Powered By 画RSS


コーデリア「最近ウイルがラベールさんと仲がいい」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 23:33:09.66 ID:xe9Cpo5AO
コーデリア「う~ん」

ラベール「…それで兄さんがね…」

ウィル「うん」

ラベール「…行商のキャラバンに混ざるには…」

ウィル「うん」




2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/26(日) 23:44:15.16 ID:xe9Cpo5AO
コーデリア「どうしたらいいかな?」


ナルセス「私に聞くな。わかる訳ないだろう」

コーデリア「そんなこと言わないで聞いてよ」

コーデリア「もう十年くらいの付き合いなのに未だに単なる友達付き合い」

コーデリア「そろそろ気づいて欲しいんだよ私の気持ち」

コーデリア「私がどれだけウィルを守りたいのか」

コーデリア「どれだけウィルを大事に思っているかを」

ナルセス「くだらん話を聞かされる私の気持ちも理解してもらいたいな」



4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 00:01:20.27 ID:snkPGtXAO
コーデリア「というわけで私とウィルが恋人になれるように作戦を立てます」

ナルセス「どうして、というわけなのかわからないが」

コーデリア「ラベールさん美人だから強敵だよ。頑張らなきゃね」

ナルセス「君は頑張って私の話を聞いてくれ」

ナルセス「もう休みたいんだが。ヴィジランツも引退した。老後はゆったり…」

コーデリア「具体的には私とウィルの絆をラベールさんに見せつけたいんだ」

ナルセス「そうかね」

コーデリア「計画開始!おー!」

ナルセス「ウィル、早く来てくれ…」


5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 00:08:02.02 ID:snkPGtXAO
ウィル「コーディー、こんなとこにいた!探したんだよ!」

ウィル「ナルセスさんに迷惑掛けちゃだめだよ。タイラーさんから連絡があったんだ」

ウィル「さっ来て」

コーデリア「迷惑掛けてないよ。相談してたんだよ」

コーデリア「すごく大切な話なんだから。ねっ、ナルセスさん」

ナルセス「ああ、じつはコーデリアはウィルのことがす…」

コーデリア「わーっ!わーっ!」

ウィル「?」


6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 00:15:04.67 ID:snkPGtXAO
ナルセス「なんだこの赤頭巾は」

コーデリア「ナルセスさんデリカシーない!最低!」

ナルセス「?」

ウィル「いいから、来てコーディー。話があるんだ」

コーデリア「むー」

コーデリア「」ギュッ

ウィル「わっ!」

ナルセス「いきなり抱きついたな」

ナルセス「今日は一段と子供っぽい」

ウィル「」



14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 11:53:33.45 ID:snkPGtXAO
ウィル「どうしたんだいコーディー、こんなにしがみついてきて?」

ウィル「しかも何か怒ってるみたいだし」

コーデリア「なんでもないし!」ギュッ

ウィル「そう」

ナルセス「…」

ウィル「…」

ウィル「」ナデナデ


15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 14:30:22.70 ID:snkPGtXAO
ウィル「ええと…」

ナルセス「何か用事があったんだろう?」

ウィル「せっかくラウプホルツまで来たんだから観光ぐらいしようかな、って」

ナルセス「ラウプホルツは景色がいいからな」

ウィル「それでコーディーも誘おうと思ったんですけど…」

コーデリア「」プクー

ウィル「…コーディー、怒ってる?」

コーデリア「…怒ってないよ」

ウィル「……」

コーデリア「ラベールさんもいっしょ?」

ウィル「いや、ふたりでだよ」

ウィル「どうして?」

コーデリア「…」

コーデリア「…いく」


20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 21:35:40.20 ID:snkPGtXAO
ウィル「…おっ、来てくれるんだコーディー?」

コーデリア「」コクリ

ウィル「楽しみだね」

コーデリア「」コクリ

ウィル「…なんか話て」

ナルセス「お前らは変わらないな」

ナルセス「いつまでも子供っぽい」

ウィル「…僕もですか?」

ナルセス「ああ」



22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 21:45:30.15 ID:snkPGtXAO
ウィル「じゃあ行ってきます」

