Powered By 画RSS


P「千早で遊ぼう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:38:37.27 ID:LMVYvrPn0
P「何して遊ぼうかな」

P「よし、>>4でもしよう」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:39:28.10 ID:1d4gc1PF0
ねこじゃらし


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:39:35.19 ID:c1V+CMdY0
搾乳


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:39:55.07 ID:mkf+/l1b0
くっ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:46:13.32 ID:LMVYvrPn0
千早「ぷ、プロデューサー…?」

P「ううむ…」サワサワ

千早「あ、あの…」

P「出ないなぁ」ペタペタ

千早「くっ…」

P「ん?出ないのは胸のことじゃないぞ?」サワサワペタペタ

千早「どういうことですか…?」

P「おっぱいが出ないなって言ってるんだ」クリクリ

千早「んあっ…一緒じゃないんですかっ…?」

P「違うよ」サワサワ

千早「っていつまで触るつもりですか…!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:51:12.01 ID:LMVYvrPn0
P「もうちょっと強めに…」ギュニュッ

千早「んんっ!」ビク

P「うーん…」ギュニュギュニュ

千早「いたっ…プロデューサー…ちょっと…!」

P「出ないな」

千早「プロデューサー…やめて下さい…!」

P「いっそのこと吸ってみるか…!」スル

千早「え…?あ、ちょっと…!」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:52:59.81 ID:LMVYvrPn0
P「はたかれた」

P「触るのはありなのに、脱がすのはダメなのか…」

P「よく分からん」

P「結局乳は出なかったし」

P「次は何して遊ぼう」

P「>>16でもしようか」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:53:32.23 ID:Iwio+wk30
豊胸


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:53:46.20 ID:mkf+/l1b0
くっ


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:00:21.94 ID:LMVYvrPn0
千早「プロデューサー…?」

P「どうした?」ムニムニ

千早「どうしてまた胸を触るんですか?」

P「ダメなのか?」フニフニ

千早「普通はダメだと思いますが」

P「そっか」フニュフニュ

千早「んっ…」ピク

P「一つ訂正しとくと、触ってるんじゃなくて揉んでるんだぞ」

千早「……まあ、どうでもいいですけど」テレ

P「おっきくなぁれ、おっきくなぁれ!」フニフニ

P「くっ」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:03:02.04 ID:LMVYvrPn0
P「定期的に揉めばいつか必ず大きくなるだろう」

P「実に育てがいのあるおっぱいだな」

P「次は>>22をしよう」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:06:27.43 ID:Y41XzBF60
犬を相手にするが如く頭全体をなでなで


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:11:55.75 ID:LMVYvrPn0
P「よーしよしよし」ナデナデ

千早「プロデューサー!?今度は何ですか!?」

P「かわいいなぁ」ナデナデ

千早「や、やめてください…!」カァ

P「髪はさらさらで撫で心地最高だし、照れ顔の千早可愛すぎるぞ」ナデナデ

千早「撫ですぎですプロデューサー…!」

P「ええじゃないか!ええじゃないか!!」ナデナデナデナデ

千早「…もうっ」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:16:10.41 ID:LMVYvrPn0
P「なでなで堪能した」

P「千早もなんだかんだで喜んでたっぽい」

P「次は…>>30をしよう」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:17:26.67 ID:S1fhZ/5XP
壁テニス


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:23:13.70 ID:LMVYvrPn0
P「千早!テニスをしよう!」

千早「テニスですか…?」

P「ああ」

千早「いいですよ」

P「いよしっ!」

千早「どこでやるんですか?レッスンがあるのであんまり遠くにはいけませんよ?」

P「大丈夫!千早がいればどこでも出来るよ」

千早「どういうことですか…?」

P「こういうことだよ」ポーン

千早「ひゃっ…!」ポス

テンテン…コロコロ

P「千早、ちゃんと返してくれないと」

千早「そんなこと言われましても…」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:25:23.07 ID:a+hO5HGv0
畜生すぎるやろ


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:28:29.55 ID:CTpx3vvW0
スマッシュしたらちーちゃん怪我する


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:28:45.06 ID:TVTWNRl9P
単なるいじめじゃねえか


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:31:56.41 ID:LMVYvrPn0
P「まったく、次はちゃんと返してくれよ」ポーン

千早「え?あの!」パシ

P「こら!キャッチするんじゃない!!」

千早「では私にもラケットを渡してください!!」

P「身体で返すんだよ!身体で!!」

千早「そんなテニス聞いたことありません!」

P「大丈夫だ問題ない!」

千早「何が大丈夫なんですか!?」

P「今の千早のままでいいってことだよ」

千早「え…?」カァ

P「じゃ、も一回行くぞ~…今度はキャッチするなよー」

千早「え?あ…はい」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:35:11.14 ID:LMVYvrPn0
P「最後にはしっかり返せるようになってた」

