Powered By 画RSS


モバP「遭難した」藤本里奈「そーなん?」

1 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 22:36:37.74 ID:TFChONmfo

P「そうなんです……ってダジャレ言ってる場合か!」


P「まさかこんな、冬の休暇として里奈とスキー場に来て」

P「山頂側のコースに向かったら急に目の前も見えないほどの大吹雪になって」

P「しかしその時、何故か都合よくポツンと存在していた大きなかまくらに入り込んで事なきを得る事態になるなんて……」



里奈「プロデューサー説明口調でウケるー☆」




3 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 22:39:39.80 ID:TFChONmfo

R18ってほど大層じゃないけどちょっとだけその方向性なので一応宣言を


藤本里奈(18)
QXE9uEL.jpg TwwVVvy.jpg


4 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 22:45:50.18 ID:TFChONmfo

P「これは止むまで時間がかかりそうだな……」

里奈「そだねー」

P「というか里奈はなんでそんなにのほほんとしているんだ」

里奈「まぁ、なんとかなるでしょ!」

P「……はぁー」

里奈「ゆーてなっちゃったものはしかたないし、慌ててムダに体力使うほうがあぶなくない?」

P「……」

里奈「ん? どしたのプロデューサー?」

P「いや……里奈ってたまに核心突くような事言うなぁと思って」

里奈「それってアタシのこと褒めてる?」

P「一応」

里奈「ありちゃん☆」


5 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 22:49:00.94 ID:TFChONmfo

P「確かに里奈の言う通り、慌ててもしかたないか」

里奈「とりましばらく暇つぶしに何かしちゃう?」

P「何かって言ってもなぁ。必要最低限の小物くらいしか持ってきてないぞ」

里奈「なになに! なに入ってんの?」

P「出る前に買った缶コーヒーだけだな」

里奈「それはそれで助かるけど、暇つぶしにはなりそうにないね~」

P「そうだなぁ」

里奈「んじゃ、吹雪止むまでダベって時間つぶそー」

P「そうするかぁ」


6 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 22:52:38.55 ID:TFChONmfo

P「そうだ。こんな状況で言うのもなんだけどイベント開催おめでとう、里奈」

里奈「へ? おめでとうって他人事みたいに言うけど色々セッティングしてくれたのプロデューサー達ぢゃん?」

P「それはそうなんだけどさ。プロデューサーとしてじゃなくて里奈の一人のファンとして改めて伝えたかったんだよ」

P「決まってからは慌ただしかったし、こうして束の間の休暇に来る為の予定合わせでも忙しくてずっと言いそびれてたからな」

里奈「ま、アタシほどのアイドルのことを世間もほっとけなかったって訳だし☆」

P「まずは一つの到達点に辿り着いたわけだ」

P「これからは忙しくなるが、せめて休暇の間は仕事を忘れてのびのびと楽しもうか」

里奈「楽しむためにもまずはここを出ないといけないけどねー」

P「そうだな」

里奈「プロデューサーは戻ったら何したい?」

P「俺、この吹雪が止んで下山したら雪だるまを作るんだ……」

里奈「……」



里奈「……いやいやいや! その言いかた死亡フラグだから!」


7 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 22:56:55.58 ID:TFChONmfo


・・・

里奈「ぶぇっしょい!」

P「あぁー鼻水が……ほら、ティッシュティッシュ」

里奈「うへぇ、きちゃなーい……プロデューサー鼻かんでちょー」

P「え、なんで俺?」

里奈「寒さで手が震えてむーりぃー……てかマジで指やばっ!」

P「そりゃ大変だ。ほら、鼻出して」

里奈「あとーんす」ズビッ

P「俺のウェアの上着貸すから。もう一着羽織っておいた方がいいぞ」

里奈「そしたらプロデュースが風邪引くじゃん」

P「ちょっとくらいなら平気だよ。里奈の体の方が大切だ」

里奈「そんなこと言っても、声震えてるし~」

P「……バレたか」


8 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:03:43.64 ID:TFChONmfo

里奈「じゃ一緒に使お! へーい☆」

P「うわっ」

里奈「こうやって布団みたいに被さるとあったかいねー」

P「そんな大きくないから二人だとちょっと狭いけどな」

里奈「くんくん……えへへっ、プロデューサーのにおいだ……♪」

P「って何をやってるんだお前は!」

里奈「え? この前更衣室で見た美嘉っちの真似だけど?」

P「えっ、美嘉そんなことしてたの?」

里奈「冗談じょーだん!」

P「だよなぁ」

里奈「まぁホントは社長がやってたんだけど」

P「嘘だろ!?」

里奈「それもうそ☆」

P「嘘でよかった……いや本当に」


