Powered By 画RSS


冬馬「俺でもヒーロー」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 01:48:19.17 ID:3ZzC6KE10
翔太「ねえ冬馬くん」

冬馬「なんだ?」

翔太「冬馬くんが子供の頃なりたかったのって何なの?」

北斗「お、俺も気になるな。それ」

冬馬「なんだよ急に」

翔太「いいじゃん。教えてよー」

北斗「まさか特になりたいものもなかったのにあの歌を歌っていたのか!?」

冬馬「作詞も作曲も俺じゃねぇ!」

冬馬「で…なりたかったものだって…?」

冬馬「ヒーロー…かな…」




2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 01:51:53.25 ID:3ZzC6KE10
翔太「ヒーロー?それって日曜の朝のみたいな?」

冬馬「悪いかよ」

北斗「いいんじゃないか?冬馬らしい」

翔太「へぇー、冬馬くんにもそんな時期があったんだねー」

冬馬「誰だってあっただろ!?」

翔太「いや、ボクはない」

北斗「俺もないな」

冬馬「お前ら本当に男かよ…」


3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 01:57:31.20 ID:3ZzC6KE10
北斗「ヒーローってどんな?」

冬馬「そりゃあヒーローだもんよ。悪と闘うんだよ」

翔太「正義の鉄槌を…?」

冬馬「ああ。あとはピンチな人を助けたりだな」

翔太「へぇ。でも冬馬くんがヒーローだったらあんまり頼りないかもねー」

冬馬「どういう意味だよ!?」

翔太「そのまんまの意味だよー」

冬馬「てめ…翔太!この野郎!」

翔太「うわー、ヒーローが乱暴するよー」


4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:03:27.42 ID:3ZzC6KE10
―――――――――――

――――――

学生「あの…僕…持ってません…!」

男「持ってんだろ!?ジャンプしてみろよ!」


冬馬「(チッ…今時カツアゲかよ…さっさと止めて…)おい、」

冬馬(待てよ…バレたらまずいな…)

冬馬(すまねぇが…俺にはどうもできねぇ…)



冬馬(俺は…ヒーローになりたかったのか…?)

冬馬(じゃあヒーローってなんだ…?)

冬馬(ただ悪と闘って、それだけじゃダメだ…)

冬馬(困ってる人も助ける…でもそれじゃまだ足りない…)

冬馬(クソ…わかんねぇ…!)


6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:07:33.76 ID:3ZzC6KE10
―――――――――――

――――――

冬馬(あれは目の前で起きてたんだ!止められたはずなんだ!なのに俺は…)

冬馬(この世界には悪が多すぎる…)

冬馬(すぐに止められるはずの小さな悪も…)

冬馬「こうなったら…徹底的に悪と闘ってやる…!」


北斗「冬馬…この前のことまだ言ってるのか…?」

翔太「燃えてるねー」


7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:13:39.65 ID:3ZzC6KE10
―――――――――――

――――――

冬馬「これだけ変装すればもはや変態だな…。でも…」

冬馬「これで堂々と悪と闘えるぜ!」

―コンビニ―

男「……」スッ

冬馬(ん…?あいつ今…)

冬馬「おいアンタ、待てよ」

男「な、なんだお前は!そんな格好して!」

冬馬「今ポケットに入れたの出しな」

男「は?何を言ってるんだ君は!警察を呼ぶぞ!」

冬馬「いいから出せって言ってんだよ!」

男「ひ、ひぃぃぃぃぃ!出します出します!」

冬馬「店員さん、コイツ万引き犯だ。警察呼んでおきな」

店員「は、はあ…」


8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:20:23.30 ID:3ZzC6KE10
冬馬(ちげぇ…俺の知ってるヒーローってのは…もっと…でっかい悪と…)

冬馬(でも現実にあんな怪獣や怪人がいるわけがない…)

冬馬(やっぱり俺には…このくらいしかできないのか…)


女「助けて!」

冬馬「!」

冬馬「どこだ!?あっちか…!」


冬馬「おいアンタら!何やってんだ!」

男「あぁ!?なんだおめーは!」

男「オラァ!」ボゴォ

冬馬「痛ぇ…!(クソ…俺も…!でも…殴ったら…ダメだ!)」


9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:24:56.98 ID:3ZzC6KE10
冬馬(結局あの後、警察が来て事件は解決した)

冬馬(俺は現場から逃げたので、正体はなんとかばれずに済んだ)

冬馬(しかし…)

[謎の覆面男、女性の危機救う]

冬馬(なんて記事がちらほら…)

冬馬(どうやら盗撮もされていたらしく、俺の無様な姿もネットにアップされてしまった)


10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:27:20.01 ID:3ZzC6KE10
―――――――――――

――――――

真「これって…もしかして…」


11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:27:23.72 ID:Uy8i1cUSO
サムライフラメンコみたいだがいいなこれ


12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:31:32.80 ID:3ZzC6KE10
冬馬(それからも俺は世直しを続けた)