P「さすが千早」

P「そろそろレッスンも終わるころか」

P「>>42でもしよう」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:36:12.72 ID:+mZXCAPt0
脱糞


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:46:34.51 ID:LMVYvrPn0
キュッ…ジャー

P「ふぅ」

千早「お腹の具合は大丈夫ですか?」

P「ああ、なんとかな」

千早「無理しないでくださいね」

千早「プロデューサーに倒れられたら私…」

P「大丈夫だちょっと腹を下しただけだから」

P「他はこの通りぴんぴんしてるぞ!!」

千早「ならいいんですけど」

P「千早をトップアイドルにするまで俺は死なないよ」

千早「私がトップアイドルになっても死んだらダメです!」

P「…ああ、そうだな!」

千早「約束…ですよ?」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:49:26.78 ID:LMVYvrPn0
P「千早の目の前で脱糞しようと思ったら」

P「何故かあんな展開になった」

P「…長生きしないとな」

P「次はなにしようか」

P「>>49でもするか」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:52:39.31 ID:z8WJW7md0
結婚


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:52:48.75 ID:1d4gc1PF0
小鳥さんにもらった怪しげな薬飲ませる


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:00:30.22 ID:LMVYvrPn0
P「千早」

千早「どうしたんですか?プロデューサー?」

P「レッスンで疲れたろ?これでも飲めよ」スッ

千早「あ、ありがとうございます」

P「くいっといきなくいっと」

千早「はい」クイ

P「…」

千早「う…変な味です…」

P「そのほうが身体にいいんだよ」

千早「そうなんですか」

P(さて…小鳥さんからなんか変な薬をもらったから千早に飲んでもらったが…)

P(どんな効果があるのだろうか…)

千早「ん…身体があつい…」ハァハァ

>>56 薬の効果


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:02:38.75 ID:YGXHCwPI0
Pにベタ惚れ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:02:40.00 ID:dzfvSkbyO
犬になる


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:02:44.82 ID:LnIA+Kwc0
爪が伸びる


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:15:11.70 ID:LMVYvrPn0
千早「え…?」

P「お?」

千早「プロデューサー…あの…爪が」

P「…すごく伸びてるな」

千早「さっきの飲み物…一体何だったんですか?」

P「実は俺にもよく分かんないんだよね」

千早「はい?」

P「小鳥さんがくれたものだから」

千早「なんにせよ怪しげなものですね…」

P「爪が伸びただけか」

千早「なんで少しがっかりしてるんですか」

P「いや、もっと違う効果が出るかと思ってた」

千早「変な実験を私でしないでください!」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:19:22.05 ID:LMVYvrPn0
千早「うっ…」

P「どうした!?」

千早「プロデューサーが変なものを飲ますから少し気分が…」

P「もしかしてまだ他にも薬の効果が…?」

千早「ないことを祈ります」

P「くっ」

薬の効果は他にもあった?

1 ある(その効果も)

2 ない

>>66 


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:22:31.11 ID:t8cJlKZEP
羽が生える


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:25:51.29 ID:xSiDhizX0
聴力がアップする


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:26:02.92 ID:VRHqZVWe0
爪を切った瞬間、絶頂するようになる


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:36:45.96 ID:LMVYvrPn0
千早「…」

P「…」

千早「…何もなさそうですね」

P「そのようだな」

千早「…よかった」

P「ああ…あ、爪切らないとな」

千早「そうですね…このままじゃ不便ですもんね」

P「確かここに爪切りが…ほい」

千早「ありがとうございます」

P「しかし爪が伸びるだけの薬って…どこで使うんだ…?」

千早「それに何故プロデューサーに渡したのかも気になります」パチ

千早「んあっ!??」ビクビクッ

P「ど、どうしたんだ!?千早!!」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:49:28.94 ID:LMVYvrPn0
P「大丈夫か!?」

千早「は、はい…大丈夫です…」ハァハァ

P「くそ…これも薬の効果か…?」

千早「…分かりません…ですが…」

P「ですが…?」

千早「…いえ、なんでもありません」

P「…?」

千早(…気のせい…よね…?)

千早「……」

P「どうした千早…?爪を切らないのか?」

千早「……」パチン

千早「ひぅっ!!」ビクッビクン!

