Powered By 画RSS


魔王「あなたを肉便器にします」 女戦士「なんと」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 22:58:47.89 ID:8edk4Xv90
魔王「陵辱の限りを尽くします」

女戦士「なんと」




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:00:08.99 ID:8edk4Xv90
魔王「まず鎧を脱がせます」

女戦士「やめてください、はずかしいです」

魔王「おっぱい大きいですね」

女戦士「あ、ありがとうございます」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:01:19.34 ID:8edk4Xv90
魔王「鎧の下の服も脱がします」

女戦士「やめてください、下着が見えてしまいます」

魔王「大丈夫です、下着も脱がします」

女戦士「なんと」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:03:17.40 ID:8edk4Xv90
魔王「ブラジャーを脱がします」

女戦士「やめてください、おっぱいが見えてしまいます」

魔王「かわいいおっぱいだと思いますよ」

女戦士「そうですか」

魔王「良い乳首の色ですね」

女戦士「ありがとうございます」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:04:35.90 ID:8edk4Xv90
魔王「ではおっぱいを弄ります」

女戦士「くすぐったいです」

魔王「でも段々と乳首が勃起していますよ」

女戦士「わお」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:06:21.99 ID:8edk4Xv90
魔王「乳首にしゃぶりつこうと思います」

女戦士「やめてください、感じます」

魔王「でも気持ちいいでしょう?」

女戦士「はい」

魔王「それはよかった」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:07:49.41 ID:8edk4Xv90
魔王「では脇をペロペロしてもよろしいでしょうか」

女戦士「お断りします」

魔王「肉便器に拒否権なんてありません」

女戦士「なんと」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:10:02.35 ID:8edk4Xv90
魔王「脇の臭いが強烈です」

女戦士「処理する機会がなかなかないので」

魔王「しかし私はこういう臭いが好きです」

女戦士「変態ですね」

魔王「変態じゃないです」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:11:23.13 ID:8edk4Xv90
魔王「次はおへそもペロペロしていいですか」

女戦士「だめです」

魔王「あなたに拒否権はありません」

女戦士「やっぱり」

魔王「肉便器なので我慢してください」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:13:23.36 ID:8edk4Xv90
魔王「お腹から下腹へのラインが好きです」

女戦士「変態ですね」

魔王「変態じゃないです」

女戦士「おへそも好きなんですね」

魔王「大好きです」

女戦士「変態ですね」

魔王「変態じゃないです」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:15:25.06 ID:8edk4Xv90
魔王「気持ちいいですか」

女戦士「正直なところ、おへそはくすぐったいだけです」

魔王「なんと」

女戦士「脇もくすぐったいだけでした」

魔王「では耳はどうでしょう」

女戦士「あっ、耳は弱点です、やめてください」

魔王「やめません」

女戦士「そんな」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:17:44.57 ID:8edk4Xv90
女戦士「体が熱くなってきました」

魔王「ではその快楽を高めます」

女戦士「ほほう」

魔王「これは強力な媚薬です」

女戦士「なんと」

魔王「これをあなたに飲ませます」

女戦士「やめてください」

魔王「やめません」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:20:08.11 ID:8edk4Xv90
魔王「どうですか媚薬の効果は」

女戦士「とても気持ちいいです」

魔王「そうですか」

女戦士「おっぱいを弄らないでください、感じてしまいます」

魔王「そうですか」

女戦士「あん」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:22:19.31 ID:8edk4Xv90
魔王「おっぱいだけではイけないでしょう」

女戦士「はい」

魔王「どうしてほしいか言ってください」

女戦士「下も弄ってほしいです」

魔王「下だけではわかりません」

女戦士「おまんこを弄ってほしいです」

魔王「わかりました」

女戦士「わあい」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:25:34.49 ID:8edk4Xv90
魔王「おまんこを弄りました」

女戦士「イッてしまいました」

魔王「ぐしょぐしょのパンツを脱がしてしまいます」

女戦士「やめてください、恥ずかしいです」

魔王「こんなに濡らして何を言うんですか」

女戦士「ああん」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:27:30.44 ID:8edk4Xv90
魔王「下品な剛毛が生えていますね」

女戦士「処理する時間がありませんでした」

魔王「私は好きです」

女戦士「変態ですね」

魔王「変態じゃないです」

女戦士「そろそろ認めてください」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:30:39.73 ID:8edk4Xv90
魔王「そんなことを言うとこうです」

女戦士「やめてください、指を入れないでください」

魔王「こうです」

女戦士「あっ、二本だなんてそんな」

魔王「スポットはここですか」

女戦士「あっ、やめてください、またイッてしまいます」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:33:06.00 ID:8edk4Xv90
魔王「またイきましたか」

女戦士「またイきました」

魔王「そろそろ物足りなくなってきましたか」

女戦士「そんなことはありません」

魔王「ではまた指でイかせます」

女戦士「あっ、イッたばかりですやめてください」

魔王「やめません」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:35:15.38 ID:8edk4Xv90
魔王「またイッてしまいましたか」

女戦士「潮まで吹いてしまいました」

魔王「まだ指で満足ですか」

女戦士「そろそろ物足りません」

魔王「ではどうしますか」

女戦士「おちんぽがほしいです」

魔王「よろしい」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:37:39.67 ID:8edk4Xv90
魔王「ですが言い方がだめです」

女戦士「なんと」

魔王「もっと淫乱っぽく言ってください」

女戦士「私のおまんこに、あなたのちんぽをぶちこんでください」

魔王「もう一声」

女戦士「極太ちんぽであへあへ言わせてください」

魔王「分かりました、挿入します」

女戦士「わあい」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:41:18.14 ID:8edk4Xv90
魔王「とてもキツくて気持ちいいです」

女戦士「あっ、魔王様のちんぽ大きいです」

魔王「乱暴に突かれるのが感じるでしょう」

女戦士「あっ、そんなことないです」

魔王「嘘をつけなくなるまで突きます」

女戦士「そんな、あんっ」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:44:49.15 ID:8edk4Xv90
女戦士「あっ、あんっ」

魔王「いい声になってきましたね」

女戦士「あっ、そんな」

魔王「肉便器らしくなってきました」

女戦士「あんっ、そんな、またイってしまいます、あっ」

魔王「どうぞ」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:47:24.76 ID:8edk4Xv90
女戦士「イッてしまいました」

魔王「しかしまだ突きます」

女戦士「あっ、やめてください」

魔王「いえ、私はまだイッていないので」

女戦士「あっ、そんなっ、はあっ」

魔王「あ、イきます」

女戦士「はい」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:48:12.39 ID:FNVBWt310
従順すぐるwwwwwww


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:48:44.62 ID:njzjrJLi0
冷静過ぎんだろwww


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:49:19.24 ID:8edk4Xv90
魔王「とても気持ちいいです」

女戦士「魔王の精子を注ぎ込まれてしまいました」

魔王「お腹がパンパンのようですね」

女戦士「はい、すごい量でした」

魔王「ですがまだやります」

女戦士「なんと、あんっ」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:51:22.85 ID:8edk4Xv90
魔王「おまんこから精子が垂れ流されています」

女戦士「もうやめてください」

魔王「肉便器の言うことは聞きません」

女戦士「そんな」

魔王「次はアナルを責めます」

女戦士「なんと」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:54:00.79 ID:8edk4Xv90
女戦士「おしりの穴が拡張されてしまいました、あんっ」

魔王「おしりで感じるなんて変態ですね」

女戦士「変態じゃないです」

魔王「嘘はだめです」

女戦士「あっ、だめです、ごめんなさい」

魔王「本当のことを言ってください」

女戦士「はい、あっ、私はアナルで感じる変態女です、ああんっ」

魔王「そうですか」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:56:20.99 ID:8edk4Xv90
魔王「ふう」

女戦士「はあ」

魔王「汁だらけになってしまいましたね」

女戦士「本当に肉便器になった気分です」

魔王「本当に肉便器ですよ」

女戦士「なんと」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 23:59:55.06 ID:8edk4Xv90
魔王「そして数ヵ月後」

女戦士「すっかり腹ボテになってしまいました」

魔王「ですがまだ犯します」

女戦士「お腹の子供が死んでしまいます」

魔王「魔族の子供は丈夫なので大丈夫です」

女戦士「なんと」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:03:23.66 ID:IUnN91f+0
魔王「しかしあなたのような人は珍しいです」

女戦士「そうですか」

魔王「普通は肉便器になったらああなってしまいます」


女僧侶「あああっ!!おちんぽっ!!!おちんぽ気持ちいいのおおおっ!!!!」 ギシギシ

女僧侶「あへぇっ!!あひっ!!イグッ!!魔物チンポでまたイッちゃううのおお!!!!」 ギシギシ


女戦士「わお」

魔王「どうでしょうか」

女戦士「きがくるっとる」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:03:53.93 ID:oNYjT64v0
きがくるっとるワロタwwwwwwwwwww


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:06:27.01 ID:IUnN91f+0
魔王「あなたとの子供は強く育ちそうです」

女戦士「そうですか」

魔王「ですから今日も犯します」

女戦士「そんな、あんっ」

魔王「後ろから犯されるのが好きですね」

女戦士「はい、そうです、あんっ」

魔王「やはり変態だと思います」

女戦士「変態じゃないです」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:08:46.27 ID:IUnN91f+0
女戦士「あへえ」

魔王「気落ちよかったです」

女戦士「体勢が辛いので縄を解いてください」

魔王「だめです」

女戦士「ひどい」

魔王「縛られてる姿だけで興奮します」

女戦士「変態ですね」

魔王「変態じゃないです」


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:12:41.80 ID:IUnN91f+0
魔王「ところで肉便器のあなたに言うのもアレですが」