ナルセス「ああ」


~ラウプホルツ~

コーデリア「…私の格好おかしくない?」

ウィル「いつもどおり可愛いよ」

コーデリア「もっとおしゃれしてくれば良かったかな?」

ウィル「その服装がいいんだよ」

ウィル「頭巾にふりふりした服、とっても似合ってる」

ウィル「いつもその格好でいてほしいくらい」

コーデリア「」

コーデリア「…ウィルはずるいなぁ…なんでそんなこと言えるの?」

ウィル「ずるいって何が?」

コーデリア「そういうことを平気で言うとこ」


23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 21:52:51.69 ID:snkPGtXAO
ウィル「よくわからないけど」

ウィル「手でも繋ごうかな、ほら?」

コーデリア「…ん」

ウィル「確かにラウプホルツはキレイな街だな」

ウィル「いつも秋みたい」

コーデリア「うん」

ウィル「今日はコーディーあんまし喋らないね…つまらない?」

コーデリア「」ブンブン



24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 22:02:51.13 ID:snkPGtXAO
ウィル「まあよくわからないけど、行こうか?」

コーデリア「うん」ギュッ

ウィル(すごい握りしめられてる)

ウィル(…そういえば)

ウィル(最近なんかコーディー子供っぽいんだよね)

ウィル(どうしたんだろ?)



26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 22:19:25.29 ID:snkPGtXAO
ウィル「やっぱりヴェスティアより寒いなぁ」ブルッ

コーデリア「雪国が近いからだね」
ウィル「だね」

コーデリア「寒いなら私の頭巾貸すよ?これあったかいんだ」
ウィル「大丈夫…だけど、確かにあったかそうだねその頭巾」

コーデリア「…岩荒野あたりは辛いんだけどね…この服装も…」

ウィル「可愛いのにね」
コーデリア「うん、でもここは過ごしやすいよ」

ウィル「僕はこれからが辛いよ…」ブルッ

コーデリア「…ウィル薄着だもんね」

コーデリア「じゃあここでしっかり準備して行かないとね」

ウィル「うん、そうだね」

コーデリア「ウィルの服は私が選んであげる。しっかり暖かいのをね」

ウィル「ありがとうコーディー」


33 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 23:31:06.44 ID:snkPGtXAO
ウィル「じゃあ僕もコーディーに服、選んであげるね。あんまりセンスないけど」

コーデリア「そんなことないよ」

コーデリア「ウィルに任せるよ。信じてるから」

ウィル「ありがとう。頑張るよ」

ウィル「あと、服もだけど装備もいいやつ選ばなきゃね」

コーデリア「うん、しっかり準備しないとね」

コーデリア「ヴァイスラント探検に行くんだもんね」

ウィル「ああ」

ウィル「じゃあ出発だー」

コーデリア「おー!」

ラベール「あら?」


35 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 23:42:44.41 ID:snkPGtXAO
ウィル「ラベールさん!」

コーデリア「むむむ…」

ラベール「奇遇ね、宿の外で会うなんて」

ラベール「あなた達も観光と旅の準備よね?」

ウィル「ええ、ラベールさんも?」

ラベール「そうよ。ここは見どころも施設も充実してるもの」

ラベール「いっしょに旅してるんだし、私も同行していいかしら?」

ラベール「大勢の方が楽しいわよ」

ウィル「ええと…」

コーデリア「…」グスッ

ウィル(…なんて悲しそうな顔するんだいコーディー)

ウィル(ラベールさん苦手なの?)

ウィル(うーん…)

ウィル「ラベールさん、すみませんが…」



36 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 23:53:00.86 ID:snkPGtXAO
タイラー「ウィル!」

ウィル「タイラーさん」

タイラー「お前たちも旅の支度か?」

ウィル「はい」

タイラー「そうか、俺もだ」

タイラー「もし良かったらみんなで…ラベールさんもいるようだし…」

ラベール「みんなで街をまわるのね?」

コーデリア「うう…」

コーデリア「…せっかくのウィルとのでーとが…」

タイラー「…」

タイラー 「ラベールさん…」

ラベール「どうかしました?」


37 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 00:01:02.60 ID:qhpHDPjAO
タイラー「…ラベールさんはこの街詳しいですか?」

