Powered By 画RSS


綾「コーヒーは、いらない」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 21:57:34.65 ID:nx1Fno410
1、綾「チョコレートソースのフルーツパフェ」


~綾の家~

綾(うーん、こっちの方がいいかなあ)

綾(ドキドキが止まらない……今から)

綾(陽子……陽子と……まだ、ちょっと信じられないわ)




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:01:25.61 ID:nx1Fno410
~昨日~

綾「陽子、その」

陽子「なにさ、放課後教室に残ってほしいなんて」

陽子「委員会の仕事かなにか?」

綾「ち、違うの、その……」

綾「私、よよ陽子のことが……好きなの」

陽子「……友達として、じゃないよね、もっと深い意味で?」

綾「……」コク


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:04:56.21 ID:nx1Fno410
陽子「……」

ギュッ

綾「ち、ちょっと陽子、なにしてるの」///

陽子「……綾、やっと言えたな」

綾「え?」

陽子「ずっと待ってたんだよ? 綾が私に告白してくれるのを」

綾「じゃあ、もしかして……私の気持ち、知ってた、の?」

陽子「まあ、そりゃあ分かるわな。素知らぬふりをしてたけど」

陽子「私もこれで遠慮しないで、綾とくっつけるんだ、嬉しいよ」

綾「よ、陽子……」///

陽子「あはは、もうそんな恥ずかしがらなくていいじゃん」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:11:36.10 ID:nx1Fno410
陽子「話はそれだけ?」

綾「え、あの、うん」

陽子「じゃあさ、明日学校休みだし、二人で遊びに行こうよ」

綾「え、それってつまり――」

陽子「デートだな」

綾「……」///

陽子「どこ行こうか?」

綾「……そ、そうね、甘いものが食べたいわ」

陽子「甘いもの……じゃあ新しく駅前にできた店に行ってみようよ」

綾「え、ええ」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:15:00.36 ID:nx1Fno410
陽子「うん、じゃね!」ニコッ

