Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まこ「キングクリムゾン!」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:14:58.07 ID:L0TIiBMm0
私の祖父は、私に麻雀を教えてくれた。
その時のことは全く覚えていない。
麻雀を覚えた時のことを、私は覚えていない。

ただ、店主である祖父が客の中にまじって、
卓を囲んでいるのを、延々と、ただじーっと見ていたらしい。

そんな私を祖父は抱えあげて、
自分の膝の上に座らせて、そのまま麻雀を続けた。
祖父の膝の上では、祖父の心臓の音が聞こえた。
たばこを何十年も一日一箱吸った口からただよう、祖父の息のにおいや、
その時見た盤面や人々の表情や声は、はっきりと覚えている。

私が高校に入って、部員が一人しかいない麻雀部に入ったのは、
家が元雀荘だからというよりは、
この経験に因るものが大きいと思う。

麻雀部の部室を初めて訪れたときのことだ。
ノックをして、失礼しますと言ってからドアを押すと、
彼女は、広くて天井の高い部屋に、
ぽつんと置かれた自動雀卓に一人で座っていた。




2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:16:16.55 ID:L0TIiBMm0
彼女は雀卓からドアのほうが見える席に座っていたのに、
私に気づかなかったようだった。
ただ、自動雀卓の真ん中にある、
ふたつのサイコロが閉じ込められている小さな部屋を見つめていた。

私はもう一度声をかけた。
「麻雀部に入りたいんですけど」
彼女は目を上げて私の方を見た。
うつろな表情をしていた。
だがそれは一瞬のことだった。

顔に生気が戻ったかと思えば、
イスを後方に勢い良く飛ばしながら立ち上がり私に駆け寄って、
私の両手を包むように握り、
麻雀部が廃部同然だったのを彼女が再生しようとしていること、
インハイの団体戦で優勝するのが目標であること、
ただ部員が全く集まらなくて困っているため、
新しい部員が来てくれたことは大変喜ばしいということを、
ものすごい早口でまくしたてたあと、
「ごめんなさい、いきなりしゃべりすぎよね。
 私は2年の竹井久。この麻雀部の部長です」と言った。

私はうろたえながら、どうにか「染谷まこです」と自己紹介した。


3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:17:47.06 ID:L0TIiBMm0
その年は結局私以外の部員は入ってこなかった。

「ねえ、まこはコンタクトにしないの?」
久はパソコンに向かって、肘をついてインターネットをしながら、
気の抜けた声でつぶやくように言った。

「わりゃーには関係ないじゃろが」
私は雀卓のイスに座って、本を読みながら、
そこから目を離さずに言った。

「きっとメガネ外したらかわいいと思うんだけどなー。
 もったいないなー」
「いやじゃ」
「何? 目の中に物入れるのが怖いとか?」
「おまえさんにゃー関係ないじゃろ」

人数が足りないから二人麻雀しかすることがなくって、
最初は珍しさもあって熱心にやったけどすぐに飽きてしまって、
その後はひたすらだらだら過ごすだけだった。


5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:18:37.48 ID:L0TIiBMm0
私が部室で、高校に入ってはじめての中間テストの勉強をしていると、
久が突然、
「雀荘に行くわよ、まこ!」
と言い出した。

「この状況はさすがにやばいわ。
 全然私達麻雀してないじゃない、麻雀部なのに!」
「…中間テストはどうするん?」
「一夜漬けでなんとかなるわよ」
「自分一人で行きんさい」

久は、ふーん、いいもーん、とわざとらしくいじけて、
「ルーフトップっていう名前のよさげな雀荘なんだけど。
 かわいいメイドさんもいるらしいし」
と言ってにやりと笑った。

私は、メイド服で店を手伝っているのを知られるのがなんとなくいやで、
久には家が雀荘であることすら言わずにいた。

「へえ」
私はうろたえる気持ちを隠そうと、またノートに目を落として勉強をするふりをした。


6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:19:18.30 ID:L0TIiBMm0
その日の夕方、久は予告通り店に来た。