9 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:07:37.97 ID:TFChONmfo

P「色々恩義があるとはいえ社長にそんなことされてたって想像したら背中がゾクゾクしてきちゃったよ……」

里奈「だったらもっとくっつくぽよ~。熱くなるならノっちゃってー♪」

P「うぉっと」

里奈「ほらほらプロデューサーもっと寄って! ハグるハグる!」

P「やだこの娘、満面の笑みでハグれとか言っちゃってかっこいい……」

里奈「何なんそのノリ? てかやらないならこっちがもっと強くやるかんね」ギュッ

P「まぁ俺なんかでよければいくらでも暖房にしてくれ」

里奈「はーマジあったかー……」


10 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:12:43.64 ID:TFChONmfo

・・・

里奈「ふー、やっとあったまってきたかもかも!」

P「かまくらの中って意外と暖かいものなんだな」

里奈「それでもまだまだ寒いほ……ふぇっ……ふぇっくしょん!」

P「前言撤回だ。やっぱり本当の暖かさまではまだまだだな」

里奈「そだねー……」

P「里奈、もうちょっと近くに寄ろうか」

里奈「あはっ、アタシのことあつーくしてちょー♪」


ピトッ


P「どうだ? 少しは暖かくなったかな」

里奈「体はあったまったけど手がまだ寒いからふーふーしてちょー」

P「わかった」


11 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:14:57.45 ID:TFChONmfo

P「ふー、ふー……」

里奈「次はスリスリあっためでよろー」

P「任せろ!」スリスリ

里奈「んぅ……っ」

P「ど、どうした!? 大丈夫か里奈!」

里奈「い、いやー意外と気持ちよくて……プロデューサー結構テクいね☆」

P「ビックリした……てっきりどこか悪くしたのかと思ったよ」

里奈「ねね、もっとあっためる為に手ぇ握ってー」

P「おう」


12 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:17:58.19 ID:TFChONmfo

ギュッ


里奈「なんかこうして手をぎゅってされると、守って守られてってカンジがするよね」

P「そうだな」

里奈「……プロデューサーのことはアタシが絶対守るから!」

P「俺が守られるほうだったのか!?」

里奈「でも正直アタシの方が力あるっぽくない?」

P「いや確かに里奈は意外と力あるけど、そう言われると俺の男が廃るぞ……」

里奈「あはっ! ま、それは冗談としてプロデューサー。アタシのことガチで守ってね☆」

P「あぁ! 里奈を守るためならなんだってするからな!」


13 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:21:30.56 ID:TFChONmfo

・・・

P「里奈、缶コーヒーまだ暖かいから飲んだ方がいいぞ」

里奈「飲んでっても一本しかないけどプロデューサーの分は?」

P「俺はいいよ。吹雪も少しおさまってきたしそう遠くない内には戻れるだろうから」

里奈「……んじゃ半分こ! アタシ先飲むから!」グビッ

P「里奈が全部飲んでいいよ」

里奈「プロデューサーってばもしかして間接キスで恥ずかしがってる?」

P「いやそうじゃなくてだな」

里奈「キャハハハ! プロデューサーも案外きゃわうぃーねー☆」

P「だから違うと……まぁ、これ以上断ってもなんだしいただくよ」グビッ



里奈「……」


14 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:22:59.13 ID:TFChONmfo

里奈「ねープロデューサー。突然だけど聞いてもいい?」

P「んー?」

里奈「プロデューサーってさ……ドーテー?」

P「ぶふぉっ!!?」

里奈「え、もしかして図星?」

P「ゲホッ……おまっ、急に何を言い出すんだ! せっかくのコーヒーが……」

里奈「なんか気になっちゃって。で、実際のところどうなん?」

P「……黙秘権で」

里奈「へぇー」


17 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:25:51.05 ID:TFChONmfo

里奈「……あ、まだ残ってる分のコーヒーアタシ飲むから!」

P「お、おう……」

里奈「いたーきまーす」グビッ

P(何のつもりなんだ里奈の奴……おかげで微妙な空気になっちゃったじゃないか)

里奈「んーんー」トントンッ

P「どうした?」


18 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:27:13.76 ID:TFChONmfo



里奈「ぷぁっ……」チュッ

P「――~ッ!?」




19 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:28:37.81 ID:TFChONmfo

里奈「はむっ……れろ、えぁ……」


こぽっ


P(コ、コーヒーが喉奥に……息が苦しいっ…!)

