Powered By 画RSS


春香「アイドルたちに欲情しないんですか?」P「去勢したからな」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:33:40.98 ID:AMqU7Td/0
春香「・・・はい?」

P「ん?意味がわからないか?男性器を手術で切除したんだ、そうすると性欲が抑えられる昔からの知恵だよ」

春香「いや!その意味は分かるんですけど、意味がわからないんですけど!」

P「おいおい、落ち着けよwwむしろアイドルのプロデューサーとしては当然の事だぞ?」

春香「そうなのかもしれないですけど、それは違うんじゃ・・・、ああ!うまく言葉がでない!」

P「そりゃあ俺だって悩んださ、だが社長の去勢された股間を見せられたら嫌とは言えなくてな」

春香「・・・・・・え?」

P「本当にあの人はアイドル事務所社長の鏡だな、隗より始めよとはこの事だ、本当に頭が上がらないよ」

春香「ごめんなさい、ちょっと脳のキャパが限界なので社長のことは置かせて下さい・・・」

P「わははww確かにいきなり過ぎたかもなwww」

春香「えーと、・・・じゃあ、ないんですか?」

P「ああ、ないぞ!まあ女性のような割れ目を作る事はしなかったがな、・・・見てみるか?」

春香「ええっ!いや!そんな・・・!それは!でも・・・」

P「遠慮するな、どれちょっと股間に顔を近づけてご覧・・・」ジィィ

春香「だ、ダメですよプロデューサーさん!やめ、やめて下さい・・・」ジー




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:34:53.20 ID:BLDAoaje0
そこまでして…


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:36:15.18 ID:rRmeS43l0
だったら女がやれよ……


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:36:22.69 ID:A8nyJx4P0
本当のブラックは性別すら変えなきゃいけないのか


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:36:30.57 ID:M0+45++20
なるほどこの手を使えば股間を見せることができるのか


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:41:05.10 ID:AMqU7Td/0
P「ふふふ・・・、とは言いつつ目が離せないようだな・・・」ジィィ…

春香「意地悪言わないで下さい///恥ずかしいです///」ジー

P「ん?じゃあやめようか?」ピタ

春香「えっ!!・・・あっ!」

P「ふふ・・・、なんて顔をするんだ春香・・・、いいんだよ、こういう事に興味を持ってもイインダヨ」

春香「あ、あの・・・」

P「なんだい春香?」

春香「き、去勢されたプロデューサーさんのお股、み、見せてください!///」

P「ふふ・・・、よく言えました、ほら、よく見えるように近くによって・・・」ジィィ

春香「は、はい///」ジー

P「よぉくご覧、これが・・・」ジィィィ

春香「・・・・・・///」ジー

P「これがアイドルに見られることを期待して勃起しそう男性器の全貌だよ!」ボロン

春香「ぎゃー!!プロデューサーさんのエッチ!!」バチン!!

P「おぅふ・・・、ふふ・・・、これだからプロデュース業は辞められないぜ!」   HAPPY END


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:42:26.66 ID:cRuGzu8H0
>>9だったら再開してくれる


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:43:21.39 ID:AMqU7Td/0
>>9
ごめんこのネタだけだからマジで終わりだ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:50:58.59 ID:4PwCshn60
良いネタをこんなところで手放していいのか?


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:54:34.79 ID:3x5pgWhP0
他キャラverも書くんだ 今すぐに


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:54:58.56 ID:AMqU7Td/0
亜美「もー!マジで最悪だよ→」

真美「どうしたの亜美?」

亜美「さっきコンビニの帰りに変質者にあってさー、コートの下全裸だったんだよー!変なもの見せるなっつーの!」

真美「あははww寒いのに頑張るね」

亜美「笑い事じゃないよ→、・・・そういえば」

真美「ん?どうしたの?」

亜美「兄ちゃんって亜美達にああいうことしないよね」

真美「そりゃあ、プロデューサーだし?しないって言うよりできないんじゃない?」

亜美「やっぱり?せくし→な亜美達を見ていつも我慢してるのかな・・・?」

真美「そうかも!ということは・・・」

亜美「これはイタズラのチャンス!」

真美「兄ちゃんの我慢を解き放ってあげようよ!」

亜美「善は急げ!こりゃあ矢も盾もたまらないよ!」

真美「事務所にGO!だね!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 22:59:16.76 ID:AMqU7Td/0
―事務所

亜美真美『こんちわー!』

P「うおう!亜美真美!どうしたんだ?今日はオフのはずだろ?」

亜美「いやあ・・・」ニヤニヤ

真美「ちょっとね・・・」ニヤニヤ

P「休息もプロの仕事だと言っただろ!たまの息抜きくらいおとなしくしてろ!」

亜美「それを言ったら兄ちゃんも休息が必要じゃない?」

真美「真美達も兄ちゃんの体調が心配なんだよ→」

P「お、お前たち・・・」ブワッ

亜美「ちょwww泣くこと無いじゃんwww」

真美「そんなに素直に感動されると胸が痛いよwwww」

P「いや、その気持ちだけで100倍力だよ・・・、本当にいい子達だ・・・、マジいい子なんすよ・・・」

亜美(ち、ちょっち困ったね?)