私が自分の部屋で勉強をしていたところに
(店の手伝いは休ませてもらっていた)、
母が「お友達が来たわよ」と声をかけてきて、
ああやっぱりと思いながら店に顔を出すと、
すでに久は常連のおっさんたちにまじって麻雀を打っていて、
私を見て「あら今日はメイドさんじゃないの?」と残念そうに言った。

たぶんふざけていったんだろうけど、
私には、久がほんとうにそう思って言ったように感じられて恥ずかしくなって、
それを恥ずかしいを思っている自分がまた恥ずかしかった。

「そんなことより、まこも混ざりなさいよ。
 私の麻雀部で初めての、まともな活動なのよ」
ずるいなあ、と思いながら「しゃあないか」とつぶやいて、
私は中間テストを諦めて、東一局の配牌をながめて、
ここからアガれる確率は何分のいくつなんだろうと、
習いたての数学Aの内容を使って考えようとしたけど、すぐにやめた。


7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:20:15.90 ID:L0TIiBMm0
久は『活動』と称して、うちの店でバイトを始めた。
私は髪をストレートにしてコンタクトをつけ始めた。
まっすぐに伸びた髪の毛は肩まで届いた。
外は梅雨独特のもったりした、
虫やカビを活発にさせる雨が降っていて、
店の中には私と久しかいなかった。

静かに床の上に立っている雀卓たちの間で、
久は店の壁に取り付けてある姿見の前に立って、
自分の姿をしげしげと眺めて、くるっと一回転して、
カウンターの中でボーっとしている私に、
「やっぱりメイド服似合うわよね、私。そう思わない?」と振り返った。

「おう、似おうとるよ」と私はおざなりに返事をした。
とはいえ、メイド服を着ておっさんたちを適当に接待しながら、
勝ちを捨てたりなんて絶対にしない久は、
まるでゲットーの女の子がどこかのお屋敷のメイドとすりかわっているようだった。

「まこも似合ってるわ」
「また心にもないこと言いよる」
「本当よー」
「…なんか飲む?」
「紅茶!」


8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:21:27.17 ID:L0TIiBMm0
夏休みの前に、せっかくストレートにした髪を元に戻した。
この髪型が久とかぶっていると思ってしまって
(今思えば、彼女の髪には少し癖があるから、
 かぶってなんてなかったのだが)
その据わりの悪い感じに耐えられなくなったからだ。

二学期になり、久は部室のベランダに面した屋根に出した、
ビーチチェアに寝転がりながら眺めていた。

最初はそんなところで過ごすのは危ないし怖いと思っていたが、
なぜかそれを誰も咎めなかったし、
さらにビーチパラソルまで持ち込まれた
(久は「だって日に焼けちゃうじゃない」と言った)。
天気のいい日は、久は毎日そこに座った。


9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:22:12.25 ID:L0TIiBMm0
久はがビーチチェアに座っているときは、
私もよくベランダに出て、
二人で話をしたり、ただ黙って風を浴びたりした。

しかし、その風がちょうどよく涼しくなった頃には、
久はそこで印刷したインターミドルの牌譜をギラギラした目で追って、
誰々はうちの高校に来ないかしらだとか、
誰々は強いかもしれないけど私達とは合わなさそうだとか、
そんなことばかり話すようになったけど、
結局毎度、原村和が欲しいというところに落ち着くのだった。

私は最初のほうこそ一緒に真剣になっていたが、
あまりに何日もそうしているから、
重要な事なんだろうと思いつつもあくびを我慢しなくなった。

ある日、久がやはりビーチチェアの上で言った。

「わかった。私には権力が必要なのよ」
「はあ?」
「学生議会長になって、原村さんをこの部に入れてみせるわ」


10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:23:13.79 ID:L0TIiBMm0
後に、久は本当にその『権力』を使って、
和と優希をこの学校、そしてこの部に入れ、
他にもいろいろなことに暗躍してしまうのだが、
久が「まこ、推薦人お願いね」と言ってビーチチェアの上に立ち上がり、
足を滑らせて転び、屋根をそのままうつ伏せに滑っていって、
すんでのところで止まり、どうにかこっちに戻ってきた時には、
「ふう、危なかった」と事も無げにしていても目にうっすら涙が浮かんでいて、
私には久に議会長なんて絶対に無理だと思っていた。