ラベール「調べた情報くらいですけど…それなりに」

タイラー「案内して頂けます?行きたい所があるんですが…」

ラベール「ええ。私にわかる所なら」

タイラー「ありがとう」

タイラー「…ああ、それから」

タイラー「ウィルたちには買ってほしい物があるんだ。二人に任せてもいいかな?」

ウィル「はい?」

コーデリア「?」


38 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 00:08:04.34 ID:qhpHDPjAO
~~~

ウィル「タイラーさんとラベールさん行っちゃったね」

ウィル「タイラーさん何の用事だろ?」

ウィル「…で、またふたりっきりだねコーディー」

コーデリア「うんうんっ」ギュッ

ウィル「急にご機嫌だねコーディー。いったいどうしたの?」

コーデリア「えへへ、ないしょ」

ウィル「?」

コーデリア(ありがとうタイラーさん)


39 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 00:11:01.57 ID:qhpHDPjAO
タイラー「うまくやれよ」

タイラー「ふふっ」

ラベール「ええと…ここは…地図は…」


40 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 00:16:17.81 ID:q2CTt6+yo
タイラーさんは男やー


42 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 11:49:08.65 ID:qhpHDPjAO
ガヤガヤ

ウィル「さすがに人が多いな」

ウィル「はぐれないようにねコーディー」

コーデリア「うん」

キャッキャッウフフ

コーデリア「…カップルいっぱい…」

ウィル「確かにね」

コーデリア「」ピトッ

ウィル「…コーディー、くっつきすぎ」

コーデリア「こうしないとはぐれちゃうもん」

ウィル「歩きにくいよ?」

コーデリア「私は歩きやすいもん」

ウィル「…もういいよ」

ウィル「商店街はあっちかな?タイラーさんに頼まれたものも買わないと」

コーデリア「うん」
コーデリア「あと服もね」

ウィル「もちろん装備も」



43 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 12:00:01.77 ID:qhpHDPjAO
コーデリア「えへへ、お買い物楽しみだね」

ウィル「やっぱりご機嫌だ」

コーデリア「うん、そりゃあね当たり前だよ…だって…」

ウィル「…だって…何?」

コーデリア「…ないしょ…鈍いウィルには教えてあげない」

ウィル「…ひどいやコーディー。僕がどうして鈍いのさ?」

コーデリア「そういうとこ」

コーデリア「…でもそんなところがウィルだよね」

ウィル「よくわかんないよコーディー…」

コーデリア「わからなくてもいいよ…今は…」

コーデリア「そのうちわからせてあげるから…えへへ」

ウィル「…?」




44 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 12:13:50.77 ID:qhpHDPjAO
服屋

ウィル「…このコートいいかな?」

コーデリア「シンプルだけどかっこいいね」

コーデリア「ウィルにはこっちも似合いそう…シックな感じの」

ウィル「じゃあそれも着てみるね」

ウィル「コーディーにはこれとかどうかな?」

ウィル「ケープつきコート、モコモコ耳当ても…」

コーデリア「可愛い!」

ウィル「コーディーにはふりふりがよく似合うからね」

ウィル「…あと、このひらひらしてるやつとかもいいかも」

コーデリア「そっちもかわいい!」

コーデリア「じゃあ着てみるね」

ウィル「僕も」

コーデリア「着たら、ここで見せ合いっこしようね」

ウィル「うん」




45 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 14:23:26.27 ID:qhpHDPjAO
ウィル「…試着、試着と…」

ウィル「…確かに悪くないな」

ウィル「服を選ぶのも楽しいなぁ」

ウィル「よく誘ってくれるコーディーには感謝しないとね」

ウィル「最近毎日いっしょだし、おかげでずっと楽しいや」

ウィル「…そういやコーディー、ずいぶん甘えん坊になったな」

ウィル「…昔は」


コーデリア『私に任せて!』

コーデリア『若いからって侮らないでよね!』

コーデリア『これでも腕には自信があるんだよ!』

コーデリア『ディガーのウィルが行くなら、ヴィジランツの私も行かないとね』
コーデリア『ウィルの背中は私が守るからね』


ウィル「…いい子だよね」



46 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 14:58:04.68 ID:qhpHDPjAO
ウィル「昔はやんちゃだったよねコーディー。ずいぶん変わったなー」

ウィル「元気で、明るくてさ…それは今もだけど…」

ウィル「いっしょにいると楽しいくて飽きない」

ウィル「あと、意外と乙女で」

ウィル「……」




47 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 15:02:16.54 ID:qhpHDPjAO
ウィル「なんか頭がごちゃごちゃして来たな…」

ウィル「大事なのはコーディーが可愛くて、最近もっと可愛くなったってこと」

ウィル「あと僕がコーディーを…」

ウィル「…」



48 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 15:08:26.04 ID:qhpHDPjAO
~~~