冬馬(何度か正体がばれそうになったが未だばれずに済んでる)


翔太「ねえ、冬馬くん。最近話題の覆面男、知ってる?」

冬馬「ああ、もちろんだぜ。まあ、あんなのはただの自己満足だと思うけどな」

冬馬(自己満足…それは俺が本当に思っていることなのかもしれない…)


冬馬(そんなことを考えながらうっかりしていた。その油断が命取りになるなんてな…)


13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:36:45.53 ID:3ZzC6KE10
―――――――――――

――――――

冬馬「クソ!放せ!」

男「ぐへへ。お前の正体暴いてやるぜ!賞金がかかってんだよ!」

冬馬「賞金首ってわけかよ…!いいぜ…ばらしてみろよ」

冬馬「金に釣られて…カッコ悪いぜ…!アンタ!」

男「う、うるせぇ!正体暴いたら裸にひん剥いてネットに晒してやろうかぁ!?」

?「やめろ!!」


14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:40:50.33 ID:3ZzC6KE10
男「誰だテメェは!?」

?「フン…貴様に名乗る名などない…」

?「人呼んで…キューティエンジェルマッコ!」

冬馬「思いっきり名乗ってんじゃねぇか!」

男「邪魔をするなぁ!」

?「やぁっ!」ドカッ

男「グホっ!」バタッ

冬馬「な、殴っちまった…!」

?「さ、逃げよう」

冬馬「お、おう…」


15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:48:21.08 ID:3ZzC6KE10
?「ここまでくれば大丈夫かな?」

冬馬「ああ…助かったぜ…」

?「まあ、961プロに手を貸すのはイヤだけど、せめてこっちでは仲良くしよう?」

冬馬「おま…!菊地!?」

真「へっへーん!可愛いでしょ?」

冬馬「似合わねぇ…」

真「なんだとー!!」

冬馬「って…お前もやるのか!?」


16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:52:25.76 ID:3ZzC6KE10
冬馬(そんなこんなで俺は菊地と組むことになった)

冬馬(二人がかりだと作業も少しは楽になるが…どうも合わねぇ…)

冬馬「おい菊地!」

真「何さ!」

冬馬「解散だ!解散!」

真「なんで!?」

冬馬「お前とは合わないんだよ!」

真「こっちだって!だけど仕方なく…」

冬馬「こっちから頼んだ覚えはないぞ…」


17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 02:56:31.19 ID:3ZzC6KE10
冬馬(菊地と別れた後も俺は世直しを続けた)

冬馬(しかし芸能活動も更に忙しくなり、覆面男の出没率は減少していた…)


北斗「最近、この辺り平和じゃない?」

翔太「覆面男効果じゃない?」

冬馬「ま、まああいつもなかなか頑張ってるんじゃねぇか?」

冬馬(自画自賛とか…カッコ悪ぃ…)

冬馬(でも平和になっているのは事実だし…少しくらい自分のことを褒めてやってもいいか)


19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:01:51.16 ID:3ZzC6KE10
黒井「ライブだ」

冬馬「ライブ!?」

黒井「アイドルジャムのステージで歌うだけだがな」

冬馬「すげぇ!アイドルジャムっていったらあの!」

北斗「実力派アイドルが終結するというあの!?」

翔太「すごい!やったね!」

黒井「フン、当然のことだ」

冬馬(ライブが控えてる…しばらくは世直しも休まないといけなくなるかもな…)


20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:07:08.67 ID:3ZzC6KE10
―――――――――――

――――――

冬馬「もうすぐだな…俺たちのステージ…緊張してきたぜ…!ちょっと体動かしてくる」

翔太「行ってらっしゃーい」

北斗「あんまり無理はするなよ」



女の子「キャア!放して!」

男「大人しくしろ!」


冬馬「嘘だろ…」

冬馬「誘拐…?」

冬馬「クソ…!覆面は家だし…ってそんなこと言ってられるかよ!」

冬馬「待て!!待ちやがれ!!」


22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:15:23.46 ID:3ZzC6KE10
冬馬「クソ!どっち行った…」

アレトウマクン…? ナンデコンナトコロニ? キョウッテステージガアッタンジャ…?

