Powered By 画RSS


ほむら「神まどかとえっちしたくてたまらないわ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:03:13.16 ID:qD1Eg9X90
※全く関係ないけど、さやかちゃん生存してます。

――誰も居ない廃墟

まど神「何言ってるのほむらちゃん」

ほむら「はっ、別に何でもないわ」

まど神「ふーん」

ほむら「……」チラ (しかしこのまどか……神様になってリボンを私に渡したから……ミドルヘアーのような感じに……)

まど神「……」チラ (ほむらちゃんが私のリボン付けて更にかわいくなってる……ティヒヒ)

ほむら「まどかあああああ!」ガバッ

まど神「えっ!? きゃあああまどまどライトニング!」ガガガガガ

ほむら「 」バジジジジ

まど神「やばっ、気絶させちゃった」

まど神「まあいっか、起きるまで服脱がせておこっと……」ズルズル




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:06:33.20 ID:qD1Eg9X90
まど神「うーんほむらちゃん中々のスレンダーだねぇ!」

まど神「神様ってほんと便利! ほむらちゃんの360度 全裸を記憶っと」

まど神「ふー、何しよっかな」

まど神「一人で遊べる事って無いよね……」

まど神「うーん……」

ほむら「……うぅ……まどかぁ」

まど神「おはようほむらちゃん! さっきはごめんね」

ほむら「…………なんで私裸なのかしら」

まど神「脱がせたの」

ほむら「 」

ほむら「まどかあああ時間停止!!」カチッ

まど神「意味ないよそれ」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:10:18.07 ID:qD1Eg9X90
※盾型砂時計はそのままで弓使えるようになったっていう設定

ほむら「え……」

まど神「だって私神様なんだよ?」

ほむら「そう……なの」

まど神「だから変な事しちゃだめ」

ほむら「……」(だからこそえっちしたいのよ)

まど神「ちなみに考えてる事も丸分かりだから」

ほむら「…………」(まどか大好き愛してるっ)

まど神「勿論聞きたくないのはシャットアウトできるよ」

ほむら「……そう……」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:14:23.16 ID:qD1Eg9X90
ほむら「……何とかしてまどかを強引に押し倒せないかしら」

まど神「無理だと思うよ。私最強みたいだし」

ほむら「……魔力最大限にしてまどかを押し倒すっ!!」ダッ

まど神「わっ、痛いよほむらちゃん……」グググ

ほむら「えっ」グググ (まどかの方が何倍も力が上……!)

まど神「そうだよ、ほむらちゃんは勝てっ子ないって」ググググ

ほむら「はあ……。ねえ、どうしたら性的な事させてくれる!?」

まど神「させないよ」

ほむら「……じゃあ死ぬわ」

まど神「そ、それじゃ困るよぉ……」

ほむら「まどかの為だったら死ねる。本望だもの」カチャ

まど神「分かったから銃仕舞ってよ!」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:17:33.61 ID:qD1Eg9X90
まど神「でもえっちな事は駄目」

ほむら「……」カチャ

まど神「冗談でもそういう事するのやめてよ……ほむらちゃんが目の前で死んだら、私おかしくなっちゃうよ」

ほむら「……そうね、ごめんなさい」

まど神「じゃあ一回だけキスしてあげるから目瞑って?」

ほむら「ええ!!」ドキドキ

まど神「……」(ただ普通にやるだけじゃ駄目だよね……ちょっとタイミングをずらしてから)

まど神「したよ」

ほむら「えっ? まだして……ん」チュ

まど神「……」(目をあけて驚くほむらちゃん! こういうのが見たかったんだよねー……って初めてキスしちゃった)


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:20:24.72 ID:qD1Eg9X90
ほむら「……嬉しい」

まど神「私も……」(うっ、もっとしたいなーとか思っちゃった。これじゃあほむらちゃんの誘惑に負けちゃう……)

ほむら「ねえ、もっと――」

まど神「駄目」

ほむら「……意地悪しないで」

まど神「してないよ! 駄目ったら駄目」

ほむら「……じゃあ、そろそろ日が暮れちゃうから先に帰りましょう」

まど神「うん。他人には見えないようにステルスしてー空中浮遊してー……」フワア

ほむら「……便利ね」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:23:15.55 ID:qD1Eg9X90
――ほむらの家

ほむら「……何だか眠いわ」

まど神「そう? 私は24時間起きていられる気がする」

ほむら「貴方は神様だもの……」

まど神「えっへん」

ほむら「はあ、じゃあ明日早いし、もう寝るわね……」

まど神「うん、おやすみなさい」

――――


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:26:45.37 ID:qD1Eg9X90
――翌日 学校昼休み 屋上