コーデリア「私、ウィルとデートしてる…」

コーデリア「ウィルが私に服を選んでくれてる…」

コーデリア「ん~…」

コーデリア「…何度経験してもドキドキがなくならないよぉ…」

コーデリア「ずーっとこうしてたいなぁ」

コーデリア「私が前に出たら受け入れてくれるかな…?」

コーデリア「…ウィル」



49 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 15:23:08.82 ID:qhpHDPjAO
~~~

コーデリア「ウィルかっこいい!すごく似合ってる!」

ウィル「コーディーもすごく可愛いよ」

ウィル「美人が引き立つね」

コーデリア「…」

コーデリア「も~!」ポカポカ

ウィル「いたたっ!」

ウィル「コーディー、力つよい…」

コーデリア「あっ、ゴメンなさい…」

コーデリア「恥ずかしかったから…」

ウィル「…」

ウィル「恥ずかしがらずにみんなに見せちゃえ」

ウィル「コーディーは自信を持っていいよ」

ウィル「そのくらい可愛いんだから」

コーデリア「…ひゃ!」

コーデリア「ウィル、可愛いって言い過ぎ…恥ずかしいよ…」

ウィル「事実だし」

ウィル「ナルセスさんが本当のことは堂々と言えって言ってたよ」

コーデリア「う~…」


50 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 15:32:02.31 ID:qhpHDPjAO
コーデリア「…ほ、他の服も選んで来る…」

ウィル「待ってる、楽しみにね」

コーデリア「」タッタッタ

コーデリア「…やっぱりウィルってニブい」

コーデリア「ああいうこと、みんなに言ってないよね…」

コーデリア「はぁ…」


ウィル「…たまには僕だってアプローチするんだよ」

ウィル「…もうひと踏ん張りかな~」


52 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 19:43:04.77 ID:qhpHDPjAO
コーデリア「こんな姫っぽい服とか」

ーマリー姫が着てるようなやつー

ウィル「貴族のお嬢様風だね」

ウィル「上品できれいだよ。似合ってる」

コーデリア「こんなふりふり…」

ウィル「普段着もふりふりじゃない」

ウィル「似合ってるって。すごく可愛いよ」

コーデリア「…自信持ってもいい?」

ウィル「有頂天になってもいいくらい」

ウィル「じゃあ買いましょう」

コーデリア「うん」

ウィル「…じゃあ、あとこれは?」



53 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 20:03:56.73 ID:qhpHDPjAO
コーデリア「これ…恥ずかしいよぉ…」

ウィル「可愛いよ。セクシーだし」

ージニーちゃんが着てるみたいな服ー

コーデリア「…露出度…たかい…よぅ」

ウィル「でもおしゃれだよ」

ウィル「コーディースタイルいいから似合うよ」

ウィル「暖かいとこで着たらいいかな」

コーデリア「うん…」

コーデリア「…ホントに似合うカナ?」

ウィル「コーディーに似合わない服はない!」

ウィル「買おう!」

コーデリア「あぅ…」

コーデリア「…ウィルがなんかヘン…」

ウィル「」フンス


54 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 20:21:48.17 ID:qhpHDPjAO
ウィル「次はこれ!」

コーデリア「私ばっかり着てる…」

コーデリア「ずるい!ウィルも着て!」

ウィル「ゴメン、なんか楽しくて」

ウィル「コーディーがあんまりにも可愛くて」

コーデリア「も~」

コーデリア(可愛いってまた…)

ウィル「これかな?」

コーデリア「そう」
ウィル「…コーディー」

コーデリア「うん?」

ウィル「ちゃんと似合ってたからね」

コーデリア「…ありかと」



55 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 21:10:52.19 ID:qhpHDPjAO
ウィル「…こんなのは僕には似合わないと思うけど」

ーギュス様風のコートー

コーデリア「そんなことないよ」

コーデリア「王子さまみたいでかっこいい」

ウィル「ありがとう…」

ウィル「ごめんコーディー…着せ替えって恥ずかしいんだね…」

コーデリア「わかればいいよ」

コーデリア「まぁ、楽しいんだけどね」

コーデリア「私はこういうの」クルッ

ーロリータ風ドレスー

ウィル「…やっぱりふりふり大好きでしょ?」

コーデリア「…ばれた?」

ウィル「隠せてないから…」

ウィル「…ってか…何に着替えても頭巾ははずさないんだね」

コーデリア「これは私のトレードマークだから」


58 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 21:25:00.96 ID:qhpHDPjAO
ウィル「頭巾大好きだね」

コーデリア「うん。頭に乗せないと落ち着かないし」