女戦士「はい」

魔王「好きです、結婚してください」

女戦士「えっ」

魔王「犯してるうちに大好きになってしまいました」

女戦士「えっ」

魔王「やはりだめですか」

女戦士「いいですよ」

魔王「わあい」


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:13:03.12 ID:jW2wSw6s0
まさかの


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:13:25.80 ID:OLYTSNjL0
なんという展開


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:16:39.87 ID:IUnN91f+0
魔王「昨日の今日ですが勇者がやってきました」

女戦士「なんと」

魔王「なのであなたを遠くの町へ避難させます」

女戦士「はい」

魔王「私に代わってその子を強く育ててください」

女戦士「分かりました、ですが縄を解いてください」

魔王「すいません、つい見とれてしまっていました」

女戦士「変態ですね」

魔王「はい、変態です」

女戦士「やっぱり」


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:21:05.51 ID:IUnN91f+0
魔王「行ってしまいました、寂しい」

女勇者「魔王め!とうとうここまで辿りついたぞ!!」

魔王「あっ」

女勇者「貴様のこれまでの悪事!許すわけにはいかん!さあ勝負だ!」

魔王「わお、かわいい」

女勇者「かわっ…ふっ、ふざけるな!!」

魔王「かわいいのであなたを肉便器にします」

女勇者「なっ…なんだとっ!!?」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:24:05.49 ID:IUnN91f+0
女戦士「ただいま戻りました」

子供「オギャー」

魔王「あっ、おかえりなさい」

女勇者「あひぃっ!!イグゥッ!!魔王のチンポぶちこまれてイッちゃううううっ!!!!」

女戦士「わあ、浮気ですか」

魔王「いいえ、かわいかったので犯しました」

女戦士「それは浮気です」

魔王「なんと」



おわり


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:24:35.95 ID:gVysVUVQ0
なんと


おつ


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:27:14.22 ID:JqJjM9XN0
おつ
おもしろかったです


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:36:49.59 ID:IUnN91f+0
なんだか暇なので番外編をかきます
陵辱するキャラというか職業というかをきめてください
>>174


172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:43:34.83 ID:oH/cITa00
総理大臣


173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:43:46.00 ID:GNgjAgVa0
村娘


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:43:48.04 ID:s5aZHbQM0
サキュバス


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:45:54.94 ID:IUnN91f+0
>>174

サキュバス「わたしはサキュバスです」

戦士「なんと」

サキュバス「あなたを犯します」

戦士「なんと」

サイキュバス「がおー」

戦士「えいやー」

サキュバス「きゃー」


179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:47:18.49 ID:IUnN91f+0
サキュバス「負けました」

戦士「勝ちました」

サキュバス「ではさようなら」

戦士「まってください」

サキュバス「なんでしょうか」

戦士「えいやっ」 ボグッ

サキュバス「ぎゃあ」


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:48:43.47 ID:IUnN91f+0
サキュバス「捕まりました」

戦士「捕まえました」

サキュバス「私をどうするつもりですか」

戦士「珍しいのでオークションにかけます」

サキュバス「なんと」

商人「会場はこちらです」

サキュバス「人間ってこわい」


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:50:50.66 ID:IUnN91f+0
商人「本日の商品です」

戦士「美人なサキュバスです」

サキュバス「縄を解いてください」

戦士「だめです」

商人「では実際に使用具合をお確かめください」

サキュバス「えっ」


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:54:03.12 ID:IUnN91f+0
観客「おっぱいがやわらかいです」

サキュバス「あたりまえです」

戦士「服をやぶります」

サキュバス「あっ、やめてください、高かったのに」

観客「乳首おいしいです」

サキュバス「あっ、気持ちいいっ、ああんっ」


189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:56:02.49 ID:IUnN91f+0
観客「手コキをお願いします」

商人「私もです」

サキュバス「わかりました」

戦士「じゃあ私は口を使います」

サキュバス「やめてください息ができません」

戦士「だめです、使います」

サキュバス「ひゃあ」


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:58:35.89 ID:IUnN91f+0
戦士「イきます、口に出しますよ」

サキュバス「うげぇ」

観客「私ももう出ます」

商人「はあ、たっぷり出ました」

サキュバス「精液まみれです、ひどい」

戦士「次は下も脱ぎましょう」

サキュバス「えー」


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:01:06.66 ID:IUnN91f+0
観客「とても気持ちいいです」

サキュバス「あん、あっ」

観客「中に出します」

サキュバス「あっ、そんな、あんっ」

観客「なんと、ちんぽが枯れてしまいました」

サキュバス「サキュバスですから」

戦士「しまった」


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:02:53.19 ID:IUnN91f+0
商人「ではこれを使いましょう」

サキュバス「なんでしょうか」

商人「精力を搾り取れないようにする薬です」

サキュバス「やめてください、注射はこわいです」

商人「えい」

サキュバス「きゃー」

商人「ついでにひどく淫乱になります」

サキュバス「そんな」


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:05:48.50 ID:IUnN91f+0
商人「どうです、体が熱くなってきたでしょう」

サキュバス「そんなことありません」

戦士「では試してみましょう」

サキュバス「あっ、やめてください」

戦士「えいっ」

サキュバス「んぎひいいいいいいいいっっ!!!??」

戦士「えい、えい」

サキュバス「あっ!あぎひっ!!やらっ、やめへえええっ!!!」

商人「わお」


202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:10:02.08 ID:IUnN91f+0
戦士「とても気持ちいいです」

サキュバス「ひぐっ、イグっ!!またイッちゃううう!!!!」

戦士「おう、イッてしまいます」

サキュバス「あひっ!やぁっ、お腹に精液注がれてるうううう!!!!」

戦士「ふう」

サキュバス「あへっ…あっ…はひぃ……」

商人「倒れないでください、お客さんはまだいっぱいいます」

サキュバス「ひどい」


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:14:34.27 ID:IUnN91f+0
サキュバス「はひぃっ!!イイッ!!いいのっっ!!オチンポ気持ちいいのおっっ!!!」

女戦士「なんでしょうあれは」

魔王「なんと、奴隷市場ですね」

サキュバス「あっ、イグッ!!またイクゥっ!!!あっ!!はひいいっ!!!」

女戦士「なんと、すごい顔です」

魔王「普通は犯されればああなります」

女戦士「私もあんな顔をしてたと」

魔王「そうでもありませんでした」

女戦士「わお」


207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:17:50.59 ID:IUnN91f+0
サキュバス「あっ…あへえっ……」

商人「はい、それではこちらお買い上げの方」

観客「きがくるっています、いりません」

商人「なんと」

戦士「どうしましょう」

商人「仕方ないので私達で肉便器として使います」

戦士「わあ、よかったですね」

サキュバス「あはっ…は……はひぃ…嬉しいれす……」

商人「ははは」


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:18:32.95 ID:6vIszuEv0
あれ?くるっとる


209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:19:10.77 ID:IUnN91f+0
女戦士がおかしいだけなので他は基本的にくるいます


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:37:51.69 ID:8/ELWIEl0
女の皇帝

民衆の前で陵辱とか


210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:20:59.23 ID:IUnN91f+0
>>164

女皇帝「魔物に捕まりました」

魔物「捕まえました」

女皇帝「私を殺すつもりでしょうか」

魔物「殺す前に楽しもうと思います」

女皇帝「レイプでしょうか」

魔物「はい」

女皇帝「なんということでしょう」


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:24:22.29 ID:IUnN91f+0
魔物「ちなみに先に捕まえた人達はこうなってます」

村娘「あへえええっ!!!イグッ!!また魔物のチンポでイかされるぅぅっ!!!」

女皇帝「これはひどい」

魔物「そしてこちらは先程捕らえました」

女騎士「くぅ…申し訳ありません女王様」

女皇帝「3Pですか」

魔物「もっとひどいです」

女皇帝「おうまいがっ」


220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:28:08.93 ID:IUnN91f+0
民衆「ざわざわ」

魔物「民主の方達へ、この国は私達が占拠しました」

魔物「なのでこれから女王様を犯します」

女皇帝「いや、その理屈はおかしい」

女騎士「くそっ!離せ貴様ら!!」

魔物「まず二人を四つんばいにして拘束します」

女皇帝「女王なのにひどい」


221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:30:09.97 ID:IUnN91f+0
魔物「そして下着をおろします」

女騎士「なっ…!や、やめろぉっ!!」

女皇帝「はずかしいです、やめてください」

魔物「その割にはもう濡れてますよ」

女皇帝「これはおしっこです」

魔物「なるほど」


224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:32:53.33 ID:IUnN91f+0
女騎士「くそっ!貴様らこんなことをしてただで…おごっ!!」

魔物「うるさいので先に黙らせます」

女皇帝「わお、んもっ」

魔物「とう、とう」

女騎士「んごっ…おっ…ぼほおっ!!」

女皇帝「んぶっ」

魔物「口まんこ気持ちいいです」

女皇帝「にがいです」


228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:35:58.79 ID:IUnN91f+0
民衆「女王様達があんな目に」

民衆「ひどい」

魔物「民衆の方々に見られてますが今の気持ちは」

女皇帝「とても恥ずかしいです」

女騎士「貴様ら…絶対にたたっ斬って…ひゃあっ!?」

魔物「生意気なので浣腸液を注ぎこみます」

女皇帝「ひい」


231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:38:12.54 ID:IUnN91f+0
女騎士「んぎっ…はっ…ああ…」