ほむら「……」

まど神「ねえ、マミさんとかとお喋りしないの?」

ほむら「貴方が居るから別にどうでも良いわ」

まど神「嬉しいような嬉しくないような……」

ほむら「ねえまどか」

まど神「何?」

ほむら「抱きしめて頂戴」

まど神「……いいよ」ダキ

ほむら「……やっぱりまどか、ね」

まど神「……うん」

ほむら「私の苦労を認めてくれて嬉しかった」

ほむら「何百回繰り返したか分からないほど……」

まど神「大体504回かな」

ほむら「……そのぐらい」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:29:44.45 ID:qD1Eg9X90
まど神「繰り返していく内に大人びて凄くかっこよくなったんだよね、ほむらちゃん」

ほむら「……そうね」

まど神「諦めずに何回も助けようとしてくれた……嬉しかったよ」

まど神「でも我慢できないからって過去の私を襲うのやめてよ」

ほむら「 」

ほむら「ご、ごめんなさい……」

まど神「あれは酷いよ、屋上につれてきて無理やり……気持ちよかったけど」

ほむら「……する?」

まど神「だ、駄目に決まってるよ」

ほむら「本当に?」

まど神「う、うん……」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:34:02.54 ID:qD1Eg9X90
まど神「……」

ほむら「……」 バッ (チャンスっ)

まど神「えっ!?」 ドサッ

ほむら「まどかっ」ギュ (両手の指でまどかの指に絡ませて……足も動けないように私の足を上に乗せる!)

まど神「あっあの……」オドオド

ほむら(反撃してこない……。よしっこのままキスに直行)チュッ

まど神「っ! ……んん……」(急にしてきたからびっくりしちゃった……)

ほむら「まどか……大丈夫?」

まど神「え、うん……」

ほむら「じゃあ脱がせるわね」スルッ

まど神「えっ!? それはないよほむらちゃん」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:37:54.71 ID:qD1Eg9X90
ほむら「えっ……」

まど神「えっと……キスとかは良いけど……」

ほむら「服ぐらい良いじゃない」スルスル

まど神「だ、駄目だって! 皆に見られちゃう」

ほむら「え、貴方、今は私以外誰も見えないようにしてるんでしょ?」

まど神「そうだけど……でも恥ずかしいもん」

ほむら「良いじゃない!! さあさあ」スルスル

まど神「えっあっ……うう……」

――

ほむら「綺麗よまどか!!」ハァハァ

まど神「……いつの間に、こんなに変態になっちゃったの?」(しかも服を盾に収納されちゃった……)

ほむら「貴方がこんなにかわいいのに変態にならない理由が無いわ」

まど神「嬉しい……のかなぁ」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:40:13.02 ID:qD1Eg9X90
――授業中

ほむら「……」カキカキ チラッ

まど神「っ……」カアァッ

ほむら「……」カキカキ チラチラッ

まど神(何回見るんだろうほむらちゃん……問題集1ページに100回ぐらい見てる気がするよ……)

まど神「暇だな~。お勉強しなくなってちょっと楽かも」(あ、この問題x=0になる奴だ)

ほむら「……」ジーーー

まど神「……」(やっぱり何か服着よう……)

ほむら『何か服を着ようなんて変な真似はやめてね』

まど神(読まれてる……怖いよほむらちゃん)


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:43:08.68 ID:OcL9Cn8/0
前読んだ事があるような


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:44:45.74 ID:qD1Eg9X90
>>32 途中で寝るとか言って終わった奴だと思う。それの完成版かな。


まど神(あぅ、見られてちょっと興奮してきちゃった……)

ほむら『いいわよまどか、その調子で床に垂らしなさい』

まど神(変な事言わないでよぉ……)

ほむら「……」ジーーーーーー

まど神(ど、どうしようずっと見られて……うぅぅ……逃げようっ)ダッ

ほむら「すみません先生、ちょっと気分が悪いので保健室に……」

先生「ああ、じゃあ保険係の――」

ほむら「いえ、一人で大丈夫です」ダダッ


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:48:49.88 ID:qD1Eg9X90
まど神(ど、どうして私の場所分かるの!?)ダダダ