ウィル「僕もその頭巾大好きだよ」

コーデリア「…もうはずさない…ずーっと…はずさない」

ウィル「?」

ウィル「…さて、そろそろ他のとこも見ようかな?」

コーデリア「うん!」



62 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 21:41:16.46 ID:qhpHDPjAO
大通り

ウィル「確かにその頭巾は可愛いよね」

コーデリア「この頭巾の良さわかってくれるの?」

ウィル「もちろん。あとは三つ編みの良さもわかるよ」

ウィル「民族衣装の素晴らしさもね」

コーデリア「ウィルは見る目があるねー、さすがだよ」

ウィル「ディガーですから」

コーデリア「目利きなわけだね」

コーデリア「…あれ」

ウィル「どうしたの?」

コーデリア「大声で叫ぶと願い事がかないます」

ウィル「この崖っぷちから古代遺跡、グールの塔に叫ぼう」

コーデリア「ふーん」

ウィル「へぇ」


?「俺は世界一のディガー!タイクーンウィリアムだぁっ!!!」


コーデリア「すごい大きな声…」

ウィル「真剣なんだな…」


?「メガリス完全制覇ぁっ!!!」


63 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 21:45:47.41 ID:qhpHDPjAO
こだま「まあああぁぁっ!!!」

?「こだまにバカにされたぁっ!!」

?「くそ~…」


コーデリア「…看板によると、こだまにまあぁ~、と言われると叶わないかも…だって」

ウィル「そうなんだ」



64 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 21:48:14.03 ID:qhpHDPjAO
コーデリア「私たちもやる?」

ウィル「いいね」

コーデリア「じゃあ私からね」

ウィル「うん」


65 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/28(火) 23:44:41.21 ID:qhpHDPjAO
コーデリア「すぅ…」

コーデリア「ウィルが世界一のディガーになれますように!!!」

コーデリア「よし…」

コーデリア「いいよ、次ウィルね」

ウィル「コーディー、そんなに僕のこと…」

ウィル「…ありがとう」

コーデリア「ウィルの幸せが私の幸せだよっ」

コーデリア「さっ、ウィルも」

ウィル「…あれ、自分のお願いごともしなくていいの?」

コーデリア「欲張ったらお願いごと叶わなくなっちゃうもん」



66 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 00:03:33.37 ID:6xskC56AO
コーデリア「だからウィル、どうぞ」

ウィル「うん」

ウィル「じゃ、いくよ」

ウィル「すぅ…」

ウィル「コーディーがずーっと幸せでいられますように!!!!」

コーデリア「ウィル…」

ウィル「コーディーの幸せも僕の幸せさ、なんて」

ウィル「…なんだかテレちゃうね」

コーデリア「」ウルッ

コーデリア「」ギュウッ

ウィル「わあっ!?」

コーデリア「…ウィル」

コーデリア「私…幸せだよ…」ギュッ

ウィル「僕もだよ…」ナデナデ


タイラー「…」

タイラー「がんばれー」(小声)


ウィル「」ギュウッ

コーデリア「えへへ…」


68 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 14:31:12.67 ID:6xskC56AO
ウィル「次は武器屋かな」

コーデリア「うん」


ウィル「…ナルセスさんが砂漠越えをした時に、口が悪い冒険者に出会ったんだってさ…」

コーデリア「…ナルセスさんが言うならよっぽどだね」

ウィル「あはは」

コーデリア「最近、タイラーさんが酒場でモテモテらしいんだよ。知ってるウィル?」

ウィル「あの看板娘ちゃんもタイラーさんが好きらしいね」

コーデリア「タイラーさんは男の中の男だからね、仕方ないね」

コーデリア「ウィルはイケメンの中のイケメンだけど」

ウィル「コーディーこそ可愛いは正義って感じだけどね」

コーデリア「も~」

ウィル「ふふふ」


69 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 16:34:45.63 ID:6xskC56AO
武器屋

コーデリア「…この槍すごくいいよ」

コーデリア「…手によく馴染むし、重心がしっかりしててすごく振りやすい…」

コーデリア「…あっ、この槍軽いのに丈夫…」

コーデリア「…う~、この槍持ちやすい…」

ウィル「…コーディーは本当に槍が大好きだなぁ」

コーデリア「うん、大好き!」

ウィル「いい笑顔…とても槍を選んでる女の子の顔じゃない」

ウィル「槍の何が、彼女をこうまで惹きつけるのか…」

コーデリア「槍を舐めちゃだめだよウィル!」

コーデリア「機能的かつ合理的、攻防一体の武器なんだから!」

