Powered By 画RSS


真美「ああんっ! いおりんのiPSスティックしゅごいよお!」パンパン

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 01:37:40.00 ID:ULDvVgWZ0
伊織「くっ……真美、中に出すわよ!」パンパン

真美「んっ、あっ、いいよお!! いおりんの濃厚なセーエキで種付けしてえ!!」

伊織「うっ、くっ……!! で、出るわよ、ううっ……!!」ビュルビュル

真美「ああっ、中で出てりゅう……!! いおりんの






はい




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 01:47:01.77 ID:ULDvVgWZ0
伊織「見なさいよ真美、出したばっかりなのにこんなにギンギン……萎える気配なんてないみたい」

真美「んっ……はあっ……」

伊織「ほら、2回戦目いくわよ! さっさとしゃぶりなさい!」

真美「いおりんハードすぎだよお……これ以上やったら真美、壊れちゃうよ……」

伊織「なに甘えたこと言ってんのよ、そもそもこうなったのはアンタのせいでしょ」

真美「うぐっ」

伊織「アンタには私の性欲を処理する義務があるの、だからほらしゃぶりなさい」

真美「むぐ、もごっ…


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 02:00:38.54 ID:ULDvVgWZ0
伊織「ほら、また入っていくわよ」ズプズプ

真美「あああっ……ん、あっ……ああんっ!!」

伊織「嬉しそうな声あげちゃって、どんだけチンポが欲しかったのよこの変態女!」パンパン

真美「いいっ!? あっ、ああんっ!!」

伊織「んっ……ちょっと、今いきなり締まったわよ、罵られて興奮しちゃったのかしら? 本当に変態なのね」パンパン

真美「ん、ううっ……!! そ、そんな、ヘンタイヘンタイって、いわないでぇ……!!」

伊織「言われて喜んでんでしょうが」パンパン

真美「ちっ、ちがっ……あん、ああんっ!!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 02:14:04.23 ID:ULDvVgWZ0
伊織「アンタ、こうやってガンガン犯して欲しかったんでしょ? だから私にあんな薬飲ませたのよね?」パンパン

真美「たあっ、ただのっ、コーキシン、だよっ……う、ああっ……!!」

伊織「そもそも前からちょっと気になってたのよね、仕返しされると分かってるのにイタズラばっかり仕掛けてきて」パンパン

真美「ああんっ、んううっ!!」

伊織「つまるところ、お仕置きされるのが楽しみだったのよね? アンタって本当はこんな変態マゾ女なんだもの」パンパン

真美「ちぃ、ちがあっ……!! うう、んっ……!!」

伊織「さっきから! 私が話すたびに! 締りがよくなってるわよ!」パンパンパン

真美「ぃんっ!! あんっ、ああんっ!!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 02:27:02.39 ID:ULDvVgWZ0
伊織「うっ、くうっ……この早漏チンポ、もう出ちゃいそうだわ……!!」パンパン

真美「いっ、ひっ……!! い、いいよおっ、真美もいっちゃうぅ……っ!!」

伊織「それじゃっ! またっ! 中に出すわよっ!」パンパンパン

真美「あっはあっ!! いおりんのあったかいセーエキだしてええ!!」

伊織「くっ、ふうっ……」パンパン

真美「あっあっ、いいっ……!! いぐ、いっちゃうっ!!」ビクビク

伊織「うっくぅ……っ!! でっ、出るわよっ……!!」ビュルビュル

真美「んあああっ……!!! いおりんのドロドロのセーエキで孕まされちゃうぅ……!!」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 02:38:32.87 ID:ULDvVgWZ0
伊織「ふう……このチンポ、出してもすぐ復活するのはいいけど早漏すぎなのよ」

真美「はぁ、はぁ……イリョーギジュツの、ゲンカイってヤツかなー」

伊織「まあ、こんなものが生やせるだけでも十分すごいけどね……さすがは山中教授だわ」

真美「京大ってスゴいんだね……」

伊織「あの人自身は神戸大卒じゃなかったかしら?」

真美「そなの? どっちでもいいけどさ……」

伊織「そうね……ところで真美、本当に中に出しても平気なんでしょうね?」

真美「うん、ピルってやつ飲めば平気だってパパが言ってたよ」

伊織「……さすが医者の家だけあって性教育も充実してんのね」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 02:48:12.41 ID:ULDvVgWZ0
真美「それにもし妊娠しても、いおりんの子供なら……」

伊織「……もしそうなったら私が責任を取るしかないわね」

真美「いおりん……」

伊織「別に、アンタのことがどうこうってわけじゃないわよ? ただ自分のしたことには責任を持つってだけのことよ」

真美「……ありがとね」

伊織「ふん、そんなの当たり前のことでしょ? 礼には及ばないわよ」

真美「んっふっふ~……なんだかんだいっていおりんは優しいですなあ~」

伊織「うっ、うっさいわね! 生意気なこと言ってると犯すわよ!」ボロン

真美「うへえ、もう復活したの!? 3回戦ってなると心の準備がまだぁ……」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 03:06:37.35 ID:ULDvVgWZ0
伊織「こんのマゾ女! 変態! ド変態!!」ペチペチパンパン

真美「んああっ!! おひりぃ、もっとおひりたたいてぇ!!」

伊織「チンポで突かれながらお尻を叩かれて興奮してるなんて本当に気持ち悪いわね、淫乱メス豚!」ペチペチパンパン

真美「あぅん!! あっはぁ!!」

伊織「叩く度に締め付けてきて、どんだけ感じてんのよ……っ」パンパン

真美「うあっ、あっ……!! ああんっ!!」

真美「いおりんのiPSスティックしゅごいぃ……真美っ、もうこれなしじゃ、生きてけないよお……っ!!」

伊織「ふうっ、はあっ……!! 真美、また出るわよっ!!」パンッパンッ

真美「出してえ!! いおりんのセーエキで真美のなか、いっぱいにしてえ!!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 03:09:49.60 ID:ULDvVgWZ0
真美「―――というお話だったのさ」

伊織「めでたしめでたし」

まおり「ふぇぇ……ママたちがとんだ変態だったよお……」



いい加減眠いので終了


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 03:11:42.58 ID:1cYXxLe50
まっおまっおりーん!乙


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/21(金) 03:24:34.48 ID:MH78SwWI0
まおりちゃんなでなで乙


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1392914260/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. ななしさん 2014/03/23(日) 03:47:22

    どうして真美なんだ・・・


  2. 2014/03/23(日) 10:52:35

    これはひどいな
    もっとやれ


  3. 2014/03/23(日) 12:06:56

    感動した
    次回作にも期待してる


  4. 2014/03/23(日) 17:08:31

    亜美の方が興奮したかも


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