「あっちです!」

「そこを右に!」

冬馬「アンタら…一体…」

「私はあなたに助けられました」

「今度は僕たちがあなたを助けます!」

冬馬「バレてた…ってわけかよ!」

「その右手…私を助けたときの…」

冬馬「チッ…ありがとな!」


23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:19:39.86 ID:3ZzC6KE10
冬馬「おいアンタら!何やってんだ!」

男A「アァン?誰だテメェは!?」

男B「おい、コイツ!天ケ瀬冬馬じゃねーか?」

男C「マwwwwジwwwwだwwww写メ撮ろうwwwww」

冬馬「誘拐なんてして…何になるってんだよ!」

男A「金にするんだよ!お分かりいただけただろうかぁ!?」

冬馬「分っかんねぇよ!何だってみんな金だ金だって言うんだよ!」

冬馬「釣り合わねぇんだよ!」


24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:25:31.68 ID:3ZzC6KE10
冬馬「俺が正義のヒーローならアンタらは悪だ!」

冬馬「でも悪ってのはもう一つの正義でもあるんだよ!」

冬馬「俺が俺の正義の為に闘うっていうなら、アンタらにもアンタらなりの正義があるだろ!」

冬馬「俺の正義は金じゃ釣り合わない!だから…!その手を放せ!」

男B「何訳分かんねぇこと言ってんだよ!」

男C「冬馬くーんwwwwwwカメラ回ってまーすwwwww」

男A「もういい!やっちまおうぜ!」


真「ここにいた!961プロ!」


25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:28:42.07 ID:3ZzC6KE10
男A「お、あれ菊地真ちゃんじゃね?」

男B「俺ファンっす」

男C「すげwwwwwwお宝映像だわこれwwwwwww」

真「え?何この人たちは?」

冬馬「危ねぇから下がってろ!」

真「なるほど…そういうことなら!」

冬馬「待て!まだ手は出すな!」

冬馬「俺が…話し合ってみる!」


26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:33:33.05 ID:3ZzC6KE10
冬馬「アンタら…ここは冷静に話し合って…」

男A「オラ!」ドガッ

男B「どりゃ!」バキッ

男C「エンッ!」ポコ

冬馬(痛ぇ……だけど…!)

冬馬「アンタら!何があったのかは知らねぇけど…」


ミツケタゾー!トリオサエロー!

冬馬「は…?警察…?」


27 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:38:50.49 ID:3ZzC6KE10
冬馬(その後俺と菊地は警察の事情聴取を受け、その流れで覆面男の正体も明かした…)

冬馬(それは後に報道されることだろう…)

冬馬(ひとまず事情聴取を終え、俺はボロボロの体のままアイドルジャムの会場へ戻った)


黒井「どういうことだ…?」

冬馬「すまねぇオッサン…」

黒井「フン…ジュピターはもう解散した。どのみち貴様もクビだ」

冬馬「え…?ジュピターが解散ってどういうことだよ!」

翔太「僕たちがね」

北斗「正直、ついて行けなかったからね」


28 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:42:41.60 ID:3ZzC6KE10
―――――――――――

――――――

冬馬「765の曲を…?オッサンがそんなことを?」

翔太「うん。流石に…僕たちも限界って感じ」

冬馬「今までもそんなことあったのか…?」

北斗「え?まさか冬馬気づいてなかった…?」

冬馬「何の話だよ」

翔太「そっかー。まあ冬馬くんは鈍感だしね」

北斗「俺たちが冬馬の秘密を知っていたのも知らなそうだね」

冬馬「お、俺の秘密!?」

翔太「お疲れ様。頑張ったね…覆面男くん」

冬馬「!」

冬馬「知ってたのかよ…」


29 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:48:18.84 ID:3ZzC6KE10
―――――――――――

――――――

冬馬(俺はオッサンの悪事に気付いていなかった)

冬馬(正義の味方が悪を見逃すなんて笑えねぇな)

冬馬(それでも俺は正義のヒーローを続けたい。今度は絶対見逃さないぜ)


冬馬(そういえば…あの時、悪に伝えたいこと…伝えられなかったな…)

ドサッ

冬馬「悪い」

?「こちらこそ…」

冬馬「お、お前…765プロがこんなところで何やってるんだ…?」


30 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 03:58:21.73 ID:3ZzC6KE10
春香「…」

冬馬「何か悩みか…?」

春香「私…今…迷ってて…」

冬馬「ふーん…俺は相談相手にはなってやれないけど、一つだけ伝えておくぜ」

冬馬「悩み、迷いなんて誰だってある。本気で頑張れよ…!」

春香「え…?」

冬馬「何て言うか…うまく言えないけどよ…」

冬馬「お前には…俺がついてるぜ…!」

春香「ふふ…ありがとう。覆面男さん」

冬馬「うるせぇ!昔の話だ!」


31 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 04:02:01.37 ID:3ZzC6KE10
冬馬(これから俺自身も、いろいろなピンチに遭遇するだろう)

冬馬(どんな時でもヒーローの心を忘れないで、悲しみなんてぶっ飛ばしていこうと思う)

冬馬(そうやって他人のことも助けていくんだ)

冬馬(やっぱり正義のヒーローやるんだったら…)

冬馬(カッコつけたいだろ?)





32 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 04:03:58.41 ID:3ZzC6KE10
終わりです、途中でレスありましたが元ネタはサムライフラメンコですね。
冬馬がヒーローだったら徹底的にアツい男だろうなと思いながら書いてました。


33 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 04:08:58.98 ID:B8SYV16Q0


35 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 08:32:32.25 ID:g/vaRPOZ0
おつー


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390927699/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