女皇帝「お腹がパンパンです、やめてください」

魔物「わかりました」

女騎士「くっ…女王様…こんな……!」

魔物「注入をやめて引っこ抜きます」

女騎士「んひいいっ!!?」

女皇帝「あう、うんち漏れそう」


232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:41:00.19 ID:OLYTSNjL0
女騎士いちいちうるせえなwwwwwww


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:41:26.32 ID:IUnN91f+0
女騎士「くっ…こっ…これしきのこと……」

女皇帝「もう駄目です、うんち出ます」

魔物「どうぞ」

女皇帝「んぐっ」 ブビュウッ

民衆「そんな、女王様がうんちを」

魔物「そっちも早く出してください」 ボグッ

女騎士「んぎいいいっ!!!!??」 ブビュビュブッ


235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:44:33.26 ID:IUnN91f+0
魔物「うんち漏らしてるような人が皇帝とか騎士とかひどい」

女皇帝「よく言われます」

女騎士「くっ…き…貴様らあ……」

>>232「女騎士いちいちうるさいです」

魔物「うるさいので早めに犯してしまいます」

女騎士「なんっ…ふぎいいっ!!?」

魔物「ついでに口も塞ぎます」

女皇帝「わあひどい」


238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:46:21.60 ID:HpxvxaFB0
よく言われるのかよwwww


240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:47:49.53 ID:IUnN91f+0
魔物「なかなか気持ちいいです」

女騎士「っ…ぉっ……っっ……!!!」

魔物「いっそのことお尻も同時に責めます」

女騎士「んぉっ…!!っ…んーっ……!!!」

女皇帝「すごいあへ顔になってます」

魔物「実はさっきの浣腸液が媚薬です」

女皇帝「はあ、体がすごく熱いと思ったら」

魔物「女王様もすぐ同じようにします」

女皇帝「なんてこった」


245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:52:26.19 ID:IUnN91f+0
魔物「えいっ」

女皇帝「んぐっ」

魔物「両穴責めです、どうでしょう」

女皇帝「気持ちいいです」

魔物「隣の人みたいにアヘ顔晒してください」

女皇帝「一応女王として辱めに耐えたいと思います」

女騎士「あひっ!!あっ、あんっ!おひりぃ…お尻でイッちゃううう!!」

女皇帝「うるさいです」


249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:55:31.91 ID:IUnN91f+0
女皇帝「あっ、イきました、ひどい」

魔物「もっとよがってください」

女皇帝「そんな殺生な」

魔物「ならば媚薬を追加します」

女皇帝「ひゃあ、より感じます」

魔物「そして大きいチンポを用意します」

ミノタウロス「もー」

女皇帝「わーお」


251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 01:59:25.86 ID:IUnN91f+0
女皇帝「やめてください裂けてしまいます」

魔物「これだけ媚薬を入れれば痛くない筈なので大丈夫です」

ミノス「もー」

女皇帝「ふぎいっ」

ミノス「もーもー」

女皇帝「あっ、やめてくだ…んぎっ……!」

魔物「我慢しないでいいんですよ」

女皇帝「あっ…は…ひっ……!」


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:04:51.81 ID:IUnN91f+0
魔物「制圧しました」

魔王「お疲れ様でした」

女皇帝「あはっ!ひぃっ!イイのぉっ!!淫乱マンコで感じちゃうぅっ!!」

女皇帝「ああっ!!はひっ!見られながらイッちゃうっ!!見られながらまたイッちゃうのぉぉっ!!!」

女戦士「またきがくるってる」

魔王「でもかわいい」

女戦士「だめです」

魔王「ひどい」


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 00:41:30.41 ID:iUGTTEjqi
生まれたこども


254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:07:13.02 ID:IUnN91f+0
たぶんこれで終わり

>>167

幼女「はじめまして、まおうのむすめです」

勇者「わお」

幼女「きょうははじめてのおつかいです」

勇者「ほうほう」

幼女「やおやさんはどっちですか」

勇者「こちらです」


256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:07:51.58 ID:OLYTSNjL0
新シリーズキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:08:57.34 ID:IUnN91f+0
幼女「ここはやおやさんじゃないです」

勇者「あたりです」

幼女「ここはどこですか」

勇者「ラブホテルです」

幼女「なんと」

勇者「あなたを犯します」

幼女「ロリコンですか」

勇者「ロリコンじゃないです」


258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:10:24.72 ID:IUnN91f+0
勇者「まず魔法をかけます」

幼女「うごけません」

勇者「服を脱がします」

幼女「恥ずかしいです」

勇者「ぺったんこですね」

幼女「うるさいです」


260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:12:26.75 ID:IUnN91f+0
勇者「こぶりの胸がかわいいです」

幼女「やめてください、くすぐったいです」

勇者「そのうち気持ちよくなります」

幼女「やめてください、へんなかんじになります」

勇者「それが感じてきた合図です」

幼女「そんなばかな」


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:13:53.28 ID:IUnN91f+0
勇者「ペロペロします」

幼女「おっぱいをなめないでください」

勇者「ペロペロします」

幼女「はなしをきいてください」

勇者「ペロペロします」

幼女「変態ですか」

勇者「変態じゃないです」


262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:15:34.23 ID:IUnN91f+0
勇者「パンツを脱がします」

幼女「やめてください」

勇者「パイパンおまんこかわいいです」

幼女「さわらないでください、くすぐったいです」

勇者「ローションをかけます」

幼女「つめたいです、やめてください」


264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:17:06.64 ID:IUnN91f+0
勇者「私のビッグマグナムを突き刺します」

幼女「やめてください、そんなの入りません」

勇者「ではローションをじっくり馴染ませます」

幼女「あっ、やめてくださいへんなかんじです」

勇者「気持ちいいですか」

幼女「わかりません」

勇者「わお」


266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:18:28.08 ID:IUnN91f+0
勇者「こころなしか濡れてきました」

幼女「おまたがあついです」

勇者「では私が治します」

幼女「あっ、やめてください、いたいです」

勇者「では媚薬を打ちます」

幼女「なぜそうなる」


268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:21:01.30 ID:IUnN91f+0
勇者「幼女をバックで犯しています」

幼女「なんだか熱いです、あん」

勇者「はあはあ、もうイきます」

幼女「そうろうですか」

勇者「早漏じゃないです、あっ、イきます」

幼女「おなかになにかはいってきました、おぉう」


275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:28:56.79 ID:KvCTHraeO
勇者「ふう、気持ちよかったです」

幼女「じゃあ帰らせてください」

勇者「だめです、あなたはパーティの性奴隷にします

幼女「ひどい」

勇者「首輪と鼻フックをあげます」

幼女「もっとひどい」


279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:32:51.32 ID:KvCTHraeO
勇者「というわけで性奴隷です」

賢者「なんと」

幼女「首輪と手錠を外してください」

勇者「性奴隷の話は聞きません」

幼女「そんな、ひどい」

賢者「手足を切り落としてもいいですか」

幼女「それは流石にドン引きです」


282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:37:50.02 ID:KvCTHraeO
勇者「では街を探索します」

幼女「全裸で街を引きずられます、ひどい」

勇者「ペットなので問題ないです」

幼女「ひどい」

勇者「民家があります、ここでまた犯します」

幼女「なんと」


285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:42:02.29 ID:KvCTHraeO
勇者「まんこ気持ちいいです」

幼女「あん、やめてください」

勇者「ペットが喋らないでください」

幼女「なんと」

勇者「丁度タンスでねこみみバンドを見つけましたので」

幼女「猫の真似をしろと」

勇者「でないと賢者に手足を切り落とさせます」

幼女「ひどい勇者です」


287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:44:47.70 ID:KvCTHraeO
勇者「キツキツまんこは良いものです」

幼女「にゃー」

勇者「あなたもそう思いますか」

幼女「にゃー」

勇者「気持ちいいですか、よかったです」

幼女「いいかげんにしてください」

勇者「手足を切り落とします」

幼女「わーお」


288: 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/07/26(火) 02:45:52.84 ID:rpEEWYSR0
勇者がとてもきちくです


290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:47:23.44 ID:KvCTHraeO
賢者「だるまんこ気持ちいいです」

幼女「やめてください死んでしまいます」

勇者「死んだら生き返します」

幼女「それはそれでひどい」

勇者「鼻フックの間は豚の鳴き声でお願いします」

幼女「ぶひい」


291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:48:35.21 ID:cx9n05kr0
え・・・


293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:49:47.98 ID:KvCTHraeO
勇者「ついに魔王城です」

幼女「久しぶりの我が家です」

勇者「おじゃまします」

魔王「はいどうぞ」

勇者「娘さんを僕にください」

幼女「えっ」

魔王「なにそれひどい」


298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:53:09.66 ID:KvCTHraeO
魔王「結婚する相手に鼻フックをしてだるまにしたんですか」

勇者「はい」

幼女「正気を疑います」

魔王「まあ私もやりましたけど」

幼女「えっ」

女戦士「一度だけ死姦しましたよね」

幼女「えっ」

魔王「若気の至りですね」

幼女「えっ」


300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:55:00.74 ID:gVysVUVQ0
えっ……


302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 02:56:03.84 ID:KvCTHraeO
魔王「娘を幸せにしてください」

勇者「はい」

幼女「今の時点で不幸ですが」

魔王「手足は回復魔法で治します」

幼女「治りました、すごい」

勇者「ここまでやっても平然としてるところに惚れました」

女戦士「血筋ですね」

幼女「そんな血筋嫌です」


306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 03:05:03.30 ID:KvCTHraeO
幼女「そして勇者が魔王城に暮らしはじめました」

