Powered By 画RSS


千鶴「寒い雪の日には」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 00:33:34.83 ID:u8hXC6u/0
千歳「・・・・・・」

千鶴「・・・・・・」

千歳「今日も寒いなぁ」

千鶴「そうだね」

千歳「こたつは暖かいなぁ」

千鶴「そうだね」

千歳「・・・・・・」

千鶴「・・・・・・」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 00:36:45.77 ID:u8hXC6u/0
千歳「雪、なかなか止まへんなぁ」

千鶴「そこそこ積もってるみたいだね」

千歳「外、出たくあらへんなぁ」

千鶴「すっごく寒いもんね」


千歳「千鶴、おばあちゃんのおつか

千鶴「行きたくない」


千歳「・・・・・・」


千歳「・・・・・そか、寒いもんなぁ」

千鶴「・・・・・・うん」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 00:39:44.51 ID:u8hXC6u/0
千歳「でも、おつかい行かへんと夕飯作れねんで?」

千鶴「そうだね」


千歳「お願い、お姉ちゃんの頼みや」

千鶴「・・・・・・・」


千鶴「ごめん」

千歳「・・・・・そか」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 00:42:10.31 ID:u8hXC6u/0
千歳「困ったなぁ」

千鶴「万事休すだね」

千歳「こたつは人を駄目にするもんやなぁ」



千鶴「・・・・みかん美味しいね」モグモグ

千歳「猫みたいやなぁ」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 00:45:14.16 ID:u8hXC6u/0
千歳「なぁ千鶴、ここは公平にじゃんけんで決めへんか?」

千鶴「うーん」


千歳「ほないくで~」


千鶴「じゃ~んけ~ん・・・」

千歳「ぽん!」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 00:49:35.52 ID:u8hXC6u/0
七森駅前


千鶴「結局負けちゃったよ・・・」


千鶴「こういう時に限って姉さんじゃんけんに強いんだよね」

千鶴「・・・・・」ザクザクザクザク


千鶴「長靴履いてくればよかったなぁ」


ザクザクザクザク

千鶴「靴に染みこんできた・・・冷たい」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 00:54:22.41 ID:u8hXC6u/0
スーパー前

楓「あっ!ちづるおねえちゃん!」

千鶴「あれ・・・楓ちゃん?」

楓「ちづるおねえちゃんはお買い物にきてるの?」

千鶴「まぁね、ちょっと夕飯のお使いに」

楓「かえでもおつかいにきてるんだよ!」


千鶴「お使いなんて偉いね。楓ちゃん一人なの?」

楓「うん!櫻子おねえちゃんが外に出たくないって言うから、代わりにきたんだぁ」

千鶴(考えることは皆同じなんだな・・・こんな小さい子に一人でお使い行かせるのもあれだけど・・・)


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 00:59:15.97 ID:u8hXC6u/0
千鶴「楓ちゃんは何を買いに来たの?」

楓「にんじんとじゃがいもとたまねぎを買いにきたの!」


千鶴「あっ、私も同じもの買いに来たんだよ」

楓「ホントに!?」


千鶴「じゃあお姉ちゃんと一緒にお買い物しよっか?」

楓「一緒にお買いものするー!」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 01:04:02.82 ID:u8hXC6u/0
千鶴「じゃがいもは、固くて芽が出てなくてのを選ぶんだよ」

楓「へぇー」

千鶴「にんじんは表面がつやつやで、デコボコしてないのがおすすめだよ」

楓「そうなんだぁ」

千鶴「たまねぎもつやつやで、てっぺんを押してもへこまないのが良いんだよ」


楓「ちづるおねえちゃんって、ものしりなんだね!」


千鶴「ま、まぁそれほどでも・・・ないよ」

千鶴(ちょっと嬉しい・・・かも)


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 01:11:09.06 ID:u8hXC6u/0
七森公園前

楓「ちづるおねえちゃんとのお買いもの、すっごく楽しかった!」

千鶴「私も楽しかったよ・・・」


楓「ねぇ、また今度いっしょにお買いものしようね!」

千鶴「そうしよっか」


千鶴「そういえば、雪止んじゃったね」

楓「あっ!ほんとだ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 01:14:08.59 ID:u8hXC6u/0
楓「ここ、水たまりになってる!」

千鶴「晴れてるせいなのかな、溶けるのはやいね」


ブロロロロロ・・・・

楓「・・・あっ!」

千鶴「・・・トラック!危ないっ!」バシャッッ!!

楓「ひゃあ!」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 01:16:04.21 ID:u8hXC6u/0
千鶴「楓ちゃん、大丈夫?」

楓「う、うん・・・」

楓「・・・ちづるおねえちゃん!服がびしょびしょだよ!」

千鶴「え?・・・うわっ!」(冷たっ!)

楓「おねえちゃん、寒くない・・・?」

千鶴「大丈夫だよ、家に帰って着替えればいいだけだよ」



千鶴「・・・くしゅん!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 01:20:45.28 ID:u8hXC6u/0
楓「じゃあちづるおねえちゃん、ばいばい!」

千鶴「またねっ」


楓「・・・あっー!!」

千鶴「!?」ビクッ

楓「どうしよう・・・シチューのもと買ってくるの忘れちゃってた・・・」

千鶴「え?」

楓「あのね、今日はシチューを作るつもりでおつかいに行ったんだけど・・・」

楓「おねえちゃんとの買いものに夢中で、そのこと忘れちゃってた・・・」

千鶴「・・・・・・」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 01:24:46.51 ID:u8hXC6u/0
ガサゴソ

千鶴「はい、これ上げるね」

楓「あれ?これってシチューのもと?」

千鶴「うん」

楓「もしかしてこれ、ちづるおねえちゃんの・・・」


千鶴「楓ちゃんは、今日一人でお使いに来たんだよね?」

千鶴「だからこれは、お姉ちゃんからのご褒美だよ」


楓「あ・・・ありがとう!」

千鶴「じゃあ、またね」

楓「うん!ばいばい!」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 01:29:23.81 ID:u8hXC6u/0
池田家


千鶴「ただいまー」

千歳「あっ!お帰り千鶴」

千鶴「姉さん、これ今日の夕飯の・・・」

千歳「わぁ、ありがとうな~・・・って、シチューの素があらへんよ?」ガサゴソ



千鶴「まぁその・・・色々あってね」

千歳「・・・そか、色々あったんか」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 01:33:22.42 ID:u8hXC6u/0
千歳「じゃあ今日は、温かいポトフでも作ろかね~」

千歳「でも、その前に・・・」

千鶴「?」

千歳「千鶴、服がびしょびしょやん」


千鶴「うっ」


千歳「まずは一緒に温かいお風呂に入って、そのあと一緒に温かいポトフ作ろか」

千鶴「・・・そうだね」


千歳「今日は寒いもんなぁ」

千鶴「今日は寒いもんね」



おしまい(やで)


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 01:35:10.37 ID:55L+MbizO
おつ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 01:40:08.60 ID:JnuSAjEr0


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1392392014/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