コーデリア「この槍たちが今日までの私たちを守ってくれたんだよ」

コーデリア「槍に感謝しなきゃ!」

ウィル「…うん、そうだね」

コーデリア「わかればよし!」フンス


70 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 16:44:10.87 ID:6xskC56AO
コーデリア「槍はすごいんだよー」

コーデリア「槍があるからウィルを守れるんだし」

コーデリア「槍があるからウィルといっしょに冒険できる」

コーデリア「…だから私は槍が大好きなんだよ」

ウィル「…剣や杖じゃいけないの?」

コーデリア「なんかしっくりこないんだもん」

コーデリア「はじめて使った武器なんだー。槍は初心者でもおすすめだって聞いたから」

コーデリア「昔から使ってるから、となりにウィルがいるくらい槍があると落ち着くんだよ」

ウィル「…よくわからないけど」

ウィル「僕といると安心することはわかったかな」




71 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 16:49:16.37 ID:6xskC56AO
ウィル「…じゃあさ、僕と槍、どっちがそばにあると落ち着く?」

コーデリア「もちろんウィル!」

ウィル「まさかのノータイム回答!」

コーデリア「あたりまえだよ!」

コーデリア「ウィルはかわりがどこにもないんだから!」



74 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 19:07:19.12 ID:6xskC56AO
コーデリア「考える必要すらないよ!」

コーデリア「ウィルは世界に一人しかいないんだから…」

ウィル「…コーディー…」

ウィル「ありがとう…」

コーデリア「ん…」


武器屋の客「」

武器屋の客「…素敵な恋ができるツールはありますか?」

武器屋「…探してみます」



75 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 19:16:17.51 ID:6xskC56AO

~レストラン~

ウィル「ここは評判の店なんだって」

コーデリア「へぇー」

コーデリア「確かにオシャレ」

ウィル「内装だけじゃなくて料理もおいしいみたいだね」

ウィル「ほら…」


パトリック「おいしいなぁ…」モグモグ

パトリック「…まったりとして、それでいてコクがある」

パトリック「素晴らしい!」


コーデリア「あの人、すごい真剣に食べてる…」

ウィル「よっぽど食にこだわりがあるんだねー」



77 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 19:43:30.12 ID:6xskC56AO
コーデリア「あ、出て来た」

ウィル「そうだね、食べようか」

コーデリア「いただきまーす」

ウィル「いただきます」

コーデリア「ん~、おいしー」モグモグ

ウィル「確かにおいしい」モグモグ

コーデリア「ん~」モグモグ

ウィル「…」

コーデリア「…」モグモグ

ウィル(…ほんとにおいしそうに食べるなぁ)

ウィル(かわいい)

ウィル「あ~ん」

コーデリア「…え?」

ウィル「ふふ…」


78 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 19:54:54.53 ID:6xskC56AO
コーデリア「…」

ウィル「あ~ん…のつもり…かな?」

コーデリア「もー、恥ずかしいよー」

ウィル「ごめんごめん」

コーデリア「えい!」

ウィル「わっ!?」

コーデリア「」モグモグ

コーデリア「いっかいだけね」

ウィル「あはは」


パトリック「…」

パトリック「愛があれば料理はもっとおいしくなるのですね…」

パトリック「勉強になりました」



79 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 20:07:12.99 ID:6xskC56AO
ウィル「…でね」

コーデリア「…うんうん」


コーデリア「…そういえば」

ウィル「何?」

コーデリア「夜の街でアレクセイ一味に潜入するとき、どうして私を選んでくれなかったの?」

コーデリア「今でも気になってるんだよね」

コーデリア「あのときの私、頼りなかったかな?」

コーデリア「あの頃は、といっても今でもだけど、どんなことでもウィルの役立ちたかったから、ちょっと傷ついちゃったんだよね」

コーデリア「別にウィルを責めてるわけじゃないよ?」

コーデリア「…でも、どうしても気になっちゃって、今さらだけど聞いていいかな?」

ウィル「…」


80 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 20:53:29.10 ID:6xskC56AO
ウィル「…コーディーが心配だったから」

ウィル「夜の街は治安が悪い所だって聞いたよ」

コーデリア「私だってヴィジランツだよ。自分の身くらいは…」

ウィル「うん…でもね…」