P「千早!??」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 03:59:41.64 ID:LMVYvrPn0
千早「ぷ、ぷろでゅーさぁ…」

P「ち、千早…お前…なんて顔してるんだ」

千早「もう…爪…切れません…」

P「何言ってるんだ?そんなに爪が長いとアイドル活動にも支障が出るぞ!!」

千早「でも…」

P「千早が切らないなら俺が切るぞ」グイ

千早「ひゃぁ…ダメ…ダメです…!」

P「こら動くな…!危ないだろ」

千早「あぁ…ダメ…いや…!」

P「切るぞ…」パチン

千早「んああああああああ!!」ビクビクビク!!

P「!?」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 04:12:59.97 ID:LMVYvrPn0
P「千早!おい!千早!!」

千早「らめ…ぷろりゅぅさっ…もう」

P「しかし…」

千早「むり…むりれす…!」フルフル

P「でもまだ爪はあるぞ…」

千早「ああ…」

P「…すまん千早」

千早「んあっ…らめ」

P「…」パチン

千早「…っ!」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 04:28:47.11 ID:LMVYvrPn0
P「失神した…」

P「…」

P「エロい」

P「…起きたらどうしよ」

P「>>85しよう」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 04:32:34.43 ID:S1fhZ/5XP
壁ドン


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 04:33:16.58 ID:eIbHdOOQ0
濡れてる下着を変えてあげる


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 04:35:56.42 ID:S1fhZ/5XP
やよいに切らす


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 04:43:58.74 ID:LMVYvrPn0
千早「ん…」

P「気がついたか千早」

千早「プロデューサー…」

やよい「私もいますよー」

千早「高槻さん!?」

やよい「はい!」

千早「どうして高槻さんが…?」

やよい「えっと、プロデューサーから千早さんの爪を切ってくれってお願いされたんです」

千早「…!」

千早「プロデューサー…!」

P「すまん千早、俺だとどうしてもヨコシマなことをしてしまいそうになるんだ」

千早「くっ…」

やよい「う?よく分からないですけど」

やよい「さっそく切ってもいいですか?」

千早「だ、ダメよ高槻さん…!」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 04:55:12.25 ID:LMVYvrPn0
やよい「わぁ、千早さんすごく爪が長いですー!」

千早「高槻さん…自分で切れるから大丈夫よ」

やよい「でもプロデューサーは爪を切るのが辛そうだからって」

千早「だ、大丈夫よ高槻さん…!もう大丈夫だから…」

やよい「う?そうなんですか?」

P「やよい、今日は豪華なもやし祭りにしような」

やよい「ホントですか!?うっうー!千早さん!さっさと爪を切ってもやし祭りをしましょう!!」

千早「あの…ホントに大丈夫なの…だから」

やよい「あんまり爪が長いのも良くないですよー」

やよい「お料理するときとかにも邪魔になっちゃいますからね」

千早「あ…」

やよい「じゃあ切りますよ~」パチン

千早「高槻さ…っんああっ!!」ビクッ

やよい「はわっ!?」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 07:42:07.85 ID:LMVYvrPn0
やよい「ち、千早さん…?」

千早「…っ!」ビクンビクン

P「やよい…構わず切ってくれ」

やよい「で、でも…」

P「千早を早く楽にさせてあげるんだ」

やよい「わ…わかりました」

やよい「千早さん…早く終わらせますね」

千早「ぁ…ぅあ…」トロン

やよい「よいしょ」パチン

千早「んんっ!」グッ

P「うむ」●REC


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 07:51:26.18 ID:LMVYvrPn0
千早「高槻さん…」ハァハァ

やよい「大丈夫ですか?千早さん」

千早「…」ギュ

やよい「はわっ」

P「おお」

千早「…もう…我慢できない…」

やよい「ち、千早さん…?」オロオロ

千早「早く…」

やよい「え…?」

千早「早く足の爪も…お願い」スル…

やよい「わ、わかりましたー!」

やよい「わぁ…千早さんの足…スラっとしてて綺麗ですー」

千早「ふふ…ありがとう」

やよい「じゃあいきますよー?んしょ」パチ

千早「はぅんっ!!」キュ


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 08:05:27.96 ID:LMVYvrPn0
千早「っ…んっ……んぁ……っ!」ガクガク

やよい「千早さん…もう少しですから我慢してくださいね…!」

P(袖を噛んで耐えようとする千早可愛い)

P(それでも漏れてしまう嬌声がエロい…)

P(そしてその声をあげさせてるのが…やよい)

P(小鳥さんよ…あんたなんてもんを寄越してくれたんだよ)

P(今度焼き鳥奢ってあげよう)

やよい「これで最後ですよー」パチン

千早「んっ……くぅううっ…!!」キュウウウ

やよい「大丈夫ですか…?千早さん」

千早「……っ…」ハァハァ

やよい「もう終わりましたからねー」ナデナデ

千早「んっ…」コク

P(まだだよ)ニヤリ


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 08:11:25.95 ID:LMVYvrPn0
P「やよい、ありがとな」

