロで充電するときは
   体のシロ成分が全部ぬけてからにしろって言ったのに!」

白望「……」

姉帯「充電しながら電力を使うと長持ちしないもんねー……
    携帯電話の電池とかとか……うぅ」

白望「……」

白望「……」

白望「え……?」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:21:54.04 ID:jRN8iMQW0
エイスリン「ク、クルミ……シンジャッタノ?」

塞「そ、そんなはずない! こんな所で死なせたりなんかしないから」

塞「確か充電池を復活させる方法がいくつかあったハズ
   諦めるのは それを試してからでも遅くないって」

姉帯「じゃ、じゃあじゃあ! 私がやふーで検索してみるよー」

白望「……胡桃」

白望(いつものように膝の上で充電してたはずの胡桃が突然
    糸を切らした人形のように前のめりに傾き
     今はうつ伏せのまま倒れ伏せている)

白望(死んだ……? 充電のしすぎで?)

白望「……」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:25:58.87 ID:jRN8iMQW0
塞「で、でも念のため救急車も呼んでおこう」

 >ピッ、ピッ

塞「あ、もしもし! ――」

エイスリン「シロー……クルミ……クルミガ……」

白望「……」

胡桃「」

胡桃「」


胡桃(……や、やべー どうしよう)


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:31:11.42 ID:jRN8iMQW0
胡桃(ちょっとしたドッキリのつもりでエイちゃんと
    打ち合わせしたのに 私の演技が上手すぎたのか
     仕掛け人のエイちゃんまで 私が死んだと思ってるし)

胡桃(いやでもおかしいでしょ! 充電のくだりで気付いてよみんな!
    分かるでしょ普通は! そこでネタバラシの予定だったのにー!)

胡桃(と、とにかく もう我慢できない!
    救急車ならまだキャンセル効くだろうし 起きるなら今しか――)

白望「胡桃……」

白望「っ……胡桃……ゴメッ……ン……ゴメンナサイ……!」

エイスリン「シロっ……ナカナイデ? わ、ワタシモ……グスッ……ナキナクナルヨ……!」

姉帯「う、うえーん! クルミー! クルミ死んじゃやだー!」

胡桃(あ、これ起きるの無理だわ)


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:35:22.46 ID:jRN8iMQW0
塞「諦めないでよみんな!」

姉帯「だってー、だってぇー……」

塞「もうトヨネ! それ貸して 私が探すから」

塞「えっと……十円硬貨で電池を挟むのが一般的な方法だから
   この状況で見立てるとすれば 胡桃を私達みんなで挟めばいいみたい」

胡桃(えっ)

塞「ほらみんな床に寝そべって! みんなで胡桃をギューッとするの!」

エイスリン「ウン……ワ、ワカッタ! ヤル!」

白望「胡桃……」

姉帯「が、がんばるよー」

胡桃(あわわわわ!!!)


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:40:37.17 ID:jRN8iMQW0
白・姉・エ・塞「せーの!」

 >ギューッ

胡桃(にゅああ゛ああ゛!!!?? 痛い痛い! 潰れる潰れる!)

 >ギューッ

胡桃(あ、でも おもちがいい感じに柔らか以上にやっぱり痛い!)

 >ギューッ

胡桃(あ、ヤバい 寝ころんでるのに頭クラクラしてきた)

胡桃「」

 >ギューッ

胡桃「」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:43:15.33 ID:IO/rQrnW0
胡桃ちゃんそこ代われ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:43:43.27 ID:9HX7z8ac0
おもちに挟まれて死ぬなら本望です


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:45:35.12 ID:jRN8iMQW0
塞「……ダメか」

エイスリン「ト、トヨネー……クルミ オキナイヨー……」

姉帯「うん……うん……どうしよー」

胡桃「」

胡桃「」

胡桃(――はっ いま一瞬意識トんでた!)


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:50:29.59 ID:jRN8iMQW0
白望「そんな……ウソだ 胡桃……くるみ」

塞「ま、まだ方法はあるって! 諦めんなシロ」

胡桃(や、やばい……次なにかされたら
    ほんとに死んじゃうかも……)

塞「――あぁもう見つからない! なんで……?」

塞「なんでよぉ……やだ……やだぁ! 胡桃がいなくなるなんてグスッ……絶対いやっ」

胡桃(私もイヤだからそんな反応しないでよホント! 逆に起きにくいの!)