ウィル「アレクセイ一味は盗賊紛いの荒くれ者揃い」

ウィル「そんな所に可愛い女の子を行かせられるわけない」

ウィル「コーディーが強いとか信じてるとか関係ない」

ウィル「そんなこと、したら僕は自分が許せなくなる」

ウィル「好きな女の子をそんなところに行かせられるわけがない」

ウィル「だから頼めなかった」



81 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 20:57:19.73 ID:6xskC56AO
コーデリア「…ウィル」

ウィル「うん」

ウィル「もう、はっきり言うよ」

ウィル「コーディー、コーデリア、君が大好きだ」

ウィル「僕といっしょにいてほしい」

ウィル「…だめかな?」

コーデリア「…」


83 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 21:36:57.19 ID:6xskC56AO
リッチはコーディーの息子だと信じています
槍も使えるし


85 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:29:09.38 ID:6xskC56AO
ウィル「僕らがはじめて会ったのはヴェスティアの酒場だったね」

コーデリア「…うん」

ウィル「今でもしっかり思い浮かべられるよ」

ウィル「冒険者のパーティーに乗り遅れた君が息を切らせて入って来たのを」

ウィル「そのとき君を見て、なんて可愛い子なんだろうって思ったよ」

ウィル「こんな子と冒険できたらきっと楽しいだろうなって」

ウィル「恥ずかしいけどね」

ウィル「そのあと君と話せてすごく嬉しかったんだ」



91 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 15:57:30.51 ID:uyx4Vt3AO
ウィル「多分一目惚れかな…あのときからずっと好きだったんだ」

ウィル「そして、いっしょに旅してるうちに、コーディーが優しくて、健気で、素直で、いつも一生懸命で…そんな女の子だってわかった」

ウィル「それで、ますます君のことが好きになった」

ウィル「おばさんのこととか、エッグのことで悩んでる時にもそばにいてくれてありがとう」

ウィル「コーディーみたいな子がいっしょにいてくれたおかげで、ずいぶん助けられたよ」

ウィル「本当にありがとう」

ウィル「君が好きです。これからもいっしょにいてください」

コーデリア「…」


92 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 15:59:45.72 ID:uyx4Vt3AO
コーデリア「」グス

コーデリア「私もウィルが大好き…」


93 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 16:35:44.70 ID:uyx4Vt3AO
コーデリア「女の子がヴィジランツになるのってやっぱり不安があったの」

コーデリア「ディガーとかヴィジランツには荒っぽい人が多いから」

コーデリア「だからウィルみたいな優しそうな男の子がいて、とっても安心したんだよ」

コーデリア「ウィルは私のこといつも気にかけてくれたよね」

コーデリア「おかげで何の心配もなく、馴染めたんだよ」

コーデリア「タイラーさんやナルセスもいい人たちで安心したけどね」

コーデリア「それからね」

コーデリア「ウィルといっしょにいるといつも楽しかった」

コーデリア「ウィルはいつでも一生懸命だから、そばにいると目が離せなくなっちゃうんだよね」

コーデリア「私は、そんなあなたの力になりたいと思ったの」


94 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 16:39:59.05 ID:uyx4Vt3AO
コーデリア「ウィルが好きだから」

コーデリア「これからも一番近くであなたを守らせて?」

コーデリア「おねがい」

ウィル「…」

ウィル「こちらこそよろしくコーディー」

コーデリア「ずっとよろしくね、ウィル」


95 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 16:51:07.55 ID:uyx4Vt3AO
ウィル「…ただ、守られっぱなしってのは恥ずかしいな。僕も男だし」

ウィル「僕もコーディーを守りたいな」

コーデリア「じゃあ私は、私を守ってくれるウィルの背中を守るよ」

ウィル「それなら安心たな」

コーデリア「安心だね」

ウィル「好きだよ、コーデリア」

コーデリア「私もだいすき」


ナルセス「はぁ…」

ナルセス「…なんでこの店で昼飯をとろうと思ったのか…」

ナルセス「…まぁ、おめでとうとだけ言っておくか」

ナルセス「おめでとう…ごちそうさま…」


96 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 17:06:28.02 ID:uyx4Vt3AO
~~~