ほむら『貴方が行く所はお見通しよ、屋上ね』ダダダ

――屋上

まど神「はーー、何でかなぁ……」

ほむら「ふふふ、もう凄く垂れてるわよ」

まど神「み、見ないでよ……」ドキドキ

ほむら「さあっしてほしいんでしょう!? 早く私の手に……」

まど神「いーーっだ!」ダダダ


ほむら「……トイレね」ダダダダ


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:51:57.89 ID:qD1Eg9X90
――

まど神「……」(さすがにトイレに逃げ込んだら……)ガチャ

ほむら「あら、まどか……」

まど神「 」

ほむら「ふふふ……髪が乱れてるわよ」ナデナデ

まど神「っ」ビクッ

ほむら「そんなに髪の毛が気持ち良い?」ナデナデ

まど神「そんな事ないもん……」ブルブル


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:54:53.16 ID:qD1Eg9X90
ほむら「……そう? 頬は……」ペロ

まど神「あっ/// な、舐めな……ん//」ビクッ

ほむら「髪を下ろしたまどか、かわいいわよ……」

まど神「っ……」(そんなにかわいいかな……私)

ほむら「ほら、もう……足がねちょねちょよ」(びくびく感じながら抵抗しないまどか、かわいい……)

まど神「ち、ちがっ」

ほむら「私も脱ぐわね」スルッ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:59:07.12 ID:qD1Eg9X90
まど神(ど、どうしよう凄く興奮する……絶対収まらないよ、この気持ち)

ほむら「あら、やっぱり慣れない……?」

まど神「う、うん……。あっ」

ほむら「別に正直で良いじゃない、お互い好きだもの……ね?」

まど神「うっ……」ドキ (凄くほむらちゃんかわいい……身を任せても良いかなぁ~……)

ほむら「興奮しすぎて意識が朦朧としてきた? 大丈夫、すぐ気持ちよくなるから……」

まど神「うん……」(ほむらちゃんなら良いや……)


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:03:42.93 ID:qD1Eg9X90
ほむら「素直になったまどかが一番かわいいわ」チュ

私の両手で、まどかの両手の指に絡めるように握ってキスする。
まどかはあまりの恥ずかしさに目を瞑るけれど、私はそんな顔を赤らめたまどかが愛しくて堪らなかった。
もう、まどかは私のものになったんだと分かった時、心臓が高鳴る。
そして興奮する鼻息が、まどかの頬をくすぐるようにかすめた。

まど神「んっ……」(ほむらちゃんの唾液とろとろしてる……。また変な気分になっちゃう)

ほむら(まどかは私のもの……誰にも渡さないから……)

そう思いつつ、そっと唇を離してまどかの顔を見つめる。
何か言いたそうに、まどかもこっちを見つめる。

まど神「あ、あの……優しくしてね……」テレテレ

ほむら「ええ」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:08:53.35 ID:qD1Eg9X90
ほむら「胸……触るわね」モニ

まどかの胸を優しく愛撫。言葉に出来ないほどの快感がまどかを優しく襲った。

まど神「ん……///」

ほむら「やっぱりまどかの胸は気持ち良いわ……」モミモミ

まど神「そ、そう……かな、あっ///」(あ……も、もう出ちゃう)

ほむら「いきそうなの……? 良いわよ?」モミモミ

まど神「う……出るぅ……」ハアハア


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:11:47.54 ID:qD1Eg9X90
まどかが絶頂を迎えて「ふあっ」と淫靡な声を出す。
暑苦しくなった個室トイレの中で、私はその反応を見つめながら手を下に……、まどかの大事な所を優しくなぞるように触る。

まど神「えっ、ま……まだいったばかり、あっ」

ほむら「まだ満足してないでしょ……?」

まど神「お、おかしくなっちゃう」

ほむら「じゃあ、やめる?」

まど神「や……やめないでぇ」

ほむら「……でも次は貴方が私を気持ち良くする番よ、出来る?」

まど神「え……分かんない……」

ほむら「やってみて」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:14:07.80 ID:qD1Eg9X90
まど神(えーっと……凄く気持ちよくなるの……)

まど神(とりあえず触るだけで気持ちよくなるチートオン!)