真美(で、でもここまで来たら)

亜美真美《あとに戻ることはできない・・・!!》


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:06:38.03 ID:AMqU7Td/0
P「ふぅ・・・、で?何をしてくれるんだ?」

亜美「ん?えーと・・・、それは・・・」(ヤバイ、何も考えてなかった・・・)

真美「あっ!マッサージ!マッサージだよ兄ちゃん!」

P「おおそうか!ちょうど肩がこってたんだ!助かるぞ!」

亜美(ないす真美!)

真美「じゃあお客さん、上着を脱いでこちらへどうぞ」(でもここからどうするの!?)

P「わははwwなんか本格的だな!」

亜美「それではお手手をこちらへ・・・」ニギッ

真美(な、なるほど)「じゃあこっちの手は真美が・・・」ニギッ

P「おぅふ・・・、双子アイドルに両手をマッサージされるとは・・・」

亜美「よいしょ!よいしょ!兄ちゃんのお手手よいしょ!」

真美「はーい・・・、だんだん上に登っていきますよ→・・・」モミモミ

P(ぐわ・・・、密着されながら揉まれると・・・)

亜美(んふふww亜美達のせくし→攻撃にタジタジだね!)

真美(そろそろイッとく?)


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:12:07.66 ID:AMqU7Td/0
亜美(うん!いくよ!)「兄ちゃん・・・、覚悟ー!」

真美「えーい!」チンタッチ!!

P「!??」

亜美真美『・・・あれ!?』

P「お、おい!いきなりどうした!そんなところを触ってもなにもないぞ!?」

亜美真美『え!?なんで!?』

P「なんでって言われても去勢したからとしか言えないが・・・」

亜美真美『な、なんで!?』

P「かくかくしかじか社長もないよ」

亜美「プロデュース業がそこまで厳しいものだったなんて・・・」

真美「真美達の認識が甘かった・・・、完全敗北だ・・・!」

P「わははwwもしかしていつものイタズラか?www」

亜美真美『そうです・・・、すみませんでした・・・』

P「そこまで落ち込まなくても・・・、なんなら見るか?」

亜美真美『!?』


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:12:57.52 ID:ACULd79/0
きたか


30 :コツカケって睾丸しか入れないみたいだけどなんとなく感触も無いって感じでもええよね? 2014/02/07(金) 23:19:37.06 ID:AMqU7Td/0
P「遠慮するな、どれちょっと股間に顔を近づけてご覧・・・」ジィィ

亜美真美『うあぁ・・・///』ジー

P「ふふ・・・、そんなに顔を赤らめて・・・、大丈夫お前たちとそう大差ないよ・・・」ジィィ

亜美「そんな事言われても・・・」

真美「やっぱり男の人のお股を見るのなんて・・・」

P「・・・じゃあ辞めるか?」ピタ

亜美真美『み、見るよ!』

P「ふふ・・・、正直な子は好きだぞ?」ジィィ

亜美真美『うぅ・・・///』ジー

P「よぉくご覧、これが・・・」ジィィ…

亜美真美「うぁぁ・・・」ジー

P「これが万一のタッチへの為にコツカケを会得して開放された勃起寸前のpだよ!!」ボロン!!

亜美真美『ぎゃー!兄ちゃんのエッチ!!』バチン!!

P「フゥーハハハ!!これだからプロデューサー業は辞められないぜ!!」  HAPPY TWIN END


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:27:16.69 ID:AMqU7Td/0
貴音「・・・話はそれだけですか?」

P「貴音!ちゃんと言う事を聞いてくれ!」

貴音「私とて聞けるものなら聞いています、ですが・・・」

P「貴音の気持ちも分かる!だが・・・!」

貴音「私かららあめんを取り上げる等といけずな事、二度と口にしないで下さい・・・!」ダダッ

P「待て!貴音!!」


―数日前

医者「このままでは・・・」

P「そうですか・・・」

医者「本人には私から伝えましょうか?」

P「・・・いえ、貴音には私から伝えます」

医者「私もその方がショックが少ないと思います、ですが・・・」

P「ええ分かっています、難しい年頃ですからね、十二分に配慮を重ねますよ」

医者「その方がよろしいでしょう」

P「それでは、ありがとうございました・・・」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:31:50.02 ID:AMqU7Td/0
―現在

P「貴音!まだ話は終わってないんだ!」

貴音「これ以上話すことはありません!離して下さい!」

P「俺がただラーメンを取り上げるような話をすると思ったか!?」

貴音「・・・え?」

P「お前の体はこれ以上ラーメンを食べると壊れてしまう、だがお前はラーメンを食べないと心が壊れてしまう!」

貴音「その通りです・・・、私にとってらあめんは響の次に大事な人生の道標、心の拠り所なのです・・・」ポロポロ

P「そんなの俺が分かっていないわけは無いだろう!だから代わりになる食べ物を765プロ総力を上げて探し出しました!」

貴音「あなた様・・・!!」

P「という訳で貴音!」

貴音「はい・・・!」

P「すっぽん食いに行こう!」イケメンスマイル

貴音「・・・すっぽん、ですか・・・?」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:37:59.36 ID:AMqU7Td/0
P「ああ、すっぽんだ!」