やよい「はい!」

P「これからもやし祭りといきたいとこなんだが」

やよい「?」

P「明日事務所に大切な来客が来るっていうのを忘れてたんだ」

P「今から少しでも掃除しとかないといけないんだよ」

やよい「はわっ、そうなんですかー」

P「ああ、だから悪いんだけどやよいは応接室の掃除をしてくれないか?」

P「こっちは千早を休ませつつ掃除してるからさ」

やよい「はい!わかりましたー!!」

やよい「よぉーしっ!張り切って掃除しちゃうぞー!」

P「ありがとな」ナデナデ

やよい「えへへ」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 08:20:28.64 ID:LMVYvrPn0
P「さて…」

千早「プロデューサー…?」

P「やっぱり切るだけじゃダメだよな」

千早「…え…?」

P「ヤスリでちゃんと整えないと」

千早「あ、あの…自分で…出来ますから……っ!」

P「辛そうだぞ…?遠慮せずに俺に任せなって」

千早「んっ…これ以上されたら……っ壊れて…」

P「ちゃんと丁寧のしてやるからな」ザリザリ

千早「んっ…あっあっ…!」ゾクゾク

P「しかし綺麗な指だよなぁ」ゾリゾリ

千早「やっ…あっ…ふぁっ!」ビクッビクッ

P「さすがアイドルだよな」ジュリジュリ

千早「――っ!――っ!」ガクガクガク


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 08:28:19.93 ID:LMVYvrPn0
P「薬のせいで乱れる千早は最高だった」

P「掃除もすんだしもやし祭りも楽しかった」

P「明日は何をして遊ぼうか」

P「>>108でもしよう」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 08:33:13.46 ID:mXwp72E00
尻に顔を埋めてクンカクンカ


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 08:33:37.56 ID:PTLigaocP
腕を組んで過ごす


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 08:42:05.57 ID:LMVYvrPn0
千早「おはようございます」

P「おう、千早おはよう」ギュ

千早「え?どうしたんですか?プロデューサー」

P「ん?」

千早「ん?…ではなくて、そうして腕を組むのか説明を…」

P「嫌か?」

千早「嫌とかそういうわけじゃなくてですね…」

春香「おはようございまーす!」アマミハルカデース

千早「あ、おはよう春香」

P「おはよう」

春香「おはよう!ちは…や……ちゃん」

春香「ぅえぇえぇえ!!??何してるんですか!?二人とも!!」

千早「私が聞きたいわ」

春香「プロデューサーさん!どういうことなんですか!?」

P「どうもこうも…見たまんまだよ」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 09:14:53.56 ID:LMVYvrPn0
春香「見たまんまって…」ジー

春香「すごく仲良しさんに見えます」

P「だろ?」

千早「な、何言ってるのよ春香」カァ

春香「いいなぁ私もやりたいです!」ギュ

P「おおっと」スカ

春香「んな!?」

P「残念だったな」

春香「えい!」ギュゥ

P「ほっ」スカ

春香「やぁ!」

P「ふっ」スカ

春香「…はぁはぁ」

P「…まだまだだな」

千早「…何やってるんですか…?」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 09:22:25.42 ID:LMVYvrPn0
春香「いいもん!私には千早ちゃんがいますから」ギュ

千早「ちょ、ちょっと春香?」

春香「えへへ、千早ちゃ~ん」

P「千早、もっとこっちによれ」クイ

千早「ひゃ」

春香「わわっ」

P「うむ」

千早(プロデューサーと春香に挟まって…動けないわ)

春香「私たち仲良しに見えますかね?」

P「そうだな」

P「小鳥さんを見れば答えが分かるんじゃないのか?」

春香「小鳥さん?」

小鳥「」ダバダバ

春香「は、鼻血を出しながら…死んでる…?」

千早「なんなのかしらこれ…」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 09:29:10.40 ID:LMVYvrPn0
P「このあと美希が混ざってえらいことになったのはまた別のお話」

P「もう少し遊びたいが…千早は仕事に行ってしまったし」

P「とりあえず今日はこのくらいにしとくか」

とりあえずおわり


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 09:29:44.79 ID:LMVYvrPn0
さっきからちょくちょく意識飛んでるから寝ます


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 09:36:21.12 ID:Q5U9cOpMO
乙でござった!!


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 09:38:07.39 ID:TVTWNRl9P
上級者用のスレだと思ったけどよかったよ
お疲れさん


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 10:28:45.39 ID:1mFV51jc0
ちーちゃんはやっぱりかわいい


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390927117/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2014/01/29(水) 20:05:06

    安価が糞じゃないなんて…
    1こ文字通り糞なのあったけど


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