ラウプホルツ、夜

コーデリア「…ウィル、ウィル…」

ウィル「なんだい?」

コーデリア「呼んでみただけ…えへへ」

コーデリア「夜景…綺麗だね」

ウィル「うん」

ウィル「」ギュッ

コーデリア「なあにウィル?」

ウィル「抱きしめてみただけ」

コーデリア「えへへ…」

ウィル「あのさ…コーディー」

コーデリア「うん?」

ウィル「この冒険が終わったら結婚しようか?」

コーデリア「うん…」ギュッ

コーデリア「うん」


99 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 17:19:58.20 ID:uyx4Vt3AO
~ワイド~

ウィルの家

ウィル「じゃあ行ってくるよ」

コーデリア「いってらっしゃいウィル」

ウィル「できるだけ早く帰るね」

コーデリア「待ってる。気をつけてね」

ウィル「じゃ!」

タイラー「お~い」

パトリック「早く行きましょう」

ウィル「今行きます!」

コーデリア「ウィル!」

ウィル「ん?」

コーデリア「私を選んでくれてありがとう」

ウィル「うん」


ーおしまいー


101 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 17:22:54.94 ID:+dCAioxPo

貴重なサガフロ2SSを書いてくれてありがとう


102 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 17:29:28.38 ID:uyx4Vt3AO
おまけ

数年後

ナルセス「よしよし、リッチはかわいいなぁ」ナデナデ

リッチ「ばぶっ」

ナルセス「こいつらの子供とは思えん。いい子だ」

コーデリア「失礼だよナルセスさん」

コーデリア「私たちにそっくりだもんね~?」ギュッ

リッチ「ばぶ~♪」

ウィル「リッチもご機嫌だ」

ウィル「そういえば、ナルセスさん毎日来てません?」

ナルセス「来て悪いかな?」

ナルセス「よしよし、リッチー」ナデナデ

リッチ「ぶぶー」

ウィル「幸せだなぁ」

コーデリア「幸せだね」

リッチ「ばぶっ♪」


ーおまけおしまいー


103 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 17:33:18.10 ID:uyx4Vt3AO
お目汚ししてすみません
読んで頂きありがとうございました
次はジニーちゃんやギュス様の話も書きたいです


104 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 18:56:20.88 ID:4dmRgfo/o

投下始まった日に何故かサガフロ2も始めたから両方とも楽しめた


105 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 20:34:40.27 ID:wgQzEZcn0
世界の合言葉は乙!


106 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 23:42:30.10 ID:uyx4Vt3AO
見て頂けて良かったです
サガフロ2のSSが増えますように


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390746789/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