姉帯「あ、あのあのみんなー?
    ……一つ思ったんだけど 聞いてくれるかな」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:54:33.66 ID:jRN8iMQW0
エイスリン「トヨネ?」

姉帯「電池って先端が剥き出しになってるよねー?
    でもさっき 私達とくっていてた胡桃は
     服を着てたと思うんだー」

胡桃(えっ)

塞「そ、そっか! 胡桃の服が 私たちと胡桃の接触を邪魔する
   絶縁体になっていたのね!」

胡桃(いやその理屈はおかしいって!
    私とシロは服を着たまま充電できてたって前提なのに!)

塞「じゃあみんな! 急いで胡桃をスッポンポンに剥きましょう!」

胡桃(ギャー! 待って待って待って! シロじゃないけどちょっとタンマ!)


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:56:10.37 ID:MF/2/3+20
ガタッ


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:57:29.13 ID:mlVE6ElA0
撮影は任せろーバリバリ


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 20:57:48.73 ID:Db6QFhGV0
こ、これは見たい……


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 21:00:17.53 ID:jRN8iMQW0
白望「まって」

エイスリン「エッ」

白望「は、ハダカなら 私がなる」

塞「……え!? なんで!?」

白望「だって……く、胡桃がグスッ……充電充電って
    っふぇ……ただ甘えてた、だけ……なのに グスッわたし……胡桃が好きだったから」

白望「胡桃の気持ち利用して……いつもくっついて……っう
    だから……責任、とらなくちゃグスッ……私のせいヒックだから」

塞(あっちゃー……)

姉帯(あわわわ、あわわ)

姉帯(ど、どうしよー シロがガチ泣きしちゃったよー)

塞(こ、ここで逆ドッキリはオシマイってなる予定だったのに……
   やっぱり何も知らないシロで臨場感をだそうとか考えないで
    最初から仕掛け人に引き入れればよかった……)

エイスリン「アワワワワ……!」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 21:05:13.35 ID:jRN8iMQW0
胡桃「ご」

胡桃「ごめん!」

白望「え……?」

胡桃「実はドッキリだったの! ごめん!」

白望「……」

胡桃「死んだとか 充電切れとか一切ないです!
    許して! シロ! 何でもするから!」

白望「……よ」

胡桃「……」

白望「よかった……胡桃 生きてた……?」

白望「よ、よかった…… よかったよぉ……」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 21:10:42.16 ID:jRN8iMQW0

――
―――


白望「何か言うことは?」

エ・塞・姉「ゴメンナサイ!」

白望「謝る相手が違うよね」

エ・塞・姉「クルミゴメンナサイ!」

胡桃「いや自業自得だったから 私は別に」

姉帯「ごめんね……昔テレビで見てずっと憧れてたから……
    つい悪ノリしちゃったんだ……」

エイスリン「マタヤリタイ!」

白望「……」

エイスリン「ジョ、ジョーク! ニュージーランドリアンジョーク!」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 21:16:10.79 ID:jRN8iMQW0
胡桃「あ、そういえば救急車は?」

塞「あんなのフリよフリ コールボタン押さずにしゃべってただけ
   うん、はい……ごめんね シロ」

白望「……いいよ、トヨネも許す 塞も許す
    エイスリンもかろうじて でも」

白望「胡桃は許さない」

胡桃「えっ」

白望「だから、さっき 何でもするって言った責任
    取ってくれるよね……?」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 21:23:50.44 ID:jRN8iMQW0
胡桃「え! それはその……!」

白望「ただ質問をさせてもらうだけ 返答の内容は強制しない――だから」

白望「……胡桃が私のことをどう思ってるか 聞かせてほしい……」

胡桃「……」

胡桃「す、好き! 私だってシロのこと――だって」

胡桃「充電地が求めてるのはいつも! 専用の充電器だからね!」

塞(その返事はないわー)

エイスリン(ナイワー)

姉帯(わースゴいよー 告白シーンを肉眼でみたの生まれてはじめてだよー)

白望「ふ……ふふ」

胡桃「な、なんで笑うの!」

白望「胡桃らしいなって――じゃあ、よろしくね 胡桃」

胡桃「うん! よろしくシロ!」



カン!!!!


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 21:30:12.99 ID:Db6QFhGV0
宮守は可愛いなぁ乙!


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28(火) 21:43:11.70 ID:mlVE6ElA0
乙乙


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390907758/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