綾「あ、あの、陽子……」

スタスタ……

綾「行っちゃった」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:19:02.77 ID:nx1Fno410
~~~~~~


ガサガサ

綾(……よし、この服で行こう)

綾(しっかりキメて行かなきゃね……だって、今日は陽子との)

綾(陽子との……初デートだもん、ね)


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:22:25.25 ID:nx1Fno410
~広場~

綾(やっぱり、まだ陽子は来てないか)

綾(それはそうよね……だって陽子だもの、遅刻ぐらいでいちいち驚いてちゃいけないわ)

綾「……」

綾(結局、答えは聞けてない)

綾(陽子は私のこと、どう思ってるのか)

綾(……好き、でいてくれてるのかな……)///


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:25:42.57 ID:nx1Fno410
陽子「綾、やっほー」

綾「やっほーじゃないわよ、全く……30分遅れです」

陽子「ごめんごめん」

綾「フン!」

陽子「許しておくれよ……言い訳をさせてもらうと」

陽子「その……きょ、今日は着てくる服に迷ったんだよ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:29:44.09 ID:nx1Fno410
綾「そういえば……」

綾(陽子、今日の服はいつものシャツにホットパンツじゃないわ)

綾(スカート、結構似合うじゃない……)

綾「……」///

陽子「その、感想が欲しいのですが」

綾「なによ! み、見とれちゃいけないっていうの!? そんな、酷いわ」

陽子「……なんか、ありがと」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:33:33.69 ID:nx1Fno410
綾「い、行くわよ!」

陽子「うん」

テクテク

陽子「……綾も、似合ってんじゃん」

綾「……」///


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:35:44.28 ID:nx1Fno410
陽子「手、繋ご?」

綾「わ、分かったわよ」スッ

ギュッ

綾「いきなり恋人繋ぎ!?」

陽子「まあそりゃあ、恋人だしいいんじゃないかな」

綾「すっとぼけないでよ! こんなのは、恥ずかしい……」

陽子「……」

綾「……」

陽子「でも、嫌じゃない、だろ?」

綾「……うん」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:39:10.12 ID:nx1Fno410
陽子「ここだな……なんかすっごい甘そう」

綾「素敵ね」

陽子「胸やけしそうだなぁ」

綾「陽子って、甘いもの苦手?」

陽子「え? まあ、普通だと思うよ」

陽子「甘過ぎるのはちょっときついけど」

綾「そう……とにかく、入りましょ」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:42:54.77 ID:nx1Fno410
店員「お待たせしましたー」コトッ

綾「わぁ、すごいわよ」

陽子「チョコレートソースのフルーツパフェ……か」

綾「頂きます」ニコニコ

陽子「い、頂きます」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:45:30.97 ID:nx1Fno410
綾「ん、おいしい! とっても甘くて――」

陽子「うん、甘いな。すごく甘い」

綾「幸せな気持ちになるわ」

陽子「きりきりの胃袋になりそうだけどな」

綾「なによ……いらないなら私が食べるわよ」

陽子「間接キスになるよ?」

綾「フン! 残しても絶対食べてあげないんだからね!」

陽子「忙しいね」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:49:40.94 ID:nx1Fno410
陽子「でも私たち恋人なんだから、ゆくゆくはキスぐらい普通にするんじゃない?」

綾「……それは、そうかも」

陽子「このくらいで照れてちゃだめだぞー?」

綾「もう、なによ! さっきからかってばっかり!」

陽子「あはは、ごめんごめん」

陽子「でもさ、わたわたしてる綾って結構可愛いんだよね」

綾「か、可愛い」

陽子「うん、可愛い」

綾「……!」プイッ

陽子「あはは」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 22:55:06.76 ID:nx1Fno410
陽子「ねえ、食べさせあいっこしようよ」

綾「つ、つつきあってあげても、いいわよ」///

陽子「いちいちそういう反応するの、疲れない?」

綾「なによ、さっさと、食べさせなさいよ」

陽子「はいじゃあこのミカン、あーん」

綾「あーん……」

……


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:02:04.47 ID:nx1Fno410
陽子「ごちそうさま」

綾「食べるのは早いのね」パクパク

陽子「……」

綾「なによ、人がもの食べてるのをじっと見ないでよ」

陽子「いやさ、いざ食べ終わってみると、くどいほど甘いのが恋しくなってきちゃって」

綾「って、言ってる間に私ももう食べ終わっちゃったけどね」

陽子「それは残念……でも」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:06:20.65 ID:nx1Fno410
グイッ

綾「な、なによ……顔、近いわよ」

陽子「綾……キスしよう」