まど神「じゃあ……触るね」

ほむら「……ぁっ!?」(な、なんでこんな……こ、声が、廊下まで聞こえちゃうっ)

まど神「……気持ち良い?」モミモミ (凄い反応、良いな……)

ほむら「あっ、まどかっ……」

まど神「あえぎ声……」

まどかが私の口を閉じるようにキスをする。
「んっんっ」と、私の情けない感じの喘ぎ声がまどかの身体に入っていく。
私はまどかに弄られているのに酷く興奮し、頭が真っ白になっていった。


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:17:28.04 ID:qD1Eg9X90
まど神(凄く気持ちよさそう、愛液ずっと垂れちゃってる……私もぐちょぐちょだけど)モミモミ

まど神(廊下に響いちゃうぐらい喘ぎ声だすもん……キスして口塞いでおかないとまずいよね?)モミモミ

まど神(そろそろあそこも……)スッ

ほむら「んっ!? んっ! んっ」

まど神(たぶん、今口を開いちゃったら廊下どころか教室まで聞こえそう……)スリスリ

まど神(ほむらちゃんリボン付けててかわいいよ……大好き)スリスリ

ほむら「ん、んっ……」『まどかっまどか愛してる……』キーンコーンカーンコーン

まど神「ん……」『私も愛してるよ……』スリスリ


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:20:40.04 ID:qD1Eg9X90
女子A「あー学校終わったー」ガチャ

女子B「数学難しかったねー」ガチャ


まど神(……さすがにこんな近いと聞こえちゃうよぉ)

ほむら「……ん……」フーフー 『あっ、あっ、いっちゃう、まどかっ……』

まど神『もうちょっと我慢してっ』


女子A「ふ~」ジャーー

女子B「じゃいこっか」ジャーー


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:23:07.27 ID:qD1Eg9X90
ほむら「ん……」フー フー

まど神(わ、私より明らかに多い量が出ちゃった……)

ほむら「ん、はぁ……、はぁ……まどかぁ」

まど神(や、やりすぎたかな……もう完全に私の虜だよ……)

まど神(でも……嬉しいなぁ)

ほむら「ふふ……まどかぁ」ダキ

まど神「う、うん……?」

ほむら「もっとしたい」ボソ

まど神「っ……」ゾクゾク

まど神「で、でも学校終わっちゃった……」

ほむら「関係ない……」

まど神「じゃ、じゃあ帰ったらにしよ……?」

ほむら「……ええ」

――――


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:26:00.50 ID:qD1Eg9X90
――ほむらの家 ベッド

ほむら「まどかっ……」

まど神「あっあっ/// ほむらちゃんっ……///」

まど神『服着たままなのにっあっ///』

ほむら「そこがっ良いのよ……興奮するわっ」『まどかっ……まどか』

まど神「ほむらちゃ、ぁ/// ん……」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:28:10.33 ID:qD1Eg9X90
――風呂

まど神「ソウルジェムね……私なら……」スッ

ほむら「あっ……ま、まどっ、あっ」

まど神「ティヒヒ……どう? 左手で輪をつくってジェムに触れて、右手で輪に人差し指を出し入れするだけで……」

ほむら「えっ、あっ、まど……あっ/// あっ///」

まど神(神様も役に立つな~……ほむらちゃん自分から腰振っちゃってる)

ほむら「あっ、あっ、まどか……まどかっ」

まど神(お風呂でシャワー浴びるだけのつもりだったのに……)

まど神(疲れるから脱水症状起きなければいいけど)


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:32:06.30 ID:qD1Eg9X90
――就寝

ほむら「……まどか……」

まど神「大丈夫だよ、消えたりしない」

ほむら「そうよね……」

まど神「又明日、いっぱいしよ? 土曜日だもん」

ほむら「ええ……」

まど神「でもちゃんと魔獣討伐は頑張って欲しいな?」

ほむら「頑張るわ!」

まど神「じゃあおやすみなさい、ほむらちゃん」チュ

ほむら「おやすみ、まどか……」チュ


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:33:29.66 ID:qD1Eg9X90
あれから毎日、求め合うかのように愛し合ったり(相変わらずまどか気持ち良いわ)、二人で魔獣を倒したり(まどか強かったわ)、
巴マミの家に遊びに行ったり、美樹さやかと佐倉杏子、巴マミを呼んで5人で遊んだりしたわ。
勿論、私以外はまどかの事を知らない。この世界でまどかを知っているのは私だけ。秘密を知っているのは私だけ。
全部私のもの……。愛してる、まどか。いつまでも一緒に居ましょう。……死ぬ時も、ずっと。


短いけど終わり
中途半端だから終わらせたかったんだ


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:35:28.01 ID:Lg+rf91Z0
乙乙乙


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:36:29.04 ID:QGzo2bOU0

ちょっと円環されてくる


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:37:32.78 ID:LbyPcClw0
乙乙
ハイクオリティなほむまどが見れてよかった
でももうちょっと見たかった気もする


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:48:15.37 ID:csvREkxO0
おつおつ
ほむまどほむ!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