里奈「んっ、はぁ……ちゅっ……」

P「んんっ……!」

里奈「ぷはぁっ! ……はぁ、はぁ、」

P「ゲホッ……り、里奈。どうして急にこんなこと……!」

里奈「なんでって、プロデューサー教えてくれなかったしー」


里奈「――答えてくれないなら、体に聞くしかないぢゃーん♡」


20 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:30:53.12 ID:TFChONmfo

P「だからってなんで急にこんなこと……ひゃあっ!?」

里奈「んー? プロデューサーちゃんは耳たぶが弱いのかにゃーん?」

P「だ、誰だって急に食まれたら、あっ…!」

里奈「はむっ……ちゅっ、れろ、ジュルッ……んはっ」

P「里奈っ、やめろっ……!」

里奈「ねぇプロデューサー……アタシのピアスと同じ所に噛傷、付けちゃおっかー……♪」

P「お、おいっ……!」

里奈「冗談じょーだん!」

P「里奈……なんでこんな……」

里奈「なんでって、そんなの理由は一つしかないじゃん」


21 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:32:43.12 ID:TFChONmfo


里奈「こんなこと、好きじゃないとやらないし」



22 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:34:32.43 ID:TFChONmfo

里奈「プロデューサー。アタシをスカウトした時の事覚えてる?」

P「あぁ……湘南で単車を転がしていた里奈に、俺が声をかけたんだよな」

里奈「アタシってさ、こんなナリってのも含めていわゆるそのテの女って思われてた系でさ」

里奈「あ、別にアタシとそういう人を一緒にすんなって言いたいわけじゃないかんね?」

里奈「アタシは楽しいことが好きだから、それが楽しいと思ってたらそういう未来もあったかもしれないし☆」

P「……」

里奈「だからプロデューサーの事も最初はそういうの持ち掛けてきた男かと思ったわけ」

P「まぁ、実際この仕事していたらそう思われることも少なからずあったしな……」

里奈「そしたら自分はアイドル事務所のプロデューサーだって言った時はもーマジびっくり!」

里奈「なんたって今をときめくトップアイドル達との写真とかも見せてきたからねー」

里奈「そんな人がアタシみたいな女をアイドルにしたいとか何の冗談だって思うぢゃん?」

P「でも、俺の目は間違ってなかった」



里奈「うん。アタシ、ホントにここまで来れた。プロデューサーのおかげで」


23 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:37:43.95 ID:TFChONmfo

里奈「アタシとプロデューサーが組んでからまだ一年くらいしか経ってないじゃん?」

P「そうだな。でも里奈と一緒にいると楽しいことが多くて、もっと前から一緒にいた気がするよ」

里奈「その間、てんあげなこともつらたんなことも全部一緒だったよね」

P「あぁ……その時間で俺は里奈といい関係性を築けたと思ってるよ。里奈はどうだ?」

里奈「アタシも! マジでガチで最強のコンビだしアタシら! あ、たくみんとのコンビもおんなしくらい最強だけどね☆」

P「そっか。里奈にもそう思ってもらえてて嬉しいよ」

里奈「だから、アタシはそんなプロデューサーともっと先に進みたいって思ってる」

P「……もっと先?」

里奈「アタシさ、単純でおバカだけど、これだけは自分のことがはっきりとわかる」