屋根からの滑落を阻止するために、懸命に頑張った久の手のひらには、
細かい傷がたくさんできていて、私は持っていたバンドエイドを貼ってあげた。

「おまえさん、手は大事にしんさい。仮にも麻雀部の部長さんじゃろ?」
「別に指は無事だからいいの」

久は手のひらにバンドエイドを貼ったまま、
立候補の書類を用意して記入し、
推薦人の欄に私の名前を書かせて、
その日のうちに立候補の手続きを済ませたのだった。


11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:24:04.75 ID:L0TIiBMm0
翌日、久は演説会で推薦人である私が読む原稿を書いてきた。

『1年の染谷まこです。
 私は竹井久さんを学生議会長に推薦いたします。

 彼女は私の所属している麻雀部の部長であり、
 現在2人しかいないこの部を維持しているのは、
 ひとえに彼女の唯一無二の人徳のなせるものといえるでしょう。

 ……』

「なんじゃこれは」
「当日までにちゃんと練習しといてね」

本来は推薦人が考えるべき文章を、
立候補者が書いてくるというのもおかしいが、
自らを称える文章を、家で自分で、
しかも私か書いた体で書いている久を想像するとさらにおかしくて笑った。
久はむくれて、笑わないでよ、私だって真剣なのよ、と言った。


12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:25:05.97 ID:L0TIiBMm0
家に帰って、私は自分で、推薦人演説の原稿を書いてみることにした。

「竹井さんは」と書き出したが、
他人行儀な気がして、それを消して「久は」と書きなおした。

「とても頼りになって」と書いて、
嘘はいけないと思って「何考えてるかわからんくてはっきり言って変人で」と書きなおした。

この時点で、別に推薦するのは久なんだから、
別に演説っぽくしなくていいんだ、という前提がうっかり生まれていた。

「ですが、麻雀部、ひいては学校には決して欠かせない存在だと考えます」と書いて、
「いつも部室ではぼーっとしとるだけで実際麻雀するのはうちの店で週2、3回位」と書きなおした。

「どうか、竹井久をよろしくお願いします」と書いて、
「別に久がどうなろうが構いません。勝手にすればええ。
 じゃけど、どうなろうと私は」と書きなおしたところで、
それを書いていたノートのページを乱暴に破り取って捨てた。

電気を消してベッドに入り、推薦文を書くのはとてもむずかしい、
と頭のなかでに何度もつぶやいた。


13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:26:03.88 ID:L0TIiBMm0
前に述べたとおり、久は学生議会長に選ばれた。

久は原稿を一切用意せずに演説に臨んだ。つまり勢いで押した。
私はおとなしく、久の用意した原稿を丁寧に読んだ。
この対比を、久は計算していたのだ。

なんだか面白い人だけど大丈夫なのかな、と思わせて、
推薦者の私が安心感を補強する。

「わしゃーようせんわ」
「別にー。私はこういうの慣れてるし」

私達はベランダの壁にもたれかかり、
副会長率いる男勢によって、
部室にベッドが運ばれるのを見ていた。

「ああ、権力って素晴らしいわやっぱり」
久は目を細めた。


14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:27:05.04 ID:L0TIiBMm0
久が忙しくなって、部活になかなか出られなくなっても、
私は毎日なんとなく部室を開けてそこで過ごした。

ベッドに寝転がって雀卓の方を見ると、
そこに一年前の久が座っているような気がした。
実際座っていたかどうかはわからない。
あの時そこに座っていたのは、
もしかしたら来るかもしれない部員を待っていただけで、
一年前の今日は別のところにいたかもしれない。

でも、メガネを外してぼやけた視界からは、
どんな意味だって引き出せる気がした。

そのうちに、久が「ただいま」と言って部室に入ってきた。
私は返事をせずに寝たふりをしてみた。


15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:28:04.04 ID:L0TIiBMm0
「まこー、いないのー?」
「まこー」
「ああ、ベッドにいたんだ」