貴音「それはらあめんの代わりになるのですか?」

P「ああ、なんせ765プロ総力を上げて探しだしたからな、間違いない!」

貴音「では試さないわけにはいかないでしょう・・・」

P「そう言ってくれると助かるよ!じゃあ予約してる店に行くぞ!」

貴音「はい・・・」


―すっぽん屋

貴音「・・・!これは凄いところですね!」

P「そうだろう!この水槽に泳いでいるすっぽんを選んで調理してもらえるんだぞ!貴音、選んでみろよ!」

貴音「それでは・・・、この元気に泳ぎ回っている子を・・・」

店員「おっ!嬢ちゃん見る目があるね!ちょいちょい~のほいっと!では料理ができるまで少々お待ち下さい」

貴音「お願いいたします・・・」

店員「おっと!こんなべっぴんさんにお願いされたらおじさん張り切っちゃうぜ!あらよっと~!」

P「わははww楽しい店だな貴音」

貴音「まことに・・・」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:45:06.32 ID:AMqU7Td/0
―座敷

P「貴音、すっぽんは初めてか?」

貴音「ええ、生まれてこの方らあめん以外の食べ物を口にしたことはありません」

P「そうか・・・、なんか悪かった・・・!」

貴音「あやまらないで下さいませ」

店員「はいよー!すっぽん鍋お待ち!熱々のうちに召し上がってくだせえ!」

P「おっ!鍋が来たぞ!さあ食おう!精がつくぞ!」

貴音「はい・・・、いただきます・・・、!!」

P「・・・どうだ?うまいか?」

貴音「ええ、あまりの美味しさに頬が落ちそうです、それに・・・」

P「わははww変な気分になって来ただろう?若けりゃ尚更だなwww」

貴音「いけずな事をおっしゃらないでください///・・・?この部位はなんでしょう?」

P「ああ、それはペニスだな」

貴音「噂には聞いていましたが本当に食すのですね///これがスッポンの・・・」

P「いや、それは俺のペニスだ」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:45:54.53 ID:g0g3ZSsJ0
入れんなwwwww


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:49:02.63 ID:HLPujSwN0
アホかこいつ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:50:05.76 ID:AMqU7Td/0
貴音「!?」

P「アイドルとすっぽんを食ってまともでいられる自信がなかったからな、思い切ってやっちゃいましたww」テヘペロ

貴音「あ、あなた様と言う人は・・・!」

P「これもお前に良くなってほしいと言う俺の気持ちなんだが、・・・ちょっと重すぎたか?w」

貴音「わ、笑い事ではございませぬ!早く病院へ・・・!」

P「いやー、流石にそこまで美味しく煮こまれたらもう無理じゃないか?いいからぐいっと行ってくれよ!それが供養になる」

貴音「あ、あなた様の・・・を///」

P「さあ!一思いにがぶっと!」

貴音「あなた様・・・!」

P「頼むぜ!」

貴音「ええいままよ!」カプッ

P「お、おうぅ・・・、貴音が俺のおちんちんを・・・!」ゾクゾクッ

貴音「あ、あにゃたひゃま///」モグモグ

P「どうだ?俺のちんちんは美味かったか?」

貴音「・・・・・・///」コクン


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 23:57:49.21 ID:AMqU7Td/0
P「よし!ラーメン以外の物を美味いと思えたならもう大丈夫だ!安心したよ!わっはっはwww」

貴音「ですがあなた様・・・!」

P「ん?どうした貴音?」

貴音「あなた様の、・・・は大丈夫なのですか?」

P「ん?股間か?気になるなら見てみるか?ここの板前さんはちんちんを切り慣れてるからそんなにひどくないが」

貴音「どうか拝ませて下さいませ・・・」

P「そこまで言うなら、顔を近づけて良くご覧・・・」ジィィ

貴音「無いと分かっていても恥ずかしいものですね・・・///」ジー

P「まあそういうものだろう・・・、大丈夫・・・、大丈夫だから・・・」ジィィ

貴音「・・・・・・///」ジー

P「よぉくご覧、これが・・・」ジィィ…

貴音「あ、あ・・・///」ジー

P「これが貴音が食べちゃったと思ってるすっぽんによって超絶臨戦態勢になった無修正勃起ちんちんだよ!」ボッキーン!!

貴音「きゃあああ!!!あなた様のいけず!」バチーン!!

P「わっはっはwwwこれだからプロデューサー業はやめられん!ちなみに冒頭のお医者のシーンは
  ちょっと食べる量を控えなさいって程度で特に貴音の体に異常はないぜ!やったね!」   HAPPY MYSTERIOUS END


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/08(土) 00:11:26.89 ID:6me/I/Ym0
想像以上にノリノリでクレイジーな>>1だった


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/08(土) 00:19:08.25 ID:V26yTFiT0
なんだこのP…


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391780020/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