24 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:39:24.74 ID:TFChONmfo

「アタシが馬鹿にされた時は代わりに怒ってくれて」

「アタシが悲しい時は一緒に泣いてくれて」

「アタシが嬉しい時は一緒に笑ってくれて」



「こんなアタシなんかがトップアイドルになれるって、子どもみたいにキラキラした目で言ってくれたプロデューサーを――アタシは好きになった」


25 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:43:27.45 ID:TFChONmfo

里奈「これからのアタシは、トップアイドルめがけて止まらずアクセル全開のアイドル藤本里奈」

里奈「でも、さっきも言ったけどアタシはおバカで単純だからこれ以上は気持ちを隠すことも我慢しとくこともできないし」

里奈「いつかアタシが言ってた、待つ女ってのとはちょーっと反対に行動になっちゃったけどね」

P「……」

里奈「まぁでも、待つとは言ったけどだからと言って責めないとは言ってない的な?」

P「里奈……」

里奈「……だから、こーんなロマンスもない場所だけどここなら誰の目も届かないから」



里奈「ただの藤本里奈でいられる今――プロデューサーをアタシの『モノ』にしたい」


26 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:47:57.12 ID:TFChONmfo

P「……」

里奈「それで、質問の返事教えてちょ」

P「まぁ、昔付き合ってた人と」

里奈「……ま、このアタシが惚れた男に惚れない女がいないわけないか!」

P「褒め言葉と受け取っておくよ」

里奈「でも、それって昔の話っしょ?」

P「今はいないよ、彼女はね」

里奈「だったら遠慮する必要はないってことでシクヨロ~♪」グィッ

P「うぉっ……里奈、結構力あるなっ」

里奈「力仕事もやってたかんねー。どう? アイドルに手も脚も押さえつけられながら馬乗りされるキ・モ・チー♪」

P「案外、悪くない気分かもな」


27 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:51:15.83 ID:TFChONmfo

里奈「抵抗はしないん? 本気のプロデューサーならアタシ程度の力から抜けられるでしょ」

P「逃げないさ……里奈のこんな真剣な思いを聞いたんだ。俺には逃げるなんてできない」

P「それにここから逃げたくても外の状態じゃ……まぁ、ただの言い訳だけどな」

里奈「だったら遠慮しないでいくから覚悟するぽよー……んっ」

P「まさか担当アイドルに襲われるはめになるなんてな……」

里奈「まだこんなもんじゃないから……アタシがやりたいコトは、プロデューサーが喜ぶことだし……」


28 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:55:15.10 ID:TFChONmfo

里奈「れろっ……ジュルッ、プロでゅーひゃー……」

P「里奈……んっ」

里奈「ぷぁっ…! んっ、はぁ」

里奈「プロデューサー……プロデューサー……!」

P「むぐっ!?」

P(し、舌……絡めて)

里奈「ちゅっ、ズズッ、れろぉ……んんっ!」

P「ぷふぁっ! ……はぁ、はぁ」

P「……ま、満足したか里奈?」

里奈「……まだまだ終わりなんかじゃないしー♪」


29 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/12(水) 23:57:34.10 ID:TFChONmfo

