Powered By 画RSS


サタン「サンタか……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 22:32:34.39 ID:LZknkVTx0
@クリスマスイブ、ライラの迷宮奥

サタン「はあ、明日はクリスマスかぁ」

メリグ「どうしたのですか、サタンさま?」

サタン「いや……せっかくのクリスマス、もうこの際いっそのことアルルがいなくてもいいから……」

サタン「せめてカーバンクルちゃんとは一緒に過ごしたい!!」ドン

メリグ「……」

ショス「まあ、無理な話じゃないですかね。カーバンクルが自分からアルルに付いて行っちゃったんだし」

サタン「そうだな……」グスッ

エミィ「で、でもクリスマスですよ! きっといいことありますよぉ!!」

サタン「そうだな……」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 22:35:18.59 ID:LZknkVTx0
サタン「して、トリオザバンシーよ。その旅行カバンは何だ?」

エミィ「えぇ!?」

ショス「あはは~」

メリグ「ま、まあいいじゃないですか! サタンさまも、どこかへおでかけになったらどうですか?」

サタン「いや、いいんだ。お前たちがクリスマスは温泉に行くことは分かってたんだ……」

ショス「なんだ、知ってたんですか」

メリグ「じゃあ遠慮はいらないですね」

エミィ「それじゃあ行ってきまーす」


サタン「……」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 22:37:28.97 ID:LZknkVTx0
サタン「……」

サタン「まさかあんなにあっさり行くとは……」

サタン「……」

サタン「クリスマスか……」

サタン「……そういえば私にはサンタと呼ばれるネタがあったな……」

サタン「…………」

サタン「……せっかくだし、このネタでも使うか。どうせ暇だし」テクテク

サタン「あわよくばカーバンクルちゃんを連れ戻そう」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 22:40:06.57 ID:LZknkVTx0
@アルル宅

ウィッチ「おいーっす」ガチャ

アルル「あ、ウィッチようやく来た」

ドラコ「待ちくたびれちゃったよぉ」ダラー

アルル「鍋の準備できてるよ」

カーバンクル「ぐぐー!!」

ドラコ「あたしが沢山うどん持ってきたからね、どんどん食べてよ!」

ウィッチ「そんな〆ばかり用意しなくとも……あら?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 22:44:22.34 ID:LZknkVTx0
ウィッチ「三人ですか。結構人がいないのですわね。てっきりもっと来るのかと」

ドラコ「セリリとかも呼んだんだけどさ。湖の方でうろこさかなびとのなんかがあるんだと」

アルル「ルルーはサタンを探しに行くんだってさ」

ウィッチ「そうですか。人が多いのなら闇鍋にでもしようと思いましたのに」フフフ

ドラコ「何、その怪しいクスリのビンは……」

カーバンクル「ぐぐぐー!!」

アルル「そうだねカーくん。じゃあ食べようか」

ドラコ「よーし、いただきま~す」

ウィッチ「いってみよぉ!」


<ちょっと待った!!


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 22:47:43.07 ID:LZknkVTx0
アルル「だ、誰っ!?」

ウィッチ「赤い服、赤い帽子、雪靴に、緑の髪と怪しげなマスク……」

ドラコ「格好から察するに……」

アルル「サンタ……?」


サタン「そうだ、私はサンタだ!」

ウィッチ「して、サンタさんがこの時期になぜこんなところに?」

サタン「君たちに助けを借りたくてね」

アルル「助け?」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 22:51:40.23 ID:LZknkVTx0
サタン「そう。助けと言うのは……」

サタン「あまりのクリスマスムードに嫌気がさして、私のトナカイが居なくなってしまってね」

サタン「代わりにソリを飛ばせるような強い魔力を持つ動物を探していたのだよ」

サタン「そして強力な魔力を発する存在を察知して来たのさ」ビシッ

カーバンクル「ぐ?」モゴモゴ

アルル「それってカーくんのこと……ああ、カーくん食べ過ぎ!!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 22:56:09.17 ID:LZknkVTx0
サタン「コホン、まあ。助けと言うのはそのカーバン……黄色いコを今日とクリスマスに貸して欲しい、ということさ」


ドラコ「それなら今日だけでいいんじゃあ……」

サタン「そ、それは……」

ウィッチ「確かに、ソリはイブだけで十分ですわよね」

サタン「……ホウコクショ」

アルル「?」

サタン「サンタは、クリスマス当日は上司のところへ行って報告書を書かなければならないのだ……!!」ドドン

アルル「本当かなぁ?」

カーバンクル「ぐぐっ?」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:00:01.08 ID:LZknkVTx0
サタン「そんなに疑うなら付いて来い! サンタの施しの力を見せてやる」

ドラコ「おもしろそうじゃん。行ってみようよ、アルル……」

アルル「そう、だね!」


@街

ルルー「あ、アルル。サタンさまを見ていないかしら?」

アルル「サタンはいないけど、サンタならいるよ」

サタン「サンタだ。よろしく」

ルルー「…………」

ウィッチ「サンタさん。サタンの居場所は分かります?」

サタン「分かるぞ。なんせサンタだからな」

ルルー「そう、どこにいるの?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:07:15.10 ID:LZknkVTx0
サタン「えっとな……」

ルルー「……」

サタン「えっと。うん……温泉! そうそう。部下と温泉に行ってるハズ!!」

ルルー「どうも嘘臭いわね」

サタン「嘘じゃないよ。今日はどうせサタンには会えないから、そこのミノタウロスくんと一緒にいてやったらどうだ」

ミノタウロス「……」

ルルー「ふん、仕方ないわね。ミノ! クリスマスのディナーの買い物に行くから着いてきなさい」スタスタ

ミノタウロス「ルルー様……」


ドラコ「やるじゃんサンタ」

ウィッチ「見直しましたわ」キラキラ

サタン(上手く巻いたぜ)