勇者「幼女のおまんこ気持ちいいです」

盗賊幼女「らめええぇ!!あたひのおまんこ壊れちゃうのおぉお!!!」

魔王「3Pもたまには楽しいです」

女大統領「あぐっ…!ひっ…いやあ……わらひ大統領らのにぃ……」

女暗殺者「ふぎぃぃっ!イグゥッ!!魔王のチンポ気持ちいいのおぉぉ!!!」

女戦士「浮気はやめてくださいと何度言えば」

魔王「浮気じゃないです、調教です」

勇者「そうです、浮気じゃないです」

幼女「きがくるっとる」



第二部おわり


309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 03:06:26.01 ID:KvCTHraeO
これで>>170付近のも全部でしょうか
おやすみなさい


313: 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/07/26(火) 03:08:12.51 ID:iUGTTEjqi
なんと おつかれさまです


316: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/07/26(火) 03:10:17.95 ID:vI9IUanE0
つぎはさんぶですか


317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 03:11:11.34 ID:cx9n05kr0
それは楽しみです


321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 03:18:01.53 ID:NomDiSiD0
ほすすれば期待してもいいのでしょうか


375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 10:35:27.22 ID:NomDiSiD0
ほすするのですか


389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:02:15.17 ID:IUnN91f+0
なんと、なぜ残っているのですか


390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:03:15.99 ID:qGjC6IOq0
>>389
あなたをお待ちしておりました


391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:03:19.82 ID:NomDiSiD0
>>389なんと、第三部を待っているのです
一睡もしていられません


392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:08:02.18 ID:2RjVslMl0
>>389
はやくしてください


394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:09:44.99 ID:GCkYpqWE0
>>389
やっと来たか


395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:10:03.93 ID:EEAZs+Rm0
>>389
なんと
まさか再度現れなさるとは


397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:20:25.66 ID:IUnN91f+0
わお、では女賢者あたりでよろしいでしょうか
希望のものがあったら書くかもしれませんが


398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:22:34.40 ID:GCkYpqWE0
ありがたや


400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:24:48.65 ID:IUnN91f+0
女賢者「転職しました」

神官「おめでとうございます」

女賢者「早速転職の成果を試します」

神官「待ってください危ないです」

女賢者「えいやー」

魔物「でりゃー」

女賢者「きゃー」

神官「やっぱり」


401:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:26:27.38 ID:IUnN91f+0
女賢者「やられました」

魔物「転職後はレベル1になります」

女賢者「なんと」

魔物「危ないので外は出歩かない方がいいです」

女賢者「そうですか、ありがとうございます」

魔物「ではこれからあなたを犯します」

女賢者「なぜに」


404:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:29:03.64 ID:IUnN91f+0
魔物「股を開いた状態で拘束します」

女賢者「はずかしいです」

魔物「そのわりにはもう濡れています」

女賢者「わお」

魔物「前職は遊び人ですか」

女賢者「はい」

魔物「やっぱり」


405:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:31:11.80 ID:IUnN91f+0
魔物「しかし期待されてるのをそのまま犯すのも癪です」

女賢者「犯さないのですか」

魔物「はい」

女賢者「やったー」

魔物「ですが強力な媚薬を打ち込みます」

女賢者「あうち」

魔物「ですがあなたには触れません」

女賢者「わーお」


408:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:33:36.71 ID:IUnN91f+0
魔物「どうでしょう」

女賢者「ひどいです、体が熱いです」

魔物「では私はでかけてきます」

女賢者「えっ」

魔物「いってきます」

女賢者「まってください、せめて一度イかせてください」

魔物「だめです」

女賢者「なんてこったい」


413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:42:20.50 ID:IUnN91f+0
魔物「ただいま」

女賢者「おかえりなさい」

魔物「どうですか気分は」

女賢者「イきたいのにイけないです、きがくるいます」

魔物「そうですか」

女賢者「イかせてください」

魔物「もっと上手におねだりしてください」

女賢者「ドSですね」

魔物「はい」


415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:45:34.51 ID:IUnN91f+0
女賢者「私のおまんこに魔物様のおちんぽください」

魔物「もう一声」

女賢者「イキ狂ってどうしようもないぐらい犯してください」

魔物「わかりました、えい」

女賢者「くひいいっ!あっ、これっ!これがいいのっ!!おちんぽ欲しかったのおっ!!」

魔物「挿入れたばかりだというのに」

女賢者「あっ、イッちゃうっ!!すぐイッちゃうっ!!魔物チンポ気持ちいいのおおっ!!!」

魔物「きがくるってしまった」


416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:48:11.90 ID:IUnN91f+0
魔物「ふう」

女賢者「あひぃ…はへっ…もっとぉ…もっとチンポほしいのお…」

魔物「しかし私は一度で満足です」

女賢者「なんと」

魔物「なのでその体勢のままどこかへ転送します」

女賢者「なんと」

魔物「どこへ飛ぶかは知りませんが思う存分犯されてください」

女賢者「わくわくします」

魔物「そうですか」


419:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:52:50.59 ID:IUnN91f+0
男「神官様大変です」

神官「なんということでしょう」

女賢者「あっ!またイグゥッ!!おまんこほじくられてイッちゃうううっっ!!!」

武道家「きもちいいです」

神官「きがくるって戻ってくるとは」

女賢者「あへ…あっ…神官様ぁ…神官様もどうですかあ…?まだお尻も口まんこも空いてるんですよぉ……」

神官「では腋まんこでお願いします」

女賢者「その発想はなかった」


399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:23:12.70 ID:qGjC6IOq0
ショタとか


403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 12:27:39.22 ID:NomDiSiD0
王様のメイドさん達とか希望したり


421:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:01:12.32 ID:IUnN91f+0
こちらもやることがあるので
しばしば間が空きます、ゆるしてください
次は>>399>>403です


424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:13:34.97 ID:QNRjzagq0
なんと 期待


426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:22:29.37 ID:IUnN91f+0
ショタ王「送り出した勇者から一向に連絡が来ません」

メイド「へぇ」

ショタ王「どうしてしまったのでしょう」

メイド「魔王城に住みついたという噂を聞きましたが」

ショタ王「えっ、なにそれ」

メイド「魔王の娘と結婚してしまったとか」

ショタ王「なにそれ」


428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:25:09.89 ID:IUnN91f+0
メイド「ちなみに隣国の女大統領と女皇帝様は肉便器になったそうです」

ショタ王「ひどい、こわい」

メイド「もう詰んでると思います」

ショタ王「私はどうすればいいのでしょう」

メイド「考えるのをやめましょう」

ショタ王「なんと」

メイド「ただ快楽に身をゆだねるのです」

ショタ王「メイドがくるった」

メイド「くるってません」

ショタ王「そうですか」


430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:27:00.88 ID:IUnN91f+0
メイド「では失礼します」

ショタ王「やめてください、おちんちんが出てしまいます」

メイド「小さくてかわいいです」

ショタ王「そんな」

メイド「ではご奉仕させていただきます」

ショタ王「あっ、やめてください、きもちいい」

メイド「やめません」

ショタ王「しっと」


433:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:31:21.36 ID:IUnN91f+0
メイド「おっきくなってきましたね」

ショタ王「なんと」

メイド「私のお口に出してもいいですよ」

ショタ王「そんな、あっ」

メイド「じゅっぽじゅっぽ」

ショタ王「あっ、イッてしまいました、どうしましょう」

メイド「王様の精液おいしいです、ありがとうございます」

ショタ王「どういたしまして」


435:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:33:13.40 ID:IUnN91f+0
メイド「ですがまだガチガチです、すごい」

ショタ王「そんな」

メイド「次はパイズリをしましょう」

ショタ王「わお、おっぱい大きいですね」

メイド「王様の為に頑張りました」

ショタ王「頑張ったら大きくなるんですか」

メイド「なりません」

ショタ王「ですよね」


440:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:39:54.16 ID:IUnN91f+0
メイド「どうですか、えいえい」

ショタ王「あっ、やめてください、おっぱいやわらかいです」

メイド「おっぱいなので当然です」

ショタ王「あっ、もうイッてしまいます、ああっ」

メイド「私のおっぱいがザーメンまみれです」

ショタ王「はあはあ」

メイド「楽しかったです、ありがとうございます」

ショタ王「えっ、ここで終わらせるつもりですか」

メイド「えっ」


441:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:41:49.79 ID:IUnN91f+0
ショタ王「もう世界とかどうでもいいです」

メイド「王様がご乱心なされた」

ショタ王「股を開いてください」

メイド「あっ、やめてください、そんな」

ショタ王「今更何を言うんですか」

メイド「本当にやめてください、私まだ処女なんです」

ショタ王「それがどうした」

メイド「なんと」


443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:43:49.01 ID:IUnN91f+0
ショタ王「処女のキツキツまんこ気持ちいいです」

メイド「痛いです、抜いてください」

ショタ王「聞こえません」

メイド「そんな」

ショタ王「はあはあ、中に出しますよ」

メイド「あっ、やめてください、中に出てます、妊娠してしまいます」

ショタ王「それがどうした」

メイド「わーお」


446:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:47:08.21 ID:IUnN91f+0
メイド「疲れました」

ショタ王「しかしまだ続けます」

メイド「絶倫ですね」

ショタ王「はい」

メイド「あんっ、王様のちんぽ気持ちいいです」

ショタ王「これから毎日犯してあげます」

メイド「あっ、そんな」

ショタ王「メイドから肉便器へジョブチェンジですね、やった」

メイド「やってないです」


451:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:53:07.17 ID:IUnN91f+0
ショタ王「えい、えい」