スルッ


P「なっ、なんで服の中に手を入れっ」

里奈「ねねっ、プロデューサー……きもちい?」

P「やめっ……なぞる、なぁっ」

里奈「やーめなーい♪」

P「……ど、どうしてもか?」

里奈「どーしても……あはっ、プロデューサーのフトモモで手スリスリしちゃおっかなーん」



ツツツ…



P「ひぅ……ッ!?」


30 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:05:55.24 ID:FxltFMBqo

里奈「プロデューサーの体は全部アタシのモノだから……首筋から、背中から、太腿までぜーんぶ☆」

里奈「だから我慢するぽよー。プロデューサーの体中で、アタシの指が触れてない場所がなくなるまで、ずぅっ……と」

P「はぁっ、はぁっ……っ!」

里奈「てか担当アイドルに体をいいようにされて顔真っ赤にするとか……プロデューサーってもしかしてドM?」

P「ち、違う……っ!」

里奈「隠さなくてもいーって! どんな趣味しててもプロデューサーはアタシのプロデューサーだし♪」

P「だから違うって言って……ひぎぃっ!?」

里奈「ふふっ」

P「んはぁっ……ち、乳首抓るなぁ…っ!」

里奈「あっ、マジでそういう趣味じゃなかったん?」

P「そ、そう言ったじゃないか……」

里奈「ごめんちプロデューサー」

P「……り、里奈ぁ……はぁっ、もうやめてくれぇ……」

里奈「……」



里奈「――んふっ♡」ゾクゾクッ



31 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:09:26.56 ID:FxltFMBqo

里奈「……ね、プロデューサー。口開けてちょ」

P「はぁっ……はぁっ、く、くち……?」

里奈「はよはよ」

P「わ、わかった……」

里奈「……」

P「ほ、ほうでひいか?」

里奈「おっけー」


スルッ


P「んぐっ……り、りにゃ……?」



里奈「プロデューサー。アタシの指、舐めて」


32 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:13:48.92 ID:FxltFMBqo

P「へっ?」

里奈「今は薬指しか突っ込んでないけど、はやくしないともっと入れちゃうかんね? うりうりー」

P「ふぁっ…ゆび、くひのなひゃで、ぐりぐいうごかすにゃあ……」

里奈「はーやーくー」

P「はけど……きはにゃいだろ……」

里奈「汚くないよ。だってプロデューサーじゃん」

P「へど……」

里奈「はやくしないとまたつねっちゃうかも~♪」

P「わ、わひゃった。わひゃったから」


33 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:19:57.58 ID:FxltFMBqo

P「あむっ……んじゅっ、ズズッ……はぁっ」

里奈「んっ……」

P「ちゅっ、ずずずっ、ちゅぱ……はぁっ、りにゃ……」

里奈「プロデューサー……アタシの指、おいし?」

P「んじゅっ、ジュルルルッ、はっ……おいひくは、ない」

里奈「そこは冗談でもおいしいって言うところっしょー……乙女心がわかってないわー」

P「はぁっ、お、おとこにこんにゃことさせるのが、ジュルッ……おとめごころにゃのか?」

里奈「キャハハ! それもそっか!」


34 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:22:54.23 ID:FxltFMBqo

里奈「はい、おーしまい」


ちゅぽんっ……


里奈「あはっ、プロデューサーの口からアタシの指にめちゃ糸引いてる♪」

P「そりゃ、口の中につっこめばな……」

里奈「こんなにきちゃなーい運命の糸……」


じゅるっ、ずずず ちゅぱっ


里奈「最後にプロデューサーの口で、傷跡の指輪をつければかんせーぽよ……♡」


35 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:26:22.35 ID:FxltFMBqo

P「アイドルに傷をつけるのは……ここまでやっといて、こんなこと言える身じゃないけどな」

里奈「ま、プロデューサーならそう言うよね。言ってみただけだし!」

P「里奈……」

里奈「なーに暗い顔してんの! 気にしすぎちゃってるプロデューサーもきゃわわ☆」ガバッ

P「うわっぷ!?」

里奈「ほら、お母さんの胸で甘えてもいいんでちゅよ~Pちゃーん♪」

P「む、胸元で顔押さえつけられると苦しい……というか前見えない」

里奈「ね、プロデューサー。アタシの心臓どうなってる?」