久がとすんとベッドに腰掛けて、マットレスのスプリングが何回か揺れて止まった。

「ねー、まこー、聞いてよー。大変だったのよ今日もー」
「寝たふりしてないで起きなさいよー」

久は私を強く何度も揺すった。

「本当に寝てるの…?」
「ふーん…」

久のシャンプーの匂いが強くなった。
そして、「…まこ、かわいいわ」という囁きとともに、
ほっぺたと鼻筋を久の指先がそっと伝う感じがして、
反射的に「うわー!」と叫んで飛び起きてしまった。顔は熱くなっていた。
久は私を見てげらげらとベッドの上を笑いころげた。


16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:29:16.77 ID:L0TIiBMm0
和と優希(と咲)が入ってくる入学式の前日、
久と私は部室で紅茶を飲んでいた。
久は学生議会の何かがあって、
私も入学式の準備の何かで学校にたまたま来ていて、
終わった後なんとなく部室に来てお茶を飲んでいた。

「まことふたりきりで飲むお茶もこれが最後かもね」
「またわざとらしいことを言いよるの」
「本気で言ってるのよ?」
「久の言うことはいつもわざとらしいんじゃ」
「ひっどーい」

会話はいつもより途切れがちだった。

「和と優希が来るから、今年は団体戦に出られるわ」
「しかし、部員をもう一人探さんと人数が足らんぞ」
「大丈夫。まこみたいに一人くらいひょっこり入ってくれるわよ」
「そりゃ、別に去年入ってきたのがわしじゃあのうてもよかったちゅうことかい」

私は他愛無い返しをしたつもりだったけど、
久は急に真剣な顔になった。


17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:30:06.52 ID:L0TIiBMm0
「ねえ、まこ。

 一年前にまこがこの部に来てくれなかったら。
 私はこの部を続けていられてたかどうかわからないわ。
 1年生の1年間、ずっと、誰かが来るのを待っていた。
 待つだけで、気持ちはどんどん黒く死んでいってたの。
 でも、誰かが助けてくれるって信じて、私は部をたたまなかった。

 そこにまこが現れて。
 ああ、やっと助けが来た、と思って、
 いきなり、まこの手を握っちゃったわよね。
 その時に、何だかおかしいんだけど…

 この子を全国に連れて行きたい、
 って思っちゃったの。連れて行って欲しい、じゃなくって。
 ずっと助けを求めるだけだったのに、
 急に強い気持ちがわきあがってきたの。
 ていうか、もともとこういう奴なのよね、私って」


18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:31:04.20 ID:L0TIiBMm0

「じゃけど…、別にわし以外の部員が入ってきたわけじゃないし、
 結局予選にすら出られんかったし、練習もできたわけでもないし…」

「予選っていうか、インハイは今年出るからいいのよ。
 あと私達練習しなくてもまあまあ強いじゃない。
 来年からはもうちょっと頑張んないとダメだと思うけど」

久とこういう話をするのは多分初めてで、
私は気恥ずかしくて久の顔が見られなかった。

「でも、まこと二人きりの時間が少なくなるのはちょっとさみしいかな」
「ほんまに、ようそんな歯の浮くようなことを平気で…」
「だって、まこと一緒にいると、時間があっという間に過ぎていくもの」


20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:33:31.96 ID:L0TIiBMm0
みじかいですが終わりです。
VIPに一回投下失敗しちゃって…、
その際はご迷惑おかけしました。申し訳ないです。


21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:41:38.98 ID:NiBdufdO0

最後がスレタイに繋がるのか


24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:53:13.03 ID:P2HNCFPbo

良いまこSSだった
決勝戦ではキンクリされないと嬉しいなぁ


25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 14:54:27.88 ID:8Og1vSERo

>>24
そうだな なぜかまこさんが悪者になるからなその場合


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391922897/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2014/02/10(月) 06:18:53

    ネタSSかと思ったら真面目なSSだった
    まこ好きの俺としては嬉しいSS


  2.   2014/02/10(月) 12:59:24

    くそっ、絶対メガネを外しながら柱の影に入った瞬間体格が変わるジョジョSSだと思ってたのに


  3. 2014/02/10(月) 16:29:16

    スレタイ詐欺だったけど実にすばらだった


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。