メイド「あっ、あひぃっ!イクゥッ!おまんこハメられちゃうううっ!!」

ショタ王「なんということでしょう、きがくるってしまいました」

メイド「ぎひぃぃっ!!もっ、らめえっ!もうイキたくないのおっっ!!」

ショタ王「もう世界とかどうでもいい」


女戦士「魔王様、最後に残ってた国が墜ちました」

魔王「なんと、世界制服達成ですね」

女戦士「そうですね」

魔王「やったー」


452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 13:53:49.62 ID:aItF1qsY0
魔王可愛いよ魔王


457:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 14:04:09.57 ID:IUnN91f+0
魔王「しかしあなたのおまんこは臭いです」

女戦士「あっ、そんな、恥ずかしいです」

魔王「ぺろぺろ」

女戦士「こっちも魔王様のおちんぽぺろぺろ」

魔王「あっ、やめてくださいイッてしまいます」

女戦士「どうぞどうぞ」

魔王「おーう」


458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 14:08:54.47 ID:IUnN91f+0
魔王「気持ちよかったです」

女戦士「そうですか」

魔王「一度やったところで街へでかけませんか」

女戦士「めずらしいですね」

魔王「たまには野外でもやってみたいです」

女戦士「なるほど」


460:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 14:14:03.42 ID:IUnN91f+0


女武道家「あぁっ!イクゥっ!犯されて感じちゃうよおぉっ!!」

女魔法使い「あっ!あんっ!!チンポぉっ!!極太チンポ気持ちいいのおおぉっ!!」

女盗賊「あひぃっ!!あっ!ど、泥棒入ってごめんなさいぃっ!!もうしないから許してえぇっ!!!」

女戦士「みんなきがくるってる」

魔王「これが私の理想の世界です」

女戦士「えっ」

魔王「私が魔王になったのは夢があったからなのです」

女戦士「初耳です」


462:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 14:18:13.17 ID:IUnN91f+0
魔王「私が征服する前は肉便器とかそういうのは忌避されていました」

女戦士「はい」

魔王「しかし私にはどうしてもそんな世界が納得できませんでした」

女戦士「ほう」

魔王「私は誰もが気兼ねなくアヘ顔ダブルピースできる世の中にしたかったんです」

女戦士「なんと」

魔王「いうなればアヘ顔ダブルピースメーカーとなったのです」

女戦士「きがくるってる」

魔王「きはくるってません」


465:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 14:25:06.98 ID:IUnN91f+0
女商人「あへぇっ、イイよおっ!おちんぽ気持ちいいのぉっ!!またイッちゃうのおおっ!あひぃっ!」

魔王「見てくださいこの街を、みんな楽しくアヘ顔ダブルピースです」

女戦士「きがくるってる」

魔王「こうなれば世界に争いもなくなり、みんな楽しく生きていけます」

女戦士「きがくるってる」

魔王「これこそ真のラブアンドアヘ顔ダブルピースです」

女戦士「きがくるってる」

魔王「こういうのは嫌いですか」

女戦士「大好きです」

魔王「やったー」


467:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 14:28:06.83 ID:IUnN91f+0
魔王「では私達も心置きなく野外露出プレイを楽しみましょう」

女戦士「いいですよ」

魔王「はいピース」

女戦士「あへぇ」

魔王「平和っていいなあ」


第三部・完


468:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 14:29:10.91 ID:IUnN91f+0
今度こそ終わりです
スレは落としてしまってかまいません
おつかれさまでした
あへえ


472:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 14:31:47.32 ID:z8O1oD0j0
なんと
もう終わりですか


487:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 15:17:05.62 ID:M0pxitP80
とてもわらわせてもらいました
乙です


494:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 15:45:47.00 ID:W+YbxeJV0
番外編とかもっと見たかったけど
完結ですか
おもしろかったです
あへえ


481:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 14:48:36.07 ID:pvULAA24O
まだ女遊び人とか村娘とか女海賊が出てないではないですか


504:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:15:43.80 ID:IUnN91f+0
>>481

女海賊「宝探しに来ました」

子分「宝箱を見つけました」

女海賊「やりました、宝箱を開けましょう」

子分「開けました」

触手「こんにちわ」

女海賊「わーお」


509:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:18:11.01 ID:WUpsqUkO0
なんと。続くのですか


512:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:23:02.74 ID:IUnN91f+0
女海賊「さようなら」

触手「逃がしません」

子分「捕まりました」

女海賊「ぬるぬるします」

触手「あなたたちにを苗床にします」

女海賊「バイオベースはトラウマです」

触手「そうですか」

女海賊「はい」


514:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:24:47.21 ID:IUnN91f+0
子分「ぬるぬるします、気持ち悪いです」

女海賊「べとべとするのでやめてください」

触手「お断りします」

女海賊「なんと」

子分「やめてください、服の中に入ってこないでください」

触手「お断りします」

子分「ほーりーしっと」


517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:27:53.65 ID:IUnN91f+0
女海賊「あっ、やめてください、おっぱいに吸い付かないでください」

触手「ちゅーちゅーします」

子分「やめてください」

女海賊「母乳が出てきました、わお」

触手「ちゅーちゅーしたからです」

女海賊「なにそれすごい」

子分「体が熱いです、どうしたことか」

触手「ちゅーちゅーしたからです」

海賊「なにそれこわい」


519:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:30:14.24 ID:IUnN91f+0
触手「ではいただきます」

子分「ひゃあ、おまんこに入ってくる」

女海賊「かわいそうです」

触手「気持ちいいです」

子分「あっ、やめてください、気持ち悪いです、あんっ」

触手「やめません、それどころかもう一本入れてみます」

子分「ひぎい

女海賊「ひゃあすごい」


522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:34:22.48 ID:IUnN91f+0
子分「あっ、やめてください、あひい」

女海賊「耐えてください」

触手「じゅっぽじゅっぽ」

子分「あっ、あんっ、はひいっ」

触手「あっ、イきます、子宮に卵を産み付けます」

子分「あぐっ、らっ、らめええええ!!触手に種付けされてイッちゃうううう!!!」

女海賊「ひゃあ」

触手「まだまだ注ぎ込みます」

子分「ひぎいいっ!らっ、らめへえっ!!お腹やぶけちゃうのおおおっ!!!」

女海賊「なんということでしょう、くるってしまいました」


526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:36:51.49 ID:IUnN91f+0
子分「はへっ…あひぃ…」

触手「すっかり腹ボテになってしまいました」

女海賊「おそろしいです」

触手「一週間程度で生まれます」

女海賊「早過ぎます、おそろしいです」

触手「あなたも股がびしょびしょですよ」

女海賊「これはあなたの体液です」

触手「あっ、そうでしたか」


532:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:39:58.61 ID:IUnN91f+0
触手「せっかくなので種付けの前に楽しみます」

女海賊「あっ、お尻はだめです」

触手「その割にはスルリと入りました、遊んでますね」

女海賊「あっ、そんな」

触手「ずるずる入ります、すごい」

女海賊「あっ、やめてください、そんな深く」

触手「触手なので限度を知りません」

女海賊「そんなばかな」


534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:42:08.40 ID:IUnN91f+0
女海賊「おげぇ」

触手「なんということでしょう、貫通してしまいました」

女海賊「うげぇ」

触手「ひどい顔です、苦しそうです、かわいそう」

女海賊「おえぇ」

触手「一気に引き抜いてあげます」

女海賊「ぎゃあ」


537:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:44:35.58 ID:IUnN91f+0
女海賊「ひどいです、きがくるうところでした」

触手「よくくるいませんでしたね」

女海賊「頑張って耐えたいと思います」

触手「では私も本気を出します」

女海賊「ひゃあ、どうするつもりですか」

触手「体中の穴を同時に責めます」

女海賊「まんまみーあ」


545:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:48:39.80 ID:IUnN91f+0
触手「まずは耳です」

女海賊「きゃあ、やめてください」

触手「次は鼻です」

女海賊「ぶきゅっ、やめてください」

触手「次はお尻です」

女海賊「ぶひんっ、またですか、やめてください」

触手「貫通させて口もです」

女海賊「うげぇ」

触手「いよいよおまんこです」

女海賊「んおぉ」


548:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:53:36.32 ID:IUnN91f+0
女海賊「んげっ、んごっ、ぼほぉっ」

触手「何か言いたそうですね」

女海賊「ぶへっ、やめてください死んでしまいます」

触手「すいません気をつけます、あ、そろそろ種付けします」

女海賊「あっ、やめてください、苦しいです、あっ」

触手「あっ、出ます、お腹に出します」

女海賊「あっ、やらあっ!!やめっ…んぎひいいいぃっ!!!??」

触手「まだ出ます、すごい」

女海賊「らめっ、もうらめええええっっ!!死んじゃうぅぅうぅっ!!!」

触手「すいません、気をつけます」


554:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:00:09.47 ID:IUnN91f+0
子分「あっ、らめええ!!また生まれちゃうっっ!触手生んでイッちゃうのおおお!!!」

女海賊「んひいいっ!!生まれてるっ!!触手の赤ちゃん生まれでるうううっっ!!!」

触手「おめでとうございます、これで20匹目です」

女海賊「あひっ…はひぃ…も…許してぇぇ……」

触手「だめです、まだまだ種付けします」

女海賊「いぎっ、やああっ!!生んだばかりなのに種付けされちゃううぅぅっ!!!」

子分「いやあっ!もうらめ…んひいいいっ!!お腹りゃぶけるうぅっ!!!」

触手「いよいよもってきがくるっとる」


556:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:03:29.09 ID:4oZM7inC0
まさにお前がいうなwwwwww


557:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:03:36.86 ID:r13aHKy00
触手がいわないでほしいです


523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:35:15.62 ID:e5LxBp7X0
なんと、エルフさんがまだくるっていません


525:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 16:36:49.05 ID:4oZM7inC0
なんと王女様が出ていません


574:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:36:18.29 ID:IUnN91f+0
>>523 >>525 

王女「国が滅びてしまいました」

エルフ「なんと」

王女「かくまってください」

エルフ「いいですよ」

王女「ありがとうございます」

エルフ「いえいえ、代わりに犯させてもらいますから」

王女「んもう」


576:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:37:58.94 ID:4oZM7inC0
わあい おうじょさまです


577:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:38:36.76 ID:IUnN91f+0
エルフ「嫌ならいいです、かくまいません」

王女「そんな、1人だと山賊あたりに陵辱されてしまいます」

エルフ「山賊に陵辱されるか私に陵辱されるか選んでください」

王女「じゃあ、やっぱりあなたで」

エルフ「ほほう」

王女「女性同士なのできがくるうことはないと思います」

エルフ「その考えは底が浅いです」

王女「なんですと」


579:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:40:09.72 ID:IUnN91f+0
エルフ「じゃーん」

王女「男でしたか」

エルフ「ふたなりです」

王女「なんと」

エルフ「さあ、しゃぶってください」

王女「あなたダークエルフじゃないんですか」

エルフ「生粋のエルフです」


582:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:42:35.64 ID:IUnN91f+0
王女「ではしゃぶります」

エルフ「お願いします」

王女「ぺろぺろ」

エルフ「ぎこちないです、もっとちゃんとくわえてください」

王女「そんな、フェラなんてはじめてなのに」

エルフ「こうやってください」

王女「んぼぉ」

エルフ「あっ、王女様の喉まんこ気持ちいいです、あんっ」

王女「んぶぅ」


585:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:45:02.59 ID:IUnN91f+0
エルフ「あっ、イキます、喉まんこに注ぎ込みます」

王女「うべぇ」

エルフ「ふう」

王女「げほげほ」

エルフ「気持ちよかったですか」

王女「ひどいことはやめてください、死んでしまいます」

エルフ「それは失礼」

王女「いえ」


587:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:47:42.25 ID:IUnN91f+0
エルフ「でも犯されて感じるんでしょう」

王女「そんなことないです」

エルフ「嘘はいけません」

王女「きゃあ痛い、お尻叩かないでください」

エルフ「痛いのが好きなくせに」

王女「きゃあ、好きじゃないです、やめてください」

エルフ「嘘をつくといじめてあげませんよ」

王女「そんな、ひどい」


591:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:50:35.38 ID:IUnN91f+0
エルフ「雌豚王女様は叩かれて感じるんですね」

王女「はい、そうです」

エルフ「蹴られるのはどうですか」

王女「あっ、蹴られるのも感じます、ああん」

エルフ「首と手足を縛ってあげましょう」

王女「きゃあ、ひどい」

エルフ「とても楽しいです」

王女「そうですか」


592:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:52:54.43 ID:IUnN91f+0
エルフ「変態王女様は次にどうしてほしいですか」

王女「ちんぽが欲しいです、ちんぽをください」

エルフ「うふふ、いやらしい雌豚ですね」

王女「雌豚じゃないです、ひどいです」

エルフ「嘘はだめです、えい」

王女「ぶひい」

エルフ「ひゃあ、ビッチおまんこ気持ちいい」


600:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 17:57:52.23 ID:IUnN91f+0
エルフ「あっ、イッてしまいます、あんっ」

王女「ぶひぃ、中には出さないでください」

エルフ「わかりました、中に出します」

王女「あん、話を聞いてください、ああっ」

エルフ「ふう、気持ちよかったです、お疲れ様」

王女「中に出さないでくださいって言ったのに、ひどい」

山賊「おや、こんなところにエルフが」

エルフ「しまった」


603:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 18:00:38.01 ID:IUnN91f+0
王女「ぶひいぃっ!イグゥッ!汚いチンポぶち込まれてイッちゃうのおおっっ!!!」

エルフ「結局きがくるってしまいました、ごめん」

山賊「次はあなたです、えい」

エルフ「がはっ、やめてください、お腹ぶたないでください」

山賊「えい、えい」

エルフ「きゃっ、痛いです、やめてください」

山賊「その割にまんこは大洪水ですよ」

エルフ「そんなばかな」


613:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 18:16:35.34 ID:IUnN91f+0
エルフ「ああ、挿入されてしまいました」

山賊「本当はいじめられる方が好きなんですね」

エルフ「そんなばかな」

山賊「えいっ」

エルフ「きゃあ痛い」

山賊「締りがキツくなりましたよ」

エルフ「なんと、私が雌豚だというのですか」

山賊「そのとおりです」

エルフ「なんてこった」


617:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 18:19:24.96 ID:IUnN91f+0
山賊「えい」

エルフ「かはっ、やめてください、首が締まります」

山賊「ですがこうするとまんこも締まります」

エルフ「なんですと」

山賊「まんこ気持ちいいです、すごいです」

エルフ「ぐふう、やめてください死んでしまいます」

山賊「あっあっ、まんこ気持ちいいです、あん」

エルフ「 」


619:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 18:21:04.35 ID:B/cD5W130
エルフさん・・・・?


622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 18:22:15.01 ID:IUnN91f+0
エルフ「はっ」

山賊「すいません、殺してしまいました」

エルフ「いつのまにか体中に精液が」

山賊「すいません、死姦してしまいました」

エルフ「なんということを」

山賊「生き返ったところでまた犯します」

エルフ「なんという」

山賊「今度は殺さないよう気をつけます」

エルフ「なんと」


628:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 18:26:19.25 ID:IUnN91f+0
エルフ「かはっ、やめてください、死んでしまいます」

山賊「はい」

エルフ「はあはあ」

山賊「ではお尻をたたきます」

エルフ「ぐぴいっ、やめてください痛いです」

山賊「おまんこはそう言ってません」

エルフ「そんなまさか」

山賊「首を絞めます」

エルフ「あん」


629:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 18:31:03.66 ID:IUnN91f+0
エルフ「ごほっ、あんっ、はひいっ」

山賊「いいかげん雌豚だと認めてください」

エルフ「げふっ、あひっ、ごっ、ごめんなさいっ…わっ…私は本当は叩かれて感じる雌豚ですううぅっ…」

山賊「やっぱりそうでしたか、えい」

エルフ「ぐぴぃっ!いいのっ!!お尻叩かれて感じちゃうのおぉぉっ!!!」

山賊「ふう、そろそろ出します、えい」

エルフ「かはっ…だっ…だひてぇっ!はひぃっ!首絞められながら中出しされるぅっ!イッちゃううぅぅっ!!」

山賊「出しました、ふう」

エルフ「 」

山賊「またやってしまいました」


631:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 18:36:55.26 ID:IUnN91f+0
エルフ「はっ」

山賊「生き返らせました」

男「どうも」

エルフ「私をどうするんですか」

山賊「奴隷として売り飛ばしました」

エルフ「なんと」

山賊「鬼畜すぎる人へ売り飛ばされるのです」

エルフ「それはうれしい」

山賊「ではさようなら」

エルフ「はい」

男「ではよろしく」

エルフ「よろしくおねがいします」


630:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 18:35:11.41 ID:B/cD5W130
ふたなり設定何処行った


633:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 18:38:01.77 ID:IUnN91f+0
>>630
忘れていました
しかしまんこも別にあるので問題ありません


661:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 19:26:21.63 ID:U2oYQ7nh0
反乱軍のリーダー(女)の出番だな
ジャンヌダルク的な


752:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 00:53:15.64 ID:anwZzhoh0
>>661

反乱軍「こんにちは」

魔王「どちらさまでしょう」

反乱軍「反乱軍のリーダーです」

魔王「遠い所からごくろうさまです」

反乱軍「早速ですがあなたを倒しにきました」

魔王「なんと」

反乱軍「かかれー」

魔王「ひゃあ」


758:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 00:55:53.36 ID:anwZzhoh0
魔王「驚きました」

反乱軍「負けてしまいました」

魔王「あなたはアヘ顔ダブルピースの良さを理解できないようですね」

反乱軍「わかりたくもないです」

魔王「なげかわしいことです」

魔女「魔王さん、呼びましたか」

魔王「私が犯すと浮気になるので代わりにお願いします」

魔女「把握しました」

反乱軍「なんですと」


764:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:01:05.47 ID:anwZzhoh0
魔女「というわけで犯します」

反乱軍「やめてください」

魔女「なぜですか」

反乱軍「きがくるいたくありません」

魔女「きがくるったほうが楽になれますよ、ほら」

女剣士「ひぎぃっ!あひぃっ!触手ちんぽ気持ちいいのぉぉっ!またイッちゃううぅぅ!!!」

魔女「ね」

反乱軍「かんべんしてください」


767:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:07:58.85 ID:anwZzhoh0
魔女「ちんぷんかんぷん、なんたらかんたら」

反乱軍「体が壁にはまってしまいました」

魔女「魔法です」

反乱軍「魔法ってすごい」

魔女「そのまままんこを犯します」

反乱軍「それも魔法ですか」

魔女「はい、ゴーレムです」

反乱軍「わお」


771:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:09:50.36 ID:anwZzhoh0
女忍者「おいのち頂戴」