P「……そうだな。すごい早鐘を打ってるよ」

里奈「よく聞こえてる! ちっちゃい胸もたまには役に立つじゃん☆」

P「せ、正解のご褒美よみたいなノリで押さえつけを強められるとますます前が……」

里奈「まーまー。もうちょっとこのまま話聞いててちょ」


36 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:29:12.09 ID:FxltFMBqo

里奈「プロデューサー。アタシさ、アイドルになれて本当に良かったって思ってる」

里奈「アイドルになる前のアタシはさ、でかい目標もなく毎日過ごしてた」

里奈「カレシ作ったりもしないで友達とつるんでたり、バイトしたり……ま、それはそれで楽しかったけどねー」

里奈「だから、アイドルの世界に飛び込んだら毎日つらたんなことばかりで大変だった」

P「……」



里奈「でも、それ以上に今まで見たこともない世界に飛び込んだドキドキは大きかった!」


37 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:38:25.33 ID:FxltFMBqo

里奈「辛いことも楽しいこともいっぱいのアイドルの世界で、プロデューサーはキラキラを見せてくれた。イケてるアタシにしてくれた」

里奈「――あの時のドキドキも、今この胸のドキドキも全部プロデューサーがくれたものだから」

P「里奈は元々イケてたさ。俺はただ里奈を見つけただけだ」

里奈「その見つけてくれたのがすごいんだって! だって世の中にはあんなにも人がいるのにその中でじゃん!」

P「……そして、そんな里奈はもっと先に行ける。俺が保証するよ」

里奈「もちそのつもりだし! じもてぃーもさ、最近のアタシはヤバいくらいカワイくなったって言うんだよ☆」

P「その子たちはよく分かっているな! よし仕事に戻ったら是非また湘南に行ってぜひスカウトを」

里奈「だめだめだめー! トップアイドルになるまでアタシだけ見てくれるっていったじゃん!」

P「じょ、冗談だよ冗談」

里奈「だめもうゆるさん! アタシまぢおこぷんだから!」

P「参ったなぁ……どうしたら許してくれるんだ里奈?」

里奈「んー? それはぁ……」



チュッ



里奈「……この胸のドキドキの先、見せてくれたら許す♪」


38 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:41:56.04 ID:FxltFMBqo

里奈「プロデューサー。今度はプロデューサーから攻めてみて」

P「お、俺から?」

里奈「忠犬のプロデューサーわんこに、ご主人サマからのご褒美ぽよ~♪」

P「あぁ、俺もうそういう扱いなんだな……」

里奈「ワンちゃんはどんなテクを見せてくれるのかにゃーん?」

P「……里奈、髪触るぞ」

里奈「イエーイ☆」


39 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:43:21.90 ID:FxltFMBqo

P「……」ナデナデ

里奈「……なん刈り上げの所ばっか撫でるん?」

P「触ってて気持ちいいなと思って」

里奈「ふーん。まぁ気に入ってるならアタシ的には別にいいけど☆」

P「……」



P「よし」ペロッ


40 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:47:16.78 ID:FxltFMBqo

里奈「うひゃっ!!?」

里奈「ちょちょちょ……そこ!?」

P「いや、攻めろって言うから」

里奈「まさかそうくるとは思わなかったわー……」

P「照れるなぁ」

里奈「褒めてないし!」

P「すいません」

里奈「……これは、思わぬおいたしたワンちゃんはもっかい躾けてあげないとダメかなー?」

P「攻めろと言ったのは里奈なのに……というかやっぱりまたそういう流れなのか」


41 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:51:25.04 ID:FxltFMBqo

里奈「そういやアタシ、無理に体力使わないほうがいいって言ったのに使っちゃってんね」

P「そういえばそうだな……」

里奈「でもこうすることでぬくぽよになれる的な……んっ」

P「ぷぁっ……里奈」

里奈「はぁっ、ジュルッ、ちゅっ……」

里奈「プロデューしゃっ、んむっ……ちょー熱くなってる……」

P「仕方ないだろ……ふぁっ、里奈にここまでされちゃ」


42 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:54:30.81 ID:FxltFMBqo