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:12:07.56 ID:LZknkVTx0
@裏路地

スキュラ「おじさん、美味しそうなもの持ってるね。ちょうだいちょうだい」

サタン「美味しそうなもの……これか?」

アルル「らっきょ、ねぇ」

スキュラ「それでいいや。ありがと、おじさん」クウンクウン

サタン「分かった分かった。あんまりじゃれつくな、毛がつく」

スキュラ「じゃあね。ぱく」タタタッ

サタン「あああぁぁぁ!! あれは私のぷよまん『カーくんのカスタード』じゃないか!!」

ウィッチ「見事に取られましたわね」ケラケラ

カーバンクル「ぐぐぐ」ウトウト

アルル「カーくん、鍋食べたから眠そうだね」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:15:14.18 ID:LZknkVTx0
@湖

セリリ「欲しいもの、ですか?」

サタン「そうだ。サンタが何でもくれてやろう」

セリリ「何でも、ですか!? じゃあお友……」

メロウ「ぷはぁ! セリリー! ケーキが一つ足りないよぉ!!」バシャア

サタン「…………」

セリリ「……ケーキを下さい」

サタン「構わん。ほら」

ドラコ「サンタってケーキも懐から出せるんだ! すごいすごい!」キラキラ

サタン「そろそろ信じるか?」

アルル「むう……。じゃあ、鍋の具も出してもらえるかな?」

サタン「お安いご用だ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:18:08.60 ID:LZknkVTx0
@シェゾ宅

サタン「おーい、変態! なにか欲しい物はないか?」

シェゾ「ななな、なんだテメェは!? いきなり押しかけてきて人を変態呼ばわりとは……」ギラリ

アルル「いいじゃないシェゾ、せっかくだから食べ物でももらったら?

シェゾ「む、アルルか。欲しいものっていうのなら……」



シェゾ「お前が欲しい……」



アルル「はいはい。僕のぷよまんあげるからこれで我慢しなさい。次いこ」

サタン「待て待て、お前があげてしまっては意味がないだろう。私がサンタとして……こいつに魔導力を授けよう」

シェゾ「え、マジ?」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:23:12.74 ID:LZknkVTx0
ウィッチ「そんなこと出来るんですの?」

サタン「サンタを嘗めるなよ。――――」ブツブツ

シェゾ「お? おおおおおおぁ――!!!」ゴゴゴ

アルル「なな、なんか凄まじい魔力を感じるよ」


シェゾ「お、お……」バシュ

ドラコ「大丈夫、シェゾ……?」

シェゾ「お、お、お……」


シェゾ「お前が欲しいっ!!」

ドラコ「え、あたし!?」

アルル「ちょっと? どうしちゃったのさ!」

サタン「この魔法はその者の持つ潜在的魔導力と、個性を莫大に増大させる者だ」

ウィッチ「これが個性……悲しいですわね」

サタン「しばらくはこれしか喋らせてもらえないだろうな」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:26:54.44 ID:LZknkVTx0
シェゾ「アレイアァァード!!」ドドドォォォオオン!!!

サタン「おお、すごい力だ」

アルル「感心してる場合じゃないよ! 危ないよ!!」

サタン「大丈夫。三分ほどで切れる。心配ならブレインダムドでもかければいいんじゃないか?」スタスタ

アルル「そんな適当な」

ドラコ「あたし、足止めするよ」ダッシュ

ウィッチ「私がブレインダムドしましょう」メテオ-


サタン「」スタスタ

アルル「あ、ちょっと待ってよ!」スタタッ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:27:52.10 ID:/2Alvh4H0
やっぱり変態は変態だった


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:32:14.05 ID:LZknkVTx0
サタン「そろそろ私のことを信じてくれても良いんじゃないか?」

サタン「さあ、カー……その黄色いコを貸してくれよ。たった2日じゃないか」

アルル「うーん。カーくんがいいって言うなら」

カーバンクル「ぐぐぐ」ZZZ

アルル「あら、お昼寝中……まあいいかな。カーくんも本気出せば強いし。ちゃんと返してね。はい」

サタン「ありがとう」ニヤリ

サタン(ああ、カーバンクルちゃん久しぶり……)


ウィッチ「アルルさん逃げてー!!」


アルル「え? リ、リバイア!!」

アレイアードスペシャルーー!!!

サタン「うおおおぉぉお!? あ、マスクが!!」

アルル「――!! サタン!?」

サタン「チッ!! バレたなら仕方ない。逃げるぞカーくん!」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:38:01.86 ID:LZknkVTx0
お前が欲しい!

えーい、メテオ!!

グレートファイヤーアタッーク!!

わわわ、るいぱんこ!

くそっ、ルアクウォイド!!

いったいなぁ

ばよえーん


カーバンクル「ぐ、ぐぐぐ……」キュインキュイン


カーバンクル「があおぉぉぉぉおお!!!」バキュ―――ン


――――
―――


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:42:32.01 ID:LZknkVTx0
サタン「クリスマスのバカヤロー!!!」

シェゾ「」ビクッ


おわり


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:43:48.01 ID:LZknkVTx0
キキーモラとか出せなかったよごめん


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 23:45:19.68 ID:/2Alvh4H0


久しぶりに魔導キャラのSSが見れて面白かった


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1387891954/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「魔導物語・ぷよぷよ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