魔女「きゃあ、ゴーレムが」

反乱軍「あっ、ありがとうございます」

女忍者「いえいえ、それほどでも」

魔女「ちちんぷいぷい、かくかくしかじか」

女忍者「壁にはまってしまいました」

反乱軍「んもーう」


777:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:15:52.80 ID:anwZzhoh0
魔女「ゴーレムが壊れてしまいました、ひどいです」

女忍者「ごめんなさい」

魔女「罰としてもっとひどいことをします」

反乱軍「なんと」

魔女「召喚獣を何匹か召喚します」

反乱軍「なんと」

魔女「そして孕ませてあげます、10日程度で生まれるはずです」

女忍者「ひどいです、ゆるしてください」

魔女「ゆるしません」


779:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:18:02.90 ID:anwZzhoh0
イフリート「いふー」

バハムート「ばはー」

魔女「さあぶち込みます」

女忍者「ひぎい、おおきい」

反乱軍「やめてください、裂けてしまいます」

魔女「では回復魔法をかけます」

反乱軍「そういう問題ではありません」

魔女「では淫乱魔法をかけます」

女忍者「どうしてそうなった」


783:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:24:37.89 ID:anwZzhoh0
反乱軍「ぐひい、大きいです、あっ」

女忍者「ひい、ひどいです、お腹がやぶれそうです」

バハムート「ばはー」

イフリート「いふー」

魔女「まだ余裕があるようなのでモルボルを召喚します」

反乱軍「なんですと、あんっ」

魔女「さあ、おっぱいを搾ってあげましょう」

モルボル「もるぼー」

反乱軍「あひい、おっぱいミルクが出てます」

魔女「魔法のおかげです」

反乱軍「魔法ってすごい」


785:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:29:15.48 ID:anwZzhoh0
反乱軍「あっ、あんっ、イッてしまいます」

イフリート「いふ、どうぞどうぞ」

反乱軍「あっ、イッてしまいました、あひゅう」

イフリート「いふ、ですがまだ突き上げます」

反乱軍「あっ、やめてください、イッたばかりで敏感なんです」

モルボル「ではおっぱいミルクを搾り取ります」

反乱軍「あっ、やめてください、おっぱいも感じます」

イフリート「いふう、あっ、すみません、イきます」

反乱軍「そんな、今射精されたらきがくるってしまいます」

イフリート「どうぞどうぞ」


788:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:32:07.15 ID:anwZzhoh0
バハムート「あっ、イきます、中に出しますよ」

女忍者「あっ、そんな、あんっ」

バハムート「ぎゃあ、ちんぽが毒に」

魔女「なんと」

女忍者「忍者ですから」

魔女「しかしあちらはもうだめなようです」

イフリート「いふっ、イきますよ、中に出します、いふう」

反乱軍「ひゅぎぃぃっ!りゃあっ!出てるっ!!おちんぽミルク注がれちゃってるぅううぅ!!!」

女忍者「おーのー」


794:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:40:21.75 ID:anwZzhoh0
反乱軍「あっ、はひぃ!お腹やぶけちゃうぅっ!お腹くるしいのおぉっ!!ぎひぃぃっ!!」

女忍者「なんということ、きがくるってしまうとは」

魔女「あなたもそうさせてあげます」

女忍者「しかし私の膣は毒です、ふふふ」

魔女「ならばバハムートを生贄にゾンビ達を召喚します」

女忍者「なんと」

魔女「そして二穴責めです」

女忍者「んひぃ」

魔女「そして乳首責めです」

女忍者「あひぃ」

魔女「どうだー」


797:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:43:26.34 ID:NLhU0+9/0
ばはむーと可哀想
毒ちんぽにされた挙句生贄にされるなんて


798:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:45:34.57 ID:anwZzhoh0
女忍者「あっ、こ、この程度では、まだ」

魔女「ええい、強情な、もっとゾンビを召喚します」

女忍者「あっ、そんな、もごっ」

ゾンビA「ああ、出ます、中にいっぱい出します」

ゾンビB「うう、出ます、お尻にたくさん出します」

女忍者「うぶっ、あっくぅぅ!!あひぃ!イグゥ!!両穴に腐った精子注がれてイッちゃのおぉ!!」

ゾンビA「あっ、まだ出ます、うう」

女忍者「らめぇぇっ!!お腹パンパンになっちゃうぅ!!いやああぁ!!死んじゃうぅぅうぅ!!!」

魔女「ああ、とうとうきがくるってしまった」


803:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:50:02.28 ID:anwZzhoh0
女忍者「あひぃ…いやあ…ちんぽ抜かないでぇ……はひぃん……」

反乱軍「あへっ……はひひ…極太ちんぽで精液注がれちゃったぁ……えへぇ……」

魔女「ふふふ、幸せそうな顔になりました、すばらしいです」

モルボル「……」

魔女「さて、ゾンビ達を戻します、あっ、何ですかモルボルさん、やめなさい」

モルボル「やめません、私も挿入したいです」

魔女「なんですと」

モルボル「魔女さんのおまんこに触手ぶちこんでモルボル菌注ぎたいです」

魔女「やめてください、モルボルになってしまいます」


806:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:53:04.29 ID:6hPuQeAC0
モルボル菌おそろしいです


807:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 01:55:36.07 ID:anwZzhoh0
モルボル「では触手でお口まんこを犯します」

魔女「やめてください、んごっ」

モルボル「余っているのでお尻もおまんこも犯します」

魔女「んむう」

モルボル「ああ、お口にモルボル菌注ぎます、うっ」

魔女「うげえ、ごほ、ひどいです」

モルボル「これでモルボル化は時間の問題です」

魔女「なんてことでしょう」


810:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:00:08.49 ID:anwZzhoh0
魔女「モルボル化を防ぐ薬を作らせてください、あんっ」

モルボル「手遅れです、もう手足が触手になりかけています」

魔女「そんな、これではきがくるったほうがまだましです」

モルボル「ではくるわせてみせます」

魔女「ひゃっ、耳に触手を入れないでください、あぅ」

モルボル「耳から脳をぐちょぐちょします、どうでしょう」

魔女「やめてくだっ、あっ、あひゅっ、あっ!!んひぃぃぃいぃっ!!!」

モルボル「うまくきがくるいましたか」

魔女「あっ!やあっ!にゃにこれしゅごひぃっ!!あひっ!!きもひいぃのほぉぉっ!!!」

モルボル「やったあ」


821:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:05:36.13 ID:anwZzhoh0
魔女「ぐひぃぃっ!!あへっ!!イグゥッ!!あはっ!!イッちゃううにょぅぉっ!!!」

モルボル「ふう、お尻とおまんこにも注いでしまいました」

魔女「あひへぇ、あは…わたひのうで触手になっちゃってりゅう…あははぁ……」

モルボル「モルボル化するまでもう数週間かかります、それまで私が可愛がります」

魔女「あひっ、あはは、いひよぉ…きもひよくしゃせてへぇ…またイかしぇてぇ…」

モルボス「魔女さんが言ってた通りです、きがくるったほうが楽しそうです」

魔女「あへぇ」


663:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/26(火) 19:36:13.93 ID:8qolmJz0i
女神あたりもでてほしいな。ほしゅ


826:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:11:09.20 ID:anwZzhoh0
>>663

女神「なんということでしょう、下界の堕落がすごいです」

女剣士『あひぃっ!あっ!イグゥッ!いやらぁっ!!狂ひたくにゃいのにひぃっ!!!』

女神「どこを見渡してもアヘ顔ダブルピースです」

踊り子『あんっ、あへぇっ!イイのぉっ!おちんぽ子宮にゴツゴツきてりゅにょおぉっ!!!』

女神「こんな堕落しきった世界は許せません」

エルフ(霊)「どうするつもりですか」

女神「魔物も人間も滅ぼそうとおもいます」

エルフ(霊)「なんと」


832:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:14:18.24 ID:anwZzhoh0
女戦士「大変です、ぴんく国が女神に滅ぼされました」

魔王「なんですと」

女戦士「女神は魔物を人間ごと滅ぼすつもりらしいです」

魔王「それはひどい」

女戦士「どうします」

魔王「せっかくのアヘ顔ダブルピース世界を壊されてはたまりません」

女戦士「となると」

魔王「女神を犯しにいきます」

女戦士「浮気ですか」

魔王「浮気じゃないです」


836:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:18:14.99 ID:anwZzhoh0
魔王「なので天界へいきたいです、どうすればいいですか」

魔女(半モルボル)「あへぇ」

魔王「あっ、そうだった、状態回復します」

魔女「あ、魔王様、お恥ずかしいところを」

魔王「天界へ行く方法を聞きにきました」

魔女「ほほう」

魔王「どうすればいけますか」

魔女「性的な意味で昇天した際に転移呪文を使います」

魔王「それだけですか」

魔女「それだけです」

魔王「お手軽ですね」


840:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:23:12.45 ID:anwZzhoh0
魔王「というわけでまず犯します」

女戦士「あっ、そういうわけですか」

魔王「急いでいるので一気に突き上げます」

女戦士「あっ、ひどい」

魔王「いつ使っても名器です」

女戦士「ありがとうございます」

魔王「はあ、もうイッてしまいます、あっ」

女戦士「あっ、私もイッてしまいます、ああん」

魔王「イきます」

女戦士「はい」


841:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:24:38.84 ID:anwZzhoh0
天界

魔王「ここが天界ですか」

女戦士「そのようです」

魔王「なぜあなたまで」

女戦士「同時にイッたからでしょうか」

魔王「なるほど」

女戦士「ひとまず女神を探します」

魔王「はい」


842:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:26:30.51 ID:anwZzhoh0
女神「あっ、魔王」

魔王「あっ、女神」

女神「ここで会ったが百年目です、殺します」

魔王「なんですって、こわい」

女神「しねー」

魔王「えいやー」

女戦士「互角ですか」

魔王「正直こちらがきついです」

女戦士「なんですと」


846:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:32:58.06 ID:anwZzhoh0
魔王「ですが、はあっ」

女神「なんということ、防がれました」

魔王「これが私の本気です」

女神「なん……だと……」

魔王「手も足も出ないでしょう」

女神「私はその倍強いです」

魔王「なん……だと……」

女神「形勢逆転です」

魔王「実は実力を隠していました」

女神「なん……だと……」

魔王「これで終わりです」

女神「私もまだ本気ではありません」

魔王「なん……だと……」

女神「おしまいです」

女戦士「なんですかこの展開」


849:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:37:27.65 ID:anwZzhoh0
女神「えい」

魔王「ぐわあ」

女戦士「なんと、負けてしまいました」

女神「このまま死んでもらいます」

魔王「おうまいがっ」

女神「しねー」

勇者「そうはさせるかー」

女神「ぐふぅ」

勇者「おお、女神を倒しました」

幼女「勇者つよい」


851:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:42:01.00 ID:ZaWz/NNTO
勇者さまキター!


854:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:44:24.32 ID:anwZzhoh0
魔王「女神を捕らえました」

勇者「やったー」

女神「くそー」

魔王「世界を滅ぼさないなら犯さないであげます」

女神「しかしあんな世界は認めません」

勇者「頭が固いです、処女ですか」

女神「処女ですがそれがなにか」

魔王「とてもおいしいです」

女戦士「なんですと」

魔王「非処女もおいしいです」


856:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:46:51.20 ID:anwZzhoh0
魔王「ではその処女を破ってあげます」

女神「神の処女を破るだなんて」

魔王「魔王ですから」

勇者「まずは服を破きます」

女神「やめてください、はれんちな」

勇者「綺麗な体ですね」

魔王「処女ですからね」


858:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:49:33.96 ID:anwZzhoh0
魔王「今回は早速媚薬を打ち込みます」

女神「それで幾多の人を堕としてきたのですか」

魔王「今回は通常の三倍の効き目のものです」

女神「なんと」

魔王「そして量も三倍です」

女神「なんと」

魔王「女神が相手なのでこの程度でないと」

女神「この人こわい」

魔王「魔王ですから」


861:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:52:19.02 ID:anwZzhoh0
女戦士「暇ですね」

幼女「浮気現場に立ち会っても面白くないですね」

女戦士「おや、これはなんでしょう」

魔女「それは通信機です、女神様はそれで下界に言葉を流します」

幼女「そうなのですか」

女戦士「映像も流せますか」

魔女「余裕です」

女戦士「わあい」


866:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:57:57.66 ID:anwZzhoh0
女戦士「はい、笑ってください」

女神「あっ、やめてください、撮らないでください」

幼女「女神様の痴態が見れるのは今だけです」

魔王「では股を開かせます」

女神「あっ、やめてください、女神ですよ」

勇者「ではバイブを突っ込みます」

女神「あん」

女戦士「良い画が撮れます」

女神「ひどい」


867:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:58:43.32 ID:FfNNlwBL0
天界でハメ撮りとかなにこれこわい


868:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 02:59:59.14 ID:anwZzhoh0
勇者「バイブを振動させつつ動かします」

女神「あっ、やめてください、イッてしまいます」

勇者「はい、やめます」

女神「なんと」

魔王「では私が指で弄ります」

女神「あっ、あん、やめてください、イッてしまいます」

魔王「はい、やめます」

女神「なんですと」


871:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:03:03.23 ID:anwZzhoh0
魔女「杖をおまんこに突っ込みます」

女神「あっ、そんな、イッてしまいます」

魔女「そしてやめます」

女神「そんな」

幼女「ローターをまんこに入れます、最大出力です」

女神「あっ、いやん、イってしまいます」

幼女「ではやめます」

女神「きがくるいそうです」


874:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:06:28.56 ID:anwZzhoh0
魔王「舌をねじこんでぐにぐにします」

女神「あっ、ああん、イきそうです」

魔王「ではやめます」

女神「ひどい」

魔王「どうしてほしいのか言ってください」

女神「そんなの言えません」

魔王「では再びバイブを突っ込みます」

女神「あっ、イッてしまいます、あん」

魔王「そしてやめます」

女神「もういやです」


881:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:12:42.45 ID:anwZzhoh0
女神「いい加減イかせてください、お願いします」

魔王「頼み方がだめです」

勇者「もっと下品に、かついやらしく言ってください」

女神「淫乱女神のおまんこ犯してください、イかせてください」

女戦士「その前に肉便器になることを宣言しないとだめです」

女神「なんですと」

魔女「嫌ならいいですよ、バイブぐにぐに」

女神「あっ、やめてください、イキそうです」

魔女「はいやめます」

女神「ひどすぎます」


886:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:19:51.56 ID:anwZzhoh0
女神「私は魔王様の肉便器ですぅ、淫乱女神お便所にちんぽぶち込んでイかせてくださいぃ」

女戦士「わお、撮影しているというのに大胆な」

女神「もう何でもいいです、早くおちんぽ突っ込んでほしいです」

魔王「素直なのは良いことです、ではいただきます」

女神「んひぃぃっ!あはっ!!きたぁぁっ!!はひっ、女神の処女まんこ貫かれてりゅぅぅっ!!!」

勇者「以外にあっさりいきました」

魔女「あれだけ焦らせばこうもなります」

女神「おひっ!イイのぉっ!!あはぁっ!!女神まんこ犯されてるっ!!犯されて感じちゃってるぅぅっ!!!」

女戦士「実に良い画です」


889:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:23:24.13 ID:anwZzhoh0
勇者「ではお尻をいただきますね」

魔王「どうぞ」

女神「あはぁっ、お尻っ!お尻も突かれちゃってるっ!!二穴責められちゃってるうっ!!!」

女戦士「この程度できがくるうとは」

幼女「処女ですからね」

魔女「媚薬も多いですしね」

女神「あっ!見られてるぅっ!!下界の人達に見られながら感じちゃってるのぉぉっ!!!」

女戦士「見られて感じるタイプでしたか」

幼女「きがくるっとる」


895:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:34:35.82 ID:anwZzhoh0
魔王「ではアヘ顔ダブルピースで下界の人達にメッセージを」

女神「あひっ、はっ、はじめまして、女神です、地上を滅ぼそうとしてすみませんでし…あんっ」

魔王「女神さんはこれからどうするんですか」

女神「あっ、こっ、これからは魔王様の愛人になりますぅ…」

女戦士「愛人はだめです」

女神「あひぃっ、じゃっ、じゃあ肉便器でいいですっ!毎日犯してほしいですぅっ!あひぃんっ!!」

魔王「よくできました、ぱちぱち」

女戦士「わー、ぱちぱち」

勇者「ぱちぱち」

幼女「ぱちぱち」

魔女「めでたしめでたし」


899:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:36:05.84 ID:agQNmJ/M0
わぁい めでたいですね


900:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:36:18.42 ID:UFnpCPEj0
めでたしじゃねーよwwww


902:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:38:19.14 ID:HBVCy91X0
めで・・・たし・・・?


907:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:43:21.37 ID:anwZzhoh0
魔物「はあはあ、イッてしまいます」

女神「あぁっ!イグッ!!イッちゃうのおおっ!!!魔物チンポでまたイッちゃうぅっ!!!」

触手「女神様、ダブルピースお願いします」

女神「あへっ、こうですかぁ…あひっ!あんっ!!あひぃっ!!子宮貫通されちゃうのぉぉっ!!!」

女戦士「ようやく平和になってよかったです」

魔王「まったくです」

女戦士「これで本当にラブアンドアヘ顔ダブルピースの夢が叶いましたね」

魔王「はい、とてもうれしいです」

女戦士「私もうれしいです」

魔王「うれしいのでまたあなたを肉便器にします」

女戦士「どうぞ」



本当におわり


912:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:45:22.60 ID:anwZzhoh0
これで本当におわりです
さすがの私も二日間書き続けるのはつかれました
みなさんもお疲れ様です、おやすみなさい
アヘ顔ダブルピースの良い夢を見てください


913:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:46:13.62 ID:B7fbFnl30
乙でした!


916:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:46:27.44 ID:6fsapN+q0
この世界は一体どうなってしまうのでしょうか、気になります


919:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:48:17.20 ID:anwZzhoh0
>>916
みんながアヘ顔ダブルピースでいられるすばらしい世界になります
不満がある人は魔王様によってアヘ顔ダブルピースにされてしまいます
結果的にはみんな幸せです


922:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:52:22.73 ID:6fsapN+q0
>>919
荒廃しないのですか、それは良かった

言い忘れてました、乙


918:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:47:51.33 ID:FfNNlwBL0
乙すぎて きが くるっとる


920:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:48:50.83 ID:6hPuQeAC0
おやすみなさい たのしかったですおつかれさま

あへえ ぴーすぴーす


923:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:52:35.34 ID:khAE+nxV0
きが くるった
乙です


924:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:53:15.32 ID:lbBBg2Ap0
アヘ顔ダブル乙でございます


925:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:55:04.91 ID:5s7PbVYnO
あへぇ おつかれさまでした
とてもいい夢が見られそうです


926:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 03:55:39.89 ID:jhk9anvd0
ぜひ、またなにか書いてくれるとうれしいです。


1000:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/27(水) 10:10:52.43 ID:CuJYckwb0
おつ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