里奈「……ふぅー」

P「んぁっ!?」

P「きゅ、急に耳に息吹きかけないでくれよ」

里奈「……んふっ♪ やっぱアタシ、プロデューサーのそういう顔にちょっとドキドキするかも☆」

P「それは素晴らしい趣味だな……」

里奈「好きな子ほどいじめたくなる的な? 傷めつけてとかそういうんじゃないけど」

P「なんだか、今日だけで里奈の思わぬ一面をたくさん見た気がするよ」

里奈「まだまだ見せるのはここからでしょー……はむっ、ちゅ……」

P「里奈……れぇっ、じゅるっ、ふぁあ……」



里奈「もっと、もっと熱くなろ――プロデューサー♡」


43 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:55:56.89 ID:FxltFMBqo

里奈「アタシはもうじゅーぶん熱くなってきたし……さ」

P「里奈……」

里奈「ちゅーかマジで……なんか、あっつ……」

P「里奈?」

里奈「あれ……?」

P「お、おい里奈」

里奈「あー……」



ばたんっ




P「里奈……おいしっかりしろ! 里奈!?」


44 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 00:58:24.54 ID:FxltFMBqo


―――
――



里奈「う、うぅん……」




里奈「……」

里奈「あれ……ここ……?」

P「里奈、気付いたのか!」

里奈「……プロデューサー?」

P「よかった……本当に」


45 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 01:00:11.33 ID:FxltFMBqo

里奈「ここ……ロッジ?」

P「あぁ。あの後吹雪が止んだから里奈を担いで戻ってきたんだ」

里奈「そっか……プロデューサー迷惑かけてゴメン」

P「気にするな。それより体は大丈夫か?」

里奈「んー……まだちょっとダルいかも」

P「まだ完全に休みきれてない状態であんな事になれば体調も崩れるよな……すまん」

里奈「な、なんでプロデューサーが謝んの!? むしろアタシが色々勝手したことだし!」

P「いやまぁそこは、俺も甘かったというか……」

里奈「じゃあどっちも悪いってことでこの話はおわり! ハイハイ!」

P「……そっか。わかったよ」


46 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 01:02:08.00 ID:FxltFMBqo

里奈「……あーあ! それにしてもプロデューサーと最後までいけなくて残念☆」

P「声がでかい!」

里奈「それとも、今ここで続きしちゃう? やっちゃう?」

P「り、里奈……」

里奈「冗談じょーだん」

里奈「一度チャンスを逃しちゃったし、続きはアタシがトップアイドルになってから!」

里奈「それに待たされるほうがドMのプロデューサー的にもご褒美になるっしょ?」

P「いやだから違うって……というかまだそれ引っ張るのか」

里奈「アハハッ! ま、だからしばらくは……」

P「里奈?」


チュッ


里奈「これで我慢するぽよ~♪」


47 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 01:07:24.82 ID:FxltFMBqo

里奈「プロデューサー。アタシこれでも結構尽くすタイプだし、トップアイドルになるまでに浮気したら許さないし?」

P「浮気って……」

里奈「文句言うならこうだからっ」ガブッ

P「あいたっ!」

里奈「んふっ♡ プロデューサーに指輪の跡残しちゃったーん♪」

P「いてー……里奈、お前結構鋭く噛み付いたなぁ」

里奈「ね、プロデューサー。アタシ、トップアイドルになってプロデューサーにまぢ恩返しするから……だから約束♪」

P「……あぁ。トップアイドル、絶対になろうな」



里奈「もち! だからプロデューサー、これからもずーっとお世話になるかんね☆」



おわり


48 : ◆VvEVFcGGrs 2014/02/13(木) 01:09:19.27 ID:FxltFMBqo

千川先生やキスシリーズの人などEROの先人達を見て一度やってみたかった・・・そして無理だと実感した
キャラ崩壊みたいになっちゃったけどふじりなは大好きですSRおめでとう嬉しいかわいい

あと以前にもふじりなで書いたのでよかったらどうぞ
モバP「千里の道も一歩から」

じゃああとでHTML依頼出してくるので読んでくれた人いたらありがとう





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