綾「え!? そ、それはまだ早いっていうか、人の見てる中でするものじゃないっていうか……」

陽子「……ああ、もう」

チュッ

綾「……!」

陽子「うん、甘いね」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:09:38.01 ID:nx1Fno410
綾「な、ななな……」

陽子「綾、キスは初めて?」

綾「は、初めて……よ」

陽子「私も」

陽子「よかった」

綾「」クラクラ

陽子「綾ー?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:11:17.91 ID:nx1Fno410
~帰り道~

陽子「そんなに怒らなくてもいいでしょー」

綾「ふん! 陽子、なにも分かってないんだから!」

綾「そ、そういうのはしっかり心の準備をしてからじゃないと……」

陽子「まあ確かにな。急すぎた」

テクテク

綾(きれいな、夕日――)

陽子「じゃあもう一回、しよっか」

綾「どうしてそうなるのよ!」

陽子「今度は綾からどうぞ」ンー

綾(目を閉じないでよ――)


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:13:41.90 ID:nx1Fno410
綾「……」///

チュッ

陽子「……」

綾「したわよ、ほら」

陽子「うん、したね」

陽子「綾の唇、柔らかい」

綾「せ、説明しないでよ!」///

陽子「綺麗だよ……綾」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:16:48.13 ID:nx1Fno410
綾「ねえ、陽子……」

陽子「なに?」

綾「私のこと、好き?」

陽子「……言わなくても、分かるじゃん?」

綾「言って」

陽子「仕方ないなあ……」

陽子「私、綾のことが好き。綾が思ってるよりも多分ずっと」

綾「……うん」


1、綾「チョコレートソースのフルーツパフェ」おわり


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:18:37.17 ID:nx1Fno410
2、綾「クリームチーズ・ティラミス」


陽子「おじゃましまーす」

綾「いらっしゃい……」

綾「今うちには誰もいないから、リビングでくつろいでていいわよ」

陽子「そうさせてもらうかな」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:21:15.37 ID:nx1Fno410
TV「―――――」

陽子「あっははははは! 最高!」

綾「女の子らしくないわよその笑い方」

陽子「えー? まあいいじゃん」

綾「もう……」

陽子「こんなところ、綾にしか見せられないしね」

綾「ものは言いよう、ね。見る方はたまったもんじゃないわよ」

陽子「綾、さっきから台所でなにしてるの?」

綾「ん、お菓子、作ってるの」

陽子「私のために?」

綾「……そ、そうよ」///


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:23:17.46 ID:nx1Fno410
陽子「家に呼んでくれてありがとね」

綾「別にいいわよ」

綾(実は今日、家族皆が旅行へ行ってて、さみしかった、なんて言えない)

綾「陽子……」

陽子「綾?」

綾「なんでもないわ、キスして」

陽子「いきなりだな!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:26:55.68 ID:nx1Fno410
陽子「あんまり安売りするものじゃないと思うんだけど」

綾「……」シュン

陽子「なんだよ、そんな顔するなよ……」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:30:27.87 ID:nx1Fno410
陽子「で、なに作ってるの?」

綾「ティラミスよ」

陽子「……ごめん、そう言われても想像できないんだけど」

綾「陽子って本当に女の子なの?」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:33:34.66 ID:nx1Fno410
綾「ほら、できたわ」

陽子「おぉー……」

陽子「じゃあいただきまーす」パクッ

陽子「うん、美味しいよ」ニコッ

綾「……」ポーッ

綾「私も、食べるわ」パクッ

綾「……ん、上出来ね」

綾(マスカルポーネじゃなくって、普通のクリームチーズで作ってみたけど)

綾(これはこれで、酸味がきいて美味しいわね……)

綾(大人っぽい感じ――)


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:35:04.31 ID:nx1Fno410
陽子「美味しい、ホントに美味しいなこれ! 綾、すごいよ!」

綾「そんなに褒められても……」

陽子「綾が恋人でよかった!」

綾「……陽子」

陽子「なに?」

綾「……私を、元気づけて」

陽子「なにその気取った言い回し」

綾「ティラミスの元の意味よ」

陽子「……分かってたよ。綾、今日は寂しそうな顔してるもん」

綾「……だって、お父さんもお母さんも、私に内緒でお出かけにいっちゃって……」グスッ


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:37:39.76 ID:nx1Fno410
陽子「綾はさびしがり屋さんだな。よしよーし」ナデナデ

綾「……」///

綾(陽子に頭、なでられると、なんかぼーっとしてきて……)

綾(だんだんなにも考えられなくなってくる)

綾「陽子、ようこぉ……」ギュッ

陽子「い、いきなり抱きつかないでよ」

綾「陽子、柔らかい……あったかい」ムニュ

陽子「や、手つきがいやらしいぞ!」

綾「私、今なんだか大人の気分……」

綾「ねえ……してよ?」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:39:45.12 ID:nx1Fno410
陽子「……もう、仕方ないなあ」

チュッ

綾「んっ……」

綾(っ、息、苦し)

綾「んんっ……」

陽子「……っぷぁあ」

綾「……」ボーッ

陽子「これでいい?」

綾「満足。とっても素敵な、いやらしいキスだったわ」

陽子「お気に召したようで」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:42:42.39 ID:nx1Fno410
綾「元気出たわ、ありがと」ニコッ

陽子(……こんな綺麗な笑顔、私だけのものだなんて信じられないよな)

陽子(ホントに……綾が相手で、良かった)


2、綾「クリームチーズ・ティラミス」おわり


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:45:31.55 ID:nx1Fno410
3、綾「あめ玉」


陽子「学校、終わったー!」

綾「金曜日の開放感は皆が喜ぶところよね」

陽子「日曜日の憂鬱もな」

綾「あはは、そうね。帰りましょ」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:47:54.83 ID:nx1Fno410
~帰り道~

グーッ

綾「わ、私じゃないわよ!」

陽子「二人しかいないので、綾でしかありえないんだが」

綾「なによ! お腹すいてるのよ! お腹鳴らしちゃ悪いかしら!?」

陽子「わ、悪かないよ……そんな必死になるなよ」

綾「陽子にはデリカシーってものがないのね」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:51:11.48 ID:nx1Fno410
陽子「……ん?」ゴソゴソ

綾「なにしてるの?」

陽子「いや、ポケットになんか入っててさ」

陽子「……緑のあめ玉だ」

陽子「いつのだろう……」パクッ

綾「いつのものか分からないものをよく口に入れられるわね」

陽子「うん、おいしいから大丈夫」コロコロ


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:53:32.44 ID:nx1Fno410
テクテク

綾「……」

陽子「……」コロコロ

グーッ

綾「……陽子、私にも、頂戴」

陽子「え? そんなの無理だよ」

チュッ

陽子「!?」

綾(ほら、早く私の口にあめ玉入れてよ)


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24(月) 23:56:18.03 ID:nx1Fno410
綾「メロン味ね、美味しい!」コロッ

陽子「綾、大胆になったよな」

綾「そうかしら?」

陽子(こっちの方が恥ずかしいくらいだよ……)


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:01:49.53 ID:PmLoTnsn0
陽子「……そろそろ返してよ」

綾「……うん」

チュッ

陽子「……」コロコロ

綾「じゃあ、三分ずつ交代にしよっ」

陽子「そ、そうだな」

陽子「……」

綾「ほら、そろそろ時間よ」

綾「んっ……」

陽子(綾のキス顔……可愛いよなあ)

チュッ


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:03:24.34 ID:PmLoTnsn0
綾「陽子の味がする……おいしい」コロコロ

陽子「は、恥ずかしいこと、言うなよ」

陽子「……そろそろ、返してよ」

綾「う、うん」

チュッ


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:05:30.72 ID:PmLoTnsn0
陽子(だいぶ小さくなってきたな……)

綾(な、なんだか、体が熱い……)

綾「ねえ、よーこぉ……早くぅ」

陽子「まだ三分たってないって」

綾「よーこ、私……」///

綾「もっと長いキスがしたい……お願い」

陽子(綾から強引に始めたくせに、おねだりしてくるとは……)


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:07:41.78 ID:nx1Fno410
陽子「……あはは」

陽子「……じゃあ、二人で舐めよっか」

綾「え……?」

陽子「はい」ペロ

綾「舌出して、どういうこと」

陽子「舐めなよ」

綾「そ、そんなこと」///


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:10:13.12 ID:PmLoTnsn0
陽子「早くしなよ、溶けちゃうよ?」

綾「あ……うん」ペロッ

陽子「……っ」

綾「陽子ぉ……れろ、れろ」

陽子「れろ……ちろちろ」

綾(あっ……そんな、陽子の舌の動き、とってもいやらしくて)

綾(擦れて、とっても気持ち、いい――)


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:12:32.73 ID:PmLoTnsn0
陽子「溶けちゃったね。おいしかった?」

綾「うん……とっても」///


3、綾「あめ玉」おわり


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:14:24.51 ID:PmLoTnsn0
4、綾「コーヒーは、いらない」


陽子「はい、カレールーと、あと牛乳」

綾「ありがとね、買い物付き合ってくれて」

陽子「全然大丈夫だよ」

綾「なにかお礼しないとね」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:16:47.59 ID:PmLoTnsn0
陽子「……じゃあさ、このデパートに新しくできたお菓子屋さん行ってみようよ」

綾「珍しいわね、陽子からお菓子が食べたいなんて」

陽子「その……」

陽子「意外と甘いものも、悪くないかな、って最近思うようになってさ」

綾「そう」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:18:41.16 ID:PmLoTnsn0
レジ「ありがとうございましたー」

綾「じゃあ行きましょ」

陽子「あ、荷物持つよ」

綾「そんな、いいわよ」

スッ

陽子「それなら、こうしよう」

綾(二人で、一つの袋を……)

綾「……なんだか、嬉しい」

陽子「夫婦みたい、かもね!」

綾「……」グイグイ

陽子「そんな早足になるなよ、おい、なんだよ!」

綾「……」///


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:21:59.18 ID:PmLoTnsn0
店員「いらっしゃいませー」

綾「陽子はどれにするの?」

陽子「うーんと、じゃあ、これ」

綾「ふーん……じゃあ私は苺のやつにしよっと」

陽子「ありがとね、おごってくれて」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:24:31.10 ID:PmLoTnsn0
店員「お待たせしましたー」

綾「あそこの椅子に座って食べましょ」

陽子「……」

陽子(どう見ても、一人用のスペースしかないんですけど)

綾「ほら陽子、隣に座って」

陽子「お、おう……その」

綾「なによ」

陽子「ち、近くないか?」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:27:07.06 ID:PmLoTnsn0
綾「なに言ってるのよ、このくらいで」

陽子「……」

ピトッ

陽子(ああ……綾と密着してる)

陽子(あったか……)

綾「……陽子! なにしてるの! ちちちち、近すぎるわよ!」グイッ

陽子「えっ」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:30:14.24 ID:PmLoTnsn0
綾(でも、もう一回陽子に近づきたい……)

綾「よ、陽子」

陽子「な、なんだよ」

綾「その……ぎゅって、して」

陽子「クレープ持ってるんですけど……」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:33:38.32 ID:PmLoTnsn0
陽子「しかたないなあ、じゃあ食べ終わったらしたげるよ」

綾「……うん」

陽子「頂きま……す」パクッ

綾(陽子のぬくもり陽子のぬくもり陽子のぬくもり)


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:35:14.80 ID:PmLoTnsn0
陽子「……」パクパク

陽子(ちょっとなんか、緊張してきたな)

陽子「ご馳走さま。じゃ、行こっか」

綾「陽子ぉ……」ジー

陽子「分かった、分かったよ」

陽子「まったく、こんな公衆の面前で……」

ギュッ


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:37:21.99 ID:PmLoTnsn0
陽子「これでいい?」

綾「……うん」

綾(陽子の、におい……いい香り)


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:39:18.87 ID:PmLoTnsn0
陽子「……コーヒーでも、飲みに行こうか」

綾「い……嫌よ!」

陽子「なんで?」

綾「折角の陽子の香りが、消えちゃうじゃない!」

陽子「……」

綾「……」///

陽子「そうだな、確かに」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:42:00.10 ID:PmLoTnsn0
陽子「……それに、」

綾「それに?」

陽子「折角の甘い甘いキスが、苦い味になっちゃ嫌だもんな」

綾「え……」

チュッ


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:44:06.62 ID:PmLoTnsn0
綾「あ……」///

陽子「なんだよ、いつもは綾の方からせがんでくるのに」

綾「……っ、ばか」スタスタ

陽子「おい、綾、なんだよ!」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:45:55.50 ID:PmLoTnsn0
綾(陽子、メープルシロップの味がした……)

綾(もう……陽子ったら、私をからかって)

綾(それでも……この甘い甘い日々は、素敵だわ)

綾(うん、とっても、言葉にできないくらい)

陽子「おーい!」

綾「……ふふっ」

綾「コーヒーは、いらないわ」


4、綾「コーヒーは、いらない」おわり


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 00:47:49.70 ID:PmLoTnsn0
ずっとただいちゃいちゃしてるだけの話が書きたかったんです
桜trickに触発されたわけじゃないんだからね!


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1393246654/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「きんいろモザイク」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